Skip to main content

Full text of "Izumi Kyoka shu"

See other formats


PL 

809 

Z9 

1928 



Izumi, Kyoka 

Izumi Kyoka shu 



East 

Asiatic 
Studies 



PLEASE DO NOT REMOVE 
CARDS OR SLIPS FROM THIS POCKET 



UNIVERSITY OF TORONTO LIBRARY 



て" K^、 











鏡 






膽 A 

花 




c3C 








かま 1 

集 


杉; 

m 


社 




非 
水 


版 




装 

峻 ! 




so 9 



女 5 笈ミ 辰き 蜇さ 六で 五 C 四 L 三え 二 C — 琵ひ ^ 

仙 X mt 已み 

野 や 之。 之。 之 C 之。 之。 之。 之の ni 



記- m 紙レ M m m m m 卷き m 卷き mz m 



-a: s o -し- 3S. ュ e M 

Ju ― 七し ~U : 二 



s 
m m 

r>, 八 

m 照 
巧 m 



水 



花 



a 
次 



八 ソし ブし 



や 



19 



, 

發 
句 



栃-ミ 



の 









南ク 


羽 は 


か 
ぐ 




地ち 








二ん 


し 
の 


im 




W 




m 


中 ま 



m TixZ 



へ へ 
接 ^\ 



ば 子 

^ 三え 
m 31, m 

後- m 人: 
m 錄ミ 取き %\ 



-ift jK::i£«ai:air3ra ニニ 《^ =ュ:、 一- —— 一 

*, と 31: ^ • ノ、 >ic 八 一九- 1? ^ メ v - 1 : ノく 



1 ) 



1 





气ま 

えろ 小 d^isl ち 一お, 



ふ ふ 、f -.; • 

一い . / > ^ I 



,? i ャ 

s ぎば お! > I m 



は つ 1 卞 ヱ.^ さ VT> レ k 



々、ヽ Hk ノ& 

/^; ク 








Lr ネ 

夕 和 



上 

じつ か-つき しん 5,^.5 しか X H _a し 

. おは 好奇心 2 故に 然れ ども 予は予 が誉: 師た 

9 さ A 一 か \- こ-つじつ まつ 、 よ 

る を 利器と して、 15^ も ft も 口 を 設けつ >- 予 

き やう だい ^ J- ブ し たかみね し、 = 

i 兄弟 もた 1- ならざる 驚 Slf 士カ 问峰 を强 ひて、 某 

ひ AK き s--^ * . ちる V や-つ 乃ん 4 〔い > かれ たう r- だ- 

の n 東京ぬ 下の I に 於て、 梁が 刀 を 下す 

キー ふ" は, し 、ふ じん し _ ゆ じ ゃリ X , み 

べき、 船 伯 火 人の 下 術 をば 予 をして U- せ 

よ き 

しむる こと を?^^ なくした"。 

HI.; ひ ご ^1!ーん じサ ろ ズ い "やう もん わん 

其 口 午前 九 時 過ぐ る 顷 家 を 出で v 院に腕 

し >_ た! - げ くわしつ かた お.. S .£-■- 

^5^を飛ばしっ。 K ちに 外科 室の 方に 赴く 時、 

i ん 5 t ひい S 一- -<?-! くわ ぞく 

先方よ リ戶 を^して すらく と 出^れる 菜;. 族 の 

二 ま V かひ み みめよ やん な にん うか 

小 |§ 使 とも ゆる 容 n 姘き 婦人 二三 人と、 廊下 

if-. ノ 

の 4f ばに 行 違へ リ。 

れば 一! 等の 間に は、 艰布 造た る 一 個 七 八 歳 

r» i みおく み 

の 奴を掩 しつ、 a^送るほどに^^んずなれり。 こ 

れ, 3 み ならず 玄 關 ょリ 外科 {主、 外科 室より 二階 

: ;' でつ しつ およ : た うか 

た る .^ に. 通 ふ あ, ひ だ の きぽ下 に は、 フロッ 

- . te 一 T.v^t チ いふく 一,' &ん もる ひ 

ク. コ- L ト^た る 钟.. H 、: 制服 着けた る 1§ 、 ... 或- 

?^" -, tl.f, ま いで たち じんぶつ そ C た き ふ e ん れい !!っで?^!-っ 

は li:^ の扮 装の 人; g:、 其 他、 貴. 央人令 ii 

, だ け だか V たた ゆきす. v-i 

い づ 4, も Jt> 常 な らず Jt-A 高 き が 、 ^方 に 行 違 ひ 



r- rlv? ほ 5 ひひ てレ あつ ふ.」 S たか 

此.; に-. 合 ひ、 或は 步し、 或は m し、 往復 恰 

V. 1TI よ いま.?, ぶ- ん おい み す W い 

も錢 るが 如し。 予は今 門前に 於て 兑 た る 數臺 の 

ば しで おち ^0 一 - でろ 5たプ 

車に 忍 ひ 合せて、 密かに 心に 5g けリ。 

1 リん つう 卞 v..*5 * /つん 1: $3 

の 或お は 沈痛に、 或 者 は 發慮 しげに、 はた... 改者 

は ぎ しげに、 いづれ, 色 穩 ならで、. 忙し 

I 一 $^ , 、つ "t\l ざう 9 ?:. 'き し.^ せ *ー そ C 

げ た る 小 刻の 靴の 音、 草履 の 響、 一 «ii お 寞た 

?. ,-5 マん じ-や 5 ひろ ちて ひ , たぶ らう ふ 

る • ぉ院の 高き; 太 井 と、 廣き 建具と、 

あ ひだ い や-つ 4*sv-? ん ひ r 5 た 

との 間にて、 異様の 跫 音を礬 かし つ、、 轉た 

いんさん おちむ ま 

陰慘の 趣 をな せリ。 

予 はしば-し く. -て 外科 室に 人リ ぬ。 

とさ よ あ ヌ、 » しんぺん ぴ せう £ い 

時に 予と相 口して、 -1: 邊に 微笑 を 浮べた る |§ 

學士 は、 兩手を 組みて 良 あ をむ けに 椅子に 凭れ 

yk ん くに じで フ 

リ。 今に はじめぬ ことながら、 ^ど 我^の 上 

=-っしゃ,,-ゎぃ^^1,んたぃ き い-つ くわん シほぃ * へき 

^^社會全體の害:愛に 關すべき この 大な る责 

にん にな み あたか むしろ ^そ ご 化 

任 を 荷へ る の、 ■ :u も^ 餐の 筵に 望みた る 如 

く、 1^ 然として 冷 かなる こと、 らく |ポ の 如き 

まれ じ 上し ゆ LL ん たちあ ひ ,Ji rt^^J > にん 

は 稀なる べし? 胁手 一一; 人と、 立 會の醫 博士 一人 

. べつ * 一? P ふじ かん K つ _1 , めい > かん やで 力 ひ 

と. * 別に 赤十字 Qv!^ 隱婦五 名 ぁリ。 看護^ 其 者 

B くんしで つお - みう- ' > 

にして、 胸に 勳章蓿 びた るも兑 受けた るが、 あ 

と く くだ 

る やん ごとな き あたりよ リ 特に 下し 給へ る も あ 



お, や た LI よし 5 

リ. ぞと S はる" 他に 女性と て は あ-.:' ざ" し。 た 

一-う こ 5 にく ん 

にがし 公と、 たにが し 侯と, なにがし 伯と、 皆 

たち 一め ひ > し,; んけ. >*!.- 

立食の 親族な リ。 而 して 一 稀 形容す ベ か、 りざる 

面色に て、 愁然と して 立ちた る こそ、 病 者の 夫 

の; 爵 たれ。. 

しつな" * ひ. しつぐ わ r. *~ . か 1: ぐ 

室內 のこの 人々 に瞻 られ、 室外の 彼の 方々 

きプか v-o- あか . 

に #,盧 はれて、 ^を も^ふべ く、 明る く I i て、 し 

なん す さ 1- か 一一 と t わん 

かも 何となく 虔 まじく すべから ざる 如き 觀ぁ 

JU- 一-つ げ くわしつ ちう あ 5 ナ しひ じゅつ どい 

る 虔 の 外科 室 の 屮乂 に据 ゑ、 しれた る、. \if 術 臺 

なる 伯爵 夫人 は.、 純 1^1 たる. 衣 を 絡 ひて、 死 

お-; ごと .^-た か- *i いろ 》 しろ はたた か 

骸の 如く 撗 はれる、 額の 色, m くまで. C く、 鼻 一 :问 

おと ほそ て し りよ.?; - た 

く、 i 細リて 手^ は 羅にだ も If へざる べし。 

くちび 10 いろす こ あ た *< ごと i へぶ かす 

唇 の 色 少しく 樋せ たるに、 玉の 如き 前齒 幽か 

み め か た if «3 n.o 

に 見え、 眼 は 固く 閉し たるが、 SS は 思 ひなし か颦 

みて:=^りれっ。 緣に 束ねた る頭髮 は、 ふさく 

と 枕に 亂れ て、 S の 上に こぼれた リ。 

そ Q か けだか <\i た ふと 

其 かよわげ に、 且つ 氣 高く、 iis く、 貴く、 美 は 

び やうし J. ,.5,:..;":b ひとめ み >i «-^?v, , 

しきお 者の 涕を 一目 見る よ" 予は 然とし 

てめ. ^ぐ」 を 感じぬ。 

^ Wvo ふ とみ _ か rfe かん-二 

醫學 士 はと、 不. M 兑れば は. 露. ほ どの 感: iE 

うご を ごと へい *; に 

を も 動かし E$ ら ざる もの 、如く、 虚 、もに If 然た 

る 狀露れ て、 :il 子に 坐リ たる は 室内に 唯染 のみ 

なり。 く I ぎきた. る、 ,これ. を % 母 しと 謂 は. 

、, ii.^ <f. じん し. a i5 ど i み. . X め, 

ば li へ、^ 群 夫人の 爾き. ^をせ;^ る 予 が^ t 



( 3 



何 か tig 



*- る V "干., うじ. . . か) y 

お聞き 遊ばして、 いみ はで も、 数字で も ぉ算 

へ^^ぱしますゃぅにご 

ts 、し ク{ ふ じん こたへ 

伯 @ 失 人 は 答な し • 

U し. .pi §- 5- かへ 

IT 兀は く 繰返して、 

さ、. L み 

「お 聞济で ございませ うか。」 

「あ、。」 とば かり:^" へ^ ふ。 

れん お,. , 

念 を 推して、 

「それで は < ;:; "しラ ござ いますね。」 

「何 か い、 糜醉劑 を かいご 

「唯、 ,竽 術 濟 みます まで、 ちょっとの 間で 

ございま すが、 御』 たりません と、 不;? ません 

さう です。」 

0! じん もく かんが . : , 

夫人 は默 して 考 へ たるが 

S --VS はん % ん ク こ 

「いや、 よさうよ ごと 謂へ る , 確 は^ 然と し て SS 

! «っ かほ み S3 » 

えた リ。 一同^ を 合せぬ。 

u しちと さ 七 ごと . 

腰元 は 論す が 如く、 

くさお 一一れ 3 ぢ でさ , 

「それで は 夫人、 御療饴 が出來 ません。」 

「は あ、 出來 なく ッても w いよ。」 

腰元 は 言葉 は 無くて、 顧みて 伯爵の 色 を 伺 

^<L^< まへ す. * 

へ リ。 伯爵 は 前に 池み 

r, 奥、 そんな 無现を 謂って は 不可ません。 川來 

なく ッて も; H- いと いふ ことがあ る もむ 力 ^0 

を^って はた リ ません"」 

こうしゅく かたはら S 、ち はで 

爵 はまた 傍 よ リロ を: W め 



むひ i 14 つ き. 

「餘 り、 無 斑 をお おやったら、 姬を迚 れて來 て 

せる が 可い の。 ^く: K くな らんで 何う する も 

のか。」 

フてれ ではぎ^ ^でございます か。」 ^/ 



; II. ュ -r あ ひだ Is せん A じん 

腰; 兀は其 12 に 周旋せ リ" 夫 入 は mr けなる 

ふ かんご にん S S ~£ 

を掉 W ぬ。 看護 &の 一人 は 優しき 驛 にて、 、 

「何故、 其樣 にお 敏ひ 遊ばす の、 ちっとも^な 

々マ- - 

もん ぢゃ ございま せんよ. うと^ \遊ば すと- 

直 ん でし まひます OJ 

--ois じん *5 ラー 一 、くち *s , し ん 校;..、 

比 夫人の ES は 動き、 n は^みて、 



に堪 へざる^ くな りし。 ,4f ば^ を胺 きて、 

「そんなに 强 ひるなら 仕方がない。 ?:^ はね、 心 

ひと ひ みつ ねむり? す り 5 はこと い § 

に 一 つ 祕密 が ある。 魔醉^ は is 言 を.?? ふ i 申す 

から、 それが 恐く ッて なりません、 何卒もう、 

r む ^6.^^ で き 

眠らずに お 療治が 出来ない やうなら、 t く 

たほ い /、だ > 

快らんでも 可い、 よして 下さい •」 

き ごと はく. Le-/- ふ じん fp ひ、 みつ 

k くが 如くん ぱ、 伯 @ 夫 人 は、 ま 中の ■¥ お を 

夢現の 間に 人 に^かむ こと を 恐れて、 死を以 

てこれ を 守らむ とするな リ。 良人た る^ 力 これ 

ま t. よ-つち-つ -.- のこと K , へ, い i- い 

を 聞け る 胸中い かん。 此言 をしても し 平生に 

ハ た.:' でう ふん-, リ- ひき i5J) さつむ 

あ、 りしめば 必ず 一 條の 紛^ を 惹起す に 相,? 31 なき 

"でつ し 5- た:, か,:? に ち, .9- た, h,^ . に?:. ノ 

も、 者に 對 して 滑 護, S 地:^ に 立て る^ は 何 5^" 

の こ とも 之 を不 SI に ^ ^せざる ベ かしず。 然も- A 



たか め で 

、,1 ! rl u > - に 



り は .1, ろ 心 怙きぱ かりな 《- しな リ。 

.? とはい . ぷ 

忻か らしと やかに 戶を扰 して、 靜に t 、に 入 

れる は、 先刻に 跑 下にて 行 逢 ひた リし: 一; 人の 

こしもと なか ひと? はめ ,ゅー.んな,- , 

g^-: 儿の屮 に、 一際::: 立ちし お 人な リ。 

T ふね まく うち むか しづ ん 1A ,も 

そ と 资 船价 に 打, M ひて、 沈みた る 昔 調 以て、 

「ぎ s、 ぎ^ はやう < お 一にき 止み 遊ばして、 

べっしつ おとな . - い- , , > - 

別 ifi に 火 人し-". {4 らっしゃ います。」 

t.< つな ゴ 

伯 はも の いはで 頷け リ。 

i^k 紆は が 驛學 十: の 前 に逸 みて、 

あなた > 

「それで は、 費 下。」 

よろ » 

「.: に-しい」 

r" とこと こた い くし 二お -- のと マ-す こ -- 

と 一 一一 a 答 へたる 傻學士 Q 躍 は、 此時 少しく 

• を, 帶び て ぞ予 が "ル に は ;?^3-し た る " 其^ 色 は 如 

C はか す こ か は 

にしけ む、 俄に 少しく 變リ たり。 

い か い !? し * *- は a あ ひ 

さて は 如何なる SSSil- 士も, 驚^と いふ 5^ 合に 

みて は、 さすがに 懸&ふ Q なから む やと、 予は 

どうじ S へう. > 

を 表した リき 

かんご _* い :5 くし c« のち か こし,? - 

y;? 護婦 は^^ 士の as を 領 して 後、 彼の 腰元に 

立 向 ひて、 

2 » * ち よつ と あな £ 

「もう、 何です から, 彼の こと を、 一寸、 貴下 

から ご 

r に _v のい え しゅじゅつだい fft^s いう 

腰1兀は其意を得て、手術^1^に擦寄り つ。 優に 

n r た y = で r 二 さ » "-, れい 

膝の ふが 2 まで 兩乎 をドげ て、 しとやかに 立禮 し、 

むく ,1** に- 1* い? , すリ さし-め ど それ 

「央 入. 唯今、 ぉ藥 を; 上げます。 何- r ぞ共 を、 



( 5 ) 



くち ひ、 みつ ひと き 

が n ょリ して 、あか. りさ まに 藏密ぁ て 人に ira 

かしむ る こと を ずと、 斷字 として IS 出せる、 

ふ じん でっち -r- ゐ 

夫人の 胸中 を 推 すれば。 

价 _g は k 乎と して、 

「私に も、 間 かされぬ ことな ンか。 え、 奧ご 

【はい、 誰に も IS かす こと はな リ ません。」 

ふ じん けつ? ~ 

夫人 は 決然たる もの ぁリ き。 

なに * す い か - はこと S 

「何も 魔 醉劑を 咬 いだから つて 嗜』 首 を IS ふ と 

. i な 

いふ、 :w つたこと も .11 さ、 うぢ やの。」 

でえ ;: も A きつ J" 

「否、 このく らゐ つて is れば、 屹と謂 ひます 

に遗 ひありません。」 

「そん: 气 また、 無 现を謂 ふ。」 

「もう、 御免 下さ いまし。」 

投棄つ るが 如く! 心 謂 ひつ >-、价 IS 夫人 は寢返 

よこ やみ 

"して、 横に 背かむ とした リ しが、 める 身の 

に な おとま J 

ま、 たらで, 齒を 鳴らす 昔 開え たリ。 

かほ いろ うご %0 た にか い くし 

ために 斑の 色の 動かざる 者 は、 唯 彼の 醫學士 

一人 あるの み。 4^ は 先. 1- に:! :!: にしけ む、 一 度 

そ C へ,: .i- い I-V ,.vx じ じゃく 

其: やや: を 失せし が、 <, やま た n お と た リ たリ。 

侯^ は HI 面 t ぉリ て、 

,<_!-,i ね なん ひ :• つ き • み 

「戴 船、 こリゃ 何でも 姬を述 れて來 て、 見せる 

こと ぢ やの、 なん ぼで も兒の 可愛 さに は 我 折れ 

よ.;., -。」 

伯爵 は 餌き て、 



「これ、 發ご 

lr.,5i ふ n- かへ 

「は。」 と 腰-; 儿は振 返る。 

「i: を、 ^を述 れて來 い。」 

ぶ じん たま S? 

夫人は!^レジず遮リて、 

つ 二 い なき CO 

「1、 れ て來ん でも 可い。 何故、 眠らな けリ 

や、 療, 1£ は出來 ないか ご 

かん ご ふ きう み t 

\ ;? 護^ は窮 したる 微笑 を 含みて、 

ひ A 卞こ さ b うご 

「お 胸 を 少し 切リ ます ので お動き 遊ばしち や 

けん ん 

あ、 危險 でございます。」 

わたし & 5J 

「なに、 私 や、 ぢっ としてお る。 動 きゃあし な 

いから、 切つ ておくれ ご 

t そク £ む 1, ふま しんか ム タゾ- 

予は其 餘リの 無 * 氣 さに、 ?:^^んず森寒を^!;小じ 

之 わ? そ け ふ ふ-つか いじゅつ まな C ひ& 

ざり き。 しく 今 =0 5?11 術 は、 眼 を 開き 

み おち » 

て これ を!:^ る も の あら じと ぞ S へる を や 

かんご ^ 

看護 嫁 はまた 謂へ リ。 

つくさ なん ちっと いた 

「それ は 夫人、 いくら 何でも 些少 はお^み 遊ば 

つめ と s« § 

しませう から、 爪 をお 取リ 遊ばす と は 違 ひます 

よ。」 

ふ じん a ひら *1 

夫. はこ >- に^て. はつち リ と^を^け リ。 氣 

もた しかに なりけ む、 ?降は 凍と して、 

なつ と せい たかみ! 5 き エ 

「刀 を-取る 生 は、 高峰 樣だ らうね!」 

げ くわく ちゃ 5 たか? ねさ ま ,,% に 

「はい、 外科々 畏 です。 いくら 高峰 様で も?^ く 

ま lis で > ノ 1 

なくお 切 リ 巾す こと は 出^ません。」 

「1- いよ、^ か あないよ。」 



A じ,? *_5 なた I- l-iT? t ご ん て がる 

「 夫人 、 ^下 の 御^ 氣 は其樣 な 手 輕 いので は あ 

- .< ね す-つ 

リ ません。 -S を 殺いで、 を^る のです-" ちつ 

と の ^御 辛抱な さ いご 

臨檢 の^ 博士 はい ま はじめて は、 お S ヘリ。 これ 

.{:;-っ\.-4くゎん5,:>*0^っ た う, 

^底 歸雲長 に あらざる よ リは、 堪へ 得べき こ 

しか S じん 4^ どろ い. t- 

とに あらず。 然るに 夫人 は^く 色な し。 

set ぞん を 

「其 事 は 存じて 居リ ます。 でも ちっとも かま ひ 

ません ご 

「あんま リ 大病なん で、 何う かし をった と S は 

れ る。」 

tS 、し I- く レ ん C ラし ザく わた にら 

と 伯爵 は 愁然たり。 侯^ は 傍より、 

とかくけ ふ み 卞" £ 

「6^ん角、 今 口 はま あ KMa すと したら;^ うぢ S- 

J ぁレ J つ, ぶー よ > 

の。 後で ゆっくりと ssn かすが 可から う」 

はくしゃく ,二 しつみ V,* どう み 

伯爵 は 1 もな く、 衆お" これに 同ずる を 見て、 

か い はか -JJ さへ ざ 

彼の 辯 博士 は 遮りぬ。 

J!>.UVJV- おく と 《> か へ た "V 

r 1 時 後れて は 取 返しが なリ ません。 ー體、 あ 

がな 5 ま: *- け 5 ぺっ 5 

なた 方 は を輕 蔑して 居らる、 から 埼 あかん" 

- こ かん 一- つ 

をと やかく いふの は 姑 です。 護 ^ 一 



寸ぉ 押へ. & せ。」 

.fctrv か A と • めい かんで- 

いと^ なる %Q 下に 五名の 看 に 、ノ ラバ 

ふ じん かこ V てな, あし {1こ , - > 

ラと夫人を21みて、,其手と::んと^^押 へむ とせ リ。 

かれら ふくじう もつ *-* にん たん ジ し めい 

藥等は 服從を 以て 責任と す。 軍に、 潜 師の命 を 

ほつ よ & へた かんじ やう かヽ n; み 

だに 奉ずれば 可し、 敢て 他の 感情 を ® る こと 

るつ 

を耍 せざる なリ。 



( 6 



「§! % ておくれ。 あれ!」 

ふ たえい い き U し, 2 よ. ^* • 

-v^ 人 は 絡 入る 呼吸に て 、腰元 を 叶 び^へ ば 

あり か/ニー -^^ さへ ど t 

慌てkv;^:護ゅを遮リて、 . 

ま 二 おくさま M , F 

「まあ、 一寸 待って 下さい。 夫人、 何う ぞ 御 

かん こんら- 一 こし. ej 一い- a*_ 

1-51 遊ばして。」 と 優しき M 儿 はおろ く 蹄 

-•I ,.x りて _J, へ-ゆ::^ - , 、 

夫人の 面 はお 然として、 

「《-ぅしても^;::きませんか。 それ ぢゃ 快って 

し i z^k* しゅじゅつ 

も 死んで しま ひます。 可ぃから此儘で\^術をな 

さ いと 屮す のに」 

ま し, ほて て う ご から ミ >^ す こ 

とお,::; く 細き 手 を 動かし、 辛うじて 衣紋 を少 

くつろ た *i ごと キ>-亡 つぶ あら は 

し寬げ つ、、 玉の 如き 胸部 を顯し 

, 一 >0 いた うご 

「さ、 殺されても か あない。 ちっとも 励き や 

しないから、 大丈夫 だよ。 切っても 可い ご 

決然と して ザ:: 放てる、 ^色と もに 動かす ベ か 

らず。 さすが 高位の 跳 身と て、 威 殿 あた リを拂 

--^ ゥ たか に はぶ *- も 

ふに., そ、 ti せ- 齊 しく It を, み、 is*- % を も 漏 

^t.x * 乃.,. a ん かん, さ:. 3 ち: 

、りさず して、 然たリ し 其 瞬 、 先刻よ リ 此: 一 と 

み ? し ?!; い •-Ji 、み た.?", 

Q な^き だ もせで、 死灰の 如く = ^えた る』 お 峰、 

輕く身 を 起して:^ 子 を, 離れ、 

婦、 刀 を。」 

かんご ふ Co め た C-Ji- 

-, え、。」 と^ 謹-蹄の 一人 は、 口 を 膝リて ^豫 へ 

5SJ- つ、 i.- ^<^A い くし お て み * も 

り * 同 本: J し く li 然とし て 、 g5 學十: の 而を謄 

とォ J た にん かんごふ す こ ふる 

る 時、 他 の 一 人の^;^護^;#は少しくホ奴へ ながら、 

414 ど,.. -ス と たか f?- わた 

消に $ し た る 刀 を. k り • て これ を 一 2 峰に 渡し た リ 。 



^ がくし i S <T3>5 ほ ろっ 

8± は . 取 ると 其 ま >- 、靴..: おく ゆ.^ A 移し て 、 

つ し PCS つど S » 1 

街と *f 術 臺に近 せ リ。 

I 護 おどく しながら、 

「§1^ このま、でぃ、んですか。J 

^ぁ、、 可 いだら う。」 

「ぢゃ あ、 お 押へ. a- しませう ご 

S がくし ちょっと ヌ あ, . < る .》 しと > 

愿學士 は 一 寸手 を舉げ て、 輕く押 SS め、 

「なに、 それに も 及ぶまい。」 

5 はや I ; Sj でつ し S- .ti .» きお 

li ふ f 疾く其 手 は 旣に 者の 胸を拖 開けた 

り。 夫人 は 手 を S に糾 みて 身 鹏きだ もせず。 

ftv it-i «<u ちか ごと しんちょ 5 げんし. 5,- 

任 -5 りし^ IS ゅ士 は、 誓 ふ が 如く、 深 重厳肅 

なる 一 W おもて、 

ぶ じん 45- にん お - し W じゅつ , き 

「夫人、 責任 を 負って 手術し ます ご 

i ま たかみ;? ふうさい しゅしんせ i おか 

時に 1:2 峰の 風采 は 一 稀: t 聖 にして 犯す ベから 

い やう > 

ざる S ぉ樣の ものに てぁリ しなり。 

ど ひ. y>5J こな ふ じん 3 つ はく 《-?n 

「何う ぞ。」 と 一 言 答へ たる、 夫人が 蒼白なる 兩 

ほ- は ごと くれ 5 たか. * ね 

の頗に 刷け るが 如き 紅 を 潮し つ。 ぢ つと 高峰 

み つ ひ:~ のぞ ナ. 1 フ まな C i 

を 見詰め たるま >-、 胸に 臨める 銳刀 にも 眼 を 塞 

がむ と はなさ ^- りき • 

とみ *4 かん » しほ iSi 

唯 れば 雪の 惑 紅梅、 血汐は 胸よ リ つと 流れ 

v^<£ そ じん かほ ちと 

て、 さと 白衣 を染 むる とともに、 夫人の 額は舊 

ごと あや-じふ はた じ 

の 如く, いとお 白くな リけ るが、 果せる かな 自 

じゃく あし うご 

i;^ として、 足の指 を も かさ i ^りき。 

;?. よ ^ えレ きぶ どう だっと 

ことの こ に 及べる まで、 翳學士 の 舉働脫 



/ しんそく かん けく し 1 く ふ じん ひ;" 

の, 如く 神速に して 聊か II なく、 们^ 夫人の 胸 

S / ど-つ T??J か いは かビ い た 

を 割く や、 r^ij, 素よ リ 彼の §3 博士に 到る まで、 

官^ 挟 むべき 寸 なか リ しなる が、; >5 



51 ひ 

-ヽ 匕. J 



ごと 

r の, S き _ 



に 於て か、 わな、 く ぁリ、 F : 

になる ぁリ, 或は や ia を 低 る 、あ リ、 

われ わす ほ 上ん しんぐ 

我 を 忘れて, , お ど 心 R まで 次 一くな P 

セ. 'ノド かれ し W じ S メ そ ,でつ す-! 

三 秒 にして:^;^が手術は、 ハ ャ其 に、 逝 

J スはひ たつ お ぼ とさ 

みつ >-、 刀 骨に 達すと 甍しき 時、 

u^i $ し-,^ • はつかい らいれ ;-へ 

「あ」 と 深刻なる?^ を 较リて 二十::: 以來" IT.?.- 

之ォ ふ じん がんぎ かい 

りさへ も せず と 間き たる、 ^人 は 俄然!^ 械 Q 

ごと モカけ んレ ij ははお なつと たか * ね め 

如く、 其 牛 身 を 跳 起きつ &、 刀 取れる 峰が- f;J 

て かひな "でって しか どリ す" パ , 

手の 腕に 兩手を 確と 奴鎚 りぬ。 

「痛みます か。」 

あなた 19 なた 

「否、 貴下 だから、 ト だから。」 

任- 5 i:n 懸 けて 伯爵 失ん は、 がっく リと 仰, M きつ 

つ、 iSi 冷 極 リ 無き I お 後の に、 1; 手をぢ ゾ.; J 

瞻リ て、 

あなた ぶたた わた,.. し し 

「でも、 下 は、 赏下 は、 私 を 知ります ま い! 」■ 

S .>. ま ハそ かみ.; S 一 J --ス かた ー.- « 

IS ふ 時晚 し、 高峰 が ^if に せる 刀に 片手 を 添 へ 

ち、 L た J か かさ 一 v.- くし * つ 

て、 乳 を 下?;^ く 後 切りぬ。 ^學 十-は 〕れ if.; になり 

て戰 きつ >t、 

わす .》 

「忘れません。」 . 

ュ い き そ0 す^た t-lr: 二お. - fj. ^ ま -V, 力す- A. た 

其聲、 其 呼吸、 せ、^、 § ttt. 吸、 

はくし &くふ じん-つれ *j み * .. 

to -^、 入 は, おしげ に、 いと あどけなき 13 „ ズを含 



たか cs て て A*- くら 

みて 一ね 峰の 手より 手 を はなし、 ばった リ、 枕に 

ふ み , くち 1- る いろか は > 

伏す とぞ兑 えし、 唇 の色變 リたリ 

そ,.; とま ぶへ iw さま あたか ふたり 》>,^べん て も 

其 時の 一 f 入が 狀、 怜も 二人の 身邊に は、 天な 

. ち しゃく わい . まった ひと ごと 

く 地な く、 社會 なく、 く 入な きが 如くな 



9 し „ 



下 

かぞ ねん 5- ん _ たかみ" u ま 

數 ふれば、 はや 九 年 前な り 高峰が 其 顷は未 

い < わだいが く がくせい ? P , あろ ひ よ か 15 

だ翳科大學に夙チ:;^^なリし砌なりき。 一 日 予 は-鶴 

こ t か は しよく US ゑム *W さく > • 

とともに、 小石 川なる 植物 II に 散^しつ。 五 

fe つ J つか つ-じ はに> も 0- , か S て, たづ, W 

月 五! Hsu の 『化 盛な りし SJl- とともに 手を携 

i- つ- ォ. う あ r. 二 バ- で い ん ない こう. C へん 

へ 、 芳 の 間 を 出つ、 入りつ、 IE 內の公 なる 

いけ ;? Mi :、- マ み;, 

池を繞 りて、 いお 揃 ひたる 藤 を^つ 

ほ てん かしこ つ. -じ のぼ 

歩を轉 じて 彼虚 なる » ^の 丘に 上らむ とて 

^rtw -;" ゆ § かグ IJv た ひと 

池に 添 ひつ 、歩める 時、 彼方より 來リ たる、 一 

on くわん か、 , 

群の 槻.? ^あり。 

SU, やつ ふく .S でた ち 》^んとっにぅ " た ** ちく ぎん 

1 侗^ 服の 扮裝 にて 突 精 を 戴きた る kis の 

やと こ 《ん*! い , なか にん ゆ じん かこ . . ?.^ 

漢先衞 して、 中に 三人の 5^ 人を圍 みて、 後よ リ 

おな を とこき た > かれら き ? ざ-よ 

もまた ZiM 樣 なる^ 來 れリ。 ; Slf 等は货 族の 御 

しつ なか にん を.; 1 な &ち やう かば o- 

者な" し。 中なる; 一: 人の 婦人 等 は、 一様に 深 張 

r が a さし か f ャ そ さばき おといと 1V9- 

の 涼 伞を指 翁して、 褪 捌の t かに、 す ts.J { 

IV ま-. S* ち. V.- たかみね pi . 

i 練 乘れる ト行 1 ぜひ ざま】 お 峰 は、 S は 十 使 を 

みかへ > 

rE^ たか。」 



たかみね ;ゥ なゴ , 

高峰 は鈕 きぬ。 「む- <。」 

かく を か の? 1 つ、 じ ■ み つ. <じ ひ,, 

は 心て 丘に 上りて^ 燭を 見た リ ,躑蹈 は^な リ 

た I めか 

しなり。 され ど 唯 赤 かりし のみ。 

かたはら CI1 か あき 1- ど て S P^O0 

おのべ ンチに 腰 懸けた る、 商人 體の壯 者 あ 

きつ t % 

r 吉 さん、 今日は 好い こと をした ぜな あ。」 

たま まへ A ま 

「さう さね、 偶に やお 前の 謂 ふこと を 聞く も 可 

い こ こ 一 J 

いかな、 ^£^草へ行っ て此處へ 來なかったらぅも 

ん なら、 & まれる んぢ やなかった つけ。」 

なに にん ,uc ^> 

「何しろ、 三人と も つてら あ、 どれが 祧 やら 

櫻 やら だ。」 

ひとり ま; * ぼ 

「 一 人は阔 SJi ぢゃ あない か,」 

ど .50 ご さつ だん まる ** げ 

「何の 道 はや 御 相談になる んぢ やなし、 圓髴で 

る < はつ たいし <,<ん S > 

も、 束髪で も、 乃至し やぐまで も 何でも 可い。」 

「ところでと、 あの 風ぢゃ あ、 是非、 高 田と 來 

ところ S て ふ B 2 »^ > 

る處 を、 銀杏と 出た な あ 何-つ い ふ氣 だら うご 

いて ふ. ぶてん > 

「銀杏、 が n 點が いかぬ かい。」 

しゃふ 

「え、、 ゎリ い 洒落 だ。」 

なん ふめな た がた しの め ど 

「何でも、 束 M 姑 方が おぬ びで、 目立たぬ やうに 

はら is ん なか み-つ は fc 

とい ふ肚 だ。 ね、 それ、 ほ; 中のに 水際が 立って 

たらう。 いま. 一人が 影武者と いふの だ。. 一 

S しも ま ,\ 

「そこでお 召 物 は 何と 踏んだ。」 

ふ K- いろ ふ 

「藤色と 踏んだ よ。」 

ふ ケ C ほんよ, 1- を さ 

「え、 藤色とば かり ぢゃ、 本 讀が鈉 まらね え ぜ。, 



足下の やうで もな いぢ やない か J 

, ま. >i ゆ *fc ま *K- 

r 肢く ッ て うな だ れ たね、 おの づ と 天窓が 上ら 

なかった。」 

「そこで から 下 へ 目 をつ けたら- r ご 

I ばか , ちつたい み 

「馬鹿 をい はっし、 勿體 ない。 見し やそれ とも 

力 > ま , のこ リ をし > 

分かぬ 間だった よ。 あ-残 惜 い。」 

おる き タ た *- 

「あの また、 步行 振と いったらなかった よ。 唯 

もう、 すう ッ とか う © に 1^ つ て 行く や-りだつけ * 

すそさ^ き つま 

褪捌、 褸 はづれ なんとい ふこと を、 なるほど、 

* け >^ «C4: て ど モどャ ,がら かく 

見た は 今日が 最初よ。 何う もお 育 柄 はまた 

ペっ toy ) し ぜん てん 3 ん "f- んじ 8,5 

別 連った もんだ。 ぁリ やもう 自然、 天然と 雲上 



になつ たんだな。 何う して 下 1^ の 奴^が ii; 似よ 

うたって 出 ある もの か。」 

ひど 

「酷く いふな。」 

わつ し ご ぞん とほ な か 

「ほんの こつ だが 私 やそれ 御存じの 通リ、 北 腐 

ねん あ: rM こんび ら た 

を三ギ が! r 金 羅 檬に斷 つたと いふ もんだ。 

と-一ろ なん tlv,-iu"p か よ なか 

處が、 何の こと あない。 肌 守 を 懸けて, 夜中に 

ど て とほ はち 

土 % を 通ら うぢ や あない か。 罰の あた、 りない の 

ぶしき け ふ B ふ ttoLJJ 

が 不思議 さね。 もうく々 日と いふ 今日は 發、 ん 

さ すべつ ft M > み 

切った。 あの 醜 JIW ども 何う する もの か。 見なさ 

い、 ァレ くちら ほらと. A う其虚 いらに、 1 い 

ものが ちらつく が、 何う だ。 まるで そら、 芥塵 

うじ ろご ゐ み 

か、 級が 蜜め いて 居る やうに 見える ぢゃ あない 

か I 鹿々 々しい。」 



ま ね 



ち m' w 



「これ はきび しいね ご 

e.J うだん み . 

「ホ 跳 おや あない。 あれ 0? な、 ゃクぱ り それ、 

て あし た 3 AO rt >,,-D. . 

手が あって、 足で 立って、 る はも 羽^も そ ろリと 

お^で、 ぉんたじ樣な.!^チ%で^^ってる處は、 

rt u<3 ん やん な し.^ S んな しん _\- 

II- りながら これ 人 の 女 だ、 ぬ も 女の ぎ 造 だ。 

IK.! な しん ぞ ISA ノ; ふ . , 

女の^ル3に€^ひはなぃが 今軒んだのと^^べ て, 

何う だい。 まるで もって、 すぶ つて、 何とい つ 

て 可い か 汚れ 切って おら あ。 あれで も おんな じ 

やん t キー f さ 

女 だっさ、 へむ、 Si いて I; 木れ らい。」 

「おやく 、何う したん g な こと を 謂 出した ぜ。 

わつ し い UI , 

しかし 八 土く だよ。 私 もさ、 今まで はかう、 ちょ 

いとした 女 を ると、 ついその なんだ。 一所に 

ある <M~ サ.1:.>ーん£:^ゎく .» I .1, ま 

歩く お前に も、 ^へ 刀; 还 1 さど 懸け fc つけが 今の 

を てからもう., .\ 胸が すつ きリ した。 だか 

せいくと する、 以が女 はふつつ リだ。 一 

「それ ぢゃぁ 生 ありつけ まい ぜ。 l?i 吉 とや 

ュ . 臺 い 

ら、 みづ から は、 と あの 姬樣が 、 一一- a ひさう も な 

いからね。」 

7 ち 

「罰が あたら あ、 あてこと もない 0J 

「でも、 あなた や あ、 と ら何 うする。」 

VTV<S ところ わ ウレ 仁 

「正 K な處、 私 は^げる よ。」 

も こ 

「足下 も か。」 

「え、 S ご 

わつ, し に." & » • , こと 51 

r ; も S げ るよ にと n を 合せ つ。 しばらく や 3 



裴 fS て 通る 

蓑き て Ifa る、 

き J > 

笠 き て !ゅ 1 る 。 

こんく if の 目、 

しぶ 5 & 

蛇 Q 目。 

>s ひ 51 さ ひ お £ 

綺 日傘 日伞。 

5:5 ゑ ひ y, さ 

坊やが さした 翁::: 伞、 

ひお さ て,:: さ » 

日傘で お 天氣。 

I 花 全 十五 reuih. 



や 4 給えた リ。 

「高 降、 ちっと-歩か- ゥ か。」 

よ たかみね と-" たち" のが $ / わ. :1-"0 1 ^ぶ 

トは fll^ と^に^ 1 りて、 & 3 く 彼の 壯伎を 1 

れし 時、 高峰 はさ も咸^ じたる 面色に て、 

しん ぴ ひと ラご とほ 、 

「あ、、 眞の 美の 人 を 動かす こと あの 酒り さ 

7S- て > ぺム Mil . - 

Si5 はお 手の もの だ、 亂强し i ^へ。」 

よぶ し si うご > ^ 

予 は畫師 たるが 故に 動かされぬ。 行く こと 

ひや ゥ K * { す たい is fo-ys こ したん! b . 

百 步 * 彼の 棹の 大樹の 截翁 fc る 木の 下 蔭の 

うす.!. ら - 3 さ リ いろ ?. a e し .5,- 

0^A^ あ た リ を 行く 藤色 の 衣 Q „;f を5;^|くょ リ 

らと. そ兑た 10。 

0£ い *g た A Z 5i .M つた. 

問 を 出, つ れぱ 丈^く 肥え たる 馬 二 頭 立ちて 

麼 fra 子 入りた る^ 車に、 三 個の 馬丁 休ら ひた リ 

き。 其後九年を經て ^^^^の^のことぁリしま 

で、 高峰 は 蛇の 3! 人の. ことにつ きて、 予に すら 

ひとこと . ^た 、 n 乂、 •』 お- 、ち 

一 言 を も 語ら ざリ しか ど 年^に 於ても ^位 

おい たか *u しつ み 

に! 64 て も" 高峰は^^!ぁらざるべ からざる 身なる 

か、 は い、 A5 さ ふ t ん I しか か fl 

にも 翻らず、 ぁを,?-むる^^人なく 然も li は 

K<*-^ C だ .1 ひんみ つ llsaj げん , 

學 たリし 時^より 品行 1 層諫 にて ぁリ しな 

n..。 予は 多く を! はざる べし 

«JIS ま M ち や, ま *」 S ftcs ^-^ 

. ず 山の 墓地と、 谷 中の^ 地と 所 こそ は リた 

.»な1> ひ 5.- ん ご * ク、 ► 

れ、 1: 一 nr に 前後して Si がーけ り- 

11 よ . てんか レ, IJS* かれら. ふた M- ざ. J- タ 

!?, i を 寄す 夭 下の 宗 s^ir sl^t 三人 は sj!^ 惡ぁ 

りて、 1^ に 1: くこと を 得ざる べき か。 



C 8 



(^ほ S w 



琵 琶, 



卿 

ぶ とこ さか プき ざ ,ま きつ-; V 

新 ゆが、 床 杯 をな さむと て、 座敷より 休息 

ま 70 と v> かい ぞへ をん な と -v^^isj み- 

の 室に 開きけ る 時、 介 添の 婦人 は 不^ 其 鼓 を 見 

て 驚きぬ。 

や,! .<-.s!A 一ん ^^1£< • si £ ふ , . , » 

ど^ 色 たく 今にも 便れむ ずば かり 

1- き さま かい ぞへ こ * る 

なる が、 ものに したる 狀 たるに ぞ、 介 添 は 心 

ゐ きかへ さ- * I 

許 なげに、 つい て 換を 捧げながら 

「もし、 ; ^氣が でも ぉ惡 いの ぢゃ ございません 

か。」 

と驛を めて そと 問 ひぬ。 

しん- \ _?4.* てん .£ し: で-, >, 

新3^は^^^_,:^なる^を韓じて、 介 添 を 顧みつ < 

< -厶 たん いひ ナ > * , » 

とばかり^單に言:^^てたるま、 身 さへ 眼 を 

ラご . しんた 了 r-* ユカ せう * 

さ へ 動 かさで、 1 心 唯 a ふこと ある 其 1 方 を 見 

詰. S つ. -、 衣を換 ふる も、 を緊 むる も、 衣 

ちん >u (ま モろ み 1-,- ひと て _c 力ま か 

. おを^す も、 i« を^ ふる も、 !! is. 他の 手に が 任せ 

つり 

B r しんぷ rt- us ち en .* ぃぞへ なに 

常 た らぬ 新婦 の 氣色 を危 みたる 介 添の、 何 

か は 知、 り ず お ど/ \ し た が ら 、 



「此方へ。」 

と 謂 ふに せ、 渠は 少しも はで、 靜々 と 

ほ らう ふ はこ 》x しつ とへ 二, * > 

步を 下に^ びて、 やがて 寢.: に 伴 はれぬ 

>-c をつ と "y^* ぷ -! ま £ 

ij^ にはハ ャ 人 ありて、 新 おる を 待ち 居 

>L. な U 又! C- つし げたが 5 9 くぐん ^ くわん 

れ" -。 © は 名 を 近 藤 1康^ と 謂 ふ 陸 :4 の £5官 な 

し 1VJ ぺっ S ? V5 ど つましり-て 4,^ 

り。 式 は 別に 謂 はざる べし、 -娀: の 妻 返き、 介 

ぞへ をん な なまかん で 

i の 婦人 ル" お』 出つ。 

CB- うへ ム 一い > しんぷ. *- ふ , 

唯 二人、 閏の 上に 相 到し、 新婦 は屹と 身衡を 

かた *yi ん ざ 

固めて、 端然と して 坐し たるま > -、 まお もてに 

をつ と r; ぶ. - ^^-€ -2 り. M W ますこし 

良人の 面 を瞻リ て、 打 解けた る狀亳 もな く、 

け i つ ふ % 一い な 

はた^ら へ る 風情も^ かりき。 

ゐ くわん で こ 一-: ぬ I やにら, て:. f 

S£ 官は 腕を棋 きて こも また 和ぎ たる 體ぁ 

ほ とん ふん じ K ひだ たが ひ め め 

らず、 ,おど 五分 時ば かリの 問、 互 に^と を 

み つ ひ やっと f< 一-一 こ- a 

見 <1 "せし が、 遂に 良人 先づ肅 びた る踪 にて、 

つ-つ 

「お 通。」 

とば か n-^^w け つ。 

, 新 名 はお 通なら む • 

1- ばる 、 に 魔ー へ て、 

"ん つば 《- 

とのみ。 iSilf は 判然と も? - い ヘリ。 



.olt わん sfc yew B し ぞ" つ 

周 官は 太く 『!3 立つ 胸 を、 强ひてー3£^^けたらむ 

IJJ^l しづ ちか,: バム tiE- . 

如き、:^ める、 力 ある 音調 もて、 

お ま < * 

f 汝、 よく 娶 たな。」 

つう す こ 

お 通 は 少しも 口籠らで、 

ど しかた 

「何う も 詮方が ございません。」 

や {ゎ ム L ぼら,、 ちく _> 、そ -J-Kl たか 

^^:!!は少時默しけるが、 ^其聲 を高ラ せり • 

?;-^ざぶら-っ ど 

「おい、 ^三郞 は 何う した。」 

1,7-3 い を I 

「息災で 居ります ご 

.a* へ わ. a で , 

「よく、 汝、 別れる ことが 出^た なご 

「設 方がない からです ご 

なぞし かな 

「I: 故; がない • うむ ご 

つう C もへ ふと ころ C - さしい 

お 通 はこれ が 答 をせ で、 懐中に 手 を 差 入れ て 

つう しょ とりだ をつ と ,、へ v,"? つ c でつ 一. - 

1 S の 書 を 取 出し、 良人 の^に 繰 廣げて 兩手 

2-J た!" S くわん め て お? i 、- T- r か 

を i に 正して き。 尉お は 右手 を 〈i- 仲し 身近に 

*^ ん どん ひさよ * まな 1J さだ よ > 

燈を引 寄せ つ、 眼 を 定めて i ま おろしぬ 

■*K3 じ け W さ 一 £ , „ 

文字 は盖し 左の 如き ものに て ありし 

つう «**H.J ク t ま Q さ ふら ふ ちんみ こん 

お?;! に 申 残し 參らせ 候、 御身と 近藤處 

*__J.a パ-の いひ t づけ こ. e あ OS ふら-、 t 

, に 殿と は SI。11 にお 之 候 

tfr おんみ ほか か ひと i み?: さ ふ マり ふ 

然るに 御^ は 殊の外 彼の 人 を S 嬸ひ 

r うす せつ わ あ ひ :- さ 〔:ら むすめ 

li- 子、 者の 阪 に 相^え へば、 女な が 

らも 其. a のい ひ K け 難 c て、 臨終 の^ま 

f W ふら, % 

で默し 候 

さ ふら たん 1^ せせ T c-si 一べ , 

さ 候へ ども、 一 "親^の Jte を 約束いた し 

W ふら さ 9 ,t た しげ t かど せン i ん 4i》 

候へば、 義现^ か" し 重 殿の = ^人に if 



9 ) 



12 ば f , い- w へ ん ;. - へ あ r: な さ 、でり ふ 

し 面目なく、 今 さら 變教相 成らず 候 あ 

はれ 鶴 SJ とな リて 拙者の 名のた めに &の 

ひと み まお. 1 C S,2J ん 

人に 身を仟 せ. S- さるべく、 斯の 遗 fir" を M 

さ ふら ふと さ やつし? * しんら-つ く つ-つ ちつ さん 

め 候 6- の 拙者が 心中の 一 を 以て、 

み Lt ざい V ふら ふ 

身に 謝 S 非いた し 候 

* わつ ぴ <v よか はみ ちと 1* 

月 口 lis 川 if3 知 

つ-つ どの 

ど ど く ひ かへ ゐ { ゎム か たち あら £ 

ニ皮三度.!^返して、 IS せ は ii^ を K めたり。 

つ-つ .--a をつ と 

「通、 ir 々は 良人 だぞご 

つう き P で 二- - つか 

お?: おは 問き て 兩手を 支へ ぬ • 

はい i§ なた o.^r - > 

「唯、 貴下の r リズで ございます。」 

そのご み くわん Jlv「^„.ーん うつむ つ-つ r* おろ 

爾 時 尉官 は 傲然と して 俯向ける お 通を瞰 下し 

wft まへ * きつ レ S. 

「吾の、 ふこと に は、 汝. 屹と從 ふで あらう 

な。」 

此方 は を W れたる ま. -、 

r あ, ぉ從 はせ なさらなければ. 不: H- ません。. 一 

* くわん -tM- , 

新お は W を 勁 かしぬ。 

. , つう しん をつ と . い JS5 .» まへ 

「ふむ。 しかし 、吾 を ft- 人と した 以上 は、 汝、 

つ H せっさ ふ, i 

妻た る 節挖は 守らうな。」 

つう きつ て ち 

お Pil は:^ と 面 を 上げつ、 

「い、 え、 出.^ さへ すれば 、リ ます。」 

二 くわん きしん つ つ やつく わ 一-と 

尉 お は sia 湫 心 頸 を銜 き て 烈火の 如 く、 

たん 

I 何 だ! 」 



,にで つ 5 ,<,! f 

と 其 一; 目 を W びせ しめつ。 お 通 は:! めず、 Is- す 

る 色な く、 

わ たし わ, べし せっさ 5 «s 

「はい。 私に、 私に 、節操 を 守らね ぱなリ ま 

せんと 謂 ふ、 そんな、 義 Si 一は ございません から、 

で さ や ふ 

出. 外さ へ すれば 破ります! 」 

そ- げ やひ. る.^ ふく 

恐氣 もな くず: S てる、 片頗に 微笑 を 合み た 

くわん た V -っ たづ ) き- < うち, あら かじ さん 

ぱ官は E ちに 餌き ぬ。 胸中 豫 め この 算ぁ 

わら きよく れい 

りけ む、 きの 極 は 冷と な" て、 ものい ひもい と 

, づか 

靜に、 

3 きつ せつ 一-. -5 S 

r 應、 虼と 節徵を 守らせる ぞ 0. 一 

か. i し, て 

渠は唇頭に^?笑したリき。 

一一 

s;VJCllt んざぷ つ た r ひと リネ よか は しょさい あ あてど 

相 本 謙 三郎は 唯一 人 i?: 川の 書齋に 在リ。 赏所 

へ 8- S15 みつ ねん 

もな く 室の 1 方を;3-3^§めたるま 、、 默 然として 

* 」- し- iv.- い 0.K 一 V- さ こすき つく 

^忍 ヘリ。 I^F か 書 齋の緣 前に は、 一個 数寄 を盡 

とり. つ Jj お たか は あう 

したる 鳥. 躯を 懸けた る 巾に、 一 羽の 純,::! なる 1.5 

断 あ リ、 餌 を^むに も きたりけ む、 もの 淋し 

けん ざぶ- ジっ -co ろす. V, た み や .ひ しら さ いう 

げに 錄三郞 Q 後 姿 を 見遣りつ- -、 頭 を 左お に 

-^. ^ を しつ. く IKl け, ざぶ 

|i け 居れり。 一室 iig たる こと SN,!^? なりし、 謙 三 

らっ そっせい しう おもて も む み V いた ズ 

郎は其 i ^お 禿な る 面に 1.5^ を n や M き て 、 太く 物 案 

11. ま C, へ. 一, -.\ー *:i ぶ ごと 

ずる 狀 なりし が、 ふる 如く、 危む 如く、 はた 

ひ i ごご W « 一. --.f £ 

人に 儺る こと ある もの 、如く、 r 琵琶。」 と 一 碎、 



よ, - ひ?? け 一-! *5D な 

61^^^を呼べ リ。 琵 5{a と は 蓋し g.J^S} 名なら む。 

低く 口笛 を 鳴す とひと しく、 

「ッゥ チャン、 ッゥ チャン」 

と 叫べる s& 、臭 ffi きこの 書齋 を^して、 1 ti 

.ff.;- てう-つち ..\5- C ん ざ.,? う しう 1. ん {ノ ひ 

の 昔 調打键 くに、 謙 三郞は 愁然と して、 思 はず 

*f みだ - *e 

1^ を 催しぬ。 

; b は .U ノ ひさ , tfrin いへ タしな つう 

琵琶 は 年久しく 淸 川の 家に 養 はれつ。 お. 通と 

^ . いとこ ?: < ぎ ぶらつ あ:, ど し: f そ Q 

か從 兄なる 謙三郎 との 問に. & 仏して、 巧みに 

C でっかう た つ-つ こつ 宁 まな 

情交 を めたり き。 他た し、 お 通が 此 家の 愛 

れす 》 へやへ さ いへ ,- ろ 

女と して、 室 を 隔てながら?^ を 整したり し s^、 

い t ェ こん- \-- つ と Q い さん はん ざぷら つ よう 

朱 だ 近 まに 嫁が ざリし 以前に は、 謙 三郎の ffl あ 

つう 《 み s!^; ごと ,,ま 

りて、 お 通に 見えむ と 欲する こと ある _毎 に、 今 

, かひ , ぉ1^ たか び は よ 

しも 渠 がな したる 如く、 の 中なる 琵琶 を 呼び 

,^ くち- W たら > ひ は れいろ 〔- 

て、 爾く 口笛 を 鳴す とともに, US 琶 が玲琉 たる 

-5 でん u"- 

を もて、 ーッゥ チャン、 ッゥ チャン J と傳 令す 

ベく、 よく 馴らされて ぁリ しかば、 此 時の 如く 

ニー 么 あ ヽ; た ち H ちゃ-つない ぶか 

ft を 揚げ て 二た び 三 たび 呼ぶ とともに、 帳- WIS 

ところし プ、 ち 力 を,. な あの さし す 1 一り 

き虔 翁と して 物 を 縫 ふ 女、 物差 を # さ、 針 を 

.H £!• ち J んん ざぶ-つつ ふ J. ; ,1 ほ ち 1J 

措きて、 S に 三郎 に来リ つ、、 ^^、:效を合すが 

例な リ しなり。 

いま し rt んざ i ら-っ ひ 

今やな し。 あらぬ を 知りつ 三郞 は、 日に 

いくく;;: >i いく <s い はか, t <ni へ 

幾: i:、 夜に 幾! s、 果敢なき この 兒戲を 繰 返す 

,-ん -ん 

こ と を 林 ピ ざ リ き 。 

そ 「一-ろ せ でん す,::; し rs つ あたか 

さて 其 ® は、 .l^i.;^ の 出^ ありし 1^、 折 は:^"? 



C 1 ) 



も豫備 後備に 對す る 5:$fH リ の kl!{ 表 さ れ し 折な リ 

し." 

け厶ざ ぶ-? 5 あ く-. 一 ♦prs- へ A れい よ 、 iLP 

讓三. K も また ^^徵 の 令に 2: リて、 豫備 

へ T * ま レ?, ちい さんす で ひさ::.: れんな》 

11^の籍にぁリしかば、 1 r ヒ B 以前 旣に 一度 聯^ 

二、 f-,1 い モ っク- そつ ひ あ くるひ n-.- だ丄丄 ち 

にん 營せ しが、 其 月 其 日の 翌日 は? お. 團鞔 地に 

けつ l^i^ こ- ろ さ. つ - • C ち しゅつ 

するとて、 親.^ 父 1> ^の 心 を 察し、 1 日の出 

え; ^5る 一 、_> ま な .*: なし 一; > 

&を 許された るに ぞ、 渠は 父母 無き だ 《兒 の、 

た けい :0.3 C ュ) う. V- つ 

他に 繋累と て は あら ざれ ども、 兒 として 幼-カノよ 

わ-つ- V li- S を ? i くわい * 一-. 5 

り 養ム n されて、 母と も 思 ふお 母に 會 して、 永 

.c.r, . な-し て-??》 々-た S 、 き 

き 離別 を^ まむ ため、 朝^ こ、 に來リ 居り S 

S ,つ ひ つ 

く こと も はた fi ふ こと も, 永き 夏の H に盡 きざ 

き えい じ rti- ま I ざぶ-つ フ > 

るに、 の 時 K 迫り たれば、 ま三郞 は、 ひし 

ピっ S よる は まさ じ さ さ 

ひしと、 戎衣を 装 ひ、 將に辭 し 去らむ として 鑄 

き 

躇 しつ。 

しょさい も © fcr-L S .5 

害 齊に品 あり-、 衣 に 容る、 を 15、:^ れたリ とて 

すで ドノぞゎん い み ひと o- 吃なさい ひき かへ 

旣 に玄關 まで 出で たる 身 0、 一人 書齊に 引返し 

つ * 

や U そ<5 ど ひ. n A-I- .-3.1.:,^,- わん たちたら 

叔:?^と其^^!!:の,は、 皆玄關に立併びて、 い 

レっ I1M く f /ぐ/;; ん ま § ひと 

づれも 而 に 愁色 ぁリ。 彈 丈 中に 行く 人の、 

,i 4.- た ミ - 一- i す ぶん 

今にも 來 ると 待ちけ るが、 五分 を 過ぎ、 十分 を 

f しよ- -n ォ U ぶ-? 5 

i!^ て、 なほ 書资 より 來ら ざるに ぞ、 is 一 一一郎 は 如 

か -ー- ろ.. 1\ ? ,-.>リ i.s ( 

何に せし と、 心々 に 思へ る】 一灯から、 寂と して 

ひろ ,f<. 1.- る :,^ た 

廣き^ の、 遙奧の 方よ リぉ とづれ きて、 

「ッゥ チャン、 ッゥ チャン」 



と iis? の靠、 IS き 馴れたる 叔母の 此時 のみ 何! 

おも い-つ いそ しょ V- い i/ー 

S ひけむ 色 を かへ て、 急が はしく 書齊に It や 

り。 

謙 三郎は 琵琶に が じて、 お 通の 名 をば 呼ば レ 

17 に ひと いつ. ち こと 

めしが、 .|^^るべ き人のぁらざるに、 平時の 事と 

せんち お. T6 み nv.x i 

はい ひながら、 あす は i ゆ 地に 赴く 身の、 1$ び 一 

み さ- -っ こ- (ム 1 けつ 

M. 再び H き 5: & べき 聲 にあらねば、 意 を 決した 

かどで が- な tV! > 

る首途 にも、 i5i^ は そ V ろに 1?^ ぐみ ぬ 

とき 》K》.-.-M あしおと I » k ふ』 メス み, し 

時に 緣 側に 奪 昔 あり 々しき 風情 を 見られ』 

u 乂 v?? う た i 2 はで こな 一 

まじと ,』 三郎の 立ちた る 時、 お 母 は 早く も 此- 

も <K! いきた 9£リ かご ふた ち 

方に 1 りて、 突然 鳥籠 の 蓋 を 開け つ 。 

ZCW ろ み ま e ぴ は リノ.' ちう いつ: 

霞き 見る に 羽ばたき 高く、 琵琶 は 中 を 5?^ 一 

し 去れり。 一 

1 たに _ 

「おや! 何 をなさい ます」 

けん V- パ つ と > をば C た • 

と Si ビ ll,s はせ はしく 問 ひたり お 母 は 此方 を! 

み かへ ?リは f{ みまち » -, ズ.. は f! 一 

見 も k らで、 Hiis の 行方 を瞻" つ. -, ^側に 立」 

♦.Mi ハニ こ の i>i 力ま «- よ. <M.-*3 くら 

ちた るが、 あはれ 消 る樹 間の- S か、 錄翠 i? き 

しろ さ-? ゾ み -., \< ひぐ *T しひと- 

ぁたり白きg紛^^のa^ん隱れに、 鍋 一 萆 鳴きけ 一 

A き -て ち た. tW し-つん, J わん f ぶらつ 

る 時、 手 を 以て 涙 を 拭 ひ つ、 徐 に 11^ 三郎を ISi 

みたり。 一 

「い、 えね、 未練が 出ち ゃぁ& いから、 もうあ 一 

の萆 を^く まいと S つて • — J 

お 母 は 淚 の萆 を飮 みぬ • 

けん ざぶ-つつ いろ 一一た へ な 

譯三郎 は象ぢ たる 色めり これ が 答 はお さ す.! 



して、 胸 の の^ 鈕を瞎 けつ • 

,ざ や-つ «£ 

「左樣 なら 參リ ます。」 

とっかくと 書齊を 出で ぬ。 叔母 は 引 添 ふ 如 一 

くにして、 其 左側に? > ^ひつ \、 ^^?-みたがらロ, 

早に、 

^ まっき^ *CVA 

「&- いかい、 先刻 謂った こと は 卞:ま へやし まい 

ね。」 一 

たん ゥ-3 S I 

「何です か。 お さんに ;マ" つ て 3:^ け とおつ しゃ 一 

つた、 あの ことです かご 

3: んてぷ つ たち ノーま 

該三郎 は 立 留リぬ • 

「あ、, そのこと とも、 お前、 軍に 行く とい ふ 一 

人に 他に 願が ある もの かね。」 一 

それ 二 ま あすこ • j 

「其 は困リ ましたな。 彼處 まで は 五 里 あ リまー 

け さ S9 一, P い とて- 

す。 今朝. たと 腕 車で けて 行つ たんです が、 到, 

底 逢 はせ ない とい ひます から t かう とい ふ Ik も- 

い ま » K かん 

ぁリ ませんで した。 今ッ から ぢゃ、 もラ 時間が- 

ぶんかん へ;; -スぃ ts いそ V/ 

ございません。 一 一一 十分 £r あ tts まで さへ 大 急で 

A 一 ちゃ- P.I-J 

ございます。 飛んだ t^H 座 をいた しました。 J 

い さ は を ,v 于-| V 

ふこと を IS きも 果てす、 お 母 は 少しく 急き 

込みて、 一 

そ0 二と さ ハナめ み 一に- 

「其 言 は 聞いた けれど、 女の 身に もな つて 御 一 

*!7< あんな ^cz れんごき, とで で ^し 

SS4、 如 彼 へ 推 S-J まれて、 一年 越 外出 も 出 ま 一 

き ,へる - Lw~ 

ず、 折が あったらお 前に 逢 ひたい 1 心で、 細々 一 

ち つな な ^ , 

命を繁 いで る もの 銜も兑 せないで 行かれち 



( I 1 



1 2 ) 



それ あや-し , ミへ あ .£ 

や あ、 其 こそ 彼女 は 死んで しま ふよ。 お前 もき 

さつ - 

り 察しがない。」 

iN つい とら は な I 2>S ざぶ.. りう や! 5 

と戎 衣を捉 へて 放たざる に ^三郞 は W じつ 

つ、 

「左様 おっしゃ る も 無现 で は.. こ ざいません が, 

もり ゲ から iS! ひます に は、 ^1 ^しなければ なリ 

ません ご 

fco^u. つう れ たし かにい 

「は、 默& でも 何でもお し。 通が 私 や ザお さラ 

ご し 5,5 

だから、 ょゥ、 だか、 り。」 

じう" 《 で >5 .S たて をが * 

と 片手に 戎 衣の 袖を捉 へて、 片手に iSiJ; むに 身 

t,i ざぶ &:' aft 

もよ も あらず、 謙三郎 はなくな リて、 

なに わたしみ ヱ もい よ なに かよ 

「何、 ; 4 の は何ウ ならう と、 名眷 も^.^. ひ 

ません が、 甘:: では、 其で は 何う も!!;:: f たる 務 

が缺 けます から。」 

!! こ つよ _,- わ.!:! た -K 

と 誠 心^め たる 强き」 碱. 5.:" も、 ぃかでか叔::^の 

t に 人るべき。 n ハ^. 娘 を打拟 りて、 

なに か, かま , なに なん .5 

「M が缺 けようと も栴 はない よ 何が M でも 可 

た ン ひと 6 しゃ 5 た あ 

いんだから、 これ た 一 nl、 後生 だ。 ^む。 ?fa 

つて 行って やって おくれ。」 

「でも ル だけ は。」 

^^s^^ じ はて いか けつな つ 

三郎 のな ほ 露す るに、 ei^ は 怒りて 血相 か 

* ど > t わ たし ひと U- 

「え、、 M- ソ いっても かないの か。 私 一人 だ 

IV ,お. * にビ V- とさ 

から W いと S ぬって、 伯父さんが おいでの 時な、 し、 



そんな こと、 いはれ やしまい が。 え、 お前、 何 

つ ひせ なん きつ ついく 

時 も 口 僻の やうに 何とお いひだ。 屹と 養育され 

おん かへ nr ば くち <tf , わ たし 

た 恩 を 返します ッて、 立!^ な 口 をき く =t に。 私 

が これほど i む もの を、 それち や あ 義理が; S む 

あん ミ あん £ 

まいが。 餘 リだ、 餘 り だ」 

5>~ ざぶ, :- つ い ふん い S わ. ことに L 

謙」 一郎 は 如ぎ とも 辯疏 なすべき 首 を 知 ら ず . 

少時 沈 して 頭 を 低れ しが、 叔母 の^をば 凝撫 

でつ \ 

よ なん *3 * 

「可 うご ざいます。 何とで もいた して 屹と 逢つ 

て參リ ませう ご 

S. £16 ふリ。 な-む ラれ み 

! i はれて 叔母 は 板 仰. S き、 さも 嬉しげ に见ぇ 

けん * ぶらつ かほ いろ た !• ぶ 

たるが、 謙 I 一一郎の 額の 色の 尋常なら ざる を危み 

て、 

「お前、 可い のかい。 何とも ぁリ やしたい か 

ね。」 

いや きづ .<5 ひ 2 

「否、 お 変 慮に は 及びません ご 

といと 淋しけ に 微笑みぬ * 

三 

「應 樣、 何 返へ ござらつ しゃる。」 

ふ i ラし, よ S と ひと し 

と 不 》 お に 背後よ リ^お めら れ、 人 は 知 ら ず と 

しの い いま 5.5 やと ぐち いた つう 

忍び 出で V 、々しも 漸う 戸口に 到れる、 お 通 は 

と S3 

ハ ッ と 吐 胸 を つ きぬ。 

4^ a ま ま な で !:ャ Hf5 5 

され ども 梁 は 問かざる ほ 一 似して, く 節 を 



はづ と VI て IJV く かた ヌ かけい む 

外さむ となし ける 時、 手燭 片手に 跃 W で、、 無 

ず ..-c び? は ひつ.!. 5 ゥ か?,? ど .CI つじん 

手と 帶際 を引捉 へ、 摑ぉ せる 老人 ぁリ。 

i ヮ はつ たか ギ」 ん ごと ひ £*- は ひ! b 

頭 も 銀の 如く、 額兀げ て、 髯 まだらに、 

£ か つらが まへ ひとくせ み I 

いと 厳めしき 面 極の 一. 船 あるべく 見えけ るが、 

- M っ-^^ しか 

のぶと きへ t に てお;^ を 呵リ、 

よ ろ よ なか ねだめ » 

「夜夜中 あてこと も 無え 駄 H なこッ た、 斷念さ 

» はら でんな がんば 

つせ い.' 三 原 傅 内が 眼 張つ てれば、 びくと もさ 

せる こっち や あ 無え 。 ^を^ ま さ -っ と つ て そ り 

だ め なん お .5 て だ C つち 

ゃ駄 H だ。 何の 戶 外へ 出す も 2 か。 此方へ ござ 

こっち 5 , 

れ。 え、、 此方 ござれと fi ふに。 J 

つ-つ きつ ふ D か f 

お 通 は 屹と振 返リ、 

は, パ< わたし ち V; つ i おさ で 

「お放し、 私が 一 寸戶 外へ 出ようと する の を、 

なん ま i は I 

何のお 前が ぉ稱 ひで たい、 お放しよ, え 乂! 

お あしてば ご 

「なり ましね え" 麻 畑の 屮へ 行って はうた ッ 

ゆ す frK -J つち 

て、 さう は 行かれえ。 素^£1に此方 へござれッて 

いに ご 

つ 5 ^fc IT こ 

お 通 は 肩 を 動かしぬ • 

>H、 じん ど ち つ とです 

「お 能、 主人 を 何ラす るんだ え。 些少 出過ぎ や 

しない かね。」 , 

し 5 じん へちま "zl ?, l>l.i^A5_i 

「主人 も 絲瓜も ある もの か、 155" は 何でも 降樣 

きつ つと Is い 

の いひつ け通リ に t 化と 勁め り や 其で 可い の だ。 

お前 樣が 何と li つたって 耳に も 入れる もの ぢゃ 

ねえ ご 



C I 3 ; 



夜 や 昨: も 
で 日' -' 



CI.O ち お I01S-0 if 

-ゥ や ラ祢 へ た こ の ?5:众^*-を そ つ と屆け て來て お 

r わたし ひ i め あ 

くれ、 よ、 後生 だよ。 私 に 一 目 はう と つ て 

そ ハ く.: -3 し.: ぼう わたし み 

其 位に 辛; S, 遊ばす、 それ を^の 身に なつち や 

おも r L5 5 

あ、 ま、 どんな だら うとお 思 ひだ。 え、 後生 だ 

からさ、 もう、 私 や 居ても、 起っても、 居られ 

ご 乙 やう ちょいと と せ- 

やしないよ 。後生 だから さ、 一寸 屈け て i て 

おくれな ね。」 

でぐな 1- fc_..<\^y *. き 

傳内は 唯 頭 を銜る の み • 

「何 を? S は? しても 駄 B たこんだ • そ 9 や、 に、 

>-r だ め お f 

沖 一 も駄; :; で ござる。 こんな ことがあ らうと &i は 

だ.; な 5 まふち つ «! & 

つし やれば こそ、 nl 那樣が 抉 持い 霜け て、 お前 

樣の 番をさして!! a か つし や る だ。」 

ゥ-っ i 二 >.£ 

お 通 は いと も 切なき 尊に て、 

ユカ きこ ん 

「さ、 さ、 其 こと は閗 えた けれど あ \、 何 

たつ *5 s へ わたし 

といって 鉱 みやう もない。 1 層お 前、 わ、 私の 

, を 清して おくれ、 さう したら _说 を る:.;^ 慮 も 

あ る ま いから。」 

< け; S なん さ fii き 

一 そ" や 不可え だ。 何でも、 は、 お前 樣に氣 を 

^ け て 、 K^f に も さ 、 せ る な と い ふ、 おっしゃりつ 

けだ ァ もの。 ^を 潰す なんて あてごと もない。 

と モ れ 《• さま 

飛んだ こと をい はっしゃる。 其に しても お 樣 

めみ S 、ち *1 7- > . 

眼が 見えね えで も 、口が 利く だ。 何でも、 は あ、 

さい やと こ ぁ はなし 

一 切、 男と 逢 はせ る こと 、、 話談 をさせる こと 

だんな i 

がな、 りね えと いふ、 日 ー那樣 のおつ しゃ" つけだ。 



•i なん だめ 

斷念 めて しま はっしゃい。 何とい つても 駄 = で 

ござる。」 

つ- ジ B , まり さ ? Is 

お 通 は 胸 も, 股 裂く ばかり、 「え、 ごと 叫びて、 

み ふる > .A た I 

身 を ほ はし、 H を ゆ 9 て、 

r ィ、 一 暦、 殺して おしま ひょう。 J 

で, -なー じ c-i t 

傳内は s 若と して、 

「これ、 また あんな li 理を謂 ふだ。 S にも 咬 は 

たん ころ 

す ことの たらね えもの を、 何として、 は、 殺せ 

る こんだ。 さ駄々 を控 ねね えで 此方へ ご-され。 

ひどい 蚊 だが なう。 お前 様ァく はねえ か。」 

「え k、 蚊 がくふ 處 のこと ぢ やない わね。 お前 

15 んま いんご ふ いんご-, > いん; 一二, J 

も餘リ SI 業 だ、 E 業 だ、 闪業 だ。」 

そ _7 .5 ん ごふ > -5 

「なに 其、 いはつし やる ほど W 業で もね え." 此 

!豕を めざして か ら に 、 何遍も!^ 偵が 遣 つて 來る 

SJTtrrt: い そくさ つか 

だ。 はい、 麻 訊と IS つて ゃリ や、 卽 に 描 まへ 

fe^ よめ i _> 、 

られ て、 lie も、 は あ、 の:::: も 介 はさね えで、 

£ 乞 さま み ま 4 r T> つび もら 

お前 探 を 見 1^ るに は 及 はず かい、 褒美 も K へ 

なに だんな さま . i. にん , 

る だ。 けン どもが、 何も 《: ー那様 あ、 訴人 をし ろ 

と 謂 ふ、 いひつ け はしな さ 、り ねえ だから、 }=! リ知 

..t つと ほ ^hp 

ら ねえで、 押;^ しゃさ。 そン代 にゃあ また い 

ナん 

ひつ けられた こと は ハイ 一 寸 もずら さねえ た 

* 阶 V も戶 外へ 出す こと はな" ましね え。 腕づく 

でも 逢 はせ ねえから、 さう 思って くれさつ し や 

いご 



f 邪險も 大抵-にす る もの だよ。 お前 あんま" ぢ 

やない i ノ ね。 一 

っリ く-つ つ *、 ?i み つ ^1 かほ 

とお 通 は e.:; く 艷 か な 瞳 を 以て 老 丈の を じ 

み で/. な,, 

ろり と 兑 た"。 傳内 はビ. ク ともせず、 

じ いんご ふ. なん か ま > 

「邪險 でも 2 業で も、 Hc、 何にも 1$ はねえ だ。 

だんな |_ とほ ,つ つと い 

n 一^ 樣の お つし やる, i り 屹., - 勁め" や 其で 可 い 

の だ。」 

a 1* つ * い , み -, つう 

咸を 以て 制する ことな-しずと!:^ たる、 お. ポー は 

す こ け Is め は 

少しく お" を 和らげ、 

「しかしね え、 お前, 其 鹿に は 人 is とい ふ 

ちんが * -を. - 

が ある わね。 まあ、 考 へて 見て おくれ" 一 

の晚 はじめて 門 をお 敲き なすって から、 今 

*-*5 » あ ひた あさば feu なか T 

丁 ど三晚 の^、 むかう の 麻 畑の 中に 隱れ てお 

ひと 

いでな すって、 めしあがる ものと いっち や 1 

r- ぶ r B ん ち fi 

粒の 御飯 もな L、 内に 居て さへ ひどい もの を、 

ま、 蚊 や 蚋で 何ん ただら ら ねえ。 をな すつ 

* 广- し とほ け 

た ッて。 も- r -、 お前 も 知つ て る 通り、 今朝 ッ か 

ら 何の i^、 おしらべが 來 たか 知れない もの、 お 

4 れ ♦ リ な , - なん 

つかま W なさ P や 其 ッ切ぢ や あ 無い か。 何の、 

4?<っ と . ^ほ み み 

一 寸ぐら ゐ欲を =3- せた からって、 たからつ 

よ ま £ へ よ なか 

て、 お 前、 この 夜中 だもの、 ね、 お前 こ 夜中 

だ も Q、 曰 ー那に 知れ ッこ はあり やしたい よ。 で 

も それでも i 簡 がた 、り な け リ やお 前で も:^ い、 

S へい . 1.- つ f 10 

お前で も 可い からね、 は あの 隱れ 忍んで、 や 



通? ms 一き 



つう たチ. ぃだ 

ぉ迎 はわつ と 出しぬ。 

でんな,, ャゅ ひる 

傅. S は E5 を !!■ めて、 

「あれ、 a, か あ。 4: 昨 もれえ ことに 何う した i -。 

めえ ウー/ -れー ぼんと- Jin- そハ ば こっち 

お ii 樣^ a の 晚床入 もしね えで 其 場ッか 、し 此方 

•».; だ いま つ IV ひ ねんごし fuse « 

へ 迫 出されて、 々おや も 1 ^越、 男猫 も 抱 

かないで 内にば かリ。 敷 も 跨がすな とい ふ い 

ひつけで、 罟に眼 張つ とれと いふ こんだ から、 

わ D- «.r-i こ、 ろお も み. C 

吾 や、 お前 樣の、 心が ひやら る >- で、 て 居 

つら どんな _u とわ れも し 

るが 辛いでの、 何樣 に斷ら ゥと& ぬった か 知ンれ 

い £ だんな V ま だい . だい/ \5 しな 

え けん ど、 <,0B ー那樣 三代め で、 代々 養 はれた 

老夫 だで、 横の もの をば 縱樣 にしろ と 11 はれた 

ところ したが か しこ i** 

. ^で從 はなけ リ やなん ねえので、 畏 つたこと 

.5 し _J** めえ i さ? vfr! きつ 1* 

は つたが、 さてお 前樣が 嘸&續 ける こんだ 

いのち ゃ,-* おも 

らうと、 生命が 縮まる やうに 思った ^-。 すると 

あん 5 む s- た-^ あ ひだ i 

案じる より 産が 安いで、 ^い 間 かう や つて 一 所 

ゐ めえ さま も きらめ i たま lb 

に: W るが、 お前 樣の斷 念の 可い に は 魂消た ね。 

おも I さ ¥, ん, (- やつ 

思 ひたし か、 1^ のせ ゐか、 段々 塑れる やうに は 

み ;; ざく ゴ C と ム 

見える けん ど、 つ ひ ぞ膝も 崩した i»- なし、 整然 

どして n-ff かよくって、 は あ、. ひと" でに 

やた ま さが ,^5なか ねな か 

天窓が 下る だ、 はて こ V い、 り は、 m<3 も. 出合 だ。 

どこ ね ところ?^ た-ハレ.? V '、い 

何虚 に: IS た處で 何の もね ぇ老 夫で せえ、 つ 

おも さ 》 い めえ 

ま、 りね えこった と m- わって、 氣が減 入る に、 お前 

I ;: と ; cyj べき ねん V- と 

樣は、 えらい 女 だ 面壁 ィ九 年と やら、 IW つた 

もの だと 我 あ 折って si^ly んだ がさ、 藥袋 もない 



ことが 湧いて 來て お前 樣っ ひぞ 見た こと もね 

な 一一 しんちう さつ 

え 泣かつ しゃる ね。 御 心中の ゥ 察しね えで もね 

だんな V; ま か 

え けん どが、 且那樣 にゃあ、 代 へられ ましね え。 

. お-う 4? み 

はて、 お前 樣の樣 でもね え。 斷念 めて しま はつ 

, ど みち か " だ 

しゃ い 何の 泣斯ラ ™s ひ 出した からに や いくら 

泣 いた つて そリゃ 駄目 さ。」 

しか ごと つ-つ いま れんか,.? 

然リ親 仁の いひた る 如く、 お 通 は 今に 一 ^ra、 

いつへい ひとつ 9- r£ なみ ど i 

幽閉され たる この 孤 に處 して、 1^ に、 口に、 

よつ き しんちう そ C ^つうく かた た 

はた容^^、 心中の 其-痛苦 を りし こと えて あ 

レ つ." ^-, せい L5 く- たんげ S 

らず。 修^ 正 んど端 睨すべからざる もの 

2 だいばんじゃく ね くつが へ 

ぁリ しなり。 され ど 1 たび 大 磐石の 根の 覆 る 

Z UL まろ ごと ち 5 や あさ 

や、 小石の 轉 ぶが 如き も にあらず。 三 晝夜麻 

ぼた け たか ちつ 乂 ひと そ C み くわい 

畑の 中に 整 伏して、 一 たび 其.:^ に會 せむ ため、 

"ふ 5 ひ ち かへ しつ 1:1>フ もば 

一粒の 飯 を だに 口にせで、 却リて 濕 蟲の 餌と な 

い ち-つ ひと き 5 く たい ヤーん いへ ど ラご 

れる、 意中の人の 窮 おに は、 泰山と 雖も 動かで 

», つ-つ てん V う 

.i^ むべき、 お 通 は轉 倒した るな り < 

1 わ.^ & * ちょつ i s^^tf ! s 

「そんなに つて るの なら、 一寸の EE 、火 

哏に见 ておくれ。」 

., !J んご .c す み で/な..,, 、し. J.-.S て 

と 前後 も.; J-J れて ef- を あせる を、 俾内 聊 も 手 

S る 

を 弛めず、 

「はて、 ijs 分の ねえ、 何ラ いふ ものだね。」 

つう i, さ- 1 

お 逝 は 1^ にむ せ いりながら、 

「え、、 肯 分が なく ッて も, H- いよ、 お あし、 § 

しな ッ てば、 おしなよう。」 K 



「是非ともせ かなけ リゃ、 うぬ、 ふン 縛って、 

うご 

動かさね えぞ。 一 

と 一 ^内-は ー呵 せリ。 

,ベ こんど-つ しふ «s-»y な 

宜し こそ、 近 藤 は、 執着の 極、 人 をして 我 

せつ つく せいくう 

に 節操 を盡 さしめ むか、 終生 ゆ., 闺 を 護 ら し め 

!,^ んじ .4 乃る K せつ 

おのれ 一 分 時 も 其 傍に あ - りず し て 、 なほよ く 節 

35 ち も われ てい 

操 を 保た しむる に あ、 り ざ るよ リは、 我 に な リ 

とはい ふこと を&ず となし、 はじめよ りお 通の 

われ きふ > だかつ し 

我を^||ふこと、 蛇 蛸 もた 1- ならざる を 知りな が 

• 1?た か か れ みい ごと た S すき つき 

、し、 恰も 梁に 魅入 リたら む 如く、 進退 隙な く附 

さと 、 つ ひ つう ざぶ ちう す-:; < *- い 0. つ こ ひ 

絡 ひて, 遂にお 1^ と 謙三郞 とが 旣に 成立せ る戀 

やぶ 5 けにへ え 

を破リ て、 おのれ 權牲を i: た" しに も か、 はら 

いとこ どうし れんあい つよ し 

ず、 從 兄妹 同士が 戀 愛の いかに 强 きか を 知れる 

しっと あま リ か义 いん 力- ん 亡つ たう 》>s 二ん いん 

より、 嫉妬の 餘、 奵淫 のぎ を 節し、 ? iiS 初娇 細の 

よ すま 

夜より して、 衾 をと もに せざる のみならず、 

たび ^.ら s^.^ み . 、ひとつ 

度 も 來リて 其 妻 を 見し こと あらざる、 孤 CSi に 

へい ばんにん .f^sv- ZO 

閉の 番人と して、 この 老夫 をば 樺び たれ。 お 

!■ し りょく いだ .fe んじ でんない . , 

は 止むな く 死力 を 出して、 瞬時 德内 とす まひし 

か た を/な « '? 

が、 a にも 堪 へざる かよわき 婦人の、 憂に やせ 

み もつ > 付 ん わん てま <\ , 

たる .iK を 以て、 いかで 健 腕に 敵し 得べき。 

て おく S* た . *4 そ, に,, おし 

手 もな く 奥に 引立てられて、 其 ま、 其虛に 押 

据ゑ られつ。 . . , 

し J だん た-つてい 

たと ひ いか. なる \if 段 にても 到底 こ の老夫 をし 

われ ちう あた つう だん 

て^に. £5 な、 ししむ る ことの 能 はざる をお 通は斷 



( 1 4 



cm m my 



げきかう ? J\ 一- 5*M かふ ら-^ たん 

じつ。 激 ぃ5 の. 反 翻 は 太く 渠 をして^ 膽 せしめ 

つう はり くづゃ 

て、 お 逝 は 張 もな く S. 折れつ、、 と いきをつき 

て、 悲しげに、 

V- ひ せわ *• かんに 

「老夫ゃ、^話を.^-かすれぇ。 忍して おくれ、 

よう、 老夫 や。」 

もて S2 Mi ひ ぢ まくら n た ふ 

と 身 を持餘 せる かの 如く、 肱 を 枕に 寢偎れ た 

る、 身 體は 綿と ぞ思 はれけ る。 

でんな.., ひとこと き &i く « wt,』i- ^ム 

傳内 はこの 1 言 を 聞く と齊 しく、 竊 める 兩眼 

なみた うか ざ ナミ て _,-15し 

に 涙 を 浮 ベ、 一 退り て 手 を こまぬ き、 拳 を 

にど L よ 5 ぜぃ とほ H ふ はん 

捤 りても の いはず。 鐘驛 く 夜 は.: けたり。 

& てんち -ー么 とさ と た- » 

翁: 大地 It なき 時、 門の 戶を 脚に 叩きて、 

つう つう 

「通ち やん、 通ち やん。」 

ふた ころ; よ 

と 二 ぶ。 

つ-つ そ 力 こお き いな は.!: き ごと A- マお 

お. 通 は 其,? t を 聞く や 否や、 彈械の 如く 飛 起き 

きつ ..-V ひざ た でんな.; め さへ %a 

て、 蛇と 片膝 を 立てた リ しが、 ibS の 眼に 遮ら 

れて、 :^〈: ふること を 爲ざリ き。 

、もて ば た うか,, け は ひ 

戶 外にて は ー百 ャ 4 絕ぇ、 内 を ふ氣^ なリ し 

•、 、 

力 

つ- 5 

「? g ちゃん, これ だけにしても、 はせ ないか 

IW せん 

ら, 所; i^:^ あかない と あきらめ るが 」 

い ウノ た, .V -で すきま も きこ 

叶 吸 も げ にへ I 絕 えく、 ira を 洩れて SS 

つう ^ ひと、 た、 み "でって 

ゆるに ぞ、 お; fr! は 居 坐 ^5;整 へ て、 疊に 兩 手 を 

つか fr や-つ さ ち S- きゐ せた-つち 

支へ つ. 1、 行^^正しく問き|^-たる、背打ふる へ、 

お. ゆらぎぬ。 



じ つ を i.< , t. し かた 

「實 はね、 叔母さんが、 謂 ふから、 仕方がない 

やうに、 いって 居た けれど、 I- ひたく ッて、 -I 

わたし 

はね、 vir か。」 

とき S ぬ と S ほ % -ビ 2 

とい ひかんれ る 時、 犬 二 111 頭 高く 吹え て、 

Vl ぶらつ か-一 し L お きこ 

三郎を K めるなら むか、 叱 ッ叱ッ と 追 ふが 開え 

つ Q 

5 ら か, - .K.5 て-つ か >5_| よは X ,..( 

更にお まリ たる 音調の、 風な き 夜 牛に 々し 

、 

「赏 はね、 叔母さんに I 一理 を 謂って、 iJJ- はれば 

ならない やうに して |ヌ ひたかった。 だかられ、 

わたし <= ば ま 

私に どんな こ とが あらう とも 叔母さんが 氣 にか 

けない やうに。」 

い f ナさ おば ど おと 

と |ぬふ折しも *^まじく大戶に ぶっかる 音 あ 

り。 

「あ、 痛。」 

1^ ざぶ &0 さけ あしか-,: て. 

と 謙 三郞の 叫びた る は、 足ゃ晈 まれし、 手 や 

.5 ぬ どくが 

かけられし、 犬の^^$牙にか 、れるならずゃ あ 

£ つ-つ 

と は!^ ぎれ て こ とば なきに、 お 通 は ある にも あ 

pb 2 た か ォぃ かた ひ K- 

られぬ 思 ひ、 思 はず 起って 出で しが、 肱い 

i . でんない ひとめ み > ぁ を 

かめし く 構 へ たる、 傳內を 1 て f なり 

たちすく 

て立辣 みぬ。 

み かれ ォ で义 な.., > マん > , 

これ を;^、 彼 を きたりし、 傳. S は 何とかし 

みお どま お n た . かけ:, ね 

けむ、 つと 身 を 起して 土間に 下 立ち, ハヤ lg 金 

に币を 懸け つ。 



「え-、 た、 た、 たまられえ く、 1 か 八 か だ、 

逢 はせ て やれ。」 

X.S ひき * ,L > 

とがたリと大戶引^1けたる、トタ ン に 犬 ぁリ、 

飆と 退きつ。 

かけよ つう でんない み もつ けん ざぶ-,, -っ 

鏹寄 るお 通 を傳內 は. せ を 以て 謙 三郎に へ だて 

けん ざぶ &っ 50 い 

つ、、 謙 三郎の よろめきながら 內に 入らむ と あ 

さへ さ 

せ る を 遮 リ、 

^ /\ い だんな 

「うむ や、 さう 易々 と は 人れ れ えだ、 旦那 樣の 

み は..: で, に. i,, ? i ん うち f^r. * た 

いひつ けで 三 原 俾.^ が番 する は、 敷: W も 跨が 

たつ は ひ に -ro 

す こっち や あねえ。 隙て 入るなら!. ic を? 权せ。 さ 

なに ぐづ 

あ、 すつ ばりと ゑぐ、 しっし やい。 え、、 何 を 愚 S1 

^ づ め、 さま V に 一 ? つ 

愚 岡、 もうお 前 様 方の 様に 思 ひ 詰め リゃ、 これ、 

ひと ひと リ - 一ろ ね は,?' > じ 

人 一 人 殺されれ えこと あ 無 え^だ。 lf,n 、は あ,. 自 

£ けら つ だんな V, ま す す 

分で 腹 あ 突 い ち や あ、 ロー 那樣 に濟ま ね え だ 。 濟 

まねえ だから、 死なね えだ、 死なね えう ち は I 

魔ァ する だ。 この 邪魔物 を 殺さつ しゃい 七, f 

.K S V- - 一ろ *- し 、 

になる 老失 だ。 殺し くもね えで ないか。 さあ 

やらつ しゃい。 え 埒の あかぬ ご 

C: ソ つて --?り お しみ のけ ざ i の ど ぽ とけ しめ 

と兩 手に 襟 を 押 il けて、 仰様に i:^ 佛を示 

したる を、. 謙三郎 はまた、 きもせ で、 良し ばら 

-* つ Ml つけん せん ?* き 

く 0、 めた るが、 ^へ 閃し 1" を 切って、 

ゆる 1 

「許せ!」 

-M んど し.,., は さ 

とい ふ.! t もろとも、 咽喉に..::" 刃 を 刺されし ま 

ま、 はハ タ と 情れ ぬ。. 



£i は tsr ま 



にしき もつ ^^Av 

の^を 浮 除に せる、:^ 手 一 氈を以 一-して、 いと 華々 

し 富 

しく、 敷 詰めた リ。 

> --- くわ ぴム しぼ C 」.,、,*« ^cb ちと 

なる 花 觀の花 も 萎まず、 西 お の SI 子 Q 下な 

- つ.:. へ かた す VP ぷた *,9 

リ し 机の 上も片 づきて、 「:gQi!- に 塵 もお かず、 

ャ-ぷ とん ミへ し たにし fa- ひ 0--d し s< ど:' ひ 

座 k 闥を 前に 敷き、 傍 なる 祸 火桶に 烏金? J 火 

4* し そ と み チみ び や 

箬 を^へ て、 唯 見れば なかに 炭火 も 活けつ。 

L t ち 1M はん うへ いくこ ちゃわ ム うつぶ 

紫たん の i?:Q 茶盆 の 上に は 幾 偶の 茶 を 俯伏 

.-カ し も さら <^ 

せて、 一き ナを 装リ たる 皿 を もき けリ。 

つ. if -っ f S けつ ざ ぷ. つつ し 4 しん ,つ 

机の 上に は 一葉の、 讓三郞 の ips; を 祭り、 あ 

たリ Q 襖 を 閉切リ たれば、 さらで も;^ の 慕なる 

しっし ム よ ナみ くら 

に、 一 室 森と ほ Q あかるく、 四^ はやう く喑く 

» .rvl f , . ひ くち か 

た リ て 、 も 、 音 さ へ 問え ざ るに 火鉢に 懸け 

一-つ ぴム ゆげ ラナ たち ゆ だ 

たる 鐵 瓶の 湯氣 のみ 薄く 立 のぼりて、 湯の 沸る 

し-つか や? み に.、 た ふす 一- 1 あ み-? く 

tSa 靜たリ 。折から^ 方より 換を 明けつ。 IK 

5*v お- い たち C ば Sf ザ たび どう 二 

の a の 襲 人り て、 立 3 升る 湯 氣の縻 くと 同時に、 

-ーハ しょ ミ i まっしろ $ 2- 

^々たる 此嘗齊 をば 眞. H き ^の^きし が、 

「謙さん。」 

H わ ts 

と 呼び 懸けつ。 裳 すら ('入り ざま、 びた と 

ふすま ちて- - n なか. ぶ す- よ しラ" J ん 

換を 立籠め て、 室の 中 ザに§か 寄リ、 愁然と し 

て四邊 を, おし、 ^}1リもゃ、しず、 顆 を 襟に. f み 

せう! JlKJ つ- t お- ノ、 

て 悄然たる、 お 通の 俤 塞れ たリ。 

ォ _« ひ やひ まへ ぞ t ? ふ とん 

や が て铜 火桶 の 前 に 坐して、 亡 さ 人 9 蒲圑を 

V* そ カモば , づ W 

避けつ、 t.;SJS に^ 折れぬ。 

「鎌さん。」 , : 』 



こ よ おどる し JJi 

とまた 低萆に 呼びて、 も の 驚き を たらむ 如 

く、 15? をす ぼめ て れつ。 ^瓶に そと 手 を 

れて、 . 

「お > -、 よ.. - 沸いて る ね パー 

ち, で-にん & つ モ 0-:; & と * 0*1 

と 茶盆に 眼 を け、 其 蓋 を のけ、 & かなる 

4- ふす た. -i さ しっぞ うら £ ふ 5 い 

吸子の屮を^^;眦き、 打悄れ たる: i{ 情に て、 

「食 下、 お茶で も 入れ ませう か。」 

Is. しん ; fw4 5? 

と 寫ぉ 〈を 、 ぢ つと P 一り しが, はら-くと 1^ 

を して、 せ: ぺ$ はまた ものい はず、 深き 思に 

み 一つ ごさ 

みけむ、 身 動 だに もな さ!^" き。 

|C ち しゃう じ な 、リ や 二. A-i 

落 さら" と 障子 を:? >1、 夜 は 漸く 迫り 

) > I つう す: た VM-;-* れ いろ is 

つ 、、 ある. A たき かのお 通の 1^.^ も i ,昏の 色に 蔽 

すみ プ うご >| ざ 

はれつ。 炭火の じょうの 勁く 時、 いかにして か 

間え つらむ。 

r ッ ウチヤ ン •」 

つう ぷ » 

とお 通 を ゆ ベ り 

再び、 

「ッ ウチヤ ン。」 

つう よ , つ-つ もく さ;' ^め a 

と お 一 を 町べ り。 お IfS は 默 想の k ダ より 覺め 

-M ゆお きつ あ ふ 

て、 する. を屹と 仰ぎぬ • 

r ッ ウチヤ ン •」 

f?af つ. & ち. 5 

とまた^^返せり。 お 通 はう かくと 立 fc- リ 

て、 ー步を 進め、 ニ步を 行き、 緣 側に 出で、 お 

お る わけ 5.0 ひ じで つ .ち 

に 下リ、 開け 亡 S れ たりし 褢の 非常口よ:^ ふら 



5vi -20 U けん V ぷらク L^-A 

同時に- S に 入らむ とせし、 謙 三 郞は敷 につ 

ど 《i ひ つて 5 つぶし 

づ き、 土間 に 兩 手 を つ きざま に 俯伏に なリて 

ス V* つつ あへ ? ごと け.? ざ ぶ 

き, P 上らず。 お 1^ は も 狂 iiK 如く、 ^三 

に 取 ag" て、 

けん けん わたし - わ たし *6 み 

「謙さん、 ft さん、 私 や, 私 や、 1 が 見た か 

つた ご 

A., も て ム C> いだ t くっさと け:? 

と W に 手 を 懸け^に 抱け る、 折からき; 音, き 

r n . tC い 1:0 了な L でった ,> 

麼 の赛。 五六 名 どや/、 と 入水 て、 E 體 もな 

t ケ 込ぶ I クウ つう て 5 ぼ と - つむ S 

き 鎌 三 郞を お 通の 手より 奪 ひ 取りて、 有無 を 謂 

ひった あな, お 

はせ ず 引 立 つ る に、 sfc- とば かり 跳 起き たるま 

ぼ. i ん た つ-つ は 

ま. 茫然と して 立ちた るお 通の、 をく ひしば 

り、 瞳 を 掘 ゑて、 よろくと si れ懸れ る、 肩 を 

支へ て、 腕 を搪み て、 

* 'めど み ふと ,つ 

* 「汝、 何う する か、 a- ろ、 太い 奴 だ。 J 

--ん い ~ た-:' や い らい つ-つ ひさ! JS ** 

これ 婚姻の (お 农以來 お、 通が いまだ 一 度 も 聞 

5 つ をゥ と こ 

かざ リし llli しお I れる 良人の 聲なリ • 

し t つせ 4 さい , だつ ぶ: i , ひと ころ 

m 征に 際して せし と 、人 を^せ l/i と を 

,っち-?^けん^-!ぶ-クっ さっさつ 

もて、 勿論^ 一一: 郎 は:^ 殺された リ。 

.; ん f チ t- つ し 。ち, ? r.b ユタ ft 

謙 三郞の 死した る 後 も、 iis 川の 15^ に 、ける 居 

な V- ふ か. i し-一一-. -ぃ ^ ^^ん きうたい *^ らた 

馴れし 八« の liT か書资 は、 依然として i&lt 一 更 

めざ = き。 

f:- すゑ *>っ むしろ か f 

の 木に もな リ だれば、 碟 筵に 代 ふるに 秋 野 



1 a 



C 1 



一 死 
f.r^'' 尉ん ぬ 
m^- 1^も こ 



たちい いづこ *^ さ 

ふ、 りと 立 出で、、 何虔 ともなく * み 去りぬ。 

t いく ふ/じ ユカ あ ひや, - るし vi* 

-恁 て 幾, 時の 其 ir 足 のま、 に^ $i ヘリし、 

つう -.; と --iol 一 

お 1^ は 不 阁 心 着きて、 

「おや、 何虔 へ.^ たんだら. T.; ;。」 

ユカみ し つう み 

と 其 身み づ から を怪 みたる、 お 通 は 見る ょリ 

色を變 へぬ。 

こ 、 ぞ ^,ポ の 所 乾に a? 十 る It 外地の 邊 た リ 

は る。 

じ-つ V- ソ ひつ t うむ Z Z 

^^殺されし謙三郞も また 、りれ て 此魔 にあ 

か 力よ さ つう や CI:; い A I. -ュ た;- .1;/ 二-ぶ- ジっ * め ひ ニて 

夜、 お 通 は健會 を? 鲈て、 一度 i§ 三郞と 相 抱 

、 tJM^- ひ み,, ' , ^ ちう ひと せ "ナ、 

き, 互に^^をもi>^ざリしに、 ず^ 中 人 は 捕縛 さ 

れつ。 

ュ すで せいしんてき な は た 三 £ 

其 時旣に 精神的 に ぇ果 つべ かリし 玉の緒 

や n-^ 一、. >|リと 

を、 i:.:^〇 手に て 取 留められ、 活 くると もな く、 

し * や、 け つす C ち にち しぞ 

死す にも あ、 しで、 良 二 ヶ月 を 過ぎつ る 後、 一 日 重 

も か つ-。 し I さ かう- さんさく 

^ お 通 を强ひ て、 と も に 近郊 に 散策し つ C 

Z ぞか や. A の ほ 二 と あし と へ , ち 

小高き 丘に 上リ しほ どに、 不阛足下に}^^也ぁ 

くわう 卞 つ る; ん ちで つよ そ たん たら 二 

りて 廣 袤 一圓 十 町餘、 其 一 端に は 新しき 十字 

架 ぁリて 建てる を a たり。 

つう み :c- f やっと *:>,.-.,•. じ ょ-っ 

お 通 は 見る 眼 も淺 ましき に、 良、 +1 豫め 3= 

や し !:-ぅ そつ も Z ..-5.-.? It- 

If- 爲け む、 從# に 持って 來 させし、 床几 を k 

Z な-. - -. へ つう よく リ. f み ,.レ 

虔 に 押 並べて、 敢 てお 通 を. 抑留して、 る n を 

整く る を Ik さ 1- リ き。 



IJ^- つ-つ its *1 

と:^ しくい ひ. 力つ。 お?^ の 首 OR る、 を 

見て、 

モっ -; V !-ぐ 

一 從卒、 家まで 送って やれ。 J 

や t< そつ つう iyA 

^ぜ られ たる 従^は、 お 通が みづ から m し 

ぶ- た え 

た る ま て、 恐れて 起 つ こと を だ に 得せ ざ" しな 

り ( 

か" そ ひ ひ _ 

£5て其日の悲^は$^^" つ。 

つ-つ ,% か: ^z^st-^ ゥ J ご *| 

お ! は 家に 歸 リ て よ リ :;-a 行 ど. 牛 時 の 如 く 、 

な -cn. -ぐ; A くわん ニノ-ど う じん 

或は 位き、 或は じて、 ^3せ 近 藤 夫人た る、 

; う-:,. たいど K ノレ t-,- 

ar 采と 態度と を 失 ふ こ と をた さ ^ りき: 

しか のち い £ かつ る MAi ヌ.、 リ ゆる 

然リし 後、 未だ 嘗て 許され ざ リ し 歸を許 さ 

つうじつ. <\ かへ は- しっか ま 一. 

れて、 お 通 は. ぽ 家に 歸リ しが、 ^の 下に^る 

は 《- つ き .*? る t 

とともに、 張 詰めし 氣 Q 弛みけ む、 渠は ぁビけ 

な "ふ ちか ご ごと 

なきものと た リて、 ;!:^ くも. 二 も S 兒の 如く、 

一 _ い にち 

ものぐ る ほ しき 體 たるよ リ、 1 R ばし にい ひ 

^v. あ !ニ, た. 「, も と か 〈 ひ-一 

のばしつ。 母 は 女 を 逮隆の 許に 返さず して、 一 

つき, 烹リ すご 

n! 餘を 過して き。 

よ な 1^ ざ- チジっ いま しょ ミ,, 

されば 世に 亡き it 三郞 の、 今 も書齋 に. ff すが 

ごと .rj ti か A..- つ f ゑ た. リ に い 

如く、 cq つ 掃き、 E つお ひ, 机 を 並べ、 花 を Ifs 

ちゃ せん く. PL L さ つう 

け、 茶 を 煎じ、 ^5^子を抉むも、 みなこれ お. 通が 

た し つる- ,< Sf ん そ!? ^ん 

堪 へやらず 忍 び が た な き; F,- 慕 のぎの、 其 一 ?瑢 を 

4-* ひす » -r-0 さつ そ 力 や つ 

もらせる なる。 ゆ は 女の 心 を, おして、 其^ 動 

5,H1-.- fPtH つし 亇 ご. M ^ .. 

の 殆ど 狂者の 如き にも か V はらず、 制し、 =: 

さん --、 

つ 禁ず る こ と を 得 ざ リ し な リ 。 



は, ほ ちち £ f お-一 *c\- つない f -rT- 

武步 忽ち li^ 下に 起リ て、 一 中隊の 兵 あ"。 

いろ . 、 つ. X 一 ふ. ぶ- *- つき さ-お V- V- ん 

拷 色の S 徒の 服 着た る 一 個の 雜付を みて 眼 

l.-v-.v- つう I- ミ ^> 

界. 近 くた リ ける にぞ、 お 通 は 心から 見る i もた 

, そ クビっ t み ぞ- 5 S つ i 

しに、 ふと 其 W 徒 を 見る や 否や、 右の 良人 を 

な S しめ ^ つ _£ み S つと 

流 W に &fw けつ 曾て 一 何う する か ろ.; と 良人が 

つう 

いひし、 それ は、 すた はち これな リ しょ。 お 通 

じ 一. h ys み か >^3 

は 十字架 を 一 目 a てし だに, た ほ 且つ 窗ひ をの 

ノ. ひ 一-」 , ;, み し-つと K^c 

のける 先の 狀 に に 引 變 へ て 、 るく W 徒が 面. 

縛され、 射手の 第一、 第二 i_t、 ^ 

とともに、 W: 徒が li く 八: i{ ひ しぼれる 唇 を^る 

ム乂: >V6 1. さ- なぶ st?.^~A た 

鲜 血の、 叙く、 I1!J^ く 其 胸間に れ たるまで、 

つ-つ まち- * き <f まも て うご なリ 

お 通 は 瞬 もせず 瞻 リな がら、. 手 も 動かさず 態 

,i r » やし くめ ごと ひとす V- ふたす ぢ 

も :S さす、 石に 化した る もの、 如く、 1 筋 二 筋 

ぼ- * ;-< ;レ うご 

類に か 、れ る、 後 毛 だに も 動かさ リし。 

じう さつ 一一 *0*i しつみ つ 化-うえん わ 5 

殺 全く! SSUt されて、 烟の 香の 失せた る ま 

み, わん し じ 5 つう きょどう こま ^6b< 

で SS{B は 始終 お 通 の舉 動に 細かく 注目し た リ 

こ- -ち よ ひ!. リ n W 

ける が、 心地好げ に臂 を捻リ て、 

かって せつ VJ* つ ,ぶ -サ 

「勝手に 節操 を 破って a- ろ 。一 

-,; た-? じ ク ^-3 ュ,、 つう そ R-s--*-M 

と片 類に 徵笑を 含みて き。 お 通 は 其 時 蒼くな 

りて、 

一もう、 破らう に .>;> 破. りれ ません。 しかし l^r 

と は 何時でも" 一 

は これ を 間き も あ へ メ. 、 

ノー 




mi II 渠ヌ こお 



五 

お はぎ IT そと 思 ひしなる、 名 を 呼 ぶ 绿 に さ 

、 お」 ?ef ぶら * -! sols ま,^ 5 つち, 

まよ ひ^で \ 思 はず 謙 三 郞の喷 墓なる?? 葬 地 

t V,.- f-_ こ- "ろつ ど まムぢ いま あ-やら , 

の^ 5^ に^り、 心 着けば 土齒 頭の 未だ 新しく 

み *チ わつ じ つ- 0, わ S カ„-^ん、 *iA 

i ゆるに ぞ、 激しく &時 を F」 懐して、 無ぎ、 愛 

2( ^つ はつ ひ ユカ 2 に S 

惜、 結 <1 ^慘、 ひとつ だ もな ほよく 人 を 殺 

/- 5A\ A んじ でつ む a まん-つく 

すに足る、 ^^々 の感情 に胸をぅたれっ。 就中 

し Iti?-, し ふ ふ /- しう c^r-z や つ ひと じう, "J。 

重 降が 執 I ふき 復簪 企に て 意中の人の 銃殺 

さる V を、 CD 前 我 身 に 見せしめ L 、赏時 の 鈿; 念 

きん あ ひ- >v2t S ち はリ » 

禁ずる 1^ はず。 婦人の 意地と、 張との ために 

つと .S つぶん い,、 lii いき ほひ もつ い 

勉めて 忍びし m 憤 0、 幾 十倍の 勢 を 以て 今^ 

■y;; ち あぶ ; !;も て si {れ 々& --ち 、 るし. 二 P 

身の 血 を あるに ぞ 面 は 蒼 ざめ 杠の 1" .m 齒 

K とん そ つみ わす .>9 、 み 

にく ひしば リて、 殆ど 其 身 を 忘る、 折から、 見 

や す. -? はら たけた.. i じんぶつ gij, 

遣る 彼方の 薄 原より 丈 高き 人物 操れた リ 

くわつ e,<.15 つら あ ひだ , 、 -, パ; 111.5 つ.; iS** 

潤 步埋群 地の 間 をよ ぎりて 不 II 立 停る と 

み S .t,~\ll ぶ-つつ 

見えけ るが、 つか Z 、と步 をう つして、 謙三郞 

の 墓に 達り、 足 を あげて ハタと 域リ、 カッパと 

oy *<4 じ じん ふるま ""- て. と 

唤 を はき かけた る、 傍 若 I 一人の 振舞の 手に 取る 

一: とみ い き げ いう & 9 た , % 

如く 見 ゆるに ぞ、 ? ぉ氣激 IS して 煙 も 立た むず 

っフ 人-. 

お 通 は いかで 堪 ふべき 

か t 二 あしおと か じん ふつ ふ ひかへ „ 

1^ 寄る 嫁 人 の窒 音に、 彼の 人物 は 振返リ ぬ。 

これ ぞ近藤 重隆 なリ ける 

.6れ り、;;., -ん る ナ ? i か. る 1-1 

渠は 旅^の ほ 守な リし、 いま 山 の歸 1^ なリ 



あの 紫 は 

;; ら ささ 

あの 紫 は、 , 

いけ わ きつば *w 

お 池の 杜若。 

ひと はし わた » 

一 つ 橋 渡れ、 

ふた はし わた , ► 

二つ 橋 渡れ。 

みよい 1^ 

一二 つ 四つ 五つ 

がきつ 1* た 

杜 若の 花 も、 

むつ *■』 に レ> 

六つ 七つ 八つ橋。 

むらさき 

あめ 紫 は。 

お 妹 ちゃんの 振袖 

yi はし わ c 

1 つ 橋 渡れ、 

二つ 橋 渡れ • 

» よい 9 * 

三つ w つ 五つ、 

Hi A 一し 

お 姉 ちゃんの 年 も、 

六つ 七つ 八つ橋。 

—— :! 花 全集 卷 十五 r©、,7.9 



おちて <05i >f あ ひへ ど- • -- ^ % 

ハタと 面 をん n せる 時、 相隔る こと 三 T 步 お 通 

ザ ふ さ. 5 ナ さま 、 

. が 其 時の 形相 はいかに 凄じき ものな りし そ 

ゐ くわん おも . 4- つけ: ゥ , » 

ぼ官 は S はず 絡 叫して, 

「殺す! 1* を、 殺す E 二 

あま ごめ れふ じう * <>5^、 

とい ふより はやく、 it 装した る 獲统を 載き 

ながら 差 向け つ。 

や 5 うさん チ,ら .1 わう どん し? じうせ い 

5< も ^彈も 中ら ば こそ、 轟然 一 射、 统聲 の、 

くも や f ひ,、 ど-つじ _t ^—くわん ;っ 1:. . 

雲 を 破 リて礬 くと 同時に、 尉官 は 苦と 叫、. -と 

み つ-つ キ "_し 1.0- - つ-い > 

見えし、 お 通が 雷を兩 手に 摑 みて、 兩々 動力 

ぷ, V レ ち J ぶ. -っ かさな ふ , . 

ざる もの 十分 時、 ひとしく 地上に 重リ 伏せし 

yifty ,4 かみ S つ ひ た,, , ' » & <,2 

が、 一束の 黑髮は 其 ま、 遂に 起た ざり し 5S 官 

n-t-5 て つ 一 たちる •> 、 

が 雨の 手に? リて、 ひよ ろくと 立 上れる、 

つう SCO ,; * わ-ぶ さっと のん ど ち J 

k 一の 口 は 喰 破れる 良人の 明 喉の. m に 染めり 

,4 うち ひ A まし ん. あん 

は" t^-Jm を 拭 はむ ともせで、 一足、 二足、 三 足 

かり、 謙 三郞の 墓に 居 寄リっ 、 裏 力れ たる 

I? 、 

:> と S く 

「謙さん。 一 

ぶー た ふ I 

と い へ るが ま > -、 が ッくリ 橫に僵 れたリ 

く、 ^^く、 きもの あり、 IS を^び て、 

,1. に-へ えだ は おと と- はふ かぜ ね / 

^の 枝. に 羽音 を 留めつ。 葉 を 吹く a の 音に つれ 

て、 

一 「ッゥ チャン、 ッゥ チャン、 ッゥ チャン ノー 

il.- fc- : だま かへ び は しき リ 

一 と 二, たび 三た び、 欲 を 返して、 琵琶 は 連に 

名 を 呼べり。 琵琶 は 連に 名 を 呼べり。 



(IS) 



(さ 



一) 



に 

之 



卷 



さん 

墓 參 



, • は- ^ とし はる 

十 一 の 時 母み まかり 給 ひつ。 年紀十 g; の泰の 

ト,. - -、 そ. あいに ち ぁム ひ &0- は ひ せ は 

はに め、 其の %n! に 赏 りし 日な りき。 活計の 忙 

^ • * か ? fc; んみ がけ 

しきに た V- 懐し く 思 ふの み、 御身 代りても の 

せよ とい ふ, 父の 言葉 身に 染み つ 、も、 予は墓 

さん ^ さ ノ 

參に とて 立 出で ぬ; 

ゆ <t ぞら た-一 こ ij おも て ふ とケか ゎづ. a 

蒼 空に は W の It 、野 面に 蝶の 飛 交 ふに て、 攙 

か ti" み し *> んキ iv-CN^- /rKfii ひと 

に 風 も ありと 見 ゆ。 春 與轉た なれば、 人 

ラ 卞ち 一". 一,, よ 

さま,: L\ に 浮かれいで \、 市 を はなれ、 圾を攀 

♦ « ひ トら, し やか み n らし あ, $1 はら ; つ 

ち 日甚 丘 の 眺望 あた リ、 liir か 原、 gslE《al、 

fc-^ »p -ー こ .0 しこ r-AJCH ( お. 1 つち ソし, 、一ら 

蔦が 峰の 此處 彼虔、 一 群々々 落ん a ひて、 筵 を:^ 

せん し tvc ひら ナひづ .* 

げ、 氈を 敷き、 割 籠 を 開き、 吸 筒 を 傾けた どし 



て、 老若男女 Q 集へ る 上に、 ^^?は!^とっ狗をの 

して、 itiar ぎ f に、 みまみ もみ 見え、 赠も 

見え、 橋 ej え、 里 見え、 .城見ぇ て、 ^^も^ |if 

み わた そ 05 ら、 ム 

に 見え 渡る、 其 麗 さに 引替へ て、 ひとむらぎ 

-^-ち,>ゃっさん 5 つ V5 お: -lyt ま Mi n ? a 

立 松 杉の 1st して A 茂れる、 あ、、 M まの^ 

f 气 

み- . つ <Iy た い たづら ら 

唯 見れば ゆの 項 墓の、 誰が si 數 にや 傍 なる! 



ね ふ だいいし 

の 根に 倒されて、 臺石 ばか リ歿リ たリ。 

そ 力 と ま $ と-! のと- -ろ たん 

こ は 其 時に 限 =: 'しならず。 舊此虔 に 何とかい 

1V-, さ-いし 5 1- ほ でら -; つ 一-ろ i 

ひし 臨濟宗 Q 互 刹 ありし が、 I; 時の St か 亡び 

て \ 、今 は 唯 そのな ごり 鐘撞堂 に、 ー杵 Q , 船 木 

懸れ るの み" 寺領 た" ける 墓地 を 開きて、 

^?るひ や, ? と ち *- 二; -P ち 

或は 谷 中 の 如/、、 土地の IJf 葬 地 としたり しなる 

: 、- Siii ド •,*•:-.- ,て-つ る わ ま a ま 

が、 固より 墓 守 る^も たく、 の 山、^ の 山、 をリ 

ち? み a !;ー な t, ク 10 

をり 茶店 を營 むば かり、 一 軒 家 も あらざる に、 町 

人力 遊山 の 場と は、 別に 隔て の 垣 もな く、 松 杉の 

そ, *p ちち さ; いひ す 

其の 樹立に て、 境 をた せる に 過ぎ ざれば、 わる あ 

: • J I も... -ど *: い はか.., し 

力 きする 里の 兒、 醉漢 などの 侵し 入リ て、 墓 |:5 を 

, ィ , , 、し 5. 一 -ー まつ ,11 と ; A 

おしこ かし, 印の 小 松の 枝 をな ぎ、 卒堵 Ij- を拔き 

棄て などす るが、 墓 あらしと て^.,々 ぁリ。 

然らぬ だに、 手 向の!^ もぎれ がち や、.^ にしつ 《 

捧げた る、 花の 枯れ しも 敢 なきに 、ぎヮ "荒れ^ 

<3 * ひ, ろ 七 し- i t f 

てし 草葉の s の、 母の 亡骸 も 年 I- れば、 あと も留 

めず ならむ か と、 はやく も淚 さしぐ みぬ。 

Vil すみ ち. や き わ :b たる c-., : 

庭の 隅なる 茶の 木の 蔭に- 娃の墓 を 築きし 手 

:t そ- は;^ いし か-、, いだ » もと ところ ie す 

に、 其の 墓石 を 接^き、 萄の 虔 に ^し据 ゑむ 

, t>WA*.a 一- * ろ ち., -ら お J 

と 幼心 に 力 も 料らず、 押せば とて、 曳け ば, 



とて 如何して 動く ベ きリ 

* - / せつ _r ち. t ふ 

むね の せ まリて 切た きに、 といきし て 打 It ぐ、 

に: ま 一/一 * ら ご よ 、-, 一 i. - 

樹間 <3 天 は 藍の 如く、 ひら リ くと 3^ の ss^、 口 

脚衝く 塔婆に うつ リて、 さ V め くわ a?rs 一、 

1^ ふフ マ" *1£ こ、 ろ ひと § 

遠 近に 聞 ゆるに ぞ、 心なき 人た ちょ、 と 冕えず 

*5 -【:. ご *- んすぺ う など さ 

眉の 動きし が, 詮 もな く 首 垂れつ \ 然るに 

- つちす い /. ち. W し /. ひ し 

て も 打棄て 去な むが 口 15 く、 效ぁら じと 知リな 

が ら 、 再び と 取 鎚リ、 餘 5« も ^ ら で *!g5i を鎗 

めた る、 屙に 手を& き 背後よ リ、 

ミ $ 

,あなた、 お待ち 遊ばせ。 あの: :」 

と聲 優しく、 ふと 呼び かくる 者 あるに ぞ、 1^ 

5, >*. か!, 、.,•,"£"- たへ ナ 

仰き、 見返れば、 袋 着した る 妙なる,^、 すら リ 

Z た, H 力 5 つく け f- 

としたる が 立ちたり き。 其 美し さ氣 高さに、 ま 

み & ,-v£ しろ み 、た ぶ 

おもてよ リ見る を 得ず、 唯眞 白なる 耳朶よ リ、 

.l,n--s- し E ^ ふた ナ V X す V- 

i 脚に かけ、 頰 にかけ、 二 筋、 三-筋、 はら、 



と、 後 毛の 亂れか 、リ たる 橫額 を、 密と 見た る I 

のみ、 はなじろみぬ。 

fc.^. .57. ほ al.-*! 

渠は 片敏に 微笑みながら、 

い- A » i 一れ さ 1/ が たま 

一- ム" ね 誰かに 然 ういって、 お 墓 を 直さして あ 

, か LVS さつ 

けます からね、 : : お 1^ 一 相に、 一 

. そ C し.;? 厶か ん てん S S 

とい ひかけ つ > -、 其 瞬間 一 點の 、一事?? 胸に 

C しん ぶ ,..もて なが 

ある ことなく 無心な りし 予が面 を、 ぢ つと la 

*.f もて モ 

めて、 面 を 背 向け、 

「それで は.? r I: つてお いでた さ いまし よ OI 



c 20 ) 



と 行き かけて、 また 見. がりぬ。 

て. ソ i 一く し 

彫刻師 

15 こ、 ろと ま ちう ん -CM つす 

贫し きを 心に SS めず、 氣ま& に吨" 文 を 打棄て 

^ ; C いじん tJ-.<- ず い ほ 5 し よ 

la く を、 名人 上手と 謂 ふべ くば、 彫刻師な リし予 

rjv, めい-; う よか ぞ 

が 父 も、 名工の 一 として 世に 數へ、 りれ^ ひなむ G 

I 長 常さん はこ ちらです かご 

さいく け かう し おとな ひと ひ ャ SV- i か 

と 細工 場の 格子に 訪ふ入 ぁリ。 跪 きて 迎ふ 

よ ユカ か. li み おさつ -り i きゃく 一 さし 

ると て、 予は其 額 を: て 驚きぬ。 . ^客 は 調子 

高に、 

「おや 此 •: 永の か。」 

とま づ い へ り。 

を さなき われ は、 もの を もい はず、 慌 しく 引 

か I さいく 1,/* ち * rti か 

返し、 細工 盤に 打 向 へ る、 父の 許に K け 行きて、 

Jt とつさん . いっか はな . おつか 2 ん 

「父上、 あの、 過日 來 話した、 あの、 母上の。 

あの、 あの、」 

二り ば 一. ;- きこ すご よ ひ らひ 

と 口早に 急 込む にぞ、 父 は 被み たる 額 を あげ、 

一 あの、 何 だ。」 

ko^s.w はか んほ is 

「え > -、 母上 の ぉ墓を^51して、ぁ0、 ^51してく 

そん ひと さ 

れ ましたね、 其 人が 来ました よ。」 

ち- *: 一 い- C うご 

父 は 聞く ょリ色 趣け リ。 

f や、 何、 それ はく。 早く、 これ、 何 だな。 

お S へ は V こ 一 t 

汝、 M く 此方 へ とい はんか い。」 

奥深から ぬ 住居 なれば、 早く も 彼方に て、 聞 



着け け む.。 

「御免なさいよ。」 

- つち *! く た SJh ぶ あい 

と 打 笑みながら、 客 は 此方に 入柩 れリ。 i 愛 

さつ ち- W づら よろこ むか 

想なる 父の 珍 しく も 歡び迎 へて、 

「これ は、 これ は。」 

「は い、 はじめまして。」 

一 いや、 よくお いでなさい ました。 え、、 何 か 

はや tet かそ、 つかしう ございま すので、 まこと 

し • つれ せ, „>だ つ ど あ ovl た cvlcf. し 

に 失疆。 先達て は、 また 何う も 難 有い お ぶ で、 

ぱ とけ さ; よろ-一 

佛も豳 二 Oi? ひました ことで あらう と、 はい。 

たに あたた さ やつ た さび かう む た *^ 一 

何が 貴方、 左樣 なお 情 を蒙リ ながら、 t 故お 

姓名 を 承 らたいと、 I 々叱 言 をず ひました。 

极 つから 世間知らずで、 とつと もうかた、 ず、 

ぶ 5!^ ん ^きと J* ところ .Jl^s- 

まことに 不ゃ な, 行お きませ ぬ、 お 住所 もが リ 

ませねば、 御 *j にも 出られ ませず、 残<^に^1^じ 

ましたに、 まあ、 よくお いで 下されました- - ^ 

や, おわび を 申さぬ か。 一 

ね, 51ーろ しク *>、 わく ラちび 

と 懇 に 謝した る を、 迷惑げ に 打消した リ。 

さ 一-て;; ね? レ た い べつ わたし こ. • ろ 

f 然-っ 御 丁寧で は 痛み入 リ ます。 別に 私が 心 

-4 'ち V- や- r_,ve 

あって いたした とい ふで もな し、 家のお is 樣 

たん ひビ らノ はう 二 Z 

が 何です、 あた リが 酷く 亂 暴だった ので、 何處 

はか は-つ おつ ひ, ごリ き 力 い 

か あの 墓 原の がへ 一人で 氣を拔 きに 去らつ しゃ 

つたんだ さう です。 すると 御- ナ樣 です か。 お^ 

にっか まつ て 、 泣き さ -っ にして おいで たす つ た 



の を 見て、 おず! 》 相 でなら ないから、 汝 行つ 

疔は あ ■vj.H へ 

て 直して 上げて、 とおつ しゃる ので。 え. 友 的 

わたし -1"r ノ さつ 

てえ 男と 私と 二人で ね、 舁 いで <D せました ば 

かリ なんで、 深切な 御赏入 はお 接さ またんで 

なに i ^.n^ . やさ -J 

す。 何ね、 飛んだ 其氣の 優しい お 嬢 だ もんです 

か. ど A つか ?ん 

から、 歸 つてから も Jn- つも 母 h 棒が お あ" でな 

いやう だ、 そリ やもう お 召 物の やうす でも 能く 

し -fj は" 5 ゥ ど 二 かた .Ttl さ 

知れる、 お Ik- 哀 相に 何 慮 7〕 方 だら う つて »s- をし 

& なん S つば リ 

て 居りました。 何です かい、 矢 張 そのお つかさ 

んが おいでなさい ません の です かね, -」 

ち - • うち. ぶ 

父 はもろ くも 打濕リ ぬ。 

とォ- な 

「はい、 これが 十一に なリ ます 時、 二十 九で 亡 

ず-一と ふ -r ろ 9 ゥ 

くな りました。 誠に はや、 不心得な 奴で な、 

は X は、、 腹が立つ てな リ ません。 ぉ楱樣 とお 

わか r t f なん 

つし やれば、 お 若から うに、 御 奇特な。 何とも、 

れい i 

ぉ禮の 申し や う も ござ いません。 J 

ふた. < な,! £ ^1.;>0 一- 

と 再び 頭 を 下げ た るに、 壯使は 手 を あげ て 、 

「それで は、 私が 御挨: fSl をう ける やうで、 却つ 

i}^ とさ 

て 何です、 もうこれ だけにいた しませ-つ。 時に 

け ふ : 一つ その ち 11,.- つ さ £ お, つか; "- 

一 今日 あが" ましたの は、 货は 其お 後樣 のき 使 

一 なんです が、 何う も、 恁 うなって 見る と、 恩 S4 

一 t ち, ? 

_ 被せます やうで、 些と 申しに く、 なった やうで 

すが、 何です か、 先々 月から お 後み. S- して き 

一 ました、 あの 指環と やらです が、 まだお 出来に 



さ 之 



(21:) 



r が 一 
、 、 は 
よ ゲぃ 

く 、 
お は 店 



r、 寸? も 



てたら ない が- あつ、 りへ もの だ、 持って 、かけ。 

そしてな、 £ 常銘を 塞り ました、 と大 威張で 渡 

して 来い。」 

予 はいそく して ぼで 行きぬ。 

; -i, 'かう ひ A 一 こなた ゥじ なつぶ つてん 

學 校よ リ 一 つ 此方なる 辻の Iw: に、 唐物 店と む 

t クっ A と おく it.H:: 

かひ あ ひて、 間口 こそ は劣リ たれ、 臭 行 深き、 

おいや ^?き4,:, ひ み みせ >--«- ^ ユカ ひ 

時計屋の、 行歸に 見る 店ながら、 取^け 其 日 は 

め. T ら た P い * お itt 

もの かノ しく、 また 懷 しく、 た ふとく &ぇ て、 

直ぐに は 店に 入リ かねた リ。 

こ うぢ でんしん はしら X "ら r 一-し 

小路へ それて 電信の 柱に 凭リ て、 裕 子 越に、 

そた た ナム 0. 巧 VJA-1 ひ つん 1ひ 

其方 を 透 してた め ら ひ し が、 折よ く 前 の 日の 使 

ひと Ky かた い f? つ す- す V-, 

の 人、 奥の 方よ リ出 で來 しに * そ、 1.5と攀=^近づ 

きて、 

IS-.J- <»ゎ 

一 ぉ!^<-へ の 指環が。 あの::」 

一 あ.^ 然 うです か、」 

と 輕/、 けて、 土間た る 子 を 指さし つ 乂、 

「おかけた さい。 一 寸、 これ 何 や、 奥へ 一 ij; つて、 

? I V- でつ 5* 3 き 

金 や、 お s» 漾 に 申して 来な。」 

小 倍 は 良 ありて 引返し、 

す 3 

ーぢ や、 ^ぐ こっちから お 超り たす つて、 ずつ 

と お 3 リたさ いまし。」 

たた, -t ーリ とに ff-yu つき た". ふたと 

と 中戶を あけて 導きぬ e 通^の 突當 に、 二 戸 

まへ くら > かべ, >ら はしら あ. A たか は 

前 蔵なら びた リ。 壁 IF く、 柱 明るく、 一 :M き 破 

ふ ケち ひ かけ たと か 一に ん,. -ふ. 一,; 

風口よ "曰 影 さして、 譬 へむ 方な き 奥 tl^ しさ。 



ヒて t たら ひ. Ma- か > *: づら -t** ち 

手- W 働く 一人 力 下. t の 珍しげ に 一?, で」、 一- 

- ,ハ こ、 ち よ あしばや § す 

見ら る 心地して、 予は足 羊に ぞ 通り過ぎた る』 

一 ひ と1* _\_ ばつ -, さ ユカ ひと .C? トプ f 

I 1 室なる 火鉢 r 傍に、 其 人ぞ 3!? たリ ける, - 惧ひ 

やした まひし、 着 痩 G 肩 iS£ 寒げ に、 襟感 けたる 

牛 ki^ て、 ん, 日 は 後 毛 うるさき まで、 咽喉 を 

使め 一-こ ぼれ か 、り、 重き 頭を桔 へ た る 、 顬さ 

き,. ま さ i か IJ す-一 V,, を み 

の 切 aas? なれば、 M 少しく 蒼み て al えぬ。 

ぶ とん こたた 于-- て cn, 

座 蒲 團を此 おに^む る さへ、 た ゆげに 手首の 

細リた る が 、 笑 i を 向け て も Q や さしく、 

一 つ. A ひつ. らお S い 

「お 使 柄 恐れ入 リ ますこと。」 

た, - へん さ ま k 丄 

「あの、 大變 お そ く な つ て 、 と然 う 申 し ま した" 一 

*M さ-ほ まービ 

「いえ、 ついね え、 待 遠い ので、 おせかし 申し 

て、 お 忙しう ござんせ-つの に 。一 

.At. たた そこ iLO が み 一一, -み . 

いひつ、 渠は 掌に、 吉野 の 包 を ひ、 りきて 

黄金の 無 一? の 指環 を f 、 そと 打 返して 視 めし 

f:t:sr たこと。 まあ 勿 たいやう です ねえ" 母 

さん 

漾、」 

一 どれ。 一 

と 人柄の よき 1^ 樣も、 火鉢 ごしに 瞳 を 寄せ、 

ど いと 

f 何う もれえ。 これ ぢ やなる ほど 一寸 やそつ と 

ぢ ゃ出來 たい: せ, -理 だよ。 そして 何 かい、 此ぉ兒 

力 い。 一 

女は默 して 額き ぬ。 



はなり ますまい. A ね。 時, 屋の^ 水です。」 

ち - おどろ 

父 は 驚 き、 

【え、 それ ぢゃ 111 方 は。」 

ので" 何時も 小 を 寄越します 

ついで * た」 

次 手が ございまして.. 私に i ち 

J 、 

中して くれと、 こんな ことで。 

え \ 決して 御 はいたし ません が、 お 間に 

は どうぞお 心がけた すって 下さい。 はい、 不思 

? I 一 けつ .»ん たん 

議 な御緣 です、 決して 恩に. や 被せません が、 何 

ひと- ン おん *i こしら くだ 

ですな、 一番 恩に 被て、 はやく:?^、 て 下さる と、 

なほお 構です な、 は. A 、。」 - 

S か へ 

と 笑うて ほリ ける。 

115 :く 

紅 白 

は 日 を 綾て 出が あが リぬ。 父 は 傍に わ 

れを 招きて、 

I 新 お ^£ 兼 指 一お が 出来た ぜ。 お前 を is- 哀 

ふかみ です-;" ち ん れん 

さう だとい つて くれる、 水の ぽの 註文 だ" バふ 

入 リ で や 、り かした が。」 

- つち. -.-fv> さ いく 

と 打 W きく, 細工ぶ リ; 一, とみ かう みて, 

「らまいた、 こ D や、 近: 淞の大 出 あたがら 

よくした, t の だ e 新 次、 お!! 恥たん ざ、 其 年お で、 

せ、 い Gn を 持って: lig て も、 こリ やとても 見えめ 

て はぶ ひと «■ たん 

えな • 手: して 人に 與 るな あ、 何だか 惜しく つ 



(. 22 J 



「學 校へ おいでと 见 えます。 まあく 折角 御勉 

强 なさい ましよ。 ちっと^び においで だとい、 

な に ひろ ま 

ね。 お あ ひて は 無い けれど、 is- も廣 しさ、 ^が 

るた でもし ませう。 母樣 がお いでな さらな くつ 

ど さ V 

て、 まあ 何ん なにお 寂しから う。」 

あ ふ なさけ こと は むね -7« 

と^§ る 、 ば か リ の の 言葉、 胸せ まる ほ ど嬉 

しくて、 はき-/ \ もの も?, 5 いは ざリき やがて 

かへ とォ- しろ くれな ゐ ぼ たん んた -2i- 

歸、. むとした リし 時、 .M と 紅. と 牡丹の 形の 打 

>=>Q ォ丄 かみ ひね よ 

物 を、 沾、 りかなる 紙に 捻リ て、 予 がふと ころに 

推し 入れながら、 

お とつ W ん れい <v 

「父 上に よく お^ を おっしゃつ て?' さ いまし 

よ。 まことに 結構に 出來 ました。 そしてね、 あ 

なた。」 

5 しろ もナる かろ さば おく 

と 後よ リ裳 を輕く 捌きつ > -、 する くと 送 

いよろ あ 

り 出で しが、 (せ しく、〕 とば かリ いひす て、、 彼 

ち む ゥし ろつ き たけ よ たか 

方向き たま ひし 後 火 女、 丈は予 よりも 高 か: r き。 

力 < カン 

學 校 

がく かつ f わい め じ かん うけも 

學 校なる 會 話の 時 は、 ミリ ャ アド 受 一 ^てり。 

ミリ ャ アド は、 たや 紀少き 米!! の 美人な リし。 

ぃォ 7C.., とりたり .ビ V* しか こ 、ろ 一 ;- さ 

ものい ひ 々と、 風采 雄々 しく、 ぬ も 心の 優し 

C ん. P: くに すな はや 

きが、 gl.rfu 牛 に 住み 馴れたれば、 (お早う) 

さ i う さしつ か > 

(* 樣 なら) など の 、 _i」 +乂 へず 云 ひなら へり。 二 

ぐ わい-】 く せんけ 5 し き 5 うり い-つし しゃ あ ひ 55^ 

! 1:. 外 M の. K 敎師 と、 鄉 里の 朴志. 一? と ffl 料リ て、 



ふ けう し,^ し ん えい-て か ? -> 

布敎の 一種の 段と して、 英文と 文 を 兼ね? W 

え;; わ がく. か-つ し" つ ひ 《- か し- 

ふる、 莱和學 校と いふ を 私立した るに、 ::: 々梁 

は 出で 來 るな リ。 

學生 はわが クラ ス に て は、 十 名に 過ぎ. ざリ き。 

_v んかう ぞ ひ 9- く 

入. j; 校 を ふると も, 百よ リは 多から ざるべし。 

さ いま そ カ-; ろ ぐ わい- 1 くじん み た-,' 

然は今 こそ あれ、 其 ffi は 外 s: 人 を 見れば ぼち に 

い じん A る ひと ごと 

これ を mjk 、人と 稱 へつ、、 人 か 、あらぬ かの 如く、 

い か ■ 5 し をリ 二. M ち は-つ 

忌み、 っ卑 みた る 折な るに、 ^に 地方 の こ と 

た せつ そ C みち こ- ろ;-^け 

なれば、 多少 其 道に 心懸 ある もの も、 憚リ て、 

かう S すく よ よ ち." -X にん 

校に 登る もの 少な かリし を、 予は予 が 父 を 信任 

したる、 なにがしの * 勦 誘に w リて、 お 年よ =" 敎 

つ, りな 

場に 列リ たるな リ。 

パ J くせい 一つち とし た 

學生の中に年紀の"4^けたるは、 ! 一 一十 四 五なる 

すく もっと わか はなち こ 

も 少なからず、 最も 少 きも 十八 九、 二十 を 越さ 

よ め マら 

ぬが 稀 なれば、 予のを さなき が, か Z しと か。 

め ,- たし -ズォ よ つ 

ミリ ャ アド は 愛で 親み、 . ^として は 予を遇 

K とん .17, ち ん せいと 

する に、 .% ど 幼稚 簡の 生徒 を もてす る こと ぁリ 

さ 

t^^^tt のち ff も 一- 

課 紫 果て、" 後 ミリ ャ アド は、 sl^: 持ちし 手の 

ゆな, はん け ち f つ よ テ 11- ル 

指 を、 手 巾 もて 拭 ひつ \ 銜と予 が 卓子のう しろ 

き, D i ひかへ? S たち- J 

に來ぬ . ^はみ など やくと 控 所に 立 去りて、 

ねの-一 よ にん とみ いち 

殘リ たる は、 予と、 いま 1 人、 {:E の 市と いふ 

しひ 

盲::! なリ。 

かし- くわい わ じ かん つらな Mp£ 

梁 は唯會 話の 時 II にの み 列るな り。 1; ょリ 



,な, J し IWI も また s_ 

眼 Q 盲 ひたる もの X、 害 を 以て 舉 ぶこと 能 は ざ 

. V*K いわ ユカ *2 f た せつう 

れ ども、 話 は 其 記惊 によ リて、 多少 得る こと 

の あるべ ければ、 いかなる n 的 ◎ ありて にや、 

せつ に ふかう f: ぞ かう すぶ-う い *.| 

切に 入校 を §1? みし を、 校ね に は 議 のぁリ たれ 

tJ んけ 5 し ら ふ けう ま う が/-.^^っ 

ど、 .K^ 師等 はもと 布敎 のために 設けた る W チ校 

つ ひ か". i S ひ 、 

なれば とて、 遂に を 許せし よ. 雨の 曰 も、 

かぜ ひ か . け つ is fc み 

風の 日 も、 1;* は缺 席した リ しこと なく、 B の 0! 

こ 上った ふ くわい わ "- ラス ご 

えぬ に 心 他に 觸れ ざれば、 會 Si は 組に 伍して 

ひと .? ク せいせき si- & 

人に 劣らず、 予と成 鋭 を せ ひ:: W るな リ。 

か. i とし み vhv ひ かた *■ 

梁 は 年お のこる 二十 八 九、 * の 丈 小さく W 瘦 

た ひす こ は ぶ «>リ とつ はつ 

せた"。 額 少しく A え あがりて、 五分 刈の! 

ら っナ は たか ctwK-k と" ひ 

柔 かに、 蹄く、 鼻高く、 1^ .a く、 頓 こけ 

$ か-,; だ „•;•« い 

て、 細-おき 額の.: il- 體と はふ さはし からず 大 なる 

に、 C 學诞 みち たリ。 

親しく Si リたる こと も あらね ど、 予は はじめ 

か- i たい けん を わん いだ 

ょリ 梁に 對 して、 雜惡の A ふ を 抱く こと を、 いか 

?.^ むし 

ん ともす る こと 能 はず。 いは ゆる 蟲の すかぬ に 

かほ み うと 

や、 額を:u^oだ に疎まし かりき。 

ふたり のこ to お VI « 

二人の み 残れる に、 ミゾャ アド は^の 音、 裳 

おとかろ うしろ き あち か そ さき じ かん かム 

の 昔輕 く. 1= 後に 來っ。 ^も 其 前の 一昨 問 は、 淡 

せま . ^う w/、 ふんしで つき はん ** き Q 1」 わ 5 しう ,いに ケ る 

籍の i 讀 にて、 文章 軌範 卷之五 C- 、送 王 秀才 

じ か .T.-K 一 一う ところ ひら 

序:: 韓文 公と ある 虔、 ?1 きたる ま、 にして、 

チ l-r ル - つへ お いた ごし も 

ト :!^ 子の 上に ぁリ たる を、 予が肩 越に^ りけ るが、 

し じ うつく 

ふと 私-一 怪ム隱 居 i 者、 と ある、 ^4の字をば、美 



之 



しろ ひとさし 小び さ 

しく き 人 指 もて 指しつ > -、 

うへ +ts さん わたくし 

「上 杉樣、 私 ?」 

i ほ-ゑ 5*^ > 

予は 微笑みて IS きたり。 ミリ ャ アド はまた 

乃 知し-の 返 を さして、 

「これ、 乃の 字:: でせ う。」 

i 5 なづ と;.^ や 

予 はまた! S きぬ。 ミリ ャ アド は 得意に なリ 

て、 建 中/初, 夭 子と いふ をば、 

てん ね 5M かた 

「それから 天、 子、 旨いで せう。 クラスの 方、 

SS わ もくし お IS 

みんな 覺 えがわる い。 ; 4、 じ やうずに 覺 えま 

した, 

れ ちれ K 、ね t n 力と,.、 S る 

と 5^ は 嬉しげ に微 i*^ みた リ。 予は其 得意 を 殺 

か _5 ベ ふ 

ぎ やらむ と、 頭 を掉リ て、 

「いけません。」 

「まあ、 いけません? 」 

と打顆 みぬ。 

ひで 

秀 

; ^。し fe こたた み! も 

富の 市 は 盲 ひたる n に 此方 を 見向きて、 た 

にやくと 笑 ひ 居れ"。 

てんね よ てんし てんし 

「夭、 子、 と 譲ん ぢゃ いけません。 天子、 天子 

樣。 J 

-2 りか たむ 

ミリ ャ アド は 打^ き、 

てんし -liM ごんし V ま , , , 

一天 子樣、 : : 天子 樣、 あ、、 みかどの こと?」 

f 然- つです とも。 だから、 天子て ッ ちゃ 違 ひま 



す。」 

し し iK S* ど *. ぞ k_ をし 

「はい、 はい、 お 師匠 樣、 何卒 叱らないで 敎へ 

くだ 

て 下さい まし。」 

て, かふ J なみだ こ, すま c> , . 

と 手の甲 以て 淚を 擦る aM 似 をしながら, ミリ 

JJ きょう よ MS いす > 

ャ アドの 醉 興さよ。 予が 坐りた る 同じ 椅子に、 



窮屈ら. 



はか ま 

持の ひだ さら、 



と、 右 



の: に觸 る、 i -、 妙なる 薰潑と 散りたり。 

よかば .^ま*^ 

近 々 と 予が而 を のぞく やうに 瞻リ なが ら, 

「お 師匠 樣。」 

よ ん たへ ヘラし 

また 呼びかけて、 傍に ありた るノ — 卜の 表紙 

rV ク J んぴっ なに らくが ぎ 

に、 其 手に したる 鈴 筆 もて、 何 か 落 書 を はじむ 

はら 

るに ぞ、 睨む まねして, 

「 いけませんてば。」 

「あら、 叱らないで 下. さい まし。 恐い お 師匠 樣 

ねえ。」 



「お 師匠 樣 もな いもんです。」 

し T1 や- r さま し LSTH^*^ か はい 

「い、 え、 お 師匠 樣、 お 師匠 樣、 可 S らしい 



し しゅう vij か じ 

お 師匠 樣、 これ は (力) の 字?」 

4^んびっ つ ひ じ か 

と 鉛筆 もて 遂に (?) の 字 を 書きつ けぬ。 

^ ちから よ > 

一 違 ひます。 こ \ は、 力、 と讀 むの。」 

» ちから かみ 

「あ >-、 ちから, 力 I St 樣の —— 」 

う 4} ゴ み 5 なづ あ 

額く を 見 また 頷け る、 ミリ ャ アドな ほ 飽か 

かむ じ 4> つし 5 さい しう 

で、 あちこち 漢字 を あさりつ、、 王 秀才の 秀と 

じ 

いふ 字 を、 とかくして さがしあてた リ。 



「こ の 字 は?」 

ひで 

「 秀。」 . 

ひで 

f 秀?」 

ひ いづ よ 

r 秀 ると も讀 むん す。. I 

「ひ いづる? 」 

「まさる こと、 勝つ こと。」 

ひと 

「人に?」 

「然 うです。」 

と 答 ふる 效を、 屹と 見た る、 ミリ ャ アド は銜 

た こお て-つし りん 

と 立ち あが リ、 萆の 調子 も凜 として、 

なぜ, # ひと 

「あなた、 何故 それ を おれました。 わるい 人、 

このごろ いこ き SN£ し 

此頃は 下稽古 をして 来ません。 あなた I 番年紀 

が 若い、 そして 一番よ く 出来ます。 けれども、 

£ ひと 

いまに 負けて しま ひませ う、 人に まけて はな リ 

ひで ひ いづる 

ません。 秀。 秀 。」 

し S く しゐ おも t 

と肅 として、 師の 威に そな はる 立 姿、 思 はず 

かな へ た i あしば 1 と かた 

頭 を垂る >1 時、 ミリ ャ アド は 足早に 外の 方に こ 

そ is で^き たれ。 

い! f. あ むね 1,, た ひとめ み 

戒 ひしと 胸に 巾リ て、 さは 人目に も 見 ゆる 

このごろ > か 

や。 此顷 はさて われながら、 いかで 恁 くまで も 

おも 

の 思 ふ。 

StVC ゆ , . .<;*- か は- 

指環 をと V- けに 行きし より, 十日 あまり 早 や 

す そつ i きか £ むね 4? かん Lt, 

過ぎぬ e 其 時 にあ ひながら、 胸に 餘れる 感謝 

の 情の、 よしい ひつく すべく は あらず とも、 



( 23 



ま 

T^' で 



き 一2 

ま 言 さ 

で の 

口:; 挨 f: 



/し mip 



花 

い とし は- ラへ S $ み 

去に し 年、 母上お あらたま リ て 、もの を 見る こ 

と を も 得した ま は ざり しほ ど の ことたり き。 

条さ 烈しき 0^ な リ しか ば、 臭の k な る 三 属 j に 、 

it た, ら ふ た *w モ ミ ち. - , 、すし 

南 枕 に g し. 給 ひ、 g 母 あ" ヽ父 ぁリ、 醫 1 ぁリ、 

よ * お. 一一-. ノと 11,5 た.. 

予と いとけ たき 弟 と. &坐 ii| しく かしこま リ 

て, 互に 面 を a つる ほ ど、 寂と し て 身 動 も し た 

, うへ しづか さ 5 » 8 

ま は ざリし 母上の、 静に雙 の 目 を 眠りし ま、、 

リカ」 つ 1- モふ *x く., ゾ.. - e A- V 5 へ 

兩手を (へ 山に さしのべつ。 また 枕頭た る 疊の上 

, と わ:; かい 

を もの を 坂 る さ ま をし て 、旌 さすり 一 ^さすり し 

ち * み さしよ つ 

たま ひし を、 父の 見て、 差寄リ て、 いかにせ し、 欲 

*£| み- ス 6 

し 求む る もの あり やと、 耳 近う いはれ しに、 空 

ち .ぅ つ,、 たへ はな P くんた る 

にも、 地に も 美しく 妙なる 花の香 はしき、 , ぽ. た 

ら VS.J しろ 一- 5- み 

るが 紫た るが、 白き がいろ 》^s- 滿 ちた リ、 

二人の 兒 等に 手 折リて 取らせむ。 見た まへ 此處 

, . > - こ. T はい つ 1!<ュ!,-! ころ 51 

にも あれ, かしこに も、 と 紅梅の 荅:^ ぶ狀 

に、 結 ぼリ たる X: とけて、 うつと リと" かす 

かに 徵 ilj^ みたま ひし かば、 あはれ、 いま はの-つ 

つ、 にも、 さまでに 兒 等の いとしき かと、 予と 

おとうと ひきよ S ほ で 

弟 と を 引 寄せつ、、 一 _i 母の ひたと 泣きた まひ 

, . ひ へ つや 一 へ 'ふ 

し を 日 を IIT 月 を!;、 转れ ども、 なほ まの 

み ご. 4 キ ぐつ » ,, JJI 

あた リ兑る 如,、^ に銘 じて 畳え たり。 一 

嬉しきかた。 ^^折:^くれし秀の心の、,きの 一 



.g.w ■ ひとえた まん 二 

に 劣ら じ を。 一枝 は 母に 參ら せて、 兒の幸 ある 

. -,1と-ん た ち • 1- 1 一- X つ: 

を 見せ まつらむ。 一枝 は 父に、 他は祖 c,:.' に、 あ 

. ぶ- 1* .-.(ir と なか わ, か wj に -.si おく 

れる花 は 弟 に 半ば 分ち て a ^〈へむ と、 深.! 6 の 奥 

を辭 して 出で、 、ゲ せ はしく 中 6- を あけて、 戸 外 

い . S 

に 出で むと したる 時、 

v.; つかさ £ ま;;ー く らつ ちょ V 一 

r 淸ゃ、 母 樣 がね、 お前 御苦勞 だが、 r 寸、 

や K や 

八百屋まで。 J 

S い.. -?. - のち. --\£/,-< き. 

用 を 命ずる 聲の する。 この 後 数々 來絡 はむ 

に 、 心 や す だ て な る こそよ けれ。 黄 下 も し 

- たた 5<5 み たく. リ. I...-, 』 ひ 

たま ふま じ、 此方に も 行儀 見せて、 送 迎はな 

« :iV お S- ひで s< 

さじ もの をと、 母親の いひ たれば、 秀も リ て- 

い よ そ cj さ 

は 出で ざリ し。 予も其 ま.^ に 去らむ とせし が、 

i ゾ" , ち f , と て. み ;? 

靠 のす るよ リ 田:』 はす も 戶に手 を かけた る 身 をお 

向 は、 唯: れば 今:: :! も倾の 如く 繁 のぎ モ がふ る 

ばか リ、 k 鼓. a く こぼれたり。 

a に も ¥ へ じと いと ほし かリ し、 前の 日の さ 

まに は 似で、 iiu に 勝ちた る^: ^み々 しく、 幅 

ふう J 9 W み D V ..:,ー-,,, てき 

の 風 (太の 優しう 見えて 凜々 し げ た る 、 恐 し き 敵 

4ーザ そ CJ た-. ..-J -..!! すく ゥ 

にで あはむ 時、 其 抉に て 庇 はれた ば、 救 はれ?, £: 

べし、 と 紫 母し く、 うつか リと 立ちた る を、 ふ 

A か { み、 もと あつ 

と 見返られて、 許ぞ 熱くな リ ぬる。 

一 またね、」 

-- る-?、 tTi い, ほ.. - ^ .. 

とい ふ-承 開 流して、 よく 戸外に おで、 店 

たる 入に 默^ して、 通 を 家路へ 五步 ばか リ、 足 



は 言 はで かな はぬ 俵な リし を、 怪し 

.a なた い 

リ て 、 彼方 よりもの を 言 はる M に さ 

、は 答 もせ ざリ し。 さげし まれず や、 

い?,. , や, - § つ r 

卑 まわず や、 と S もな きこと をのみ、 思 ひ is け 

て、 つ、 登め つ。 

桃へ 靴き まで 懐し く, たく、 遊びに 行きた き 

i ちと を n- 卞 H- -ブ, 

を、 いはれ し ことの 馘 たらば、 機よ し 遊び に 来れ 

つか ひ ,パミ るつ み ん -- 

よと、 など 使して^ はざる。 耍も なき 身 を 何 託 

つけに 推して 此方よ リ 行か る ベ き。 §れ られし 

す .1, す おら; \ ね., す 

か、 棄 てられし かと、 終夜 終 U なやめば ぞ。 

4 一う Vs? A? な 一-こ .,*c ちて シぼ st-t ひ、 

悄然と して 掌 に 面を蔽 ひて 俯向きた る、 耳 

,.t くち よ 

許に 口 を 寄せて、 

「15、 やられた ね。. 一 

ひ !~ II と 25 じん 

と 冷 か. に 笑 ふ が 如 き は 盲人 なリき 。 

打 IS した くも Eg ひしが、 さ す る 一 冗 i 城 i お と ろ 

へき。 も. の を もい はで Jw:^ に 就. ヽ i- 校の 門 を 

出で むと する 時、 外に ネ みたる: W 人 あり。 f 

' >_ , たか % ひと V 二- * よ 

き^ 徒の 巾に 人 を もとむ る^た リ しが、 予が 

を 一 H 兑 るよ リ、 つか/, \ と 近づきて、 

<-f たた あなた ;-, 一 i 

一 t 下 だ、 貴" ト. た。 もし、 あの お ^^,樣が お つ し 

やい ました、 を 折って あげます から、 すぐお 

0^!^ に 入らつ しゃ ぃッ て。 一 

かつ み ゾ. か ^. 

こ は 嘗て し こ と の あ る 、 55if 水 の 家 の 下婢な 



C 24 J 



; ff* の 



^ 一-も,? 

ば やに 行き か. * る、 とむ かりよ リ、 杖 を 以てさ 

ちつ W ;? ノン 

ぐりながら, 歩き つ き の , までに は i 束 な き 

さま み か とみ ;.. ちき i 

状も^ えで、 がの 常 市來懸 りた リ。 

ナ.; ち V:- や たち み »< . «>5 

00 ふ を^^3! リすご し、立 ど ま リて 見送れば、 富 

V。 かみ -3_ い 

の 市 はっかくと 水の 店に 人リ 行きし が、 

「は。」 i- 

VS- また か ば 5 ふち て 

とば かリ 茶の 山 高の 精の 緣に手 を かけた る の 

_>J £ ,.50 そん いまよ 

み, 脫 ぎて 換投た さむと もせで、 :R 、ま、々 予が 

出で #れ る、 巾 ta を あけて 入り 一 がさぬ。 

買物なら ば 店に てせ む、 奥に 入リし は知已 よ。 

.5 一 .1.1】 i: し. i ^ . t><> あし-たに ,.ん 

Ml より!^ は 盲人と い へ ども、 置く 霜に 足駄 を 印 

よ 3 け ,. じょ <V わ-つん. 5 

して、 夜, }! ^の景 に效 せらるべき、 さ る 境遇の t 

し さん ,.( ち 1~ 5 1 おや 

のに あらず C 资產 ある 家の 畏子 にして、 親 もな 

よ と- れつ てんわん .v_> つ 

ほ 世に あるが、 十六の 時 激烈なる、 天然痘に か 

めし よ ひと 

かりした め、 目の 盲 ひたる もの、 よし、 予は人 

づ て さ し 

傅に 間き て 知れ リ。 

なん るつ ぶか 

よし それ は ともかくも、 渠は 何の 要 ぁリ て、 深 

み』 いへ たい そ Q ふる St* ひ 

水, りずに ffi 入る や、 店の ものに 對 したる 其舉動 

み し ねんごろ 

を て も 知る、 sl^ なる たかに あらで はと、 こ 

ん 

こ ろ よ か、 りず じて き C 

いさ、 たん,;' - つ..: み 

菜 は W かか、 はリ なく、 何等の 恨 あるに あ 

さ き -\ゃ<.^1ぅ いまし 

らず。 先 に學 校に て ミリ ャ アドに 戒め ら れ て 

しも $ ひ. V こご 一-とば *vn *p 

情れ し 時、 一言い ひたる 一 百と て、 楼が橫 たリ、 

V ひ: t ノ ち そ 

わが 耳の I ^みと 思 へば それまで たる、 其 を-取 い 



i てまむ tt 

予 -V 手-〕 お似して 招きよ せぬ。 

一新ち やん、 まかして あげ ませう。 I 

其虔に Ik きたる と、 秀の li と を 見 く 、り 

ベ たがら、 

一. ま た ね 一 

一. また ッて、 お ^ なの-。」 

I ぢ やない けれど:: だって! as いんだ もの。 

"i く チ, .1,1 うさん 

僕に 胺て つ こ は ぁリゃ しな い。 降參 をして しま 

ふが? 5- いや。 一 

一お ほ、、 k かいつ て 布ら つし やる ハれ。 昨夜 

も 二度まで お負け だ つた ぢゃ あ" ま せんか。, 一 

,.\ ミぃ ま > 

「 そ リ や 、歩 三枚 で は 負け る こと も たく つ て さ 。 

なん だん r.^^ . -.. 

何 だって, ずっと 段が 違 ふんだ もの。 勝った つ 

« は リちひ なに- 

て、 负 けたって、 張 合 も 何も ぁリ やしたい、 ほ 

ん Q お あ ひて をして 居 るんだ。 一 

「あら、 あんな こと をい つて、 らしい よ。 ま 

あ、 でもよ- "ござんす からさ。 よう、 新ち や 

ん。」 

は 11 ミ と、 

と 早 や 駒をぞ 整へ たる。 

みま f か くち だ 

店よ" ず い 者 口を出し、 

た ゾ てつこ ひで --ー 

一大 層.; I つてます ね、 ぉ秀 さん。 はさみ 將恭の 

しん 1」 う ご さいぶ-く 

うち は 新 ちゃんの 方から 御衝 促の やうだった け 

|ー<; ごろ 5; う 

が、 此顷ぢ や あなたの 方で, せつ つ いて 在. りっし 

やる。 あぶらが つて.^ たと 兑ぇ ますれ。 一 



あ VI, ごと キ- *1- と 

で >f いふ ことか は。 晰る 如く? S きた "しも、 贲 

た- S し 

は 慰め くれむ とて、 いひ かけたら む も 知れざる 

、 でに とみ ^-み 

を、 ぎ と て さ ま で に の 巿 街 身 にこ、 るよ か 

► Jv-I ,ご よ そ たへ * 一-う 

ら ざると, もし 人の 問 はむ に は、 予は其 答に 窮 

せし ならむ。 因果 は; t. のみ 知る ものな リ。 

し? !5 • 一一- 1 

將 基 

がば り、 がば リ、 がば リ、 がば リ、 c 山 永が ば 

-£ «.i 一 S ぶき 

リ がば リの、 聲に まじりて なまぬるく 精子 燒 

っぽう S*- たシ !ナり し SO ばう C き 

ぢ や 、 精 子燒ぢ や、 お腹の 藥 Q 精 子燒ぢ や 、 

こ *A もしつ .,*1 よ さん- -ばリ ,一 li つ う 

子供 衆 買 ひな、 と 呼び か はす、 C 山 永 や、 精子 

め? よ も きん-二 くち, <„1 f} す.- み キニ: よ 

燒ゃ、 夜商人の 口々 に、 往き かふ 納涼の 客 を 呼 

と yi リ よ ,: に *--tl じ す ひと 

ぶ。 通 の 夜店の 賑 ひも、 十 時 を 過 ぐれば 人 ま 

そつよ てん わき,、." ひと しづく お 

ばらに、 其 夜 は 一 天择 曇リ、 まだ 一 滴 も^ち ざ 

^^fc かた と ほや 一 i ひと A: つ.,, -ち 

れど、 乾の 方なる 遠山に は、 はや 一 驟雨 か、 リ 

す き ろてん f- 

けむ、 谅 a さっとお ろし 來て, 露店の はだか 火 

L1- 二 き よ つ., V-1 ま ノ\ ナ とゥ 

漸次 に^え、 四角 あた リの くらき に、 冗斯燈 

K きさ,., S かた ひと リ ゆ ふた リ 

火影畏 くさして、 较リの 浴衣 一人 行き、 二人 

ひと リ ! 5 や ひと リ 6} ひ ごり 、〉 

き、 一 人 一 びき、 一 人 it き、 一 人 行きつ 气 ひ 

つ そ と た り ぬ 。 

ひで こ C とさ きん ぎん すつ -ー くわいち ぅビ >, を さ 

秀は此 時、 金と 銀と 数十 個の 懷中時 sis を 納め 

ぎ. 一つ ぶた 1! こ ろしろ い 一 V- ひ ,r> た T こ 

たる、 fi 子 蓋の の 後に 出で^り て、 肩 少しく 

み にこ 一」 し f> ほ い す 

3- ゆるまで、 マ i 越に^ を さしいだ し、 椅子に か 

,a- k や! 

かリて 店の ものと さきより もの 打 f^,i リ た る 、 



と 打; ズふ。 

e,. たう な *- .- ^ 

「あ > -眞個 だよ。 :.^故.だか、 ひどく おもしろい 

の。」 

すつ 二う il- しか 乂ご しゅぎ S5 

「まあ、 iiw でございます。 折 御 修行なさい 



まし は 



ご 



とて 新聞 を 請むな りけ り 

「さあ、 新ち やん、 金です か、 步で すか」 

「や、 いよ. /,\> はじめる の。 まるで あかん ぼの 

なん せ <i せい 15C 

あしら ひだ。 何だか 先生に なって 敎 へる やうな 

氣が す る からね、 こんな こと は 眞 51 で な けリゃ 

おもし, つくない もの を。」 

とこの ごろ はやな つかしみ て、 殊更に 渠を婦 

な 'よ す こ うす 

人と いふ 遠慮 も 少しく 薄らぎた るな リ。 秀 はわ 

ざと らしく 怨めしげ に、 

たんと . 

「ようご ざいます。 澤山 そんな こと を、 おつし 

やる が 可い。 私 や |"!- 地に なって、 何う しても に 

さう . つよ 

がしません よ。 而 して、 そんなに、 强 いこと を 

おっしゃるなら、 斯うし ませう ね。 新 ちゃんが 

まけ て みつ 

お 負だった らば、 お 手き ついて 11 一つお じぎ をす 

るの。 可う ござんす か。」 

「それ だと、 勝った、 り 何う する の。」 

わた J てんぐ 52 は ? *K 

「さう するとね、 私が: 大狗樣 の羽團 扇と いふ、 

でんい * や t . 

傳找 ごと を敎 へます よ。」 



てんぐ は -? は 

天 拘の羽 阒扇ッ て < 



「それ はね、 かう やって、 かう いふ 工合に、 ね、 

ki -t5 しん ひ tjn- 

駒 をなら べるの。 而 して 新 ちゃんが、 左からで 

ffAY 一 がぞ 

も、 右からで も, ちう くた こかいな と、 かう 算 

r じ ぶん すき こま ひと お ぼ お 

へて ね、 御 <tt かの 好な 駒 を 一 っ覺. 一て 置く の。 

わたし これ 

さう するとね, 私が ちゃんと あて V、 此で せう 

ぶし ».| あだ 

とい ふの が、 不思議に 常 るんで す。」 

「そんな こと をい つて、 あたる か 不知,」 

「まあ, ちょいと 覺 えて >- ごらん 遊ばせ。 え、 

え、 可う ござんす か。 それで はと:: これ、 ね、 

C らん ^ し き てん 

そら、 御萱 たさい。 不思議で せう。 ですから: 大 

ぐ さま 1.* うちに 

狗樣 の羽團 11 ッて いふの。」 

な、 S S さ ごと ことば て-つし 

七つ 八つの 幼兒 を、 あやす が 如き 言の 調子 

に、 予 もまき こまれて、 たわいなく、 

「^だね え。 ,.;< う 一度 やって ごらんなさい。 可 

お S > 

いか い。 よし 覺 えた」 

い くた ゾ ひ !>;=- ラへ «-っ 

f 幾度しても おんな じこと よ。 左の 上の ザから 

みつ *-s5 しや は ゴ 

三つめ。 香車で せう。 もう 外れつ こ は ございま 

せん、 ねえ、 友さん ご 

*.c もて み か は C こ だて と 

戶 外より 見えざる やう、 ^の函 を 小搏に 取り 

§ べつ へだ >- おく とほ リ, V- 

て、 店と は 別-に 隔リ たる、 臭の 通路に なり を 

た. -み で ふし ところ .a なた らんぶ ひお 0- 

れる、 1® ニ疊 敷きた る虔 に 、彼方の 洋燈の 光 

てり かへ えん S ほ. たみ 

をう けて、 照 返す 一 面の 大姿見 か >- リ たるた 

ひ .!>; ひで ふた リ すわ 

め、 あかるければ 灯 も S かで、 秀と 二人 坐りた 

るな: 



「ねえ、 友さん。」 

ひで よ %*- はこ ^.ifc 

と秀の 呼ぶ に、 店の も Q は函の 彼方より、 

「あいく 然 やうで ござい。」 

B こだ ひで うち ゑ 

と 大きく 答 ふ。 秀は打 笑み、 

「これに はね、 ちゃんと たねが あるんで すよ。 

AW し 

友さん も 知って る わね え。」 

_J はつ i 

「え 乂、 そり やもう たねの ない こと は 掏 法度で 

け i や-つ 

すから, あるに やあります が、 まことに 輕 少な 

もので。」 

「でも 不思議 ぢ ゃぁリ ません か。」 

さ てんか - こ G く ふ し ぎ 

「然 やう、 天下 恐らく 此位 不思議な こと は ござ 

いません。」 

い > しんぶん ご s>- つかく しん 

「可い よ。 まあ 雷 を 御 折角。 さ、 新ち やん、 

ま みつ 

お負けな さ いますと 三つ おじぎ。 よう ござんす 

か。 お勝ちだった ら、 をし へて あげます。」 

「さきへ、 たね を あかして か >- つたって 可い く 

せ b i e< ぶ.? 

らゐな もの だ。 おや、 お 世話 樣、 僕の 分までお 

s"#i ノこま なに 

ならべ だが、 兩駒 をはづ した だけ か。 何、 これ 

でか、 らうなん て、 氣が强 いな あ。」 

「いま ぢゃ、 もう 步 三枚なん てわけに、 ゆく も 

のです か。」 

と步 をつ く。 

「1- たな。」 

一. まづ これ をね-」 



C 26 ) 



fe 2: -) 



I 27 ) 



「さあ。」 

「かう や つて ト新 ちゃんで すよ。. 一 

ふたて み て さし あ f みせさき あしおと » 

二手 三 手 差 合 ふ 折から、 店頭に S 音して 

「今晚 は。」 

こる i ごと OG ひ- * あ *- い 

とい ふ 、执 るが 如く 胸に 響き 汗 出 づるま 

み かん とみ いち こ t き ふな > f , 

で 身に 感ず。 富の 市 ハヤ あがり 込みて, 二つ 三 

-si f W I 

つ 店の ものに、 もの いひ か はすが 聞 ゆるな り。 

ひとよ ts たよ みっか か 

一夜お き、 二 夜お き、 三 口と は;^ かす ことな 

よ このところ /. ごと こなた お- i はャ 

く、 予の此 虔に來 る 毎に、 此方お くる、 か、 渠早 

ぜんご とみ :.. ち ひで *<へ おちあ 

きか、 前後して、 富の 市と *秀 の 前 に.^ かく 落 合 は 

いた ひと 

ざる こと, いまに 到る まで 1 たび も あらざる な 

J つるれ V* た 

く、 ために 二人して する ことの、^ 時 も 其に 妨げ 

られ て、 予は遺 is なき こと を 得ざリ しな リ。 

cci まつじん よ そ 0>£ 

さらで も 不快なる 盲人なる を や。 予は 其萆を 

き ひと .P んし S く. K こ &S1 

聞く と齊 しく、 むらく と窳 癀起リ て、 胸のう 

おも 

づ くと 思 はれき。 

「新ち やん、 何 をう つかりす るの。」 

ひで こ-ろ づ こま す- - ところ 

秀の いふに 心 着きて、 あらぬ 駒 を 進む る虚 

とみ y あ ひど 

へ、 富の 市 は人來 りて、 かれと われとの をへ 

ん ば 5 ざ と す くち 

だて、 盤 Q 一方に 座 を取リ しが、 .H ぐに 口 を さ 

し はさみて、 

ど なか ゾ しゃ 

「何う しました く- あ M 、なるほど 中飛 車で、 

むかう の 手から は 桂馬が あがって,、 ふむ。」 

と f た き お く TJf* つ さ § 

と 一々 問 就し、 おのが 記憶に 將棊を 描きて 



あきら ばん !2 し う 

明かに 乾 面 を 知り 得るな リ。 

れい » よ 

かくの ごとき こと^なるに、 予 はうる さ、 に 

SMC しんきつ W でつ はつ こま 

も 〇 いほね ど、 秀は 一 々深切に、 兩 方の 駒 Q 

け ひき お ち し 

進退 を、 J, おもな くい ひ 知らし つ。 

U.U か うれ V-t いど 

俄に 嬉しげ に 叫び 出せり。 

-っれ ひ t. て .iv つて ► しん 

「お \、 嬉しい。 飛車 手、 王手、 ね、 ね、 新ち 

やん。」 

IJi ゑみ ふく て 5 

と あ ふ る 如き 笑 を 含みて 手 を拍ち ぬ。 

ぷ おどろ 

予は 大業に ぎきたり。 

よわ 

「え! こり や 弱った な。 かう する んぢ やた か 

V- よいと 

つた ッけ、 かう する んぢ やなかった ッけ。 一寸 

ひとて ま くだ 

1 手 待って 下さ い。」 

^ ^ みつ. fjl C W 

一 不可ません。 かけっこです もの。 三つ 斷辭俵 

を 遊ば すんだ わ。」 

r つ い Is 見 をし たんだから さ、」 

しん fci ま 

「モリ や 新ち やん がお 惡 いんだ もの、 待^-たな 

ん か卑, 怯です よ。」 

こま B さ た 4 へん 

「困るな あく。 お t 晚儀を させられ ちゃ 九變 

をん な じ ぞー t/、 5,. けな 

だ。 女にぉ辭儀なんて^^は、: :不可 ぃなぁ。」 

1, ですから- 然 ういった では ぁリ ません か。 あま 

ゐ « !; く うれ 

リぉ 威張 リ なすって 僧ら しいんだ もの。 嬉し い 

ねえ、」 

「ちょつ 口 い!」 

S き に;, 1 わら ひ とみ y よ い 4. し 

先刻より 苦笑した る 富の は、 予を卑 みた 



e さ 

る 語氣を もて、 

ひ しゃ しよ. T- ぶ な-. - 

『へ、、、 飛車で 勝負 をし やしまい し。 ^を 

然ぅ弱 るんだ。 そして 何,、 步を 一 個 あ ひとうて 

9 - くつ 5 れ し 

ば、 理窟 もな にも ぁリ やせん。 其 を 知らん やう 

し l.i-.-l 

な游泰 でもない に。」 

「え。」 

「JS へ つら ふね。 は 、 、 時で も然 うだ。 

V, ん B し JU ム-ー ひで 

まるで 段の 違 ふ將荼 なくせに、 秀 さんがつ まり 

さう になる と. わざと 駒 を あけて にがしたり、 

わか リ 切って 居る もの を、 それ 今の やうに 好ん 

で手辭 をして 弱って 見せた リ、 は >- 、、負けて お 

* つ ひととし -' 

もしろ がると は^な 人 だ。 年 おもゆかない に。 

なん S- で よろこ -っれ み 

は、. 1、 何でも 秀 さんの 喜ぶ のが 嬉しい と 見え 

.0 の _2H でつ? 1-1 

るね。 は、 > -、 ぉ殿樣 のお あ ひて^ 棊だ。 

キ ひで? e ^ , じょさい 

君 は秀樣 におべ つか をして 居る の だ。 如才 のな 

い。」 

it ん IX ち. e うべ »K な 

仝 身の 血 は 頭に のぼ リて 耳ぐ わつ と 鳴る とそ 

S えし。 

ぶんじ c: も いへ かへ si 

十分 時 の^は 家に 歸 りて、 あ ふぎ ほ. れて わつ 

へ * » しひ _J とばみ た あた な ば-つへ 

と、 泣きぬ。 盲目の 一; a 皆 中れ リ。 亡き母 上よ、 

ゆる .>-i4i こ 5 • - 

許させ 給へ。 さる 兒は度 ませた ま はじ を- 



23 





ネ ツキ スト、 ネ ツキ スト、 ネ ツキ ストと, ミ 

- ' C くちば? 、 じ. a//- しつ.? J いひ K く 

リャ アド かや.. -ロ nr に、 gi々IKii; を 言 送る、 

t!".. し -.Li ±1 S め ぢ たど -ー、 ち なリ とさ, 

r,? き T 游を iS きながら、 ^!!夕地を迪る心地也。 時々 

«./- ^ f / 、-リ ふ い ち い V- ュ-っ 

^^のせ 友よ リ、 不《5^に注意を{^?くるにぞ、 せへ 

せ はッと 我に If^ リて、 さて しく 其問 に應 

, しつ.?, > たに 

せむ とする に、 ほ 問の 何た リ しか を、 うか/、 

聞:: S し i? る なれば、 更に 答. ふ る 術 を ,55 、りず 。 心 

^して 問 ひも: さで、 唯-, S のみ * うた リ、 K し 

て 俯向く こと 頻 なりし。 

,i 力 ひ ^く^ し けん *u 一 、つち す. r ぐ 

其:! I は學 期の 験なる に、 殊に この 一致? 化會 

レ、 , » .\,〔 さ つ ちう 1^ うく わいた う 4 んナ * 'し 

に したる、 東京 S 巾^. ^^より、 (且^^ 一 

ク i^Ti^ , めい, ? V す,, ぶ- r ゐん S でつ めい やリ i: ゆん 

名 牧師 一名、 * に^ lts;_s 三 名、 折から?. ゆ 

ぶう と : 一 んぅ *-ぶ0 ズ ユ .V ^ 

敎の 途次 わが 校に 立寄リ て、 徒の ぎ 5 ゆ を^む 

こ のと A. 二, う ~: ぞ 

がた め、 此時敎 場に 臨みた るな リ。 

*A.^U fir; つって ふ 

豫 め 其? giw あり-たる ことたれば、 ミリ ャァ 

ドは § の 5W として、 一 徒に を 取, りせ たく、 が- 

つ み づ からも!^^等に 、ぉ の が 生徒の 出条榮 を、 

; iSs らむ ずる!.:^ も ありた るより、 一; 週 問ば か" £j 



ゼ. ん . * い *キ> よ .. 一. t; >^ 

前よ リ、 あはれ 成^の かれ かしと、 組の 者 一 

つ tn- かへ そ 0..^ ね 

統に、 緣 返 し く 其 旨 を ぞ 含 ま せ た る C 

* 一; f<- つ よ ユカい へ *i よ _.- 

特別に 予を其 家に 招きつ V、 好き 兒ぞ、 かま 

, 丄 ,一ん, £ ^£ ちんみ Hi *、らっ ビ 

へて 仕 招すな、 いと^ 少き 御身の 榮は、 珍 i みに 

は で こと 

對 する わが 淤 手な リ。 あしき 事に あら ざがば、 

い 一, i よ ク-ン し かみ はる け ぶ 

聊の私 は, 神 も 許した まふべ しとて、 今日 

一- > へ- ひ "でう ち,, 一- ノ - つち 

ゎれに^^_むべき、 倏の 問題 を、 あらかじめ 打 

明かしぬ リ 

キ- ひと S や- -U 一 さつ くれ ノレ へ. リ 

ー-^13 力 は 人に 讓、 りじ を、 殊に ー册 の. 5: 話篇 

よ リ , 難易: 取 交ぜ 拔き 出して 敎 へ 、しれた る こ と 

た ば、 心 易く そらんじて、 もの 、數 ともせ ざ 

, > i<. ち の、」 くち. >- し ? *づ 

りしに、 さ £ の 市に 罵られて、 口 情 さ、 あかし さ 

苦 13 の 枕に I. り ざり し、 昨夜の 今、 がの ことな 

るよ リ、 & にも あらで 茫然と、 あらぬ ことのみ 

一つ-も つ r ,>£ み >y とき 

思 ひ 55? け、 今お のが 身の いかなる!^ 所、 の 時 

うち,; す さ み 

にある かさへ、 打 忘れた る ほど なれば、 然は H5- 

t る しつば い ひと 

苦しく も 失敗して、 はじめよ リー つと して へ 

•1! たる はたか リし な りけ り.。 

一 か- .i??,? 、 S*. 、な む! * くる -f ち i 

頭重く、 耳鳴りて、 胸苦しき 身 を 持て 餘し、 

一 き』 HIJ た e 气ム リ 5 ふた , つむ v.-fc 3. 

一 氣 を-取ぬ す 力 も 欠せ て、 再び 眠らぬ 11- を ぞ视た 



る。 卓子の 上 を こと.. f\ と、 三つ 四つ 忙しく た 

たく 省して、 妙なる 薰の腦 を 刺す に、 ふと 心 着 

きて、 面 を 上 ぐれば 、ミリ ャ アド 立ちお た リ-- 名 

よ, おう たび かさた ん に こら 

を 呼ぶ に應ぜ ざる ことの、 度重リ しに、 渠は堪 

へで、 予が 前に 來リ しなら む。 手に せる^ 筆の 

軸 を 返し 一-、 卓子 を 打ちて、 驚かせした; y。 

予を :M た る H に怨 を帶び 、 激 せ る 額 を 璣とぁ 

かめ、 

一 何 をして、 何 をして!」 

こ- k 、一 つよ ,w V a, n7 i 

と低聲 に强く 戒めぬ。 客の 臨める 席 なれば、 

え, にか す こ -£ 

仂な く は も 叱 、りず 、 小,' し く聲を ふるはせ つも、 

一 5- の英認 を予に 一ん? リぬ。 著し^ に譯 すべき 

たり。 

予 は 其 泡 し た る を a- て あわてた わば、 さ 1 で 

カー; か, r f>^ 

難解し き Si にも あ、 り ざリし を、 行詰りて、 (我に 

* & へよ 一とい ふまで は^せし が、 の氍 たる 物 

の な ?. *J よ?. 一 

品の 名 を いかに もして M: する 能 はず。 恐怖と、 

V 化- 5L- まな-」 、 かほ 

惭愧の 眼 を 以て、 ミリ ャ アドの 顔 を瞻リ しに、 

v£t!J5 し >ーも 

女^ 師は聲 を ひそめて、 

あ, か ち ひ ち ひ 

一. fl5 いもの、 小さい、 小さい。」 

くちば 9- B よ *rc, 

と 口早に 敎へ てき。 ら たてき 予 をば 憐 みた 

る, 梁が 心 を 汲み 知りぬ。 

一 あせる に 耳の 熱く たるの み、 た ほ 答へ かねて 

i 酜 する にぞ、 い ひ效 な し と や ミリ ャ アドの. も 



ろと もに t まき 込み つ X、 

ち ひ 5 つ: も. A ちか 

一 小さい、 美しい、 赤い もの、 赤い もの。」 

. その... ivj* しふ むね 

f これほどの) と 其 形 を 示し て 、. 胸なる ぼたん 

, ひとし : » や,》 

をつ まさぐ れリ。 人知れ じと てしたら むが、 來 

わく がくせい ひと 二,, た ひとみ 

容も學 生 も齊 しく 此方に 瞳を灌 ぎて、 なかには 

笑 を 含む も あるに、 ミリ ャ アド は おもはゆげ に, 

■5 み-に 

密と あたり をぞ朐 したる。 

予は おぼえず も を 放ちて、 

「根が けの 珠。 一 

わ;; 1.*. つし 二な どうじ 

と たが、 り 調子 は づれに 答へ たリ。 同時に、 

ど 二 せう せいお-一 

哄と笑 聲起リ ぬ。 

ーネ ツキ スト!」 

rAi- 卜る ど とひ おく きつ 

とー聲 鋭く、 ミリ ャ アド は 問 を 送 リ て、;^ と 

よみ め- 20 r き な. fk- た- * 

予を 見た る H の 中に 一 滴の 淚を湛 へ たリ。 予は 

ふた >- び 仰ぎ 得ざリ き。 

ネリ キス ト とみ いち 

隣席なる 富の 市 は、 すまし か ヘリて、 

い <Mj くだ 

「^を 下さ い!」 

とそ を譯 しつ 0C すと ろ ベリい;) の 語な リ しょ。 

神 婢 

. -- へ じ お X へ と- 一ろ きゃく さま 

「こ、 り、 新 次.、 起きん か、 お „g っ虔 へ.;? 〈< ^接 



だ, 



v-t- へ、 とつ 1.J ん ま 一- ォー I- と s 

iSS です、 父 上、 遊びに 来たの なら 歸 リ ませ 



お たい? そ 

一む \ 、起きる のが 大儀 かの。 いや、 其まん ま 

で 逢ったら 可から う。 油斷 のなら ねえ、 おい、 

しんそ ひとり たつ さ おとつ さん 

新 姐が 一 人 尋ねて 来たんだ" は 、 、、 乃公 はま 

ところ き おも 

たおれの 虎へ 來た のかと 思ったら、 大常 はづれ 

鲁 

、よ ヽ .H >f \ 乂 o」 

_t んき たか わら ひ こ 

と 11=- 氣 よき 高 笑、 兒の^^をば慰めむとて、 

さ き 

然 は氣ぁ つか ひした まふ た る ベ し " 

よ なか きか へ 

予は 牛ば 起返リ ぬ。 

やん た ど. d 

一え、 女ッて 誰で せう。」 

なに . なん ひと rti ブ- かう 

「む \ 何よ、 の、 あの 何の 人 さ。 お前が 學校 

ゆ とも たち «. そ 1*, メ £ 

へ 行く はじめに、 朋達 がそれ 耶蘇へ 入った が 分 

まい に1 りみ ち V* ちぶさ い ザ 

ら ねえと かいって、 :$:cSl 一に 待 伏 をして、 め 

1^? そ 力 じ ぶん -ョ 一- した 

るって、 おって 05 たつけ の。 其 時 かから 袖の 下 

ふ if -っち おく き 

へ〕 K つち や、 家まで 送って 来て くれた、 それ あ 

そくはつ ゆ べっぴん しろえ り n け ;, i,- 

の 束髮に 結った 別 嫁 だ。 な、 .m 襟で。 武家 方の 

ちょち-つ II rC しん み りん 

女中が 御 維新に なった とい ふ 身の、 凜 とした、 

"やみ な 

1^ 味 S 無い。」 

おとつ さん tC 'ち ね 

「あ \、 父上、 それ ぢゃ ミリ ャ アドの 家に 居る 

みさを ひと 

挖 さんと いふ 女で せう。, 一 

お な,? かま 

一 さう かな、 まあ そんな 審だ らう。 何でも 構 ふ 

こと は 無 い、 寢 たま、 お 目に 懸る とする さ。」 

8- *<ら<? と < ?-ー そ R ひと 

良 ぁリて 枕頭に^ りたる は、 果して 其 人、 

みさ- W サン 1!'.' スク, ル け. し ひと 

操な リき。 日曜 學 校の 敎師 なれば、 人 あっか ひ 

はよ く 馴れたり。 見る ょリ なつかしう 笑 ひかけ" 



て、 はや わが 額に 手 を 加へ、 忽ち 頃 を 打. 聲め 

ぬ . 



, しん ねつ づ t-- つ い 

「新さん、 熱が ございま すね。 お 頭痛が? 不 

可 t せんね え。 學 校へ もお いで ぢゃ 無い さう だ 

し、 ミリ ャ アドが ね、 大 じて:! W るの よ。 御 

^ 氣 は?」 . 



一 風邪 だつ て、」 

操 は 額 き、 

「ぢ や、 まあ、 ね „ 

う ご -.3 いま, i, ッ さ 



です が 夏の 風邪 はしつ ッこ 

. お. さま 

お 醫者樣 は?」 

「大した こと はな い ッて: 一-一 "ひます。」 

せっかく だ:; じ S t 

一で も、 折角 お 大事 に た さ 、り な くッ ちゃ 不可 ま 

:-ノ か う 

せんよ。 學校 もお くれます わ。. 一 

r 僕は最 -っ 學校 に は 行きません。 」 

み W を かつ. ! I I; 上 

操 は豫て 期した る 如く、 

ユカこと じつ か はリ わた レ 

「さあ、 其 事で ね。 實は ミリ ャ アドの 代に、 私 

*T ら き ご び やうき ^ん にん 

がお 怨みに 來 たんだ けれ ど 、 御 だ か ら勘 忍 

し てあげ ませ う。」 

と いひ かけて 微笑みながら、 

「ミリ ャァ ドも ね、 新さん、 學校を ひ いたのよ。 

な 4- な e L ん あんま 

何故 ッて、 何故 ッて、 新さん、 あなたが 餘リだ 

*- V A, 4 るて 

か 、し です わ。 ミ リ ャ ァ ド が 如 彼 見え て も、 宛然 

子どもなん ですから.;;、 こんど 来た 官: 敎師 に、 

ひどく 新さん の こと を 御 自慢で ね、 ま、 さ んざ、 



29 ) 



お 弟子の 炮氣 をい つたの。 而 して 御 目に 懸け ま 

2 し けん V や 5 つ だ 

せう、 御ぬな さいでも つて、 試驗 場へ 連れ出し 

ところ しん あたた ひ 

て、 こ、 でと いふ 處で 新さん、 ま, 貴下 あの 口 

は 何う したと いふんで すね、 私が 開いて、 f さへ 

口 かった わ" ii: をう つか リ して 在らつ しゃつ 

たんだ か 知らたい けれど、 ちっとも 身に 染みて 

下さらない でさ、 もの をい つて も 間き つけ もし 

ないで せう。 

§ み ゆ ーめ なた 

^ら なくなつ たと!! 5j えて、 傍へ 行く と、 赏下 

がまた ひどく とちって さ。 どぎ まぎな さるんだ 

みゐ * H い 5 つ わたし ぉ,? 

もの &、 見て 居ても、 可哀相で; 4 も はあ^,, \ 思 

ゐ ひ ちう 

つて:: W た わ" ミリ ャ アドが また 屮 にたって、 

J ほ S はし ,5.- し ごじ 一^ き ^rt 

そつ i S3 廻に 敎 へたで せう。 御 自分 は氣 が上づ 

ひと キ-こ みん キ- 

ク るから 人に 聞えない つもりで も、 皆な 聞い 

ゐ じ At 

て 居ます わね。 それでな くッて さへ m 分より 年 

上の 生徒に も Q つ- J いはれ ると、 いつでも t かし 

がって、 杠 くなる 方です もの。 依估 晶 で、 し 

し t,,> け .<.- し はつ .5._,_> 

かもね え、 試驗 とい ふのに 敎 師のガ から 敎 へた 

んぢ や、 あとで 餌が あはされ ます ものです か。 

ひ かへ しん あなた i- つか. J c.- ろざし 

あの ロ歸 つてから、 新さん、 貴下が 折角の 志 

く べん くた に ちな 

を 汲んで 勉强 をして 下さらない ッて 一 B 泣いて 

居ました つけが ね、 でも、 何う ぞ、 あの 日 は 貴 

*.-』 2 5き 一 

下が 氣 だった のであって くれ X ばい、、 ほん 一 

とに あんなに ものが お出来な 5 ら なくなつ たん 一 



なら 何う しょう ッて、 さう いっち や 案じて 居 ま 

すよ。」 

みさを て いや, はや よ くち は k 々リ 

操の 手 は 逸早く 予が ロを蔽 ひたれば 折から 

ち 01 く S ち. - こ- -ろづ 

茶 を 汲みて 來 合せた まひし、 父 はさり とも 心 着 

かで、 

しんじ > きび ー よ お _ > あいそ 

「新 次 吸 子 ごと 置い とく ぞ。 えん、 お 愛想 も 

ございません。 &茶 でもお あがん なさい。」 

む .VKV ゆく い ざた 

と 無 « せ 5 に 言 ひすて >!、 はや 座 を 立た むとし 

ひら せき た V 

たりし に 開きて、 席 を 正して、 

なた しんさん わと, f さよ しみ..;^ ご あい 

「費 下が 新樣の 父上で ございま すか。 染々 御挨 

さつ .iii そつ さいく じで ゥ 

拨 もいた しません。 あの、 大層な お 細工のお 上 

f か 力.^ ひと 5 けた モは さっそく 

手 だって、 豫.々 人から 承 ります。 raj. 速で ござ 

かん ざし ぽんう "た 1* E 

いますが、 簪を 一本 打って 頂く わけに は參り 

ます ま. * 力 」 

ま めだちて いひた るに、 父 はいぶ かしきお も 

もちな リ しが、 極めて まじめに、 

ャ ゾ かん ざし 

「 へ い、 耶蘇 も 簪 を さします か。」 

- 

「まあ。」 

ご ひいき 

「また、 御 轟 炭に。」 

ち. • た み a を は いろ 

. と 父 は. 立ちぬ。 操 はとい きつき て:! li^ ぢ たる 色 

ぁリ。 

しん i あなた 

【まあ、 新さん 飛んだ こと をい つて、 貴下 をお 

な i ま わる ところ おとつ さん S で 

一 位 かせ 申して さ。 間 の 惡ぃ處 へ 父上が お出 遊ば 

_ した もんだ か、 り、 つい "を 繕 はう と 思って、 



I 一、 ろ な せ わたし *i=- ^ 

心に も 無い お 世 1^ をい つて、 あ、、 私、 極が I 化 

いわ。 可う ござんす、 と 打って 頂きます から。 

じ :>ん み 《 ひ さ 

で、 ね、 ミリ ャ アドが 自 かで 見舞に 來 おいんだ け 

れど、 どっち かとい へ ば 叱って あげる! §la な § を, 

こっちで わけ * 

此方から 出かけて 行く 譯には ゆかない から, お 

みま き さう しん 

まへ 行って 見 一 舞って 来て、 而 して 新さん に は、 

わたし たい ュ ゐ - 

私が 大層 怒って 居る から あやまつ てまた 遊び 

においで なさ いと、 然ぅ い つて 來て吳 れろッ て、 

ことば あなた 

ミリ ャ アドの 言 華な の。 そんな に 貴下 のこと を 

おも ゐ がく か rt- 

思って 居る のです からね、 學 松の こと はと も か 

くも、 會堂 へ は あ ひか はらず 人 らっしゃ いよ、 

よ、 可う ござんす か。 あれ 男の .1 に。. 一 

fo うへ よ 4』 S W > 

枕の 上に うつぶし たる、 予が背 を 優しく if い 

なで つ V、 

しん ご ^:>^ » なた 

「新さん、 御騭 なさい、 ね、 ね、 これ を、 貴下 

にあげます ッ さ。」 

は た そ;! ft ひとま 50 » か ち ひ 5 つく 

早 や 黄昏の 一室の 内に、 がく、 小さく、 美し 

ひと な 3W み . いちご も こ 

き、 人の 情の ほの 見 ゆる、 ^を 装り たる 一個 

の-籠、 添へ たる ミリ ャ アドの 手紙に いふ 11 ^ 

? 4^ こ-ろ ふた. - な わす 

らしき 學 生よ、 心して、 W び 此名を 忘れな せ 

そ —— 

はなれ 駒 

はし たんと たむろ . - ■ , 

橋の 抉に 屯した る 一 群の 少年 は, 十六 七 を 



( 30 ) 



(卷 之 :r) 



.A しら むつな、 8 つ b- つ と, 一 

頭と して 六 歲七歲 八 歳ば かりなる まで、 棒 を 取 一 

ゥぶて L- ダ- vr? ひ じ 5 9 つん > 5 ^に- 

り、 澳を 握り、 或は 砂利 を摑 みな どして、 何 を- 

<^/r\ の 、し よ す.^ よ ま, かま 

か 口々 に 罵リっ 、、予 が 近寄る を 待 構 ふ。 

か,^ ら れい ごと くわい. た-つ ょキ; と つ 一 

渠等は 例の 如く 會 堂より 予 が歸途 に 就く を 



要せるな; 



^z.ffA ちくば と I s せつが ピ , ,•:. • 

近隣なる 竹! fl? の朋 の、 嘗て 小學 にあ リし時 . 

せき な みたよ ぐ わいじん を 1;^ へ 

席 を 同じう したる やから、 皆予が 外人の 敎を 

う 卞り スト!; 5 くわいだ う かよ > い > か, く- 

受け 某 脅 敎の會 堂に 通 ふ をば 忌み、 且つ 憎む 

ひと かた て つ V い * ほ > かげ のぞ 

こと 一 方なら ず、 面に 唾せ む 勢 もて 影 を 望 

f お すがな み ^ち ふさ てう 1* はに 

めば i を.; Si ひ、 姿 を視れ ば路を 塞ぎ、 嘲罵の 果は 

つ がい く は つね よ ぶか 

棒ち ぎ リの害 を 加 ふること \ ほなる ょリ、 予も深 

V 'うい ひとつ ま € ひさ おもて 

く 注意せ しが、 一月ば かリ 引籠リ て、 久しく 外 

S わす ゆ VC 

に 出で ざリ しかば、 忘る、 ともなく 油斷 して、 

3,vs .^ら で 

料らず 渠 等に 出 あ ひしな リ。 

予は 進み かねてた めら ひき。 

それ み <^^A\ 

其と 見る よ リロ々 に, 

こし A け t- しぬ け しんじ しんじ は T つけ 

「睽抜 や い、 腰拔ゃ い、 新 次の、 新 次の 磔 や 

ここ さみ - つへ J.I ャ 7 しんじ 

い、 此處 まで 來て 見ろ 上 杉 や い、 耶蘇の 新 次の、 

ばか i » け よ .P ひし 

馬鹿の、 間拔の 蟲ゃ い。」 

いひな し 5 う ふ >!A 一 A ムく 

言 駒れ たれば、 S? 欲の 如く、 いつもの 文句 を 

f ふし つ ej. み、 た ft 

一同に 節 を 付けて ぞ想 しける。 耳 馴れて は 居た 

くち i し ちか リ おも 

れ ども、 さりと て はロ惜 く、 腕力 あらば と 思 ふ 

はし たち にらま つ よこ 

のみ。 橋の こなたに 立す くみて 晚へ 詰めた る橫 

あ ひ あぶら 3 I. う < 

合の 油 .ii 小路と いへ るよ リ、 わつ とば か リにー 



吶喊 を&. げて、 ばらく と 七 八 人、 驚 破と 05 る 

ま つき む たい つき 

間に 突 あたりて、 どんと 無體に 突飛し ぬ。 

よ 5 しろ 

予 はた じ-/.,^ とよろ めきつ、、 こ は 後より ま 

まへ てぎ ひき tjs «• きわ 

はりし ぞ、 前なる 敲と引 挟みて いかなる 憂目 を 

みし , おも *<な こ W へ f 

見せむ も 知れ じと、 はっと 思へ る 眼 を 遮リ、 

あや ふ W >5 ふす き つく .2.-5V 5 

危 くも 鼻 頭 を 3^ めて、 木 もて 造れる 持 遊びの 蓬 

i は ひらめ わ づ1,, み かは 

刀の 刃の 閃きし を、 緣 にはづ して 身 を 交し、 

右手に 摑 みて 力ま かせに 八つば か リの兒 の 持ち 

そ if- なた あ 

たリ ける、 其 薙刀 を ひったくれば、 萆 を 揚げて 

泣 出せ リ。 

さ ん な 

「や あ、 三ち やん を、 泣かした く。」 

「なぐ ッ ちま へ 磔 め。」 

ち く.. * 5 

「畜生。」 

* 一, *j するど た;; it ジ も t ざ を.? 

と萆銳 く、 誰に か ありけ む、 いと 長き 竹椁以 

めった -っち め 

て、 滅多 なぐりに 打お ろす を、 01 も肢れ たがら 

? み t,^ うけと え あの 

思 はず も 眉間の あた リに受 留めた る 獲物 はもろ 

くも ホッ キと 折れたり。 

ほ キ- 4- ん- よ. 3 

吻と氣 落せる 前後よ リ ひたく と 寄せ 合- フ 

さ いう か- 一 と. ui つめよ 

て、 左右 を闻 みて 取卷 きつ- 1、 じリ くと 詰 寄 

て あし 力, ひ しぼ 

るに ぞ、 手 も 足 もぐる くと % 詛の繩 に 縛られ 

S 、ち み うご つ > た . 

て, しめつ けらる、 心地して 身動き もせで 突立 



つたる、 舌 硬ば リ、 唾 かわき、 拳 を 握りて わな 

ナけほ み かへ もとま かた 

なきつ も、 助 欲しくて 見返りた る、 元来し 方に 

J*. •「》 S ひと 

鰭 爪の 一音、 人 こそ あり けれ、 ミリ ャ アドが、 ! 11。 



さい 一 JS た C ま よ, l.t>.to ゥ * S 

歳 駒の 逞しき に橫 i にぞ 乗った リ ける。 裳の 裙 

♦set 5 プ た ち ずれ -ot 

life く 建 を 塊め て、 垂れて 地摺 になる ばか リ、 薄 

にち- シ r ふく か はかぜ さつ な; S み 

色の 日曜 服、 川風に5^;と靡き、 た を やかなる 身 

か る ,、 も くつ わ ひ し, つか -っ 

の輕 く、 雲に 乗る かと 春 の礬、 もの 靜にぞ 打 

つたり ける 

» た 5 » f ^ き 

「や あ、 女 唐め だ、 女 唐が 1 た、 来 やが つた、 

來ゃ がった。」 

せつ ねんら -l*s,t\ > よ もち s 

少年 等の 聲々 や、 予は 忽ちに あびせられぬ、 

こぶし いさ 一 J 少さ あまつ まるた あし 

拳の あられ、 砂 の 雨。 剩 さへ 丸太に 足 をす く は 

よ-一 * つめた * ぬ つ. - , 

れて 、横 だ ふれに なった る 身 は、 冷き 衣に 包まれ 

あ も. -か て いど あぜ 11 ぽ 

て、, 溫き 手に 抱かれぬ。 ミリ ャ アドの 汗 を较リ 

f, なし よ l£ に はか す さま 

て さも 悲げに 呼ぶ 聲せ しが、 俄に 凄じ じき も の 

おとして、 や V あ リてひ ツモと なりぬ。 I 



眼 を ひらけば 蝙蝠 一 羽、 橋の 欄干よ リ銜と あ 

ビ :;ろ しろ - 

ら はれて、 ひらく と 柳に かくれ、 瀨の 色白く _ 

じ?. 6tj くら 



^ こなた きし に にん v/rf: 

I き、 此方の 岸 を 五 人 七 人、 をめ き 叫んで 

しつ. 15 きし tx! tj£ すなけ ぷ り た 

疾走す る、 むかひの 岸なる 放れ 駒の 砂烟を 立て 一 



てかけ ゆく を, 川 を 隔て 

? は .2<ゴ<1 い くら 

る 山の端に、 薄 H 出で 、暗 かリ 



; 懸げ 行, 



! 上な 



留 ^ 

モ 5 べつ . ュる すま ひ . -2 ゥは 

ミ リ ャ アドの 送別 は、 其 住居に て、 い と 内 端 

よ は 5- わ ひら 5- ひ よ せつ ねん.; 0, 

に、 世 を 撣リて 開かれき。 先の日、 予が 少年 等 

, るし すく モ のと やの 

に 苦め、 しれし を 救 はむ とて、 ^.3時乗リすてたるー 



か. - i よ. r» ^.s ごと つ > やて ^-c.o 

渠の * 馬の、 雨の 如くな リし^ に 驚かされし 

を、 取鎮 むべき ミリ ャ アドの 手 は、 予を ふた 

-^5-^ く 10 5 とォ はし 

め塞リ たれば、 した、 か Jii ひて 離れ 去る いむ、 端 

ひとり ? C に げ おく に け 力 

なく も 一人の 小兒 の、 1S1 後れた る を敏貌 して、 

ふべき 怪我 を 被らせぬ。 

ひ K いし 5> ? よ ひと く. 1^5- 5 い 

被害者 の 親 は. * き 人に て、 さまで 苦情 を 言 は 

ぐ わい け. にく .5^ しか せいさい 

ざ リ しか ど、 外^ を 憎む 者の、 然るべき 制裁 を 

*.>ん た. 1 つく v-f; S 

加へ むな ど、 阐體を tJI リて 騒ぎ たれば、 然らぬ 

こ-, OH.C ふ ち-つい < 

だに 心 弱き ミリ ャ アドの、 お の が 不注意 を 悔い 

i ひと ふ かう あ S し 1J-5 しつ iv 'こ」" 

恨み、 人の 不幸 を 一: S? 傷して、 一室に 閉籠リ て、 

こ おもて い ほ テ— ブ * かみ いの リ 

掌 に 而を蔽 ひて は 卓子に うつむきて、 神に 祈 

-;; - 3 Lf 一き t 

を 棒ぐ るの み。 食の 細る まで わびた るに ぞ、 恁 

ひさ . - 一力 i; ん. ^う がつ 

て 久しから むに は、 其 健^も いかなるべき。 a 

こ- * ろ うらみ ラ ジ なん し-で 3 

や 、 心た き 怨 を 受け て、 非難の 街に あたった 

み うへ きご.,) き-, やた-つ ^^o>_ 

る、 身の上 も _爱 慮 はしく、 黨の怒 解け ざれ 

ば、 布敎の 上に も 害 あらむ。 かたぐ 身 を 退く 

.L ズぶん さく ひと 

こそ萬4^の策なるべけれと、 人の す 、めに ミリ 

け, 5- つ と、 ^-:んじっら,.->>-っひぅ 

ャ アドの、 さはと て 旅装 を 整へ て、 前 n 來逗ぉ 

, ^ハ! ?し かう .V 一一と ひ? かへ つ 5.; ど 

したる, 穴 敎邮の 一 佇が、 柬 都に 引返す に 連立 

I じ?, み 5 さ-: よ ft 

ちて 上京すべく 定めし なれば、 世の 聞え を 

は 5- か つ. /ま 

リて、 慎 しげに た、 むと せした リ。 

き いと 多 かりし。 

年 來布敎 に!^ 瘁 せし 其に は 何の 效も なきに、 

な ごリ *c .ひね£1 ひと ふ > 

せめては名^§!を^まれむを、 胸 狭き 人々 のた め 



に、 幾" かか、 否、 お 幾 のみなら む や、 市 EiT に 

たい け 5 くわい と,. ば-つ ほごん ち 

對 する 敎 會 の 德望 は 殆ど 地に おつる ばか リな 

リ など、 ti の 一方に くぁリ て、 憐 むべき ミ 

>-,SI も. 3 すく 

リャ アド を 難ず る 者 少な か、 りず。 

さらぬ は 不運 を-もす るの み、 渠を 祝す る もの 

し を-, \ S/. かた 

あらざる にぞ, ミリ ャ アド, P 悄乎 として 客に 肩 

身0抉げなリし、^?|思の身には誰がせしぞゃ。 

ことの 起は予 なる もの を, と予 はも- ;} いふ さ 

ひかへ 》 た _v ひと V. ほ み £li 

へ 控 目に、 唯 人 額の 朐 されき。 

とみ いち ざ ひと-ニー へに 

富 の 市 も また 魔に ありし が、 一 一一 In -ど もパ又 さ 1- 

る、 予を いか にして 聞^け けむ。 

「や、 ご 

うそ ふ ごと そら あ ふ 

とい ひな がら 嘯く 如く .g- 二 を 仰ぎ、 

ちかごろ ど ゐ と けい や こ 

「近頃 は 何う して 居ます ね、 時計屋へ も來 ない 

r. し と こ 

や うぢ やが、 はュ、 \、 うだね、 ちと 私が 家 

, ま 一- き, き SX. ぅケ :•, るす V- ひま 

へ 遊びに 來 なさらん か。 八.^ 曜 HI は 午後から 隙 だ 

一 からね。」 

よ a 

予 は き 、も あ へ ず 席 を は づ し つ C ミリ ャ アド 

け しでつ ま つ V . たいす キ KJ 

が 化粧 の ill- の 冷き 椅子に た ふれ か 、リ て、 (金 

えう i.- ひま ,- りか、 よ-.. み 

曜: :! は 隙 だからね -と緣 返し つ 、切齒 をした る、 

ひし >」 t に しの 

蟲齒の If. ふに-つづ き 出で V- 、 忍び がた くな やみに 

r おや、 新さん ご 

と かた みさを si;i ? 

$: の 方より、 操 はっかくと 入^. fi リ。 入る 



よ V まみ レ| 

ょリ予 が狀を 見て-取 リて、 

「何う したの、 え、 何 かお 13^ にん、 りない ことが 

あつたん ぢ やない の。 ミリ ャ アドが 等ね て 居 ま 

ち かた ^ はい さ つ しん 

した。 彼の 方 も tns 私 相です よ。 せめて 新さん が 

き けん か は み こ- 'ろよ 

機媒の い > -颜を 見せて、 快 くた I して あげて 

くだ 3 つら い いやな 

下さいな、 ね、 此方へ 人ら つし や い。 ぉ婚、 何 

g に いで V. 

故? え、 齒が i むの、 そり や 不可ません ね、 

» -っ V" ひ ハ みつち き 

あ、、 暾 をな さると 可い、 水 を 持って 來 てあげ 

ませう。」 

ハぃ る い ゆ ,v 

氣輕 に 出で、 行く、 引 1;^ へて ミリ ャ アド 入リ 

キ-た 

來リぬ G 

ri^ が むッ て。 さう?」 

一 み ^た IJ と wsa よ み 一一る 

其 身 も 疼む か の 如く、 眉 根 を 寄せて 身 i-J^ ひし 

かみ ils ヒリ ね ± よ 

ながら. ®, にさした るお を拔 き. 取リ て. チが 

に 手 を かけつ、、 むかひの 壁に か 、リ た, Ni 

麥見を 仰がせて、 

it- くち 

「口 を。 口 を ご 

といた はリ いふ" 

一 「あ.: 丄。 J , . 

i とば かリ 指の 先 もて、 I 痛 を 示して 齒を 開き 

ぬ" 

f ぼ 5 せ わ 

「廿 いもの をた ベ るから! 1? や、 世話 を やかす こ 

と。」 

一 ミリ ャ アド は 咬き て、 水 の 如き 睦 を 寄せ 、, 



C 32 ) 



C 33 } 



i- ね • ■ わ ひそ に 5 さき は 

根を皴 めて みつ、、 針の 尖 もて 齒 の-つ, C を 

危げに 穿り くれしが、 

た ほ V,nvi5 ぶ 

I 治リ ませう、 大丈夫。」 

K-fe も-いろ き はん けち 4! リ さ 

と 微笑みながら、 桃色の 緒の 手 巾に、 針の 尖 

をつ と?,; g して 押 拭へ る を、 予が 着た る、 衣 もの 

•Jin- .SJ ひつ 

の 襟に isi〈1s けた リ。 

い 一二 とさ 

「あげ ませう、 これ、 また か 一む 時。」 

樹 はいえぬ。 され ども 胸の いた カリけ リ 

しん . 

「さあ, (-、 新さん。 一 

とさ みちを コ ゾ -っ て ひき かへ 5 しろ 

時に 操 は ffl 子 杯 を 手に して 引返し、 背後よ 

1,. た 1.- し さしよ み-つ ふく と <v に よ か た 

"W 越に、 差 寄す る 水 を 含む 時 渠は予 が 肩に 

つて た、 *5 かなた おし も 

兩手を かけて、 斜に 彼方に 推 向けつ \、 

一 あなた。」 

と いひて :;11を<15 せぬ。 

ミリ ャ アド は 面 を そむけて、 銜 との きざ ま に 

5L !!.<■ せき s.-s- めて S び i くちびる 

; のばした る、 资石 輝く 右手の 指に、 予は 

ふ ち/どく と V- 化ん 7 な 

を喊 れたリ き、 ^毒 を あ ふぐ 時、 仙藥を It むる 

.V き そ oti 一 に 

時、 いづれ か 其 時のお も ひに 似た る。 

iV 一: *«H し 

影法師 

た MX -tl ?ゾ 

故步と のみ いひ こし、 りへ、 十 一時す ぎ 十二 

じ ごろ , る いへい ふかみ 

時 S !、 もの 狂 ほしく 家 を 出で、、 .Hi£ 水の 前 を 二 

ど ど かへ きた C 8*5 か- 

度 三度 行 返りして 來、 りで は 寐られ ぬ に 權リ 



-ん よ Aa- いち ....i .-• » ピ 

去ぬ る 夜、 富の 市に 胸の 鉍 ごと を^ かれしよ 

ひと 1. に き と; i ゆ S 

り、 ^リ % ぢて氣 Q 咎むれ ば、 再び 行かむ が 面 

ぶざ わ すな みち かう し n ぞ 

伏なる に、 分け て 學び の ??! す さ び て "學 校 も 退 

とみ ,.i <i ひで そ Q 

きたる を、 富の. 1^ の 口よ リ して、 秀に、 はた 其 

は. 1 おも 

母に、 いひつ けたら むと 思 ふに ぞ、 .£ す/ \ わ 

れは 氣っ きぬ。 

,2-1 ひとめ ft. & よ ひ 5:- ユカ ゐ 

is に 人 ru の ありと E ぬへば * .W の 內は其 居 ま は 

あし は-一 IVN や ひと い 

りに も 足 を 述 ぶこ と を せ ず 、 初. I 仪す ぎ 人の. M ね 

ての ち を、 然は密 ■ にぞ 通 ひ し た る 

よ 4r il, き み S る 

はじめの うち は 予が父 も、 もの 好との み 許 

ちわ ふ かぜ ふ か い 

せし が、 雨 降リて も、 風 吹きて も、 缺か さず 出づ 

たが .! じ- や い-つ きん 

るに 疑 ひか、 り. て、 は 夜 遊 を 禁じた ま へ り。 

じ こくく むね <る たち ゐ あがみ もて tJ*H 

時お 來れば 胸苦しく、 起居にぉ.^?を持餘しっ 

も、 心 を 13 えて 忍びし が、 ミリ ャ アドに 別れて 

より は、 いかにしても 堪 へずな リ ぬ。 

父 は!? 邪 ひき, て早寐 をせ し、 寐ぃ きを はか リ 

とい とみ つき 

て 外に 出で. --, 唯 益れば 月の あ" ともなく、 ま 

おも しケ れ -*-<- »A 

た あらず とも S はれざる、 時雨ぁがリの^?1 1 面 

あ ( ごと ,:- り ど-つぶつ たち 

に 灰汁 を 流せ る 如 くな リ。 折 か ら勒物 の 形し た 

る 、一画の 圼ー 雲 の むら く と IS き 出で し が 、滞れ 

つ-.. ノ 5 つ ト-そろ ■ お, .a ミ ち n- と! • 

たる 地に 影 を 映して、 恐し と 思 ふ 間に、 塵 も §2 め 

き-? わ ztxv と い とぎ 

ず^ 去リ き。 これ^ 門 を 出で たる 時なリ 。 

お ゆ か SSS 一-ほ リ よっか- <- か J 

おな くも 行きくて 彼の 大 通の 四角に 懸れ 

A. や- ,ふ じんか の *- した S おと 

る 時、 00 な る 人家 の 軒下よ リ, 璣と 音 たて. * 、 



ちう- レー よ あし iC と お たち 

宙に 飛びて、 予が足 許に 落ちた る もの あ n。 立 

どま ひと. めに ふた あしゅ 

停る に, もの あらで、 一足 二足 行く さきへ、 ま 

よ み-., u ご^ 

たさら ./(\ と さら/ \ と予を 導く とす-る. く, 

三 問ば かリ ともな ひしが、 怪しと も 怪しき に 

みぶ W いひ わ ま わた 

耳 傾 くれば 山お ろしの、 そよ ("と igS るに ぞ、 

こ は 二, * ろ V- そ C お i な 

さて は 木の葉よ と 心 着く に、 其 音 は 忽ち やみ 

け す V- うご か し 

て、 毛筋 も 動かず a 死にぬ。 

あま リぁ たリの 寂なる に、 人 は 咎めね ビ 下駄 

おと おもた ひ.. • け:-か » て マ 

の 昔の 重く 響く を ig: リて、 脫 ぎて、 手に げ 

ナ あし 

て、 素足と たリ けリ" 

ひだり みク- こ 。たび ひだ リ あ *?-t- ヒ^ん たに 

左よ、 かよ、 此度 はまた 左よ、 步 行の 順、 正 

むね . W でつ y> は い-. ナ. 一. W に 

しく 胸に ® えつ、、 兩则の 家の 稳に 似た, 3、 

If たヒ ふかみ す-一 

町中 を迪リ >\ て、 やがて 深 水の 店: おき、 少し 

こたた ほ 

く 此方に 步を やすめぬ。 

こ,- ろ おちつ > ふ と じ かん んが J- そか 

や 、心の 落 翁く に不阁 時間 を考 ふれば、 密に 

いへ い いく レー Vi す おも 

家 を 出で しょ リ、 幾 時ば かり 過ぎた けむ、 思 

ひさ こ 、ち よ いた *• どろ 

へ ば 久しき 心地の する に、 予は 太く 驚きぬ。 

.> で ふた. - ほ うつ , ふかみ 

急ぎ 再び 步を 移して、 さきに もい ヘリし ば 水 

た T ぶってん まへ つ 

のむ かひの 唐物 店の 前に く。 

>_^-_ 二ん す. * $ お 

時に 一: ナ、>? を 流して、 いつの ほどに か、 我が 

すがた み わ J み み うしろ 

姿の: 分かざる まで 閣 となりぬ。 ト兑れ ばせ 後 

バ\ す. *5 . し 3C ナゑ ひろ 7- 

たる: 儿斯燈 の、 近く は 一 尺、 末 廣がリ に 十 ゆば 

かリ、 彼方に て は 町の 幅 一 杯に, 遠くなる ほど 

: ,二 のき こ や ^^- に は :0 .<v. た とほ リ 

蔓リ て、 軒 を 越し、 St 极に這 ひ、 遙か 彼方の 



子 
ノの 
と、 上 

ml 

向 ザ、 
さ に、 

I 大 



f, にな f こ せい^.: あかつき 

に、 笈を荷 ひて 後よ リ來 よ。 成業の 曉ま では、 

しょく わ ふ じょ こ t と は まじ 

食 を 別けて も 抉 助 せ むな ど、 細々 1 百 を 交 へ た る、 

そ やく たが いま r-ij よ 

其 約 を 違 へずして、 八, か く 報知 をぞ 寄せ した" 

ける。 

せつ ねん けっき さかん I 一-つ 一 s-c- しん も --.,J 

少年の 血氣盛 にて、 功名 心の 燃 ゆる 顷の、 

よ ,£- 一 ち- ゆ る 

予 はいかに して かた ゆた ふべ き、 1: よ リ父も 許 

そ カフ た - 

したり。 其 曰に も發 程む とせし が、 心 引力る V 

は 秀なリ き。 

し- こ 、ろ ね ざめ 

將 のこと ぁリ しょ リ、 心ば かリ は寐覺 にも 

よ そ..,; よ-一 5" ほ み み, っケょ つ さ 

通 ひたれ ど、 其 横;^ を 3- ざる こと、 三月 四月に 

r. まっばろ し ゆめ fe- さー 一ろ 

早 やな リぬ。 わけて 幻 か 夢 か を 分たず。 恐し 

か リし山 &の影 法師よ リ、 夜毎に あく がれし 足 も 

9- たつ か みやこ 

留 みぬ。 た. V 懐し さは か はらぬ を、 都に のぼ リ 

果てむ に は. 幾年 を經て かまた 逢 はるべき。 あ 

}., , ひと な Ij リ ^^し 

はれ 叱ら るれば それまでよ、 1 たび 名残 を惜ま 

おも ろ せつ わる 

で や はと, 思 ふ 心の 切た るよ リ、 きま リの惡 さ 

うちわ 亍 Jll-l 一 いう! く 

も 打 忘れ、 ^5^都 へ ^學す と い ふ を か こつけ に、 

うと *C- 】 は! L. きえ J. p-h 

辣かリ し 足 を激ま しつ. -、 消 入る ばか リの思 ひ 

にて、 行く こと は 行き たれ ど、 なほた やすく は 

J はん in..- あ ミリ ひ £<5!- 

入り かねて、 牛時餘 もた めら ひしが, 一足 づ、 

Z かげ い し だい ふかみ £ へ ちか み, 4..- 

小薩を 出で、、 次笫に 水の 前に 近づき、 is な 

る^^燈の光の うちに、 わがが 0; えつと、 ぎよ ッ 

つ ゆ たちもど み ちつ 

として, 銜と 行きす ぎて 立 戻れる、 身は宙 にあ 

なに : も ひった r-lu 

る 何 かの 手 以て、 引立て、 りる、 やうに S えて、 



-rro ゴ よ す i い ナ し うつ,;" 

心^^5けば^^は旣に椅子にliかけ て^向き 

K たリ。 

Lft か は 

^しさ は變ら ざ リま, - 

>ー も VHO み 1-.; -2..,;! IV- 5 

友 古 は: 3^ るよ" も、 仰 山なる 聲 を舉げ ぬ。 

7 め ラ 二 i ? き 一. - 

「よ-? •: これ は 妙? 不思議、 奇的烈 とい ふ 

ぉ入來 だ。 新ち やん、 恐し いお 見限で ござい 

ましたね。 何-っしてぉ=^んなさらな いだら う、 

一一 rs-~ つき し -リ . YJ< かつ 

御 氣か 不知 • それとも 校が おいそが しい 

し. つ , -(HQ 

か 不知 とま づ はじめの 內は おう はさで、 たか 

* 一力 ごろ おく うら 

ごろ はお 象 じで、 此顷ぢ やお 奥で もって 怨んで 

ゐ S ろ いま 

llg ます ぜ。 可い 所へ いらっしゃ いました よ。 今 

> ひで おつが vc* ちう れん.: こらず 

ね, ちゃ- ゥど秀 さん も 母さん も、 ぉ女屮 不殘 

ゆ ゆ が 7 S 

湯 に 行き ました いまに お 歸だ か ら お 待ち た さ 

い。 ほんた うに 留守の. M だから 可う ござ いまし 

た。 

なん んど 《 'ら 

何でも 今 皮い らッ しゃったら、 さんぐ 怨み 

, 、で 55 や S ごみ い ー-- 

を いふと 秀 さ ん が 大 意氣込 で お 出です か ら れ 、 

it た 9 めん 

突然 ぶ つ か ら う も ん たら 面 くら つ て おしま ひな 

ところ Arn ォ H0 «./-r ひ 〈き ひ さ.: だ 一 

さる 處、 友吉が 一 番御 *s 貭效と い ふ ので 裏切つ 

おちつ なん モ 

て しゃべります。 まあ 落着いて 何でも 其のう ま 

で いま .20 か,; が お 

く 一一 一一 C 譯 の 出来る やうに 今の 內考 へて お。 まきな さ 

いまし。 可う ございます か。 

* ヌ k ひと せい 

ぉ符 ちなさい、 それとも 先んずれば 人 を 制す 

はこ おく, C! とも 

で、 かう やって ト:, S のうら へ 隱れて 居て、. i;;- さ 



さかや くら りば くぼ まつ *f „ 

の はづれ の、 洒 の藏 を^うた る, Ig; が 松の^ 

» 5 V> つ ほ かげ 

にて、 ^朧 として 消え 失する、 一? M の 火影に よ 

ばく iLS かげ- ノ* ふし そ f; た たつ 

りて、 英大 なる 影 法 Ji の や k 其 長さに 逹 する ま 

や いど ほす- 

で、 さやかに ぞ 描き出され たる 步を、 逸む るに 

したが いしら ほ とん わ V 'ゐ かた はんち でつ あ yo- へど、 

從 ひて、 頭 は 殆ど 我: W る 方より 牛 町 餘も隔 

-ヌ * ち き す W * 5 

リ たる、 其 松の木に? I:- るまで、 法 まじく、 H:^ う 

ぞ つ ii かみ, • 

なる に、 徕 然として かほ を そむけし、 fSif 水の 二 

かい よま し!^ぅじ あ. ろ ほ かげ ノーつ さ ぁたゃ 

階の四間の^£子に、 赤黑き 火影 燈と 射す。 啊_呀 

Aflr- あしす さ し a 5 じ う,、 し, -ー w*c おる",, 

と 一 足 退れ るトタ ン、 

ひと あたま はな 

なる 入の 天窓と、 鼻と 

&の 影の、 さとう っリてぞs^んたりける。 

とみ ,i S どう., - たか 

み :£ の 市よ! と 思 ふと 同 時に、 げらくと 高 

わ.,、 ひ さ い-つ- V ふた z ち 《-s,-pr:. つ- おし-一 

笑の、 左右の へ 二つ の 口 もて 兩ガ より 推 込む 

や-り に閉 えしに ぞ、 あと さけびた る あと は覺ぇ 

ふし-一 こ- ろ おちて 

ず C 臥 i:^ にわれ は 心 づきぬ。 外に はどうく 

ナさま たいう こんお CV ふ しづ ^ -^^ たき おと 

と. じき 大雨 坤軸 を降リ めて、 拾 も 瀧 を 落 

ご上 ね 5i き しば ごと 

すが 如く、 寢着は 絞る が 如くたり き 汗 か、 あ 

ら ぬか、 举ゃ、 否や。 

山 鳩 

ケゎ つと やか I で ジみォ 一 a よ 

• 十二 W 十::!、 ミリ ャ アドより 手紙 來れ り。 予 

? 9 キら .,:■ つ わかれ をし と ま さ 

に 東京 に來れ とい ふ。 嘗て 別 を IE みし 時、 然 

かちつ ? 1 み ふリ かたお ちつ 

はわれ 彼の地に 着きて 後、 身の 振 方 一! S 着きて、 

*i { す た!' なん V- t ね 

こ 安ん ずる ものなら ば, S ちに 汝を 招く ベ き 



( 34. ) 



,- 二、 



ん^ 今と 來る 虔 を、 ば あ、、 と い つて 驚かし 

は 何う でせ ラ。 え、 新ち やん、 しばらく 逢 はな 

^. ひ 5 かほ は 

いで 居て、 久しぶ リで額 をん! J すのに、 た 2>ぢ や 

は 

榮ぇ ます ま い." 

たに ひと 二 か-つ ミ 

何 か 一 @ 向ぁリ さうた んで すね。 お待ちな 

ばか 

さい。 ぱぁも 馬鹿げ て はお もしろ. A 、りず、 ト仰 

向に 寢て おる も變な もの だし、 入らつ しゃい! 

cf^ み V.St A! 

と 此方から いって 見る か。 それ も 道化て W て、 

新ち やんで はは ま リが惡 いた、 お待ちた さい、 

いや、 かう こぢれ ちゃ 思 にあた はず、 さすが 

の 友的大 弱 。 何. そ お も し ろ いこと も あ" ま せ 

> -ダ- ぶん i あ 4.,,- 3- 

ん か。」 と 新聞 を-取 リ 上げて、 三 面 を Si きたが 



「は >- 乂、、 ゐざリ が S け 出す とい ふ 題が あ 

る。 ちと ハ御覽 なさい まし。 一 

とん.. と 二つ 三つ 下駄 ハ齒 Q 雪 を 打 あて 

^.I'.rJ ,wi 一, ヒ たか M 5 t- にき 

て、 人口に 落す ず、 中 戶 を 開く る 饔 する に、 

予 は新簡 もて わが, の隱る \ やうに ぞ讀み If た 

る- 

t こ 《- しろ 

時ぎ * つ 背後よ リ、 

た 二 ま 

「唯今 J 

と 懸けた る 聲、 引緊 むる 如く々 に, -; S みぬ。 

「そリ や こそ や 一 

t, 。サ! - ーム 

友. Is は 仰山に、 



r 秀 さん、 新 ちゃんが 0.1 

一 さ う ! 一 

堪らず あ げたる i き敏 を、 秀は兑 るよ リ 莞 

と: li- みしが、 く會. 釋 して. せ にん "ir 

「あれ だ。 一 



友 吉は首 をす くめ、 

一ね、 新ち やん、 だから 私が さう いったんて さ。 

きん V- よつ とお,、 ^ s; み 

お い、 金 どん、 一寸 奥へ 5b つ て 斥候と いふの を 

I- 1 ン ひ 一 -き し う * IN.- n ご y 

一 番、 是非 こ リゃ敵 を 知つ た 上 で た い と、 m 計 

のめぐ らしゃ ら が な い 。 お い/ — 金 どん、 

金 どん: •• こわ一 一 

一お つと しょ C 一 

小佾は JiJ:^ リ たるが、 しやち こばって、 背," 

す ユー , r ち, (于 つたが 

び をして、 裙は 膝まで まくし あが リ, 諸胺 Ife く 

ふ, t モろ 9- ぶ っゝた 

^^损 へ て か ら棒 に 突 立 ちけ り。 

とも^? 一 さ- ^-te* 

, 友 吉は 呆れ 額、 

「何 だ、 モリ や、 お い、 金 ご 

と 背 を ひと つく、 り はせ ば、 r し た リ と^りて、 

「 へ い \ G 一 

とい ふ。 氣 (たき 返事に 欠 仲 を まぜて 目 や に 

•e. おも ^-. *i とさ 

を搔 いたる を かし さ-. I、 思 はず 笑 を 催す 時、 

一.; 5- さん。 一 

よ ひ 一: おつ ^ s .. 

とまた びかけ た がら • 秀 は 奧ょリ 立出づ る。 

f 店の ね、 普が 湯に it つてお いでなさい ッて、 



母上 樣が C . がいから、 ゆつ くリれ ご 

い H は tSS を さげ、 

一 そ. 4 では、 お S み .S. しませう か。 一 

一. あ、、 店に は 私が lis て あけよう か、 り," 而 して 

もう 片付け てね。 I 

f はい、 では、. 一う いたし ませう、 < などん。」 

一お 鎮樣、 え、 何で 十 か。 はい、 お ん たさ 

い。 一 

「矿 だ、 これ、 けなさん な。」 

ふた リ rlT.V あ. り け た" ら J ぶ ひと C こ , 

一一. 人 は 店の 洋燈を 消し、 声 r 作^の み 一 つ 残し 

ハす こ ,\- に S iv- す ど 

ーヽ 椅子 を ひき: rj! め、 火鉢 をい け、 子 UL を は 

たと さして、 手つ 取ば やに 片付けつ.. -、 

「ぢ や、 行って 參リ ます。 - 

一 さあ-/, <\ -。 」 

と% だし リ つ。 

頭 を斜に 火鉢に 凭リ て、 指 以て 緣を 叩き 居た 

i ち-つ J 一し ? で ひ *,! レ 

る、 予の 前に、 中腰に たリ たる 秀<:-、 火 * に 兩 

手 を かざしつ \ 徵 失 む 效を极 めしが、 や 、合 

みたる 音,? =1 もて、 _ 



新ち やん、 しばらくね。 一 

た?, 

とい-ひたる が、 懐し かりし と 

ひて 

や -r に ぞ^え たる。 秀 はまた 



心 § 



「もし かもす ると 御病氣 で、 こんどお ra に懸る 

f みんな ム 

時 は瘦せ て もお いで ぢ やない かと、 *1 でお 案 



( 35 



C 36 ) 



じ. s. してね。 々も 道々 ■ 母樣ょ ざう:, つて 來た 

の。 =|^<錄 もね え。」 

「おや、 新ち やん。 八、 しっし や いまし。 御機嫌 

よう。 お 娘 樣。」 

一美 津 かい、 かま はないで、 さあく、 K かに 

してお な いと 恶 いよ。」 

-「 いえ 、もうた いした ことで は ご ざ いません。 一 

r て もさ ノー 

一 ありがたう 存じます。 あの、 お^つく =。」 

一 お 大事 li。」 

一 は い 。レ 

な, 

と 立つ。 

一 * 邪な の。」 

さむ <k& しん 

「急に ぉ袭ぃ 故な のでせ う。 ぁ&、 新ち やん、 

ぉ^^ーくはござ いません か。」 

一 いえ。」 

る 一. .f; とう さま 

一 まあ、 おあたり 遊ばせよ。 父ヒ樣 は?」 

ろくさい 

「 总災 です。」 

かほ かほ モ 

^と^との 其の あは ひの、 あま リ近 きにいき 

かラ ,~ 

るし く, ぉもきも,^ にて わが 頭 をお さる 乂 や 



う に 心に 感じ、 ふと 橫むき て 片隅 の 冷き^ 戶 を 

のぞ に tii ぼと つげさ くちばし ひ,5 

望む とて, 一羽 山鳩の 屬 を ひろげて、 嘴 を 開 

tx た は-. ん;-ビ けい 

きたる を飾リ つけたる、 一 個 大形の 柱時計 を、 

今 目 新. 



1- もゾな =ん 

一 おもしろい 時計が あるの ね ご 

「さ. つく, 新ち やん はま だ 知らなかった のね。 

い み まや』 おも 5 

來、 り つ し や つた、 りお 兌せ 申さう と 思つ て 待って 

たの。 あの 鳩が ね、 t-11: の 前になる と、 ひと" 

で に 鳴き ます か に- おもしろ う ご さんす よ I 一 

f 鳴きます つ て、 あの 鳩が。」 

一え、 と、 まだ 時間に はならない, りかね え。 二 

十分、 i だ 十一 時に まが あるり ね" それ で は 、 一 

と 秀は起 て、 むか-つむ さに 時 il^ に し、 

f 聞いて おいでなさい ましよ、 ようご ざ ん す 

か。 J 

一」 V0 じ ばん ちゃう. J ん うご 

手 を ふるれば、 文字盤 の 長 劎動 き て . 

f あら!」 

は と な 

よつ ひで たちよ , 

予は銜 と 秀に立 寄りたり。 

「不 11 だ。 甘 •: 水で 将 へたの が 鳴く のか I を 如"」 

頻に頭 を 傾けて、 予は 其の 聲を 異なりと せ 

ど と リ ゐ 

一 ほかに 何ん な C1? も K やしません よ。」 

【だ つ て: H-SSK し いな ノ 

U 、り や,: 械 です もの、 ぜんまいで、 ち? ん 

と、 か-: '鳴く やうに、 しかけ をして あるんで す 



「おや、 も" 一 1^5鳴かして: :」 

i それで はね、 あなた 背後む いて、 U をつ ぶつ 

て おいでなさい よご 

な g > 

一 何故ね。」 

ひで さ r 

秀は 然も、 もん あ" げに、 

「さらで な いと 二..^ めに は 鳴き ま せ ん 。 J 

i 變 だな。 か-?. :」 

一 さ-つ. や つ て、 さ-つ や つて。 ; ござん 十 力、 

をお つぶ リ なす つ て? 一 

しのびね わら , rti 

いひつ、 忍 音に Jl^ ひしが、 墙 はまた しば た 

きぬ。 

「はてな。. 一 

f 新ち やん、 おもしろう ござんせ う。 妙ね。」 

んだ、 鴻の 



一 i ぢゃ ないや、 分った。 口で い 

ま ね 

is; 〈似 をす るん ぢ やな いか。」 

わた 

一. • 仏 



しくみ いだし ぬ、 - こ は 先の日に はな かリ ッ 



和です ッ て ? 1 

す こ ふ,. み 1,-*! に > 

一 少し 舍聲 で:: 似て る もの を。 一 

I « いねえ" 私が 何う して あんなに 旨く 似ら 

れ ます も のです か。」 

*, ま ... し 

丁 てれ だっても、 はじめの 時 は あ つ ち を.. M い C 

居. て お 鳴か せ だし、 こん だ は ほ を 塞が せて 鳴か 

したんだ もの。」 

なに わたし はつ *i ね 

一 それ は Is も 私の 方で 眞© をす るん ぢゃぁ "ま 

せ ん け れ ど、 鳩が ね、 然 う し な い i 、 鳴く の が 



% -ん 



ん裹 s こ 
m ひ-木き い 
も P ど と 
、の い 
' ラ 
た 
<1 



じ -tv 

、 t 



なき (iissfti^ mw ^y^ m. 
w く 齒" の < 粉 f: の 
柳;; で 小- - m を 宰 t. 

- - ^'- タぶ窓 さ 菜!: 、 : こ' 



ん 化'' 
だ 

紅;^ I' 
口 



や 

湯'。 

± あ 
h'- 



木ョ 
厂ド 



哏 



いや だって、 いふんで す > ^の。」 

「なに、 あんな 木で こさへ たもの が V : 

i だ 

「 で も? t を 出す く、 し ,3 ですから。」 

「そんなら 鳩に、 然う 貴女から、 ロを^!^かなぃ 

で 鳴け とおつ しゅ い。 さう すリ や、 ほんと なの 

か、 喻 なのか、 確た 虚が分 るんだ。」 

秀は 額き て 時計に 向 ひ、 

はと しん まへ 

【鳩 や、 新 ちゃんが ね、 お 前 をおう たぐり 遊ば 

すか、 し、 :H- いかい、 其まん まで 鳴いて おくれ、 

ご しでつ 

よ、 後^ だから。. 一 

鳩 はまた ゆ" きぬ。 鳴く 時、 i!^ はう つむ, きて 故 

|>,カぐち,. と .I で つるで $0 

に 其 口許 をば 兩袖を もて 打蔽 ひぬ。 

「あら! また あんな 怪しい こと を。 僕 は い や 

だ。 一 

「ほ、、、、 何故え? 鳴いた ではありません 

か" 一 

,だって 口 を 隠した から 怪しい、 やつば a 自ぉ 

で 似たん だ。 一 

眞1| になれば、 ゑみ 傾け, 

じゅもん V- 

"これ はね、 :: のラ ちで %文 をい ふの。 ^うし 

isf- ? はと な 

て 術で もつ か はなけ り や 木の 鳩が ゆ? きます もの 

か。」 

「そり や w< 一文な ら, E- いけ れ ど . 自 で い ふ ん だ 

か らは ^ う が ■ な い。 .K てッて も. もつ いけない. 



一 誰が ぼんと にす る もの か。 一 一 

一 うた- -o-!"la ぶん も 一 

: I あれ 疑 深い、 まあ。 ちゃ す. ム ヒ 一分! « 一 

- つと? it きます やうに, 針 を ま はして 5 はいて.; i 、私 一 

: わ たし くち おさ 一 

一 がす ゎリ ますから" あなた; 4 の 口 をお 雕へ なす ; 

一 つ て 在ら つし や いな。 一 一 

一 r 可い かい。」 

「可う ござんす とも。 一 

「かま はない の 二 

r さピ . 

も .-->_ 、、 つ ■ めた ひで 5S んふ 

燥 ゆるが 如き わが 耳に、 冷き 秀の 髮觸れ て" 一 

お.、,.!!,. ひ だ リほ、 かす とま む 4 i 

一 後 毛の ぬれた るが、 左の 頓を ist むる 時. わが 胸 一 

一 は渠が W にて おされぬ。 襟 あしの,:: きこと よ。 一 

も-さ こ ユカ あた 、か くちびる は ......U と i "に 

掌 は 其 ? i き 15 を 早 ゃ蔽ラ たり。 雪 は戶越 

に降リ しきる。 

- 



i 



C 37 ) 



38 




し .& 

5? つたこ つ ちゃ.;.? ねえ ッて、 さ つ さんさ き へ 立 

つて 行 くんだ もの" 仕方なし つ いて 行く とね、 

やん -C. ナ- ひと か wi^ 

も "門め 內は 入で:, つ ば いで iiJh け る や, > にし 

て 通、 しな き やならない の を、 やうく 玄 嬲へ 行 

おとつ S.;: かほ た ふ たム 

つて、 父樣が まじめな 欲で、 i む 、能む て いふ 

I だ ri とりあ にいさん 

のさ。 誰が. 取合 ふもん かね、 兄樣、 あけひろげ 

みんな で rt ひ リ ん 

て もって、 ル!: . かずん/ \ 出 人 をして w るん ぢ 

やな いか。 

: ぶん K A こ ぞも. 

!ー, f 分 も 立って 居る と、 小. SE かね、 そわても 

き、 み なん で 

聞つ けた ものと: :!^ えて、 :w でございます ッて出 

& , おとつ ミん 

て來 たから、 これ だ ッて、 父樣 がい ふと、 

わし だ ?s、 きま リ わる 

笑 ひ 出したん. だ あね、 あ 極が 惡 かった のなん 

のッて * 

ネん ぢ3 うこと おとつ さん なに - つ.: す VI 

紫の 定斷 つた さ。 す る と 父 樣が、 何、 上 杉 

.Jll くさ ま «VJ- み 一一し t- うち 

だって 奥樣 にさ-つ s- して 見なさい、 御水 知 だか 

> 」• ぞう わ 

ら、 ともかく- といった もんだ か、::'、 小 は 八 刀 

つたの か、 分らなかった のか、 其 ま、、 ふいと 

は ひ 

人つ ちまった。 

, ぢょ るつ で キ- ,J 

しはらく すると、 女中が 出て 來て、 w うした 

仁っち い つ 

わけ か、 此方へ お上りなさい ッて言 ふから、 

ふた S S S はか ** U S つ 

れられ て 二 室ば かリ 通った 時、 拷 を.? 1^ いた 奴が 

V s-._,i.!9- たに ちょ", ノっ たづ 

出て 来て、 口早に 何 か 女屮に ¥ ね ると、 はい、 

モ い つ す;/ い 

それ はとい つて、 其奴 を 案 內 してい そ が し さ -ソ 

に 行つ ちまった。 



銀 鶩 

K i £ C w£ に 1* ん な をと, J 

rrk -^、 兄 様に 竹て WKJ よ。 そり や 女と 男 だか 

み ISA .3 

、し、 ちょ ぃと见 れば まるで $1 つ て 尻る けれど、 

第 1 t=i? がそ ッ くりだ も Q。 だからね、 僕 はね、 

g つ ばリ. K 1 さ ん に ._3 さ お .V 

矢 張 母樣 にも て ぼる だ、 V つ と 然う思 ふさ。 

Ir り、 三 上の 叔母さん も、 湯屋の.; 5f 1^3 さん もい 

に:; さん 

つた-ちゃ ないか。 W 樣 はおつ かさんに, そッく 

り だ つ て " 

にいさん irt.f つ い あ. (-C. とし t.E , む." や 

兄 樣が束 京 へ 行った 翌 年 の 冬 だ つけ。 紫 谷 

ゼム , か て 5 一、 さ さく い 

に 銀 9Mftr か出来た ゥ。 物 だって、 作 は 化い 

わる し なん お ほ 

か惡 いか 知らない けれど、 ;!: しろ 大きな もので 

み ごと ひゃぅ.^.? おとつ さん ど 

兄事 だって、 評判 だ もんだ から、 父樣 がー 度 

n ルて K きた いってね U それが はじめ ッか ら、 然 

つ がふ ,...レ- つさん i;,. ご と 

- つい ふんな、 り 都合 も あるのに、 父樣は 例の 如 

して、 不11思ひた ったんだとu^んて、 湯へ 行つ 

て 蹄 <11 に、 お い、 一 寸 寄つ て 行かう、 と い つ た 

ん だよ。 

そ e>< へ ひ きう ^せ との さ-. * 

さ -っ す る と ね 其 前 の H か ら^ 藩 あ の as が 

き, む..: や- .v> つ?, ね え れ: 

來て、 紫 谷に 一? J お をして: W ろんだら う。 . ^何年 



. き し ちう saas ち! -5 

ぶ" で來 たんだ つ て、 市中 大騒ぎ を やって、 提 

V ん つる はた だ はだ *&6 こし.,. - 

灯 を 釣す、 旗 を 出す、 旗なん か 新しく 椿へ て 

騒い だんだ" 

其 上に ね、 兄樣、 ちゃう ど 其 日 は 侯爵が 皆に 

かほ 卞:. W ひ し tK X 

;域を 合: t- ると いふ::! なん だ か 、り 、 士族 ども は 夜 

が 明けない うちに どし く 詰 懸ける、 羽織 持 や 

や- r ふノ、 し くわん さいくん * つ リ 

、リ、 洋服 やら、 士官 の 細君 やら、 お 祭の やう 

• , み, ち さし 49 ひ 

て、 -っ つか" 路も あるかれ やしな い のに、 差 合 

なに か i t た なん 

も 何もお 構 ひなし に、 思 ひ 立ったら 何てっても 

せ 入れないで、 ずん ./\ 行 くんだ ものね、 僕 は 

困った 5。 

ひと リ い あぶな a- 

一人で 行って は危 いから、 ついて 行く と、 も 

や, ち 3.- つ て *r. やで つ^は fsw き? 

-っ 紫べ" の 一 町ば か U 手前から、 兩 側へ 車が 並 

, f まひ まんなか とほ ,., りる 

んで、 あの 狭い 町の 眞屮を すれく に 通る 位な 

の、 それに 推 合 ふんだ も 0。 

S い なに * 

こんな 時、 行った からって、 何が 見られる も 

す 二 -っち ふ ま 1 せ は 

のです か。 彼 慮 家 も HJ が趟る ほど 忙し. いでせ 

!- ん ば キ- モ で 7* つ 14 i 

、つ, また 出め して 來 ませう ッて袖 を 引 張らな い 一 

t とつさん へいき い 一 

までにお めた けれど、 父 様 は、 から 氣で、 W : 

. -- 、ニ卜丄 んぞ, ゐ V- いぢ!!.. f ぶ .. 

いから 來ぃ、 御新造が ほる から 大丈夫 だ、 汝心 j 



へへ とっさん ど 

父 樣も 傑 も 何う すリゃ い >- のか わからた い 

から、 茫乎 立って、 うろく して _ぉ ると、 むか 

ふす *-* ところ +: ん 「1 ん かほ だ まる £げ 

うの 換 の 廬 から^^分ばかリ額を出して、 丸鬆 

* うつく ふ て t-o ご 

に 結った 类 しいの が、 e つ 手招 をし たんだが 

K ほ 1-: ひと ゐ な ^ I 一つ f 

ね。 太 勢 人 はおたん だけれ ど. 何故 だか 此方 を 

よ -tw ? ノ.、 おとつ さん て 

呼ぶ やうな 氣 がした から、 僕が ね、 父 様の 手 を 

ひつば そ 二 か S へや 

引 張って、 其 .ill! へ K けて 行く と、 部: £1 なんだ。 

s^っば _t つば リ i. らゃ K は 

立派 だ のたん ッ て。 矢 張 紫 谷 は 大きな も の だ 

-( ちぢ 5 に さわ _.- つち は-つ 

ね、 家中 煮える やうな 騒ぎた のに、 此{ まの 方 は 

A 乃し と きこ 

ひ ッそリ して、 せ も えないで、 ぞっとして 

さむ 

寒 か つた リ 

さう 、とっさん あいさつ 

而 して 父 接に 挨? がして、 

(お 初に、) と いった ぜ。 

K ゾゃ 2 - とつ さん えら あ 

兄樣、 父樣は K みいこと をい つて、 まだ 逢った 

ことはなかった の だね え。 それから 僕の 級をぢ 

み た き-り わる 

つと 兌て おて、 拯が惡 いぢ やない か、 

(おとなし いねえ、 新ち やん。) 

C つ- 1 リゎん わ とっさ- ん かざ 

て ッてー %^芡 つた。 父樣 はちゃう ど 飾って 

が て-つ ぉォき み 

あった 寧 311 の澎物 を: :>- てう つかりし ておいで だ 

つたが、 新ち やん、 といった もんだ からね、 兄 

V ん にい V ん たづ お V!- あ i*. 

樣、 兄^??^.の ことをパふねた こと 、思った 9か、 彼 

._.> つき や-つ . ^ モ a 

は 東京 へ 行つ て::;? ります、 と然ぅ いふの。 

.<-け たま: を 

(そんな こと を 承って ぉリ ました" それで は 

.« と、 か にい あたま 

: : おや、 弟御 樣, まあ 可愛らし い。.) ッて 天窓 



を 撫でた よ、 ヌ樣、 俊 あ 嬉しかった よ" 

而 してね、 

* ち- 

(彼 fe! ちゃお か はリも ございません か。) 

き „ たっし S- 

とお 閗き だから、 僕が いった。 逮眷 です ッ て。 

それかられ、 

(新ち やん はお いくつな の?) 

(十八になります C.} 

r ま ァ ピッて 呆れ た 額 を し て W た つ け 、 が聲を 

出して 笑って さ。 

(お き 申した の は、 このお 兒樣 のこと です 

しん W 

のに。 新ち やん は、 も-つ そんなに おな リ 遊ばし 

たかねえ。 然 うで ございませう、 久しくお: H に 

さ と い 

か、 リ ません。 赏 家へ お 遊び に 入らつ しゃった 

の は、 ち や -っ どこの ぉ兒 の 時分で ござ いませ 

ミく て てのひら ふた a 

僕の ね、 手 ど、 拿 で 蓋 をして 然ぅ いったよ。 

じ ぶん ち い とリこ 

それから 自分で 茶 を 入れたり なんかして、 取 込 

んで: リ ますので, おかま ひ. S. されません て、 

ほん ご S S ひ. M に い? <: 

眞 個に 優しい 人つ ちゃ あない。 ねえ、 IX 探さう 

ぢゃ あない か。 僕の こと をね、 新 ちゃんく ッ 

ていふの、 さ、 つし ちゃ、 

(おや ロ鮮 になって。) 

と 笑つ て 居た つけ。 

ユカ とぎ はじ み き つ 

其 時 は 初めて たんだから、 そんなに 氣も着 



そ っタょ e あ S 

かたいで しまった けれど、 其 次餘 所で 逢った 

i に おち つか ひ い かへ 

一 に てる やう だと s つたの は、 使に 行って 歸る 

* 一 1 くろぶち *s;r*,- し!;,; 5 

道で。 あの 黑淵 のがけ 裏ね、 彼虚 か、 り 芝 3i? まで 

• , < る 一- 

はすぐ だ もんだ から、 ^車に も 茶ら たいで、 若 

も Q むごリ こぞ 5 ひとり ゲ.. よ *c\* つ にん とも 

い 者が 一 人と、 小 が 一 人と、 女 巾が 三 入で 供 

, ^ ところ で かほ SI 

をして 行く 處で 出ッく はして ね、 額 は 登え て 

S.IS せい 61 く 

たんだ けれど、 むかう が 大勢で 僕 はい やだった 

5 つ とます な 

から、 俯向いて 、通過ぎ て、 ずっと 敵れ てから 

ちょっと ふリ かへ み みかへ 

一 寸振返 って^^ぉと、 見返 ったょ。 またし ばら 

5 しろ み ふり % へ 

くして 後 を 見る と、 またむ か-つで も 振 返った か 

ど ど よつ ど さ す み 

ら、 もう : ^、 こん 度 は 餘程來 過ぎてから 見て 

遣った。 

あ ひと Z ぞう 

其 時 はね、 彼の 人ば かリぢ やなく つて、 小僧 

ち、 つ lis .* んな こっち む TC 

も, 女屮 も、 一所に: $: で 此方 を 向いた から、 僕 

は 出して しま つた さ。 

ぃミ めつ そ 力と す 

今でも ru に 着いて £s るが ねえ、 其 時 や、 ひど 

く 派手な 裝 をして 居た つけ。 

それから 一 二度 も たこと があった らう か、 

この あ ひだ とば リ むら や でみ. * み 

つい 此問 は、 あの、 通の 紫 ハ仓の 出店で 見た。 

にい?,: はな 产ゃ" rf+- ひと 

さ つ き 兄 樣に話 した ッ けれ、 何 だ つ て 店 は 人 だ 

か リ だ つた ものね。 彼 家 に は 紫 谷の 妾が 置 い て 

みんな さ く そいつ み * れ 

ある ッて $1 が然ぅ いふ" 愧は 其奴 も 見た さ。 其 

Jhv/y せ じ ふりま こっち は ひ 

がね え、 頻にぉ 世 辭を振 撒いて、 此方へ ぉ人リ 

4 やて ていねい じ ぎ ゐ だいじ 

遊ばせ ッて 丁寧に ぉ辭儀 をして 居た が、 大事に 



4-0 



m m 
し-" 力、 



して、 敬って 居る らし い。 でも ふいで 居た のか、 

内 へ は 人、 りないで、 上リ :! に 腰 を かけて、 片足 

は 駒下駄 を i!^ いたま、、 をれ え、 少し あげて 

くち Al-/.- -i 'つ..;: なに そ めか 广 

n ン虚 へ あてん、 俯向いて、 何 か 其 妾が いふ 

毎に、 

(え、、 え、。) 

てッ ちゃ、 餌いて 居たん だよ。 え、 髮 かい、 

.6.* 14,0 とさ まる 盲げ 

髮は其 ^や 丸 ぢゃ なか つた。 

おく \* ま お/、 む- :ゃ おくつ i? さ、 ザ 

(奥 採 だよ、 奥様 だよ、 紫 谷の 奥樣だ よ。 ) と @? 

. セ つら; たち ビー,' 人 

きあつて、 往来が 立 伶った。 しば、 しくして 歸リ 

-っち V つ * ビ く v*5 

さう だ つたから^ は 家の 方へ 戻って 來 ると、 提 

灯が 二つ、 はたく と けて かて、 俊の 先にた 

つた 奴が、 紫ハ 介に 走りつ いて、 もうお 歸; で だか 

, く i-? つ .£ -ズ, -:- い にいさん ひと 

、りと 女 巾に 門口で 言って おた。 兄樣、 い、 人 だ 

に,:? n! -,-•」,- も とォ- 

ねえ。 樣が 小兒の 時にはな かよし だった ッて 

い ふぢ やない か。. I 

と お は予 に!^ 5 りぬ。 1* は 何 心 もた かリ しな 

らむ。 

黑 淵 

ztt そこ つち いろ ^.0 た.、 ん, > ろ た 

水 Q 土の 色た る ベ し。" 水の 流黑 ければ 名 

, » ャ; 丄 , い- S き たか t,^ 

とした リ。 3t に の そみ たる 石: m の 高さ 四 五 間 も 

, . „ ,ー■^-ぅへ -、 い.. 一 つ-りな 5? 

あ-しも。 其 上に sslffiT あ- リ。 石 垃 と連リ て、 町。 

€: を 较リて 立て リ。 



いろくの 草 石 の 間に 生 ひハ j战木はis^を 

一 *--* 一 *v ケー -* くま r.* し L ふち ,-<Y 一 

交へ たるに、 小笹、 一: 茂れ リ。 この淵の^^れ 

いと 緩 か たれ ば、 へ仅は 静 たれ ども、 - 水の 音せ 

ず。 

ど I- いし あ ひ i.- 一. i ち 一にて t/- ユーで 

土手、 石お 一の 問、 路 はいと 細う して、 衣の 袖 

い }<ら と. 一 ひど にんった 

の 茨の 棘に か 、、りざる やう、 人 一 人 肩 をす ぼむ 

とほ う- よ- - 。 S た は 

れぱ 通る を 得べ し。 横 ざ まに 延びた る 楊柳の 葉 

しら つ 

は、 頭に 支 ふるば かリ なリ。 

かはん ケ ■ ち で つ S ひだ ,レ ;パ, • ナ. 5 や フ よ 二 

川上 三 町 ばか リの 間 は、 市街の 中 ザ を 横ぎ 

• £ きし た,シ ;ノ ,££1 .533.1&.! るん 

リ て 逸 里の 岸 を 流 る >- よ リ、 人-昔、 物音 遙 に 

繁く、 冴え 切リ たる 人の 聲の、 開え て はまた 

や つ IV- ... そら-..,. > 

止みな どす。 月 は 出で たれ ど. 曇れり。 

.»リ /ye いし; ^ き くさ たか 

折 か、 り そよ との 風 もな きに, 石垣の の 巾よ 

.\. 一一と ほ-ぺ5 £ て つ-へ つ-"" 

リ, ?! 5 つるが 如く 蝥 たちて、 土手の 上に 光リし 

. ^ sll か は でか き 

が、 すらく と 行きて 大 川の 牛ば に 消え た リ 。 

一 しづか み お/、 われ か;. 

i 靜に 見送 =^ て、 ふと 我に 返リ ぬ。 

I . -. で £ つ いま ,cv" *-< 、 

秀がこ k に 嫁ぎし は、 今よ リ六ギ の 前な リき 

む,. 2 よ < 6 ころ 

紫 5^ の 褢\^^ な る もの を、 こ は 予が來 ベ き處 に あ 

、りず と、 S はず 111^ 然とす る ほどに、 ずーぉ 二 生 ひ 

5» ゆ 51 一め 

一 たる の: さわ. (- と搖 れて蠢 くもの ぁリ。 

一 たちさ あし .>.•„• i" ,、 き 

立 去らむ とせし 足 を 留めて、 腕 を 紐み つ 、屹 

と 上げぬ" 

しばし もの 一 S 曰 もなか リ しが、 やがて また 動き 

, . i いし いし め あし か は 

出 して, 石と 石との あはせ 目に, 足 を 交る が は 



けつ >-、 しづかに 下る は 人た リき。 

と たる HI の、 いかで か ffi?!. ねた; y & 

ダソ とみ い 1f 

H にも "is の 市な リしを や。 

渠は 人ぁリ とも 知 、り ざ "き。 ^::十 の 根 に 5S n た 

> つ さ, -- し! 一 « る げ た 

がら 爪探リ にお リ たち-たる、 下に は 丸き 下駄 

ぁリ て、 一足 正しくな、 りび たるに.、 游 St きて 爪 

$ー を路 あて \、 杖 を取リ て、 ぬつ くと 立ちて、 

そ-に- あ ふ % ,,, た た 50 

を 仰 ぎ て, とい き を つ き しが、 肩 S れて俯 

向きぬ。 

よ こら み 

予 はい き を?^ して c=; た リ 。 

され ど, 等の こと も 仕出 ださで、 渠は徐 に 歩 

5 いだ ほたる ;:. ,:-=- ど 

行き 出しぬ。 ? おの 光二 度ば かリ、 しょ ぼけた 

ユカう しろつ き よ さへ ざ ち,;' に 

る; H 、背 姿と、 f と を遮リ て顯れ しが、 ふ はと 

き とさ r? 

消 ゆる 時、 見えず た p ぬ。 

見送 リて予 は、 思 半ばに 過ぎた リ。 

去に し 年、 師の ミリ ャ アド、 文し て^を 招き 

J-liw .,メで わか つ -£ い,. 

し 時、 秀に 別れ を 门げ むと て、 水の 家 を訪ひ 

よ ■ iip と こる i なつ か li な い 

たる & 山 縞の 聲懷 しく 船れ がた き 心 の 出で 

き ユカよ ふ f 二 ざ ふ つ, * 

来て、 其 夜よ リ降リ し 雪の 降リ やまで 镜リ たれ 

じ で フ t--0-- つ みち; VS 

ば、 上京の W?! 開け ず と い ふ を か こ つけに、 い 

た V おも レ れん 

ま に も發 程む と 思 ひ たる、 初 一 < ふ は あだと たし 

つ C 

たす こ ともなく 年 は j& れ たリ。 叨 くる を 待 

く £ ひ -ー ひで しへ: X. 

ち、 I* る、 を 待ちて、 ::: に .H に 秀に ひ 寄リて 



二) 



... か s た ケ 1,,.-. s^.r 

は、 Ji: 事 を かし 出で たる- 多 雙六は 上手に 

ち - つちす- fVJllV ら ? 

たい-ぬ。 學 びの 道 は 打. >>r ひて、 大ゃ へ. J にもの を 思 

ひて き。 

いまし ひ *1 し 一-う Yi くな- し fc-^( 

戒 むる 人 あ りて. 强 ひ 一 一 また 數學敎 ふる 私塾 

じほく せい どうすうい Vv つ にわ で 

に? i 生と はなれ リ しか ど、 同教異 號の は 零な 

い 1 ざめ つぶ V- 3? うし くち ケせ なら 

リと、 .s^ 覺 にも 眩き し、 ^^のロ^^ど習ひ坂リ 

ひ \1 さ 一一 一 よこ む 

て, 人の 氣に 染ま ぬ こと を い ふ ご と に 、 横 を 向 

きて、 

一 同き, k の 和 は $!-な= です か -リ。 一 

か: け .S こ-' ろよ § 

いひ 消して は、 笑 ふことの、 快 きを 覺ぇ 

ぐ つ fr 一 か ,v- さし., J さ 

しのみ。 十 月 ;ニ nrnl もな ほ II 心れ ず。 むこ 

よいし- ごと とみ いち • む っさな>-っき3^ 

と渠が 如くな りし 宮の, の、 六 H 七月 逢 はざリ 

しが 突 然 予 が 熟に お とづれ 妒て、 

「新ち やん、 秀 さんが、 嫁入 をし ます。. 一 

ひとこと へさ ひ .f す 

と 一 言い ひて リ 去りき。 0!もなほ?1.:^れず、 

ぐ わつ み l;-^ . 

十 月 三 口。 

と- ン ろ- ン 

燈 籠 

キ ふう 5^ r-v* 

京 に ゎが行きたるも、 また 秀の あれば な 

5 气 

あ- よ に 《と-つと ふ と ^ f 5 > V- い 

一夜 于が 弟 0、 不滅 教;-睡^妓 板 を 出で、、 

16- ム, と ぐち 、—一 たが いつ,、 ち 

一文字に つかく と戶 口に 行きて、 半ば 入口 を 

* ,わた V だ * 一.. しレ 

開けた る を 慌 しく 抱 止め、 叱れ ど、 もの も 

ヒ まつた S 

いはで うつと. りする、 目 は 仝く 眠り たれば、 太 



や し そ C ふしど おし? 

く:^ み な が ら 其 ま、 臥床に 推 遣 リ しに、 は た 1 - 

倒れて ま た寐 たり。 あ,、 る::: に た リ 一 ^ ひ たれ 

つ f,t し 

ど . 露ば か リも 昨夜の こと を 知らず と いふに、 

ひと とさ ほ め ラー! - じつ-二 . た 

入 は 時としてに 夢 Q 中に、 實際 ある 資き を し 

ラ たしが よ *s ぶ 

は る も のぞと 確め た る ょリ、 予 は み づ か ら 危 

み き e 

ひ.?; .v-v. / \ハ い.、 -.2 

紫 ハ介は 近し、 予 が 家よ リ 幾程 も あ ら ざる を、 い 

;>でっきでっ いそ 

かなる こと を かし いだ さむ-と ために 上 京,. も 急 

ぎしな リ。 今年 やま ひ ぁリて 歸リし 身の、 秀が 

み か ヘリ とうと つ くろ 

三た び 顧みた" と、 弟 が 4" げたれば とて、 黑 

ぶち う。 よ ぶ 1^ VJi= よ 

溫の雜 裏 を、. お 深くな リ て徜祥 ふこと か ジ.. 

15- うへ も はれ よ そ al< なん 

^上、 傑み たまへ とて、 予は 其の 墓前に うた 

だれぬ。 

1/ か き は ミ: * i-u! 5 しろ る t ば な" 

墓の 際なる 松の 枝よ リ、 背後なる 卒堵 に雜 

わた と-つろ- r み ちす 力, ぶ.; - 

を 渡して、 鋒 籠 三つば かリ 結び かけつ。 油 さ 

いま 乙 ひ とち さんちつ ひ 

しの 未だ 來 ざれば、 灯も點 さで ある、 山中の 日 

た モ;, \ も り なか くら た t せんかう 

は黃 蚤れ て, 森の中;^ぅなリ、 手 向けた る 線香 

の そよ 吹く 夕風に 灰 落ちて、 赤々 と 燃 ゆるが 見 

ゆ。 

-ー- ろ. <-.-- か » ^.1 な 

心 細うな るに、 蚊の 聲 低く 耳許に ひとつ A お" く 

時、 墓 經讀む 法師が れリ。 童顔 仙竊、 鬣 白く 

,_•?> ふ V, メ 5 ゴ し-つ * スたぶ た かふ た ふと 

蠖 を埋 み、 .CI き 眉 & くぞ 低れ たる, 渠は 尊き 

り ふ-、 -と ぃーュ す 、一: M よ む つ た-' つ 

聖: 人と よ。 麓の 庵に 住み 給 ふが、 予が六 歲七歳 

--- め ,k み <; た ナ-- や 

も 今 もな ほ おも かけ か はらで, 身 も 太: 



かなる Y\ ssi として ひぬ。 

ざ こ か. ベ- J- き 二 f す-" <パ ま 

座を讓 りて iSS に ある 時、 つ と 前 に おみ^ ひ 一-、、 

妙た る 法の 接 はや ss えた リ」 

00 やがて 半 ノは にして、 油ノ- 一し 老夫 巡り 來 

み と- r ろ-り ひ 二.〕 V -レ 

る、 三つ 考 籠に みな 灯を點 じて、 :P と、 わが 

ね た る 藁雜を 雨の 手に 提げ たるま、 背 ざ ま に 手 

を 組める、 腰 はや.^ 前の 方に 屈みたり。 年お 五 

十 を 越えたら む、 口 は キと引 緊リて もの. し 

み ぶ はふ ふと to 

く ゆるから、 一 さ 法に 太き ほっきと、 し をら 

しき B に 愛 ぁリ。 . ほき 皴幾條 か^みた る 額 

禿げて、 白髪 まじ の頭髮 なほ 濃 なる が、 聞 

惚れた る 面色して, 片頻に 笑 を 含みつ. -、 予が 

しろ A ぶ 5 ちん ひざ k-n- ひさみ じか ふと つ-そで 

背後 に聽聞 十。 接 切の 院引短 ,、 太き^ 袖 の 

- 一し ,: 一 む た! b く-つ, i\ ひろ こ くら 

腰まで たる を 造て、 胸毛 mi 々と 襟 K く、 小食の 

帶の幅 狭き を まさが リに 結びて R れリ。 

とうろう ん! W ュ CJ < ,^ る ?-ら 

焙籠 あまた \ ひ 風に 戰 ぎて、 &: くな リ、 暗く 

なり、 消えむ として、 さだま リて、 螺 のたがる 

る 音す- 

ビ S う た £ ふ 一 * る i 

讀經 し は て 給 ひたれば、 ソト 布施 を 參> りすに、 

».^^CM15 う ャ. を さ たた そこ ナ ら ) ベ 

き iH は 受納め て、 しわび たる 掌 もて、 童 かな 

よ つ ひ 0- な ^;*!| 

んぞ Q やう、 しづかに 予が頭 を 撫で 給へ り。 

「せ いだして おとなに なれよ ノー 

マ- せケ ;., :んじ 5 も たま I- I- ろ/^ モー- - 

と 微笑し 一 -、 ぎ珠 持ち 給 ひた る 手の 衣 袖に 

隱 る、 はしに、 老夫は 身 を 退リて ー揖 し. 



( 4-1 



±z え 

に リ 



一 和 to 樣、 彼 逸て お 終 を、 と 申して 待た つ 

しゃり ますで。」 

「 あいく。」 

うたづ た £ t V ,•- さ たま 

と き 給 ひ、 老夫を 其して 去 リ^ ふ。 

立 あがりた る あたり、 遠く、 近く、 十ば かリ、 

* -,, h , と 二ろ ぐ はるか せ-, - ひと 

1 ならびに 三つ 二つ、 虚々 に、 遙に 離れて 一 

つ ナひ 4 く と, r ろろ かぜ I- の £ ノヽ 

惘 など、 数百の 燈能風 を さそ ひて、 樹 間 々々に 

暗く 见 ゆ。 

は- はか - り., S , IVMO t 

^のぉたるが嫩*^1きて、 なかの 一個い ま 消え 

に 4^ 一 み かへ , 

か 、"、はちくと 煮 ゆる 一せ に、 ふと 兌 返れば、 

予が よ "Ijlf 、りせ たる もの 、ほかに、 別に -, 倘 

とうろう t るし 二 ン り 丄 おくつ き うへ 

の t"^ あり。 印,〕 小 松の 根に 寄せて、 塽 墓の 上 

よつゆ 41 しいろ し ザ 

に?^ きたる が、 &露 にす、 し^^と 灞色 茂れる、 

なノ V- は ごし す t まか だ しめ n. か さや 

si^ の 赵に 透きて、 山風に 濕リ たる 灯の 影 冴 

Z ま-ノ り い ろ あ 一- J ひ. MM ひとに 4 ど 

かに、 小 松の^ 色淺 く、 一葉 一葉に (Im リ たる、 

露 くるく と 照リ添 ひて、 奥床しう も 優しく 

見え. r 




う ら ぽん たま ** つり む. -. ひ ?\ お, bis た 

盂 1 盆 の 魂 祭に、 迎火送 火 は 焚か ざ れど、 

提寺 に, あぎ に、 W お を祀リ たる 處に は、 ifv 

とうろ 5 もプ 3 ゆ はん- * うで > きみ *^ かし てん 

よ ys£ 籠を携 へ 行きて、 ^!!^詣 の 時 御 k を點ず 

るた", - 家 .3.2: に、 魂棚は ぃま造リ^^ぱけず。 位 

ろ- か -, ズ ぶく て, り tJA べつ こ、. C ざ 

籠 は 一家 親 放、 寺 は 違へ W おこ そ 別 なれ、 志 • 



す 靈 の あ る もの は、 皆篥前 に 手 向く る 習 ひ を 、 

た は、 一つへ ユ-な 1-.* ろ 一った 

誰が 母上に 供へ くれけ む、 心 おリの あらざる に 

ぞ、 予は 露の 屮を すかした"。 

こ.' ろざ ほと な た ... - もカ «^6U .f- き 

志 す佛の 名と、 手. 1; けし 考の 姓名と を、 書 

? 5 けて きく なれば、 とさ し^き 見た リ しが、 草 

の 葉 1^ ひ茂リ たれば、 此方よ リは讀 めざ リし。 

たた *-」 い 卞 こ ha -ゎ 

掌 を さし 入れて、 少し 押 分く るに、 ひゃく 

$ あたん つ 5 

と 指 ぬれて、 可惜 露 はらく とこ ぼれ ぬ。 

じ あざ や H 

字 は 鲜 かに 讀 まれた リ。 

しん は-さま おん lif.i や i 

新 ちゃんの 母樣 御 墓 紫せ S 

ふた ISIKS も じ み 

と 言つ けたる、 二なら びの 女文字、 ち. つと 見 

つ ひとみ えい H つも じ とうろう 

むる 瞳に 映 じて、 其 文字 燈籠を はたれ つ 、、 

ゥ ゆしろ く5 め.;. I -1 かげ ぁギ 9- 

露 A く、 草靑き 、灯影 のなかに 鲜 かに 描かれて、 

-ft み -(H.! と- \ まつ- こず V-VJ 

ilェに浮びてちらリと:=^^^たる、爾時松の 稱3§ と 

たリ て、 &風冷 かに 身に 染みぬ。 

た ふた ;' とう ろ. つ 

他の 二 個の 燈龍 は、 か はる/、;.. もれ はて つ。 

今 は 唯 其の 一 つのみ ぞ歿リ ける。 

リ ぉ,- つき うへ くさ なか 

あた リ 1= うな リ たれば、 塽墓 上の 草の 中の 

みどリ した. * まつ !,• 

み 翠滴リ て- 松の 葉す こしば かリ あかりの も 

> そ -ー て *-s 

れ たる, 其虚 ばか リは、 いよ- -.\照リ せリ て、 

つ *v い-つ ひと, Jii あ & いたご ち ひ ひと 

露 s- 色 一 入う つくし さに、 靑き 35 の 小さき が 一 

つ 葉末に 縫れ リ。 

» S る た. * ず 

近よ リっ、 また? 3 のきつ、 視め 飽かず ネ むに、 

た tl ひ. Vj へだ-、 i.,- か-, S みれ う.:' -っ t たら りん ね 

谷 一 つ リ たる 向 の 蜂 裹に打 鳴せ し 輪 叙の 音 



0、 ふと 亂れ 初めて、 山お ろし 烈しく たりん.:" 

く so に \- 一つ いたご あしう ご 5U.- たちと 

草の葉 となび きて、 螳の足 動き 出せ リ。 袂 

す- 

も据も ぁふリ はじめぬ" 

と-一! S に たに ぃ** なぜ C 

遠き 山 近き 谷、 今は數 ふるば かリ消 

と うろう ひ 

たる、 燈 籠の 灯の あかき と、 くらき と、 

みたぅ ご 

皆 動け リ。 

A- ゾ み; } ち ふか な-? た ごと か^.- おと 

^ケ 峰の 樹立 15^ き あたり、 波立つ 如き 風の 一 一! 曰 

ケリて ふ 

して、 莉々 とば かり 吹き まさる。 

一 ひど D- fc i へ は うしろ C 

おにめ ぐリ、 左に 立ち、 前 を ひ、 背後 を闺 

^ ^^- さへ ざ か とうろ. 5 

ひて、 11^ 所の 風 を 遮れ ども、 彼の 燈 籠の あ ふち 

烈しく, 蠍の 灯 ひたとお し 伏せられて は、 心細 

、 二." ...5 ? 4 i リぃ 

くな リゅ くに、 堪 へず 草の 中よ リ取出 だして、 

おろして、 墓前の 地に 据 ゑつ。 . 

兩袖を もて 圍 ひしが、 なほ 隙^ もれて、 あは 

やと 蛾の 灯の また 、くに ぞ、 消されむ ことの 口 

や-し 一- \^ケ ^../u ひもと す よ お 9 

借き に、 手:: 十く 胸の 紐 解き て&、 予は 5^ 織 を 

ぬ V--J-I とう ろう 一つへ つ. * 

脫 取 リっ X、 燈籠を 上よ" 包みた リ。 

K か. h 1> づか 

灯影 はやが て 蘇に なりぬ" 

ほし かげ- - i< ん 

M. の 影樹の 間に^れ たり。 

とさ ミへ あしおと ち, ふたり す 

時に こ、 の 前 を 党 昔して、 森 を 二人ば かリ £51- 

45 キ-ふ たち £ * 

r ると 覺 えし、 急に 立停リ て、 

「あれ 變だぜ 。一 

ど 

「何う かして るん おやない か。 おや、 J 

"へ, ^ か-:. ちか 二 けに ひ よ 

と gf き 合 ひて、 わが 方に 近寄る 氣努 す" 予は 



4-2 J 



c 4.3 i 



ぎ を 打ちて、 - が、,. 躍 まりし 身 を 起し、 故と^ 

、り る >- やう、 ii: か を k き て 少し く:: tK をが みしに、 

K:^ とほ 

欲に ひッ そとな リぬ。 稍ぁリ てばたく と 遠 ざ 

おとた か tS る. い -£ そ のち 

かる 音 高く、 逸に ゎッ とい ふ聲 せし が、 其の後 

は萆 もせず、 風 i> また いつしか 止みた リ。 

リん ね キ-こ 

輪 &の音 も 開えず なりぬ。 

t 一; な さ く- ん 1., つ と 5 ろ 5 ゎづか 

ひとつ 消え、 二つ 消え ゆく 山 巾の 燈籠、 纔に 

,/ さ ばた る さ 

^がくれ の榮 かとば か リ 消え のこる 

ふし; 51 もと ところ お 

い ま は と て伏拜 み、 ふた、 び ffi: の處に きて、 

ん. f, その § ふた.,, ;>£ まつす V- <r 

IF なる 其 あか リを 池リ、 一:^ 三本、 杉 を 潜リ 

J. み *.J . と う- V う r と;. - 

川で 、ゝ おれば、 Sg; 籠の 灯 はな ほ點れ ぬ。 

小 一:«リ せし が 思 ひ 返しつ。 一反ば か リ隔リ 

さ-.: と は さ ば うつ さら 

て、 更に fsr さかりて、 更に 步を 移して、 また 更 

.iw y ん くろ つリ たか あ, ビ ほ か- 1- くさ 

に顯 みたる、 山黑き 森の 巾に、 ホ; n き 灯影の 草 

一-ふ み たま き <f み なさけ つ 

s、 の精溪 の 消え やらず、 ^が 情 は きざ 



,丄 り 

- つち-! 1 ふ 

打 仰ぐ 

空 は 雲 晴れ、 虱贝 ぎて、 

U は わた どリ 

木の葉 いろどる 渡リ 鳥。 

ft 

色お めて、 

きく、 た % き る リ ひたき 

菊 舞 鳥 や、 ^璃 烏、 鶬、 

どリ I つづら k つ. * み 

ひよ 鳥、 鶉、 鳴、 '0. 

Z がら ^}ま?へ;-ら ひに めじろ 

小雀、 山 雀、 ®、 Hs^ir. 

ナ %め *ki ち よ やちょ 

の 藤 は 千代 八千代、 

なら 1 リぃじ S う -ュ . 'じろ 

一筆 ほ 上、 顿 C 烏 も、 

た-一 *」 け ゆ V 一 

情に、 かなの 優しうて、 

I リ ー は C 鶯 9、 あと 报返る かや、 

な r どり . ま ふ 4- い 

ゾは If に鴛翁 0、 ひと リ, つま 待つ Iri" 

ぁリ。 



待つ に、 /、る,. -、 

胡桃 駒鳥、 

駒鳥 はくる /、 リ ん 、 

くる./, \- リん、 くる、 くる./ \リ ん、 

リん /、、 から リん、 リん から リ ん。 

ま IJ み- づ,, 

馬士の やうな 木 鬼 も、 

IT か ち C と Vi 

iii- き は、 稚兒の 伽と なる。 

いて ふ ち ぶ さ ぅリ つゆ 

銀杏 Q 乳-お、 瓜の. 露、 

iK f^< 、. ち 一一 ぶ W る リ 

^ 玉 Q t 母、 k 瀾萄の 璃、 

^まこ み 

甘;, 木の 货 もみの つた リ。 

-fl み み かき み .4-/* 

接の 赏、 栖の 實、 iw、 蜜枇、 

隊み、 1= リ、 

日ぐ らしゃ、 

V; ! >C ばず み • つと リ 

誰れ 不 忍の も、 

へう たん わ ど C ま V いら 

^簞に る 山 雀 も、 

, 一 はら 

また 来む # を、 



-?,-;: チ 、, くよ 1^る i 

の 幾 代の に 契リっ 、、 

w た ま もみ ぢ そで 

喷 ふや 舞 ふや 鉀 葉の 袖、 

め" み 

女神の 袂、 

てんにん は 1」 ろ も み , 

天人の羽衣とこそo^んにけれ„ 



-!1 花 全 卷十だ 「吸」』 r 



m 

之の 




の 

口 i と 



せんかた ^-r つま-.; テ み 

詮方た く、 ネ むに、 爪 尖の こそば ゆく、 .^T は 

. -r*. まし -lijv に-一一 かな 

わな 、き、 浮 足に な リ て 心 細 さ 限り な し 。 

i «5 ひや 一 ハ. n- し お * クノ i ほし あ ふ 

予 は 叢 に 膝 を い W 敷 き 一 ■ 一 、 璺 5^ な く M を 仰 ぎ 

ぬ。 

空の 色た たらず、 野の 末、 峰の 一お あたり、 

ほし .4:1., つく か! -5. なに ラへ かた 

展は 数を盡 して 輝く に, この Ji: の 上の 方の み、 

雲 あ リと しもな きに 1 リっ な りたり。 

「お い。. 一 

$1、 處 とも わかず、 人影 5 ぁリ とも 專ん で、 肅 

ふと こ,^ 

びた る 太き 聲 して いふ。 

よ おも i リ あ- 

こ だま の 呼ぶ と 思 ひつ、、 予は氷 を 俗び た る 

こ 上り . くさ ね み よ 

心地して、 ひたと 草の 极に身 を 寄せぬ。 

「誰 だ、 其處に 居る の は 誰 だ。」 

予は いき を こらせ リ。 

「邪魔になる、 返かぬ か、 ;?」 かぬ か、 え、! 

退かぬ かと い ふに。」 

r せい tSJb v- じ やつ せ * はし の - 一、 ろ 

語勢 烈しく 頭上 に 迫る に、 走リ 退かむ と 心 

せ ぽ *. う ヒん たに ま そこ 

は <!.| けど、 14;^ を あやまて ば九仞 S 谷の 眞底 に 

お £ ふ みお-一 

落ち t ず &さ" な を 起す ベ くも あらざる にぞ、 

-r ザく 

さ 乂 や 力に な リて跟 ま る 。 



こた ま 

サ-5 い みか; 4±,. ら か i- た と. ノ 

森 を 出で、 1=- 返れば 山 te" し。 風 は M; ざぬ。 お 

籠み な 消えて、 星 あか" の 山路た どくし く、 

くさ こ.? ち r ゆ いたご い 一 わ 

草の^ を 分け 行く に 稻子 は らく と 飛び交 へ 

ふ 1 と r- ち- ,、v と-一 乙 

籠に おりる たかばに して- 十: の •;! れし虚 一 

倘魔 あり。 恰も li- り 半 腹に て、 ひとなだれの 谷 

に A: わ- ftil- や, -」 リ みち * ふな 

ffif く、 緣に足 溜 とす ベ き路 9 危げな る を、 な 

し -ひ ぃミ そ こ のぞ あし 

まに ひに 知れる 身の、 八, しも 其 魔に 臨み つと 足 

数に て?^ ると ともに、 .. ル, も 出す こと 能 はず 

なりぬ。 

みち ひとす すべ し 

路は なほ、 一條 別に ぁリ たる を、 一 ^で 一知" な 

ひ キー か -, 

ば そなたよ" ぞす ベ かりし =- 引返さ むと する に 

-tic み そ みち おも t ころ ゐ 

心 か 、し は 其 細 泣の-なかばと も m.^ ふ處 におて、 

K へ す 1 がた -っ しろ ー リぞ がた こ、 ち 

前に も迪み 難く、 後に も?: ¥1 き 難き 心地 ぞ した 

る 

2 4 め ま と 二ろ くさ hi 

ゎづ かの あ ひだ 一 一問に は餘ら ぬ處を 、草の^ 

ゆんで かい い にら 

に鎚リ なば と、 左手なる がけ を^ 探れば、 茨に 

掌 の 傷つけ り。 



「おのれ、 返かぬ な、 返かねば、 :: 可し。」 

と はや 何等か, 害 を 加へ むと する 氣 IS !!、 聞 M 化 

こわね よ こ- * ろ さど 

え ある 聲 音な リ。 予が 心 決ま" ぬ。 

激し /、もの をい はむ として、 訂ち ふるうたる 

を、 ひ、 しかせ あ 一, ず ひしと 蔽 ひて、 耳に^ 

く 優しき 聲 ぁリ。 

, だち しん I わたし わ たし 

ー默 つて、 默 つて、 新さん 私 だよ、; r たよ。 一 

しの is ね ちかし 寸ぅ くわい t ^くや 

、 忍 音ながら 力の 籠れる、 敎舍 なる 

なリ。 

に は 堅く 蓋され たれば、 切なき 胸の 蹈るの 

み。 

「默 つてお いで よ、 恐う ござんす から。 iH- いか 

わたし ゐ 

、し 私が SJ? るから ね。 一 

-っ-ろ & /i し. み つ へ 

と 背後に:: W て ものいへ りし、 渠が身 は 銜と前 

よ そ 15 むね wi し 《- で 3 $ 

に ま はりて、 予を其 胸に 抱き 緊め、 兩の袖 もて 

項を蔽 ひて、 

「可う ござんす か。 ぢっ として、 靜 にして おい 

こに 

でなさい よ。 恐う ござんす からね。 一 

とひ そめき ぐ。 1= きな かに、 わが^ は渠の 

むね そ ベた み 

胸に ひたとつ きたれば、 其 姿 は 見え. ざれ ピ ひ 

^をろ い 

たす らもの 、恐し けれ M 謂 はる 、ま V に いき を 

み -5 .V リす i 少 

ひそめて、 身 励き もせで 取鎚! i り。 

そのと ク ミズ.; たか 

爾時 It を 一 II うして. 

一-はい、 はい、 あの、 新さん はもう 歸リ ました。 



、 4- 4- ) 



(m 之 ra) 



( 4.5 ) 



m 胸 と 



ふのに、 年上の いふ こと^く もんです。」 

しか ri 

と ひ そ め き ながら、 叱る が 如く たしなめられ 

= 、ろ t 

て、 心ならず も默 してけ リ。 

一新ち やん、 新ち やん、 新 ちゃんとい ふのに 

さ, - _ 

「い、 え、 い、 え、 いけません、 返事 をし ちゃ 

いけません" いふ ことお きな さらない と ミリ 

ャ アドに いひつ け て 叱らして あげます。」 

と屹 とな リて 戒 め いふ。 

みね うへ こも と ど 3 

峰の 上に て は、 しばし 聲の 途絶えた るが、 此 

時 また、 

「あの、 • ずち や ん 、 其處 に お い で 遊ば す ゥは新 

ちゃんで は ござん せんか。 " 

S なん と ろ しん く 

一 違 ひます、 何の、 こんな 虚、 新さん の 來るゃ 

と-一ろ しん 一ろ 

う な 虔 ぢ や ござ いません。 新さん はこん た 鬼 

,.、 つたし わ たし 

へ來る ものです か。 私の、 のい、:: ルは ね、 

とみ いち 

富の 市ぢ ゃぁリ ません。」 

さ, <v み-* みね - つへ 

「あ。」 と い ふ 叫、 耳に の こ" て、 峰の 上ひッ そ 

とな リたリ C 

予は懸 が5 に堪へ ず、 リ はなさむ と 身 を あせ 

か ひレ: す /、 て S る 

るに、 彼の 人 少しく 手 を 弛べ て、 . 

「ね、 何にも あなた を 呼んで やしないの。 みん 

. な 僻 耳です。 新ち やん (• てき こえた つて:: 

f 卞5 と > る た- 

A 、"や 山鴻の It でせ う。 あれく く、 鳴いて 



るの が閗 えませう。. 一 

u% lis はた は 6 -" わ. t-i> 

耳 を 5g せば 果せる かな、 遙 かに?^ く、 三ッ 山、 

よ たに と A 9 かひ た ほら たか お,. 、ふか S 

四ッ& 、 十 森の 彼方の、 洞の巾の^^^?^く齡7、か 

と 田 心 ふ 心地せ リ。 

「 いまのう ちに 4 く、 さあ、 お 

Jri * ちび T ふ 

と麥 なきもの、 導く をば、 怪しと もみ ざ リ 

しが、 たしかに 秀の わが 名 を 呼びた る、 t なる 

み. i * 一 - ろの * 一 わ レ い **r .f,, 

峰に 心残リ て、 さまでに? r が 戒めた る、 難 

おさ 一- やぶ 

の拉 を破リ つ。 

ねえ ねえ 1 J 

r!^ さん, さんか い 」 

みね ス J 

と ば か リ峰を 仰ぎ 呼び ぬ リ 

「お、 新ち やん。」 ; 

こた たま にし よ 

と應 ふるに、 桃らず 走リ 寄らむ とせる、 わが 

手 をむ ずと 引お めて、 

「おい。」 

と 寂び たる It を懸 くる。 啊ー吩 と H=- れば いまの 一 

* まも ミ S よ ,-■. モる i 

いままで、 予を 護" たる 操 は あらで W にも 恐 j 

とみ いち ふんで よ て ft て- 一 

しき 富の^ 3、 左手に 千が 手 を 扼 リ、 右手に 一 

は 秀の腕 を 掴みて、 ?; 一! さ 幾. M とも 分たざる、 一 

ま <ら たに C!V S _ 

SMJf き 谷に 臨み 居れ リ。 

f おにげな さいよ う。 新ち や ん、 あ れ! 」 " 

とみ いち くる と いき 、 : 

富の 市 は 苦しげ に牝息 をつ き、 , 

ひち み わし み j 

r 秀 さん、 こ、 こ、 を兑 て、 私が こ、 を て。 一 

だ、 だれが こんなに しました ノー 



此 魔に は 居りません。 はい、 い、 え、 まったく 

t- ん わたし か ソ , かみ 

です。 何の 私が! W します ものです か。 -!- 祌ょ 

〈小ら せた ま へ —— 」 

ュ r; ひた ひ わた ふ 

とて 其 額 をつ けたら む、 わが 肩 ものに 觸る V- 

かん 5 んな *-,、 - つち:;; 厶 け li-i- 

を 感ず。 婦人 は默 して 打ゲ 化する 氣 勢な W しが、 

おそろ き 二 

恐し き 聲は閗 えずな" ぬ。 

W リ リ 

有 明 

「もうよ. T- ござんす。 さ、」 

と;^ 人 は予を 耽た むとした りけ るが、 急に ま 

たしつ かと 抱け り。 

ゐ ろ へ み" かた ナ 》-!- 

わが 居た る 上の 峰の 方に て、 細くて 淸 き?^ の 

や > ふるへ たるが、 

一 新ち やん。」 

t- 懸けた リ。 

てつ 二/, i よ み.- ど 

に 徹する 聲 な"。 予は^-を敬てぬ。 

» だま 

つて、 默 つて ご 

とまた さ >- やきい へ リ。 

一新ち やん。. 一 

や >- ありて、 

f 新ち やん、 新ち やん ぢ やない の。 あれ。」 

よ こな かほ あ みさを 

予は答 へむ として 額 を 上ぐ るに、 操 は ひしと 

て 5 る 

ば か リ お さ へ た る 手 を 弛 めず。 

な ぜさ わる 

一 何故、 然 うです よ" もの をい つち や .Ei? いとい 



や に は ひで そ C ひね 

と 矢. M に秀を 引^せて、 K 胸 を さし つけたる、 

あば. りひね しろ み す たと こふし い 

肋骨 in く 見え透きて、 譬 へば 筝 の 入らむ ばか 

ぷ UV -i* ひ せな と V もな 

リ、 胸の 一 部の 肉 を 抉りて 北: = にも W かむ 穴 あき 

-X 1- な く-つ ひ ふ -V な- C ち そ....,,.,, ち 

て、 16;;ぉに黑き皮^^を染め つ V, 鮮血 其-机 :1 よ 

り喷 出で たリ。 

「こ、、 こ 、ごと i£ の 市は、 予を、 ^へたる 手 

ひで キヤ sio n ふし IJy 

を 放ちて、 秀に 疵口 を 指した る、 節た かき 指の 

尖 わな、 きぬ。 

今はハ ャ わるびれ たる 狀 なくて、 肅 然と 立つ 

;-で <■ で じ て よこた ふ 

たリ し、 秀 の^に 手 をから みて、 横 倒れに なつ 

とみ いち • いけ 

たる. だの 市! ひとしく 辑を ふみ はづ して、 あ 

はやと 见る まに, £ りぬ。 

C き蹚 の ち、 り,/ (、と、 ゆによ リ! ll! の 降る かの 

* 二 ,.. り た」 そ 二 ユー-, t う 

やう、 き 谷の-底へ、 底の;? へ、 ずん/ \ 

ずん /、 ずん く と^!^たき|^£み におち ぃリゅ 

く、 秀を 見る われ 堪 ふべき や。 

つ f tis こ :A し t おる 

級いて 飛込まむ とん 足 かけて、 と瞰 下した 

たに そ 二 わた マぶ しらくも - つづ ま 

る 谷の 底よ リ、 綿の 如き. m 雲の、 むらく と 

き 出で 、 5$ 一而に ひ ろ が =• 、 芟リ、 か さ な リ あ 

あたか ふた ごと キ- くわん お 卜-ろ ば ri; ん 

ひて、 恰も 蓋した、 りむ 如き 奇觀に 驚き、 茫然 

み つ たに fr- n うち うか 

として 見詰めた る、 谷の 牛ば の 雲の 中に、 浮み 

r しゴ ひで ひと リ た r± 

もやらず t! み も はて V、 1^:; の-み 一 人: €』 へ リ。 

つき f ば か. ふ ごと 0. リ も i,: リ あけ, つき 

月に 銀波の 輝く 如く、 折から:^れたるぉ!^月 

の、 絲の 如きが き 、しくと、 かの ..ZI® をぞ g| し 



た る。 

;-て v>0.^,.^50 み ゾ,; ぶ: .... , 

秀の 黑 髮 颯と^れ て、 横 ざまに^ したる にぞ 

よ L にち ゑ ごと ふ,;!、 あし r まだ 

予は 心地 醉へ るが 如く、 W び 足 を 爪立てき。 

「新 次! 一 . 

ひとこ,;; うしろ たへ > ー么 -t.vi T 一 

と 一 It 背後よ リ、 妙なる 聲の いと;:: S きが、 少し 

く 怒 をへ ri! みて t- ぶに、 胸 を 打ちて 返りぬ。 

茶 博 多の 帶、 胸高に.^ めた まひし、 亡き母の 

むね I かしら す こ うへ つ さ 

胸の あた" のみ、 わが 1^ より 少しく 上に、 月 あ 

かリに仄w^んたリ。 

i リ て おち 

飛鎚" たる 手 は それて、 それ かと 思 ふま ぼろ 

し 〈くも たにま ャ- や は S- 

しの、 .H 雲み てる 谷 問 を 切って、 矢よ リ も:^ く 

ちんじ s-i <* さき ごと 

一文字に、 むかひの-山 にわた リ ゆき、 畔の 如き 

み; I ひ, MztJ たか ま』 つ -. -^^ な 、め 

峰の はしに * 一本 高き 松の 稍に、 斜に か、 れる 

っォ - つへ つし-つ. K< "た うへ; -じ . くんかみ 

月の 上に、 後 姿の 項の あた リ黑髮 そ よ,、 と 

fcfjs み , ひとは tv«J \ジ£ ユリ 

11 くと;^ えしが、 一 刷 淡き 朝^の し、 り/^ とば 

か; うすれて、 il 高く 消失せ たま ひぬ。 

ゆめ むね S tovr 

とば かリ あ" て さめた リ。 胸の 巾 安から 

7: で み こ 、ろ もと かき 

す、 秀の, isT の 心許な さ限リ なかり き。 

し i がき 

垣 

よ ひ t- と い し もと V よ ち くろふち 

予が 日毎、 醫^ の 許に 通へ る路 は、 かの siito 

うら K ^ ぺ /、もて t, 

の 裏に は あらず、 紫: 介が 家の 表の I: を、 よぎな 

く い つも 過り しな"。 

. 人知れず 心 ? t む わば、 せ、 と ^ひ 介 ひたる 家 



うに、 に は しば V- き かた み よ ぶしに 9- r 

の、 裏 の柴ぉ • の 方に 身 を 寄せて は、 足:: 十に 過 一 

n. ノ や- と、;' 

ぐる を^と しき。 さリ ながら 昨日 一 昨:::、 おな 一 

>4ー しに かき し?. ノ た!. i たす it め い か 一 

じ 其の 柴 ぉー の、 と あ る $1 櫚繩 の ^ = に 如|: たら 一 

とリ fc"!!: ひとひら - ち す 人 : て そ 一 

むか £| の拔 毛の、 一 片の雪の緣を!^;もて細く.^; 

ごぶ か. yl 上 VJ 一 

めた るお きが、 風 雨に も-取 リ去 られ でか >- リー 

と-一ろ た,? とふ し .T ちょ ど ^ 

たる, おなじ 處に 袂觸れ て、 われ 知らず 立 淀む j 

I こ ic. ゥ ひと み 

を、 心? おくま」、 人 や あると あた リを て は、 

あわた 5- たち 一- J 

慌 しう ぞ立 去リ たる。 

い し ? リザ ^で つ へど. - 一 

键師は 紫 谷の ならびにて、 一町ば かり 隔りー 

たる „g ffl: の 邸な リ。 一 

i やか め る ひ ちか "や- 「か 

十 nnl の 朝な リ けむ。 近き あたりの: 一;!;!^ よ, 

"-、 迎 ふるま、 出で たリ とて、 先^ は 守な リ 

とい ふ。 

「別に 診て 現かなくても、 か は つた こと は ござ 

いません。 ぉ藥 だけ 預 きませ う。」 

かた ti-r お ん と ゃ,、^ よ: つ, 

と 傍 に きた 水 藥の瓶 を 取リ、 藥 局の 車 : 

に 出さむ として、 ふと ば 違うたり。 おなじ 一 

み よ n やう ち ひ W ん i 

ほどに 見えた るが、 予が 量よりも 小さき 瓶に, < 

紫; 仓氏^ 息 新 三 郎君と ぞ ll いたりけ る。 一 

「 あ、。」 

S-C<1. よく しょせい のぞ み 

藥 局の 書生 はむかうよ リ^き =3- て, 

「そ" や、 何です。 このさきの 紫せ の兒樣 なん 一 

で、 お 名が ちょいと 似て ますから。」 : 

と いひ かけて-打 笑みた リ。 



( 46 



之 ほ) 



恁は 誰が 名 づけし ぞ。 秀の 子の 頭字 は予 とお 

X おも 

なじ。 予 とおな じ" と 思 ひしが、 みつめて しば 

らく!^ ち 得 ざり き。 

ひ?' き たに ,ゝす0' と く r や-つ さ, 

「i^ 氣で すか。 何、 藥を取 =9 に 來れば 氣に 

つ たこと はないけ ど"」 

よ わ ざ ほ. 

と予は 故と 微ゲ、 みぬ。 

,<*,i くせい なに! b 

藥局生 は何氣 なく、 

「しかし、 そのお 子 はもうよ くな リ ました。 い 

わる,. 一- し/ ぞ VJO じつ 化/ュ:,, .TV リ 9.- 

まお 不快の は 御 新 姐 様で、 赏は先 や: も紫ゲ 1: へ參 

つたんで す。 一 

かへ る さ し ,一 * 二, き そ *, ら 

歸途 にも また 知らず/ に 寄 添 ひて、 S ホ 

せの 門を兑 たる 時、 予は 更に 懸 1 ふ たきこと 能 は 

ず。 

さ らぬ だに 去に し 夜 不快た る 夢 も ある を、 

ひで ム " おく ぶん. ノ!. か, ー.- かお 

秀が片 に疾 ぁリと は。 奧|^^£き家の勝手の方に 

は した かた をん な 二お きこ > ど 

下婢 どもの 語 るら む、 婦人の it もれ 閗 ゆる 門 

と 5 に ど うま まき 十み i 

に は 二 頭の 荷駄 馬 ぁリ。 近 山よ リ薪、 £ 灰 など 持 

は-? ^5/\ まひ さく や 一 くさ 

運ぶ ものなる が、 悠々 と 林 食 ひ 尻れ る、 せ f ども 

か K ぺ かビ -r ろ 

あちこち 取亂 せし 門邊に 風 も あら ざ る に ぞ、 心 

す こ *+. 

少しく 安んじたり。 

9$ ひ ? uft て , す ひびん 

おのが 病 i. 私に S ひ至リ て、 手に せる^ 敏に 

一一-ろ プ よ t\4 

心 着けば、 予が名 を S1? したる レツ 亍 ル 0、 むか 

むら や t む 

うざ まに、 紫 谷の 『に 向きた るに-そ、 はッ とば 

かりに 袖 以て 蔽 ひぬ。 



日毎お たじ 時、 おなじ 虔 を,?! 一ぐ る 身の、 いつ 

か ない め とほ Q よ な し 

となく 家内の H に留リ て、 遠: n にも 予が名 を 知 

られ むかと、 門前 を 通る に は、 必ず 瓶 を 蔽ひ隱 

よな ラへ す 

して、 予が 名のう はさされ ざる やう, 上 杉と い 

と ひとこと ひで み、 い 1^, で 

ふ 言の、 1 ー一:1ロ も秀の 耳に 入らざる やう、 はた 秀 

おも n-1 (-, と 、 -, 

をして 思 ひ 起さ ゾ らしめ むと 勉め たる 心つ 力 

ひとし 

ひ を 人知る や。 

き ちで リ 

几 帳 

^«んねんぷかみ rn- レー もォも 、 いへ』 .^ i 

前年 深 水の に £5 たる 友吉の 家 を 持ちて、 

と ナ 1 てん ひら あるた- tKr/.- V i 

おた じ 時計店 を 開きた るに, 一 日 通懸リ の予は 

期せず して 呼 込まれぬ。 

- 「ちい い し き つ 一- - ぶっだ. ん 

打 出で V は醫師 にも is きづら か リし秀 の容體 

は、 今 もよ リ/ \ '紫 (合に 出入 をす たる、 小の 口 

ょリ 語られき。 

しん -と 

「新ち やん, さあ、 また 2^、 もラ、 いま ぢゃ何 

こ おとな かみ . . 

處か 大人ぶ つて、 斯う 見て ると いやにお 澄し 

!-く わる ど 

で、 つらが 僧い。 ほい 惡氣 でた し、 ほんとの こ 

とで さ。 新 ちゃんとい ふ柄ぢ やお あんた さらな. 

ご めん.. 1 うむ . . な t こふ 

いけれ ど、 まあ、 御免 蒙って、 いひ 勁れ た處で 

やっとき ませう。 新ち やん、 こ- -で、 あいよ、 と 

くだ て-つし わる . 

いって 下さ、 りな いと 調子が 惡 いな。 は k M 乂、 

わら わつ しら 

笑 ひご つ ち ゃぁリ ません。 ほんに 私 等 も、 な い 

しんえい a 

ない 心配して 居ます がね。 困った もんです。 ぶ 



なん つ. 

ら ぶ -. り やま ひで、 何とも. fi;- がっか た いので、 お 

,老 も かたが つて;! るんだ さう で。 

如 彼; I- 々しくお 兑 えなす つても、 あれで、 どう 

して 御氣象 もんで お いでな さるから、 どんなに 

さ, !-ん け ひとす V- 

氣むづ かしく ッて も、 餐, の 毛 U& ぶら さ げ 一 - お 

*,fs と じ 一 >ん 

いでな さら うぢ やた し、 まだ 深 水の 時 か は、 あ 

れでもぁどけなくッて45^りし ったんだけれど、 

むかう へお 與入 のあった あと は、 ちゃんと しま 

つて、 高い 萆でお 笑 ひも 出ない ばか リ、 其の ig^ 

{ ぃミ わ つし うか •.• で 

ち ゥ と も 澄 さ たいで、 今でも 私が 何 ひに 出リ 

や、 友さん かえ、 と いふお? t 懸.、 

始狄 i 額で おら つし やる ツー」、 彼處の が屮 :1 

い つ お., ふ ま f ん S 

もい つてます。 何時も 奧樣カ 不機^な § つて は 

見た ことはありません て。 其で、 ちゃんとお も 

しが 利いて、 支 is、 本店、 何十 人と いふ 牵 公人 

i こる; ,て なば 

が奧樣 とい ふ 萆が懸 ると、 そリゃ Hi? ず まひ を 

たい ,ば 

します。 ー體 がらが 大きい ので、 き" として 

た ** ら 

立た せる と、 まったく あたり を拂 ひま さ。 

それ ゐ れい とほ 9 さ にお くさ とリ 

其で 居て 例の 通り.;? 優しく ッて、 is-の^3K取に 

こと か ヤ; つ 

だって ぞんざ い な 言 を お懸け たさる で なし、 坊 

ちゃんが 小 使 をお 使 ひなす つても、 新ち やん、 

tj く ら-っ 

御お 勞 だった と、 さう おっしゃ いよ、 とかう い 

ふ 調子です もの。 

r らん ハ ら 7- もと! I.- い, -咿 5 

だ か ら御覽 な さい、 いつ ぞ や も 紫 谷で 諸 侯 



t 4-7 ) 



わ ど とォ そ * だ 

のおお をな すった 時 も、 其の また 御 is$3^ が;:、 

,/> < ftlf,, ど よ-つ.., -し1- *i ラふ /- 

新ち やん、 孔 * の 土 川 干 i;^ たやつな? it 服 かなん 

かで、 いやに 反り や あがって、 横: W な こと をい 

Z ま< ブ かひ たん -20 

つた もんなら、 さあ 小間使 どもが、 何で さ、 內 

おく 一 I ょリ わたし 

の奥樣 にだって、 呼, すてに はされ やしない 私た 

たん せいで つて じ-, * ** く なか ふつ IV ん ひつば 

ち だ。 何の15^^手品の幕ン巾で風琴を引張らぅ 

とい ふ 身で、 や: 意 il- なって、 1: 盟 ^_^ェ を やらう 

く, 2 

とした 位 で さ。 

<$.. おく 5S .,ん e,^^< 

華族の 奧樣 だって、 而と むかつち や SI 目です。 

ひつ J きこ だ i- たち. J ま 

紫 谷のと いへば 間え たもので、 誰 だって 立 停り 

う つく わ つ- し 

ます。 しい ッ てこと は 私のお ふくろ だって 

し かたで たち 

知って ます けれど、 あの方 は 出き、 りひな 質 だか 

み あんま わつ し なん 

ら、 Ib^ たもの は餘 りない ので、 f;^ だって 何で 

く. P ゥ だい « しき なか ひで 

すぜ、 あ、 この 鹿大 もない 邸ン 中に ゃ秀 さん 

a お A ^z. ユカお く 

が 居るな と S;? ふと、 .5: だ 力せ; 奥 ゆ かし さと い ふ 

もの は、 儿帐の にで も 在らつ しゃる やうな 氣 

むら, まへ とほ fts なつか 

がして、 紫 谷の 1:0 前 を 通る 毎に や、 懐し いや 

うな * 货 いやうな、 嬉しい やうな、 .-21 きたい や 

うな、 え、 泣きたい ッて、 何です、 た 赠のゎ 

か、 りな い:! Mr かしま すん て すから、. 然 う い つ て 見 

たもので す。 

め, つ » ひと み ぷん 

姊ぢ ゃぁリ ません か。 人の 身へ 刀と いふ もの 

は、 もう、 あの方なん ざ、 おうまれな さると ffl 

くわ はつ f.l な ゐ なん 

ぐに あ k いふ s„ ^報が 慷 はつ: はたんで すね。 何 



,.* " -; ち めい-. -ニ 

だって、 新ち やん、 お 家 は、 ァノ 通り、 名所の 

< き に は ,レ? M わ 

瀧が ひとつ にあら ラと いふ 位、 姑 はなし、 

にい だつ だんな とほ 

可愛い 坊ちゃん はおで きな さる、 H ー那は あの^ 

ひとがら ぼつ 

りのお 人品で、 まるで 坊ちゃん でさ。 ちっと は 

や はき たこ 

浮氣 もな されば、 お 妾 も ある けれど、 何が あの 

おくく ま めかけ はう おそ い ち ひ 

奥様 だから、 妾の 方で 巩.#れ 人って、 小さくな つ 

て、 とても W はな いものと あきらめて W るんで、 

だんな ろし,; -んく い f さま 

旦那に 殺 文句 ひとつ 一一-一:! は-つで なし、 あんな * 樣 

が あるのに ま あ 曰 一 那は お茶 入 ぢ やない かッ て、 

ひと ミ < わら il 

人の 前で 笑って ま さ 。 l^f 氣なも ん で す。 

なつ しんる こ だいじ 

みんなが 懐いて 心底から 大切に して おる の 

で、 氣 あっか ひ をな さ、 りうで なし、 御兩叙 も;? 

たっしゃ . 

達者 だし, ほんと でさ。 それにもう ちゃんとお 

位が そな はって、 爭 はれない もんです ね。 深 水 

>- ろ わる なか 2 た. * 

においでの ぼは惡 くす ると 背 巾の 一 つぐら ゐ叩 

きかね なかった 私 だけれ ど、 今ぢゃ 何-つし てむ 

か-つで はお かはリ なく 友さん、 とおつ しゃる 

ユカ- 5! ま ihl <.»«i. が 

けれど、 其.^#を11くと何だか 冥加なぃ やうで, 

うれ ir モ た. ほ おち 

嬉しい やうで、 恐れ多い こと だと E ぬって、 ぉ^^ 

うつ,:! 

づと 俯いて しま ひます よ." 

すると、 この 氣と いふ ものが、 金づ くぢ 

. ^1 に 》> « く かた 

や いけな いんて、 何に 不足の な い 方で も、 こ い 

つ だけ は^ 方が な いんです。 それ もれ、 路脫ぃ 

たせ ゐで嚓 をす ると か、 く、. りひ 酔って 頭 i がす 



*i ? ,ノ つ 

る とかい ふん な、 し , まだ め も 着 くん で さ 。 

め/つ . .ん い 

妙な こと をい ふやう です が、 新ち やん、 £ 

者に や 分、 りなく ッて も、; 4 な ん ざ 〔知って ます ぜ。 

とみ やち ち丄 I I 一 ブ-ぅき ,Sd 

宮 の^ね、 彼です。 御 1^ 氣の もとは 彼なん で。 

彼奴 あ 何です、 始終 何です、 紫 谷へ, がの、 ぬつ 

と 入つ ちゃ 出て 來ま すがね、 え、 しからん ぢ 

ゃぁリ ません か。 

たい S いに ち く なん よう 

一 ? I 一 さう 毎 U 々々何の 川が あ" ます もの か。 

..,八さ と なん たい 辛, んゾき 

深 水 だって 何で さ、 大したお 知. U とい ふんお や 

、 み し リご し そ こ わ.. す 5 

なし, ほんの 知 魁であった ばか リ、 其.; 糸の 娘 

さんが^ 翁いた から ッて、 嫁入 先へ さ-つ ノ、 M 

かけ やつ ど、 一 二 わつ L 

^る 奴が 何 魔に ある もんです。 いえ、 何も; 4 が 

こ 、で 威張った つて 仕樣の ある こと ぢ やな いん 

|;ハ ごろ まいにち も-... 

です けれど、 此顷 はもう お:::! だ、 とい ふから 呆 

れ るで せう。 

べつ らん は 5 むひ 

さ-つか といって、 55;に亂2„^^もしな ぃものを^5~ 

出す と い ふ 譚に やゆかず、 物- M ひ でもない もの 

じ n んさ rlv;h:i ぶん あん 

を 巡査に 引渡す 分ぢ やた し、 彼で なまじっか、 

一つに ,1;.--J-- リ わつ し ち き 

い \ 家の 跡 取 だけに、 いま 私の 家へ やって 來た 

と ころ や «^ きゃく とみ ぃち 

$、 矢 張 ともかくもお 力 > ^でさ。 まあ il:£ の 市 さ 

んと いふので、 モリ や 番茶で も 出さなければ な 

、しないと いふ もんです。 

か> リマ- つ- I こん!,! ち ぉく 

そこは勝手でも氣を^15けて 、、 今 リ はお 奥で 

小, しお-取. <j が、 と 心う 先 づゃリ ます。 それでも 



( 43 J 



IS 之 PT 



の つ 方; • ^ざ 
がて で 、 



如;^ 
件 i 



Pi: 



( 49 J 



ちっとも、 おかま ひなし- は ぁ左樣 です か、 と 

いったき リ ijf 氣 であが リ込 む。 それでもい けな 

いてんで、 欲して 何と やらい ふ 術 ださう で、 番 

>>っ あ.; つ ナ 

頭さん のさし がね で、 彼奴 を据 ゑる やうに し 

r じで つし かく たん ー| よう 

て、 いや、 御上 使の 格で あっかって、 何ぞ 御用 

て まへ つか 

で ご ざ い ましたら 手前まで さう おっしゃって 遣 

9 わら 

はさり まし、 とい はせ て 見る と, I 一 ャリと 笑つ 

よう き か 

て、 いえ、 用はありません。 遊びに:: と恁ぅ 

で さ。 

なん し かお 

さあ、 さう いふ もの を 何とも 仕方がな いので、 

あ ひて ! Mv=n.> たれ はなし 

對 手に なら-ないで 引退る と、 誰に 談話 をしょう 

ひ <t ち if ナわ * 

でもな し、 ぼん ゃリと 火鉢の 前へ 坐つ て 見たり、 

にけ さ S た A ふすま P つ,: に 

- お前へ 立って 居たり、 襖の 蔭に 踞 つたり。 

惡 くやる と、 秀 さんがば つたり 出ッく はす、 

そ r.i さ .fl ほいろ > 

其 時 は^ 色が おか はんな さる さう で、 あ.. < いふ 

か i- え み お J 

方 だから 目に 見え" や、 うつち やって お 贤 きな 

さらず、 ちとお はなしなさい ましなん て、 あ ひ 

か はらず おっしゃる さう です が、 新ち やん 困つ 

たもん; T ゃぁリ ません か。 

うち <<• ん な VJ-. やつ 

はじめの 内 こそ、 :^"が^な奴だ、 情ら しい 

あんま し frlQ うへ た * ひこ f じ,? 49 つ ゴ 

按 isr だって、 教 おの 上へ 煙草盆 を^いて IS か 

.C み 1!!. か は つキ- た 

さぅ の、 :^がUJ^K!な いから リなし ^}ずを立 

. ほ i i け あ 

てる、 s を 撒く と、 それでも まあ いくらか 取合 

つんて K: たさ-つで すが、 いま ぢ やもう 女屮 衆な 



惡が つて 夢 に 見て 魔 さ れ ると いふ 化 

ら、 ッ こけ て. 顔色 Q 蒼い によ 

-> しろ あ 1! た S き 

、 とい ふ 痙痕 の、 眉の 消えさうな 

•HVJ はた. .. 

しに やつれて、 w を ゆす ッて、 鼻 呼 

き さ ひ 

吸が ふんく。 それで II ャリ と來た 日に や、 ち 

にん t!:*,.? めき I*- たが ひ 

いっと 人間に しちや 行 過ぎて ます。 お 互 だって 

〈どろ くれ K ひ ぶ み にん 

驚き まさ あね、 慕 合なん ざ不氣 味で せう。 人間 

なん ひと め V つ は み さし 

も 何です、 まだ まあ 人の 眼 額が 見えたり-、 差お 

50 ,s ろ ひ 

くる 內ゃ 色氣 があります けれども、 もうあ. >- な 

すてばち し 

つち や 捨鉢で ね、 始まつ におへ たもん ぢゃ ああ 

りません。 

飛んだ 魔 も Q に 魅 込まれな すった、 秀 さんが 

^ i, スさっ 

おず 哀相 でさ。 

ごさし S 5 V- つ と-. - ゥ 

いった やうな 御氣 象で、 別に 未に 就いて 入ら 

くった 

つし やり もせず、 屈託 額 もな さらない けれど、 

ち や ん として 在ら つし ゃリ や、 在ら つし やる ほ 

ヶぁひ 4" つ 

ど、 帶 のしめ 工合まで が ■ まるで 切ない の をお さ 

* -ラみ わつ し 

へ つけて おいでな さる 樣に 見え るんで す。 ; 4 あ 

i。i 、 きつ た 

思 ひます がれ、 まっすぐに と 立った もの は、 

た ふ » つ こんめ 

バッ タリ と れ るで せう、 ほ い、 截龜。 もの >- 

たと 一 マ" すご 

譬へ でさ。 案じ 過す の も そんな ことがあつ ちゃ 

K も 

ならない と 思 ひます からの ことで。 

ど こ 

さう かとい つて 何處が どうと いふで もな けれ 

レ -f. s_ -M-i しん おも 

ど、 お 食 t 細る ッて 虱說 だし、 新ち やん、 思 ひ 



な しか^ * . ォ 二- ん か , ぽ だ か あの 莞 W お ひ な 

さ るの が、 寂 し /、 お な ん な すつ. や う で 、 情 な 

くつ てた リ ません。. 一 

ii キ .-ぜ る i> ヌひ 4,* ち 

と 友, 吉は いひ かけて、 捲 管 持てる 手。 火鉢の 

ろ へ くら f^. よ .Jcft て み 

上に 暗うな るに、 透して 予が面 を 見し が、 

「おや、 新ち やん、 何-つか なさ り や L ません 

か。」 

い. <ぇ 

「否。」 

f こ fs- た おとた か ^^-1 

とい ふ 時、 駒下駄の 音 高く、 店頭に カラ リと 

止む。 

! 6 かク 《- 

三 曰 月 

あ 一一- -li! 

婀娜た る 5^ せ リ。 

I 友. さん、 お が 出ます;: r 1 

友. 1.:!; は 項 をの ばして、 

へ や ま 4 

「よう、 お 部:;!; 樣。」 

r 默 だよ、 不 I 氣な。 一 

い 3 ゐ ところ 

「いえね、 今 もさう 中して: e た處で ござ い ます 

ど むら や へ や さま S 

よ。 何う も 紫 谷 の お 部 31!- 樣 は お う つ く し う 在ら 

つし やる つ て ノー 

「ふ ゥ、」 

わら おちて モむ はしら 化-な t 

と 笑 ひながら 面 を 背けて、 柱に 背 を 凭た せ 

,てら も ふ 

つ > -、 たそがれの II ぶ を 仰ぎ、 

み か .っ きさ £ 

「お X、 三: W 月樣 だ"」 



つ!; __■ s ぶた あし ... 

と 眩き つ > -、 J1 まに 二足ば か" 外へ 出で.. -、 

「あ、 あ、 新ち やん、 新ち やん ご 

予は ISIS! りぬ。 

ば # 9- 二 こ ニニ 

『乳母さん、 此 4g だよ、 此處 だよ。」 

と 手招せ"。 ?:? 母 たるべし。 容色よ き 11 人、 

t あいく て 

四つば か" の 愛々 しき を さな ご の 手 を ひきて、 

すね こたた さ » 

招かる、 ま、 此方に 向 ひて 來 ぬ。 

「あれ、 坊ち やま、 お 銀さん が。」 

う *i たち ど J* 

とい ひかけ て?^ 母 は 立 停れ リ。 

ぎん , <たゐ つま つ <11 、 

お 銀と いへ る は、 ^ の; g を踞 ひて を さな 

ご の 手 をお のが 手に 持 添 へ た る。 

Assi り ほ、 么 んは 1:--; で 

友 吉は微 "ズ みて、 斜に をめ けたり。 

「坊ちゃん、 入らつ しゃい まし。」 

5 K そつ. : た て か 

母 は 其-;:,. に 手 を 態け なが ら、 

【あい、 と; 挨^ を 遊ばしました。」 

心 着けられて を さた ご は、 

「あ。」 とい ひたがら 傾きぬ。 

-.. ん にち 

「はいく、 今日は。」 

9 こう r.w ま 

「お 利口で ずね え。 よくお 覺ぇ 遊ばした。. 一 

づん や „.: y た 

とお^ は 、^を 撫でぬ。 

1.1 い V- ん 一) *S いさ, 

「こちらの 様に も、 御 挨拶 遊ばせた。」 

なに よ 4S • > I- 一-」 C hi-,. し 

何 を予に 思へ とや、 秀の兒 を 推 向く る、 t; 发 

^ W* み * - そ 0/1 うべ VJ 

らしき 目の. 卞 を^り て, また 其 を 下げた る 

とォー 

時、 



「あら、 ちょいと あなた 御 進ば せ。」 

i .A : り 一ん 

と 千 を 顧みて お 銀と いへ るが、 あでやかに ほ 

ほ 笑みぬ。 

よ いど i ェる むね ひ£ ひ 

あはれ、 予 をして 抱かし めよ。 予は其 胸に 額 

を 伏して、 E=- ひの たけを 泣くべきな り。 

i もみ • 一く s なプ 

予 はた I.* 笑 を 化み しのみ、 もの を も いはで 瓿 

きぬ。 

や 乂 ありて 乳母 はお 銀に いふ。 

一 お, 湯です か。」 

「は あ、 お前さん は ご 

「何^へ。」 

とも? と 

と友吉 もまた 問 ひたり。 

5 に そ ? たへ かた ごし ほ £ 

乳母 は 其 答 はせ で、 一 屑 越に を さな ごの 額 を 差 

のぞ 

f 、 

ぼつ • £ > 一 ,,. ? :! 

「坊ちゃん 何處へ 行って 參 りました つけね、 

ね、 坊ちゃん。」 

と 一 間 ひぬ" 

を さな ご は 答へ? 5^ で、 いぶか しげに 乳 iij の, 

を たり。 

-.' そら ち ふ ,t .6 づき 5,1- S . 

乳母 は を 仰ぎて 三: n 月 ^指しながら、 

V ま さま 

r の 、樣 ね、 の 、様。」 

つ S at... いへ < .0 や S こズ 

月 は 恰もむ かひの の 土蔵の 屋极 と、 角 の 

窓と-" あ ひだに、 すら/ \ とたけ のびた る 柳の 

梢に 靑く か、 れ"。 乳母の 言に W: りて、 を さな 



W な: 一一. J ひし 4S 

ごに さと リ けむ、 いたいけ なる 掌 を犇と 合せ 

み J1, づ? -f ちお- r- 

て、 三日月 を 打 仰ぎ、 

かる VJ ん -たく つ-ま <t 

「が 檨。 病氣、 の、 樣、 あ、 の、 樣、 あ、。」 

ふし V.A あし. つと SJ- か 5 

と伏拜 む、 足 許 塾宋な く、 よろ けて は、 乳 

ぼ て • 3W ひご ふだ 

母の 手に 支 へられ、 うつくしき 迷子 礼 ゆらく 

ち.^ めん .K び ふさ をが 

と 淺黃縮 の 帶 .163 やかに 結びて さげ、 また iPt み 

て 屈む とて、 砂 を くに ぞ、 お 銀 は 其 尖 を? S げ 

持てり。 人々 は 見て 目 を 合せぬ。 を さな ご はな 

ひと いら . <n かへ ふし, V;\ , 

ほ 人の 答 へ ざるに 綠 返して は伏拜 めり。 

ベ ま 歲 

「 の 、樣、 あ X、 Q 、様、 あ > -、. 一 

こら ん -?, V さき つ C ば 

1 へずな リ けむ、 お 銀 は 店頭に 踞 ひたる ま. -、 

XZS ひざ いど 

橫# に 膝に. a 一 き あ *ナ C 、 

二?.、、 いまに 快くお なり 遊ばし ますよ。 ぉ樣 

が 御病氣 で , お 寂しから ラ、 おか はい さう にに 

た * ど と > さ-ち きつ 5 y み 

と 涙ぐむ。 友 士 2 は屹と 乳母 を 見て、 

「乳母さん、 惡 いこつち や た いが、 Sis な いこと 

を敎 へる ね 二 

i 紙 を ^:: 向け てし ばた 、きぬ。 

乳母 はし をれ て 首 を 低れ たり。 

, わたし わる 

一はい. さう お つし やれば、 なる ほ ど 私 が う 

ございました。 ついお もりが てらに お まゐり を 

します もんです から、 いっかお 覺ぇ あそばして 

so I- かん にん 

おちゃ ま 御 ijf 忍な さ いまし。 も う.^ 母 

てん 

樣 はすぐ によく おた リ 遊ばし ますから、 そんな 

1 



( 50 



mi 

笠。 4 


m 
も 

朝 5 
レ〕 


士 e 

O 

白 

た 
く' 
ひ 

•*、 

さ 


東^ 

m 

の 

水 さ 

塞つ 

さ 

せ 

ず 

し 

て 


千ち 
代よ 
八 や 
千ち 
代' 


權 


1* 

L* 












た 
き 

片£ 

膝; 

立 C 

ち 
ぬ 

HI if 
の 

ずち * 


の 
if- よ 
が 

眼 も- 

ど 

遮: 

V 

し 

が 

め 
れ 
と 

見み 

る 

時き 

にら 
ぎ 


た 

n 

肋; 
骨 S 

< 

O 

色- <^ 

の 

力、 
IJ 
し 

人/じ 

の 

m 


B きき 
に 

HI 

'ハ 
か 

人 さ 

々ぐ 
の 

21- 

仄^ 

た 


ひ 
か 
け 
し 

2 ぐ 

mi 

ラ 

る 

み 

さ 


ラ 
で 


で 

お 
つ 
し 
や 
る 

ち 

ラ 

( 

胸 を 
が 

裂- 
け 
る 
や 


坊さ 
ち 

や 

ま 
は 
ど 
ん 
な 
で 
せ 

乳 ぼ 
母 あ 
や 

母 も. 

樣£ 

が 

と 


お 
い 

で 

遊 £ 

ば 

す 

の 

で 

私き 
で 
さ 

心-: 

し 
の 


ず 

さ- 
遊? 
ば 
し 

も 
た 

、* 

お 

ば 
力' 

つ 
め 


it 

か 
し 

て 

mi 
が 

輕 i 
ラ 

CO 

お 
つ 
し 

ら 


と 

ば 
す 

ん 

-V' 

ま 
ん 

御お 
氣, 

か 

お 

m 
き- 


も f 
L 

■a: 

來' - 
る 


my 

お 

ち, 

る 


お' く 

;' Ifi ミ 

V 


田き 


い 
ろ 
の 

や 


W- 
麥" ^ 


野。 

の 


し 
て 
見み 
せ 

し 
よ 


や 

お 
て 
着き 

し 

よ 

手: 

m 


,円で 

て 
か 

め 

m 
m 

o 


千ち 

2D、 
百 e 

m 

!) 

m 
ぎ 


わ 

た 
し 

み 

ゑ 
水 さ 
仕し 
事 ま 


玉;: 

を 
お 

と 

m 
をら 
焚 S 


佥^! 

m 
に 

米ミ 
は 

か 
る 


黃: 

金ず' 

桌 £ 
は 
力、 
る 


叙" 

さ'. 
て 


出で 
來き 
m 
は 


驛 i 
% 

お g 


手: 

ひ 

氣き 

% 

m 
ひ 


の 

m. 
田 だ 
に 
植, 
ゑ 

進 T 
む 


to ズ 




< 

れ 
毛' 

る 


水 さ 
に 



El め 

mi 
か 


の 

来 「ぶ 
し 








ほ 

花 
全 
集 

十 

五 

吸 


心 5 
のろ 

m 
の 

mi. 


し 
れ 

-^、 、 


mt- 

の 

松, 


あ 
ひ 

の 


し 

砧;: 
にた 


る 
荷' 

は 

玉' ミ 
の 


mi 

は 

'齡 

ん 

で 

荷 

が 

お. 


菜: 

ま 

ば 

ゆ 

や 

角; 

か 

し 


が 

た 
ら 

し 
ま 
し 
よ 


私!: 

ひ 

し 
よ、 

m 
入', 
し 

し 


あ 

の 

提; 

は 
ま 
mi 
ぢ 


馬 * 

士- 

た 


馬! 
や 

叱 k 

る 

な 


馬 * 

士- 
よ 


案チ 
山、 
子"" 
ち 

で 


'地ち 
is? 

ん 

い 

で 


や' 
道ぎ 

m 

影'; 
や 

m 


月 S 

の 

影 =^ 


か 

に 


が 
來ぐ 



5 



, 52 



妙 も' 
な ち 

つ 



て の as 

五之卷 



ゃ叟 ざく b 

山 樓 

«> SW くち ) 

「美人 だ、 そり や 口で いふ や-つな もので はない。 

•s み せ いやつ じん ぶい なん 

ぎなん. か £ 洋人 だとい ふと、 ー衡に何だ、^|櫊 

け せいたか ...-«.9 ばな どん vwft 

の 毛の ち れ髮 で、 寄髙 の尖ッ 鼻の、 圑栗 H と 

f ためし 

ばか n 思って る だり. ゥ。 まあ、 もの は 試 だ, い 

なに なか 5 ど た。 わ!: > 

え、 何も 媒約を 紅 まれた 諍で はない が、 そり や 

Ij ,? 5 なか 5 け fr か «■ つ よつ 

御 II なさい クラスん 中の 丈の 高い 奴よ リゃ餘 

Kl^ が 诋くッ て、 ちっとも を かしから ず、 突 解 

と-一, -r つ.' ■ ほ i け lis せ わ 

する 虚 なん ざ、 まるで; g しい 佛樣が 世話 で 

あ •,: は おち. fSs > やん た ひど 

顯れ たとい ふ 涕が あるよ。 むかう の;: W 人 は. K 

く少く^:3^んるッて い へば 二十 五六で も あらう か 

はたち むら ゐ み 

な、 二十 位に ッきゃ 3- えない けれど、 それで 

せン. せい . み . tJi んな, 

先. だからい、 ぢゃ あない か。 ff«t かう の 婦人 

、ひと で ま * お おも 

は 人た かへ 出て 平氣 だとい ふが 間違 ひだと 田に 

i B ところ 

ふ。 まあ 間? 3 ひで ない にした 慮で, こ、 はとい 

がう けつ --r.s- い にん ひと 

ふ >:1 使 どもが、 七十 何人と いふ 一 クラス だ 

か にい まっか 

もの、 ず哀 さう に いつも 眞赤 になつ てら あな。 

き ところ めつ 

そ" ゃ氣 のぼせ もす る-だ、 りう さ。 虔 がね、 妙と 

いふの は、 あの 入 数の 皆に じ, C く 額 を 見られ 



fc 日に ゃ堪 つた もん ぢ やたい けれど、 そこ はま 

た 能くした もので.。 

Z あ ふ み だいぶ V 5 つ 1;- 

得て 仰ぎ見る ものな し、 大分せ が 俯向く よ。 

ユカ >-,J. ん な た にん 

それが 其 何なん だ、 裂れ ない せゐも あり、 多 人 

数な、. 一 々名が两„^ぇられ るも の でもなし、 それ 

2 ことさら き f わる 

に 面と むかって は 殊更で、 むか-つも; i が惡 いか 

さっち は-つ み. « かほ 

して、 其方の 方 を 見て 3lg て敏 のぶつ かった もの 

をつ かま へち や、 

あなた もん. だい w,^ ど 

(貴 ド。〕 と いふので 問題 を與 へ る だら う。 何 

うして 分る 奴 はすくない から, 問 はれて まごつ 

4W- 5 C こら- ナ わきみ 

くの を 恐れ入って、 いや、 不殘 傍; 3- よ。 

ま み . ! ちん - 一ん ク: ひ?.! 

まあ 来て 見た まへ、 君、 なか/ \ 珍 さ。 此 

2 うち さ,. ら は> ベ も 

も 何だった。 ミリ ャ アドが、 内 か、 り 櫻の 花 を 持 

つ て來 て、 時間に 出て、 とつ つきがなかった か、 

うち だま "でって 

はじめの 內は默 つて、 うつむいて、 かう、 兩手 

わお と- --ろ しさリ みつ 53 

で、 胸 ン處へ 花 を あて V、 頻に 見詰めて 居た つ 

モ ど 5 つ < 

けが、 其 何-つも あどけなく ッて、 美しく ッて、 

ひん irjt* な/、 み 

品 の い、 趣 ッた. りたかった も 5、 澳 はじめ 見 

とれた さ。 するとね, I:- とかい ふ、 一の 樣な英 

-St- ひと. U- ね ) si そ 力 

雄が 一人 クラス に 居る。 其 に 其 H がぶ つかった 



と えて、 

あなた . なに いろ 

(費 下、 何、 此色 は?〕 

よ さく、!' み ゆび 

とっか C と^って 櫻 を 0? せて さ、 そして 指 

と -っち ャ! い; 5- つ も 

を さして 問う たんだ. - わ、 ざく 內 から 材料 を 持 

き く ふ, *卞: ん こたへ えいご 

つて 來た 位、 腹案が あった. らし ,。 ^ は 

です る ことにな つてたん だが、 桃色と でも、 

くれな & ほ み 

紅 とで もい つて 欲しかった ものと 見える。 そ 

あ; M.- わ. 5< 

れ にしち やね、 君、 對 手が 惡 いぢ やない か。 僕 

.*s-w を み はから ま 

の やうな 風 維男 を、 それ 見 計って 聞けば い >- の 

こ 

英堆ゃ \ しばし 無言で、 口 をむ ぐく とやつ 

ゐ ぎ s-.<-5v テ, -ブ * 

て: S3 たつけ、 仰山に 卓子 をた >- いて、 

(む \、 や、 やまと 魂 10 とやった。 わかる 

ま iv 

つ-つ とひん へ 

通じない ので 問 返す と、 

だまし ひ い 1 つ ユカ 

(やまと 魂 の. 色です。 其 やまと 魂 ん> -, 

ジャパ -I 1 ス:: ) 

とい ひかけ て、 してやつ たとい ふ 額で につ こ 

リ して、 

(ジャ パー I - ス魂 の やうな 色です。) ッさ、 秀 

: この ひと -ー えい S.T t? く-り と 

句 だね。 此 入に し: 此答 あ"" 英堆、 山 樱.: 解 

いたんだ 君。 

t>e た- 2£s も ふ"? ん 

と 見當違 ひ の ^衆 だ か ら 、 ミリ. r アド は 

を し て , 





た 




口 各: 此み 


で 






見み 


ゐ 


•9 




る 


反 こ い 








m. 


ッ 






で 




mi ひ 




ら 


と 




め 




リ そや 






ま 


何-' 、 

時^ 木 も 
も 綿? 


氣 e 


を と 


だ 


ち 


も だ 


な ど 


さ 




れ 


で 


は 


で 




や 才し 。 


W 


跨. き 


た 


の 


少すぁ 


し 


m 


や 




ん く 


め 


し 


る 




に 






あ に 


く。 


が 


Lft す 


た 


し の 


ぬ 


は 




ね 


ざ 心- F 


ひ 


た 


の 


い 


力、 


傍- キ 




が 敏 




た 


C 


つ も 




ち 


け 


ど 


ど 




人-し: y. . 
に と 




と 


が 




ん 


ん 


つ 


し 


い 


に 


ッ の 




せ よ 






あ 


め 


し 




MS 


の 


で 




だ 


て を 


じ 


で 


其 そ 


と を 


一 2 


て い 


お 


ら 


つ 


ま 


へ 




な 


か 


、' 


し 


け 


、 歩 * 






の 


入! ミ 持ち 


色〜; 


笑お と 


宅, 


で 


た 


1, 






mt な 




た 


れ 


_a み rr 




< 


m 


つ つ 


で 


つ 額 1 


は 


す 


m 




m い 


の 


だ 


子ナ 




居む 




ど 


て く 


つ 


か 




ち て 




た を 






か 




に 


ら 






る 


で 




< 時 善 


む 


ら 


の 


や る 


^-' 




i 


し' 




し 








た 


や 




其え 


れ だ 
が ° 




■an た 


直す で 


m 
だん 


ノ く 


レ、 


て 






-v?-? 零 S 


ひ 






じ 




つ 


は 




m 


のり 


ぐ' は 


-fj し 


•^、 


ラ 
た 
よ 




氣き 




は 


何》. 




m,z で 






し 他 ま 




ど 


ゆ J=: 


m な 

場 i い 

へ'' か 


つ 


い て 


な 




が 


な 


で 




の 






ひ 


に の 


か 


し 








レ、 




し 






ち 




m 服: 


ま 


だ 


風! 奴? 


ら 




で 


—も'; - 

巾?. 

だ' 


う 


や 




た 


人; ミ 




め 




に 


装 《 






を あ 






行" 


出^ 3 


い つ 


ね 




ん 






ん 




や 


が 




K ミぎ 、 


し 


其 そ 


つ 




て く 








で 




本 


ま 




ち 


sag 






' J t, 、 


を 


ふ 






■0 し 


3 






つ 


や' 


IJ 








力 》 


ひ 




ら 






濟す 


つ 


か い 




へ. 








ち 






を 




恁か 




通き に 


し 






む 





. ( い、 え、 色です。 色の こと。 一 

とや W 返す と, "あ 雄 Is 丈 だかに なって、 

-な あ、 i い ふ ,し で 、 么 の や うな 聲 

• た. こ ぶん SBV い iS まと 

を 出す,.」, 兒分 大勢、 違 ひません, そり や.^ 和 

ビ 

: まし; :! やまと 1- 、 ろ た、 こ N- 

魂 、 大和心です。 と蠱 みかけて 五六 人き そ ひ 

たって い つた もんだ から、 そこ はもう 一 ^-^n 

>. ^ん おも たてと 

分 の 思 つ 一 る こと を 立 通 し て 、 

ハ い 、え、 違 ひます 

一 4- x と どま -ひ 

(違 ひません 大和 魂 !) 

? まと だまし ひ _ 

(いけません 大和魂! いけません。〕 

と きつば リ いって、 つんと むから を 向いたん 

たま -1,、 か じ 5 5 もつ にん 

だ" さあ、 *i らたい。 M 水の 千械を 以て 仔 じて 

*, ん が しづ え. 5 

る述屮 だから、 恁 くい はれて II まる もの か、 ^ 

雄 腕 まく" をして、 

(何 だ、 いけない。) 

et た で 

と 席 を 立って、 づ いと 出る と、 ばら., (-と 五 

六〃 列を亂 して 立つ やつ さ。」 

女 淨 瑶^ 

しつれい rrt だ ** しひ なん 

「_: 失^な &和 魂 がいけ ないた あ 何. だ J 

si 問し, c くご 

キみ いき; li ひ つめお 

ッて、 ! |«、 たぐ リ かねない 勢 で 詰 懸け るん 

だもの、 ぢぃッ と ながら あとず さリ をして r*^ 

<>. さ J ろ v ゥっ 

口の. ai で 押お け、 りれ て、 I! 



- u- めん ,_.!, めん > かた -£ » 

一 - 御免な ご い、 御免な さ い。 一;' て し い?^ ャ、 

わびたら うで はた いか。 

あたま ぶ ぶ ム 

やつく あの 頭 を 七 分 三 分 に キ チ ン と 濡 ら し 

! ue しろ かんじ と リ 

て 分けてる 色の 白 い 幹事が 來て、 みん た を 取お 

さへ て- やう /\ 治めた が、 ミリ ャ アドが ね、 

r ぶん- キみ て い 

廊下 を、 君、 俯いて 出て 行った ぜ。 

i ぅ來 やしまい と 思 つ て 、僕なん ざ 、 m る 詰 

かんじ S う お. こ ,;,• ひ 

らたい 感情 を 起して ほる と、 あくる 曰 も あ ひか 

て キー ーズ よ-つ.:,; リ 

はらず 出て 來 たが, ひどく しょげて、 無 用心に 

や-、 もの もい ひ 得ない。 もとから ちっと ふさぎ 

こ *- んな い らい か.. べつ 

込む 婦人だった が、 それ W 來 はまた 格別 さ。 け 

その ぜる さ 

れ ども 其 故 か、 いっそ 氣に、 しとやか になつ 

ゑ ぼ み と 1\V なに 

て、 ときたま 笑 額 を 見せる 時 も、 何 か あはれ み 

Z み 

を 乞 ふやう に 見える、 し をら しくた つ た から, 

一 ? だいき よ 5 えつ 

僕なん ざ大 恐^。 

かう だん 5:5 し やつ- ブ- *- 

おかげさま であの 學校は 男 欽^の 洋服 着 こ 

なしなん ざこ つた もので 十.。 どうや- リ然 うみん 

かほみ は さ み 

なで 額を见 た"、 張る 氣 だ つた" する を M る 

と、 敎師 とはい ふ も 、, S: だな、 まるで 學校 

たばこ や し } しん .v:l- 

の かんぱんの やうで、 煙草 尾の寫 眞 だの、 S 

や あにら 

厘の 油 翁 だのと、 たいした 違 ひ はないけれ ど- 

なん «^ ゆたか 

あ リゃ何 だ 思 ふに 豐 でない らしい: い 

,i 力 》>< う こ あか 

其 證 據に や、 それ こそ のつ いた もんなん 

ざ、 さ す が^ち や 出たい がね、 もう ちっとも 飾 



C 53 



y なん * ま o つ と ろ # 

1^ いて ン .5 よ、 何 だ、 化^;まはしに;^な虔へ 持つ 

て 來たぢ や あない か。. 一 

「いえ、 Bml- なし IS き 5;5 へ。 さう すると、 其 

何 か い ったが^^;ぷだからゎからなか つた。 が, 

濟 L て ( いえす〕 と 答へ たさ。 一 

ど >.-t V 3 r > ---r ひご 

度胸 ゾメ い >- もんだ。 al^s- だよ、 此 人はゾ とで 

ふ いやしない か。」 

: 大き に さ。」 一 

r SK にん -S 

「そこで 御 本人 (いえす) と i<? へた は い、。. 一 

「咋<*,だ^*られ。 は けれ ピも、 く はし 

ひ.. ち ユカ- 1 ち C モ 

く * 地 をい つたよ" で、 其 家 は 前で 舰 いたば か 

くわいだ ラ <0S ォ 1 

W だが、 ち つと も會 《1^ らしく はな い、 柴ぼぶ 木 

ど つき ,u み よ 

戶 附で、 すぐ 緣则が えようと いふ、 ま づな四 

ま けんや ,..ど る な ふ t- ひつ 

はか リの 一軒家 だ。 門に 古い 名札の 引べ がし 

た あとが あって さ、 其 わきに 假名で、 ミリ ャァ 

th" み はちの き 

ド とば かリ、 窓 かけ も 何にも 见ぇ ない。 鉢 木が 

M つ ヌん 

三つば かリ緣 S きに あって * すかす ときものが 

かけて ある、 女 は W と见 える。 婆さんが」 お を 掃 

い rsg たつけ。 間 逸へ てうち を敎 へたんだ けれ 

ど、 別に それが 樣 にもなら ず、 見た ばかりで 歸 

つたが、 君い 、ぜ。 r たと いふに、 まあ %て 

み たチ じゅ" t ぶれつ た *!.. 一 ど.; ふ i. く か ぶん 

見 4" へ 、授業料 は 女 義太夫へ 十:" ばかり 行く 分 

だ、 安 いもの さ。 J 



- 一、, •.」.--> ひ i-.-.i たハ liy-.> し-:: ノ 

と 壁 越に 人 ら ぬな M 談話、 次 こ、 にある を 

知らで や る。 

なされの 歌 

r かん て々 1o と- r ぎ やつ..,? いり. K ぶん ふたく さ 

時 叫 は 適\ぱ なり-。 東京^ 入 薪閬ニ はかり 

よき そ はっしつ 

諠み閒 かせ た ま はむ に は、 其 9 報酬 と . k を i 

つ キ ヽ、 ゥ: -IJ きふ 

て、 月々 費 を 給すべし と、 ミリ ャ アドの いふ 

た- 「-ノ ナ£ 4 さ-ぶ ,.0 ょリ げ く 

ま \ に、 《お 時 渠が住 ひたる 麻布の 最 寄に 下宿し 

» ひ f 二-そめ ちと んニ 

て、 日毎 其 許に 通 ひた リ。 

上 京 せ し 後, ミ リャ アドに?^ な ひ た る は、 は 

A" C み ufc S よる 

じめ て 都 を 見た る 年の 冬、 クリスマスの 夜な リ 

气 

ぐ わい- -X じん な .r ルザ ン 

外!:の^^人 の名だかくぅ つくしき が、 洋琴 を 

赛 で、、. ゎがナザ レの-歌を^^か番紐ぁリ。 来り 

み モク よ やつし -ュ によ や "し 

見よ- と 其 折から- 予が 食を梳 助した る 林な 

,\- 二 てんし ひご -i さる 

にがし ◎ 男に、 、.E 子と いふ 人、 予を _ ゆ ひたれ 

ば 行きぬ" 

ず-、 しょ あんしょう くわい わ ふた 

を さたき もの 乂 書 Q 諳誦、 會話 など 二つ 

み す ク やっかう しんし かんわ 

三 っ濟 みし 後、 洋行が へ リ の 紳士が たせし 感話 

とい ふ もの, あま 》• 長 かリ しかば、 予 は-おかき 

膀爐の 傍 を ば^れて、 入口 olSih に 番人が 住め 

ひ.? * J ,ゾぺ だ-つ ,. わ i そ C よ 

る 1 室に 入りた リ。 i};! 一 堂 に會し つ \、 其 夜の 

M た け な はなる ® なリ しかば、 室の 片^に 

煤けた る 笠 被せし 二分 しんの 釣らん ぶの か- -れ 



るの み、 火鉢9火も消々(.-りしを、辛ぅじて 

につけて、 つめたき 風 心地よ くつ けさ まこく 

ゆ、 りせ し、 煙の 形お もしる く 、むらく と 低 

I た ふすま 

くな びきて むかう ざまに 立ち わたる、 換 のか 

はしら ん み &| 

げの、 うすぐらき 枉 のなかよ リ、 . 髮、 容、 あざ 

け は をん な ズ 

やかに、 うすく 化 被うた る 女の 十七 八と Ma! しき 

が、 に 出 でんわが 方に 進み 寄りぬ〕 

,1 一 ft ん S 一- > 

「御免 遊ばせ。」 

思 ひ 懸けず、 予は すかし たり • 

S! と tlsj r わ. i-l/-, しん 

「あの:: 誠に ゆし かね ましたが、 外^人 だ 

ものです から、 それに 何で ご. さいます、 あっち 

s« .. づ つう ナニ 

は 大# で、 頭 がして なりません さう で、 少し 

ばかり 休まして 居リ ますので、 飛んだ わが ま、 

な、. &譯 もない ことです けれど、 何卒 あしから 

たい は に -Is. 

ず, 大そぅ あの、 何 を、 嬸 がるんで ございます。 

... > ま£ 

もう iJS つけが まし い、 屮 しかね ますんで すが • 

お 煙草 を、 あのち よいと 堪忍な すって、 いえ! 

-- 二 ----4- た 一 I じ .1- つ 

もう 此; はかま ひません。 何 誰でも 御自. H にめ 

しあが リ ます。 どう いたして 咎立 一-を いたすな 

んて、 あなた. 飛んでも ない、 どういた しまし 

て。 さっきから ちょ いくこ X へ ぉ人リ なさつ 

みな なん 1-£ 

ちゃ、 せさん がめ しあが" ますが、 何とも 巾し 

はしません けれど、 あんま リ おお. 審で 私 が 差 

出が ましく ぉ敏 み. S. す 5 でございます =- ijs さん 



、© 之 s:l 



にん li ひ ご わたく, 一 きす リ 

は 二三 人づれ でお 人り 遊ばす ので、 私 も械が 

ちる } そ み 

惡く つ て 申さ れ ませんで, 其まん まで 見て. まし 

とし わか . ひとリ 

たつけ が、 ついお 年 もお 少し お 一人 だ もんて 

すから まあ. m '上げて 0^ ようと 存じまして, つ 

き くだ ど ちん 

い、 お背き 下さいまして 何-つも ありがたう 存じ 

ます。 飛んだ 地獄です こと、 お ほ \ ごとば かり 

たち よ -? 

立 あがる を、 予 はた 默 してうな づきたり。 

i!z な そ かたた ゆ.' み 

女 は 其の ま、 彼方に 行きぬ。 すかし =5?;^ ぱ 

ともし r- か D にん-つつむ ひとた 

灯の 光の いたらぬ 隈に、 いま 一人 俯向きて 人 立 

み S 3 は-一 つ 

てりし、 と ると き 其 もの 步を述 びて、 上靴の 

音な づる や-、 に 近づきな が ら 、 

「すみません。」 

た •、 > ? * 

i 正しくい ひたり。 思 はず 立ちて、 

「 ミ リャ アド ! j 

. 十- よ ひとあし 

とば か "3^ み 寄 "ぬ。 ミリ ャ アド は 一足す さ 

りて、 ぢ つと 此方 を 見詰めに き。 

しばし ありて、 來て、 うつくしき 手 をのべ 



マ 



予が指 はわな、 きぬ。 あはれ 此 上手の かな づ 

ち 3 ざんし - つた す 

-ょ。 、山 子の 「な ざれの g^」 に は 過ぎたり。 



ひ 



翠 



ぶか ? る C たた み 

ミ 3X ャァ ,トは 深,、 も の 思 ふ 目 に 此方 を 見 て 

5 び あ ひた こ-ろ こ 

宇 の 問に-い を 籠め つ 、、 



-,. ケ二 い と ふ お-つ 

と H 十 や 詰り 出で たリ, - 頓に應 せむ すべ あら 

で、 しばらく _ ^を 01 合へ る 折し も、 ハタ. (-と 

て 5 Ri| し,. -し かんわ は おも もち S 

手 を 拍っ音 。 紳士が 感話 果てつ と 思 ふに、 忽ち 

と «i あしおと や, S さんし いそ 

戶の 外に あわた 2- しき 觉 音して、 、山 子 は 急ぎ 

.,-7 い i ひと * ろ さみ 

「それで は 唯今、 ちゃう ど 人 も 揃 ひました。 ^ 

% たまへ。 ミリ ャ アドお 举 くご 

なに せ を 

と 何 かしきり に;:!:^ き れり。 

む ご り- て ぶ < る 

ミリ ャァ * ト は.! つ; 1" なりし が、 その ま \ 手袋 を 

A -っ ちそ K- か、 し たちな ば 

肥ぎ て 打 揃へ、 衣 % にいれ て 立 W リぬ, 

傍 より、 

「來 たま へ 、 1^」 

とい ひ あへ ず、 、山 子 はいそく として 出て 

ゆ > よ みかへ • , をん な た«- ひ 

行きぬ。 ミリ ャァ * トの予 を 返る を、 女 は 互 

f み . 

を 見て 、 

「まあ、 あとでお ゆっくりお はなしな さ いまし、 

待って るで せう、 あなた。」 

うな づ くと やがて、 出で. -1、 あまたの 來 ii: と 

ち rB< せい た にん. ふ ft i ナ > , 

女學生 多 人數が 二なら び 椅子に か、 れる なか 

L ゆく H 一ん よこ そ よこ とさ 

を 、粛然として 横ぎ リ ぬ 。 其 S 横ぎ る 時、 わ き 

f , ひだ U- 

め も ふらで、 さら />-.• とさ ぱく とて, 右に, 左 

i ナそ ビろ ひと くつ 

に ひ だう つ 裳の、 泥 まみれ た る 人 靴 さ きに 觴 



る >< もい と に で 、 た を や か な る 身 を や X 撗ざ i 

ひぶ さいど ム ^fcrt* 

に、 せまき 人 たかをす リ ぬけつ. 1、 8 傍 

す ナ < プノ - つち お 

に据 ゑた リ ける 洋琴に 打む かふよ リ ち にうた 

ひ はじめたり。 



ぉ夂ま S 

一; 大窓 Q 髮、 

9 5 ゾ 

0, 



衆 はみ な 耳 を 澄せ り。 

ち ^ ざんし いろ * 

、山 子が てらく と ぬれ 色 せ. 

$^ ん て-つ 

ていねいに 撫附 けた る が、 ff の 一 抑 ー揚、 光 

たく ぶ P -っご 

澤を おびて、 七分三分にぁなたこなたに^§ぃて 

み 

見 ゆ" 

tv よく 5. び ^ ふ う クー づ? よ 

m は 讚 美^、 九十の 譜、 歐 こそ は rilM 夜の、 

お ..: つじ て-つ 

ナザレに 於け る 羊 かひ を 七 五の 調に てう た ひ し 

よ ちゆさん し i よみ 

もの なれ。 予 はしば く、 山 子 Q n ょリ讀 きか 

-VQ つたな そらん 

され、 其 拙 さ をば 諳 じたり。 

> 一 *- キ よ そ 

ミリ ャァ ド が聲 の 洁ら かなる と、 あま リに其 

ち { よ ひと 

のしら ベの 妙なる とに、 予は人 ごとの それな が 

はノ まった 

ら、 う、 し 取 かしく もまた あはれ なる に、 み fi く は 

聞く に堪 へず、 歌 は いまだ 中ば なる に、 座 を 立 

ふな. - ばんにん し 一 1 L0 い 

ちて 再び ^人の 室に 忍び入 リぬ。 

耳は蔽 ひたれ ど、 萆の 透れば、 なほ さわやか 

かつ さ, ^ こ ©S どつ 

にぞ きこえけ る。 かなで はてつ。 泶 Q 肆哄と 

起リ て、 かなたに は?^" り もやまざる に、 ミリ ャ 

す パ& £ と ぐち かへ せた 

アドの いたくつ かれし 姿 は、 疾く戶ロに5^リ^^ 

れり。 女 は ハタと あと をば S しぬ。 

「まあ、 ようご ざいました ノー 



55 



C 56 ; 



ミリ ャ アド はヒ いきをつきて、 衣 § ^ょリ 手袋 

とリ いど JS. よみ 

を 取 出し 片手 を はめながら 予を 見た リ。 

i ,へ かな I 

予は その つかれし さま: ゆるが 悲し 力 リ き。 

慰めむ とて 微笑みて、 

「あんな 長いの を、 よく 覺 えました。」 

ふたつ キー わたく しづ つ 5 

了ん、、 二月 か-' リ ました、 私 頭痛が して、 

*_ ぶん .?,> § 

氣へ 刀が惡 い。 よ,、 覺ぇ- りれ ませんで. ことわつ 

かみ つとめ 

たの。 けれど も神樣 にっかへ る務だ と いって、 

か/にん わたくし <E.« 

^忍し ません。 私 どうし 一- も 覺ぇ. り れ ないで、 

あやま リ +r< した けれどもせ きません。 頭 1= がし 

ひど 

ま L た 、 酷-つ ございました。 あたま が 重く ッ て 

お つ,. M, バん S , ノ ぉぽ 一つへ 

起き、 りれ た:,。 無 gj に 勉強して 甍 えました。 上 

ナ Vj はブ お ぼ 

杉さん、 ^かしい, あたた は覺 えがよ くな つた 

でせ う。」 

としみ ん、 と いひて またとい きせり。 

予は おも は-す 愤 然として、 

「あんな、 つまらな いもの を。」 

「え.' 一 

「何です! 子 { 寸&、 にもた リ やしない. -.1 

ナな .VU 

いひ 捉 てる 胸 はすが /-\ しく な リ ぬ 。 

んな よし て li- て 

女 は 横 をむ きて 手 を 其の 面に あてた リ。 

ミリ ャ アド は HI を睜" て、 さわがしき かなた 

み て おくろ さ 

をキッ と 見た るが、 び" V と 手袋 や-裂いて すて 

て、 



わた Z. し 矛. if ン ねん 

「 私 は 洋琴 を 十 年。」 

とて 身 を ふ る はして 忍び泣きぬ。 

な,.? J すがた た r 

やがて 端然と ^を 正して、 

かへ しに す う,、 す V- 一 

f 歸リ ませう。 一緒に、 直ぐ、 上 杉さん。 こん 

け-?. わ; わ;,.. し さい-て. 1 f や 

た、 こんな 敎會、 私 は 最初から 敏 だった の、 

曰 本のお ともだちが みんな 潜めます。 きかな い 

さび 

と, もう ともだち でない とい ひます から、 寂し 

I さ -? -: 

いから 參リ ました。 あんた 跌、 それでも みんな 

立^た 歌 だと い つ てだまし ました。 口 ^ し いこ 

と、 そんた もの に あはせ るた め, 音 樂は s« はた い 

の を、 みんなで、 ;;^ をた ぶった の。 まづ い 欲、 

わる ひ. "-に £i,i た. Ac- 

惡ぃ人 もう. X 達 に た つ て いりません、 高 $:: さ 

ん。」 

やん た み 

と 女 を 見て、 

か へ う へ す V 一 

「おいで! 歸リ ませう、 上 杉さん、 さ。」 

ふうさ-りん け しき おもて 

と 風采 凜 として、 氣 色ば みたる 面け だかう、 

とい い Ipri- ち S ざ,; -し 

戶 を出づ ると 入リ違 ひに、 、山 子 はもの を か、 

へて、 であ ひがしら、 うれしげ に立迎 へ、 

わす けつ I 一う お... リ, S P 

「よく 忘れないで。 構、 贈物 を みん たに 分 

けました。 貴女の が、 番 です。 は、 > 、、う 

つくしう ございます た、 が 贈! =- ました か 知ら 

ん。 一 

V- でつ 4- ドム わら たか S, ... すュ. 5 

i 上 據廉の 笑 ひ 高く • 一 雙の 翡翠の 剝 製なる 

を、 見よ がし! -.、 ミリ ャ アドの 胸の あたりに 差 



寄せて、 

ひ す-! ; すん 二 リも 

「ね、 翡翠、 翡楚 贈物。」 

'S ft.., 

とい ふ聲 やまず。 ミリ ャ アド はお もて を 赤め 

て、 手 强く拂 ひ 返け たれば, 渡さむ として 手の 

弛める、 , 籠 は ハ ク と宋に 落ちぬ。 

つ. すん &ち ち 4 ざんし かほい-つ 4,^5,- つ 

翡楚の 位置 も 、山 子の 鉈色、 \ 滿場 の 光景 

4 一 い I 

も、 ミ リャ アドが ひや、 か に戶 を出づ る 時み た 

fa でんと 5 5 

れリ。 變ら ざる はた V 電燈 光と、 つや、 か 

ち さんし ir たま わ 

た る 、山 子が 天窓 Q *! 9 分けめ とのみ 相て、 り 

して^ 然たリ き-) 

ヰ V れん じ S う :5 なん かん;,; 

少年の 情 の 激した る、 何の 考 ふること もな 

ち ふさん r- み かへ た- - 

/、、 、出 子 をば 見 も 返らで、 予は f はちに.. -ーも な 

はれて、 ミリ ャ アド, り 家に ゆきぬ。 



-ft- 之 



57 } 



八 



之。 



Z お 



と ふ. r- ま ひ 4 J ち タ- cf^ * 

れた "つ 戶 も 襖 も 冷 か なる 朝 a: に 溏 か なる 湯 

氣の 立てる が 見 ゆ。 

「ちょいと、 牛乳 か い。」 

一 は あ、 何ラ したの。 一 

す 二 ま r -X いまい lu- 

一 ま あ 少し 待つ て 御覽. 僕が れ、 今 好 い 察 をす る 

か ら 、 ちょい と 、 今朝 米 を 磨い だ ん で せ ラ 。 J 

「磨ぎ ましたよ。 一 

と # を Is る。 

【あつ て くれ リゃ可 いが、 氣 なし. たから 棄て X 

しまったんで せう、 あのれ。」 

「は あご 

と? しる こ » なに す 二 

「磨 水 はぁリ ません か、 米の、 何、 少しで い、 

けれど。」 

「へ い、 何に なさる の。」 

「何でも さ、 少ぅ しあり や; S- いがな あ。 一 

「見 ませう、 待って 預戴。 まあ、 牛乳 を あげて 

から。」 

きへ ゆくて ふさ ほ、 ふ! 

と行懸 る、 前途 を 塞ぎて 微笑みつ k、 

一 それ を飮 まし ッ ちまつ ちゃ 仕 やう が な い ぐ 、 

耳 をお Ik し、 ね、 可いで せう ご 



たか ゥ め み に ひと めし J 

高津は 目を睁 "て 一 足す? り、 

「まあ、 そんた こと を ご, 1 

い たに ュ * か ひ JL i 1 

「可い からさ。 何 他の 日ぢ やなし、 八 rn のこと- 

だもの 構 ふもん か。」 

, . チズ 一 この ご ろ いてい なに ん * 一 

f それでも 何です よ、 s; 日 は 大徵、 何 や、 彼 や、; 

ス れ 5 . ス S . 

iln 勞 をして El? た さるんで すから 惡 う ご ざ いませ: 

う M.^ に さ 、 そ こど ころ ぢゃ あご ざ い ま せ ん. 

わね。」 

「そんな 陰 i 威な ことば かし い つてお いで だから 

. ひと つ ho 、• 

不可んだ。 一 番笑 はう のに、 可 いぢ やない かね。 i 

たか 一〕 す こ かんが 

高< &は 少し 考 へた w。 

1 それ も然 うです ね。 新さん なら 可 ご ざ い ま 一 

.£< t は;' た ^ 

せ う 惡く取 つ たって、^ は 立ても しますまい、 

では。」 

, わ からど E 

f あ ひね, よく 沸かさな くッ ちゃ、 身 體に惡 い 

fc:. へん 

と大變 だよ。」 

f は、 可う ござんす。」 一 

-.; -ク も たか ゥ .i^ つて よ 

牛乳 持ち たるま、 高津 は膨 手に ゆきぬ。 予 は 一 

み ? ゑつ ほい - 

見送りて ひと リ笑壶 に入リ たり。 一 

良 ありて 予が あつら へ を 齎らし たれば、 先づ 

こ- -ろ し." v*】 くに 

ためて 擬梅を 試む るに、 盥を 少し 加へ しな ど、 

そ ふ み かな, Jcvy うち ュモ 二 

其 不味い はむ 方な きに、 思 はず 打攀 みたる 予 が. 

f み たかつ 5 & 

を兑 て、 高 はまた 更に きづか ひぬ。 j 

「^5^リです,ゎ、 まあ 止し ませ うぢ や ああり ませ 一 



5 つ,. f,- ち 

卯月 ぽ日 

が, yN,; お つ S..5 キ- 一一. V 

ミリ ャ アドが 學院に 於け る疫 遇の、 くが 如 

きものなら むに は、 予は あま リ 不 t お 慮 過ぎた リ。 

をし- * う みなよ fci. 

梁に 敎を受 くる も 5 は、 皆予が ミリ ャ アドに PJ 

おも あ 5f 

するとお なじ も のぞと、 思 ひし は? „ ^邀 なリき 

し けさ しんぶんよ、 

さる ことと も 知ら ざれば、 <, 朝 も 新聞 讀 ます 1 と 

て 行きた る 時 も、 ミリ ャ アド はた ほ 臥床に あり 

て 心地 あしと て 起きざる よし、 高津の いひた る 

お 二 こ VK- 、 と 

が、 また わが ま > の 起り しょとの み、. 2 にも、 留 

ひと 》* が,. -a み 

めで 一室なる 額の 給な ど ま はしな どす。 ふと 

おも そ 力 ひ う づ *- ついたち 

思 ひ あた n たる は- 其 日の 卯 tC 朔 H たリ しこと 

なほ かた ひと し 

な" け"。 大方の 人 は 知りて や あらむ 、(えぶ り 

た-つじつ おも い 

る、 ふ-;.' る) の當 曰なる を。 よき こと 思 ひ 出で た 

懐し き ミリ ャ アドに、 いで われ 心ば かり 

の もてなし をせば やと S ひぬ。 

ど さ P 一つ へ f 

一 まだ 何-つもお 寒 いぢ や ございま せんか、 上 杉 

さん。」 

たか ク ふ-; K 

高 $t はか,. 聲を かけて、 ミリ ャ アドが 臥宋に 

手に せる 珈琲 茶 に は、 き 牛乳 を 人 



んか 二 

「lir いよ、 可い よ、 そっとお し、 くさ。」 

む リ おし ザ ユカ ふし ..J い み 

と 無 輝-に 推 遣りて 廿: (臥宋 に 入る を るよ:^ は 

やく、 あと を 迫 ひ 行き 外に 立ちて、 換に耳 を 

あて きぬ。 

返る お IS? す • 

r 然ぅ、 上, がさんが 煮て くれて。」 

むね 

とい ふはミ y ャ アドな り。 わが 胸 はさす がに 

と si 

^きぬ。 

さけ te か n tt し C おと » 

「あれ ごと 叫びて 高 律の 走り 退く 音した れぱ, 

予は 慌 しく 返げ ぬ" ミ リャ アド には;^::^^ょく 

こ 力 i.;t の 

米の 磨 水 を 飲まし お ほせき。 

.sx-t. ち い に W ォ & ひつ. * 

門口に 出づる ひまなくて、 下駄 を 引 懸け ざ 

せ ど と と 3、 ね - や.! 5 ^ 

ま、 S^E 戶の戶 を あくる 時、 寐 覺の敏 にや つれの 



2- え 一 



髮 少し 亂れ たる 



リャ アドの、 身に は 

さ 



ゆるやかに 夜の 衣 まと ひたる が 走" 來て 

に でた るが、 はれが ましき の 越に は下リ 

立ち あへ ず、 si と ひ、 予が名 を i びた る、 

くち を r すみ 

口惜しき 狀 えき。 

C さ ズ ) 

「御機嫌よう。. I 

-ー i かへ 

と いひす て 、其 ま ゝ Jt り ぬ • 

みなし 兒 

ひと うに さ さ > よ ,vf よ 

人 風?^ n きたれば、 予は其 夜 ミリ ャ アドが 



いへ ゆ みち- >3 > 

家に 疗く逍 を、 し を/、 として 通 "ぬ。 かく 

い- ェ ひ. 1§ 

ごとくた" しこ と は 未だ 1 度 も あら ざリし を。 

幾度 も緣& して、 予は あまり 無遠慮な りし、 と 

こ、 ろ, -; 1 

心 咎 したれば たリ。 

> ひ .f, ど と ち しおと to 

まだ, おなれば • 門 は II さず。 曰 も 忍ばれつ 

い き ほひ す い そ 玄ち と とざ 

つ 勢 なく 進み 人る、 其框の はな かぱ閉 され 

たり。 さうな く は 上り も 得 やらで、 しばし \ィ み、 

さし C ぞ け a に はぐち c!h かへ lliM 

差視 くに、 今朝 われ 庭 口より IS 歸 りたれば、 

下駄 を 穿き て、 こ、 に 5? れ おきし その 穿き もの 

f 1 一-ろ * ほ み 

は 正しく 向 を か へて 揃へ て 斑され たり。 見る よ 

り ふと 予を 待ちつ、 あるかの 感起 りぬ。 

急し く 呼びぬ。 され ど低聲 にて、 

たかっ » たか i , 

「高津 さん、 高: # さん.'」 

「はい。」 

こる; み, ^もと きこ と "ひし かげ 

とい ふ聲 耳許に 問え、 ぱっと さす 燭の 影に 

いろみ u ぢリ 

fc. なる 色 こそ えたれ。 しとく と ある 緋縮 



y : ^.^r ^ ru. ri..ii むな ダ-か しごき 

緬 の t| 搦袢 ダンみ 引 絡へ る、 胸」 ね に 极 帶を わがね 

y t- つし しズ. 1 

て、 ゆるやかに 結び さげ, 燭を か、 げたる、 白 

かひな 、 わき/ひ はだ ^-0 

く 肘げ なる 腕 あら はに 格 を もれた る 商の 色 

S き もダひ も- ク く-なつ て 一一 J 

雪 を^く に 燃 立 つば かりなる 紅の 照 リ添ひ て . 

たよつ r か た まハた うつく 

嫋に 立った る 姿、 け やけく あざやかなる 美 

お.; て よ 

しきもの >t ふるま ひに 面 をう たれ、 予 はもの も 

め- * は た 

いひ あへ ず を酹 りて 立ちぬ。 

えた:" たちすがた がた やで よ そ 力お もて 

紅 なる 立., A は、 片袖を かざして 予に其 面 を 



ェ む ダ\ み かう ベ す 二 かた ひ み . 

背けつ >1 、透し 見る や、 頭 をば 少しく 傾けて、 身- 

wtj さ よ VT ま で はも か 

動 もせ ざ" しが、 予が 呆れ 額 可笑し かりけ む、 

やり か わ-し ご ろ.- •> だ 

^ へ 兼ね た る 笑 ひ聲、 ふっとば かリ吹 出す よ リー 

早く、 落す や-つに^ を „ まきて、 身 を;.;? -しさ ま 奥, 

か n t- し い .s'.ci こ,.. じん 

の 方に 走" 人リし は、 うつくしき 外国人た o。 • 

つ!,' ちしば や い いす 

あとに 終き て 足 に 入りぬ e 椅子, に かけた る ミー 

リャ アド は;; 3- るよ" また 微笑みぬ。 一 

たか ソ 5 しろ せな た .* 

高 律 は 背後より 背 を 叩け り。 一 

て 5 rt- リ しん 5^ つこう < 

「お 手柔 かなし かへ しで、 まあ 新さん も^ 構で.; 

ぉビろ 一 

ございました。 お驚きな すった でせ う。. 一 

ど まこと 9. _ 

r 何う も、 實 にごとば かりたり き。 一 

たかつ しき リ うち ゑ I 

高 津は頻 に 打 笑みつ.. -、 一 

ど しん .^M る た-. て i 241 

r 何う して 新さん を 驚かす までに や、 大抵な^ i 

にち r . 

ぎではありません。 もう; 一 n が乂 り の 御 趣 一 

かう でき, , 一 

向で、 やう,/ f\ 出來 あが つたん てこ さ います わ。 一 

ま . さ ふ > み r > S. 

待って、 も ふに、 見えな さらない もの だから、 

う. す せス せい r ' , 

簿 着で あなた 先 がお; リた らう ちやこ さい 

さ P ふる い 一 

ません か。 .5!^ いんです もの ぶる く 質へ て 在; 

らっしゃる のよ- あら、. es- 戲ぢゃ ありません、 . 

ほんた うに、 貴下; を ひきます よ。」 

ミリ ャァド は 肩 を すぼめて、 何とか IJ けむく 

.A. とが ひ じ <? ば,! ぇリ ぅリ ゐ J 

づ をれ し、 頓 をば 襦拌 Q 襟に 埋めて 居た リ 

うしろ は お たかつ 一」, そ, つ , 

背よ リ 輕く 羽綠ら せた る、 高 $i の 手 を. おとおさ 

へて、 ミ y ャ アド は 鋭 を あげぬ" 



V 58 > 



? s 之 六) 



P-Ji- ま 
お i つ た 



59 



「 まあ 恃 つて 下さ い、」 

*• ん, i 一. - つす ノ いん." .0 

予が 方に 打 向 ひ、 す しき B に y;^ をう か ノ: て 

,へす 4.J あたな お つか 3 ん 

「上 杉さん、 貴下 も 母 樣がぁ W ません。」 

しづ こ.; 1 C 

と 沈みた る聲 にこ そ, さはまたゎれを^^かす 

る や。 さしう つむき てうな づきぬ。 

いだ 、 モっ 3; 

かくい ひ 出して は ミリ ャ アトが 其 のこと 

>^ よ な ^;ね , 

を £ i n つ ぎ て、 を 泣 か し む る が \ おな リ き , 

は- くに- \ じん よし ち. - ひ. ご 

母 はわが wc-^ 人な りし. 父なる 人 ゆ ゑ あ 

ェカ ふる ヌ -i か,: とさ 

"て 其 故鄕に る 時、 ともな はむ とい ひし かど、 

大和の 地^て 難くて 蹄み しかば、 さりと も强ひ 

. む め 2vtr な 5 み わた ぺぃ|..;;^- かへ 

かねて、 女兒 3 み 放ち、 ^を 渡 リて米 國に歸 

"し は ミ リャ アド 三 歳の 年 のこと なり とゼ。 

父 年せ いてみ まかり たれば、 たよりな きみな 

C 乍つ か ひと 9 

し.:; 儿の、 た. りちね り 懐し とて、 一 人の みまた わが 

/- に わた u た t せ ふた し そ f; ひと 

1- に リし かど、 ニ十ル;^ぁまりはニ 北&、其人の 

巾 <{ し め1- あざ ひ 

行か 知れず。 惠み もし、 欺かれ もし、 つか ひもな 

や: ほんた ざいさん ラしな ひ 1|とこ*ろ ぼる 

くして、 人, 方の W 麼 ははた 失へ る、 口 毎 心細く 

な" ゆく に、 彌^ に戀 しく 慕, はしき 母に はめぐ 

あ く.? 一 ごち は -; C;? ひ 

り はずと いふ。 ぉなじ^^^ーー"も血を吐く思は、 

はつね き よ そ 乃 と J 

い つも ほと 、ぎす の.^ 1^ と こ そ 開け 予は其 ij, 

< ぶ. た 

も 涙ぐみぬ。 

袖の 雨 

よ なみ: :;- 

予 が yl^w 、み た る を 見て、 ミリ ャ アドの、 あれ 



よと いひた る、 身の勁きに;一;:^子は5£.,,;-ー-ぞーせせ 

お J。-t -プ. い ., 

し、 a もた く 腔 夜の s„t た = 。 

一 否、 ね、 御 な V」 い、 美し い で せ つ-、 きれ い 

だ こと。」 

な. V.* ばん そで ひ. •? 9 

と辧 ©Ife 裱拌の 袖 を 引き、 襟の あたり を で 

て も 見せ、 

「家 なさい、 きれいで せう。. - 

す こ ぃナ よ , 

少し: 子 をば や V せぬ。 

5, ろ 

は i^" より、 

「おや、 あかんお の やうです こと、 うつくしい 

み -- しん 

きもの を 兌せ てす かす ぢ やありません か。 新 さ 

ん、 を かし いね。 一 

なに > *> -? " . たか や, 

「何、 綺麗 だよ、 ミリ ャァ ド、 そり や、 高 i|i さ 

* 一 さ にる 

んの 衣です か, よく 似み 1: ふんだ もの。」 

たかつ ?ぇ ミ w> ゐ 、 

「い \ え 、高津 さん、 澤山衣 持って おました 

みんな、 私 のために、 あの::」 

とや 、激して 言 ひ いづ。 予は 驚きて 高 iSi を 

や .んな あわた さへ ザ J 

たり。 女は慌 しく 遮リ て、 

「あら、 そんな こと をい ふもんお や ああ リ ませ 

んリ 新さん、 うそです よ。」 

「い、 え、 ほんた う" みんな 私 に! < して、 も 

たん 4 & か は いさつ ひ*.-ー.- レ 、 、- 

う 何にも 持って 居ない。 ザ哀 相に 袖 斗 はから ッ 

ぼに な まし fcoj 

と 寂しく f ひぬ。 



「 だ つ て 、其 代 私 に *• 樣が や: る か ら可 、> 

し ■ J 

づ や J ざ い ま せ ん .A 、 れぇ、 新 一.. - ん レ J 

よ こた と-. る し . 

予は答 ふる 處 を 知、 りず。 

「ミリ ャ アド はおず 哀 相に、 便の ない 方です も 

ちっと -? S- ひ £ 

の。 些少 はお 力に なって あげる 人が ありさ ラ 

な もの だのに、 见ッ ともない、 みんな (. な ざれ 

の 歌ば か" で、! た w^^i ま で し t が る ん で す 

もの。 誰 が そ ん た も G に 徙 ?5 を し て ひ ま す も 

ん かね。 おなじ 國 -3 ず 一^ M な んざ蚍 も しく もな 

い、 わざと 困らせて、 仕樣が なく な つ た ゆが に 、 

ど ス せ つ 

何う にかしょう とす るんだ さう で、 もう 此節ぢ 

よ JC..1 かた-, つち た >£ * やか ま 

ゃ寄リ つかず、 大 方 此方から 泣 込む の を 待 梅へ 

て 居る のでせ-り。 敎 v-?3 へ も あれ ッきリ 入らつ し 

X く かう かう ゆん . . ttvv~ / 

やらず、 學校は a. 校で また 何です ッさ、 iiK 刀つ 

わ たし い <, クニ.?,.. かつ , い » , 

、リ- つ ございます ッて、 私 や j^!: 學校 へ 入 、り つ し 

おく ? XJ ナ V. た み-、 

やる の を 送る たびに、 後 姿 を 兌ち や、 あ、, 

觀 物に たリに おいでな さると、 いつも 然ラ S ひ 

ます わ。 おうつ くしい し、 お 若い ので、 何. に 

しん せんせ. 1 <-- つす I 

かねえ、 新さん、 先生の 樣 子が ぁリ ** プ まる 

わたし < i-1 , 

でな ぶリ ものにす るんだ もの * 私 や 口 しく ッ 

あすこ . S- 

てなら ない けれど、 いま 彼 44 をお 留めな すつ ち 

5 か レ つに ふ $ 、 • , 

や、^ に收入 QPJ はなし、 それ こそ また (な ざれ 

、, 一 7 W い,! み. 

の敎) や.: 凡敎^ に ^味な こと も おき >- なさらな 

くッ ちゃな りません。 それ も 何 だし, (な ざ, 4) 



の 

千よ い 

が へ 

m ば 
< づ 。 



だ つ て 、 意地 になって、 新さん、 あなたの 學资 

までお 手つ だ ひ をした いやう にな つた ぢ ゃぁリ 

みんな > めい-: C 

ません か。 ijG それです。 まだ まあ 名& だけ でも 

先生で か. りっし やる のが 可い と、 私 も^じ ま 

とォ; <>> -," «ん で *.- 

すから、 時々 もう 我 fT か出來 ない とおつ しゃる 

の を、 無理に 勸め ちゃ 出して や" ます。 ほんと 

に^^か出るんです の。 

へ 歸リ なすった つて、 それ こ そ ? # が 屈 

r..- a で き, , 

かたいから、 慰めて あげる こ と も 出來ま せ ん 

始終 くよ くして おら つし やる、 ま あ、 御 iss 

なさい、 <,:= は あたた を だま すんだ ッて、 朝 か 

ら元 % よくお 騒ぎな す つ て、 こんなな W をた す 

つてから に、 何ろ も、 S へ て 在らつ しゃ るんで 

す。 それでも、 何ん なに. lU 淑晴 になった でせ う 

これが 新さん、 精々 なお 樂 なの、 はかで いね 

え ご 

とい ひかけ て、 ミリ ャ アドの i= 後に 立す > つ 、 、 

frfcj *r- の き ことば つ 

廣に 衣服 を 被せ かけながら、 あらためて 一?:g を 繼 

ぎ、 

わたし V 

「わえ、 ミリ ャ アドさん、 f??- のこと なん ざ. 何う 

でも, H--r ござんす。 そんな こ と をお つし やらな 

はなし 

いで、 おもしろ いお でもなさい ましな。; 

一 否、 ^^みません。 i ^"な く. - ました、 何-つした 

ら 可いて せう. - 心 する けれども si^ 方, がたい。 



たかつ くに か! 

高津 さん は阔 から 歸れ と い ひます。 けれども、 

わ し かはい さつ かへ ,,: 

私 が 可哀相 だって 腐らたい で 3^ て くれます。 

2 たいへん; C>J かま 

家で 大變 怒リ ました、 も- ゥ稱 はない ッ ていって 

寄越しました、 而 して 二人とも 婦人で 十ヽ $ 

C た,. ■ し ふたり をん な 

さん、 な 、 二人とも 人です。」 

otev^. て かき いど 

と 兩 手に 胸 を 被 抱き、 

お つ. ん >sr 

一 母 様に は 逢 はれません。 も-つなくな リ まし 

たか も 知れません、 これ は 記念です、 母樣が 

着て W ました。」 

たいと と ひ 

と う つむき ざま, 块 を;^ W 1 引き ::: ばして- 

み ヒ5 にん 5 で C くる & 

つくん -W! たる 襦袢の 袖に、 はら/,、 - と 落涙せ 

で 三 

母 上 

たかつ な かいさす 

高 津は其 背 を 搔擦リ ぬ。 や k ありて 思 ひかへ 

せし さまに、 あはれ なる 颜 をば あげき。 

ろ へす V- あなた おつかさん キ ゐ 

「上 杉さん、 水 3: 下の 母樣 もこん なきもの 着て 居 

たでせ う、 然 うでせ う。」 

たかつ 

ミリ ャ アドの わけ もな きこと をい ふ, 高津と 

われ 額 を せぬ。 

母上の 紅き 手 がら かけた る髮結 ひて、 欄干に 

よ め んっ 

倚リ たま ひし を、 n にき ざみ たる もの、、 裳て 

よ か.;; , とさ 、 二 i ..i 

予 に り- しこと あり。 さ る 昨 や、 兒なる チ が 八, 

とし ひと ふた 

の f- よ "も L つ 一 j つ -ゥら わかく て 、 か、 る もの 



も 藩た まひし な る ベ し。 なつかしき iji つ 色な 

るかな と、 くも リ たる H に お ぼ ろ げ な が 、り、 

のなかの 色ぞ とば かり、 ミリ ャ アド の 穸 リ 

ぬ 

さ S らば "キ- ん, I 

一ね、 然 うでせ う、 矢 張 て: W たでせ う i 

と 4<?1<.; ひ た^ な パな I つ 

と-?. 問 ふま、、 或は i ザ ふ *t と 思 ひて^ 

きぬ。 いかたり けむ、 予は茶 博 冬の 帶 のみ B に 

て ひと 

き 手が-りかけ た ま ひし こ と ま" と 人 

を み ^ ミ リャ アド もまた 打 ち ラ な 

づ き、 

うへ す! tj わ is. し .s つかさん き *- , - おは 

「上 杉さん、 私、 母 様の 渣 を^ました. 母 

さん わつ かづ. 3 , 

樣、 ね。 而 して あなた、 母樣 がお あ" でない 

おつかさつ- ゐ な ■ い 、 

こ、 に 母檬が 居ます もう 位 かなに でも: い 

わたに し おつかさん わたくし おつか ノム > わ か 

^4 も 母樣が あ" ません、 が 母 様です 母 

さん な , 

樣. があります から ミリ ャ アド, .p 位き ます i い。 

わたくし * べっかさん 

あなた、 ミリ ャ アドに なって、 私が^ 様にな 

うへ すャ J わ たくし ,--^..-0-..."^^ . 

つて、 あなたが 上 杉さん で、 私が其母^^で、 

35 $_ こん ばん ぐ わつ • にち- 

而 して 遊び ませう。 々 晚は ra: 月 一日、 あなた は 

今朝 私 を だましました。 こんな 母樣、 あなた 

5 い 

は M でせ う、 けれども、 だまされ るが. い, う 

か, 

そたら ば 構 ひません。」 

母 ぞ と いふよ" ヽ 血 の 色其娥 に C ぽり、 B の 

たん SS5 ご , J.h .JKJ 、 

さえ- J\ し-つ、 勒 き て、 肩を霖 はし、 つと 



の 一一 *^ 

残れ ど、 紅 



:« 之 六 •) 



た 1 1- ひ? < £ £ 

立 V て、 椅子 を はなれ 引 寄せて、 予が手 を. 取 

りた リ。 

たか つ C つ-. - わ- 3 よ な 

高 津は莞 爾と笑 ひなが ら 予が つむ リを 撫で 

ぬ。 

Js ぼ 4 たきむ し P 

一 大きな i? やが 泣蟲 だね え、 どれお めざ を 持つ 

て來 てあげ ませう。」 

-っャ, わら い チなン しつ い 

とまた 打 笑 ひて 勢 よく 室 を 出で たり。 

s£ き さ 一 I « 

ミリ ャ アド は 太く 激 せる 狀 にて、 つくぐ と 

予が颜 をみ まもりぬ。 

「ミリ ャ アド I 

と 叫びつ ミリ ャ アド は あはれ なる 其兒の 

ひ ひ せつぶん がみよ ほ、 

額に 接吻せ り。 つめたき 髮は予 が 短に ふれて、 

* はら ユカし ろ ひ. a *2 よ ど う 

あた 、かく 柔 かなる 其. n き 胸 は躍リ たる 予が動 

悸を おさ へ ぬ。 

* しおと み S 

S 音し たれば # を 分て り。 

さか しな 

坂の下 

たかつ くわ 丄 ぶ ナ f せた > テリ ブル うへ お 

高. t は 菜 子 皿 を^ ゑ 持て 来り、 卓子の 上に 置 

きて、 いざと て勸 めしが、 手の ふるへ たれば 取 

、りで きぬ。 

「めしあがれな、 を かしな: や だ こと。 ほ、、 

ほ 「I 

が s ひと と こぶし 

ともて なし 瓿 に、; つ 取りて さしよ する、 举 

<s な し いな え 

ばかり の 大きさなる、 名 は 知らね ど 辩みも 得で、 



て と .1 し や ぐ ゎレ lirf 

手に 取" て 口をつけ た る に、 11^ 外な る舌觸 を、 

つば ひ とに 

わが かわきつ-、 とのみ 怪しき まで、 いま 1 齒 

ぞ かけた る。 

さ ひ 

「おや!」 と 思 はず 叫びぬ • 

い- き, AJ、 て も. - わら 

I 好 い 氣.^ !」 と ミリ ャ アド 手を拍 きて 笑 ふ。 

「それ.. iii^ なさ い、 やうく 敵 を. 取つ てあげた、 

ミリ ャ アドさん、 可-. TV. ございました ねえ。」 

「あ. -。」 と いふ 面 はれ やかな リ。 

「そり やもう 私 と いふ、 助太刀が つ いて 居 るん 

しん .K*! しんはつめい 

です もの-。 新さん、 綿の 蹈と いふ もの は 新發明 

です が、 いか な もので ございま すね。 何う で 

せ つかく ふたり 

ございました。 折角、 ミリ ャ アドさん と 二人で 

称へ てあげた の、 大§ な 御馳走 ぢ やありません 

たくさん 

よ, 澤 山お あがん なさい まし、 まだ、 いくらで 

ど ひと ひと 

も ございます、 何う です、 もう 一 つ、 たった 一 

つめし あがれな、 い \ え 、餘 所ではな し、 御 遠 

慮に は 及びません よ、 お ほ > -。」 

ひと リぇっ :i 

と 獨悅に 入る。 

ご ち そ-' さま たく?,? 

「御馳走 樣、 もう 深山。」 

「い、 え、 それが あなた、 さう おっしゃる のが 

餘 計な 御 遠慮と. 5- す もので ございます。 何の 書 

せい く. PL あ もけ まへ 

生 さんが 萬 子 をば くつ くの は當 然で ご ざ い ま 

すわ。 さあ、 めしあがれ、 よ-つ、 おあがり なさ 

いまし な、 お \ 嬉しい。」 



一 馬鹿 だれえ" 一 

ひと つかく- J,?. ざし *. - § 

一 まあ、 人が 折角 志 をお 勸め 申す も-〕 を, .< 

ご *, i さつ 

んな御 挨拨ッ ちゃ ある もん ぢ や ござ いません。 

きい ど めし 1" が 

ぉ氣に は入リ ますまい けれど、 何-つ ぞ召 食って 

< だ 

下さ いまし な。」 

もみで た. AO か2 

とわ ざと らしく «t 手 をし なが ら、 高津 の 嵩 に 

よ -I う ぶた, as 

か \ リ たる、 予の 困 じたる、 二人の 狀 をば. つく 

み は ■!;. ぐ 63 

づ くと兑 たる ミリ ャ アド の晴々 しき さまに 引か 

へ て、 然も 憂 はしげ に、 ? t も 沈み、 

かんにん、 .1 グ 4- ん か -- い. 1,"っ, 

一 も-つ ^忍、 澤 山です、 可お 相。. 一 

くわし IJ1A5 て. 

とい ひかけ て、 , 、はせ もの 、菜 子 の 一 個 を 手 

に取リ て、 もの を もい はで 視 めしが、 ふる ふ 手 

0. よん, y み 

さき の 痩せた る を、 予が W に かけ てうつ むき 

ク \ 

Vi う ほんと ご ち モ As 

f 坊 や 、眞個 に こわばつ か"、 さう でな い 御馳走 

, «^ ふ で き, くし^ん に ふ > 

をした くッて も、 今日は 出来ません。 私 貧乏、 

おつ ハ さん い . -、 V- かんにん うへ す ど 

母 様、 意氣 地がない、 堪忍して、 上 杉さん。」 

1 さ め R>0 つゆ やど お" r.- い さま 

と悄れ たる H の 中に 露 を 宿し、 思入リ たる 狀 

,-- そ ち ふ うつく *i ゆ 

なリ しが, 何とかし けむ、 .Rr; を 仰ぎ、 美しき 眉 

ひ, 一- み あ 一-ほ むね 

极の颦 むと 見えつ。 苦と 叫び、 胸 をお さ へて, よ 

も ふ ながい ナ し な 

ろよ ろと 倒れ か、 る、 長綺. 子に 足 を 投げつ > -、 

こしょ み ,ぽ かたて テ- プル あ t そこ 

腰 を 幾り て 身 を 絞り、 片手 を 卓子に つきて 掌- 

/、J つ 5らと1ュ ち しほ f.- な <s 

を 口に あてし、 はんけ ち C- 裏 透す、. m 汐の 紅 、 

ま しろ ふ も み あた や す. A 

眞 白き 指 を れて見 ゆるに、 W ー呀と ばかり 縫リ 



'61- 



手- 

大 さ 

路 《 

夜', 

更ぷ 

け 

た 


表き 

、て 

m 

の 

Tk 

齊" 
に 
ラ 
た 

か 
は 
す 

の 


あ 
た 

犬 S 
の 

聲 i 

ら 
力、 
な 

し 

げ 

吹': 
X. 
出); 
し 

て 


い 

ひ 
'ず 

て 
. に 

忽:; 
ちま 

m 
の 

外と 
に 

皆き 

ゆ 
四 さ 


my. 

さ 

ん 

mi 

み 

ま 

し 

た 


あ 
げ 

つ 
it • 

V 

可よ 

ん 
す 
か 


た 
た 

に 3 
し 

が 
ま 

せ 
ラ 

m' 

あ 

か 

る 

< 

し 

-r 


T, 
が 

力 i 
た 

ま 
す 

あ 4' 
人ジ 

も 

rl 

ん 
た 

に 
か 

あ 


ひ 

: ま 
す 

ん 
で 
す 
か 

其': 
上 

力-、 

時-ず 
は 


ふ 

で 

夜 や 

お: 

だ 

力、 

ら 


早" 
や 

m 

や 

引; 
/し 
む 


ま 
せ 

お 

m 
し 
ま 
す 


n 
ま 
せ 
ん 

近 S 
ラ 

ざ 
ん 
す 
力- 
ら 

/t し 
•) 

行い 

つ 

て 


い 

め 
な 
た 
が 

し 
つ 
し 
や 

ハ 

寸" J 
は 


何, 
ぎ 

?ゃ 

はャ 

1 ™ 

の 
み 

■ 


と 

き- 
を 

る 
ま 
す 

心 4— 

細 U 

さ 


た 
け 
れ 
ば 

可- 
い 

つ 

す- 
に 


は 

な 
さ 

し 

の 

色!? 

は 

お 

し 

こ 
ん 
な 


津: 
は 

さ 
し 

お 
< * 
如: 
< 


入 9 

が 
手: 
し 
て 

水 さ 

よ 》 
- と 
い 

體ミ 

か 

は 


手- 
を 

添モ 
て 

助 C 

け 

て 

臥で 

床と 

に 

だ 

ら 

し 

め 

た 

る 

素; 
人; 
の 


た 

體'' : 
- を 

,せ々 

抱 も 
- < 
' や 

ラ 
' に 

す 

る 

予よ 
ち 

おめ 

心て 
—地ち 
に 


た 

が 
ら 

冬た 
m 
のう 

血!^ 
に 

n 

果 e 

て 

の 

< 

た 


^よ 
る 

局 か 

iSf つ 

も 

MS 
の 

を 
か 

た 

の 
れ 


で 

首:; 
尾び 

< 

揚; £ 

か 
ら 


た 
と 
ひ 
火 ひ 
の 

の 
底き 


の 

肴 【 

ず 
氣き 
張' ま 
は 


M 
も 

mil 
し 

町。 • 


つ 

逢 J 
m 

子 こ 


あ 

は 

ぬ 

瞼? 

にた 

兑 み 

る 

夢;" 

は 


お, 
に-'" 

れ 
よ 

m 
mfi 


に 

t 

ぶ 


る *■ 

か 
H 

m 

律: 

(T) 

やひ 

m. 
か 

げ 
む 


つ 

人? 

顯 4 

な 
れ 
と' 


ち 
古 

ら 
つ' 

ち 


に 
は 

心よ 

め 
め 

め 
草 4' 


牡" 

m 
m や 
m 
の 

紅 
は 

袂 

ほ 
の 
め 
t 
て 


ゆ 
力、 

の 

を 

仰! 

<- 

ぞ 


築つ 
土 ど 

の 

m 

Br 

が 

け 

ば 


江え 
戶ど 
川つ 
近 

被 
の 

の 

mi 

か 
ず 


と 

が' 
名-' 

を 

並ら- 
ベ 


柳;^ 
の- 

^-' 

: しら 

の 

門 E 


王; 
ち 

m 

お 


— g 

は 

神 t 
樂ら 

叨 S 

け 

て 

神ず 
樂 1 

4fo ざ 
议 1h 


神;' 
樂ら 

の 

唄;. 










1 

鏡 
花 

全 
集 

十 

~ 1 


露:? 
に 

寐ね 

た 

が 

よ 

い 


ど 

ラ 
な 


タゃ 

ずえよ 


力 * 

m 
かと 


筆: 
> 

め 

-r 

か 
< 


6 き 

ゲ 

が 

姬;; 
百 ゆ 
合, 

に 


ふ 
月 S 








全 
m 

十 
m 

1 ― 


比 ひ 

M ミ 

の 

し 
け 

れ 


服玄 
の 

m 

のさ 

か 

げ 

ひ 

な 

た 


空 S 

4 

小: 

m 
の 

ml 

や 


裙¥ 
ぼ 

る 

の 
け 


n- 

は 
お 
»> 

m 


ほ, 

i' お 

mi 
は 

m 


色お 
に 

露? 

御 二 

曰' i 


m 

ち 
つ 

ml 


の 
灯 £ 

の 

互 【; 

の ひ 

姿 ま 
した 
の 
ベ 

ど 
ち 



( 62 



mi 

B— :• ひ 

之の 



ち e. ? * しん. -! い S 

た 血 を 略い たんだと 思つ て 心配して *1 ら つし や 

います けれど 血 だ もんです か C ;. です よ。 あ 

れ はね、 あなた、 新さん 飮 ませた. j? に 着て 在 

らっしゃった 橘样 のね、 S; れ な の が 映 つ た ん で 

すよ。」 

「こぢ つける ねえ、 SS いねえ。」 

一 何の こぢ つけな もんです か。 E; 個です わね 

え。 ミ sf ャ アドさん。」 

ミリ ャ アド は 莞爾として、 

一 何う です か。 ほ、 >-•」 

「あら、 片 lESM を 遊ばしてから に。」 

たかつ fv^ «K 

と 高 $4 は わざとら しく わ〕 I じ 額な リ。 

なん S E< $ 

「何 だって 然ぅ僕 を いぢめ るんだ C あの 時 だつ 

さん? ひど ノ il5 

て ii. れ々 酷い めにあ はせ たぢ やない か。 亂 暴な も 

£ わた i -ん *u 

の を 食べさせ るんだ もの、 綿の! ® なんか 食べさ 

わプら 

せられた の だから、 そ れで 煩 ふ ん だ。」 

, と と 二ろ み す 

「 おやく 飛んだ でね、 だってもう 三 H: im 

ぎ ました ぢ やありません か、 お 〈くにこ な ,; て さ 

うた ものです ね。」 

たに 4, た -J な 

一 何、 綿が 消化れ る もんか ご 



.* たは ら . 

ミリ ャ アド 傍 より、 

「は- 唪し てはいけ ません。 また 勁 lit を 高く しま 

す。」 

「ほんと に 串錢は 止して 新さん、 きづか ふ ほ 

どの こと はない Q で せ う ね 0」 

一い、 え、 わけ やな いんだ さラ だけれ ど、 韓!^ 

したけ リゃ 不可 ッて いふんで す。 た 症が 知れ 

I .に ち <.<ん I 

てる Q。 鞟地 さへ すり や 何でもない つて。」 

「 そ ん な ら ようご ざん すけれ ど、 le し て IS 時 の 

t しゃ 

汽車 だッ けね ご 

「え、 もう そろ/. \ノ| 

と予は 椅子 を 除け てぞ 立ちた る • 

一 ミリ ャ アド。」 

«■ なゴ 

ミリ ャ アド は頜き ぬ • 

「高 津 さん。」 

一はい、 ぢ や、 まあいって いらっしゃ いまし、 も 

うねえ、 こんなにお なんな すつ たんです から、 

ミリ ャ アドの こと はお きづか ひたさらないで、 

大丈夫で ござんす から。」 

「それで は。」 

つ た 4.* ふた 9 

ミリ ャ アド は 街と 立ち あが リ、 床に 二つ 三つ 

I めし |/ is 

足ぶ みして、 .Rr: ざま, に 手 を あげし が、 勇ましき 

面色た リき。 

一 こんなに、 よくな" ました。 上 杉さん、 大丈 



だん ら ~ 

C ち ひ た,.? , 

後の B のま ど ゐは樂 しかりき • 

とさ ろ しん » 

「あの 時 は 驚きました つけねえ 新さん」 

やほうれ <■ ち ♦ たか 

と ミリ ャ アド Ql^ 嬉しげ に 打 まも リ つ、, 高 

津は予 を aj 向きて いふ。 ミリ ャ アド の容體 はお 

ゎナ なつ な.;.. は ひとたび ? つん ふう 

も ひしょ = 安らか に て、 夏の 半 一 度 そ 使 を 

復 せした" き。 

たかつ .r-s-l たす 

「高 ig; さん、 あ" がた う。 お 庇樣で 助かり まし 

C- へす ぎ ひど ひビ n 

た。 上 杉さん、 あなた は &ぃ、 酷い、 酷い もの 

飲ませた から。」 

» S Jit. ん is せ .5. ろ 

と 優しき され ど.;^ 險を j^^f へ る色なりけり- 

こ-^ろ たかつ でに ォさ ク 

心なき 高津 のぎ を か 興 ザ る。 

「ねえ、 ミリ ャ アドさん、 あんな も お飲ませ 

だからで すねえ。 新さん が惡 いんだよ ご 

「困る ねえ、 何も。」 と 予は面 を 背けぬ。 ミリ ャ 

アド は 笑止が り、 

1 わたくし ち V うへ す V- 

「それでも、 私 は 血を咯 きました、 上 杉さん 

の 飲ませた もの、 a い 水です。」 

一 い 、え、 い ケニ、 血 ぢゃぁ W ません よ。 あな 



< 63 ) 



夫、 liS けて 見せ ませう。 門まで、」 

5rtr -sft づ ま. や い と c tr-^ 

と いひ あへ ず、 上着の 片棲^ 取り あげて 小 刻 

f V5 しばふ た たかつ み 

に 足 はやく、 現と 芝生に お 5 立ちぬ。 高逮は 見 



「あら、 まだ そんな こと をた すッ ちゃ いけ ませ 

ん。 いけませんよ。 一 

よ ん あわた y お^ . 

と t- び 懸けながら 慌 しく返ひ^;:きたる, あ 

とよ リし て予は 出で ぬ。 

ど き は み とま S き * は, 

木 戶 の 際にて 見た る 時 ミリ ャ アド は 呼吸 忙し 

たて も たかつ I,. た .4 

くた ゆげなる 片手 をば、 垂れて 高津の 肩に 懸け、 

かう ベ す こ かたち & 

頭 を, V し ^け 居たり き。 

いし だん 

石 段 

f い、 め をみ せたん です よ、 だからい けな かつ 

たう じ ど 

たんです。 あの 赏時 しばらく は 何う いふ もので 

ぼんと K-IV げんき 

せう、 其 はね、 ie 個に 嘘の やうに 元氣 がよくお な 

ん なすって、 gi^ なんても の は 何でもな いもの 

だ。 こんな わけの ない もの はない ッ てつち や、 

;な がん ある 

室 の 中 を けて ぉ步 行きな さる ぢゃ ぁリ ません 

たかつ う! 一. 

か。 さう しちや あね、 (高津 さん、 欲 をうた つて 

き , -^^ ひと 

間 かせよ- ゥ) ッて あの (な ざれの 欲) をね、 人の 

賊 がる もの をつ かまへ てお ひな さるの。 g; つ 

ちゃ、 r あ、、 こんな ぢゃ 洋琴 も 役に立たない) 

さみ *t が. li い き くる 

ッて 寂しい itK 額 をな さると すぐ、 呼吸が 苦しく 



なって、 額へ 血が 3 ぼって 來 るの だかし、 そん 

な こと をな すつ ちゃい けません てッ て、 いつで 

も寐 さしたん です よ。 

しかしれ、 こんな 鹽 梅なら ば、 まあ; gir だと 

Kt しん i -J ろ 

思って、 新さん、 あなたの 處 へお たよ リを する 



のに も、 段々 快い 方です からお 案じな さらない 

や-つに、 然ぅ いって あげました つけ。 

せんげつ ャこ 

さう すると、 つ い 先月の はじめに ねえ、 少しい 

ょっす わる .in- 

つ も よ リ {$^: 子 が 惡く おなん なすった から、 >11:^ い 

.s し f み い £^ 

で醫 者に 診せ ましたの。 はじめて 行った. 3- は、 

4: でもな かったんで すが、 二度 H です よ。 二度 

B はね、 新さん、 一緒にお 者 様の 返へ 述れて 

い とさ M 

行って あげた 時、 まあ、 何う でせ うご 

たかつ よみ ひざ たた そこ 

高 津はぢ つと 予を 見たり。 膝に のせた る 掌 

の 指の さき を 動かしつ > -、 

あすこ ,.1 し-た ム よ わ 

一め 廬の、 あれば かりの 右 境に お 弱ん なすって、 

- つへ どん さん ど き い t 

上 Q 境が 1K、 何-つしても あが" 切れずに 呼吸 

をつ いて 在らつ しゃる の を、 抱 いて 上げた 時 は、 

わたし む 3 う I 

; 54 も 胸 を 打 たれたん です よ。 

いい si と かム!!?.,.' 

まあ 可い、 可い! こ X を 的に 取って 看 しょ 

う。 こん 度來 るまでに はきつ と獨 でお 上ん なさ 

み L ろつ とめ 

る やうに して 見せよう。 さう す H-e, 素人 S にも 

怏く おなん なすった き = ^が e| くッ て、 ^句 張 合 

f い し 6> くま い- 

が あると 思つ たんです が、 もうお 醫者樣 へ 行ら 



で <V; そみ ひ き リ しん 

つ し ^J- る こ と が 出來 た の は 其 日 ッ 切。 新さ ん 、 

矢 張い けたかった. ヒ 

お 聲者樣 はとても いけな い つ て 一 K ひました、 : 

しん - r- ら & そば 一 

新さん、 私 やちつ と堪 へて たけれ どね、 傍に 一 

& としよ リ S ん S かた しん. 4,: つ - 

居た 老年の 婦人の 方が 深切に、 

き どく 1 

(ぉ氣の^^^樣ですねぇ。) 

< と 一 ざ ^ *1 で キー 

といって 吳れた 時 は、 もう とても 我慢が 出來 I 

なくなって. 泣きました よ。 藥を. 取って へ 行つ 

わ-つ み ゐ なさ ひ 

ちゃ、 笑って; せて たけれ ど、 どんなに 情な 

かった でせ う。 

やうす み おも ;:" *i 

樣 子に:! 3^ せまいと 思っても、 ツイ 胸が 迫って 一 

•、 あ ひの, かへ .2 わたし かほ ご 一 

來る もんです から、 合 乘で歸 る 道で 私の 餌 を^ 一 

51 ル なすって、 

(ぎ だね え、 何-つし たの、 . 妙な^ をして づ 

わら にく 

と 笑 ひながら いって、 憎らし いほ ど ちゃんと- 

すま い き ぶん たしか 

澄して 在らつ しゃ るんだ もの。 氣分は 確 だし、 , 

なん し おも .C たし ^ 

何にも 知らないで、 と 思 ふと かはい さラ で、 私- 

やか はい さう で。 一 

いま \§ や- だて S _~ a 

今更 ぢ やない けれど、 こんな 氣 立の 可い、 優 

かた な 4? 

しい、 うつくし い 方が もう 亡くなる のかと 思つ 一 

しん > ひ!! < ばい せんばい 

たら、 ねえ、 新さん, い つもより 百倍 も 千倍 も、 

5 つく w つば か ft み ; 

優しい、 美しい、 立派な 方に えたら-つ ぢゃ あ; 

"ません か。 ^へて 称へ たやうな、 かう いふ 方 二 

もつ り あつ ,..-.り , 

がまた あら-つか- と可^:5もので- 可惜 もので。 



64 ; 



U 之 St 



か の 

3S*? ± ゝ 

ん 



1-1 じ ねえ ひ. vn- ど V, まん 

事な 姉さん を 一 人、 もう、 何う しょうと 、我慢 

!• き. r-i いし 5 へ r A さ- 

が ffi 來 なくなつ てね、 車が 石の 上へ 乗った 時、 

た 一 だみ 2、 ゑ め 

私 やそ ッと 抱いて 見た わ。」 とぞ 1 笑みた る、 目 

f に おど 

を 宿した リ。 

MV- なん め 

一 僕 は 何だか 夢 Q やう だ ご 

わたし ほんた 5 く 

「私 だって 眞個 にやな リ ません 位 ひどく おや 

つれな すった から、 ま、 今に 覽て あばて 下さい 

IB! 報ても かけよう か, と 思った のに。 よく 

で き, し じ 55 へ うへ.?" 

く S 京て 來 てね。 始終 上 杉さん、 上 杉さん ッて 

い ビ ろ こ 

いって 在らつ しゃる から。 何ん な にか 喜ぶ で せ 

う し. A しね 急に またお 逢 ひなす つちや^す 

るから、 そッ として、 いまに 目 をお さましな す 

わ たし .!c.l 二, - 

つてから 私が よく さう いって、 落. 潘 かしてから 

お 逢 ひな さ いまし よ。 腕 車 やら、 汽 1^ やらで、 

V,. « つか 

新さん、 あなた もお 疲れ だら うに、 すぐ こんな 

Mr » - ' わたし わ-:! 

こと を 15 .» せまして、 もう 私 ゃ申譯 がご ざい 

4;. つかく つ n£ ft 2 

ません。 折角お 着き. a. して 居ながら、 可う した 

、り W い で せ う、 I 忍な さ い よ。」 

f つゆ 

菊の 露 

「もう,. \ 思 入 こ、 で 泣いて、 ミリ ャ アドの 前 

ぢゃ、 .A なしい &を しちやい けません。 そッと 

して l!S いて あげない と、 お 師が て、 



ければ、 :H つ て か、 り i:«Q が濱 にで も 遊-びに ゆ 

く 時の た ん ぞ、 月が 出て て 、山 がが え て 、 

:?! が ft いで、 みさ ごが 飛んで、 さ. ひして、 あ V 

すると か、 かう すると かいって、 ^かせて、 と 

いひます けれど、 ね、 新さん、 あなたなら、 あ 

なたならば 男 だからい へる でせ う。 いまに あな 

^L. C . キぅ す ^-c に-ざリゥし 

た 章 角 に 灸を据 ゑる とか、 蟹に 握飯 を た ベ さ す 

— はなし くだ h/- レ 

と .3 いふ 話で もして あげて 下さい まし。 私に 

や、 私 にゃ、 何ぅしてもぁの ^;^.^をっかま へ 

ただ ど たさ チ 

て, 治って 何う しょう なんてい ふこと は、 情. な 

く ッて言 へません •」 

と いふ 聲も うるみ にき, 

しん II ま 

「え、 新さん、 はなせます か、 あなた だって 困 

み V とほ つ 

るで せう。 耳が 遠くお なんた すった くら ゐ、 サに 

として 在らつ しゃる のに、 惡 いこと だと 小さな 

Jt て いふの が 遠くに 居て よく 閉 えます もの。 

せ いく ッ てね、 痰が 咽に からんで ますの が、 

くる i や で 

いかにもお 苦し さう だから、 早く 出な くな リま 

■ > » わたし おも ;: -S,. うにん ちん は 

す やうに と、 私 も 思 ひます し、 人 も 痰を咯 

くの を樂 みに して 在らつ しゃいます がね、 果敢 

な いぢ. ゃぁリ ません か、 其が、 血 を 略く ょリ、 

ひど おろ 

なほ、 酷く惡 いんです とさ。 

それで て あがる もの はとい ふと、 牛乳 を少 

けいらん , n つ ひど した 

しと 翁 卵ば かり。 熱が 酷う ござんす から や 3 が 



^ • 一 ンてさ へ、 早 や 何か^. 3 かつ 身 sia に W! (つ た 

こと. R さ る の か と E:, 一って、 ^fl に 熱 が 高く た " ま 

すから ね。 

ねつ しん ど 

それでた くッて さへ 熱が ね、 新さん ra: 十 度 

の 上 あるんで す。 少し 下る の は 午前の うちだけ 

• « *<-0 .* ち-つ 

で、 もうお ひるすぎ や、 夜なん ざ、 夢中な の。 

お 藥を預 いて、 それで まあ 熱 を 取 るんで すが、 

, よ 、7> 1! ! t ち し! K ひど 

日に 四」 &r らゐづ X 手 巾を较 るんで すよ。 酷い 

ぢ やありません か。 それで 居て 痰が かう 咽喉へ 

^ t ふさ I- ま 

からみついて > -、 呼吸が 塞 ぐんです から、 今ぢ 

■ » い, > わたし 1? し 

や 、もの もよ く は 言へ な いんです ね、 私に 話 

, き-, し じ, 5 つま 

をして 聞 力して と 始終 さう いっち や あね、 詰ら 

よろこ *- S 

ない こと を 喜んで 聞いて 在らつ しゃる の • 

ど こ. - ろ.. 广る ね 

何ん なに か 心細いで せう。 寢た ッきリ で、 

せ,, ,-1 つ J, ノ つ- か .-r-T- ね -.. > へ .-55 

先月 二十 n 時へ 刀から 寢返リ さ へ 容易 ぢ やなく 

-, たね み- * と k 一 

ッて、 片寢 でね え。 耳にまで 床 ずれが してます 

もの。 夜が 永い のに 眠られないで 惱 むので すか 

、 .^ . つら .f-a はな し 

ら、 何ん なに 辛い か分リ ません。 話と いったつ 

I- ん ひど しんけい 十る ど 

てね え、 新さん、 酷く 祌. が 鋭くな つて、、 も 

<-* ん, しつ-ぶん ざつ 1/5 き な 

う 何です よ, 新聞の 雜報を 聞かして あげても 泣 

たに こ とリ こと き -t 

くんて す もの。 何 かねえ、 小鳥の 事 か 木の 實の 

はなし ど 

話で もッ てお つし やる けれど、 何-つい つてい、 

f 、 . わたし - や.;? 

分らす- 栗が ぉッ こちる たって、 私 ゃ緣起 

いもの。 いひ やうが ありません。 それでな 



65 5 



乾く ッて、 とほし、.^ で して! るんで すよ。 も 

う ほんた う にあ はれな くら ゐ おやせた すって、 

♦ つ ふ J* ち ひ 5 つく 

k 刺の^で も 吸 はせ てあげたい ほど、 小さく 美し 

くお たり だけれ ど、 れ え、 新さん、 さ-つ し た 、り 身 

體が消 え て おしま ひな さ ら 5^ >. 思 つ て 。 J 

むせ- ケな ふところ も、 いら はん 

とい ひかけ て 咽 泣き、 懐 より 桃色の 緒の 手 

巾 をば-取 リ. 出で つ 、n を 拭 ひし をぎ に s- して、 

怨めしげ に瞻 りぬ。 

「新さん、 手 巾 でれ、 汗 を. 取って あげ るんで す 

がれ、 そんた に 々しくお たんた すった、 身體 

しば ほんと s-s~,-、 

から 狡る や うぢゃありません か。 SE! 個 に 冷々 す 

るんで すよ。 拭く たびに だんく お 額が ねえ、 

ち ひ えり と-一ろ ご 

小さくたって、 頸 .y 處が 細くな つてし まふんで 

わたし い r^fi < やし 

す もの、 ひど いれえ、 私 やお 驛者樣 が、 rzw く 

ッ てた リ ません。 

だって、 はじめ ッか、 し 入 K さした つて、 何う 

したって、 いけない ッて ns^, して: IW るんで す も 

の。 今ン; SUV 'や 唯もう 强 いお 藥 のせ ゐで、 やう 

やう 持って W ますんで すと ね、 ね、 十へ I づ、。 

だんぐ お ほ 

段々 多くす るんで す ッ て。」 

卞 h: き 小さき 瓶 ぁリ。 取りて 持 返して や, 一し たれ 

H- つ た,, - -、, ,ん な 1. め ,-< -- 

ば、 :!^ 顿體 の; や W 斜に たリ ぬ。 何なら む、 こ, リ 

^、 予が手に<^^くこた へ た"。 

ぢ つと みまもれ ば 心 も^ 々になり ぬ。 一 



そ か *• は す-一 ^ >- 一れ いのち 

其 口の 方 早 や 少しく^ じたる。 其 をば 命と 

は. よ つ ふ 9. 

や。 あま リ 果敢な さに 予は思 はず きぬ。 

ひやく 一, -きす 

一た ッ たこれ だけ、 百 滴 吸った 、り なく なる でせ 



レー 5 ん 

「いえ、 また. 取リ に參 ります. 

と い ひかけ て 額 を OK" せ つ 乂、 高 は. ハ ッ と 

な ふ , わ. 

泣き伏しぬ。 あ、、 Is きこと をい ひた 



秀を 忘れよ 

ー餘リ 4, だもの だから、 僕 はつ い、 髙津 さん 氣 

にかけ ちゃ 不可い。」 

「い、 え、 何にも そんた こと を氣 にかけ る やう 

た、 新さん、 .1#體 ならい、 けれど。」 

「何-つす リゃ W いの かた あ。」 

ん _ た Js ゥ 

唯と いきの みっかれ たる、 高津 はしばし もの 

いは ざリ しが、 

ど たぶ 

「何う しょうに も、 しゃう がたいの。 唯 ねえ、 

おんしん > 

せめて 安 心 を さ し て あ げ 、し れ リゃ, ちっと は、 

新さん 何 だけれ ど。」 

i かほ -r ち 

と 予 が ^^ を 打 ま も れ リ 。 

一 :?:! (が 何らす リゃ い 、ん だか。」 

, わつ か!-ん I-:,. 一-.., だ 

「さあ、 母 様の こ とも 大抵 いひ 出し はたさ、 した 

いし、 他に、 別に、 か-つと いって、 お 心 懸りも 

お あんた さらない やうで r がね、 唯れ、 始終 、も 



fjy い しん こと 

配して 在らつ しゃる の は、 新さん、 あたたの 事 

です よ。」 

「ぼく 

「 僕 を。」 

「 で す か ら 何う にかして 氣の 休ま る やうに して 

く:,: しんば い しん 

あ げ て 下さ い た。 心配 を かける の は、 新 さ ん あ 

. わ i t 

たたが 恶 いんです よ」 

- 「え。」 

「 あ の ね、 始終 さ う い つ て おら つし やる の C (私 

& _2a 、. V, うへ す 1.- 

が 居る. 2; は: いけれ ど、 ほ たくた る と、 上! さん 

が 何ん な こと をし よ-つも 知れた い」 ッ て。」 

な: ?、 く 

一 何 を 僕が。 j 

よ かほ いろ あ 3 ふ 

予は 額の 色 か はらず や と 危 みしば かリた リ 

i な S 3 

き。 背 は ひたと 汗に なリ ぬ。 、 



ほんた う ほんた 5 r.^^ 

「い え。 眞 個で せう、 Ig 個に^ ひません よ。 

B かほ わたし み , 

それに 違 ひない お 額です もの。 ; か见 まして さ 

おさ 

へ、 何です か、 いつも、 もの 思 をして、 うつ、 り 

う つら ト し て. 、り つ しゃる や うぢ や あ リ ません 

一と か 丄し いさつ {-っ さ, 

か。 誠にお 可哀相な 樣で すよ。 ミリ ャ アド も然 

うい ひました つけ。 (^4が慰めてゃらたけれ 

ば、 あの 兒は 何-つ 十る だ、 りう〕 ッて。 何もれ \s 

密 たこと を 私が ffl か うぢゃありません けれど、 

たリ ます ことた、 し、 ミリ ャ アドに 安、. J を さして 

しん わたし ゐ , 

あげて 下さいた。 え、 新さん、 (私が 居さ へす 

リゃ、 た 丈 失 だけれ ど、 何う も 案じられて リと 



66 ) 



s 之 s> 



:ん 

おっしゃ るんで すか. り、 何とかして おあげな さ 

いた。 あ な たに や 其の ェ 夫 が. あ る で せ う、 上 杉 

さん。 J 

名 を 揚げよ とい ふな リ。 家 を 起せと いふなり。 

とみ いち -/J »% 

窝の巿 を is みて 殺さむ と 思 ふ ことな かれと い 二 

. 二 5 つ おも 

たり。 ともす わば 6 殺せむ と 思 ふ こ とた 力れ と 

いふた リ。 詮 ずれば 秀を 忘れよ とい ふた リ。 其 

- 一と は.. -- つへ ;: んな ちか - つね 

の 事 をば、 母上 9 御名に かけて 誓へ よと、 -;; e に 

ミリ ャ アドの いへ るた リ き。 

チは默 して-つつむ きぬ。 

一 怖 もれ、 いまと いってい ま、 あたたに 迫 るん 

ど わる おも くだ 

ぢ やありません。 何う ぞ 11^" く 思 はな いで 下さ い 

かん; 5 

まし、 しかしお 考 へ なすって ね。」 

かほみ . . 

また 額 見たり。 

< -; U- f い 1 もさ 一 たかつ め おく 

折から 一, 入る?^ ゆ。 高津は ni くばせ して 奧 

に ゆきぬ。 

»^ぁリて、 

ft. _ I つへ M 

,ぢ や、 ぉ逢ひ^^ばせ、 上 杉さん です よ、 可う 

ご ざん すか。」 

と いふ i^J- しき。 

しん 

n ず ん。 一 

キ I こ は とみ 3^. ま 

と 湖え たれば 馳せ ゆきぬ。 唯: Si れば次 の 室 は 

h~ た., た. "み ち 9 i こ tx い t> f «^ん 

片付きて、 疊に 塵な く、 床 に 菊 一 輪、 いつ 

さしす てし か调れ たリ。 



ひなし て, ら 

東 枕 

ふす V さ いう ひら つぶす まかで み 

襖 左右に 開き たれば、 厚 衾 重ねた る 見 ゆ" 

ひ^し む ふしど まう ま,- らもと さら 

東に 向けて 臥床 設けし、 枕頭た る 凰の なかに、 

み , ふん ぶ だつ も ま,^ ら たか 

蜜 相と 熟した る 泡 菊と 裝リ たリ。 枕 をば 高く 

ひご .f し-.: -5,0 ち;.. さ ふ 

しつ。.: W める 人 は 頭 埋めて、 小 やかに. それし 一 

たリ ける。 

9 、-た ほ 一- 

思 ひしょ リたほ 瘠せた リ。 顿の あた リ 太く 細 

£ しろ $ "やう ま :5 た ち 

リぬ a お, ZI うて 玉な す 餌、 兩の臉 に. i の色染 

めて、 うつくし さ、 氣高 さは 見 まさ" た.;; ど、 

あまりお も かげの か はりた ば、 予は坐 W もや 

ふす :_* こへ. < た た V ず 

らで、 襖の 此方に ネ みつ- -、 みまもりて それ 

を ミ リャ アドと 思 ふ 胸 は 先づ ふ た がりぬ。 

「さ、」 

ざ ぶ と. 5 さ.,; たか ゥ 

と 座 蒲 围= ^よせ たれば、 高 律と ならびて、 し 

をし をと 座に つきぬ。 

額 ば らむ、 わが 名 呼 ばれむ、 と ひ!? ばけ 

し は あだな リき。 

a がへ え, ひと たて $ 

■M 返る こと だに せぬ 人の、 片手の 指の さ き 

す 二 ふす S ると いど て -or 

のみ、 少しく 衾の 外に 出した る、 其の 手の 動か 

むと もせず。 

ひとみ ハ. かほ f 

險キと^^リたれば、 わが 額 兌ら れ むと 堪 へず 

うつむきぬ。 ミリ ャ アドとば かリも わが: Z に は 

得 ぼで なむ、 强 ひて 微 矢み しが 我ながら: 叔し 



力り キ、 

. il かノ : も、 >.. ?な , 

高 ft 手た る 桃色の 親の 手. e は は U と 

Ai C 々ろ か, C- め 

掌 に がりて、 輕,、 ミ リャ r ドク-:..: あた リ 

拭 ひた"。 

一; t です よ、 熱が ひど-つ ござんす か-り, - i 

頓の あた リを また 拭 ひぬ。 

一が リ ました か、 上 杉さん、 ね、 ミリ ャ アド ご 

「上 杉さん。 一 

キほ h.i - 了-: 

:w めて 低 けれど 忘れぬ it たリ。 

一 こんなに なリ ました。 一 

とや、 ぁリて ^;?なけ にい ひし 一句に 5 へ 、巧 

きみ .r r_ ひるな か ひ ..vt. I 

吸 は 三た び ぞ :^ル絶ぇ たる。 塞 中の 日光 さして 

し み そら .5* は 

障子に すきて 兑 ゆるまで ゆ」 X:? く^れ たれば こ 

そ 化 ^ くて あれ、^ くなら ば 影と なリて 消え や 失 

み め sf 、ふ S つ 

せむ と、 a る 目も危 く赛れ しかな。 

「^なう ござんす か。」 

ミリ ャ アド は^ 兑る 額な",。 

M k や. こ と ほ c 

「^が 少し 遠くな つて 、りっし や いますから、 

そ G おつもりで、 新さん ご 

「;::? た-つ ござんす 力 」 

うたづ t-i 

^ く 狀なリ き。 

「まだ ゆいんで すよ" 晩方に なって 塞くなる 

C つ たか 

と、. あは;;. におなん なさい ます。 其 上 熱が ニぉ く 

なります からまる で、 現り」 



67 J 



c r£ ことば 

と 依聲に いふ。 か、 る もの をい かなる 言 も 

u て ぅふ こ-ろ-けき 

て^むべき。 果は 怨めしく もなる に、 心 激し 

て、 

I 何-つす るんで す、 ミリ ャ アド、 も. T ,てんな で 

ね-こ 5 

居で 何. うする の。. 一 

cp^ かたはら a v> J 

Wit にい ひし を 傍よ リ m もて 叱られて、 急 



f な こ 

ともありません よ、 何、 もう、 いまによ く 

たります。」 

いひな ほした る 德 なさ。 面 を 背けて、 

た ほ たかつ 

「^ら ない こと は あ y ません。 治る よ、 高津さ 

ん。」 

§r い * ほひ » 

高津は 勢よ く、 

【はい、 それ は あなた、 祌樣が 在らつ しゃい ま 

すご 

予! a また 言 は ざり き • 

ちか! J 

つき 33 «- ひ- V 4^ しおと W 

月 i?- てたり。 大路の 人の 曰 冴えし、 それ も 

.M*Q す さかした S A a ひと 

f 渡ぎ ぬ。 坂 下に 犬の 吹 ゆる もやみ たり。 一し 

、 ひ, と S 、 i ほ 、£9 、^- 2 * た 50 

きり、 一 しきり、 檬に、 に 背戸の 方に、 と 

% • . 4 かぜ おと 3 

來てさら-/^\さら-/(\と鳴る風のー;„|曰。 此 ^ ! 

".;^人の身を^^^する。 ミリ ャ アド はが!! く g』 

被ぐ。 si;. わ は予と 一" 问 とに {tJS よと てこ そす るな リ 



けれ。 

よ * なに ねむ 

か- * る 夜 を 伽す る 身の、 何とて 二人の 眠らる 

べき。 此方 も 唯眠リ たるまね する を、 今 は 心安 

f かほ 

L とて や ミリ ャ アドの や、 時す ぐれば ゾ と 額 を 

出して.、 あた. り を. ば 見 ま. はしつ .>!..、 いねが てに 

あ け ま J. S こ. -ろ ■ ■ し そ つよ 

明 を 待つ. 優しき 心づ かひ. 知リ たれば、 .其 おもわ 

8 よ つ, -*! 

ざと 眠る まねして、 予は 机に うつぶしぬ。 

fcsl*-, * マト ¥ たかつ 

搔卷 をば 羽織らせ、 宅 布引 かつぎて、 高 i: は 

よ . S せな む £*f すわ ひざ 

予が 裾に 背 向けて、 正しう 坐る やう 膝 を まげて、 

よ- 1 . ふたみ ま 

橫. に まくらつ けしが、 二つ 三つ ものいへ りし 間 

つか 5*.ctt 

に、 これ は 疲れて 轉寐 せり • 

,に は どへ 

何なりけ む。 もの ともなく 膚ぁ はだつ に、 ふ 

$ くら しつ 

と敏を あげたれば、 ありあけ 暗き 室の なかに ミ 

さう め、、 かたみ 

リャ アドの 雙の 眼、 はきと あきて、 わが 方 を 見 

つ ゐ 

詰め 居た リ。 

よみと な * 

予が 見て取 リしを 彼方に もし かと 見き。 もの 

いふ. W き 瞳の 動き 引 寄す る やうに 思 はれ たれ 

.a *し- き は な す. * よ 

ば、 搔卷 撥ねの けて 立ちて 進み 寄リ ぬ。 

S いろみ 

近 よれと いふ 色 見 ゆ。 

そ C まへ よて け タ -か 

やがて 其 前に 予は手 をつ きぬ。 あま リ氣高 か 

さま おそる か..; 

リし狀 に 恐し き 感ぁリ き, 

たかつ 

「古 1 舞さん。」 



す こ ? 

少し 休みました やうです 



フ 



とば かりい きをつ きぬ. - 良久し うして、 

ラ<- す Vi ど 

「上 杉さん, あなた 何う します。」 

予は思 はず わな、 きぬ。 

「^ r ミリ ャァ ド。」 

「わた,.. し ど 

.「 私 なくな リ ますと、 あなた 何う します。 」 

淚 ながら、 . 

「そんな ことおつ しゃる もん w や ぁリ ません。」 

ど つよ 

「 い ■>! え、 何う します。」 と强く いへ り。 

r- てんな. こと を、 僕 は知リ ません ご 

「知らない、 いけません、 みんな 知って ほる。 

かはい. さう で、 眠られません。 眠られません。 

うへ ナ f わたくし た。 ひで ひで 

上 杉さん、 私 、 辊 みます、 秀、 秀。」 

よ わ-つべ こば D- る C 、ち ,> ひ 

予は 頭よ リ氷 を 浴ぶ る 心地した りき。 折 か 

か rfj おと ちリぁ ひ とう 之い 

ら 風の 音 だ も あらず、 有 明の 燈 影い と幽 に、 ミ 

リャ アドが 目に 光 さした リ。 

ひで おも べん-,'? う うへ 

「秀 さんの こと 思 はないで、 勉強して、 ね、 上 

す 4.1 

杉さん。」 

よ A し しづ 

予は伏 沈みぬ • 

、 わなく し 

「か は いさう、 か は いさ- ク です けれども、 お 、 

びで つ さ し か, V 

こんな、 こんな、 病氣 にな リ ました。 仕方がな 

ど . ちんしん 

い、 あなた 何う します。 かはい さう で, 安心し 

. 1 くる 

て 死なれません。 苦しい、 苦しい、 かはい さう 

おち わたくし 

と 思 ひません か。 私、 あなた を 力 はいがり ま 

した。 私 を、 私 を、 かはい さ-:' と は 思 ひま 



( 68 ) 



'' ち こ S 



C 69 



せんか。 一 

ひと l-v-- リし と » 

一し きリ、 また 取 の 戶-」 さは リ て- ミリ ャ 

かほ *i そ C ま 0ひ,一 一 ^^.-s- る 

アドの 額 蒼 ざめ ぬ。 せ、 眉 一 隼み、 唇 ふる ひて 

く つう しの 言-; た と t;. んじ i お-,? ■ 

fc.l;i を 忍び 險を^ ぢ しが、 十分 時 過ぎつ と E で. S 

に、 ふと また 明、 しか に^け リ。 

f わ W し なん お/? I 

「肯 きません か。 あなた、 私 を 何と 思 ひます。」 

せつ こる i i かリ ,.e I . a, > ぃ*^1 

と 切なる It に 怒を帶 びた る、 り、 しき 眼の 色 

* 恐し く、 射竦めら る、 思 ぁリ。 

f6 しづ よ- V. ほ ぶと 、 , 

枕に 沈める 橫 額の、 あはれ に 、貴く、 うつくし 

け ふ よ-つ はた 1* ら か-つ け ひリ き 

く、 氣 だかく、 溝き 芙蓉の?^ 片、 香の 煙に 消 ゆよ 

とば かり、 亡き母 上の おもかげ をば、 まの あた 

H-u- る 心地し つ。 いま は ハヤ 何 を かいはむ。 

お つか 2 ん 

一 母上。」 

と、 ミリ ャ アドの 枕の 許に 僵れ ふして、 胸に 

錢リて ヮッと 泣きぬ。 

誓へ とならば 誓ぶべし • 

; ぞ はや <s~ S 

【何卒、 早く、 よくたって、 何にも、 ほかに 中 

しません。」 

め ふさ ひと 

ミリ ャ アド は 目 を 塞ぎぬ。 また 一し きリ, ま 

ひ 上 きざ ごと ..、c ちて かせ 

た 一 しきり、 刻む が 如き 戸外の 風" 

よ たかつ よ ふた 9 たな そこ 

予はぁゎた!-しく高^^を呼びぬ。 二人が 掌 

さ い-つ むね ひと 

左右より、 ミリ ャ アドの 胸お さへ たリ 。また 一 

ni お ほぞら Ki 

しき リ、 また 一 しき"、 大空 をめ ぐる 虱の 音- 

「 ミリ ャ アド。」 



「 ミリ ャ アド。」 

目 は あきらかに ひらかれた 9。 また 1 L き 

y£ よ ふか ui., らし かき 

り、 また 一 しき リ、 夜 1^ くた リ ゆく 取の 風。 

かみ srt れ な ^» 

祌ょ、 めぐませ たまへ、 憐 みたまへ、 亡き母 

上" 



まる 惯 



うた。 

やみの 夜の 



しょ ぼ C 雨の 

> 一ん じ!! の » > 

紺 蛇 &伞。 



そっとと まって ig いた.,:' 

1 て V., ら み , „ 

i: い 手柄が 見えた ぞぇ 



の v> あめ 

野路の 雨 

野路の むら 雨 

さっとして、 

雲の ゆきか ひ 

さだめた や、 

まつよ はふ ポほ 

llw 草と、 夕 1® と、 

おど AWi 

どちら の 宿へ 泊ら うか • 

ち ぞ-っ 

地蔵さん 

をし へ て 下さん せ。 

11 鏡 花 全集お 十 sr 吸, 一よ h- 



m 
巳み 

巷; 

だ 



とづ ふ な. か や 

豆腐 長 

I 

いくつ はし 53 _ 

「車夫、 幾 十ば かリ. 抬ゃ 「通ったら う」 

<| I- んぢ ひとへ さ > > いろ 

腕 車に は紕地 Q 単衣 を^た、 二十 一 二の、 色〕 

しろ i. 一-; つって つれん T-f うへ さ 7 ヌ 

白い、 細 ..ss 少年が 乗って、 膝の 上に 雨 手 を か 

た. 力 サ; す か £ きつ ひん :ノ ナ;..た 

ふ. て、?^?に_1!子を構 へ 、 吃と した 品の 好い 姿で、 

?- * ; ^ に > -;- とつ +:た • a で. ^ね 

恍 |3 して: る。 いま!! g をー倘 渡った とき、 早 船 

が 一艘、 十 w 五 人の 乗合 ひで、 上の がか 、り 下 つ て 

来たが、 H 影の 屮に ^1:1? を 持った のが ぁリ、 また 

麥藁 j£ を 被った も あり、 いづれ も 水面に 1^- を 

な, ノ .S す こ .--v し, つ き., ぶ 

流した. 一-うな 舟に、 少し 瑩っ た. a い 衣 股) 

るれ と はし した は ひ き ハ.,." す な 

其が 不阛 橋の 下に 人って 消える い 

て、1^かに飛び去ゥた海の^-には霧がか X つて、 

ぽん ゃリ. H け て e て、. # として のた いたか に、 

5-,- *. た ?. 一; 

ち、 し 》• ほ、 りリと 松. S 樹が立 つ て! W る ■) ず ッ と 近 

^^.i^s ナ あ と- -ろ -? も 

く5^棒に5^^4<.ぉ亇はかリの虔、 路ば たの 砂地に 

船が 引上げて ある。 十 5: 五艘 も 並んで 3W よう、 

- 一力た か めさ へ-き えんごつ たか そら さ 

其 中 に 攉ん でた 舶が烟 突 の やうに *5 く. を 指し 

て、5^と0間、 鹿々 に Is けて ある 小屋の 屋 



根に 菜つ かってる やうな のが H 明に ありく と 

み *s くて ひ-つ <>> わ ど そ,.? ひく と 二ろ , 

見える.' 前 jT;? を廣 々 と 緩 取つ た 空の、 低い 虔に、 

ち ひ 



ほ 二 か HJ 

花が に 



"ら V\ ほし えま は,. 

P ったw^のi^lI?に、 

ラご ち を jj. ろ す さき 

ひら^, -と驗 いて ゐろ やうな 蒼い 色 は、 洲 の 

でん と う フ 、リ 

の 光で ある。 

<>0** i'u 二う ば い 4 ぺ /クち 

腕 車 は 横の 勾配 を-にって、 地へ ずる くと 

はずんで 下" た。 旌. 效を ばりく、 と碎 いて、 片 

にし し- ふた み -? 一.. 一にた け ち 

碎 -a a- いの を 二 ツー ニッ 路傍へ 敏 散らした 

,か へ る やうに 腰 を 伸して、 

さ -っ と な $ 

- ましてから、 左樣 ですな、 十 餘りも 

はち ま /- さま こっち 

ございませう か。 八桥樣 か、 り 此方ば かりで も、 



しゃ ユ そ 

jl^ 夫 は 反" 

大 を 渡 S 



M ッ. K ッ は^りました。」 

は i たくさん .V - K , る 玄 うへ 

r さ う か、 橋ば か リ澤山 あ る。」 と 小ノ 年 は 車 ふ 上 

か 、り 川 を Hs- 下ろして、 =- つ 船 を 兑 上げた。 

だんな ビ Z 

「2: 一^、 何の S でございますね G 一 

「何でも 此 あだら 二 、 何せ かで 聞いて 見る が 可 

いや。」 

み 1.V た すたち ケ-く ひチ -1 ところ 丄 

この 路傍の 砂地 を、 爽 ベへ 引 込んだ 處に、 茅" ii 

けん と ,1 でつ じ はた - だ やり け." リ 

か 一軒、 戶降子 を あけ 放した のが 紋 遣の I- 

w^'/v いぶ <r. なか かすか み, ジ 

で朦々 と 煙 つ た 暗 い 中に 幽に 見え る.' 



しゃふ ナ." かたて *Te ふ 

夫 は 透しながら 片手で 汗 を 拭 いた。 

r 少々 もの を 何 ひた いんで ござ いますが „ 

^?;って返ポ"『をした い。 

r キん じ、 * 

「御 近所に- 



-」 と いって 車夫 は おった 



「且 那。」 

「平 田。」 

「え 



そ 0." ら ft 

、其 平 田さん てえ は あ! 



ません. 



iV んな 

女 聲で、 

「存じません よ。」 



ど <るま ひ ,だ 

一 何う も。 へい、」 と 腕 車 を 引出す。 享输 がぐ る 

ま , > や-! -s* ん ふ そ あば •.;}■ 

ぐると ま はる 中から、 少年 は报 返って、 其 茅: K 

ぉノ. のぞ きこ !;. むリ なか 

の 奥を观 込む、 と 煙の 中に 園 扇があって ひ. し 

-r ご ユカう ち 广* まつ "と -づ 一- 

ひらと 動いた" 其圑 に 格 はって、 絲の? Sf れた 

やり たび , -ゲ そ OVI^ f 

やうに 蚊逍が 靡いて 分れた li 其 時 — - 枕頭 

二 わ か をん な しょ ケに 9 す びで つに J お 一. - 

にた 牛 S 少ぃ 人が 悄然 坐って、 ^^人と思はれ 

二 力 は, \! あ は V** さ うつ? 一 

る、 其 母親 L しい 婆さんが 顧^ をして、 :g:,M、 

n.. ^ i つ i み と 

て -ぉ て ,i? る 、 と 1?^ に a- て 取 つ た C 

ル年 は" S み 手に 扇 ゾン耍 を i„Jt と 握って、 n を 細 

う & ど なん おも -£ .... 

うして 首 垂れた が、 何と つ たか 萆を懸 て、 

一 車夫, 分 リ さ-つ もな いぢ やない か。」 

な U * * ど * こ S さ- 

「何 わけ はぁリ ません。 モ 一度 其 處らで 聞い こ 

ませ ラ。 一 

一 知れな きゃあ. ゆや、 おらう かご 

n ん ち <L*. ろ 

「今 心の ためで さ" え、、 畜生 ピ 



TO - 



■.s i-: li に' 



し ? Jit 

て 谅み 
w る m 



*> ふ.. かへ *5 ,. み . -,-5 と 

央は振 返つ て客を見ると、少年は帽を-;^ つ て. 

- 何 をして: るんで すか、 -牛 出と いふ。 

で。」 

「あ-、 モリ や 何でせ う、. 一 

、つ W, 二に -ー么 f のきした. つ t 

突然 rss えた 萆が し て、 i?5 ぐ 軒下 に 釣って あ る 

• 低い: Kte を、. a い 手で か t けて 出た の は、 結 IH 

t しま し-つった t.; -t-v< --し ま- 、 

の 年せ である。 ,H 金 巾 を 短く 膀に 格った ま \ 

に 11.- - .ftii 一 . -,」 た;. ざた 

叽 には絲 もっけな い、 素棵體 で、 片膝 立て 、效 ;^. 

の 外に 潜って 出て、 

さんばち ところ ^ -'. 

「三 八さん の虔 でせ う、 それ はね」 とい ひた か 

あ .1 十 i. ひよ リ げ た つ V が ?, -き 

ら、 足 をお ろす と、 ぎ 日和下駄 を 突 懸け 穿、 裸 

身の ま V で 路地へ 出た。 

す そんか Y とこ つ its,-- -0 ど 

1 底ぐ ね、 其 雙ン虔 を 突 當 リ ますと ね、 井戶が 

あ リま すか 、り ね、 井戶 につい て モ 一 ッ 路 地 を お 

1^ リ なさい、 左側 三 軒 お 長 i です よ。」 

:ら i- ふ ち S. うちん > ろ, 

一向う の 蔵です か、 一と 車夫 は 提灯 を あげて、 路 

ち つ *-5 らリ か は,, N1- ^-. *P4 ► > 

地の 突當の K 尾 极を仰 いでいった。 

裸體の 婦人 はまた 近寄って、 

ま. A 5 ど 

「Jf から 曲 るんで すよ。 さ-つ す ると 井一 il' が ぁリ 

ますから ね、 井 から 三 軒 n さ、 ふ^ょ I 

た カひさ 

さき へ 立つ て 指 し をす る。 

一一 しん. t 一つ 5-< a 一-一:; -V; ふ-た 

一 御 深切 樣に、 難 有う 存じます。 ぢゃ ぁ且那 一 

だ£ まつ;: -ん うな づ 

酜 つて 少年 は 額 いた。 

しづ I,, ひ .S つき 51-! 

一^に 曳ぃ てがら 》.(-> と-昔-か すると、 ハ ャ突當 



つ て W 車 は兑ぇ た く た る - 

「姊 え、 だな ごと へい つて 胸の 赤い が ffi い 

た。 51? 人 は 路地. 5 巾に A つて、 S 車 0; 仃った 力 

を U- て はたが、 ゆばれ て、 .?T-M ケ, i つて、 ir„- おし 

て、 

すし ft うち 

「ほら、 あ: の 一件が: W る. 2 さ。 一 

た. - れい ふつ » れい ふつ , ふ キノ 

【何 だ、 あの 例 物 か 例^。 丁 一、 つて 来たと 

つんた へ か ん > わつ.. d 、 

い ふ浪识 加^で 、 i;; いの は s£ の や う に な つ ノ 一 

す ジ-ぃ * ひ- < Ic た 

納涼 を 離れて 突立つ。 

^ー, リ たん 一にん れい ふつ ビっ 

「付 だ、 何 だ、 一件 だ わ、 例; r だゎッ て、 孰ち 

^J,^ ひご. u- つ 、た 

も 分らね え。」 と また 一 人が い つ た。 突立 つ た Q 

は 思 入 あ-りと いふ 身: ま をして 、 

「素ば らし いおよ。 J 

「む、、 掃 溜の 鶴 か、 此 0". り。 さう か、 あれ ーぃ 

あの. so、 ふむ、」 といって la いて 居る 

ろ, ゝ なん 1 ぶふ-め つる 

「六さん、 何 だとえ、 搽 溜の 鶴 だとえ。 一 

「さうよ、 溜池 ハ紋ぢ や あねえ。」 

i.'.fi ど わたし は き; 一-。 な T 

一 5£ 樣、 何-つせ 私ビ もは掎 溜の 南 ^ で ご-. ヒぃ 

ます。」 

これ はまた!^ 外 S すね 方 だか、 り、 飮込 めな い 

をして^ を脸 つて 3W た、 六 は 心 清いて 苦 Jy^ 

をした。 

「な y も そんなに 氣をま はさな くッた つてに い 

やね、 ,くリ やね、 お前 溜 だけれ ど:: 其-」 



と S^J 良.|< を 1- し て 、 ,よく 前途へ K ける。 

二 

おや-. ,1 た う.," ** 

f 现方、 ちょ い t t リを ^ ひたう ござ い. ます 

一 ^だ だ 」 と い つ た 。は- せの 尖った、 胸 -:〉 リ 

ゃム -" 二- をと こ V _ ゅ|1 た ^> »,_^ 

赤い、 ^つた 男で、 帶も緊 めず、 浴衣 を 羽綠っ 

の. 4 へ 片足 を r い、 と あげて、 围: S 

, る。 おなじ 納谅臺 に、 二十 二三から 

V,-, ま わ も-? ま よ にん - 

TOT 五までの し い 壯 あが 未だ 三 四 人 な らんで 掛 

けて た。 

い 2g ち 9 う .,-/-s -ー0 へん . , . • . -, 

f 入浙 町の:: 番地 は 此邊て ごさ いませう か 一 

I む、、 此虔 だよ。 一 

ミ た -Ati き ぞ=ばた, そ す /ケ ザ-い お 

片 側 は 胡 4^ CS で、 ち ?- ラ ど 其 納涼 ; を 置 い て 

5 しろ た き ._ノ た. ヒ * .v> つ ふ き 

ある 背後 は、 まばらな 竹垣で、 片側に は 豆腐 を 切 

t ょブ、 な V- や - ,/ り- ん . ^ 

つた や, つな、 a お 四^な £ 屋が 五六 軒 一列に なら 

± し ね しづ ところ C き ふう 

んて、 戶を 閉めて. まった 處が ぁリ、 軒に 風 

t -Q - 一三- ろ ぢ くち 2 

鈴の & 力って 居る 處も ある。 路地の 口 は 一 間に も 

た <5* つか - 

足りない から、 腕 車 を^むと 支 へ さうな 

ひら, ご _v ん 

「それで は 平 田さん と いふの を^ 存じで は ござ 

い i せんか。 一 

-C し でム ひ; 1 あ .li 

「半田 だえ" 何-つ だ 知って るか、 一と 件 ひお 赤 は 

で橫を 見た。 

ひ. た S if ま 

一 田、 分らね えな。 一と 降 座の? お い のが いった。 

しで つば い fz モ ops ;,. さ > しゃ 

一 商 賈 は 何 だ。 一と また 其 次に 居た のが 聞く、 1^ 



T2. 



「矢^ 掃溜ぢ ゃぁリ ません か。 : と 婦人 は 笑 ひ 出 

した 

, い I やぶ > 

「そリ やさう と、 今來 たな あ 何 だら う。」 

「蟲 だら うごと、 立って る 若 いのはい つた。 

ft まじん むし „ 

「*.:,:= い 蟲ぢゃ あねえ か」 

蝶 だ、 りう、 いや 夏^だ、 りうと、 わやくい つ 

-2V むね £5- か む; J ゥ か 

てる 内、 胸の かいの は ぴしゃりと 胸へ 來た败 を 




さい ふ ざ け 

「ニ才 め、 山戯 たこと を!」 忌々 しいと い-" 

かほつ き 

額 色 > 

-ー 

腕 車 は藏の 壁に 添って 左へ m ると、 果して ^ 

井戶 があった。 少年 は 前屈に なって 四邊を た 

「下リ よう、 下リ よう。」 とおさへ る やうに 聲を 

J ノ わ は ft- S 

懸ける。 輪の ま はる 發奮 だから、 ぐるく と 引 

一一 ろち ぐち "ま ところ は 

込んで、 がった リ路 地口の 狭い 處へ 嵌まった や 

うにな つて 止まる。 

ふた rv. が-つし ::ざか け かたて つか .6 いや 

と、 ニ條 iS 子 9 膝懸 を、 片手で 掴んで 搔遣リ 

け-一み t^tc た せ-つ.;: ん 

なが、 り、 蹴込へ腐^^に立って、 少年 は ひら リと 

お また ろ ぢ で 

下りて、 棒 を 跨いで 路地へ 出た 

4: け-? り ナたぢ た く どめ ^,7 づ 

拔 裏の 砂地に て、 ある 車 止の、 香の 圆を 

りゃく F う. s-r.- +* んじ d5i ん まき 

略した やうな 棒找を 潜って、 半襦拌 に湯卷 をし 

しろ み-ヘリ をん な ひとり め V- る こ わき で 

た, H ぃ扮. おの 婦人が 一 人、 Hi 爪 を 小脇に して 出 



き せ つれん ひと あ H めと ひ み ひ-5 . 

て來 たので、 少半は 一 足 後へ引いて 身 を 開き 

くつ わ. つら と ナ;. 1 た . どろよけ , 

轡頭 を-取った 姿で 泥 除に 手 を かけな が-り 

からど くっつ す ぢ つみ 

身體を 附着け て 透かして 脈と 見た 

しゃふ ち?' うちん かたて せ-つね 乂. ^ 、 

車夫 は 提灯 を 片手に して いま 少年が 摑み 

おと ざ か. 7 と ね やん な ろ ぢ 

落した 膝驟を 取って はたいて 尻る U 婦人 は 路地 

なか たち こ こつち -「 か 

の 中 ほどで 立 停まつ て 此方 を^った やうで ある 

f\ う あか.^ ろ ひ !:•.- し? f お み 

が、 其 ま、!^ 黑ぃ 灯が 幅! 尺ば かリ 波れ て 見え 

まハ と -っち は ひ ど-つ. 二 i た 

る 一 饮はづ した 戶 9 内へ ツイと 入る, 同時に 固 

くな つて S つてた 少^ は、 ッ 力く と步 行き 出 

くどん たがや £ へ - い の V 

して、 件の 長康の 前へ 行って、 ちょいと 視く 

S は ひ さ まち た 一? 

と、 まだ 內へは 入り 切らないで 框に 立って た婦 

ヒ. じ やすん *w たじ リ つ するど ひとみ よ 

人が、 邪 俊に 眦 を 釣って、 銳ぃ瞳 を 寄せて, 

し, つ > S 

ッ 、ケン ドンな、 沈んだ 聲 で、 

「M です。」 

「いえ。」 

*■ り ゃ-っ;.^^》 >!- ばりぬ 

といった 切、 少ハ+ はふい と通拔 けて すッと 

ク $cw ど a <n, と-一ろ, たち ど . ^な』 

行き、 あ 3 車 止 の^の 虚で立 停まる と 婦人 

て あら と み f 

は、 手荒く 戶を 鎖して しま ふ。 

ろ ぢ くら ひさし つ さ - つす / 

路地 は哈 くな つて、 」.! へ H あか リが簿 くさし 

こ t-w が は な いぐ けん ながや こ. VK\ し .5 

込む。 片側に 並んだ 幾 軒の 長屋 は 盡 く 寂寞と 

さ ぢ らん う ふしあな か ノー と 

して、 木地の亂^^な、 節穴 だらけの 門の 戶が、 

た!' *s いた ところ おもて ど S め くろ 

唯一 枚の 根の やうで、 處々 表 p- の 合せ 目が 黑 

す V ひ * S ひだ ぶ^. ん じょ ^€ 

い 筋 を 引いて 間 をお いちや あ、 順.;: よく 縱 

な. り ね モ i ながや ん ■!» > 

に 並んで 居る。 其が 長 廣の數 であ、 しう" 



LS ち 5 ... ちん さ いう 二 たち ど, > , 

車夫 は 提灯 を 左右に 1^ つて、 立 停まって は 

I にで^、 558: まって はぎに で-が、 一軒 ニー 軒、 

ヂん じゅんく かビふ ど みある » い, i と ^ 

一一 一軒と 順 々、門札 を :15- て步 行いた が、 今戶を S± 

ひっこ そ f; It なリ まへ た み -- 《ノ , 

めて 引 込んだ 其 隣家の 前に 立って 身 を らし 

fi^-.v わ も ひき ちゃ 5 ちん たか 

ながら 仰向いて、 思 切って 提灯 を 高く さし あ 

げた。 あか リが うつって 額が 赤くな つて 见 えた 

が、 鬥 礼 を該ん だ。 

ひりた バらた さんばち ^-A.^ て-つし ちゃ 5 ちん ふリも 

「平 や 平 田 三 八。」 と 高い 調子、 提灯 を 振, け 

て、 

Z Z ひら V んばち Z Z だんな 

「此處 です、 平 田 三 八、 此虔 です よ n; 一 那。. 一と 

少ぁを 呼ぶ。 ちゃう ど 棒^に 背 を 凭た して、 思 

-と<,ーろ のき あ ひ つき たリ > , .S つ 

ふ 所 あるら しう 軒 合の 月の 形 をす かして 3i9 た少 

2 こ。. £ しゃふ このた か 二 ふ 一 々- 、 

年 は、 此聲を —— 車夫の 此高聲 を 間く と, はッ 

やつ ナ ざた ゐ ^.¥^: 

とした 樣 子。 ぶら リと 膝に 垂れて 居た 持つ 

て ちから こみ .<、 なめ とリた ほ み itV まへ 

た 手に 力が 籠つ て、 耍を 取^す と 身 街し つ \ 

む ごん ちし;,;. ご う よ 

無言で つ かくと、 しかし S 音 をば 浮かして 寄 

る 

fl^ てます が、 ロー 那 ごと 車 夬はニ ツー 一一 ッ戶の 合 

目 をが たく 鳴らして、 

r 敲 きませ うか、 え、 た >1 きませ-つ。」 

せつ れん だま ^ . 

少年 は默 つて 居る 

じ なつ うち ぶ ひ くち 

「まだ 十二時に やなりません。 夏の 内 あせの 口 

でさ、 た >| いて 見 ませ- ゥ。 一 

; キリ こぶし ち ^€ て ^ あ ふ" 一-一 

と 握 拳 を 上げた の を、 忍 はず 手に 持った 扇 



I? 已辰) 



( 73 ) 



, 一 1 ん ュ-た 力 一め ひだ 

でお さへ た。 銀の 耍で あらう、 キ ラリと 指の 間 

ij-e- し si け ; t ん かほ せつ れん かほ % 

に 輝いた 車夫 は 怪訝な 額で、 少年の 額 を 見て 

控 へ て る。 

1.,:- れ乂 いたど て 

少 3f はお さ へる やうに ソッ と 板 In- へ 手 を あて 

やぜ なち すなた よ と-, I: 

て、 5^ ぎすな 立 姿 を ひったり 寄せ、 鼻筋の 通つ 

かほ な- -» と はぜめ .*>< つ 

た 額を斜 に、 戶の 合 目に 耳 をお っ附 けながら、 

しばらく 身 霧き もしなかった が、 力な さ X うに 

a ふ 1.1 6 た く ieu ォ た 

扇 を 垂れて、 立った ま、 膝 を 組合せて、 下駄の 

つ tj-- オ つち ふ 

爪 で n ト く n 卜く と 地を蹈 む。 

四 

*ヌぃ や うち ど-一 わか 

おなじ 長嵐內 だけれ ど、 何虔 だか 分らない、 

€ と もかん V* たき ごる? 

手に 取る やうに 嬰兒 泣, 錄 がして、 む i くと 

« 'は ごと ち- * ほ、 \5 け は ひ 

^言の やうに、 乳を頗 張らせた らしい 氣勢 がす 

る。 

いたど .11 リ ナ ね せつ C ん と 

根戶 IT 取つ いて 耳 を 没まして 居た 少年 は、 戶 

つ み /ささ 

を 突いて 見よ-つと もしない ながら, なほ 立去リ 

ため ら しゃふ 

かねた か、 猶豫 つてる ので、 車夫 はも どかしく 

なつたん だら う。 • 

^ あ ひ 一一し ナ>.< 4 めし ち,., -ら S . 

nw 合 K になって、 蹈 張つ て、 足に 力を入れて、 

て- な., 丄 せつね 乂 ふ ほ ャ y . 

手 つ きで 敎 へ なが ら少 の效を 仰いで、 

か £ や 

「どんとお やん なさい、 はず お 遣 ん な さ い 。 

は? - A ん ひよ 

ま だ /ヽ 早 い ん で さ 、 御 遠慮 な さ る こと あね 

,に し つ こ-; -; ひそ 

え。」 と 何 か 知った 風で、 故と、 りしく 聲を潛 めな 

がらい ふ。 少 あは 餘 計な こと をと 氣を统 む狀、 



1 

眉极を 寄せて 聞いて 居た が、 得堪へ たかった か、 

手 を Si: つた。 

、-、 V ナニ firz Z しゃ 

一可から 彼處 へ、 彼虚 へ。」 とせき 込む ので、 車 

ふ たち" ひさ さ vi ろ ち ぐち わら 

夫 は 立 端た く 引退って、 路地 口に 曳拾 てた、 空 

車の 方へ 行かう として、 

ふか. V. は 9 つ ら. ね f 

「べらぼうめ、 深 川の 奴等 は 寢坊ぢ や あねえ か。 

と;!. J し む つ 

そ して また あんま リ 柔く グ て 異で ね え な。. 一 

くち- J 1- と かち ば." モ 15 しゃが 

と 口 叱 言 をい つて 楫 棒の 傍に 踞 む。 

や-つれん ふた i み よ うち やう-, tf か 

少年 は 再 び 身 を 寄せ て、 內の 様子 を ^つた 

S -< ? S す とみ. - はな 

が、 良あって 思ひ棄 てた か、 戶 から 耳 を 離して 

み JV つ ひね な えり ちな-ゆ 

身 を IE いた、 胸 を 撫で &襟を 合せて 立お リは 

たちさ, &>- ず つま IK; かう ぺ 

した けれど、 立 i リぁ へず \ ィん で、 月の 下に 首 

を 11^ れた。 

♦0. つ- 51 ね 

とつお いつ、 それまで 躊躇 をして 居た のが、 

なん けつ み た 六よ せ ム 

何と 決した か、 つかく と 三た び 立 寄って、 扇 

す も て いたど すが とォー た: 

子 持った 手 を 板戶に 縫った 時、 立つ けがが つた 

な おとた ね *_J 

り 鳴った。 一昔 は 立てまい と 思って 居たら う、 不 

いとな おどろ み、 もと 

意に 戸が 鳴った ので 驚いた、 耳許へ、 うるさい 

ね 一 1:£ー ゑ ふと 

といった やうな、 寢 St の 太いので、 

たれ *5 .K ちつ S 

「誰 だ い。」 と 詰 る やうに 落着 いて 謂った の は、 

をと こ こ- 么 び 一ん たい ね しプ L ん 

m 十ば かりの 男の 聲で、 仝 體寐 まって、 寂 

ところ いは あな ひ! * <h 二 

と し た處だ か ら、 緩 穴の なかへ 響く やうに 聞え 

た。 

サっり ん - 一力 二な つきだ 1? た にかけ ?ほな 

少年 は 此聲に 突出されて、 拾 も 膠の 離-.; た 



と み <^ ひとあしす さ たち 

やうに、 戶 口から 身 を 返いて 一 歩 返った が、 立 

-il ひとめ み ろ あしに 

停まって キッと 一眼 ると、 額 色 を かへ て 足早 

ひさ. n 、 

にッ 力く と 引返した。 

かへ はや Z 、やつ 二- U か 

「歸 るから、 2^. く、 一とせ き 込んだ 風で 聲を 懸け 

み かへ ま くるま まへ 

て- 見返 リも したいで、. また、 く 問に 腕 車の 前 

ま は ろ ぢ で もんじ ォ y.l 

へ 廻って 路地 を 出た が、 一文字に 急なん だから 

^s. . く e み き!; る さかさ と 

車夫 は ァヮを 食って、 吞? した 煙管 を 逆に 取つ 

かぢ. に 5 やに :: と と み 

て揖 棒へ i+*„1 を 叩き した、 飛 上る やうに 身 を 

お させる • つ、 つ- * こ f め. V 一 

起こし、 ソ 、クサ 煙管 筒に 突 込みな が、 り、 呆れた 

かほ め は つれん …リ 

額 をして くるく と 眼 を^る と、 少年 は ハヤ 藏 

まが け -i v,-5i_J い. i 

について 曲って しまったので、 凝:^^へ煙草入を 

はふ こ つば ん.: '一る wi かぢ fff う 

投リ 込んで 引 張りつ けられた やうに ゆ. 一 車の 椅棒 

3 ナたぢ 十 ,し 

を あげた。 ゴロ/ \ くと 砂地へ 摺 つけて 轆る 

45: 一一 キー-一 や 上 < 

音が 間え たが、 やがて また ひッ そりして、 稍 照 リ 

つ f 一 いろ うす ち i>J ろ S うへ すひジ ふ 

まさった 月の 色の 薄ら 靑 い 路地の 上に、 吸殼 が 

1 ッぼ ッっリ 赤くな つて 燃え 残ったの が、 ほろ 

ほろ と 翻いて、 しばらく すると、 地へ gfj;^ まれ 

* ど-つ >.! 

たやう に、 ぢぃッ と 消える。 同時に さら./, \ と 

い-一- か 4 一 ふ き - うご 

^くさい 風が 吹いて 來 たが, 動く ものと いった 

りひと ? i しづ かへ . その A さ 一 

ら、 ッ葉 もない。 靜まリ 返った 爾時。 

五 

<i9 はづ «>_ いま まつれん た, >*- 

がッ たリ樞 を 外す 音が して、 今 少年が \ ィん 

ゐ it: ど * .S ひん |*,~ だ f じん 

で 居た 板 戶を細 U に 開けて, 半身 を 出した 美人 

が ある。 格子に, 手 を かけ 伸び 上る やうに して、 



上 t T- < 



. ---.Ji *•> 一-た ... 一-, だ 

敷 25" へ as.n た 足 を あげた ^の を 染め 出した 

< ん *i は.. た , で, V こ...; \ *i -- _ 

H 地の 浴衣で、 博 多の 男帶 をぐ るく 卷に 腰に 

格 つ て 、 ";Mf を ふ ,下 に 抉 ん だ が 、 起 の 姿 だ ら 

したく、 胸 も 裾 も; W 亂 した、. n 脛に からんだ の は 

ひ VI, つ ん I- ゴ + リ ふ i 

燃 立 つ や -っ た緋 で 小 造の ちっと 肥 つ た、 

ぬける ほどの 色, ゾ:: い、 正紀 のこ, C は 十ん 九で、 

^.■» s-;- St ひく いて > ユレ ゆ 

突 は かに V: 一い の を、 5g の 低い 銀杏 返に 結って 

^ す „-み け ん , れいぶ つ 

W る" これ を こそ 納谅 では 一件 だの、 例 物 だ 

t *!„.-<! つる ぺ つ -ン し S 

の、 溜へ 鶴 だの、 といった ので、 別に 不思議な 

こと はな い、 つ ぃ此 以前まで、 洲 略の 何とか い 

21,,? . こ て ふ ,.? いらん > 

ふ 大店に 胡蝶と いった 遊女で ある。 

めはな , 9 , , つま ごノ J 

K 奐だ ちの くっきりした、 たと へば 月の 如く 

た £ ごと めい- 5 かほ 

玉の 如しで、 あかるい 明跄 な、 といった 額に、 

? -0 いっしつ- f'y'^ お じ.? 'つ S.?CJ 

何等か 憂愁の 掉を帶 びて、 さも 術な さろ-に 眉极 

を 寄せながら、 眼 勝ち ばつち リ した 淸ぃ 

;;' ち y- つ * たリ 

で、 路地 口の 方 を-つか > つて、 また そッ と四遂 

み Lo し IT& で > あし 

を 0- て、 忍んで 敷居 を またいで 出る。 あとの 足 

がま だ框を 離れな いで、 身體が に 釣、 しわて: W 

る。 胸を^?-まに|^を5^して、 仰向に _ ヌリか へ 

ッて、 

「あれ、」 と いったが、 ばった もち をつ いた 

音。 ずる/ \ と 引 招り: f2 まれて、 が たびしと. 4 

を 下、 淺 間な. s にもの >- 覆. つた 勢が して、. 

やがて 眼 の^んだ, 募の 高 い、 細面-りた *、 もので 



ふ -10.; た お,., て ち だ . あ... -3 一 1- み 

た い 老けた 女が、 戶外 へ 額も出して後前を!0^- 

た つま 

び つし ゃリ と n を たてる と, 忽ち、 しんとし た 。 

う ろ /\ 船 

六 

少年 を 菜せ た 腕 車 は、 さ き の 路地 を 後に して, 

いま かは さし る ナ たち ひ f 力 ,£ 11 た tio 

今 また 川の 岸に 沿って、 砂地に 引上げた 船の 傍 

を曳 いて 5; く。 

じつ s-ソ < ,0: す r. ほ 

いろく 情 實の搦 まった、 蜘 珠の巢 Q 多い、 

4 ま 1 二に- _^ ゥ-ん な た むね ^ 

狭ッ くるしい、 裸體の 女の 立った、 胸の 赤い 男 

あ. t ら ._, た ちた ま お? 

の 胡 坐 かいた、 W がっかへ さうな、 天窓の 重ッ 

ひと み 

くるしい、 じろ,^ 人の 見る、 そんなう つと し 

ところ で むつ あ を ほし した すハっ 

ぃ處を 出て、 群がった、 蓊ぃ虽 の 下に, 砂地の 

よつゆ しめ うへ V 二. i み ill ふねみ ひろ. ひ - 

夜露に 濕った 上 を、 川 を :3^ 几つ 船 を = ^て、 廣々 

ひと どば リ >|こる に はか で 

しい、 人 通の ない、 せいくした 虔 へ!? に 出 

たので、 Sf! なら 一 町と は隔 らず、 ツイ! 一: 分閒 

まへ とほ ところ ふうべ 

の 前の こと も、 遠い 處に、 昨.: 仅 あった こと 3 や 

t やう わ- ん う: てん たか 

うに 思 はれる。 少华は 腕 車の 上で 天の 高い の を 

こ、, C よ ^ ^ V 1、 二 ほ あ ふ? us 

快 さ-! うにず 伸 をして、 胸 を 張った。 一!IS を 接 

た む i ,さ ~ も 一-あ ふ- 

に橫 へながら 無意 = ^に ^ んで、 

丁お くな つた や-つ だ、 車夫。」 

ざんしょ なん 

一 fSS 暑 で J ざ い ま す か ら 何て ッ た つて、 も う 

; い- カキ- - , > 

强勢 秋に たリ ました。」 



一 何時 だら た ご 

「^マち や あ、 さ-つで すね。 I 

^ i^.? き ! .>んち.-; す w、 "ち ひ V-" て 

行く 時 道 を n いた 貧 女 住: W は、 路 の 力" 手に 

a hr つ さよ a しづ ち ひ 

戶を 15- して、 月. に寐靜 まって しまった か、 小 

: ^£番の小ほ.9ゃ-っでぁる。 

二 時 過ぎです ね。 一 、 

^;-っ なヒ」 さノ さ 

の ザから また 川 舟が ゆるやかに 流れて 来 

た。 が, 水に 任す ので あ、 しう、 立って 掉を さす 

ち》 つ!.., た ふ- ノ, J ネ- き, -し》 をムな と- P 

もの もな く、 屮形 Q 浴衣 を 着た な 女が、 tt} 

5; う 5 つむ ま & へ マき 1; う £ て: 'ざ 

の 方に 眞 俯向に なって 居て、 触の 方に は 立 際に 

て く あ を かほ 06 

手 を 組んで、 ^ざめ た效を 仰向けた、 かぶ リも 

? -Z つき あ.、, め 8 * 1 一き 

の、 ない 男が, 月 を 仰いで 眼 を 眠って、 身!^ 

もしたい で、 あかるい 水の 上 をす-し/、 と 流れ 

去った。 

や-つや: ん め ノみ 

少年 はばつち り 眼 を あいて 屹と n>- たが、 もう 

影 も 見えな い-" 

二 I 一 * リ で-: み た^ん ど. A 

「此處 i 寺 は Jh; だ-しう、 i!;: 船頭 か。」 

「船大工が ほ るんだ と E=3 ひま. 一, が、 一 

車 火 も あた リを朐 した。 

せかし B 

I まる ッ きリ 世界が 違 つてます か ら。」 

といった 時、 が ッくリ して 腕 車が 止まった。 

し-なみ i し i,- k にし 二-つば-: 

ち や う ど汐見 橋 に懸 つたので、 橋の 勾! か チ と 

^•i な の で 、 ぽが 引か X つて、 が ヅたリ が ッ た リ 

して:: W る。 

I 



つ- t.^t^ 

ふ ッ とま た を あ い て 、 物 0*st か、 り さめた 

4ミ V/- むた こし ズ -.^ 乙 » 7 ノ * 

少年 は、 しく 腰 を ふん. 张 つ て1^1!,- い て ほ る ^ 

がの 後 姿 を- た。 

「下リ よ-つか。 I . 

なに ひと; t 

「何、. 一 ゆ 吸で. マ; わ J 

こ た-しき を と い ふ し で 力 を 人れ る けれど、 

腕 卓が 左せ へ 傾,、 ば か リ 、 が ッた リナ 乂 へち や あ 

かづ-., f ^ と-る 二 

接に -1 寸の 虔 で来ッ 越せた い" 

「あ、、 稱 千に つかま つ て^ し て あ げ よ -ソ、 寄 

ると 可 や- I 

,ぶふ む 一二 ,.-i >1. f n.^ ヌ 01 

#ハ 、は 無 首 で 腕 車 を 寄 せ る。 .V 年 は 手 を 伸 ば 

して、 は 欄 干 へが/、 や うに して 手 を 懸け て、 身 

體を to めて 突 張って 前へ 推して 呼吸 を 入れる。 

やへ 1 /フ ..-1 ly£ 

I お。 一とい ふ懸萆 で、 一 文. Y に Q " かけた、 腕 車 

が の け ざま にた ソた、 トタン、 に六ッ ばか リ掘 

こぶし そろ £ ろ つ./. < にん 1< , に ん 

举が つて 母 衣 を んで、 入數が 人、 

一 il^ ちゃ がれ! 一 

と い つ た と 思 ふと、 背へ ぐいと 引い た の で 、 

いて iie た W 車 は 一 ^もな く あ をむ け に 引く リ 

かへ つて、 ニッ の!? が 兩 ^"で、 ^ を, 離れた ま V 

, 、るく と 三 ッ ばかり 空 m? す る と 、 «*ぉ が 

;-.£ ^-^.,'4 てべ て-つ . 

韓んだ や -っ に W; つ て 揖棒 を: 人 に 朝した。 

-Is-l /た _>* -1- へ .3 て, -た5 

ief^ は 天窓の 上へ 椅 棒を拔 かれた から、 S 

して ヮゾ といった 切、 一 一 三 間、 I! ほ; 中 ま 



で け 出 し た が 、 ひ ぶ こ たん と 立 停まって、 突 

あた つ た ゃラ に 威努 よく: つた。 

「や い、 此方 ifT」 

しぶ «, ち U 

ffi 圑扇 

七 

ふ ざ <i * 一 1 J . ち-. 乙 ゃぅ 

「巫 山 鼓た 眞似 を し や が る ぢ や ね え か 畜生、 

殺される た! 」 

,.■( て. し.. に. J5 V- っキ- ふす W ベ * つ, る 

低い 灭 井に 殺 氣が籠 つ て 、 襖 も 壁 も RMi に 

ち Iv- - * み うへ 二た み や, ふ- 

なって、 じとくす る 赤 墨の 上に、 二 ッ三ッ 茶 

わん る ひ \f つ たに ^ ほ:? み 

in を韓 がした 火鉢 傍 に、 ! T 組, ししつ かりし 

ワ、 .「v 一 あ を. - 7 つ ら ,い ぁ-ん n\ 

た、 肉 堅い、 蓊黑 ぃ裸體 のた リで、 胡 坐ん 厂.^ 

め S , -, --さゾ-- て . さ? *s 

い て^を 腐らして! t:: る。 細面 だが、 鼻の 隆 くな 

たち ち ひ .-i ぶ .-V ^ み 

い、 口の 小さた、 ,5.3 寄った、 五分 刈の 頭髪が 

寸 にの びて、 M- ! ! おつか ぶ さ つ て る 、 眉 間が 

も ど ---0 み ノへ .ー & 

目立って. n い。 見る と ra: 十の 上に 老けて はおる 

が 三十 八 九で、 ■ 一 "I- ぁリ さうな の は、 宗 平と いふ 

で、 J^" 入で、 ち つと は いものに 立て、 りれ 

に -i t M •, ち ? 一、 i r- r „y こぷし » 

る 女 つた ^ である。 ssji 拳 で, ぐリ / \ 

r- ざつ > 7.; た? V.i5 、 な. 0- 

と 膝 を 突 い て に な リ た が ら 屮 だ る み 

i.-J ヅ つ -.. る. .-.V.- 二 C -/J- - 

を し た 、 效: t^: ふ^に、 片 手 を 背中で 捻 

ぢ 、り ^ た . ま 、、片手 を ぴ つ た リ鲞 につ いたのに 

つ, S. ひ い 一に I つ 二-し > S かた 

頭 を お さ へて、 銀杏 返 を ば さ くにした、 浴衣 



は に だ け て 、 裙が廣 か つ て 、 卷 き つ は てた 帶 

が ずリ落 ち て 、 達 の あ- た り へ た ま つ て おる、 

つぶ .. --. -,^ あ V I 

漬 さ れ た やうな 形 が 、 び つ し よ リ汗 にた つ て , 

ちっと も 動か た い さ つ き の 遊女 を、 摘み か 、 My 

さ う な|^慕 で 睨みつ け て 、 

二 て ,-w ふて 1- つ 二ろ 

f 不 § め、 太え ^ だ -) やい、 殺 さ わ や あ が る 

た: 一 

「まあく、 可 や"、 可 やね、 宗 さん、 お" -ra さ 

,〈もま あ:: やど 落 もや, r てね 。一 

く-. -ん はな たか 6 モこ-ュ ハリ .,,んニ>:- 

と 件 户. ^^e} 高い、 K の 光 をす る、 の 

ユン 11 まる ま- -. - ん. -"1 い へ * 

こけた、 小さな 丸 か、 SIM 巾 を 隔て- - ほッと 

" き ス! 

した 吸 をつ いて る 

-引招 す、 揉る、 おさ へ る、 ? 3 む、 ^^らぅと 

す る、 悲^ を あげる、 割. < !ん でな だ める なんど、 

ひこ 二. i- 一つお さる 一 i ま 

一 ぎ あ つたい まの 後 で 、 あ さ な 丸, お が 呼お を 

は 一一-お そう ヘレ け .ひね た-ひ た 

つけば、 裸體 の ^1!^ -^1- も ^ だ ふ け な 胸 に 波 を 立 た 

して 居た。 

よ 一- に?0 ち f し S5 そ.,; ぶん _ ふ 

一可 か あねえ、 め、 畜生! 其 分に して 唯 

お .Is • 

™y くもんだ と 思つ て や あが るん か い、 いきつり 

め 。一- 

, に 二-つ すて % -ジ 

と 15?; 殺 I さう な こ こ を い ひ/ こ が 拾 i ぶ 

: , に や f ら 

辭ク やう に なつ て、 ゃラ/ 、張つ て た 肱が 柔 A 

, こぶし すづ ふる く 

に たづて、 拳 3 筋が 弛んで 来る" 

ち ひ 言 S 一 w.t:- ば も k たて .,.1- ゾ-ん 

小 さ な丸髯 の 婆 さ んは に な つ て 、 遊女 を 



C 75 ) 



76 



^* み ,i .. ,-づ 

庇って 居た 身 構 を 崩して、 

よ ちら t.- 

ゥ ございま すよ、 まあ- c、 荒立てないで 

け? 1 £ ど 

も 話 は分リ ますから、 何う, そま あ、 」 

"'つぶし おいらん せ たか 

と いひながら、 俯伏に なって る 遊女の 背屮 を., 

ま I 阇 扇の 强ぃ 奴で、 ゆったり と Si いで、 群って 

來る 蚊を拂 ひく、 

「さあ、 ちゃんとして、 ね、 可から、 あやまつ 

2 し 

ておし まひなさい。 ね、 何だか 知らないが、 あ 

ん なに 股 を 立って 居な さるんだ から、 困る ぢゃ 

ぁリ ません か、 ね、 位いた つて 仕 やうが な いん 

ですから、 ね。 一 

うち IS U な ,-ス.りム ユカて 

と闹 IS を、 背へ 捻ぢら れて: lis る 遊女の 其 手の 

- つへ .3. ;-ざ ェ-5 へい はう む 

上への せて 置いて、 膝を宗 平の 方へ 向けた。 

小さな 丸-おに 結った 老けた の は、 お 重と いつ 

ナ V 二- 二 しん ぞ ね やん な 

て、 洲 ゆで 此のお いらん の 新造 をして 居た 女で 

ある 。誰でも 容を つかまへ ちゃ あ、 おいらんが 

な 9 S ち ひ むすめ 

大人しく ッて、 優しく ッて、 小さい から、 女の 

Jf. ち か!: い かはい 

やうに みはれまして、 可 a くッ て、 可愛く ッて 

ちの とし わか き 5- く 

たリ ません と、 いってた 女で、 iif の少 い. 5^: でも 

熱く た つて 通 は ラ もんなら、 おために な リ ま せ 

,,. 1>~ しん i-ciu-l こと 

んから と、 意 した、 . 深切械 つた もので。 殊に 

5= ... に もつ よ 

生 れが 旗本 だと か 云 ふので、 お 荷物な 酔ッ たん 

^ 1- ん と 5 す さ 

ばう は、 おもしろく 機^ を 取って、 浮かして 遊 

で キ- » V 一- か +1 と C つま 

ばせ る こと は出來 ない けれど- 其 代 リ殿樣 であ 



fvKV. んな 1^- つ £ と- -!,< しら よ 

らうが、 大 n ー那 であ、 りうが、 廣 問の 床柱に 凭り 

いつ もん はかま 力 

か、 つ て、 五ッ紋 でお 衿 を 召して いらっしゃ、 し 

一- み ぶん Mi<l£ き 

うとい ふやう た 〈ぱ 身へ 刀 のお 客樣 た ら、 來れ ! 

At; ね -5.-,v,-,?..VJ 二 U ん;! けつ み 

塗 母の 女 扇 を 膝に ついて、 到 決 をして 見せよ 

うとい ふ 御 人體、 み づ か ら, 新造 に は 柄が 合 は た 

いと あして 居った。 

八 

そ C くせ ク i tMn vi く くる;; で ^> % 

其 癖、 若い内 は 所々 の 廓へ 出たり 入ったり、 

い V たにた (3 M し\?/\ク つか-つ y3 

$-15- へ 七 度 lii 野へ 三度、 數々 洋行 をした 者 だ 

さいご いんきょ vi^ う 1,. だ そ ば A 

が、 最後に 田 %1 の 隠居 樣に受 出された、 其晚、 

に つ. ri ねん ごろ いん 

画から. 酞げ ようとし たの を 捕った が、 懇 に 因 

^ V ふく とや 一 おつ. 5 

果を 合め 、りれ て、 そ もく 十七の 時から 追甌け 

い 、ひと J 'らた さ;! にち 

ま はして、 情人に なって JW た 11 平 田 三 八 11 

いま ,、. きみ や 5_ はた, ;ー H うま. * 

今 は 剝身尾 だけれ ど、 舊は 旗本の 御用 聞で あつ 

i ま てい L.S 5 TV,;- つちん 

た 現在の 亭主 に、 再び 賣り ませぬ とい ふ 證文を 

か くだ ム -:ん^---ょさ£ くた 

睿 かして、 件の ほ居樣 がす ッば りと 下された。 

それから ふ ッっリ と 氣 になって、 堅氣 になつ 

.1, た ざ しん ぞ 

て、 &.: 氣に なって 新造に なった ので。 その か は 

し-, ぶ- ね とォ! そ 

リ、 たと ひ 新造 はして 居ても、 十七の 時 添った 

て SL^ i を お ち- 

亭キ 一はい まだ 守って 居ります とい ふ。 いや 御中 

らふ しゃつ i-JCK ね と<\-> た v> パ -t- 

藤と いふ もの は、 將 Js^ 樣.^ 寢る時 束ね 愛 に した 

I そ 力ね とで 一 つぎ とし. -19 ひ.. が な 

もので、 其寢 てる 時 はお 次に お 年老が 控へ て 居 

そふ つ W ゝ ゝゝゝ ぽん しこま 

た。 また 其お 次に はり やん こが 1 本. ざしで EJ^ 

ね わか ひと さ 

つて ほた などと、 若い 人 をつ かまへ ちゃ あ 聞か 



した もので、 あのお 重さん にたって から、 胡 

が 六 枚 目へ 落ちたん だッ て、 さう いってる 者 も 

しんせつ ひと 

あった けれど、 ほんと に 深切な 人ッ ちゃ あない、 

こんな 中 にゃあ & らしい と、 胡螺 はいつ も然ぅ 

いって 居た。 

<v r i よ ft 21 おく かた 

首を据 ゑて 千代 田の 大奥 を 詰る やうな、 そん 

じ だい おも わるろ たうせ い 

な 時代な のかと 思 ふと、 また 恐し く. is 世で、 ク 

& ひで つ くすり » うんどう 

ミ チン キが EHiig の 藥 だとい つて 見たり、 動 

ち じュん くわん わる み 

をしたい と 血 の循 環が 惡 いなどと いって 見た 

り、 いやに 笑 ひながら、 君、 失 欲、 といった こ 

ともあれば、 潮 來が粹 で 可、 (緣 かいな) なん ざ、 

ど » ひつ 9 ば f 

フ、 ンと、 酷く 明治の 行!" を 罵倒した こと も 

ある。 

«5 I? へ;; *te ,.-r む *- . わ? , 

お 重は宗 1^ の 方へ 膝 を 向け て、 話が 燒 ける、 

キは ま *3 ね よ 

とい ふ效で 眉极を 寄せた。 

r 1 體、 まあ 何う したと いふんで すれ、 あんな 

けなし t - 

にお 話が もてる から、 閗づ らいの を^へ て さ、 

ほんと に 寢られ ない の を無现 やりに 眼 をつ ぶつ 

ところ 

て、 やっと こさとうと.^ した 虔へ、 ドサ リ、 

どろ 

ガラツ、 バタリ、 ぢゃ あありません か、 驚いた 

ぢ やありません か、 何うた すった とい ふんです 

ね"」 

ひと;. V-M エー 5 へ, i ザ ぶと 

と 一 膝 寄る、 宗平は 眉毛の 太いの-を ピリ C 

さして、 



C5 S 已辰 ) 



と、 な 


ん つ 

で 15^:? 
も だ 


ュっ 
ね 






1 ギ 




ゆ 


つ 


お 


― て 




せ 






み 


が 


が 一 


め 
ッ 




に 


て 




レ 


b 


に 


胡: m 何ミ ml 
蝶ミは か い 




ん 


、 - 
X- 


Tr"^ な 




つ 何と 






ま 




ち 






^ が 




Lr 


み 


、馬 はて ラ 


m ヒ 






ん 


め 


f±* も 

さ 
ん 




ら 


鬆' f 
贫ん 


は S 自 C^ifSZ で 


つ 










车て 薛か 


。 な 


jt, ■•f 
± て 


ひ i2? 




寸、 
な 


' 




"、 


夢': を 


離く や 


て 


お 


で 




つ 


荒 I め 


お す 




わ が 










し 


り 


き飞 


に リ 






>•* 




ぎ 




-甲 つ 


し 


M- 、 

Z 貧ミ 

tV た 

た > 




r k 

Lr 




、 


翻う 
脚 ご 




ひ S 


i 、 


ま 












、 た 


し rz 




わ 




,、 

て 




/ 
\ 


ば 
は 


し 




ん 






'化よ 


錢ミ 
ろ 


羊て i 
丁 も 

前ゥゎ 


た 




i } 




ん 






わ 
れ 


わ 


i"j * 




ォ 




し 


バ 


煙 e め 
言 し 




/>、 




な 






お 
翁、 


Z { 


す 










'ハ 


ハ 


の メ 


あ。 ^ 

おな fsj ぶ 




め 


簡き 


1 一 






艮ふ 
めつ 


た 

* 


つ 


つ 








i& 力 


た 


足で も 

せと ん 


^ 7)、 




ら 


ね、 


おこ 


V 




11 さ 


た 


















ラ 


し 


/ . 
/\J 


ォ 




1 

し 


ん 






せち 








も だ 


つ ん 


-、 is と こ 
■Mil ->|、 

の 3 






て 




1 

レ 




す- 

た 


で 


で 


か 




., わと 




つ 


を 


mt 、 


た ん 




知し 


下- il 


さ 


た 




髮 S 


す 


の 




% 




を 


引; 5 


る 人' さ 


。 だ 


い や 

ひ 1 

わ つ 




れ 


さ 


ら 


ね 




の 


に 


か 


浩 お 




ネゴ S 




― >: 
呼'、 


た 


か を 










な 






毛け 


、 


鬮 i 
が 




にし 




< 


あ i2 ま 


。 




せ 


ま 


い 


と 




ュ' 


え 




や 




吸き 


'ヌ 


ffli な つ 


ふ 


け お 




ん 


し 


で 






、 


頭 f 


;、 


を 




分き 




に 


て 


力 > け 


む 


て を 




か 


た 




を 




ゆ 


を 


取と 




り 




く ♦ 


、 


ら や 




え 盜ま 




ら 




何 ど 


あ 




ら 


ふ 


し 


つ 








ク 


な 


う あ 






し 








シン 


で 


一' 




/3 、め *^ 




し 






ち 


_^ て 


つ 




お 火 ひ 


て 




と 


ほ 


书 だ 




か 


淺 5 


し 、 




や 










お お 


-i- ュ 


-m が 




ビ 


m. ん 










ト お 


^ 


が 




通き 


つ 


4 古 


體て 重き 


早 7 し 


は ね 


キ 
ノ 


突で き" 




る 


ざ 




瀬ぜ 




逆: 


れ 






ャ 


丄 *fC^ 


で け 


附'' て m え 
木チ 膝 J 手き よ 




込 - な 


に 


* 




も 


に 


か の 


に、 




餘; 


品き J1 み 


、 ^ 




,ソ 


ん 


が 


何 ど 


で 


も 


の 


r 4ff 
" ノ It 


ソ «L1«^ 


坂と 


で 


た 

太き 






r J ん ノ 


を を 


で ° 






ら 


つ 




V 


で 


て 


® つ 


つ 








で ョ 


詰つ の 


あ :*: た- 


胡 こ 火 ひ 


'― 

るた 

! It* う 


が 




す 


な 


か 


は 


の 


た 


て 




ら 




す ィ 


め 今レぶ 


げ て 


5^1 が 




ぐ 


る 


< 






?こ 


ほ 


力な 

ュ 


ヒ§ 








て の 


ま た 


の . 、 


グ 


る 


か 


不 5 し 


い 


? K ミ 


ど 


释ハ 


つ 








, 。 Tifrk 

と fei^" 


居ゐ 一 


す 。 


m 




'ク 


D 


み 


平 n て 




は 


に 


つ 


た 


己 ^ 




る 言ミ 








ク * 


と 


や 


は 


? tz お 


異ぁ 


立な 

て 


は 


に 


や 


の 




つ , ― 


丰モ -r* 
71、 う 、 


い 








橫き 


あ 


手: 


つ 


^ら 

fS^, 


な 




ラ 




居み 




i3、 


平 r' 、 


る 


'ク 






を 


が 


を 


た 


雨し 


< 




に 


X. 






ぬ け 


の ギ 


ん 






首 ふ 


向む れ 


引 ひ 


の 


は 






Mo 
赤 か 


ッ 

此こ 

の 


所 5 




こ た 


眼め ッ 


な 


ク 




で 








_* ノ 


. や 






し 


でろ 




と が 


か ク 


レ 


撫な 




ほ 


て 




た 


か 


ラ 


そ 


T ぶ 


て 


に 


阿 5 
魔 ま 


曳' ぶ 




を 、 






で 












ら 


ぐ 


ん 


は 


手て 


な 






M SI 


火 ひ 






V 


火 ひ 










な 




を 


つ 


を 




兎と 


を ひ 


もこ 






古 


鉢 S 






お 




に 




あ 


て 


I _ 


し 




も 


背 g あ 






は 








直? 




さ 


を 


げ 












け た 



へます がね。 ほんと に宗 さん、 手荒な こと をな 

すつ ちゃ あ 否です よご 

あ. リばぃ み S S しろ a5 

やれく とい ふ JIM 梅で、 身 を 起して 背の がへ 

ま はって 立つ。 

う 4! み で 3 ぶ 

「汝が 身から 出た 錯ぢゃ あねえ か。 一分 だめし 

もん,, 

に な つ た つて、 言 句 は い へ めえ。 ふん ぞリ め。 一 

とじれ 切って 熱くな つてる の を、 紋 か IJl^ 地惡 

く螯 すんだ もの。 

「え、! うるせ えな •」 

ね ま てんじ やう »i s-nl-l むレ 

を 捻ぢ 曲げて 天井 を 仰いで、 宗平 は. M る 

やうに 頰 is をが リく やった。 

, か;^ ど 

「へい、 マッチ、 そして 蚊が. 酷 いんです から、 

ちょ いと 羽緣 つて 入らつ しゃ いよ ご 

ぢぅ さ せな わ f- S さ 

と お 望 は 氣を孰 かして 背 から 浴衣 を 着せ る 

I み もだえ 力す おと 

と、 身悶 をして 搖リ 落して、 

こいつ ど .fc ら はだお 

「此奴の ため にゃあ、 何う せ已 ぁ裸體 なんだ、 

ベ ら ぼ- ゥ め。」 とフ テ をい ふ。 

だんし かて «..<\ 5.0 

男子 斯うなる とお 手の もので、 お どん 更に 

一- l.*,*-G ミき わら くち 

驚かず、 鼻 頭に 笑 ひながら 口で は 甘やかす やう 

た こと を い ふ。 

丁 てんな こと をい ふ もん ぢゃ あありません、 さ 

.;、 つ かさ ん き おとな 

あ さ あ Es^ 樣 の いふ こと を il い て 大人に た さい。」 

と ま た ふ はリと I ^織らせる。 lif. を 突 張 リ な が 

むね た , < モで si; う- f 

胸へ 垂れて 來る袖 を兩方 て、 



C 77 



一 つ まらね えこと、 ーーム つ てら あ。. 一と い ひ/、、 

うつむい て 鼻の ャ- きで マ チ を摺 つた。 お *f は 

ふ V,-.- つ -i ,りこ て ふ た かる う h 

W び 突 伏した 切の 胡蝶の W を輕 くがつて 

一お い-りん、 おいらん、 ぢゃぁ 無かった、 お?; 

... つ c 

さん、 まあ、 何 叶 i で. うして: 1W たす つち や 

あ tt. 樣 がぁリ ません、 效 がくひ ますよ、 .n、 そ 

、り、 こんた ぢゃぁ = ません か。 ; 

ヒ 何ん たに:! W かった か、 此^まで やん 上げら 

.1 な ,J, ん ォ-, ;. 一 - 4 

わた ま 、北:: に? i いて; W るお St の 手 を ゾッ ヒ 持つ 

て、 せへ お-りして、 よれ あが つた 袖:: を 伸して、 

二 の-腕 を 撫でた が、 り、 また^1|圑11:1 でぁふ いで 居 

一-ふ ? s,..*e 5 - 一- 

る、 と 胡蝶の 本名で、 お 君 は、 ^を-つし ろへ ま 

;-し 十べ お ?-- 

に し 一 、細? K を, に" 落ちた 男 帶 をす る ( と た 

, モ ハー- む J い r,,i 

くしあげて、 其 手 を 胸へ 人れ た. vm. 亇!; と、 ギゥ 

と 一 緊 した、 片手 をつ いて、 水で 玉 を あらつ 

たやうた、 あかる い^を 斜 にして、 肱 を 曲げて 

、t- % :ビ 

横 ざまに. を 起した が. もの もい はないで、 三 

人と も、 人, リ W な い ザ? お を 睨ん で、 一時に ひッ 

モリ 

しに、 りくす ると、 はッ、 とい ふ歎聲 を W 於 つ た、 

*t み , / h に んゥ す ま 

お 君 はバッ タリ、 八 Hi 又は 亂れた 髮の透 問から、 

雪の やうな 許 だけ を 見せつ、、 また 俯, M にた 

つた。 

K > 二- --^ -.1- つ 

お *s は持餘 した、 つた 風で、 



一 困る ぢ や ああ リ ません か, おいらん、 い え、 

お さ ん 、 さ あ 、 さ うたす つ ち や あいけ ま せ ん 

よ。 一 

と 口 を 近づ i: て^める や う に 一 k つ て 賺す" ふポ 

へ い たてつ いに み v,-v- 一 ちぅ^--っ 

平 は 立 精に 喫んだ 煙草 を 中絶 さして、 じんく \ 

て 居た が、 さも 情々 しいと いった 語氣 で、 

一打ち やって おけえ、 ふて やが つて、 何う せ、 

た 置く 奴ち や あねえ。」 

「あれ、 だから さ、 ね、 お 君さん、 またお 怒ん 

たさる ぢゃ ああ リ ません か。 ほんと に 困つ ちま 

w-i ,,」- ri ど-つじ ; 二-一 

ふ。」 とお 重 は 歎つ が 如くに いった。 同時に 膝 を 

> つ お キーみ 夂£ 二- かほ 

ついて、 街と 起き あが つたお 君 は、 片 袖で 額 を 

,ん た- U み 

かくして、 杠 もちら/、 見 ゆる 、あら はに たつ 

た 乳の 下へ たぐ リ ためた 男 帶を 手で おさへ て、 

^SI 線に座を橫切るの を、 あっと 見る 間に、 蚊 板 

ん. > ユカ は,., V5 

を あげて、 屈む、 と 其 ま >- 入、 りうと する。 お 重 

は 1^ しく 足 を廣げ て、 一す をのば して、 袖 を 

グッと 持って、 

「お い、 しん!」 

> も み fc fx だ |1 も 

ぉ!^!^は見向きもした いで、 1 ^聲 で、 ふ" もぎ 

る やうに、 

「よ ござんす よ。」 と いった、 t だけが 蚊帳の 巾。 

十 

や-" . - つ,., み f ^ ふ . ;. 

お ? S のかう した: H 打 を: :>- て、 餘リ 不意 だ つ た 



やうへ い き め ^ れつ.' "わ 

か " ま 半 は を 拔 か れ て、^ を^った が、 烈灭 ふ 

r-r いき 11- ほ --^ 

如,、 愤 つて、 * かみ をび"/ \ さした。 

一 畜生: ;^、 ま だ、 そ、 そ ん た。 丁-躍 上つ 

て つ かみ か、 る 。 お *s は 期した こ t • た が 浪 ffi へ 

み %K-.AI- さへ f 

た を して、 遮つ て、 

一 ま、 勘忍し 一-下さい、 欺 忍し で 下さい、 また 

お いらん も あんま リご 

「あんま リも何 <M め つた もの か、」 と扳 飛ばす、 

とつつ .-::.か,- ...i に た ら 

取附 く、 1; 返す、 押 返け る、 抱きつく で、 ん 

ところ ぐち Z.M か 

でる へ、 門口 か ら聲を M け た も の が あ る 。 

一 兄; sw、 まさん、 ちょいと。」 

ェ- うへい ひ レーゲ-> キ- 

「え、」 と いった 宗平 は、 さすがに 人 聞 を VJ- 二し 

て 居た から、 狂って る 耳に も バ说, 、間き つ け た 

だれ 

r 誰 だ い。」 

一 私で え、 鐵 でえ、 ちょい と^を かしてお くん 

たさ い。」 

li だよ。」 と 少し 落着 いて、 {¥ は帶解 廣げの 

そ げた つ、. 6 ぉなて で と fu 

其 ま. -で 下駄 を 突 懸けて 外へ 出た が、 !:-^?前 

た 3 な-に み- -r ち ^,-.a .5 びん、 

で 立ち合って、 何 か 耳 打 をした と 思 ふ と 突然 

ri ;、 Is ?、 そいつ あ、」 といった が バタく 

.尸 だ > 

と 班け 出した。 

しばらく 置いて、 またす た 走った の はケ 

呼出しに 来た 佼 である。 

【あれ、 お い、 りん、 お. 前さん は!. I 



( 7S ) 



T5 r」 



「何ラ しょう、 お 重さん、 ちょいと、 ちょいと 

其 虔ま で 、 一 と お ど/ \ し て 身 もだえ する ので、 

抱 SS めた ま、 でお 重は框 まで 引 招ら れ た が り、 

障子に つかまって、 踏 占めて 引戾 した。 

, さりつ 

「いけませんよ、 いけませんたら、 まあ、 落着 

いて?;^ らっしゃ いよ。 あれ さ、 しゃう が た い ね、 

ひどい 力 だ。 まあ、 あれさ, あれさ、 え- -、 お 

いらん、 お?? -ん、 そんた に 世話 を燒 かす もん 

ぢゃ ああ M ません よ。. 一 

し た にん tili.- ひ I- V 

とひい と 紫め て、 他人 肌た、 かたこと をい 

,み 11も 

ふ。 お はおろ く聲 で、 

へ .f たし -こ 

「鼎さん が、 ぶたれ るんだ わ、 私 や 何う しょう。」 

ち ら ひさち ど だ 

といった が、 力なくな つて! S 房され て、 抱か 

れ たま、 下に 据 ゑら れ てし まった。 

V-5 る な ま $ 

お 重 は 震 へ て „w るお の 背 を さすって、 

ちせ 

「こんなに 汗 か いてる ぢゃ ああ リま せんか。 ほ 

ラフ I 一- 5 みんな ど ^ 

ん とに宗 さ ん も {ポ さ ん だが, 510 が何ラ かして: lis 

> た: J> 4: な { ど 

なさ るんだ よ。 1 體、 鼎さん が 何うた すつ たん 

、 、 rt^ W .--ぅ わか 

です え え 何だか. K さんの いふ こと も 分らた 

いけれ レ-, 逢曳 だのたん のッ て いってお た が 、 

チ * ん > かなへ き 

何です か い、 鼎さん が來 なすった の。」 

一は あ、 先刻。」 と 泣级で 居る。 お 重 は 著 しく 

H5 を めて、 

一 S へ さ。」 



一. 門まで、」 と い つ て 歎息した。 

ど K し 

一 まあ、 何-つも、 まあ 寢て て ちっとも 知、 りな 

-ー--5 み つ 

か つたこと。 そして. f5 さんに 見付か つたんで す 

か。 一 

ュ -5 み \ 一 

「 い 、え、 宗 さんが 見つけ たんです か 何-つです 

わたし たん 5.0 み ,《 ,.5S P 

か、 私 は 何だか 夢を見て 居て、 腕 車に 菜ら うと 

かたへ すゲ" み 5- つ, .0- 

すると、 鼎さん の 次ャか 見えた の、 そして 吃驚 

V ろ ぢ * も ,--さ* で 、- 

して 限を覺 したら * 路地 口 へ 腕 車が 出て lb つた 

や う です から 起きて 出て 戶を 開けた の。. I 

「 へえ- < 、 さ う す る と 、 一 

「誰も 居な くッ て. お 月樣ば ッかリ J 

といって、 お |« はまた 溜息した。 

「を かし いぢ ゃぁリ ません か、 一 H だ、 りう ご 

とお 重 は 眼を瞎 る。 

*-5 ま をと こ H*J 

r そ れだ Q に さ んが、 いき な リ 密通 呼 は リ を 

うしろ ちぶさ つ. A 

して、 背後から? を 摘んで、 モ、 ひどい ッ たら 

, ひと 二 と-一ろ a 

たい、 ひどい ッ たらたい よ。 人が 此んな 虔に居 

おも かい & み い、 うだ J 

るかと 思って、 二お で 居て 見る が 可 や、 名 化の 

f や 5« .. 一 や のぞ 

部: 名代の 部屋なん か、 ^いても やらたい か 

、■ 、 らん う ひと よわ おも らん t 

、り 可、 Si 暴な 、人が. おいかと 思って、 亂:^!-た、喜 

すけ .5- ,• 5.」 

助 どんに たぐられようと 思って、 口 借い ねえ ! 」 

やみ ま CAIM-Ili 

お ^^は い つ の 間 に や ら 獨 言 を い ふ やうに た つ 

な.?, - め S した,. ち る •「< 

て、 ぐんだ H を Si つて、 下 を S ん です、 

リ をして う つ む いて S る-" 



十一 

ビぅ た:/, かほ キ み うしろ 

お 重 Q へんてつた S い 短 は、 お 君 Q 後へ ま は 

まへ で わき . に 一 ,ふ U 

つた リ、 前へ 出た リ、 脇の 下を潛 つた リ、 -re 瞻 

.f 一う み 

左瞻 て、 

「何うた すつ たんです ね、 を かし いぢ や あ" ま 

せんか。 それち や あ 何です ね。 鼎さん が眞 個に 

門まで % た すつ たんだ か、 お前さんが 逢 ひた い 

<-J 力 キ- 

f ^一 ひた いと 思って: lis た さ る の で 、 そ ん た ^5? が さ 

したんだ か、 何だか 知れた もの ぢゃ ああ リ ませ 

— » f - な-」 へ-なへ 

ん です 力ら. SJl^ さんが^ 出した のが, 何も, £1- さ 

んの 身に か、 つたこつ ちゃ あないだら う で は あ 

リ ません か。 お 一案 じた さる こと はぁリ ます ま い 

. ハ、 か ^7. けんく わ 

よ また 可 加 t« な S ー嘩 なんでせ う。」 

お 君 はじれ つた さ うな 頭つ. ー掉 つて、 

た A ,き ま キ -こ . . 

「い、 え、 でも 確に 腕 車が 聞え たもの、 そ し て 、 

お ま じな ひ をして 居たん だか ら。 」 

モル キ 1 * る 

f でも さ、 其が 氣の所 a です よ。」 

、 , タ ?ぜ い.;! 

一 だけど、 かう して 居 て も、 ばらく 大勢 居て、 

tn-s わたし .V ば 4.-4 

raw さ ん が 取卷 か れ て お い で た の が 私 あ 遠い .、.-s 

み や-つ a * & 5 * 

に 見え る 樣だも Q 。 」 と、 うるん だ!!;; で 一 f を 見 

かへ と せつ み . ゾ-! 

返る。 お 華 も 戶のガ を 見. ぼした。 

こ-. H 力 ひだ a つち 

r 此 n 、 ぢ や あ ァ ン な. こと を い つてお たす 

つ た の だ か ら 、 まだ 此 H 五 n は お M え た さ る n 

お. T . - 

はたい と S ひます がね ご 



79 ) 



た。 か io.^^ 

「でも あの、 七 M: めで、 け ふ 息 影が さした ッて、 

さう いったら、 お前さん、 何 かいって、 からか 

つた 解に。」 

Is い— ぶつ , w,0 Isv レ 

「そ リゃ景 W でさ あね。 それとも 思った 同士で 

S なん $ 

急に また そり や あね、 何 だと も K リ ません から 

<, ぶ £ へ で よ 

ね。 ま、 何に しても お前さんが 出お すつ ちゃ 可 

なん そ >ー 

かありません。 何 かいって ると しても、 其處へ 

まへ f . r 

おいらん、 お前さん が^け つけて 御覽 なさい。 

それ こそ is 一曄に 張 を 以て、 どんな ことになら う 

も 知れません し、 第 一 鼎 さんのお 爲 によく ござ 

.K たし よ つす 

いません からね、 ちょ ッ くら 私が 行って 容子を 

み き, 4- み $r つ 

見て 來 ませう から、 まあ、 お 君さん, 55 いて 

おいでな さ いまし よご 

とた み ふ 一 

飛び立つ やうに おくく して、 身が 震 へ る ほ 

ど^^じるけれど、 ぃはれて11::<リゃ そんな もので、 

仕方がな いから 辆 得して、 

「ぢゃ あ、 さう して 下さいな、 後生 だ わ。」 とお 

t- み 1. ほ ft 2 へつ "み 

君 は 顔 を あげて、 1^ れ たや う になつ て る前髮 の 

さき を 手で 拂 つた。 

それ , J- それ 5、 み 

一 さう しませう、 其が :?、 其が 可、」 とお 重 は 身 

ゴ くろ ひ た • 

をして 立ち かけて、 

「そしてね、 おいらん。」 

なに 

「何。」 

f はら な ^ 

『宗 さんが あんなに 腹 を 立って 居たん だから、 



かへ ところ わたし 

S§ つたら、 まあい > 'やうに、 そこん 處 をね、 私 

なに さ -b ん と み t 

も 何し ますから、 機錄を 取って 下さいよ。 ほん 

• わ 0ハ し こ は 

とに 1^ 犬です からね、 壯佼 はつ いてる し、 恐い 

ばか リぢゃ あないんで すから。」 

わたし あ, 3, ひ &た . たん 

「嬸 だ、 私 C 技ん な 者、 日向 ッ くさい、 何 だら 

わらし み 2ん かなへ じ 

う。 お あ 女房 ぢゃ あある まいし, 鼎さん に自 

いう さ く. つ, 3 , なに し- フ つと 

由に 逢 はれない 位 たら 何も 素人に たる こと 

ッ たらなかった に。」 と、 また 口惜し さう に、 今 

度 は餐の 毛の 風れ たの を ij| の さ きで 揉ん でお 君 

はじれ る。 

「そんな 氣 になって らっしゃ るから 不可ません 

;-ど さんだん つ た . 

よ。 酷 算段で 三十 兩 も 足して くれたんで すか 

ろう なん .?5 

ら、 宗 さん も 何だから、 向う はもう おかみ さんに 

しッ ちまった 氣で居 るんで すから ね、 , まあ 後の 

s>_ く ヌハ 

こと は 後の ことで、 ともかくも ねえ、 そ こ が 苦界 

です わ。」 と、 つけたら しく 笑った ものな リ。 

< で 

「も-つ 苦界 ぢゃ あな いぢ や あない かね。 出ッち 

々み め 

まったん だから、」 とお 君 は 憂慮 はし い 口 で、 お 

V-5 み や 一- こ、 ろよ V5 す 

a を 見て、 其 心を讀 まう とした。 お K は 澄まし 

て、 

r たッ てま だ、 鎖 は 切れません か-りね、 さう さ 

う 自由になる もん ぢゃ ああ リ ません よ。 お前 さ 

あすこ だ わたし ど め 

ん を彼虚 から 出さう と つて、 ; 4 あ 可ん な B に 

あ ひました。」 あの^んだ 目を^く した。 お 君 



よわ たん 

は 弱みが ある の であらう、 これに は.!; とも い へ 

し あは _J こ P.S つ 

ゃ爲 ないで、 5 お を 乞 はう と 思った か、 おなさ 

さう に^ つた。 

「だ ッ て、 逢 ひた いわ!」 

こま ぶう V5 か-ほ *i ろ ,まら 

「困った お 磨 さんだ ね。」 とお ffi も 1! の 色 を 和 

ちて で i- し" ri- 

げ つ- - 戶外 へ 出た。 が、 戶を 閉めて 行き かけ て、 

フ ト小戾 をして 隣の i 下に 鋸んで しまった, 

3 ん まい め 

三 枚 目 

十二 

; t つく , うち で ひと とな な 5i 

結句 ごたくした 內を 出て、 お 重 は 獨リ隣 長 

W. C きした つきよ す: * い こ. -ら, Jvl 

星の 軒下に、 月夜で 涼しい から 好い 心 持で あら- 

I たれ なに 2 ま 

う。 誰が 何 をしょう が、 何う しょうが、 美人 さ 

ぶじ そ, i けつ 二う こんや 

へ 無事で あれば 其で 結構。 今お の やうす ぢゃぁ 

ts- つ £ しで か 

突 詰 め て 飛んだ こ と で も 仕出 來 されて は、 と さ 

う 忍って、 十 も 何 > ^あった もん ぢゃ あない。 

と » をん た わ-," うち とし ュノ ね こと 

S 女なん ざ少 い. s だ、 华ょ つ て は 金子の 事と、 

こ 、; 5 な ゴ み -二ソ さ J 

心に 餌い て 見張 をす る氣。 

た, ふ As は-つ . *J つち ゆ まさ 

1 體 男の 方 は, 廓へ 行きた く な る と 魔が 魅 

やく i- ウっ t! う みぬけ ま 

すけれ ど、 女郎の 力 は、 身脫 がした くなる と. M 

VJ v> つけう み あ 5 ま もと 

が 魅す ので、 いづ れ雙 方と も 身 を 過る 源 ださう 

な。 

こつみ .2:; 1^&ま ゥ へ でん 

で、 此 身^が したくた るの は、 1K 窓の 上の 電 



ぐ so ) 



巷 s 



其 力 者? 

盛?. は 
なん 多 g 



とう *♦ ば ゆ , ち P おも 

燈が 眩い と いふ わ +: で a た い 、 草履が 重く つ て 

步 行き惡 いから と い ふ わけ で はない、 身 體が滅 

つて 行く からと いふ わけで もない。 客が 込 合つ 

む しん い ほ 5 ばい $ 

て、 無心が きいて、 わが ま、 が 言へ て、 朋輩が 恃 

* しんそ sn-l.- C こ 一 

上げて、 新造が お べッ かって、 遣 手が ff! 爾 つ い 

. .Hli %0 セ £ 、みま れい > なつ ふゆ 

て、 若い者が ぉ辭儀 をして、 疊が綺 で 、夏 冬の 

乙 かひ fc, す そろ らう か 

襠 補が 箪笥に 揃って、、 廊下 を据 身で あるきな 

て オズた ち な ュ * つばな お t た 1- 

がら、 手前 達の 名 を かいた 總花 とかの 夥しい 

な v» み そ ぼんぶ V- かん 上ォ J あな み 

の を斜に a- る、 其 凡夫 盛なる 時に つて や、 身 

^ どころ さ た 1J ろ 5 と き まん *i も 

^がしたい 虚の 沙汰で ない。 素人 衆 はお 飯 を 食 

ベます か、 とそん な こと を 言って i5 るの だけれ 

てんにん す? てう つ 1-- 

ど、 天んに五ー^^^って 一 朝ブ マ にな リ、 お 勝手 

むき らんみゃく しん ぞ かタ で き ぼ 5 ばい 二 き 

向が 亂脈 に な i ン て、 新造 に 借が 出来、 朋輩 に 不義 

り て さ 卡ぶゃ A-v き?,、 

が 出来、 お 茶屋が 遠ざかって、 客に わが ま.^ を 

. ち .a- づけ かっこ ちつ くわ 

いはれ て、 お茶 潢を搔 んで、 . ^をのんで、 

L む 1>ゃ う かん ざ ふきん おつれ 

子 を 食べて、 無常 を 感じて、 を さして、 か 

さん こ ひ ふ ど ちか 

樣が戀 し,、 なって、 札が ひ ッ.? "かへ つて 赤く 

たち * でで 乙 

なると、 忽ち 出た くなる。 出、 しれない と 1^ にた 

くなる。 こ、 で 魔が 魅す わけで ある。 

♦7.- • ,> if に .<■ た ごと 4£- み .5 

おぎ は 十六の 咋、 式の 如く 親の ために 身 を 沈 

こ と し く なんつ と 

めてから、 今年が 十九の 厄で、 一一: 年 勤めた。 

, C や- —き 5 び 

初手から おいらん 染みないで、 座敷 は 淋し か 

おとな き B-s 5 よ 

つた さう だけれ ど、 柔順し くッ て、 容色が 好く 

i Z がら <9 い IV つ そ Q く iW ゝ 、 、 9 £ 

ノ: 小柄で、 愛 嫁があって、 其 ij^ ぐうたら の 上 



f .ゾ すめ や はい 

がお で、 いつも 娘、: H: つに 愛い/ - といつ 

ぷ さ み e ちん > し- 3 く 

て 居た、 お か 一世の 浮沈と いふので、 ra.s 

-r-w ひ *=ん や; なに か 

お 構 カ禁を 破リ、 一ね え、 お いらん、 何や彼や 

I 一-. ノ にた こ ひゃく ひや.,、 

で 此歡を 越える に は、 W: と 二 w が もの はッ 

,ぃ, > S? 乂せ つも .a 乂 o% お. つ; !-さム 

ィ要リ ませう。 年期に 接って 二 年 か! 一一 年、 母 上 

r さ}- ぺ よ び*ーほ 

も 御:;? 氣なリ 鼎さん も 呼 通す わけに は ゆかず、 

ど み つ *♦ り こ こ ひと み、 うち 

何う せ 身の 詰です から 此處は 一 ッ。」 と 耳 打 をし 

、は やぶみ r $; , *si とみ 

て, 別に矢文を射る^„^はなぃ の だから、 親 身 

ま5 と い ふ ことにした。 

十三 

いさん ぶ ひ ゃケ 

さて いよ^-. ^券と い ふ^!^へ::に なる と、 夜具、 

たっす なが ひ f い 1 し. 1 らど おい しっかい 

箪钩、 長火鉢、 衣桁 か、 り 柱 時 is 、悉传 をな、 りべ て 

おも と た,, しょ 5 かへ 

も 思 つた ほどに は 取 つて くれず、 内 へ 返す の 

た ュき0 ざ.^ や こ ま ちの や ーソ かひ 

が 足 リ な いば かリ か、 總菜屋 だ 、 小間物屋 だ 、 使 

S- かみ 4 ひ はら ぶん 、ね とォ -WD- 

屋だ、 髮 ilS に拂 ふかまで 居 ま はりの 一 時 借ば か 

りで も 小 !:卄 阛は あらう とい ふので、 W より 

ラ ^ ^£ うけだ や-マ 

賣 つた ほどの 1 計 だか ら 、 請 出す ほどの 究金は 

ど さじ な V, う RV. ん 

ない,' で、 一 度は^4-を投げたんだが、 お 重が 金 

さく お * • と Z ど こし- :- 

策に 駔けま はって、 何虚を 何う して 椿へ たか、 

か-つ リ か こ..;. 5 U 

勿論、 高利 を 借りた ので あるが、 此 金子の なか 

I か H5 へ, 1 み ム はは .0; んな V わ; t.^ 

に 彼の 宗 平の 身の 皮 刹いだ 一一 一十 M 内外 も 交つ 

て 居た。 それからお がぁリ つたけ の 衣 I を 曲 

ちう や .zfJlrA- すぢ £ よ そ ゆき ,い はだ 

げて、 畫夜帶 一 筋と お 召の 餘 所行が 一 枚、 肌着 

ほか s.n た まい へや ,,、 

なしで、 他に 浴衣 を ニー 一; 枚と、 部 尾々々 から 积 



おた . き, ,:! ち 

一 方 もので た 、 。 !— 氣に i4 の あ る 、 意地 ある、 

一 ? .-y て えど I- 

一 思った ことが 色に 出る。 —— 江 戶ッ兒 であった 

一 から、 だまされる は.^ な/、 つても、^ 愛が る 

くあって、 一時. 仝 盛 を 極めて 居た。 但し 

>ー き Ji^ づ た-' にや しろ 5 と 

時 も、 これ はまた、 りしく 唯 早く 素人 

しん ? a わんが, 

にな リた い 1 心で, 極めて じみな 考 へであった 

しん ぞ かり 11 一ら むし し9 くきん 

ので、 新造に 借は拖 へず、 蟲 はっかず で、 借金 

はやな こ ねん あ ま. 9 

も 早く 崩し Jfjj んで、 年の 明ける のを挣 つて!^ た 

C とし IXT つぐ わつ 、ふか y」 A じ J お 、おや ±,.,^f 

が、 今年の 正 月、 深 川に る赏の 母親が 大ぉ 

._; づら ゐ じ あぶ S 

で .1— いまでも 煩つ て 居る の だが 11 一 時^い 

といった 時から, が、 しりと なまけて しまった。 

き ,* t* うだい A£ も., ソ i う, t :- あ t 一 か しん ぞ 

客 はふ リ放 題、 内の 者に はすね 故 題。 恰も 新 ま 

い は * & -? たち 

が入替 つて、 いま だ 新ら しい 內だ つ た か ら 、 立 

い ^ -t- ん きやく おと 

入って 意見 はせ ずで、 すっかり 客 を 落して しま 

$- « かな; >ー 力し 

つて、 いづれ か 秋に あはで 果 つべき。 鼎 は 其 時 

ぶん 1? じ, . S ふ svts ん し, .VJn- 

分から 勁染ん だので お 君 は 礼 順の 殿 なの を、 

かなへ み はゴか . ち 11- ム ど ふ 

i| に 見られる のが 取し いといつ て 、 地蹈韓 を路 

ん であせ つ た こ とも あ つたんだ けれに-、 もう. 霜 

7" -i ど おも 

枯 になった ので、 も 一 度 もリか へ さう is ふに 

-;J ろ ひ はんて;^ だ たんす も た 

は、 揃の 半纏で も 出さない ではと、 箪笥に 凭れ 

, ところ た; "ュ 

て 物案じ をす るゃラ になった 虚へ、 ソ レ疊替 

かへ や てつ. li う むら かなへ 

だ 、うつ リ替 だ、 と 矢と 鐵 砲が 群がる のに、 鼎 も 

あし Ju- はの か ね _J4 

足が 遠退いた は、 案ずる に 金子の 事。 いよく 

よ-つじ よ ひ « Z 

用事 をつ け て. W から 寢込 むこ とに なる と、 こ \ 



ふか ぱ り さ ぽん く I J ** い やつ 

つてき 只った ず H 張の 螺!§ 〈本が 一 本、^ 一枚、 石 

つ い nJSArH- ぢ たん くちし たび つ がふつ は 二 

11 一人 一 祐、 衣 地 一 反、 菜 子の 折が 都合 五 i« と、 

ち あ ひの ひ にん サ; J 5 ひとつ だ 

それだけ 持って、 お ffi と合乘 で、 人形 を 一個 抱 

う .VV- に い * 、 いろはん ニム 

いて、 資られ た 時 穿いて 行った とき 色ん 德^ の 

t .i にて n< l- だ? t た i f 

緒の たった 表つ きの 低い ^下駄 を 穿いて、 お 重 

とこ ろ 、 1-,- し で ま-つ n- こう 

は, なに こんな 處は a 足 だって 出た ガが 利口 だ 

といった けれど、 幸な くなら ずに しまって あ 

る.? は ,•• ミへ ナ マき s«,pi 

つたから 其 を 穿いて、 分ェ 1 に洲 崎の 大門 を 乗つ 

て 出た が、 お SS 此春、 雪の 中 を、 遣 手に つれ 

, は丄 S- よ モ い. £* 一 Jd- とま 

られて 母親に: gf 所ながら 告別に いった 時と、 三 

"乂 あ ひだ *んー| 

年の 間に 前後た 1- 二!: であった。 

このために お^まで も 一枚の 半 縫 を なくなし 

た ほどで は ぁリ、 いざと な る と 案外で 、隨へ 刀 酷い 

く SsJ f!> e モろ キ み ど 

工面 だから、 末が 巩^ しいと いって、 お 君 は 一 度 二 

あし ふ ..C il-vr.<vf き 

の 足 を Si ん だけれ ど 一 何う して こん た 時 思 切 

あし ぬ 

つたこと をし なければ、 とても 足が 拔 ける もの 

ところ A 

ではない。 それに こんた 處に 居て 通 はして は、 

t" レ なへ . —- ろうと 

.何 は お いても £愈 さんの ために ならぬ。 素人に な 

>S5 *し4 , ゐ 

つて 御 なさ い、 朝から 晚 まで、 くッっ いて 居た 

つて 可い の だから、 撒さん に 逢へ るの だから、」 

とお ffi がさう いったので、 何にもい はないで、 

「やねれ ません、」 といって、 たうとう 出た。 

ちっと こんど しつ ズぃ にち た 

尤も 此 度の 心配で、 二! 一一 日 はもの も 八 IT へず、 

よ ね, • > ひと き £3 ■ " 

夜 もお ちく 寐ず、 人に は氣 をす る、 1^ せた 



と いふので、 お 望 は つれて 行って お 君 を 其 母に 

や と 一 V- た 一 :- : . り; やつ も 

逢 はせ た 時、 長 で 蜜れ 切って 居た けれど、 

ひん い は、 おで ?, ニニ 气. - tl< ら 

品の 好い、 母親 は、 顿,卷 した 枕 を あげて、 ぢっ 

み てつ- -n-f ふ f -.^ 

とお!!^ を 見て、 一 (- "爾 笑って、 そしてお 重 を拜ん 

そ r は、 おや i- ま 々- たな 

ださ, r だが、 其 母親と いふの も、 狭い、 稳 い、 

*> ね -2 ゥ やく,, 1 い & 

むさくる し い, 被. の 内に 厄介に なつ て 居る の で 

あるから、 一緒に 寢 さして 置く ではない と、 

f じ ぶ,? -2。 

さう いふ わけで, お m はこん. なに 自へ 刀の 内へ お 

さみ ひつば せわ & 

君 を 引 張って、 世話 をして nw るので ある。 

. き やみ ぶ どろ S5 へ, i 

あとで 聞いて お 11^ は!? いた、 宗 平に は、 ま 

るで <Jr を 任せる の だと、 ぉ艰 から 約束が して あ 

ユ. んさく で *1 

つた。 しかし さう いはなければ 金策が 出來 なか 

なん で い 

つ た との ことで。 しかし 何でも 出ッち *! へ ば 可 

い、 自. E の 身 體 だから 何う でもた る、 第一 照 さ 

んの ためだと いへば お 君に 無理で はない a で、 

元來 is いてる おいらんに かう いふ 入智禁 をし 

し しん ぞ ど こ 

たこと が 知れる と • 新造た るべき もの は 何虐へ 

もお 一展に はならない とい ふので、 ー铋 して たん 

し f く 

だけれ ど、 ツイ 知れた から、 後々 のこと はと も 

たな ぞ 5 つと て で き 

かくも《ぉ分ぉ^5}は勤めに出ることが出來な いと 

レ J 

かま か lb;,) わたし 

「だって 構 ふ もの か、 あんな 家業 は 私 ももう 

X? つ » なに 

フ ッ/、 だ ごとお a はいふの だが そんなら 何 

を 家業に す るんだ か 、りない。 むかし 旗本の 御 



よ-つた- - た いま む V. み や とし * 一. ス 

川 達、 今 は剝身 で、 十七の 年から 持った 亭 

しゅ かぜ?! 'ん S -20 い- * ひと I-.,: た 一.:,: ばち 

主で、 稼 人で、 而 して 內の 情人なる、 平 田 三 八 

くん すて こんや ごと そ 5 ,. い レ, ま とせ 

君た る や、 旣に 今夜の 如き、 宗平が 泊る 時 は、 

よ e S, -50 を た y-- や ,おじん 

餘 所へ 泊って 内に は ら ない、 豆腐 長屋 3. 人 

":;らん*が0- ひとり か、 r よ-? う たぶ 

であるから、 遊女 上 を 一人 へて、 女 © を lig 

ひ is ち す K ごみ "V.," . 

火鉢の むか- ゥ に^らして 置く とい ふ 御身 分で は 

あるまい。 

Jt- う i ひ. vrr.Iit.,- くん 3- つ v.s~ . -is 

お 重 は いづれ 內. の 人 三 八 君と ffl 談づ く, 米と 

f はんぶん ち 5 

^を 半分 持 つため に、 牵公 を し た わ けで あ ら う 

のに、 手許へ は^!:!さな いで、 不如 fs- なお!^ につ 

こ こ ラへ しでく >.ん め S 

ぎ 込んで、 つぎ 込んだ 上 へまた 借金 をして 銘 

せん はんてん な I て. ひさ s;,^ 

仙の 半纏 を 失く したの みならず 手ぶ らで 引下 

ー1 え にん う ちお , S , い 

つたの みならず、 本人 を 内へ 置いて 湯へ 人れ 

i. し ご > 一 <- し 

る、 髮を結 は. せる。 仕事 はさせ ず、 草 ざ う 紙 を あ 

てが つて、 薪間 を^り て 來て讀 ませ も すれば、 

よ ぜ S. え!^ てんぶ ら 

寄席へ も 遣る。 たと ひ の 天麩羅 はたべ さ せ な 

-!. : ぶ.:': b そ ま,.! じ そ Q くせ 

いにしても、 油揚は 添へ てお 給仕 をす る。 其^ 

じ ぷ厶 こ づ かひ ん ユレ. 

C! か は 小 遺 もま k ならない とい ふ は、 何たる 

I 一の 持ち やうで ぁリ ます か。 

f なに せつ ^ > 

お 重 は、 「何、 どんな 切ない 思 をしても 可い, 

かはい むす!" ひとり -. 一 しら , 、 

こ ん な 1^ 愛 い 女 を 一人 祈 へたの だから」 とさ 

ラ いつ た 。 深切 極 つた ものである。 

A しん ぞ し ム せつ 

こ のお i の 5 き に sis た 新造 は, か 、 る 深切な 

ものではなかった" いつもお _w をつ かまへ て 



32 ) 



m: 別; 
: つ に 



83 



上 へ 膝 を 曲げた が、 .S を 押 へて, 其 ま 、ぢ つと 

し 一-勤かないで? ゲた。 

【や い、 此奴 气 何、 S をし やが るんだ い 二 

しで \ で ? 9,J :し ゥ MM ひ" 

と 京 4、, はまく n 手の 握 拳 を 突出して、 胸 を 

^ r つき こ -M か、 は レづ も ど 

屈めながら突!:^!んで-取っ て!?ーした。 gsss に a れ 

あ "に:; S とこ, < マ 

つた 二 acjls. 佼は いづれ も 懐 手で ずら" と 

た-よこ- - £ た-? ?: しゃふ み i-to 

縱橫に jit を〉 1^ ベて、 何の づれ が身單 でと い 

ナま い- 1-,- 4! マノつ と s-* 

ふ 澄した も 0。 if 、として }^ 着いて、 飛んで 懸 

n さうな のに 眼 も くれず、 笑 つた" やい たリ、 

手ン 手に 何 か 不知お 氣. りし い。 

し や ふ そ0 て.; み ちわ- いき Ice 

i# 夫 は 其 §i を 見せられて 血が!? S くば かり 愤 

つて、 

I や い、 何.^しゃがるんだぇ、 ぎ め!」 

み V-5 つよ 

身 構 をして 詰 め 寄 る と う る さ い ,- といつ 

.f, ち- リ なか ひと, よこめ み 

た, で、 中の 一 人が 横 眼に 見た。 

$ ん; J めえ おんばん やか さか 

一 I おい 衆さん、 かう、 お前 Q 提灯 にゃあ 赤 坂と 

llrn いてあった ぜ。 一 

たん * ど 

【何 だと ! 赤扭 と » い \ 、 あ リ S- 何-" し た ん 

だ。」 

1 になし ゐ >r つ やよ つと く r 

また 該話 をして EiJ た 別た が 一 寸句 幼って、 

「此處 あお 前、 何處 だと 思つ てるんだ。」 

: 「山の手の も 乂んが あ、 江 戶へ來 る にゃあ 手水 

でもつ かって 來 い。」 

f 御大 ほな こと をい は あ。」 といった ばかりで 込 



上げ る. A らも の はいへ ない。 |^手は«^ミゥだし 

唯 あせる。 

-■^0-^1. わ 、へ し. > め i 

「引 込んで: :!? なさい。 若い 衆さん、 お前 にゃあ 

よ-つ なに み ,,た IC- A 

用 は な い Q だから、 何も 好んで 5g い B を; 1^ る こ 

と あねえ。」 

,ょ-っ こ -バ, 二, ま ど 

「用がない ッたヴ て、 やい、 此、 此 車 何う し 

て くれ るんだ い! 一 

ど お-一 ひ !« 、 

f 何う する た つて 起して 曳ぃ て T や あ 可い ぢ 

やねえ か。」 

1 *1ん tisc?- 、つ こ 

「それとも 损 じたら 按 骨へ でも cs^ ぎ 込む か、」 

ュ- こ 一一 .y つ-」 *o- じ ぶん. I- ち 

一 其虔は 御^手 さ。」 といった 切、 自 かぎで また 

たに わ ら A 

か いひあって 笑って ゆる。 

I た ぢゃ あ:!?! まされれ えぞ。 此奴 等、 此 ま、 

默っ ちゃ あ 名 折 だ い。, -と 力を入れ る 

ばかりで うっかり と 手 出 も な ,リ <J, フん. ^ に^ 

ぶに 

は も か ( 。 

忍した よ、 は、、、、。 一 

「あやまったら 可 いぢ やれえ か。」 

i る くだ 

「お 容 したされ て 下され ませ だ。 は、、、、。」 

キ! モ こ き み わる 

と 茶 かし 切る ので、 底氣 味が &-ァ 、た. -、 とても 

カづ くで はと E ,^ん だけれ ど、 Sli つち や あ 退か 

け, VS- つ 、 tJA- ぶた 

れな いので、 形容ば かりまた 一 プニヅ いふと、 

た、 まや 一 んら 

忽然 一 して、 

,fc> ( と "そろ こ. » 

f 愚!!々 々 いふと lis" 飛ばす ぞ!」 と fjij し いやお 



は、 おい-りんと いふ もの は i^- 橋た もの だ、 おも 

よ ま, ち 

しろいもの だ、 世の中に こんな 氣 さくな a すぎ 

き う い ひよ だ 

はた い、 陽氣に 浮いて 人 らっしゃ い、 人が 出さう 

たって、 t!t 人に た ん か な る も ん ぢ や あ n ま せ ん 

よ、 とい ひ. (- して、 C が もい ける 口で!^. どれ 

の 相手の 上手た、 ざ つ く ば ら んな 女で あ つ た が 

しろ 5 と . 

お 君が 素人 になりたい くと いふのと つまり 

き あ ひと 5 で 

fes- 相 投じたい で、 わきへ 出て しまったが、 ^ 

«■ しん v,5 す :-"- たい l.-fr-t 

OT,,^ 心中と もい-. w づ くだと もい ふ、 一 書 な し 

*に た モ ん じつ、 

で、 男に 斬られて 亡くなった 其 前日 いまつい 

てる.; fx が 僻んで は惡 いからと、 そッと ぉ?|^ を 

よ だ ひさ .<s み -.1-1- し はたし 

呼び出して.. 久しぶりで 缸を 見て、 壁 越. に談を 

f" £ す: * 一 にん k!9v- ; *モ つ 

して、 の 窓から 人形 を 一 倜 くれてい つた さ 

きみ ユカ にん..: S 5 み も 

う で、 お 君 はいつ まで も 其 人形 を 見ち や あ、 IS 

さつ - き 一. てろ ひと 

向 をして ほろ." とする が、 I あんな 氣心 の 人 は 

す; t し ス5 と 

しかし 末が よ く な い、 .1 とさ ういつ ちゃ あ、 素人 

じ ぶん ち せつ .たし.6 ? S し 

にな" たがつ に ,= かの 1::; 說を確 める 證 として、 

あたに v-s ,-ん せつ ヽ 7- P 

傍-り お M の 深切 に 服して 居る が. - 

留 女 

十四 

へ *^A> A i つま 4.. へ と や 

鼎 は^ つ て £2 な い か ら. ぉ荜を 覆された 時 

一な-一-け U み る あし 

何處も 我 はな かつ 、 一 。 な. ぽ に 足 をつ いて 



m た 
は け 



つ? あ をみ, お しつ-一く c£ ひ s-t 

月 を あ び て 、 若 味 を帶び て、 漆 sf-i な 額髮は fsg に 

しめって ぬれてる やうで、 眦 の 釣った を K 

-っご そうへ, 2 み 

つて ぢっ として 動かない の を、 宗;. はキッ と視 

つ ,とみ す V* ん ちつ 

詰めた が、 瞳の 55 わった 眼中に は いふべ から ざ 

to と るて 尸-く い 一つ み ,0 

る 嫉妬^ 毒 の 色が "あちて た リ 

「何とか いはん か! J と あら >- かに ■:, つて 宗 1^ 

あしぶみ 

は足蹈 をす る。 

き へ 

鼎 は それでも いはな か つた。 

ゎゥち つ 二- み うしろ ri: わ <ゾ むの 

f 私に も 額 を せね え。」 と 背後に 居た^ 佼は、 

一 や に; u ん なへ み、 た ふ っ衷 

一 矢庭に^の 耳朶 を んで、 ちぎれる ばかりぐ い 

一 ひ いと と -っ ま-に- リ 

と 引いた。 終の やうに 閉ぢて 居ながら、 眦 の 

-っご かなへ 言 ゆ さ だ T 

キ リメ- \ と 励 いてた 鼎 S は 逆 つたが、 -pt を 

ひ むね 1 "やむ だ ふ うしろ 

引かれた から 胸 を 仰向けに ig れか 、つて、 背後 

わ. 山ムみ : た み とさ ,^11 たて S もぎ 

の壯 伎に 凭れ か、 つたと 見る 時、 片手で 急に 淨 

3? な .sft て あ. ¥ fcu-^^ お, J せ か i.u あか 

^して、 片手の で is- を 押上げて る 彼の 胸 赤 

に *: リ VT んし ぶん はら 

の 举 握 を 十分に た、 き拂 つた" 

V 一 ^-る わね みか t へ た 

「あ、 痛。」 と 怯む 胸 赤の 前にき つ と 立 つ て、 

まへ たち 2 た r たん Z 

「お前 達 は、 何 だ、」 と いった、 鼎 は 唯單に ^ 個, 

び せつ;, -ん ふうさ や 

美少年の 風 ではない。 

一 そ c?/ 、ち て f; え とこ たに さ 

一 「其 口で もの をい へ、 手前 、己 ン處へ 何し に來 

ェ. 5 へい なじ A 一 .rj なへ V, ま 

たんだい。」 と宗平 は 詰り 問 ふ" 鼎 は それでも 默 

ft S 5.- はた 

つて 居た、 其 二の 腕へ 確と あたって、 ばら リと 

ち たむ 0§ な 

散った S- は、 誰かぐ 權鼓を 投げた ので こ, しト 

5 し ろ ひ A -9 つ めた えへ 

一 タ ン に 背後から どんと 一 人 突當る と、 前への め 



- U あか で 

で、 胸の 赤い のがず つと 出た。 ぎよ ッ として、 

i*- ば ひ ft き ひ 

さらぬ だに s; 力 は拔 ける、 氣は 怯け るで、 二の 

t<J し ふ うは そら ft LJi • びつ" o ー^^^,IじVJ9 

足 を 蹈んで 浮の "で if た 車夫 は 吃驚して 後 返 

をして、 ず つ と 離れな が. し、 

「ほんと に亂 暴な 人達 だ 。一と 老人に みた こ と を 

くち うち ? 

くどくい つて. Q たが、 それ も门の 中に 消えて 

ft わか . にん 

しまって、 ひよこ なんと 立った。 壯 伎の 一人 は 

む" まへ で このと ま た 

« を 離れて 前へ 出て、 此 時まで うしろ 向いて 立 

わ かなへ うしろ こ, 0? 

つてお た、^ の! 一" 後に ま はって、 とが つた 聲で 、 

さつ き ろぢ aii- rA*--- 一 て え 

「 お い、 先刻 路地 口 へ 引 込んだ Q は 手前 だ、 り 

う。. 一 と 肩の すれ ム!: ふば かリ に.. ひったり 寄 添 ふ C 

IV いつ や ご *s ひ. V- り 

一 其奴 だと も、」 と, 犬? t を かけて、 また 一人、 つ 

き, .lit へ めん V ん た 3 

と來て の 面前に 立 つた。 

み お け ひとす うご .,,; なへ 

や 、若 味を帶 びて 毛 一 筋 動かな い、 鼎のう つ 

かほ つ さ 

くし い^を! :!: にす かして、 

こ カリら V *y 享 

I 此額ぁ 忘れて. 祺る もんか ご 

ひつば W とさ はし も *? と ,3 ばい こと たち 

と 引 挾んだ 時、 橋の 抉に K る 一策、 ^ く 立 

なほ つて、 しく 此方へ m. を 注いだ。 

Ls かう ゾ- めん 

「車夫 をお さへ てろ、 交番へ かけだされ ると 面 

倒 だか、 しな。」 とさう いひながら、 胸 赤 は 動ぎ 出 

して、 斜めに を 挺して、 鼎の 傍 に 立 はだか 

の. vjSr 一 かけ し ぬ しろ;: N 5 かた ひ kva へ 

る。 此時 川岸 を つて A 地の 浴衣 を 魏 して、 

^ ちか 一一 一 5 ヘレ つき てん たか 

けつ、 近づいた のは宗 平で ある。 S は 天に 高 

く、 "仅 露で 水 を 打った やう。 



十五 

『何奴 だ、 其奴 か、 む、、 此奴 だた ごと, 群つ 

わ. タ、 も; ふ 1*- うへい たチ , 

てる 壯 伎の 間を拔 けて、 宗平は 立停リ もせず 

.n そ C あし つめよ 3 

駆けつ いた 其 足で じりく と 詰 寄った 

るう 力え ね きろ た *yit fc 

「む > -、 小さん、 お前の 寢 てる I 處を立 iS して 居 

i ゃがったんだぜ,^ 

こ ぬすっと 

「小 盜賊ぢ や あねえ か。」 

ひ 上さ ま はな くるま .^ わつ 

一. 入樣 の鼻ッ さき に 腕 車 の 輪 を 押 つけ や あがつ 

なん :.- た ひ £? る 

て、 何 だ 額に ぶ つ か リ さ うにし や が つた、 山猿 

£ Z -. -に -ビっ ぜん -S こ V 

め、 何處の 1: の 風船から 落ッ こちたん だ. 此方 

と ら ぢ た. ノ おち 3 たち 

人 等の 地 内 を 何 だと 思って あがる だ-しう」 と 立 

一 む;? ひ わた いか S うへ, 1 

はだかった 胸 赤 は 肩 を 怒 ら す 。 傍 か 、り ま た 宗 平 

たき •,< S 

に 薪 を 添へ て、 

るう wi 

一宗さん 默っ ちゃ あ nw られ めえ ぜ。」 

し S.5 へ V しか 

「知れた こッた い。」 と宗: ,5h は 叱る やうに こた へ 

て 限 を 怒らした。 

こぞう たに さ/ 

「小 35、 何し に 来た。 一 

わなへ U ..^/. fc^, み r 

I 鼎 は 下 眼で 自ハ 刀の 帶 Q あた リを :1:5? ながら 手 を 

! £ から ジ- 2- ちし ふみし だま ね 

i 垂れて、 身體を 細く a を蹈 占めた ま、 默 つて 居 

I つお あか こ し か, 。ぞ 

: る。 胸 赤 は 腰 を 屈めて^ くやう にして、 

ラっ つらみ 1? ギび 

r 宗 さん、 顔 を 3^ ねえ、 これ だ あ、 一と 嘲って、 

いきな リ の 0. の 下へ 握 拳 を 突 込んで ぐい 

一 あ ti ふぎ if," た て お. P -っご 

i と 上げる と、 を 持!! めた 手が 思 はず 動い 

一 むね -, -ら かたへ 

一 れど、 胸の あた リへ 椹へ てし まつ た。 鼎の 



、り. っヒ する、 を 摘んで、 

t そう へ い 一 .; と 

【来い! ばかりに 宗: 牛 は 力ま かせに 手許に 

ひ , か なへ -t めし ひケ つ し 

引いた 鼎 は 浮 足で 引付け、 りれ て *帶 も緊 めな 

55 へ, い け V 人 <vi 

い宗 平の 毛 だらけの 乳の あた n- へ びッた D 額 を 

*ぺ つつ -r で て つか 

押 ffl けられた" 其 頸へ 腕 を かけて、 また 手を摑 

んで、 

「來 い: さあ、 來ぃ。 手前、 內へ來 たた あ 用 

キ V!:iV- う- はたし て き 

があって 来たんだら う。 大道 ぢゃぁ 話が 出来ね 

え か-り、 來 い-. 来い とい ふに。 一 

6^; た ュハ なへ か-いど V ク、 

またず る/, \ と 引立てられて, 鼎の 身 體 が 前 

-っご わか.? ばい K v*^ 

に 動く と、 佼の 一 輩 は動掐 をつ くって ぞろリ 

と=1* :3 ふ; VlS *S リ どつ 

と. 取卷 く。 夕 額に 矮 がたかった やうで。 哄 とな 

だれる 一 ^の 上 に^が 手籠に されよう とする ため 

*-.0 た にん.. 1. つき かげ み 

に 映された 多人数,:; 月の おみ を 0^ て、 あれよ、 と 

げ た A つ -V ろ -す ,11 

いふので サソク 下駄 を脫 いで 爪先 を 揃へ て、 裳 

と 一一-で w、 で し:. * み ";し きた 

を • 取って 袖 を か、 げて、 前へ 出て、 汐 瘠の 北 

つめ みが ま をん な 

の 詰に て、 きっと 見 構へ た 5^ 人が ある。 

十 穴 

ひ-へ そうへ-い ー 一つへ- I- * 一:; か-つ え ひュた 

鼎は宗 平の 嫉妬の 力に 抵抗し 得ないで、 橋 根 

五六 尺 向-つ i しゃ くられて * 十る と 引かれた 

いろ しろ か •,:->.- こ * 

が、 たと ひ 色 は 白く つても、 身體は 肥えて 居な 

いで も、 眼は淸 くっても、 iie がれく つても、 

*- つ さ サっ つん ふ 2r< プ おた ラご 

血お の 少年で ある" 眼が 逆 釣って、 肩が 動いて、 

し tic ち サる ふな、 ,はい ..k^ る 5 へ 11 

下 K? を んだ 愤餘の i 米努、 再び 扇で.〕 ポ 平の 



て , わか e し -7. 

手を拂 ひのけた。 h ばった" 分れ 一-、 橋ん 南北 

,- ミす よ-一 ,; し --ま ゾん 

へ、 ひ ッくリ かへ つ た 腕 車 を 横に、 彌次, iS? を 前 

後に して、 一尺と は 間 を^かず、 手, 首 を 痛んで 

おも はず 手 を 放した、 {- 小 平と むかひあって、 二 

¥ め み あ め ち Z し い-つ あ を 

人 はきつ と 眼 を つた。 眼 は 血走って 色 は 蒼 

くち る -; ろ , 9 かな- * さ-, き -." 

ざめ、 唇 の 色 は あせて if いたが、 殺 氣を帶 び 

しょく n-- わか-? の-とも つに ; V つ 

て蠱 立す る と 、狀佼 等 は どよ み を 造って 哄 とた 

ど しつ ひか 

だれた が、 一度 靜 まって fe.; へて しま ふ, - 

はし うへ しん ビ . ^は つ い-. 

權の. H は 森と して、 消の たい 川に: C 影が ゆる 

きし ふね k. 

るに つれて、 岸に つたいだ、 St 。はだぶ. * く、 

さ )- つ た * し ^ す さき てんとう 

左せ へ 傾い ちゃ あ-つねって 居る。 洲^ の電燈 で 

にし はち f* ん も D- t& ひ み g む-:' 

西 を かぎ リ、 八幡の 森で 北 を か ぎ "、火の見 松で 

みたみ ふ 4 へさき ひがし $ -tw- 

南 を かぎって、^ の 触で を 限った、 この 一 圓の 

はし ラへ ほ ほし した : 

橋の. J. ;、 や、 うすれて 行く M の 下で、 卜: 一時 を 

すぎた Sie かた 月夜に、 あ" のま、 を、 ^人 はち 

ね たん おち に 二 I リ 

つと す 力して 居た。 が、 何と 思った のか 莞爾し 

» つ わと した *M: 

て、 忘れた や-つに、 引上げた # を 落す と、 下 前 

が かさ た つて きリ、 と 揃 ふ。 ろ つ む い て 足 を 見 

ふ i- 一ろ て い ち ひ た * て A... ひ 

て、 へ 手 を 入れた が、 小さく 疊んだ 手拭 を 

だ ivj i? ほ .fs 一め し 

出して、 摘け て、 持^して; ir 足 をぐ いと あげ、 

& まぶ れ にたった の を は た/、 と梯ぃ て 、 う し 

.^ わり あ 一- iit!-:- た モろ -J^ 

ろ を!^^リ向くと吾妻下駄が揃 へ て I い で ある。 

は ら.: わん み よこた 

まづ 穿いて、. 镧 干に 身 を撗 へて、 つかまって、 

け > ^^- て ひ そ Q 

また 砂 を拂 いて, -\ - れ か ら 手拭 を. る つ て 其 ま 



て * r- fis い-き & 

ま 手に 持って、 少し 仰向いた が、 15 の や-つな « 

f ノす! J-JB ふ I たんす .1: り-, J 5 a 

喉に 結 00v_ とした 六 つ き籃笥 位 た 木 線 

の AM: 敷 包 を 背負って はる、 钻 n を 弛め、:^ 

リ十 £ して、 is-i- 力 方へ 向 直った が、 す、 りくと 

して:^ の やう、 風に. tal きさう に \ィ んだ。 脊の 

たか s ん な St ね VA -. ひと す v-sy 

高い 女で、 鬵は 根の 上った 丸 鬆 Q 毛 一 S 

, ぷ I ». , にな v-v とほ 

して 居たい。 眼が はっす, リ して 鼻筋 Q 通った、 

いろ しろ おもて -_•<!.--;,•- ひ .f ほ 

色の ,H い 細面で 穎 のし まった、 ちと ゲンた m 

で、 眉 はう つくしく 剃って 居る。 生 際が すこし 

み -* いろ あが 

ぬけあがって、 fI4- Q 色の すきと ほ る や う な、 1;? の 

JW と し そク 

拔 けた、 年 は 三十 八 九で、 其す きと ほる やう 

ひ luo- み. * ひつ てん ,ク 言つ \ 、ろ ほし 

な 左 の ^ に 水 筆で 點を打 つた ほ どた、 ! IS 黑た an 

< に f ちつ-; - およ sils し わた 

の ある 小 屋 だとい つたら、 凡そ 大橋を 渡つ 

ふか; .-は をん な こ- * ろざ 一! や-" ゴ 

て!! If iF の 女に 志 す ほど,:: もので、 せ だと! S 、か 

と. <v- か.?? ピん うへ. ながや 二 ね- J 

た いもん は あるまい,^ 常 11 の- 00 に 小^ 

r> と も つ ご り ぉた- つ 

一 つ 居た い、 ま つたく d 一 人ぐ、 りしで、 沖^と 

をん な みせ ひら しわ-つ な 

いふ 女で ある。 店 を 開いて 商賣 をして 居る の 

つ vfc し よ ギ や-つし やう ,- し 

ではたい。 包 を 背負って あるく 行 商で、 ? H 

.r つ. 、- S : ぶ. 一 け しゃう ひん ふ, ス;。 もケに 

?开 、 天窓 の もの 一式、 化 4 品、 *i おの 類、 

H^l:づ>c' つじ- フ:- y に か f.J.. ^ r さ-ご 

上 包に 辻占 を 紅で 書いた 卷 紙たん ビ、 洲蜂 ばか 

さに * ひ ac 5 れ *v,,- り グ-か せ-? る K? しぶとく 

リで商 をす る。 年の 寶上 高 一 千鬬。 こ の 所得 

さい 「5 5 ん やさ や 

一雨 二分 をキ チンと 納めて、 こ、 へ^てから 

ねんごし や-とこ ひと ひもの す じで 3 わか 

五 年 ぉ1 で、 男が たく ッて、 獨^i!;:で、 素性の 分 

S.J な はし. 0» * しつ 

らな い 女 だけ れど、 檨? -2 の 交番で も 決し て渠は 



85 ) 



疑 はなり- で 戸 紐 しらべの 帳面に もちつ とも 

たれ t,^ «a 

か は はない とい ふが、 誰でも 一 して 其 だと 

お,.' hvy.-/. ,.x つ くち. つげ た, ほ 

S ふ.. 推測と は 大いに 3$ つて、 沖 律 は:! 敫を多 

じってい 3 

く きかない、 また 柄に なく. I:! 體で、 洒は のまず、 

はうた ず、: 二 ^sl は彈 かず、 & はうた はず。 

-? i け や ハ (で + .s> ナ き い 

朝:: やく 家 を 出る と、 ^に洲 ^へ 行って、 いつで 

もお ま i は 昨 八, 樅と いふお 茶 尾で 済まして、 晚方 

歸 って來 ると W の :! から 戶を しめる のが 仉 であ 

-; んゃ. 、 お SJ かへ 

つた。 だから 今夜の や-つに かう 晚く歸 る こと 

す t-i こ て ふ ね うち > 

はない の だけれ ど、 洲^ で、 胡蝶が 居た 樓 でも、 

かなへ おく 乙 ゐ み, us- は.!: かなへ かほ .3. ふた 

鼎 を 送リ: fJJ んで K た 峰 八! S でも、 ^の 顔に 瓜 二 

ひ ん きつ 二- J き f« 

ッ だと 評判した 沖 が 此^へ 來合 はせ たの は、 

なに 

何 か の緣が あつたんだ らう。 

つる ぺ 

刎 約 瓶 

十七 

A. -」 リ か ま 

「をば さん 培, :} お まじな ひに 败根を 遭せ ると 

い ,つたく 

可い ッ ていふが ほ; 個よ。」 

どが は き たち ど --ん 

井戸側に 來て立 停まった. 沖 律 は 紺 5 單 衣に 

丄,? す f,,! 5- i で か》 ゥ げ 

ぉィの 帶 • 昨夜の ま、 で ^戸 出の ほつ わ 、黄楊 

/ し rtts て S3.--- ひ さ ゐ 一 CV- 

の 櫛で、 藍の 入った 手拭 を げて おる。 朝の 七 

じ まへ もど き は -?. ^v.-^_ しし 5 5 

^前で、 ル 戶 の 際が 裏口に なって る iT- 兀の 師匠 

-? J L* よ-; まど す i 44 へ 

の 内 は ぴったり 閉 つて、 横 窓. にかけ た鉱 の: S に 



み づ いら て ふ ち ぶ ちん 

釣る した 水色に を 散らした 岐阜 提灯が あけ 

ひかげ あ- しろ まど た rt おうし なか 

がた の n 影に 褪せて. {I ずんで、 窓の 竹 子の 中 

ラご つゆ 

に 励き もしない。 あたり 一面に 露で しめって、 

L IT -2 レ あ ひ ん」 ざいん, や と *- よだい 

師 R の 家 とん" 角の 材木屋の 戸に かけて E 大 たる 

. - ぼん ざい ク, c き や 

十 If 六本の 材木が 軒に かさなって、 すつ く" 

ね, うへ そび ft モクつ へ はク l- くしょく S み, 

根の 上に 築え て 居る。 其 上の 方に a 色の 天が 見 

i ま ろぢ る! M ; At! 一一め 

える ばか"、 狭ッ くるしい 路地で。 井戶 例に 米 

を 磨いで; i? た 婆さん は、 赤ッ ちゃけ た 皺 だらけ 

かほ ナ ¥- S る くち 

Q、 面の 筋 を 弛めながら、 でっかい 口 を あけて 

しろ はだ & "さつ あ ふ 

白い 尙を 出して、 吸 ざめ る や-つな 沖 iti の: ^つた 

かほ ち ふ み 

餌 を 仰いで 見た。 

ま 

『はい、 さう でございますよ、 感 きます とも。 

ナ ち ちた ま がぶ を こ お t リなか キ う 

まだね、 招 鉢 を 天窓へ 被せて、 底の 眞 中へ 灸を 

す 

据< るの も ございま すがね 二 

「それ ぢゃ ぁ箕が 牛; えて 飛び やしま せんか。」 と 

けぐ & lis うち わん 

徵;.^,、んだ,。 婆さん も 打 4lK ひ、 

S 5 .リ な. ん ビな 

「大きに.^ 樣で ございました。 何です かい、 誰 

方 そ」 

-,. や t つ み ゾか 

「は あ,」 と、 さそくに 輕く けて、 沖^!!は自ら 

額く やうに いった。 

「 昨夜の 可 fs!- いのが ね ご 

「おや! ^^で.それぢゃぁ、何ですけれど、 い つ 

になく 晚 いお 歸や. で こざ ぃォ 5 したから、 また、」 

ど ご めいわ /- ナ かま 

「何う も 御迷惑 を かけまして 濟 みません、 構 は 



た いで 案て 下す つたら 可かったり に。」 

「い、 え、 い、 え 何 、何う いたしまして、 そん 

な こと は 可-つ ございま 十 けれども、 何 かお Si 樣 

だと ひました がね、 あなた にお 紐ん たす- 

つ て 、 M 蒼で よ ス くして 人-りつ し や いました 

, それ なん めし も0 そん, 

ので、 其に 何だかお お 物 も 損じて を" ました や 

6 でございます もの。 何處の t ぉ樣 だか、 御 氣 

ぢゃ あないだ f? つか, 姉さんお 一 人で お 手が 足 

るまい、 お 困 'や あなから うかって、 の M 

丄 si » 3 一 めん I 

匠 もちん" とお 見 磨け 5. した さ-つで お!^ じ. 3- し 

ましてね、 あの人 も 深切です よ。 わさ- (-- 起. ミ 

で れ わ たし き リ. ? た 

て 出て 寢衣 のま、 でね、 ^と 二人お 内 Q 前へ 立 

I !V ん ほか L.iv- よ ふ 12 

つてました つけが ね、 存じの 外お 靜 だし、 夜- 史 

み * ひ 

では ございま すた リ. う つかりお 兑舞 にあがり 

そ -? は ひ 

ますの もと, さう 中して ね、 其 ま- * で ft へ 入つ 

. つか:.. よ 

たんです が お 使で もあって お呼びな すったら 

' 3 つ 

と、 氣を 付けて を" ましたよ。 はい、 さやう で 

ござ いました か。」 

「何う も 御 深切、 お 氣の赛 でな" ません。 I 

「何の あなた、 そしてお 步 行で ございまし たか 

は や と-- ろ くるま P き 

「なにね、 茶屋 Q 處 まで 腕 車に 茶って 來 たん 

だよ。 ;:^ がつ いてさ、 もうあの ル になつ ちゃ 

ぶ じ い-つ 

あ 不自. E ね。 L 



.S6 ') 



、^巷 已 



* め ひ 乃 P よ 

「お 合乘 だと 可 か つたで ございませ うの に。」 

し ら ! 7<! き, 

といく つに な つた か 不知 元氣の い、 こと を 

ふこ つた。 

1<x わら とひ. tU , , 

「何 だって?」 と 笑って 問 返した。 

たか ご. S a« ゆび 

「は、、 、は. -、」 と高聲 で、 娑 さん は 指に つ い 

こ め おと 

た 米 を 落して、 

「ちゃ あ 葉茶:^ の 前から、」 とわけ もない こと を 

お おき ま う 

いって^く。 沖津は a は 〈に 受けて、 

,3 へん . 〈?ん 

「其^が ね、 をば さん、 ip: となく。」 

ふか うな づ 

「まったくで ござ います、」 と g£ く 額 い た。 

rw- がまった くさ, ほ をば さん、 こん 

わたし まご み 

なおば あさんだ から、 ; s^、 孫の やうに a- える だ 

らう。」 

おとうとご si 

「い、 え 弟 御樣の やうでした よ。」 

「おや、 をば さん、 ちと 嫉け るんで すか。」 

ど じ S みや 5 どく 

「何う いたして、 * 命の 毒で ございます。」 

十八 

ItJTSV.-,? ほんもう <&« ぜ が- i ひと 

「 * 戲ぢ やない わ、 假に、 あの 位 な悴が 1 

人欲し いもんだ ね ご 

「飛んだ こと を。」 

かた わ るし 

「い トん、 あの方が 十九 だとい ふから 私が 八の 

±# でき. J ふしぎ 

時に 出来た 兒さ。 ちっとも 不思議 な こと ッ C あ 

り やしないよ、 でもお 氣う そに も か ら かって:; 3^ 

る氣 になる のかね。,: 



,べ きつ ど まじめ 

と 沖津は 何う したの か これ をば aM 面目に な 

つて 聞いた。 婆さん はや 、たじろいで、 

「へえ > -、 それ ぢゃ あ、 ではない ので ござ-いま 

ia ふ S "Jii かほ 

すかい。」 むっと 口 を 塞いで 観 張った やうな^ 

つき 

色 をす る。 

は か .^.き0 な 

「馬鹿-にしない ねえ。」 と 沖 ほ は 投げ や つた やう 

る ど *t. 、た =c,*r て 

にいって、 バッ タリつ V か、 つ て 井戸端に 雨 手 

ゐ そこ みづ おと 

をつ いた。 井の 底に ぢ やぶく と いふ 水の 音が 

つ なん み ばみ 

する。 沖 は 何となく のぞいて 見た。 婆さん は 

/、* つ 

米 を、 ざ ざ、 ざ、 ざ、 ざら リ. ('とやる。 沖 律 

お .ひだ 

はやが て 思 出した やうに、 

ばう ふら から あが 

「をば さん、 もうあの 孑 ft- の |g は上リ ません 

か。 一 . 

「お 天氣っ きです つか リ 澄みました。」 

はねつるべ ち ひ にざ 

「ど ST」 といって 刎 釣瓶の 竹 を 握って、 どぶん 

つ と こ めとゲ-を け しゃう 

と 突いた の を 取って あげる と、 米 磨 桶へ 水晶の 

ひ. うへ 一で 

やうた のが 一 幅に なって 上から 注いだ。 つめた 

かビ お て う 

い 風が 面 を 打った。 

r 1 杆 あげ ませうよ。」 

K あ み ひ へん て つ き 

さん はび つくり 身 を 退いて、 變 な手附 で、 

み 

ぢ つと 兌て、 

「こリ や、 こリ や、 何う も、 あなた 何うな すつ 

たんで ございます。 これ は、」 といつ て 不思議 さ 

§ ,r つ み 

うに また 桶に あふれる ばかりの 水 を 見た。 



ちっと お,, き つ 5i5 は La 

「些少ば かしお の氣 さ。 一 と 沖津は 立直って 静 

かに 手拭で 手 を 拭いて 居る。 

「はい./ \ -、 何う も此 御飯 は、 こ りやこげ ます 

ね。」 

r めいわ- -、 

「御 迷 15;、? なの。」 

た f くら 

「いえ, お だいじに なさい まし。 ちょ いと 

ろ 一つ いろつや わる と-一ろ み * め P 

い 路地で お 色 艷の惡 ぃ處 をば かリ お:^ 上げ 5. し 

, "は ひん 

ましたんで ございます けれども 何-つも/, 

のい、 つたら な い、 立派な^ 樣 でございますが、 

何だかお: S 々しさう です か -り、 何 モリ や 權 なら 

知れて ます けれど、 また。 一 

「あ、、 大變 ^むから、 心配だった よ。 あの 1 

まへ ろら ュひ とこし ね 

が ひどい のさ。 お前、 內に 入って 宋を 敷いて 寢 

かして あげる と、 惡. はやんだ やうで- こん 度 

は 酷い _ ^一で ね、 足 をば た (- やって、 もうあつ 

a かへ か-さ -.I- き ば 

ちこつち 寢 返つ ちゃ あ、 身 體の置 場がない やう 

な",. わ たし e ^ ;?. 6 

に惱 むの だもの。 私 やもう 間が あると 思って 

我^ はした が、 あ、 く 兒 だったらな、」 

きつ ち. * - つへ て ©ぞ 【て ひ U お 

沖津は 乳の 上へ 手 を あげて 兩 手で 胸 を 押し 

た、 

わ たしき も e » か&ぶ , ^.0 あ, • , つ, め 

「私 あ 衣服 を 脱 いで こ Q 身^に 水 を 浴びて 1" 

た く I -て、 し ッかリ 抱いて、 抱いて、 抱きしめ 

て 介 して 遣リ たかった よご 

一 まあ、」 



( £7 ) 



吸す も 



かど ししゃ 5 い つ ねえ 

ます も か。 角の 師匠 だって W 時で も 姉さんに 

ひと かた い ちょい な",, し ±5 をる 

お 一方 あれば 可い、 一寸々々 内證で 敎はリ にあ 

き つ さ つま よ-一. 

がっても、 窮屈で、 氣が 詰って、 ほんと に 構ず 

わり も出來 やしない。 何う もい くら 苦勞 人で い 

だつ, JK、 かた たん 

らっしゃ つても, 道樂 もしな い 方 は 何だか ケ ン 

しか 一-は -ーま 

があって、 叱られ さう で、 恐い やう だ, 困る 困 

3 ゐ 

るッ て、 さう 申して 居 るので ございま すよ。 い 

わ たし S" や « ひ aA- かた 

いえ、 4 はじめお 長屋 屮で、 是非お 一方 とれ、 

よ さは や £ こいる ひ 

寄る と 障る とい ふので ございます も 2。 男 狂 

をな さらなくて 困る ッて いはれ るの は、 あなた 

^ ひ すん ば ふ 

ばかり。 是非、 あいよ、 と いふ 寸法に なす つた 

よろ わたし まご ^ 

、り ft しう ございませう。 何なら ば 私が 孫 を.? 

をす る氣 で、 あの 若樣に 申し ませう か。 たま 

. 化卞. れ ぬん ぶつ 

なか 俘 だの、 何のと いふ ことにな" ますと、 物 

さ 5 

驟で ご ざ います 力 、し、 」 

ば あ ナ: 'め や わきつ はっきり 

と 婆さん 雀 厘 もやる 9. たさう で。 沖津は 判然 

といった。 

そ れ いや 

「其 は 否 さ。」 

「 いけません か。」 

「お 斷リ 申します ね。」 

一 ま、 何故で ござ います。」 

fe? おも 

一. いけない 譯が あるんだ もの。」 とナ- と 思 はせ ぶ 

リで! 1W る" 

f へ え つ 、 何-つ い ふ 譯でご ざ いますね。 一 



: は いはれ ない。 をば さん、 驟ら ないち や 

あ ; 

「何つ す, が御姚 走し ます。 私 かね。. 一 

ぶってん i. 

あ 乂。 ; とん" 點々々 をした. - 

「途方もない、 しかし 不, H- ません か。 J 

5- にめ - わきつ は ,-;," ん ば あ 

r 駄 H だよ。. 一と 沖 f^iil また. ©鐶 した。 婆さん は 

わざ • . み ゝ 

故と むくれて 見せて、 

ご かって た-に な ま,!. j 

「御 勝手にた さい まし, 何も 斷 つて. V は. e. しま 

せん。」 

「そんた こと 言 はないで, をば さん、 もの は 相 

だん -. ど 

談だ がね. 何 うだらう。. 一 

「それ 御覽な い、 年寄の いふ ことに 外れ ッこ 

が ある ものです か。 だから 言 はた いこ ッ ちゃ あ 

V* 、.* 一- う,. 

りません。 可う ございます とも。 何、 す r 嬉し 

がらせて しま ひませ う。 しかしお 若 う ご ざ い ま 

»^ よ, だんな へん 

すから、 何て ッて お呼びなさい ますね、 且那、 變 

I わかだんな 

てこ だ。 モシ 若 H ー那、 を かしくない こと。, - 

「何、 わけあり やしないよ、 チヨ ィと悴 や —— 

と浙 うだ。」 

ひと S 

『人、 おもしろく もない。」 と 婆さん はまた むく 

れる。 沖 律 は 手 を あげて、 - 

、 * にん - き じ J 、 なに さつ だん 

「あれさ、 何 だって、 氣が 早い ね、 何も 相談て 

ッ たの は、 そんな ことで はたい の だから。 何う 

だら う., そんたい やらし い-て-たしに して、 



く るし rt い 5 つ み ゐ 

「だって、 苦 むんだ もの、 可哀相で 見て 居られ 

ひ. si- ひ Jcyl- 

やしない、 一 忍に とさう S つて、 ほん t にじれ 

つた か つた."」 

につ-一り «* 一-い し :» 

と 竞爾 する。 婆さん は どき ま き する 體を 示し 

て、 

• ど なん ご あいさつ SKHL あ 

「これ は、 ハヤ、 何-つも、 何と、 御 挨拶 を 申 上 

げて. S し い こと やら。」 と 手 をつ かねて 茫然たり 

ゐ 

で 居る。 

ノー 

「おかま ひなく、 何-:, -ぞ おとぎなさい。 一 

「は い、 おかま ひ たく、 何-つ ぞ抱 ッ こ をな さ い。. 一 

な i- tLin, くせ なん 

一 何故 さ-., だ. り-つ。 お まへ は. 年寄 や;^ に 何 

いろ ^ なに 

でもい ふこ に 色 が あ つ て いけない よ。 何 

おつ かさん .J ど I か いは 5 ん ど 

母 様が 小 IS の 介抱す る 分に は、 抱いた つて、 

つたって、 可 いぢ やない かね。」 

「だって、 あなた、 たと ひほんとの 兒 だった つ 

. I おつ." さん だ 

て 十八 九に もな つた もの を, 母樣が 抱かれ ま 

Art ば あ みとも だち 5ち» でつ し 

すか、 尤も 努 さんに は 茶吞朋 i"!y、 孀には 養子 

な 

とい ふ 名に したの も ございます けれどね、 まさ 

か、 あなた だって、 ほんとの 兒 ならばな ほの こ 

と、 何う して 乳 だっての まされます か。」 

わたに <■ 

「私 は-牛;; 5^ さ。 一 

十九 

S なに くる 一 I 

「そんたら;:^ のこ L-、 何も そんな 苦しい 御 趣 

向 をた- --• りな,、 ッた つて、 5^に御):^ー慮をたさ い 



u 巷已 辰) 



S9 



子に して 抱いた ら惡 い だら う か 、 世間で ぽん と 

か いふ だ、 し-つ か。 

「まだ あんな こと を 云って い、 りつ しゃる よ。 一 

一 眞個 だよ。 をば さん。」 

一 モリ や いけませんね。」 

「1:、 ちょ いと さ、 たつ た 一度で, 5- いの. たか ら、 

まあ さ 後生して 下さ いな。」 と、 わざとで あらう、 

a お つ ひこ てい 

然も 思 込んだ 體 である。 

K あ £u あ 

婆さん もうる さげな く 取合って、 

「ま づ、 いけません、 そんな ことお 話になる も 

ので ご. さ います か。」 

ビ.. -ぞ ひご いん ごふ 

「何卒- ッ Hi をい はたいで、 ちょっと だから 

15ft み わたし にん i-tjo 

4,、;w に 見て くれない かれ、 私 あ li- 愛い 人形 を 

抱 いた 氣で ようから さ。 一 

にん ゲ-& う -っご 

「人形が^^きますか。 一 

うご て あし - 一二- 

「動く よ、 手 も 足 も ふら,^ 動く たら うぢ や あ 

ないかね。」 ■ 

にんぎ^ 5 

「いろんな ことい つて、 あなた、 人形が, > の を 

い ひ ます か い。 一 

にん V ふう <ci- 

一 さ-つれ、 それち や もの をい ふ 入 形 だと S つて 

我慢 をしょう、 何う だね。 一 

« め 

一 駄目で ござ います。」 

にん う rso 

I あ-き ら めて, 入 形 だ と 田 心 ふ、 とい ふのに。 」 

「いけませんよ。」 . 



つ-し て も か。 一 沖津は 眞 、り し - 



た. -1 一』," 



ば * ぉ《« つ = こ 

婆 さ ん も 思 はず 釣 込まれて 、 

I 一 しふ しん 

一 も、 そんた に询 執心で ございます 



一 あ、、 あんなの が母樣 といって 抱かれて くれ 一 か 

"や、 で默 つて 抱かせて くれ リゃ、 も 一度 

W し ,1; ちき つ み し 

抱き あ 1^ ん でも: 5- いね。 一と 沖津は 身に 染みた や 

うにし みぐ いった。 . ^は淋 しかった, - 

二十 

たち ま お, わ-い > 

が、 忽ち 忘れた やうに 笑って しまった。 

2 5.1 にん J- じょ り 

「巾戯 だよ、 まったく、 年寄 をつ かまへ て さ、 

ご .c ん 

御免なさい。 ほ乂、 >- ほ > -。」 

「II が あたた。 です けれども、 何だか しんみり 

さ ど < 

ぉ氣の 毒な やうに なった ちゃ.. 二 ざ いません か。 

う _ けた 》 C 

それと たく 承 つて をリ ますが、 あたた もお 兒 

さま , な ぜ し-,! 

樣が あるんで すって、 何故 一緒にお たりなさい 

ません か、 そんな こと は 知りません が、 夜分お 

か >. ひ \- ち き 

^リ たす つち や あお 火鉢の むかう で、 あのお 氣 

いひ にん rs5 ど んぉ た r 

に 入の 人形 を 抱いて、 うつむいて、 4?- へて、 唯 

ひと, さび とき き, 

お 一人で 淋し さう にして いらっしゃる t- は、 氣 

せ。 :• か n- -M ふ 

の 故 か、 あか リも 光がない やうに 見えて、 お 可 

II い 5 つ マ-; .15- ま 

哀相 でございます もの。 何. 構 ひます もの か、 

それ こそ、 裸身に なつ て も 抱きな さ いまし、 何.、 

ひと なん 

人、 何と い ひました つて。 一 

\< る み こ 

と い ひ か け 一- - .^ さ んは身 を^して 麼 をのし 



した。 た。 沖津 はまた 井戸 へ つかまった。 橫 5^ が 

お 甍の故 か 奢れて 見える。 

か-, £ *» 

「をば さん %^ してお くれ。 仝く 昨夕 は «F らな 

つ た の。」 危ぃ& け さう な 櫛 をお さ へて いつ 

て、 がっく リ ラ つ む い た C 

、お まじた ひ の姣 帳なん かお 着せ 申 

し な さ 、し な いで、 さう してお あげなされ ば ラ 

ひ 上 なに 、 

ござ いま 寸の に。 人が 何 か いふ もい はない も ■ 

第一 あたた、 てる もの はた いぢ や あ ございま 

せんか。 一 



一なん のッ ていふ けれど、 をば さん、 門に 立つ 

としが ひ 

てた と いまおい ひぢゃ あない か。 年甲斐 も た い 

つみ まへ 

ね、 罪 だよ、 お前。. 丁 一い ひなが-り、 - つつ く I :> い 

ちなる え n. にみ ん 

を 襟に かくして を兑 せたいで 居る。 

i つか.. - す JS 3 ハ- と 

「やれ/、、 折角お 繁じ 申して 居" や、 もう 飛 

さ" い *J 

ん だこッ た。 これ は、 -^^Je: をす ると, いろんな 

め 

目にあ ひます よ、 はい。」 とぐ つと あ をむ いてお 

て-.. き * きゥ *ほ *-4..7ュ る 

天氣を 見る。 沖津 は颜を あげて、 キプと 一:^ を 

しめた。 

じ ^*Miv、 わた- つと かま 

f .sir たよ- をば さん、 ねえ。 私 あ 些少 も 構 

ど a ひさせ なゲ かな 

はないけれ ども、 何う して さき は 生 * の 長い 方 

だ。 か 、"あつた 場 *~ が惡 かった か、 り、 いづれ 

-っち や. V 5 は IJJ. ひつ 

で も I" つて、 ちつ と で も械, せ-をす る 引か >- リ 



m 少? さ 



て おも *.ル わた レ 

が 出来ち ゃぁ恶 いと 思った から、 其で ね 私の 

家へ 一れ て來 るのに、 わざとね、 車夫 は 葉茶 厘 

*-K かへ 

の 前から してし まった やうな わけ でれ。 あれ 

は、 をば さん、 何のよ、 それ!: 時 かも 談し たつ 

I r .} わたし だいすき かはい 

けが, 洲 ゆの、 あの 私の 人 灯な 可 袋い おいらん 

の あれさ、., 

ぼみ はつみ. - 

^さん は 机!; t ではな いらし く、 さも あ、 り むと 

かほつ *- 

いふ^ 色, だった。 

さ r もっと^ 

「なるほど 然 うで ござ います かリ 狗 道理な こ ッ 

たに くに" t 

た" 何か^ ッた けださう で,」 

りゃう; so 

一 力と も!」 

1 せわ なに わか うち 

一 供^.iはご、ざ ぃませんね 何も t おい 内で ござい 

ます。」 

ゆうべ なに 

「だから さ、 ffl るんだ ね" 昨夜 は 何 だって、 お 

す さな で ち パ 

いらん が 洲岭を 出てから * はじめて 逢 ひに 行つ 

たんだ さう だ。 :w がね. 何でも まだいろ く 都 

? 3 があって、 多 昨 逢 はない つも" だった さう だ 

わたし *i ろ き ?■< ひ. 2 

けれど、 をば さん、 私 ン 虚 のお *r かね、 久し 

おこ リ わ. つ- リ S う-へ ,,.-2」 で 

く 疲を烦 つて、、 昨夜 はじめて 戶外 へ はたん 

だって。 宅が 晚く なって、 ;^」 あがりだから、 

ち つ と單 おも の 一枚 ぢゃ お 紫ー氣 がした さう さ、 

,1 > 一 キー >s おも 

お ぃらんにぉン ね子を^!3せて^3;はぅと思っ たん 一 

> それ t こと I 

だっ てね、 其が2;で飛んだ^^さ。」 一 

、 うち かへ おや; ~ さま 

「おや、 ま、 内へ お リ なされば、 親御 樣がぁ 



> かう tt* し 

リ ませう のに、 1^ 孝な こッ た。」 と 婆さん は、 詈 

りながら 額いた。 

「4 羞が難 有 ぃ虚ぢ や あな い か I? 構な こ つ た 

ね、 をば さん ビ 

一 :?" が な もので ございます。 こんな 母樣ぢ 

tM ろに る 

や あ 心細い こッ たよ。」 

「い、 え、 なん ざまった くよ し 衣 も 5^ だ、 家 

.5 ね -ば ゐ み リ ひ \:さ ま まへ み 

だ、 お金 子 だ、 タ居 だって、 な 人樣の 前で 

得 をす るん ぢゃ あな いかね。 .E 射に や あ 何に, t 

いめち い 

ならな い。 ほんと に A 命 も 人-しな いとい ふはい 

こと つ -っ ど がに まる ぶし 

ろの 事 だもの。」 と、 沖 & は井戶 側"^ の 三 かの 

1 をぐ るリ とま はる。 

二十 一 

「むす 子に 女 が 出來り や、 ために 働きます 

、ゝゝ た 一 ひ ぢ よらう け: :- し^ 

ね、 せっせ と 達 引く わ。 娼妓 だ つ て、 薪 I 妓だ つ 

. やん す どうし .i 

て、 何 だって かま や あしない。 奵 いた! :41| 一緒 

にして 好い 服装 を させて さ、 苦勞を させないで、 

ャ ぶ とん うへ す;; わたし わき はう 

if 如 Js^ の 上へ ならべて 坐ら せて、 私 は 傍の 方で 

一 服の みながら 见て 居ます ね。」 

一 そ して 二人で が .1 .树 々々し て 居られち や あ 憎い 

では ございま せんか い。」 

> す まんなか にん ざ や. 5 

「さう さね あんまり 没ましたら ほ; 巾へ 人形 

はふ だ ) 

を 拋 出して やらう か。」 

「へえ。」 r 



r さう した、 り 笑 ふ だら うから ノー 

「■ あなた も 他愛の な いこと をい つて いらつ し や 

るょノ-と ^4:!o^-んは 一切 心得た やうな も 3 いひ 

.? きつ- せつ ;. つ,:, <- 

である。 沖津 9 力 は 熱心に、 

1 sofcv £ たのし ? 

「あ、 り 個 だ..;、 何ん なに 樂 みだらう。 お腹が 

ゆにいた^ 分に や あ、 何 か 見饍 ひます ね; ちょ 

ペリん 、ゝ、 くち ひごて うし そ 

いと 三 品ば かりで、 いける 口な、 り ー欽子 添へ る 

ふじ ?ぞ ひつ ま 

かね, で、 お 給仕 をす る さ、 ま じい こと だら 

V ニー 4 

う, とものお も ふ狀 していった. - 

「もう さ つ た る と お^は 退轉 どご 

.*v,l> ?; につ * さっち ゆ そ こ ? 

「勿論 二進も三進も行かなくな" や、 其虑は W 心 

. S しん vw- 

ひ 合った なか だ も 0、 いづれ 心中 をす ろ だら う 

I T>i はう む に;) まへ ゥ. み. V へし 

。 さう すリゃ 一緒に 葬って 墓の 前へ 女郎花 を 

う ち = ひと ば や J J 

し^£>*-るかね、 S 二 ッ梨 ない のに、 あか 桶 3 

そ み.,, * へ」 十二 うす づを ぼん 

らしい ので、 其 女郎花が 少し さ、 薄 月の 晚で 

リ 一.! わたし 51s つ 

も參詣 して 御 覽な, 私 あ になって 附き きって 

居る よ。」 

K あ はれつる-へ i £ ,.-< 

後さん は 化 釣瓶 Q 掉を どんと 向う へ !:バ して、 

1^ を.^ へ てし まつ た- 

£ と ャ n がた ち-,, 5- ん 

「何-つ も ^んだ 難 も いお 聽聞 をう か ひまし 

て、 こ" や、 死んだら ば 迷 ひませ う。 あ、、 ft 

なこッ た。 南無 M 彌陀 ごと^まして ッン として 

かう とする。 沖津は あでやかに 微. 〈、ん だ。 

「お待ちよ、 ちょいと 待って 下さいよ。 あらま、 



9 



^已 辰〉 



― 






れ 


!!}■ ま つ -. 




チ、 


つ 


一. 


を 


た 


つ 


~ 1 


ぢ ― 1 


小一 


れ 


で つ 


實き 


い 


ym あ 


た 


i おじ fJi? も あ お 


を 


あ 




い 


と 




お 


や い、 何; £ 




ろ 


ご も 


は 




今 * 


、 


や 


ぞ つ 


、 や 






か 




丈 


や 


いり >i 


を 


レ 


ざ う 


基お 








フ 


に 御-た 




C 


黃ふ 
粉- 


し 


に L 


つ 






け ち- 、 


で 


と 


い 


少と 
後^ 
生 お 




ぐ 


寸と 
ね 


だ 


な 用ち ね 


粉 C \ 


や 


た 


形 ふ 


て 




お 


なや そ 




1; げ 


ま よ 


ち 


で 


つで.。 


ち' ご 


ラ 


ち' 


ね • 


だ 5 


我 。■ 


寸? 


や 


い あ 11 


た 


駄た 


せ し 


些、 


乂— ■ 




て ご 


や 


な 


や 




と 


慢: 




■ い や 




を 


•> ま 


し 5 


少" 


ざ 


舟 含 




、 ざ 


い 


«^、 


い 


を 






度 ど 

で 




f\A け 。 


、 


芽 は 


" せ 


て 


た 


い 




す- い 


け 


V 


け 


ば 


ふ 


い 




a さ な 




い 


あな つ 

粉 C よ 


Ml 


つ 


ま 




つ ま 


な 


て- 


な 


-- 


か 






で い 


溝!; 


す- 


ひ 


て 


す 




と す 




婆 £ 


二 


ん 




し 






< 、 


{■"St 


ill 


ぢ 。 


た 




か 


ま 




m か 


と 










ま 


か 
ら 






'く 




や ま 


、 、 


ら 




で 




へ し 


ん 


小さ 




― 


せ 




ろ で- 


が 




い た 


>- 


が 








^よ と 


ま 

す 


は 


13" き 










ご 抱ん: 


た 


げ 


け 抱 《 




一 ゆ、 








つ 、 


堆ビ 


レ 










と か 


} 


た 


な い 


£i、 


い 








て け 




< 






い 


人 5 




節 r う 


{ 




い て 


あ 


だ 








、 ろ 


( 


出 だ 


れ 






ん 






'ド お, リ》' 


、 寢。 


る 


ら 








ま 》j 


mi 
る 


し 


り 








形き 




め 




丄 

? f : 


か 


フ 








る と 


た 










を 








豆 《 い 


ら 










で し 










も 


抱 だ 




黃さ 

—+ ォ" 




で 一 


さ 










忘き て 






片? 






<7J 








< WI 


1 



9 I ) 



.!?- つ ふと-: ろ て が,? だ 

沖?; 2: は 懐 から 手紙 を 出した。 

i ラ(. レ; J つ-あ 

「はい. v» -、」 と 取りに か >f ると、 上下 を 持 合つ 

て. V ふ 5RS き ふた リ み 

て、 手紙の ヒ書を 二人で- つ つむいて 見た- 

「ね、 此處 さ、 それ" いまい つた 遊女が 居る、 

しん ぞ -っち > 

新造 内 ど 。一 

一 Jw: で ご .さ いますお。 一 

ひぶ it.v; かいは 5 9- おも 

「■ 一 ッ 11- 出して、 介抱 を さして 遣ら- リと思 ふ 

の 。一 

「それお や あいよ /-\ お やん な さ るね。」 

と-」 うれ 

「あ. -、 いまい つた 通り、 思 入 嬉しがらせて や 

らう と 思 つてね。」 

「だって、 あな た が 何う も 傍に つ い て お いでな 

すつ ちゃ あ、 おち-. も-出 % ますまい ご 

し かた じ? ま わたし . 

「仕方がな いや、 邪魔に したら、 を. ばさん、 私 、 

£ へと こ に ゐ 

お前 ン 家へ でも 近げ て 3W ようか。」 

,ぃ のち 

「生命に かけて、. 一 

「え! 」 

婆さん 頸 を 叩 いた T おかく まひ 3- しま せう。」 

ば か 

riesT だね J 

たの 字 

二十 二 

「しかし" 化で ございま すかい、 あたた、 此 手紙 



V *s よ-つ べん 丄ん e うち 

を 持って 參れば 用は辨 じます かね。 新造, の 内に 

>.、 い-; -ん n V. さ よ i 一つ; 1 

遊女が 寢て! li? ると 來ち や 、 餘 所の 內と は 違 ひま 

けんたう や- f- す 

すから ね。 まるで 見當 がっかな くッ て、 樣 子が 

わか ど ュ .0 へん 

分リ ません が、 何-つで ございませう。 ;SQ か 

け ひき ッ て や、 つた、 伺つ てきく こ と は ござ いま 

..., 5 だ て が- f つ *- だ 

せんか。 棒 を 出した やうに 手紙 を 突出し 一」 ひよ 

つとまた 私の, 忽に なリま す と 惡 う ご ざ い ま す 

が。」 

沖津 は =s„l" 注 fE^ を 1 吾 んだ 色あって、 . 

「あると も、 モリ や 大ぁリ だけれ ど、 構 やしな 

あ こ * うへ, i 

い U 彼の 妓 につ ぃてゐる0は宗:.^だもの。 あ, り、 

船頭 9 さ。」 

「なるほど。 それ ぢゃ あ、 あなたに はぐ ゥの音 

で ばる ? や- ゥ 

も =5 ません ねごと. 姿さん は 安んじた 樣 である。 

「. だけど 新造が 居る からね、 ま、 ちょいと した 

つて 知れた 事た、 いづれ 食.:^ にす る氣 だら うか 

ふた みつ 、ムく て, ¥,み A 

ら、 二 ッ三ッ は 一一 一一:: 句が あら, けど、 手統 にも 書 

お まへ n- つ £ i f おき 

いて S いたお 前 も 立 汲に 口 を 利いて.;? くれ。 沖 

津 がいひました, お ftS さん をー賣 して 下さい、 決 

して 御 損 はかけ な いから。 一 

「は いく、 決して 御 損 はかけ た いから ッ て。」 

だい VW うぶ 

「さう い つてお くれ、 大丈夫 だよ。 J 

ふたこと 1 , 、 

r いえ、 モリ やもう 二 言 と は 申し ます ま い が 

い-: J ん f . 

また 面 なお か \り あ ひに でもな りません か 



10 一 

一. ちっとも かま はない よ。! . 

r 大 t/w をお 入れな すった。 ょッぼ ど.;? 氣に入 

つたと 見えて., - : 

r4、 の 黄粉す; や あいけ ない だら-, ほ、、 >! ご 

お ほ 

一大き に。 しか. I、 あなたえ。」 



「何 だい ノ」 

たて ひ 1 

「案 にられます わ,.^ 達 引 は うご さいます が、 

却つ て Sijf: をお 造りな さ" や しま いかと 思つ て。」 

「何^、 をば さん "し 

はみ 

婆さん はおち ついて, 

ところ す こ かんが 

「近 ぃ處 が、 で ござ いま r ね,, 一 と 少し 考 へ た。 

た. い わかさま どこ にかた 

「二 體ぁ^^若様はぁリゃ何處の、 ま 誰 方なん で 

ご • ざいます。 一 

かな へ ど へ 

「鼎さん とかい ふさう さ" 一二 度お レ" んの部 

や み ベ つ はなし 

尾で 见 かけた ばかりで、 別に 話 をした こと もな 

夢の 問 も 忘 



1. 二- -、、 ず,. こ 



, T 



ぎ 



れ ないで: « たんだ けれども、 何 處の方 だか i 少 

し 

も 知 りず さ。 ; . 

「へえ、、 御存じない!」 

「だつ て もれ、 第 一 あのお いらん が 知、 りな いぢ 

や あない か。 まだ ^じんでから 手^ 一本 出した 

ことが ない と いふ もの、 何-つ ■ しても いはない ッ 

さ。 それでも こたへ があって、 確に は. 處を つ 



けた さう で、 中 に た つ て 騒いで る わ、 そんな 一 

ひと i 

人 さへ あるち や あたい かね。」 一 

ユ 1 れ i その 一 

i それや まあ W で可ラ ございま すが、 いづれ 其 一 

<fe6 ,^ か S A ころ お- S- ぶん い, I 

位で 、 そ してお 見 懸け. e. した 慮 で は 御身 分 が 良 _ 

. み si 

いや-つ に 見えます がね、 こ 、を 申す の で ござ い 

ちか ところ その ,.= い. りん は-つ 

ますよ。 近い 處が、 其 遊女の 方です がね" あつ 

ち を 出てから が ハヤ、 他に- モリ ゃ内證 では あ 一 

n ませ- ゥ が、 仕方なし にだ ッて、 宗;^とぃふの. 

かんが A をん な 

がつ いて を ませう。 考へ て 見" や、 カラ 婦人 一 

む ちゃく ち や ^A.t せ :t>~ 

が. i 茶 苦 茶 になった 身 體 で ご ざい ませ-つ。 世間. 

わか ひと で もと S - から 

ぢゃ あ、 若い 人の 出戻りで さ へ 縦 ひます のに、 身. 

だ な う ひと ど 

體を 切って K つてる 人ぢゃ あ、 何う で ございま 

とき J 

せう 若い 時 は た^わ ッと おもしろい ので、 徵 

さき かんが H : 

前の 考 へがた くッて 好-つ ございます けれども、 , 

からど よご 一つへ ひと あいさつ い 

身體ぁ 汚れて る 上、 人に 挨按ッ たら、 (は、 ら 

つし や いしと あ をむ いてい ふ もの だと 思って ゐ 

ど .rsf と 

る もの を、 何-つして あなた.. 末 遂げられる もの 

です かご 一 

"$ ひとみ K. り w» かほ 

沖 津は瞳 をた めて、 睨んで 婆さんの 颜 をキッ 

と た、 井 戶 流に 立った、 立った 身體 がし まつ 一 

リ よう/, <ゝ お,, PC. き にあ ちっと き 一 

て、 稜 々とした 趣 である。 婆さん は 些少 も氣一 

が 付かないで、 : 

「ちっとで も 深くな リ ますと、 あ L> が 泣になる; 

し -£ 1 

た あ 知.,;; て をり ます か.,: ね。 殊に またい まぢゃ , 



い ふん ぢゃ ああ リま せ んか、 リ、 ..> つ 

r だ む ふんべつ とし 

か リ 手 を 出す は 無分別で ご ざ いますよ。 お 年 

わか し^っせ まへ か..: だ r み 

も 少し 出 世 前 Q お 身體で ご ざ います か .〕、6; 身 

*5 ん .?,.0 き う. S 

分に::」 とい ひかけ た。 沖津は sg いてる 內に 

いちじ る い ろ えた < つう 

著 しく 餌の 色が か はつ て 、 得 へ な い 苦^iを 

かん さま むね いだ i ひた ひ すぢ 

感じた 狀で、 胸 を 抱いて 霞へ たが、 額に は、 IS 

み る ど つ、 こ 

が=3^んた。 鋭く 突 込んで、 

わか まへ -ん ど 

「分って る よ、 をば さん、 お前 も ,江戶 でな いこと 

ひと si て だい ど-; ろ 

をい ふ 人 だね。 そんな こと あ の 手の 二 ま M 所 

とひ や いんきょ じょ ほ > 

か、 ふむ、 問屋の- 隱 居所で いふ こッ たな。 め にれ 

やつ ち;' 5^き おや なに い 

あった 奴が 逢曳 をす るの に 親 も 何も 人った もの 

か。 世間 も 何も あり やしない やね。 毛の 生えた 

だ, 二.! かた しろうと ち な こ なまい 

團 子の やうに 固くなった 素人の 女 あ、 小生 意 

さ なん ひと VS 

氣に 何の 人、 おもしろ くもない。 嫁ヅ てこと あ 

むかし 一 J よ-つ とし ごら 

昔から、 ざら に 御用 は ございません か、 年顷に 

かどなみ 113 ま 

な" ました からと、 門 並 ii いて あるいて、. 間の 

ぬ ところ し い ^ § 

拔 けた 處 へお つばめ るんだ。 仕 入 もの、 店 ざら 

おし .5 リ さかで よ- !• き、 iu- ちが ひ 

しで 押 賣ょ。 酒屋の 用 ii と 大した 違 はあり やし 

だん まリ い やう て 

ない、 暗爭と 云った 樣に手 さぐりの 趣 が ある 

わ。 盲づ かみに ぶっかった 處で、 嫁 だ、 お 婿 

さま き う リ たうな す - あは き 

像 だ、 胡瓜と 南瓜の はち 合せ ぢゃ あない か、 氣 



の 利かない 伶 ¥5 だ あね。 お 互に 好い つ 好かれつ 

おも あ どうし は, ^ , , 

さ、 思 ひ 合った 问 志な、 り娟妓 だって 何う しまし 

ん.. しお , (.« こ 

た . すき で 身 を 削 る ん ちゃ あるまい し 寸白 



C 92 ) 



(《巷 G 辰) 



L 一 

足 を あ 
拍 、 

一 H^m 



一 1^ 事が た ( ッ て さ 、り/ \ と \ ふ 裳 の t、 

» さん « 

一起き ないかよ、 三 や、 おひる だよ ごと 眠む さ 

うだった。 

うしろ す! f- た 

後 姿 

二十 一一 一 

結 立の 低 島 田、 露の 垂" さ、: な Q に龜 3- の 櫛、 

なが 一; しら く-つ や £,lr>n わん 

笄 はなしで、 白と m 一と を 矢が す W のお 召 縮. f 

ひとへ ^ はだ さ くろじぬ す J* ョこ ぃリ なんど い-つ 

の 單衣を 素肌に 着て、 黑轜 子と 獨: お 入お 納口色 

はかた うま § おび もい こ た へ-す 

の 博 多と を 打合せの 帶、 これ をお 太玆こ J£ く 結 

ひらう ち ト、 び t め こ ザく り v?-,^ ちゥと 

んで、 平 打の 帶/ で、 小 造. 3 後 ^«、 此ー: 少 うつ 

よ 1=. お-. ろ 1 す *_2ほ ! 1 ん け 50 

むいた なりの 襟 白^、 透 通って s« の 毛が 映 リさ 

ひね りで つ 一 てて あ した 

うだ。 胸へ 兩袖を 合 はせ た 下へ、 し をら しく、 

にん ビ- やう だ - ま げ た r- く M ス 

人形 を いたま- -、 駒下駄の 低い つで、 前 さが 

き み もす- P やば みづ いろ-ちりめん 

りに なった 氣.^ の 裳 を 捌きながら、 水色 縮緬の 

ひだ す あし ぉら み がる く K- ま お 

蹴出し 素足に 嫋んで 身輕に 腕. 車から 下りる、 と 

わきめ とみ を かもん =1--- ん ちゅう 

傍目 も ふらないで、 いそく と、 常!: 門前町の 

ざいもくや friToi し し $5 あ ひ, 一 ろ ぢ うすくら 

ト あ る 材木 asi と 元 の ^匠 の 厶 = 角 の 路地 の 

は ひ くら なか 

いなかへ 入って、 暗ま ぎれ になった が, 中 ごろ 

ぎ ふ 5 ちん 

岐ネ 提灯の あかり がば ッ とさした なかへ 、|^めず 

いろ みづ あ み, お- f 

ん だ 色で 、 水 を 浴び た や ラ に な つ て 见ぇ た と 

ー-^げ た rv- や き , 

ふと、 駒下駄の 音が 停んで 消えて しまった。 も 

孑 力 ひ ひと J しごろ 

やら ど 其:: I の .5: igs のこと である" J 



のお まじ た ひに 泥水 を の むん ぢゃ あない わね。 

し かた ひら s.-^.t^:!?.,?*?- 

をば さん、 仕方がない からだ、 腹? れ々 玩:. ^にさ 

れて、 なぐさまれた、 それで、 身體が 汚れて る、 

1,5 つせ じ? ま は: v„: き ^ £^ ,-„:.<,- と 

出世 $J 邪魔になる、 灰 吹 だ、 汚え なんて、 素人 

し く - がい it. & . ?づ J-» ひ » うへ , 

の 知らな い 苦界の 中. で、 水 責火責 にあった 上で 

世の中から すても のにされ ちゃ あ,」 

おさつ <*v る ゐ S た, ^リ , . . 

沖 律の がふる へ て Hi? た U 眦 を あげて、 

む. 3 

胸 をし めて、 

「こんな、 そんな." 間 尺に 合 はない こと ッ たら 

あり や あしない よ。 をば さん-. おいらんが 氣に 

い てん. y うさ ま 、 わたしたち し 

入らな き あ、 お 天道様に さう い ふさ ^等の 知 

つたこ ッ ちゃ あな いの だから。」 

ぼ. 《 め > 

r 」 婆 さ, ばかり まじく だった 

「と、 まあ、 いった やうな もの さ ごと、 沖津は 

いろ たば *- つ わら み. -,、 かた 

色 を^して 切な さう に 笑って 見せた。 が、 肩で 

ゐ ど-つ キ I .1? きこ せ, 

いきをつ いて 0W る。 ©悸 の 一昔 も 間え たら-つ、 氣 

しづ み ひと. us 

を靜 めて 见れば 一通 リの 激し や-つではなかった 

« さ こ 

もの。 優しい 聲で、 

I ね、 をば さん、 だから 後生して おくれ、 ,H 'い 

ぢゃ あない か。 i 

• 姿さん はこれ に は 答 へないで、 後す さ リ を し 

たが、 忘 _れ たやう に、 持って i? たさ ッ きの 手紙 

をち よいと 押 戴いて 懐中に 人れ たと 思 ふと、 胸 

を はって、 足 を あげて、 



や あいけ な ぃノ; と、 とん. /-、/-、.-、 

みづ き て ふ, 

永 を 切 る や う に ば ッ さ " と 手 を 捧 

.1 パ どろ 

「s» いた。」 

あづさ キなこ 

「あら、 小豆で くれろ、 黃粉ぢ やい けない、 どッ 

すべ . »■ つ 《12 一 St ...1 ゐ > 

こ い。」 と蹈、 にって 矢 張 小 桶 は 抱 へ て 居る 

きな I 一 la づき 

「あ、 黃盼ぢ や いけない 小一:?! で くれろ。. 1 

につ こ? わら ひ やど 

と莞爾 もしないで、 ば さり ヽ とんと 躍る 

とさ し, i ういへ 5 ら/. ち とほ 

時、 師匠の 家で 裏口 を 通る 普が して、 ばった リ 

えん と とき ひと に は ひ 

緣の戶 Q あいた 時、 に ほひ やかなる 人の 氣 勢が 

3 し ぞっき ばみ ゝ、、 

した。 正氣づ いたやう に 凝さん はしゃん とな 

つて、 

め > --ー 》 か- い.,、 たい う 

「あらく お 服 S だ、」 といって 呵々 と大 is- す 

Ml つ:.' きつ み かへ す S- てラし と 

る。 同時に 沖 津も兑 返って、 淸 しい 調子で 戸の 

内 を 呼んだ。 

「たの 字!」. . 

ねえ すが も み あだ 

「は、 姉さん。」 と、 姿 は 見えないで、 婀娜 たる 

こ ゑ 3 

聲 なり。 

さく 4i ん A きつ み かへ 

I 昨晚 は。」 と い つたき リ沖律 は 身 を 返した。 

「をば さん、 それ ぢゃ あ。 - 

5 なづ み モ;^ 

「は ぃ。」と額く^}をは仁、;^〔ま 、ず つと 放れる、 

つ. J ろ は-つ . 

ト 背後の 方で、 

一 何ね、 案じ なさる こと はな:, ので ございま 

す つて。」 . . , 



9 3 } 



( 94 



沖, 色、: 

も 



t よ がよ ひ 

百 夜 通 

二十 四 

わたし ぉも 

一は じめつから を かしい と、 私たち は S ひまし 

たね、 年紀 あい、^ ぼ だけれ ど、 あれで ね、 お 

<1- み み * ば f み"/ \ , 、 

s!^ さん、 見なさる 通" まだ 水々 しく ッて す, よ 

$ ひ ビ た/と 

いと HS でも 引かう もんなら、 何う して はな 

め っぽ "かい き ミ > つ K 一: し-, -ゃ . 

い、 f お 法界た^^ だもの。 何でも 蔡妓か . こん 

s へ V- い. りん 

な ことい つち や あ、 あなたの, ハ g だけれ ど、 i 巡 女 

あがり と で も い ひ た い や う な、^^! い ん で すか ら、 

$ ミへ じ い-つ き sjr.. て- 

腕 はよ し、 お前さん、 .H.S は 利く。 其 上 針 手 は 

と 一 14 ふ と 彼のお となし いので ご ざ います もの、 

V きつ < ど 

沖 律さん に ロ說 かれ ましたね。 ■ きっと さう で ご 

ざいます よ。 わけ はあり やしません ぜ、 (. 坊や) 

まへ 一つへ ょ-ー4,- き 

かなん かで、 お前さん、 膝の 上へ 横 にして (お 

乳) ッて な こと を いったんで ご ざ い ま せ う さ。 

ほ;. た. C さ どく 、 わなし 

!S 個に あなたに や、 ぉ氣の 毒で た n ません ;; 4 

*; 「ろ ぢ . ひ 

ァ あ た た が 此 路地へ はじめて お 通. ひ な すった =" 

i., か t まつ ひさ た. じ. み 

にお 迎に參 つてから、 も、 久しい お 勁 a- で こざ 

いますから J 

は あ こんや ォみ いた-つら ,•* 、ゥ ..V ひ 

^さん は、 今夜 も お^が 徒 に 沖. & がせから 

と とざ * さハ tei . あ t や 

戸 を鍍 してし まった、 物音の しない、 .Rh 屋 かと 

4 ノ? 5 .?= 'に- た /一ち つく こ 

思 はれる、 怨めしい 門に 立って、 立盡 して、 小 



に-. どき .W もて AKU- よ 卞に 9 ひ u-.i' しぎ If- 一 こ 

牛 S -、 戶 外の 通に はハ ャ夜 廻の 拍子木が Si える 

や うにな つても. まだ St ら ないで、 果は シクく 

な ft みみ か e »v~ 

:!?.! いて 居た の を、 见 るに 兑 兼ねて、 .0 分の 住居 

へ 抱く やうに して 連れ込ん だ の で あ つ た。 

-パぁ ひど さ a とし. -n- 

一 つい 此間 だと 思って ますが、 もう 华寄 はかう 

や つ て 夜 牛 は 雜 の 入 つた もの を 引か け な いぢ や 

あ ならな いやう にな リま したから、 久しい もの 

ど V 、& た 

でございますね、 . 何の 位 鸫 ちましたら うご 

<UJ つき <1 も 4,*, 一- ひと-.. と 

「二 R にな リ ます。」 とお は 細い ft で 一 言いつ 

ifi ん うつ., :3 ゐ ば J かふ 

たが、 然として:^ 向いて 居る。 .%づ*」 んは 甲の 

r.J 一 め; -ら しろ —-カ IJ. SK- ぷ 

赤い、 掌 の 白い、^ だらけ 手の指 を 折って、 

r も う た る ほ ど 一く. ん なにな" ま し, た、 ぎで ご ざ 

いますね、 あなた 二日お きに お出でた す つたと 

^^- . わた じ 

し て も^ 曰 1^ 三 十^|?? ご ざ い ま せ ラ ■ 私 は, よく 覺 

を r,,: ごろ や: vij ん 

え て n ま すが、 此 ーぬ ぢ やた 母晚の や-" で ノ J ざ い 

ますから、 百夜 通 ひ: : の、」 どい ひかけ て、 t 

を 親いた。 肚の 中で は、 「あら、 をば さん」 と來 

て、 ちっと は 笑 もす る だら うと 一廉 巫山戯た 

つも" だけれ ど、 牛ば は 心こト にあら * すで、 お 

きみ しだ くつ s 

君 は 思 して 居る G だから、 

r は あ。」 と い つ た 切、 向 い た ま 、であった。 

しまったな、 と E 心った が す か さ な い < 

IJ もっとも さつ 

f いえ 御 道理で ございます。 そ "やもう お 察し 

3 モ ル. 2 

申します とも。 :: 其 だのに, 何で ございませ 



^ しゅび » 

うつ ^isi^ に 首尾よくお 逄 ひたす つて、 ヒくく 

|,- 人ばん しし & 5 と C ぎ 

して、 をば さん 人, 晚 は. なんて、 ン 家の. 咬 

-ふ やう ちん K ゥこ り A ほ こ. vj 

阜 提灯の-あ かひで 莞爾 If^ リ がか リに聲 を かけ 

て 下す つ た の は大 五 六へ き や ありま せ ん で ご 

に.? £5 i や V 一 さき 、 

ざいました ね。 E; 個に ぺ》; i 前にな やて あなたと 

.f-,;--, ま へき ゥ と- J ろ ぢ に ひ 

ず樣 とが、 沖.;5| さん 3 處へ この 路地 をお 人り な 

ひ やた ぎ ながや け, んぺ 

さる::: は.; M と 柳で、 モ こんた8?長房も軒別^^« 

* ひな さ りさ で わたし % 

いて 花が 疾 いて、 月が 出た や-つ で、 ; 4 たんざ 

な が し 嬉しい や う て ず 返 つ た 心 持が しまし 

. -. 「ごん ? 5 、か *- 、 , 

たのに、 いや も-.., 此顷 は、 雨 やら" la- やら お 

一. 模樣も こんな に な つ ち や あ、 あなたが、 S 

たさ んど 5 Co ところ 

泣で もして いらっしゃ るの. を、. 行燈の 暗い 慮で 

い て. JW "ますと、 氣が 5^;^ めて く、 ほん ふ に 

い る, リ み リ.. か はい 5 つ - 

可 い 夢 を ち や ^*4られ ま せん、 お 1^ 哀 相で こ さ 

い ま す。」 

と さん は 灯 を かきたて、、 ほ つれ li<S で 居る 

お 君 を 見た。 

「すっか"ぉ^|5れたさ ぃましたょ" お a の 

わる 3 つ 3 

惡 いやう だ、 お ポし します よ。 ほんと に 

じ >5 ん 

さんたら あんま 《■ だ。 さきに .a 分の いひな すつ 

くち I J-i . --、 - J 

た ロぢゃ あないが、 やくで ございま すわ 十八 

tvj で き, C かな , .r.^ . . 

の 時に 出 來た兒 の やうな 方 を さ いけ 力し く 

もな くって、 よく ロ說. いた もの だ。 い 、え、 あ 

なた、 だから!; です よ、 さすがに 極が Id- いと 見 



ほ s E m) 



( 95 ) 



I- ゥ せ つ M -I よ 11- 1 s 

えてね、 此. S ぢ や あ、 何虔か 餘 所へ 行って 逢つ 

« ふっか みっか う 10 

てる.;? だと 見えて、 二日に も 三日 に も. S を あ け 

たッ 切。 ま る ッ き リ 歸宅ら な いだら ラぢゃ あ ご 

ざいません か。 一 

二十 五 

「ですからをばさん。」とぉ15{|は.§を1^げた。 う 

る ん だ 吸. で、 ぼやけた 灯 を 詰 め な が ら 、 

「何卒 後生です から 沖津 さんに さう いって k ん 

_£ ぁ くだ へ 

で、 も 1 度 逢 はして 下さ いな。 そ" や、 鼎さん 

にやお して^て、 お 重 さ ん の 亭ぁだ つて さう い 

お » f 

つて S き ま した けれど、 京 さ ん も あ り ま す し 、 

f .- た - し y ム 

そ; i からま だ あのお,! さんがお のために 借金 

はする し, 商資は 出来たい で 困る と いひます か 

• - $ ひと リ -. にーリ や わ 

ら、 仕方なし まだ 外に も 一 人 二人; 犯 話に なって 

BWM ますから、」 と おす は :!« 惡さラ に いって 默 

f ふ せ み $15 も ジミ 

つたが、 婆さんに li を 見られて、 情ない 笑 額 を 

した。 

t; ゴ わ-!. ~し , , , <; う 

『をば さん、 お 恥 かしい、 私ぁぢ ごく 樣 です 

なへ だ 

こと。」 と, また 15^ ぐんで, 

「です もの。 モん な. Vis で 何も Is はい ひませ 

ちつと たたま : し ら 

ん。 些少 も嫉 しい も 口 いもい へ る やうな 力が 

あるん ぢゃ ああ リ ません け ど、 だけれ ど、 :S 

Ji さんだつて です よ。 あんなに 嬉しがらせて 

, いて、 ほんと に 内へ がん どいて、 鼎さん に 逢 



くだ f »-*» わる 

はせ て 下す つて、 お 重さん にゃあ; W の 惑く た い 

こ rv- ひ * * へ くだ 

やうに、 小 を 持たせ/ \ して?: S して 下さった 

-. ヌ f^i かた ^-0 

とき :! ヒ _p み ました もの。 ;^0方なら祈っ てもゃ 

-~ 

n'ませ>.^。 くひ つ ぃても?1^!~"ますけれど- いろ 

せわ し -s- 4§ 

いら^ 話に なって、 死んでも 5s? れ まいと 思った 

しんせつ ,..../1 み ちっと -f- ら を 

深 ぼな 沖津 さん で す か ら 、 些少 も 怨んぢ や 居り 

ません。 可い から、 お前さんの ザで 十 度 逢 ふん 

なら、 たまに 一 度ぐ らゐ 私に も 逢 はして 下す つ 

たって、 可 さ X うな も 3- だと 思 ひます よ。 です 

S くだ 

か ら を ば さ ん 、 さ ラ い つ て 沖. 津 さ んに Is んで下 

わた U £ う; 

さ いまし" 私に や 何う した つ て ffSi つち や あくれ 

ません から、 をば さん、 後生です から、 お! § み 

ビ 5 ぞ たんと ご ム f 

.a- しま す か ら 、 何卒 ね え 、 山 御 M に 被 ま す か 

ら- ごとお 君 は 赤い もので H をお さへ る。 , 婆さん 

こし .14 v£,-rv 

は 接 を^って 一 i!i 出た。 

「八^って ま す、 〈ル つて ま す とも、 あ た た の お つ 

もっとも れヒ し 

しゃる は 皆 御 道 理 で ご ざ いますから、 私 も ,< 

ッと吞 込んで をリ ましてね、 いひました、 モリ 

やもう、 くどい ほど、 明 方で も、 .1^ 屮で も、 

さへ 見リ やっか まへ て、 さう いって やる ので ご 

ざ い ますが ね、 い ふ こ と が 憎らし い、 <K う い ふ 

ぢゃ あご ざいません か。 まあ、 腹 を 立てたい で 

キ I 

Era さ な さ いまし よ。 

L ほんと に 可愛くな つて 實の兒 の やうに 思 ふ 



から、 お t にあ はしち や あ S にな n ません、 

して 逢 はせ る こと は 出来ません •: 一とね。 せの 兒 

が ^ いぢ や あ ません か い。 

そんな こと はお 前さん、 かう いっち や あ、 あな 

£ へ .fr- し 

た の 前 だけどね、 私が さ ッ きいつ た ことで さ。 

ミへ と S ひ .10 

はじめお 前 さん を 取 持た うと 彼の 人が さ うい ふ 

た. •• ひ すな 4t.» じつ 

から、 お 互の ために 末が 思 はれる ッて、 贫 はい 

つたんで ございまさ。 沖津 さんが、 ^^0娼:^ど 

たん ケ-も ぶ どう し 一? や L • 

つ て 何 だ ッ て 思 ひん 口 つ た 同志たら、 おも S3 世 も 

あった もの かッ て、 ^大 ESs な :! を 利 さ ましたね。 

其 が、 ま たこんな に が ら リ と $S つたん だ か ら第 

一 私に 面 じても、 きまりが 惡 5 うな もの; に けれ 

ど、 其虑 がもう あ、 たつち や、 吼心 ISO 他なん で 

ござ いますね。 

^ «... うれ おも 

(可愛い から はじめは ts" しがら せよ-!' と 思つ 

て取挣 つち や あ 見た け れ ど、 も 一 r,!?!? 愛く な つ 

た..! J おち 

たら 爲 にな、 した いと 思 ふやう にたって、 ほんと 

:ン 一一ん S "き JSSSK- 

にもう. a 分の 内で 逢曳 を さ し た の な ん ざ 、 思 出 

しても 身 |ぉ がする。 甘やかす と、 叱る のと は 

v なじ .1?- U い 1: い S 

同 一 可愛 さで も > 愛さが 違 ひます よごと、 ちと 

2 こと » A« 

何ラ かしてる やう な 言 を いって, カラプ キシ^ 

つ A き 

W けませんで, もう 呆れつ ちまって、 あきらの 

もの だと 思つ て 3iSl る ので ござ いますが ね。 一 

お はぢ つと して 問いて £s た。 



^ ? z にん ど ち" 

I 第一、 ご 本人が また 何う 遊ばした とい ふので 

ございませう。 何も 沖 i5i さんの 處で なく ッ ちゃ 

あこれ が 逢 はない とい ふ、 械 つたこと も ござい 

ますまい に、 あなたお 手紙で もお 出しな すった 

ので は ございません かご 

-っち な そん て がみ •£ 

一お 内 も 何にも 在 じません もの。 お 手紙 もお 一一 a 

づけ も 何. r して 可い の だか 分リ ません、 をば さ 

ん、 何-.,. かして: 卜さ いまし。」 とお^ はや;! 瀨 がな 

さ 、うに、 力な さ 》 うに. いった" 

み、 ず ばれ 

一一 十 穴 

« あ う たづ -b かほ 

婆さん は 額きながら も 解せな い 顔で、 

「何ラ しょうに も 斯うしょう にも、 あなた 一 體、 

X おまつ ね 

前に も沖津 さんが そんな こと を い つて 居ました 

なか ところ 

ッけ。 あんな 屮で おいでな さリ ながら、 お 所 も 

はんち K- C ? .2 ど 

番地 も 分らない、 御存じな いとい ふの は、 何う 

なすつ たんで ございます。 ま、 あなたもう つか 

りぢゃ あご ざいません か。」 

1 . き *i く 

「い、 え、 そリゃ 聞きた いのは 山々 で ござんし 

くる y つた-つ き T 

たけれ どもね、 瑢夫か 馬丁 か、 ざらぁるぉ^55;さ 

ん な ら 知らず、 秘 してい らっしゃる ほど、 

しい や-つ な 御身 „ ハカ を、 無现 に 聞か-つと すると、 



かいひが かリ でもい つて、 何時ぞや 何 かの た 

め にで もす るの だら うと、 さ-つ 思 はれて はな、 り 

4p.,a • み ん ひ 

ない と 思 ひました か、 り、 こんな 身分で 怯け るん 

5- ひ でさ . る, れ 

です もの。 是非と いふ こと も出來 ませんで, 其 

に、 そんな::: 棄 てる やうな 方ぢゃ あないつ てこ 

と は、 モリ や 分りました わ。 ですから 何にも 知 

一 りません。 

そんな 遠慮まで してます も。、 ^が、 おため 

にな、 りない やうな こと をし ます もの か。 それ だ 

お 力 み +e / ま;:: と 

りに、 沖 i& さん も 餘り酷 いんです よご 

む $ し かた 

「 そ" やもう 力 ラ 無茶なん だ か 、り-仕方が あ "ま 

せん。 おためになる. t 何も 唯 逢 はせ るの がた め 

て, 

にならない の だ、 と: 大 窓から いっち まへば、 手 

のつ け やうが ありません。 妙な もので、 はじめ 

な-」 わたし はつ いま r もっと!^ 

何 か いった; 4 の 方が、 今ぢゃ あ、 あなたが 御 道理 

の やうで、 何、 つに かしてと、 ほんた-つに これで 

一 もね。 いろく 氣を: Sit み拔 いて るので ござい 

一 ますよ。」 

みづか ラ-ん つ き f 1i 

と ほ. ら のみこんで 1^ いて: JW る。 お 君 は悄れ 

切って 居た が、 あ、 りため-て、 

fis'k ぞん a 。た i 

「難 有ラ 存じます、 をば さんば かリど わ 、露 倘に 

さつ くだ ふ-つ かほ かたむ 

察して 下さる の。」 と、 あどけない 風で 額 を 

ぼ あ たばこ ほ、 ば ,! t- る 

けた。 婆さん、 。みさした 遜 草を頓 張って g ふ ^ 

おと 

: を 落して、 , 



さつ や.;.; ら 

「え、:: も. 祭し ますと も。 あなた、」 と 力 をい 

S ひざ たちと .r;VJ 

れ ていった。 お 君 は 膝に 抉 を 班ね て、 またし ば 

かんが . つ ヌ f ともしび 

らく 考 へたが、 兩手を あげて 襟へ かけて ! P 

tt!\," むね 

に そむけながら、 恥し さう に 胸 を あけた C 

「こんな 思 ひ をして るんで すよ-」 

みたま ち, .した 

ると、 玉 をのべ たやうな 乳の 下 あた リ、 あ 

てのひら しゅ いん 

ち こち- 掌 で 朱 を 印した や-つに なって, まるで 

X- るし K» ひとめ- み くち 

漆に かぶれた やう だ。 婆さん は 一 ns^ ると、 口 

はな し; 1 

を あ いて 鼻 を 酸め て、 

f おや、 おや、 ま、 おやく ま 、今時 こんな こ 

と。 え ッ、」 といって、 つき出して 居た 額 をぐ つ 

ひ JS い * 一 

とうしろ へ 引いて、 「うむ」 と 大呼 吸。 

せ なか 5\:; み;:: な 、 ,^BV* くち ) 

「ね、 背中 も 腕 もお:: です の。」 折 m けて 口 をつ 

けた、 二 9 腕の 折 なん ざ 棒 を 引いた やうに 蚯 

..r ゐば あめ みは だま 

^ばれが して たので, 婆さん は 服を睜 つて 默 

つ た。 

だれ ,.だ 1 かな へ 

「をば さん、 誰に もい つて ート さいます なよ。 鄉 

お. 2- . S 

さんや 沖津 さんに さう いへば、 其せ ゐ だってい 

ひます や.:.' で、 恩に 被せる と 思 はれて さげすま 

いや 

れ ちゃ 嬸で すし、 あんま リ だからと さう 思って、 

わた J し > * »- > お f 

; 4 だ つて 知って ます。 おけ て やらう かと も 53 ひ 

せ; Z し -. - 

ます けれど、 さう すり や 世間 ( れ ませう。 そ 

して 洲 崎へ でも 聞え ますと、 あ、、 き氣 地の な 

t み A け しろ 5 と ^ 

い、 • 働 ない、 身 股 をして 素人に なった は 可 



(35 s e m: 



< 9 7 



* さけ め ぷ » 

、< が、 そんな 情ない 目にあって 居る のかと、 朋 

? <- UK- - - - ほ-, II. 二い-" 

衆 輩の 思 はくが 取し うご さいます 力ら 酷算: 

こっち モ ぼひと L , , - -ン: 

で 此方で は费麥 1 つ ふるま ひもし ません 力った 

て で-へや みんな 

に、 手ン 手に 部屋から、 ね、 をば さん、 皆 あり 

t> : づハ ひ しろうと 

あまった ¥ぢ や あなし、 小 遣 をゃリ くって 素人 

>.1 るれ 

になる の を 1^ つて くれました、 其に つけたって, 

知、 しした かありません。 

平生い 强 いこと をい つて 居た、 ばらが きのお い 

わたし で * ま お; だ , 

、しんさ へ 、 私 が 出る 時、 店 口まで 送 出して、 

!ヌ- うと すが £ --る $ あい つ , , £..^ 

素人の で 腕 車に 莱 つて、 挨按 をし ました 時 は 

泣いて ちゃ あありません か、 羨ましい と 思った 

でせ う。 

^^つたら、 また 三^で 欄书 にっか まって、 

„ づ. リ , r f , ひと き M 么-! 3 に f . 

つて ひいて た 人が、 氣 張って 下さい 早くお 

前さんのゃぅに^^!!界を拔けたぃッて、 さう いつ 

て拜ん だぢゃ ああ リ ません 力。 

s'c^^ , さ / 一 V 、- 

なかに や 麦 向 はひッ そりで も、 鼎さん とぼ 

ふかば リ かう もリ つ, S 

ふの だら-つ ッて、 からかって 深 張の 蝙 蝠傘 を く 

* た - うれ . J 

れ ました、 私 も 嬉しい から, さう でもない やう 

な、 ある やうた、 見得 をして! K ました もの。」 お 

君 は を 吞んだ 

一一 十七 

さぞ みんな ろれ 3 おも ひ /S ^ 

「15、 まあ、 皆が、 嬉し い sn^ し い で 慕して 居 

る だ、 りうと、 さ-つ 田: J つ て羡 ましが つ て 居 ませう 



のに、 こんな 不運な、 情ない、 み じめ な 事 を、 一 

ひ^し い、 , 心外な、 何う して 知らされます もの 

です か。 

4€ V ま ぷ おつ. * 一; I ム 

とさう 思つ ちゃ あ K つて 居ます よ。 母樣は 

ゎづら ^ ち,ー1 と 41) - , , 、 I 

廣 つて ますから、 S 少 でも 聞かした くな し、 

/-c; し .<! .* つか 一 

誰も 知らないで 居る けれど、 をば さん、 三 B に 一 

あげず 折椎 される の。 ; 

はじめの 内 あ 可かった の- 宗 さん を 大事に し 

だんな と は:; 7、 f 

ろ、 且那を 取れ、 それ も 唯々 ッて、 お 重さん の 

さか. り ぷ k / 、 

いふ 通リ逆 はないで! ましたから、 をば さん、 . 

*-,.、,-,, い わたし す も ぜん , . 一 

厄 4- になって る 私に 掘 膳で お 給仕 をして くれた j 

でせ う。 

考 へ て 見リゃ かるはずみな こと をして しま ひ 

ました。 あ、、 いつまでも こんな 家業 をして 居- 

ち や あ、 始終 は鄉 さんに 飽かれ る だら う。 出 た- 

で おも «5 くち ^ .. 

い 出たい と 思った ので、 ツイお 重さん の 口に 采_ 

し - 

つて、 こんな ことになら うと は 知らない でさ。 一 

し a くきん し S うばい で 今一 一 

借金 をした の も、 商賣 が出來 なくなつ たの も, 

みん, わたし うれ しみ 

皆 私 のためにして くれた こと だ、 嬉し い、 深, 

せつ お- a がな へ る 

切なと 思って 居ました か、 レ、 鼎さん に 逢へ るの 

ばッ かり 樂 みに して、 お 重さん のい ふこと を肯 

いて、 困る と いふから 人の 世話に もな つて、 小 

づ.. .< ひ ,., 5 9 わ,, - ら,. 5 ばう. *>Q £ 一 

遣 も 人れ て ゃリ、 義理が 惡 いのに 3i 暴 者で 向う! 

み こ1! そう キ 1 _ 

見ず だ から いと いひます から、 宗 さ んの锼 嫁 一 



も 取つ て 遣" ました わ。 

そ 5 *c i ど さ 

宗 さんたら、 をば さん、 洲^ ぢゃぁ 一度 來た 

ひたお ' r ; C ほみ せ 

ばかり。 日向 臭い、 あんた もの、 大店へ あがら 

ひと -け, きて 

うとい ふ 人ぢゃ あありません、 敏こ ろのお 客な 

ぴ 今た な > らう.^ 

んで すわ、 下卑て、 汚く つて、 廊 1^ でばた くし 

ね \.ノ う キ >.ん じょ ち 

て 居たん です もの、 お 重さん が 近所? } 者 だから 

な たに かほ ど-、 S 

つて、 泣く やうに して 綴んだ か、 し、 額 立 だと 思 

*- か せんど 5 $< と 

つて、 ^のおい らんに、 船頭たん ぞおに 取る か 

おも ぐ わい ぶん わる おも ひ . ひご ばへ 

と 思 はれます、 外聞の 惡ぃ思 をして 一 晚 

\め ひ;, つと こ-ろ,;, ち 

それ もゎづ かな 間 勤めて や" ました。 心 持が 

わる き ね チ,=め ん ゆかた それ きリひ VJ 

惡 いから 着て 寢た 縮辆の 浴衣 は 其ッ切 人に くれ 

て やって しまった 位です よ。 

わたし しろうと S じぶん み.. 5 ら a 

私が 素人で 居た 時へ 刃から 峰の 樓で展 たんです 

ねん r ん Kb い 3- たれ し 

ッて、 五^と: 一: 年 思 はれた つて、 嬸た, 誰が 知 

こと み ぶる ひ て 

つた 事 だ、 モ、 身 震が す るんで すのに、 出て か 

^5 1 つち ゆ ど 

、りお 重さん Gi^ へ 行きます と、 をば さん, 何う 

せ b T-f %5 い ct 

でせ う。 世話にな ると いふ 約束で 宗 さんが if! 命 

か ね わ £v かこ B 

がけのお 金子 を 借りたん です つて、 ^を ai ひ 物 

にで もした 氣で、 間 さへ あ リゃ入 浸って、 IS の 

—19 く J., た も き 5 ふた , - 

酌 だ、 肩 を:^ めだ、 灸の蓋 までと リカへ さして、 

よ こ うた 

ちっと 醉 つて も 来よう も の なら, 1" へだの, 

彈 けだの ッて いふで せう。 

お 重さん が 、ノ ラ,^ して 居る から ケ ンック も 

食 はさないで、 私 あつら あてに。 = 土 堤の 芝、 



.VM ふ せつ _«>.> ひ , ひ, 

,人に 蹈 まれて n ッて、 モ 切ない 思 をして 彈ぃ 

ぎ るれ ひ と S*, 一 

閗 かせる と、 いつでも 其 を 彈く時 は, おきまり 

宗 さんの M る 時で、 うと-, <\ しながら、 無现 な 

5,:;,:,> ゼぅ か .S ね、 -ー ほ 

算段で お^さんに 贷 した 金?. T で、 も-つ./. \闲リ 

ォ で ぶン 乙 

切って お ち /\ す る こ と も 出 た :, で W る もん 

だから、 あせって、 くわ ッ くして、 何時も 火 

£-v& 、 、 、あ- tf 

の やうに なって るのに、 安洒で ほてって さ. 汗 

あし 

くさ い あの 足 を かう や つて::」 

と 遊女 は 兩 手 を 新み ちが へて、 脇の 下 (入れ 

$_ か-は い-つ , J 

た 時、 餌の 色が か はって ぶる くした 

す. り わたし あ を ひ.,: ullv-i r- 

一 坐つ てるおの 11 仰向で 裸 體で寢 ながら —— 

こ 、 へ 投 懸け るの、」 と? t がふる へ た。 

し .SJ たし い き つま 

一ぐ い/ \緊 め るんだ もの、 私 や 呼吸が 詰って 

むね ,J た く 5: 

胸が^^ぃゎ、 いつでも 來 ると^ をのん ぢゃ あさ 

うやる が 癖です よ。 I 

なに V そ と. ざ , .y; . S 

何が 縱 だって 其の 時く らゐ、 こんな 嫌な、 嫌 

な、 何ともい ひや う の た い 婊な氣 持 のす る こと 

J > か に .1*- つ う 

は あ" ません。 そしち ゃぁ^::分は、 女 &3もぁ つ 

て、 子 も あるのに、 大方 蚊极 もない C でせ-つ。 

R , うさつ ; V-- 

女, の もの もな くしたん です つて。 恐ろしく 

邪險 にして、 打った"、 蹴った リ、 牛お 人に な 

つて ほる の を はりな, くって 來 るんで すッ て、 だ 

、ろ おに i- ..ー >^ ん ゾ; る . 

か、 り 心の 鬼に 责め、 しれ るんで せう。 .::;: 分が? ちし 

む ほど 媒 える ほど、 しめつけた 足へ 力が 入って、 



r いくや つ て、 (我 あ. . . . 手前 を か うや つ て 居 

§ > かはい >/ 

る 時ば つか リだ 可愛がって くれ) ッて もがい 

やう かほ 

てる 樣な 額で いひく します わ。 モ いけす かた 

ひと J 

ぃ人ッ たらな い。」 

二十 八 

わたし IK;e う -V- !: ん と, 

「をば さん、 それさへ 私 は 辛 して 機播を 取つ 

を と 一つ 一 かみ ミーろ 

て 居りました。 一時す ぎれば また 沖 律さん 處へ 

行って|^ま、がぃ へようと、 其が 樂 みで 辛抱し 

に かほ み なに か, - つま かに 

て、 鼎さんの額を:^ーリゃもぅ何も彼も-;^ーれ代っ 

たやう に 亡 て 居たん です。 其 だのに、 こんな 

かな{ あ , - 

にたって、 鼎さん に 逢 はれな くな" ましてから 

わら レ < 一 ま I 

は、 をば さん、 ; si はほんと に 困 るんで すよ。」 と 

お 君 はソッ と^を 拭って 

「さっき もい ひました やうに、 お ffi さんが そん 

モぅ ほか ひと o- ふた 

なわけ なんです から、 宗 さんと まだ 他に 一 人 二 

人世 話 をして 貰って 居たん です が, 隨 分れえ 

つら ..,.: も ひ と にく さ げん と » f 

辛い 思 をして 取" 惡ぃ 機瑜を 取って, お ia^ さん 

わる か i み おも つと 

の 惡ぃ額 を 見まい と 思って、 ほんと に めて や 

. かな へ * 

"ました。 ね、 それが をば さん、 んに逢 は 

わ たし M ひと fj? ム 

れ なくな" ましてから は 私 あ も-つ 何の 人の、 殻 

を; 15- る こと も、 聲を 間く こと も、 あの、 もの を 

いふ こと もい やにな つてし まひました の。 

たま . ナ. S 

もう く^で (-、 ^リ ません か、 り、 奵なこ 

ifi „ みんい, .!,, こ _ 

と をして 振拔 いたでせ う。 皆 を 怒ら してし ま ひ 



うへ モ 5 V-5 

ました 上、 宗 さんたら, 一々 おまさん をつ かま 

へ ちゃ あ、 愚痴 を いった リ、 威した リ、 せッっ 

む てつ メ: 5 . -ほ 

めます ものです から、 無鐵 砲なん で 恐く は あ 

じ >5 ん くち ヌ y わろ 

リ ませう し、 自分の い つた 口で: K 理も惡 うご ざ 

そ r> しり みた. C.:! し と-一ろ も 3. 

んす の で 、 其 尻 を 皆 私の 慮へ 持って 來 ちゃ あ、 

-s-i 二 た 力 ( ど 

初手 は賴ん だのが、 ロ說 くやう になって、 それ 

な はら た いま すごみ 

から 位いた あとが を 立って、 も 今ぢ? あ 凄味 

にたりました。 

かんが sy ふんべつ で 

考へ てお くんな さ い、 眠つ ッ ちゃ 分別が 出な 

vicu ご J よ て あし わ もし か 5- 

いから ッて、 夜 一 夜 手足 を 縛って、 私 を あの 蚊银 

一つと 二ろ v\ ど ひど 

の 外へ 轉 がして? M きました。 何ん なに 酷う ござ 

-っち H 

ん し た ら う。 まだ そ んな內 は 可 かったんで すけ 

いま らんば う 

れど、 今ぢ や あ、 もう 氣 暴に なつち まひまして. 

わたし わ f,.- i こ ; ;ズ.-..,-にリ- . . - 

(^だち の 若い 時 は 小刀 針 だ はが ひじめ だつ 

て、 酷い 責苦 にあった も- 3 だ、 それで 居て いま 

こんな 食 ふや 食 はずに みじめで 居る の は、 皆お 

$ て » え ilia く らっ 、 

君、 手前の 故 だ、 で なきや 苦勞 をした おかげに, 

新造 位 は 勤-まる もの を、〕 ッて さう いっち や あ、 

いろんなれ、 酷い 口に 逢 はせ ますよ。 一 

きみ S fr さんぎ i,- --っ 

お 君 はかう いった 時、 眼 をね むって 残虐た 折 

かん つ わく わい まゆ.,、 そ くち 

檻 を迫懷 したんだら う。 眉を每 めて 口 を ゆがめ 

み る ひ ほ ^ か? -* 

て、 身 « ^をした。 もつれが みを頗 にかけ て、 

うご OU 

を 動かし て 胸の あた リを とみ か-つみ たが ら お ろ 

一」 *! 

おろ 萆 になって、 



C 93 ) 



-35 巷 G 辰〕 



99 ) 



-ひ くだ .f; たし い", - 

「をば さん、 DJ て 下さい、 私 や 畏縮 ッ ちま ひま 

と や- ?.! あ 

した. りうね。」 とラ つむ いて 言 も 途^える と、 婆 

さん は 胸 一 杯に たって 尻た 溜息 を 一 時に. K く 11^ 

くつ いた, 

7 メ r るい 

「やれもう、 ほんた- ゥ にこ リゃ 何とい つて 御挨 

5 つ 一-ちっとも. - 

接 をいた して 可い やら、 1 々御 造 理で、 何とも 

^ 2. $< S- ちた- 

申 上げ や う も ご ざ いません よ。 敏な 客 も 口 ^SI 

わか.,、 ま 一一 KM あ :- 

しの 若樣 があった ので 御 辛抱な すった わ 逢 は 

れ ないやう におなん なすって、 そんた 酷い こと 

V? と Si うば い しん,. - わ 1*1,、 

をされ る Q を、 の 朋輩に 心外 だって 11 してい 

、り つ しゃる、 みん な も う 御 道 理 で ご ざ いますが 

ね、 あたたえ、」 

婆さん はしば らく 考 へ て、 

「時節 をお 待ちた さると いふ ことに いたし まし 

たからって、 何 だって、 お 身體が 大事で ござい 

ゎづら io. かへ 

ませう。 もしもお 煩 ひで もた すつ ちゃ あ 取 返し 

-ー -,_ ひとつ .2-,-s- 

がっきません から、 此處 はねえ、 一番 種 かに、 

な- J ま £ しつれい 、 

まあ 何も、 か-つ 中 しちや あ 失 ® で ござ いますが、 

たに き /, 予め 1* さ & た ゐ 

これが 何も 生娘で、 操 を 立て & 居る もの を、 

V- ゾ. ゎノメ * き 

R 樣が たぐ さまう といって いふ こと を 肯 

i 力 ft つかん ど 

か た い で 、 責折投 をす るので はぁリ ま せ ん 、 何 

み く. >ゃ-っ\? こと み 

の 道 客 商資 をな すった 事であって 見 ますれば 

ユ I は、 づら こ づ. /, ひ. t ら, C く 52 

ね、 ちっと其の婆面の小|^5~ 位 ェ面してぉぁげ 

なすった つて 可う ござ いませ うぢ や ああり ませ 



わたし お も *v ムな -づ- に-ど 

んか。 私 は 思 ふんです が、 婦人 は あたた 搡を 

た flh ひご ほか 

立てようと 思 ふ 人が つ いて 》 こそ, そり や 他の 

ひと み s/i し • . • 

人に 身 を 任せる の は 死ぬ ほど いやで ござ いませ 

丄-な へ A so 

うけれ ど、 いま さう やって, 鼎さん と 遠 返いて 

入らつ しゃる がに や、 却って、 人の 機 § をお 取 

I 一-ろ. 2= わる , . 

ん た さ るのに、 心 持が 惡 くたい だら うぢ や こさ 

いません か。」 

f 一-み いうよ 

「それが いけませんの。」 とお I? は猶豫 しない 

た f おつ <S たか _h , 

で、 S ちに 應 じた。 in もさう いはれ るの を 期し 

& r>_ » 

て 居た かの 如くで ある" 

二十 九 

「え >- 、それ はお 一一 ST*.- ん もさう いひました、 鄠 

み w,w ti か ひと -^. 

さんに 操 だて を すれば こそ、 他の 人 を 1^ りつけ 

ふた 

ると いった やうな もの * た、 けれども いま あの方 

ii み なに ろ;^ 

に 遠ざかって ゐて 見れば、 そんなに 何も 心意 

さ た キ- 

氣を 立てる こと はたい ッて、 さう いっち や あ 聞 

ミ .?っ 

かせます が、 をば さん、 ぉ前さんもさ-っ田^^ひま 

すか。」 

とう るんだ 眼で 怨めし さう に 新 を n やた、 婆 さ 

; つま ,. さ- 

ん は 大 に氣 をう たれて、 

「そ "や、 はや、 いった やうな わけ の もので。 

わか - 一.. - ろよ is たっと,. 

だか 分リ やしない。 お 君 は 心 弱く 納得して 

それ ほムた う そな- をムな さ iW 

「ぢゃ あ 其が 眞 個なん で , せ え。 其 が 婦人 の 操 な 

じ K-0 r-f- ひと モ. か ちの 

んで せう。 .0 分の 思って る 人の ために 他の 者に 



•ir 體を 許さた いのが、 其が 操と いふ ふ でせ ラ、 

だけど も、 をば さん. 私 はいけ ません。 

を ばさん がお つし や る ま で も な い、 然 う さ せ 

S くち : 

ようと 思って、 口で いふば つか リで すか- お 重 

さんが あんな 酷い 折に をし ますんで す もの び 

しびした r つた リっ いた" しちや あ、 (男が あ 

み 一 1-を;_,- て 十, つと -; JS,- りよ 

つて 操 立 をす ると いふなら 些少 は 3 慮 もしよ 

うけれ ど、 さう でた くッ ていふ こと を;; W かたい 

G は、 ふて ると いふ もの だ、 . ^儘. だ、 そんた 土 

性 骨 は 打 挫 い て、) ッて さう いひます わ。 

わたし っリ, なん 

がま、 です か、 をば さん、 私 は 道理 も 何にも 

わか s^tt ,,v た-わ I てろ 

分リ ません、 大方 そんた Z 果た 心に うまれつ い 

たんで ございませう ね。」 

ぼ ぁ わか . * で 

婆さん は 分らな いながら あんま リ 可哀相な 

S 5 たゴ & 

ので また つて かされて ほる。 

一です から 縛られて、 も, 二 in しい 切ない 思 

さ と 4* じ ーャ, - „ 

をして、 氣が 遠くた つてし まふ 時 かに も、 あ、、 

お,, - ひ きかた てんた うく ま * 1. ぶ ほ 

こんな 思 を した、 りこ れ で 大方お-大道 樣も 1^ 〕!s- 相 

におたん たす つて、 そして 逢 はせ て 下さろ だら 

- つと、 さ- ゥぱ かり 思 ひました。 

そ れ で も 此方へ 来ち や m は れ な い で 、 すご す 

ご歸リ ますと、 また 今度、 また それからと、 幾 

I こ *^くど ; V ん/、 ひど . -ー く おち ひ 

度も^ 度 も 段々 酷くな ります ほど、 此 位な S 

なに ご ふ めつ , 、 ん y - 

をしたら、 これで 何 かの 業が 滅 して 今^^」そ 



はと、 さう 思って、 樂み にして 參。 ますと 矢 張 

逢 はれな か つたんで すよ。 

さう して かラ やって 參リ ます のが、 自由に 參 

られ ます 身體 です か。 よく 思 ひで 隙 を 見 

ちゃ あ、 來 るんで す もの。 道々 佛樣を 今 心 じます 

といし 515 S わ. , 

よ。 碟 につま づ くな、 坊さんに 逢って は惡ぃ 

からす <£ き <^ »? 

烏の 紫 を 聞きた くな;.'、 とびく くして 步 行き 

ますの、 ひょっと 賭けた ことが IT つれまして、 

つま. つ r らん にや 

もう 近くな つて 15 いて も 御 *^ なさい な、 早い 

ゃナ そ 

ほどお^ さんに いひ わけが し 安いから, 其 ま、 

.A へ おも あ ひど ? しう 

歸ら うかと も 思 ひます が、 あ > -、 この間 は坊さ 

ん にも 逢 はないで、 €1,5? の S. も 聞かなかった。 そ 

れで 居て、 逢へ なかった もの、 さう す a やうら 

: あ し お f 

はらで 逢へ るの かも 知れない からと、 さう 田-. i つ 

い さ ま ち が ひ 

て 行った リ來 たり、 なりたけ 間違の ないやう に 

ろ ち S は ひ まれ 

と、 路地 口へ もうつ かり は 入りません。 其 ほど 

やつば P 

にしても 矢 張む だで ございました • 

*| くるし た 

これ ぢ や 未だ 苦み やうが 足りな いの だら う、 

い ,"e もい si- つ. ひん 

S いから、 もっとし な、 もっとし な、 思 人 折^ 

してお くれ。 ま、 此 位なら ばと 今日のお ひる、 

お. J え や * 

あんまり だと 思 ひながら 今夜 こ そ は 逢 へよう か 

と、 1 心に なって 来ました けれど、 をば さん 何 

うしても 不可ません。 

かなへ み fcK ゎづら $. 

滞さん の 身 に 祟 つ ち や あお 煩 ひで も 遊ばす と 



C ど わ たし な f . ぜ 

惡 いと は 思 ひました が、 何う せ 私の-生身 を责め 

られ て: る S だから、 其に 面 じて ^ 忍して、 い 

S お たて やが 

ふこと をき いて 逢 はして おくれ ッて、 片手で 拜 

どぢゃ 5 はリ ,,書, タ 

んぢゃ あ、 鎗 を 針で つ & いて 見ました け 

;. V. しふ 

れど, もう /- こんな 落 目に なつ もまつ ち 

や あ、 何 だって 利きません の。 此位、 此 位と 

t s^rfi かた- 1 あ 

思 ひく、 思 死に、 大方 死な V :, おや あ 逢 はれ 

ません かも, 知れません。 も 仕方がない、」 

と 膝 を 正して、 お 君 は 何 か 思ったら しく、 居 坐 

を 直して いった"" 

1 「何卒、 ねえ、 い、 ゃラ にいって、 沖津 さんに 

み くだ 

頼んで 見て 下さい まし。 です けれども、 また こ 

れ だからといって、 無理な こと をた さって、 鼎 

わろ 

さんのお 53 になら たいやうな ことがあって は 惡 

うご ざいます から、 それに またい ひが かり をし 

そ Q *,J こ 

て 其せ ゐで こんな だって いふ やうに 聞え ますと 

わる な 

惡ぅ ございま すから、 何にも こんな こと はい は 

<K ど ころ 

ないで 下さい ましよ。 何う せ 殺され るんで ござ 

こ 、ろ ;ゾ ズ ? 

いませう、 心 がらです わね え、 をば さん、 自分 

お し- v) つら/、 

の 好です る こと を、 恩が ましい、 これ も 道樂で 

之, $ 

ござんす の、 ほ、 >-.1。J と、 得 もい はれない 顔 

色で 淋し さう に徵 、ん だが、 身 を 探って、 後 

へ ひ いた 接 を 浮かして、 

「それ ぢゃ あね。」 



はが ひじめ 

三十 

「お &、 お 君ち やない かご 

. つ- .V しか -£ LB* レ 

と鞣 し 怒った ぬ も そ 、つかしい 聲で、 汐見^ 

の橢 干に ネん で、 A- つか" 氣找. かした やうて 居 

る 月の 中に うら 若い Jig 人 を 呼びかけた。 iw。 つ 

いた 浴衣の 裾 を摑ん で、 宅ず ね を 出した、 肩 を 張 

つて、 握 拳 で、 ずっと 寄った の は、 髮が のびた、 

暧 こけた、 衰 へた 形の 宗平 である。 

$ と. ぜん むな い? _.ス ちで つ か < ^ 

お 君 は 富 岡 門 ll から 空しく 人 < ^町 に歸る^?3 

ひとめ V ラ は 一 うへ かた ゆき 

で、 人 cw のない、 淋しい 橋 上ぢゃ あ、 大方 行 

つ さ a > よ 11- .;ミ , 

惱んで 月に 歎って 居た ので あらう。 餘 所行の 一 

つ 9 5ら だんな めみえ もとで 

帳羅、 那 のお 目 見得 をさせる 資本 だから、 こ 

れは こかさず にお 重が 残して 肾 いて くれた、 あ 

の黑 と. H と 矢, ま, y の 小柄な のに、 襦样 なしで、 

し 力す はんた ^^s^, -. ベび こ づ, -リ き&し !■ 

繙 子と 博 多と 打合せの 帶を しめた、 小 造で 華奢 

をんな ジみ つ さ けむ 0- 

の 女 0、 もつれ 髮で、 月 を あびた から 煙の やう 

あや じ :ゥ ひ f.,n- し ひる かた き 

な 蒼 C い 光が 染みて、 畫 はま だ 維子 を 着る の も 

ュ 》- さき とうん う ひと ふた し だ .1 き 

あらう、 洲 峰の 燈 籠も 一 ッニッ 次 il^ に 消えて、 

ま じ こう . VS 

いつ C 間に かひ ッ そりし た 時候で あるか ら, 夜 

--と つ ォ-ょ 二. M > 一之 か はかぜ V- 

は, 殊に、 月」 仅は 殊に 殊に 川風の 冷 かな G- で、 

かひな む.; 4 5^*0 

腕に も 胸に も ひッた "おしつける や-つに 羅 を 



CIOOJ) 



'之: 一 一ん 
く 手: 宗, 餘 ひ:' 
レ前さ 二 \)^ ' 



吹 いて. si さ-つで 哀 である。 肉のう す い 肩の あた 

"へ、 こわ も瘦 せた 手 をい きた" 打 かけて、 宗 

へ い たら in! t 

平 は ぴったり 並んだ、 大 いきをつきながら 片 

手で 胸 をな でて、 

一 何ん たに 探した か 知れ やした い。 此間ッ から 

いってる 通りよ。 いろ/ \ もがいた かもう 力 、し 

ッ きし! g げ えしが つかねえ で、 瀬戸際 だ。 

そ 5 へ.; う tv- .A た. P 

な、」 といって 宗平は 額 かせよう として 顿 い 

て 見た。 お Sf は 肩 を 抱かれた ま、 丈よ "は 低い 

稱 干へ 兩手を かけて、 身 體を斜 によ" か、 つ 

て、 應 じたいで 俯向いて 居る。 宗 1^ はく、 める 

や-つに、 

たん ふ 一 V- «- ?, <- つん、 *./.-,-■- よ 

一で、 何 だ、 不義理 だらけで、 方々、 近所せ え 

畫屮ぁ 面 出し も出來 ねえ やた。 お 重の 婆々 にも 

ぶん ひな 

いひ!^ は ある けれど、 どん づ まりや あお 前の 胸 

ひと ,-, J ど » 4- 

1 ッだ、 お 君 何う だ よ、 かう 聞かして くんね 

え • 一 

>- 抱 いた 手で 肩 を搖す つ て引緊 めた から、 し 

られ たやう -! お &は 身 を 細く して、 なやまし 

い 額 を あげて、 

「何 を さ、 1^ さん。」 と いま!^ を さました やうに 

いった。 

ちつと さつ め ミ JC wtl 

「かぅ些少は^^?してくんれぇ、 お前、 己ら お前 

のために 何ん た 思 をして る と 思 ふんだ、 



よ、 ほんと にも- フ 生命.、 PH も 入らね ぇ氣 にた つ 

て るぜ ノー 

I は あ、 何-つ ジ 、ねえ。 丁 一 1 ぃ聲 でさう いったが、 

t-i な V - *, きこ , そ, へ, い 

^ め て ^Jf > & である やうに 聞え た。 宗平は 

むッ として、 色 を か へ た。 

「f い 。- 

ユカ C ん .1. , にぶう さみ 二 は, 

其^^幕が尋常で たかった ので、 お^は 恐氣だ 

つて、 

「何う せ 私 もた ょリ のない 身體 たんです もの • 

宗 さん、」 と 船 たさう に 笑 一? ゲ 一して 見せ る。 

ち V- し S5 <? 一 そうへ; i つ-つく -か 

「畜生、 迷 はせ や あがら、」 と 宗平も 苦の 中で 

莞爾 して、 

f だからよ、 しっかり 胸 を きかして くんね え 

よ。」 

「何ん たさ ご 

「何ん た つたつ 一 -、 己ら お前、 アン 婆々、 ほ ん と 

に 其 ま、 で 置, 、奴ぢ や あねえん だが、 おら あ、 

め え ぷ; II- 力 fc ど 

お前が 手 だ。 お前 さ い 阿 ラ かしてく 4; り や 

-4- それ ^.v c つち 

其、 其で 思 ひ 置く こと あねえ。 ほんと に 二進 も 

さっち い I つ, ぢ 5 り stJK\- 

一一 一通 も 行かね えんだ" 路 裏 だ つ て isa を さし 

ち や あ、 あ る かれれ え 身の上に たつち やつたい、 

さみ 

だからよ、 お lli^c」 

またお つてし まった。 

こ プ< f *£lvl 

「な あ、 おい、」 と 小お; や うにされ て お^は 淚 r 



宗 ijl- は 怨めし さ-つ に、 

v'ゃぁねぇ^l、」と,!?がかはってが:たa 



は氣の あせる 胸 をせ ッ .,,,>-- さして、 

たに >-> さに たに た 1.: 

は、 何が 情ね ええ V - . 何が 情 な くッて 

, たに -.! A t! 一 ら 

にたい 何も 已 をば 馬鹿にし 切って る、 勝 

sill たまね をして るんだ から、 お いら 見た やうた 

な I- で ねえ 

も に 泣かされる やう な、 そんな 腕の ねえ 姊さ 

んぢゃ あある めえ。 いはね えたって、 やい、 已 

み ラへ 5 つ な たみ v 

の 身の上 を {is して 泣いて くれる 15^ ぢゃ あねえ、 

フテ 泣きて えんだ、 人に もの をい はせ めえ、 手 

をつ けさす めえ として 位く んぢゃ あねえ か、 狸 

め、 足 を 出し やが つたた: J 

4,- つ" --フ ,-2- ろ * み 

血相が 恐し いのでお 君 はおろ くして、 

一 何です よ、 おまいさん、 何う したんで すよ、 

だ わ? JC ちつ 

わけ を いって 下さい ましな。」 と 故と 落着いて ま 

じめ に 聞: らし,、 も 装った。 

一- -- 力 i むね さ 

「だからよ、 手、 手前 9 胸 を 聞かして くわ ッて 

んぢ やれえ かよ。 J 

「何ん な ことな :}。」 とすな ほに おとなし くいつ 

た。 

「何ん な こと ッ つたって 大概 知れた こッ ちゃ あ 

ねえ か。 ほんた うだ、 おら あ、 なう 切羽 詰った 

んで、 もう 家へ るめ えと さう 思 つて £ たんだ 



(101) 



V. 、あ?.? ば-つ か なん 

ぜ。 鳴々 毫 けて; IT たらけ の屮 にも 力いて ゐる 

が さ V* ま ち をぶ く ふく 

か、 餓^ あ 傑 で、 靑 膨れに 歐れゃ あがって、 

はら あや も ゐ . 

腹 あ 仰.. M けにして. にレ ク/ \ して 居 や あがる か 

^えて-つめ いてる のが 目 も あてられね え。 あん 

まリ見 じめ だか、 し 功德に 叩 殺して 打つ ちゃつ 

て 出よ-つと 思った けれど、 それより や、 手前の 

むね は-つ こ、 ろ , > あ: 

胸 を 聞く 方へ 心が せく か、 もし ひょっと か 逢 は 

れ なきや あ、 百; 半 H でな くッ ちゃ あと、 足 も 空 

であるい たが、 ま、 おら あ、 ほんた うに 此^で 

出ッく はしたん で、 がっか リ して 氣论け がした 

位なん. た。 だからよ、 かう 大槪 分つ てら」 

キーみ -S ? きも さむ » 

お 君 は 殺された と 思って 膽を 塞う した- 

「 だ つ て 分リ やしない もの を。」 

は そ 5 へい モろ ! だま C ら 

いひ も 果てない に 宗平は 恐し い 限で 默 つて 睨 

, S きえい > ,"る 

みつける。 卜お 君 は 消入リ さう になって、 震へ 

ながら、 

£ か ほ な/ * . 

「あなた、 へなさい な。」 と 額 を 斜めに て、 

あどけな いものい ひ をして また t(l 爾 した。 ^し 

かほい-つ ^っさを 

額 色 は 3M 蒼で ある。 

一 何う かしてく れッ てんだい。」 宗: 牛 はじれ 込 

んで いった。 

「お金 子で も 称へ ろッ ていふ の。」 

こんど そうへ;; め みは だま ね > 

今度 は宗 平が 限 を^つ て默っ て 居る 

\J そう 

『え、、 そリゃ 何う にかし ませう わ。 is- ふさん、 



お前さん 何う にも ザ いやう にしで 下さ い。」 

な み のが い 

お 君 はこ 乂 を さ へ 逃 るれば 可 いので あ る" け 

. そうへい み A 1*3 

れ ども 宗平は みんな 見拔 いて 居る の で 、 

「また 誰も 泥水 を Q ませよう た あ 一 百 は な い や 。 

お 君さん、 そんな 一 寸 のがれ をい ふ.;^ んぢ やね 

し, 、おひ ま 

え、 知って らい、 モリ や、 いくら 已の やうな 間 

拔け でも 氣安 をい はれて ほんた うにし や あしね 

* つた や らっ 

えが、 仝く よ、 己の やうな こんな &?, ぽは, モリ 

や 手前の 對手ぢ や あねえ。 對手ぢ や あねえ けれ 

l.cvp ひ お 〈たじ かなへ わ ニノ ひと 

ど、 思 は 同一 だ 。モリ や ッて、 少ぃ 人の あ 

ら し し め-二 

る こと は已ぁ 知って る。 よく 知って るレ お前の 

はら わか い ノ » が, まん , 、 

腹 も 分って る けれど、 意地 だ、 我慢 だ、 た あ, 

キみ おら せ けん .51 ま なに S 

お 君" 已ぁ を 狭く したな あ、 何もお 前 のせ 

ゐぢゃ あねえん だ。 間拔 けで、 馬鹿で よ、 だか 

^5 15,1 あ ぼい 

らお 1* の 婆々 にまん まと 一-杯く はされ たんだ、 

お前の 知った こッ ちゃ あねえ 咎は あいつに あ 

るんだ けれど、 あんな もの は 飼 手ぢゃ あねえ。 

また、 まったく だ、 お前 ほどの 女 を 何も 三十 兩 

ビ くる .5 ね sS う 

でた とひさ、 何ん な 苦し い 金子に もしろ 三十 雨 

一 i か お .J- か ? 

で ぉ前を^!;^ つ た とは思はねぇ。 §:3: つたと は 思 は 

ねえが、 已ぁ 始め ッ から、 思 ひ 込んで "たんだ 

こ 、ろ うぬ *y ゐ 

から、 心: ちゃ あ 我が も のにした 氣で 居たん だ。 

かう、 不足 ぢゃ ああ. りう けれど、 蟲 でも 可い や、 

いのち おも ?, -i から だ か 

生命が けで 思 つたんだ から 男 の 身體で 買 はれ 



たと 思って、 不足な は 知れて る けれど、 我. fl し 

や ん ひね せっく 

て、 我慢して 胸 をき めて くんね え ごと 切々 とし 

f: リ . - -.. ひ さつ こ i ろ 5 へ; 1 

て &を斷 つ 悲.. m な »■ で 宗 平 はいつ た。 

三十 二 

身 も 心, P> つ はの 力んで、 唯の がれたい、 ;^^して 

4! ひや あ *1 ひ?, V い き あ 

欲しと、 冷汗に なって、 引 吸で、 のび 上る や 

リん くわつ /- す-,. キょ なん ぞら 

うにして、 一輪 光々 として 谅 しい、 淸ぃ 中空の 

つき あ. あし 0- - ゐ キ- みみ- * 

月 を 仰いで、 足 を §b かして 居る お ffS の fHt にも 

つ..:' 3 二 むね 

一 々貫く やうに 閒 えて ひし 》(- と 胸に あたる 一は 

S し 二 As- とつつ あ i 一 

ど、 お 君 は 死神に 取 澄 かれた やうで 汗び つし よ 

ill レー- i r( み も だ 

リ 、 背 も 胸も较 る やうに な つ て i^? み な が ら身 §3 

え をす る。 

わか > 

「もう、 こ、 これ だけい つたら 分ったら う、 そ, 

そ、 そんなに いやがら なく ッ たって 可い、 何う 

ぎら し iv^li 

せ敏 はれて るの は 知って る けん ど、 面皮 を かい 

うへ とし み や」 ノ な つきだ 

た 上に いけ 年紀 をして、 あれ 兌ろ、 女に や 突出 

された と、 若い 奴等に いはれ ちゃ あ、 無理 か は 

知らね えが 立た ねえ や、 立た ねえ や。 な、 娥だ 

らう、 i だら うけれ ど&簡 して くんね え。 もう、 

h, か はな 4?.- つ こ, <ろ き 

がったら う、 さあ、 放す から 落着いて 心 を械め 

て くんね えよ、 可 いけえ、 そら、」 

そうへ いだき こ し て はな 

といつ てま 平 は 抱 込んで 緊 めて 居た 手 を 放し 

I ?? しっしん たい 一な, - -, 

た。 お 君 は 失神の 體で よろ/ \ 後へ よろ けて ほ 

い .き もうへ; 1 み ひら ._ゾ=! 

つと いふ 呼吸 をつ いた。 宗 if も^ を 開いて 胸 を 



(102:) 



な あた リ み 、 ,-, -C め - つき は , *^;5ぃ*;; , 

撫で 、 E 邊を 見, に。 其 眼で 月 を 仰いで 歎 肩し 

たち;,: ュ S み 

て、 それから 立^って、 ぢっ とお を 見つめ, 

また ト きもし ないで 石の やうに 立って 居た が、 

ち ふ まへ <\* み 

ぇッと い ふと 倒れる やうに 前への めって、 お 君 

t, ズぎは と i-A り ころ r 

の帶際 をむ ずと 1^ つた。 怒に つきあぐ る It もし 

どろに、 

ちくし 5.1 つ ごふち C1, > やう 5 ぬ に き,., ゐ >: 

「畜生、 業 畜生、 汝 まだ 透げ る 氣で居 や あが 

ど » つ 

るな、 土 女郎め!」 

、き A らて ね t 

と 引 ま はして 身 體を捻 向かして、 また 緊 める 

やうに、 頸 を 抱へ た。 

なん お f > 

「こんなに いっても、 まだ 何とも 田- :3 つち や あく 

れな いか、 え、! 女と いふ もの は、 な あ、 迷 

«? V こなき 

つた ほどの もん ぢゃ あねえ。」 と、 宗 l^f は 男 泣に 

な み 

^^ぃてくひしばって、 こらへ ながら、 ぢ つと 見 

る 

くだ « .4 ム に" , <« » 

「艰 して 下さ い * 忍して 下さ い。」 

つみ fc しん .SJ つき み . 

と 罪のない やうな、 無心な 瓿色 見る うちに 

ほ、 ! b*. んぅ きょく さっしん わ 5 こつ 

頻 もやせた やうで、 溢 IS の 極 は 喪心した、 恍惚 

として 微笑んで 3iE る やうで ある。 其で 身 f はと 

で on だ む .V しま ごと 

いふと ぬけ 出よう、 乘 出さう で、 無意識の 如く 

ラご おび ナ る お ひね 

動いて、 帶も そらどけた、 裾 も 落ちた、 胸 も あ 

ふる ころ 

ら は-になって ® へながら、 殺される の だとば か 

おも ひ. V ば すわ ひとみ > 

リ思 ふので、 人欲し やで あらう 捉 つた 瞳での 

み 、 みかへ 

リか へる やうに 身 もだえして は あちこち 見返 



た 二 た r ど 5そ ヘレ 

つて、 いま ぢゃぁ 何も レ ないで 抱いて、 

が ぢ つと: 3^ 詰め て 居る ばか リ で あ る に、 お ど 

おどしながら いふ こ ともき かた いで、 

「御免なさい まし、 御免な さ いまし、 あれ、 I 

にん くだ い き しへ! -c 

忍して下さ ぃょo」とばかリ^w-吸の下で いって 居 

ほ もんだ S5 へ. i か IS いさ ゥ 

る。 惚れ てる女 だ。 宗!^は!^-哀相になったんだ 

らう、 が ッくリ して、 1^ も 和らいで、 

「ま、 ま、 そんなに 切なが る こと あねえ、 お前 も 



からど, 



母樣 Q ある 體だ。 ぢ ゃぁ& うして くんね え。 

いま に る i i 

ともかくも 今ッ から 近げ て くんね え。 共なら 可 

いだら う。 ちゃう ど誰ン だか、 うるく 舟が 燈 

おしだ たおれ ^^l^,-リ 

いで あら あ。 あいつ を 押出し や 琉は 下 だ、 ぐ 

is! か は づき だ .a はま 

いと 大 川へ 突出す か い、 沖へ でも、 濱へ でも、 

て 5 し たこ 0, し 

雜 子な リ、 , 湖來 なリ、 あと は となれ、 ま、 死 

い i なか はなし ま 

なう と、 活 きょうと 舟ン 中で 話 を;^. めよう.。 な 

こく U は-つ 

る ほど 一刻に 死なう としたな、 ちっと おれの 方 

す さみ 

も あわて 過ぎたん だ。 よ、 お $5, さう して くん 

ねえ。 も、 それだけの ことなら 肯 いたって: い 

ちっと あわて す さつ ごり そ 

だら う。 うむ、 さう だ。 些少 周章 過ぎて 薩張其 

Z & £ _« て, S る 

處 にやお 氣 がっか なんだ」 と 抱いて 居た 手 も 弛 

そ 5 へ > "みづ か ?5 わつ ろ み だ 

んで、 宗 14- 自ら も 一方 Q 活路 を UJ 出した やう 

さ ラれ わら 

に 然も 嬉し さう に 笑った。 

よっぽど ど ゐ 

「は、、、 已も餘 程 何う かして 居たん だい。」 と 

さん .1- 乙 そ <; き せみ - み いま す, こし つす 

全 然其氣 で お 君 を 見る とみ? までと は 些 少 も .5^: 子 



がか はらないで、 た あせって: w るば かリ" は 

ッ とまた 色 を か へ た " 沈んだ-?! 子 で 、 

, , t や 5- 

「お -、 分らね えの か。」 

三十-一 

* "み ま 一 V! ち いろ ラーな b 

お 君 は 仝く 血 <D 色 を 失 つて K て、 

「取!;! して 下さ いまし、 s.^ し て く だ さ い ま 



マ りれ え か。」 と $ ^い!^ で 



し。」 

「だからよ、 え. 

かつ ^ 

1 した。 

たれ さ たれ ま, 

「i ぞ來 て! 誰ぞ來 て!」 

i う 手 も つ け ら れ な い 。 で き "くと 商を敏 

んで 引:^ つて どんと 突 いた。 

.A つて 

「膝 手に しゃがれ。」 

「あれ!」 

ど て し-は 

土 乎の 芝 

三十 四 

キ; み つきと ひと さ- • <*s 

お!? は 突飛ば され て 一 支 へ もな く、 朽 木の や 

はレ うへ つま 

うに だう となった。 しばらく 橋の 上の 月 あか リ 



や がた ,f 一た 、パび ひ JJ r 

に 矢 が すリの 細い 姿 を 横へ たが、 帶を 引いて 据 



みだ け だし ざ ふ た. A み 4? »^ 

を亂 して、 蹴出 を 膝に 蹈んで 4f ば 身 を 起して 仰 

«5 へい み ち sftc ヌ よう 

いで (v^- 牛 を キッと A ると、 血眼に なった 手に 川 

J おば, :- で r と つま 

お 13- があった か、 大 巾な 出刃 を 逆手に 取って、: を 



Cl03j 



前 £ 覺 s れ や 

の ん リ 仙:? 
仕' 一て や ,*■ 

向む お-こ' 、 ;; を 

け ら 我 3: 男 i 



い: やけ に たって 無 茶 苦 茶 だ、 も-つ 何も 彼 も あ 

つた もん ぢゃ あねえ、 斷 つて 殺し や あしね え か 

に .£ しぶと -..I 

、し- 逃げろ、 さ、 船に <f かれ、 え、、 いけ 溢い 何 

二 と も 

う ともしろ い。 丁 1 小:; g を 取つ て 引く と、 ぎら 

れ るまで も, 於さぬ 氣、 攬千 にくひつ いて、 

I^、i、 5§^ですょ、 鼎さん ノーと 悲鳴 を あげた。 

ど ラン 5 しろ つ、 C 二 ちと : る わきばら 

同時に 背後から 突 込んだ。 手許が 狂って saK 

かす らん. S ん き 

を 掠って 切 尖が 欄干 を 切った。 トぁッ といって 

のけぞった、 片足が 地 を 離れ て 仰向 け にたる^ 

した て 一 マ, た きりこ > ふ , 

の 下 を, これ は手應 固 く 切 込んだ。 お 君 は 倒れ 

ようとし たが、 身 を 鍊 してば た.,/, \- と 出し 

;;, つし おも 1-5 へい にん M; つ 

て、、^ 死の 思 ひで ずブと i れる。 と 宗 平 は 牛 狂 

らん ..... ゥか 1- ざま も で 5 しろ な! t うち 

亂で 追懸狀 に、 持って た 出刃 を 背後から 投打す 

いたご ,ご „.,: あし V と は うちで つ 

る。 螳 の ゃぅに飛んで^„^ちた —— 足 _i ^の^ 丁 

をサ ソクに 拾つ て、 眼が ん だから 打ッ つかつ 

P ,. ひ ち か-:: ど つ U どきと 5 しろ 

た 手 負の 血 だらけた 身體を 胸へ 袍 留めて、 背後 

て あ づ «げ た おと 

へう つくしい 手 を ま はした が, 吾妻 下駄 の 音 を 

打た して 入 違 ひに なリ、 追って かた 宗 14.. と、 抱 

t S * つた か 12 しづめ と- J ろ 

いて SS めた お との 眞中 へ 、 橋 詰の 返で、 ず い 

た >. ろ しろ はたす ゲン S くち 

と 立った は、 色の 白い、 鼻筋の 通った、 口の し 

め りん 化. £- をん な » 

まった、 眼の 藻と して、 脊の 高い 女で これ は 

二 £ ちゃ: や つ 

小間物屋の 沖津で ある。 

「まあ、 お待ち、 宗 さん、 待ちた つたら、 私 だ 

トるど み ^i- 二 あ も *V,M 

よ。 7- 銳 くいって 身 構 をした。 藍の やうな 額 を 



そ 5 へ ち V し *J こ / » 

して 宗平は 血走った 眼 を き よろく さした か 

釘 づけに たった や うで ある。 

「お、、 切つ たんだね、 あれ 血が、」 といって、 

す こ VC- S » . . くち 

少し 色 を かへ たが、 うつむい てお 君の 耳へ 口 を 

つけて、 

「しっか リ おし、 しっか リぉ し、 しっか U して 

るんだ よ 可い か い。 宗 さん、 酷い こと をした ね 

え、 まあ、」 

と 抱 へ緊 めて たがら 籙を あげて、 また 宗 平と 

むき9 

向 合った。 

「もう おらめ、 無茶に たった、 姉さん、 かうた 

つち や あお 前で も 何でも 15 手 だい、 忍して く 

ん ねえ。」 

とばたく して 飛蒐 るの を、 む カラへ 突い 

て; _.ひ .6.1 ひとあし 十!,! ふ 

て、 手 負 を 抱 へ ながら 一 足す さった。 iSJ? い 眼で 

み 

キ ッ と 見て、 

» つ さら > 一ろ 

「よしね え、 見と もない、 嬢 はれて 殺す たんて、 

そんた 問^け たのが 江戸に あるか い。」 

一一 一十 五 

J- .£し 、 

「お 君さん、 しっか リ おし。 私 だよ、 おいらん、 

s< おつか £,3 > fe» 

おいらん、 きさん Q 母 樣が來 たんだよ 一と 沖 

こ ごォ かた" L*-i- ひ. V. な ごと つか か、 

津は此 時 傍 に 入 無き が 如く、 ァ ヮャ攆 み懸ら 

わ ゴ .... か J る 5 へ;; ft , 

,つ として 緣 かに fel へ て 居る 宗平に は 眼 も くれな 

いで、 力 を 籠め てい つ て 聞かしたがら、 また X 



P まない ばか リ咫 尸、,〕 間 に 突立って 居る。 

<£- と f 义 い.. ,^vvt, ig つ. 

「ぁッ と 魂 切って 飛 上リ、 臂で 襟を捉 まれた 

ま > -、 恐し いので n も あて、 りれ ず、 お 5li は J へ乂ち 

ざまに. つつむ けにた つて、 欄干に § を すりつけ 

なが 、り、 切なる 聲で、 

「堪忍して 下さ い。 後生です。 《で,」 ん、 堪忍し 

て 下さ いよ。」 

そ 5 へ い lb*" くち t ^ 

宗平は ^して 口 も 利け たいで わた、 いて 居 

る 

"と-っ ゼ や; 1 2 > 

「何卒、 拝みます か-し、 何-つ ともし ませ う 力ら、 

聲 たんぞ 立て やしません から,' 私 も、 私 も、 

いふに いはれ た いほ ど 辛い のぢゃ ああ リ ません 

か。 お前さんお 困リ たら、 何ん なにもして、 お 

が 子を将 へます。 もうしば らく、 しばらくです 

„>, なへ ビ かんにん たナ 

から、 照 さんに 一 度 あ へ ますまで、 堪忍して 助 

けて 下さい。 さう す" や 何う でもし ますから、 

お^子。」 

か ね なん そ I.V つ-,, ,-ふ へ ち 

I 金子なん か 何に する もんだ。 其、 其 鼎に 逢 は 

せる のが 嫁なん だ。 かうな つち や、 金子なん ぞ 

で取ッ 返しが つくもの か、 手前 モリ 

お i さっさつ 

があった つて、 己に も相應 にして く 

慢も 出来たん だい。 この 中の は 

うち うち せ けん せ げぺ 一 - 

t 內に、 内 だ、 世間 は W 間 だ。 手 

は、 仕向けと 來 ちゃ あ、 我が 立瀨が ある もんか 



(10 も 



Cl 05; 



やみ .SJ み 5 , ヌ ぶ づっ 

きもした いでお 君の 鋭 を 見て:! i? た。 手 負 は を 

PV, 力 し 1- じ 8 1;,;- S 、 

摑んで た 五指 を彈 いたが、 柔かに 曲げ 来って 

.? つ す-.. 

し つかり 沖 律に りつ いた。 

r おかみさん! 一 i あ る か た き かの- S か な W- で 

ある。 

わ たし キ-- ひ 

一お や、 おかみさん ぢゃ あないよ、 お や、 

母樣 だよ。 母 だよ。 鼎さん の母樣 だ。 5?- 忍し 

ておくれ、 私 あ 何ん にも 知らたい で、 た 可愛 

>.r s% , わか 

い 人 だとば かり 思つ てた、 あとで 分リ ました、 

<T み わらし i つば? ; でた! ソ 

お _ifc さん、 私 あね、 欠 張お 前と; 1: 一 だ。 ちっと 

も 違 はた い 身 Q 上で、 あの 兒が あった だけ、 

T- , こ ,<M- つ V 二 わか JS-- S へ 

義理で あの 兒の 父上 樣と 分れた 呤は、 お前さん 

の いまと M り はたかつ た の だ。 ね え 、 だ か . リ 、 お 

*< へ 一一 、ろ さつ As- ち 

前の 心 を 察して lef 持って あげたんだ が、 よ、 お 

t じ ぶん Z わ- A ^ r- 

1^ さん、 自 の 子と 分って から は、 堪忍して お 

?. わ し 之 て ぶって も 

くれ、 末が 案じられた で、 私 あ 得手 i 手た 片 

だ けれど、 ^ さ ん が li- 愛 さに お前に は 蛇に 

たったんだ。 でも、 こんた ちゃ あある まいと 思 

ミ? ち . -' * f-ll ?さ 

つたに お! if も實が ありすぎ るよ。 む、、 何、 

ョ が あるの、 忘れ る と、 さう い- \ あ G- 兒 Q 心 意 

わたし な < ちう 

5 氣 たら、 私 あ 何にも こんた せ tC 力 はしゃ あした い。 

かう と 聞いたら 鼎 だつ て きて 居て くれよう か 

W- し.;' ,t,A-.- わたし わ- £ へ -:,?,、 き 

不知、 皆 私が お- いんだ、 お前さん の 心 fiU 私 は 

ほ さっき 残らず M いて 居た、 よ。 吃驚した。 大變 



だ、 それ ぢゃぁ 思?, „デ りれ るが、 今 さら ぐれさし 

たん ュ 5 S ね みつ ぞ,, つ 

ちゃ 何にもな 、りず、 宗 さんに 金子で も © い で 些 

と .J.- ろ し-つ クふ ifc 

少心を めさしたら、 幾 干 か、 ま、 お前 肩 も 

ぬけようかと、 夜 。あけ る^ を 待 たれないで、 

す ひ-.! 才覺 をして 来たが、 晚く たった、 お 君 さ 

ん、 世 中に あんた 家業した もの. -、 かう した 

へ ひと, 

ことにな つち まふの は、 お前 1 人ぢゃ あたいの 

わな し if ひ モ c うへ 

だから、 私 あお 前と おんた じ 思の、 其 上に 乳兒 

と は 分れた し、 十 年で も 生き Q びた だけ、 ょッ 

ぼど不 5;^ た わ、 お A してね、 後生 だ « ^忍して くん 

«vv む? に rss. 

たよ" これまでに しても 玄 だ轰向 母親 だと も、 

名告り やしない は、 何ん たに みじめた こッ たら 

*s .fi にん l-uy と,, 

う。 よ、 お 君さん、 衝 忍した く、 お前 一 人 は 

やらない から、 I 

,t * S くち s 一 そつへ, 1 みかへ 

と 耳に つけ 居た 口 を 於して、 また宗平を0^返 

つた。 

そつ 5 へど * 一ろ き r< ちつ 

一. 宗 さ ん 、 お 前 何う しても 殺す 氣 か。」 と 落着 い 

たもので ある。 

- 一る ま I- ろ 

「殺さね えで、 其 阿魔ァ 殺さね えで、」 

ば. A ばかば. A *x ち まよ 

「馬鹿、 馬鹿、 馬鹿 だね、 お前 は。 これ血^^】は 

き たん みつ フ 

な い で お聞き ッ て ば。 何 だ, 見 と も ね え" 女 \:SS 

こも i そ 一 \ム な ち みち 

も兒も 持つ て たがら、 餘 所の 女に 血 道 を あげて、 

モれ ,に で き t 一. H ノ t-.^ 

其で ぎかい、 出来た のかい。 宗 さん、 媛 は; i た 

t やぶ. あつて. - 一ろ ばか . ひ <■ 

つて 無茶に なって 對手を 殺す? 馬鹿 だ、 お前 



は。 一 

なん -V -ら «.c わら J 4- b 

一 何 だって、 え、、 幾 干、 お前さん、 私 あ 世話に 

たった つて、 いくらお 前 だッて 其ん たこと を、 

やと 二 

男た る.: I 

». に 1 '一- *1 *J 

「 さ う と も 、 _K 捨 -,! したい で 聞,、 が IH- いさ、 見 

で き でんな 二-つ モ ■: M ^-^ 

ともない、 出來 もしな い 女 を 殺して t (で d 分 も 

し き J つ"; 

死ぬ 氣だ らう。 いまい つた、 さ う だ 、 立!^ な 男 

0. づ i -づつ 

だ。 立 5^ だけれ どね、 宗 さん、 そんた こと はよ 

してお くれ、 |^£出の名折.た、 よう。」 

,. やし ち 一一-. >1>.- ふ > 一? へ. い <r 

I ロ^いた: 丁-地お 赣 を蹈ん で、 宗平は 裂けた 

やう にわ ッと男 位に ないた。 

「 か あ *1 着いて 料簡お しょ。 何う せ、 ; I か 

1ク 一 -It な <- あお » 

、り 起った 事 だ、 01 に 逢 はして 置きて- いす" や 

さ ま で 愛想 づ かし もされな くッ て、 こ 丄た氣 に 

-ー 5 き I 一 *5t,---M!-i 5 わ? J 

も たるま い から、 さん、 お聞き。 此应丁 は 私 

あ. 二し * "つ 15 しお." . .^ ■ 

が 貫つ て 跡始末 をす る。 お前に や お 處置は 受け 

わで * 

さ せ た いから、 ちゃ-つど 渡さ-? と 思って 持って 

1^ た 金子 も ある。 餘 でもたい けれど、 湯へ 人 

-JE- 一, J ぶ a- た ほ ^ , 

つて 男 振 を 直して くんた。 女 © も さう だ 

よ、 小 兒も步 行く やうに 亡-つた-りう。 こ、 で ま 

へ/ V -ー SI こ r V! 、 わた;. し . 一"^ 

た 變手古 な 男 氣 たんか 出して、 た ち に 犬 死 

を さ せ たいが 可い。」 

ヽぃ み ふる はし うへ 

宗平は 身 を 震 はして、 ぺッ たり 橋の 上に 坐つ 

たが、 飛んで 來て手 負 を^いた。 



-.A ん にん s 

「堪忍し ねえよ。 ぉ^;;さん、 モ ひどい ことしち 

まつたい、 姉さん、 こいつ は:^ くまい かね。」 

と、 位いて いった" 

「あい、 あいよ、 あいよ、 何 だよ、」 と、 沖淨は 

蟲 の;; へぬ ふの を閒 きすました 耳に、 

.S つか S ん か はい こ した にく 

「母 樣、 可愛い 子 をせ だお ふ もの は、 惜 くないと い 

ふぢ や ああ リ ません か。」 

S さ 一 

とお 君が さう いったの が^え たので、 

きつ ち わ やい むね 

「あ、、」 といった、 沖 は 血 の JiS 出づる 胸の あ 

らくる る 

たリ へ はらく と 落涙した。 

ひ. *.J«y 

「む M 、分った、 だから 1 人 はやり やしないよ。 

がな へ ち: つ.^ さん まへ おつかさ ム 

鼎さん の 母 様に はお 前の 母樣が おな リだ らう 。 

わたし と まへ .;;:0.^ さん 

私 あ-取 ッか へに お前の 母 様になって、 おんぶし 

い いじ ヒ やく 

て 行って やらう。 可い かい。」 と 若と していつ 

一一 一 5 ヘレ 

た。 -〕 ポ平 はす リ ついて、 

ね £ . »i » え た; 1 ばか 

「姉さん、 お前さん、 お前さん、 ー體 11 お 鹿 

な、 べらぼうた、 ? r が、」 と、 せい ノ\ いって 身 

« .? つ 

體を あせる。 と 落せ 5 いて、 

い いぬじに は-つ 

「可い から 犬 死 を させない 方が い、、 もうこれ 

こ をん な お ;> ちゃ かザ 

に懲リ たら 女 を 玩:. ^にす るん ぢゃ あない よ。 蔭 

.A なへ わたし こ £(4S,- 

ながら 鼎 さんと いふの は 私 の兒 だとお 前鱟ぇ 

て ほてお くれ。」 

「だって、」 と 何 かいはう とする、 川へ は 船が 1 

さ - き すみゑ へ あん リ it fi 

艘 来た、 &;? 緣の やうな 舳へ燈 を點 して 居る のが 



つ 4.J あ, いり かモか si み ど-っ じ 5«1 かど 

月光に幽に靑くH^んる、 ト 同時に 上 町の 角へ 

づ" ; なぶ & と. „-L く ,- す わた つきよ し だい 

? J~ 査 Q 紅 の 燈が來 る。. 澄み渡った 夜に 次, 笫 

ちか. このと 4.J か-. $pi 

に 近づく ので、 此 時お もしが 懸 つて 持重リ がし 

. よこだき キ み だ あ irj ひ ひざ の 

たから、 横 抱に お 1^ を 抱いて、 仰向に 膝に 乘せ 

て、 0. 化も踞 つたが、 あた リを兑 ま はして、 

ー氣を 注け なよ。」 

「 , , ,? へいた ふね ま ぜか 

「うむ、」 といって 宗平は 立った。 船 は 問 近に な 

つた。 

あ 一 ; C ん だう 5 た 

「怪しまれ ると 面倒 だ、 ぉ喷 ひ、 おうた ひな、 

そして はぐら かして 逍 るが 可い、 來 ちゃ あ 不可 

rt^ a とこ 

いから 疾 くさ。 あれ、 男の やうで もな いぢ や あ 

ないか。」 

エーう へい ふる り 5 うて ほざ し 

宗平 はう ろくしながら 霞へ る 兩手を 据リ緊 

めた が彈き 出された やうに 街と 橋の 屮央 へ 行つ 

たち ど あし ふみ ふみし つ VJ、 

て、 立 停まる と, 足蹈 をして、 蹈 占めて、 突立 

ふね つじ ふたつ ともし つ キー ナ 

つて, 舟と 辻との 兩 の 燈を: 《 あ かリに 透かし 

ねめ つ は,!? S てっし かな 

て、 睨 けて、 聲を リ 上げ、 冴えた 調子で 悲 

か , さえ, うた 

げしに 且つ 冴々 と g (つた。 

ど て し? i ひと ふ ど. a 

土手の 芝 人に 蹈 まれて 一度 は 枯れて 

露の 情で よみが へ る。 

キ み > :ろ わたし 

とお 君が お い、 しんであった 顷か ら、 これが 私 

の 心意 氣だ、 思 だとい つて、 うた ひ/ \ した 

いま-一り ノー f/.--: の は 3 r-CJ るう へい われ わす 

の を、 今 此時此 場合に 此宗 : 牛が 其 口で 我 を 忘れ 

9£ . ひざ て ■ おひ め つぶ 

て 1- つたの を、 膝の 手负は 限 を K つてう つと リ 



キ J & き- ナ 09§ 

となって 聞いて £5 たが、 聞濟 まして 乘 上って、 

くる い き A: きつ 5 なじ すが 

苦しい 呼吸で、 沖津の 頸に 縫り ついた。 おっと 

め, ナ > 

眼を报 ゑて, 

「口 15 いねえ。」 

「あ- -。」 .- 

とば かリ ほろ リと した。 S ひつく やうに 敏ず 

リ して、 

かんにん おもつ. き --. - .V ,^ S かへ 

一^ 忍お しょ。」 と 思 切った、 止 を 刺す と 返す 

は さま おきつ て お, ノ ふし. 

刃 尖で、 沖津は手^53;に伏^なった。 

H- た どこ ひ!' 

_ .1ハ は何處 まで 響いた、 レぅ。 



、 1 06j 



(紙 草 抵 s) 



~^ ~^ や 
何 3 何 2 ん 



おひ ずる V. ゥ し 

笈指 草紙 



まつ さ た ■ VK リ ちゃ ハ ずみ たて ぞ .っ 

眞 先に 立った の は、 黑と 茶と 鼠と を、 縱に棹 

じ ** し *? や. J し r ぶつい ろ か はリ う-つ 二ん あ 力せ 

縞 の お 召 縮: Si の 八 尺 袖。 藤色 Q 替 裏、 此 袷 

ちん: ずみ ぢ も 、いろ あか ぼ 1- 一ん る, なぶ 

に、 一お 鼠 地に 桃色と 紅で 計 丹 を 染めた 友^の 長 

じゅは ん ハミ は で 十つ-た から じ し しろ 力 

襦 を 重ねて、 派手な 姿、 麼 獅子 をお で拔 いた 

ひ v-a めん I ゆす -CVJ*3 ....--is ねずみ なら-つち 

緋縮; 棚と 11 子 を 打合せ の帶。 鼠の 平 打 の 入 チ ン 

sa。 髮は桃 m に 結った、 年紀は 十六ば か リな綺 

んぃ みま て はし も しろち r ム ひ-: 

魔な? が、 右の 手に 端 を 持った 白地の 手拭に、 

な sh;> さき つな ひつ ばり. 19 ちと っ^- 

屮 尖 を いで、 引 張 合 ひながら 後へ 續 くの 

しん ぞ い ち- ナる はしょ 

は、 二十 一二の 新 姐で。 一 樂の拾 Q 裾 を 端 打つ 

み-つ さ V- したじめ 1¥ したた ま 

て、 水淺 黄の 下/を しゃんと 轱ん で、 下 長く、 

しろ ^ ひ v-u めん け し *1、 と ゐ *r しろ ゆ" I 

.s い 脛に 緋 縮緬の 蹴出 を 格って 居る。 後から 微 

き き 1; の あ? iv- たvじ5^iム か- J はかた くろじ ゆ 

城の 衣服に 淺黃の 長 襦袢 を 襲ね て、 博 多と S8 

す - つち ほ ま frs? よこが ほ み 

子 を 打 合 せ Q 帶。 丸ぉ浙 の 橫額を =^ せ た の は 、 二 

ど しろうと な ふう ど こ しょた: 一 じ 

!ー; 度 素人に 成った とい ふ 風、 何處 か贡帶 染みた 

涕 が ある。 

みさ ちか を せった まい うら ほ な 9- 

右 いづれ も 赤 緒の 雪駄、 二枚衷 で 步を惱 み、 

さ つ さばん ひ さん *. まみち ? く 

五月 露で 日の あたる 坂の 山路 を 登って 來る。 

rE. 取 ちっと 急いでお 歩行 ッ てば、 焦れった いね 



え。」 

さ た *: か じ? はん て .«* ひ ひ 

と 前に 立 つ た 一 番少 いのが 邪險に 手拭 を 引 い 

, . ぉたは し 十ぶ > なか た <び • わ, 

たので、 片端に 1^】 つて、 巾に 立った、 甘へ?^ に 

て A.". ひ ゐ fri,-,v2 だ しん! V 

して 緩く 手拭 を かけて 居る 投お E の 新^ は、 煙 

た き i- る 一- た ~o よ 

の 立って る 煙, を 手に した ま、、 ぐいと 手繰 寄 

せられて、 思 はず 前へ 出た ので、 いま 吸つ けよ 

vr.? くび わつつ し., がリ としま ふ ,, 

ぅとして舰酋を押^;5けてた 殿 老妓 は、 不意 

ひ ざ,;! ひった く a ひ かたち あね 

に 火 細 を 引手 緣られ たから、 氣拔 のした 狀、 姊 

さん 被の 口許に 吸:: を あてがつ たま >- で 立 停ま 

つて、 

4 «,ま * ■ & 

「あら、」 と Jk つたが K つて 見て 居る 

らん .>.15 ひど 

r 亂暴ぢ や あない か、 ffi いよ。」 と、 新 姐 はな r 

からだ y..5r2 ふ. t す とま はら だ i 

れた 身體を * 通で 蹈掘 ゑた 時、 腹立たしげ に iK 

つた。 少 いのは 澄ました もので、 

じ し *. ろ な 

「 だ つ て さ、 焦れ つ たく ッ て 仕樣が 無 いんだ も 

の。」 

「何が 佳 一れ つたいん だよ、 せ ッせッ Ik つてな が 

たん S へ Jv 一- 

ら、 ir だね、 お前、 そんなに iff かなく ッ たって 

M, いぢ や あな いかご 

ひんどん d わ ふ 

麼 食に た し な める と、 少ぃ Q は 笑 ひ なが ら、 



「だって . : . 」 と うつむい てせ: 手拭 Q さき を^ 

る 

「だって 何-:' した 02。」 

, なん <5 

一喜い ちゃん はね、 そ、 り 何なん だ わ、 お前 ごと 

ぶ- かん V、 くち そ 0ひ- やうし ぬひ 

老妓 は考 へつ いたやう に、 口から 其 拍子 找の 

$5 けへ? t か i 

煙^ を 放して、 これ を 乳. :} あた リ へ ^ へ たと き 

fk つた。 

I if く 行 つて、 ま た 那 に ««: ぶ さ 、り う と ik ふ ん 

だァ ね。 一 

さ う なに のみこ .5,5 a 5-vl 

「あ \ 左 樣::」 と 何 か 合 點んだ 顔色で、 老妓と 

ほ 配した:: r を 振 向けて、 少 いの 、額 を る。 

一 だけど、 今 ぢゃぁ 何う だか 一 小知、 ねぇ^51;ぃち 

ご 

ねえ 

が、 え、 :s さん。」 

*<<- み 力 £- わかだんな たく I 

がッ て、 お前、 ji お!: のお n ー那 はお 亡な リ遊 

ばした からさ 。一 

「は, だからお 兹. 一一 i をす るん ぢゃ あ" ません 

かご 

そ ^ 一 J と まへ ,, つ ちま ち 

「 其 だからの 事 だね. お前 何^でも サぇ 散らし 

—- よつ ちう わかだんな おい 

て、 初 中 あの 若旦那に Jpi: つて^ったら う。」 

「喜い ちゃん、 1^ れ てたん だ わ。」 と 背後から Ha- 

ム ? W か :¥- と 

を 懸ける と、 又 中の が 引-取 リ、 

ま, -U り ふ おぶ も ら おも 

「だ もんだ から, 又 今::: もね つて 貰 はう と S つ 

そんな ぃモ 

て、 それで 那樣 にさつ さと?.^. - ぐんだら う。 だけ 



(107) 



れど、 何-つ だかね え、 亡た つた 方の こッ たから。 

""ん (たで ¥ーこ と き ど V- さまみ 

もし; a つて 頂かれた いと、 誠にお 氣 の審椽 見 

たやうな わけの もんだ からね え。」 

ちょっと さつ だん み 

「それで、 あの、 一 寸 相談 を かけて 1^ たのよ。. 一 

「喜い ちゃん、 何う だい、 ほ、 り、 こんな 風に、 一 

511 ろ お £ ;, .,ほ め 

と 背後から 負 はれ か、 ると、 額で 眼 を^って 

聞 いて 居た のが、 身.. * だえ して ふり もぎった。 

や , わたし 

「^だ、 私。」 

こも .f そろ 

「でも さ、 信が 籠る と 恐し いもんだ からね、 ま 

rn* し し かな .1; うれい なでみ 

た 思 f:p に 合って、 a: 露に 成つ て 出て お見えな さ 

かぎ . - 

らな いと も 限らな いから。」 

き おち こと な き 

「そんなに 氣落 する 事 は 無い よ、 喜い ちゃん、」 

なか 5 しろ おか.. ゐ 

と 屮のは 背から 負 はれ 懸 つた ま&で 居た。 

「ぎな こッ た。」 

「あれ、 S に 薄情に 成った ぢ やない か、 あんな 

か はい くだ *<へ f 

に 可愛がって 下す つた もの を、 お前、 お 亡なん 

なすった つて、 そんな 媒 なこッ たなんて 言 はう 

ほんた 5 - つら し 

もんた ら、 そ れ こ そ as 個 にお 怨みな さ ら う も 知 

れな いよ。」 . 

? S わ. a 

【だって 晝間 V 'や ああ リ ません か。」 と 少 いの 

i ひナ に-つ .ま よ 

は 言 消さう とする、 あとの 老妓 は、 ずっと 寄つ 

て、 



やま なか r 2 たに おひ みね ところ 

「でも. a ン屮 だし、 御覧な、 谷 も、 賴も、 峰ン處 

v^v ビば くさ めん まつ さ i あ-か 

も、 靑葉 や、 で、 一 面に 蒼靑 だ。 赤い も 9 はお 

前た ちの 燸袢 位な もん ぢゃ あな いか。 時なら ね 

二 一" J ん ; V,J Z ひと リ ゐ 

時分 だから、 人 ツ子 一 人!! W ようで はたし。」 

.r.---G.vi またち やう,、 はつほく おと 

ずつ と 奥山に なれば、 又 丁 々たる 伐木の 音 も 

キ-ニ まザン ちで つ へ: た - ^-,^7 

閗 えよう。 市から 十 町と は 隔たらない、 郡の 

さか ひ ざ やか の を か VJM りぬ し 

境の 一座の 岳で、 蓑 岡 山と いふので ある。 持主 

li ひら わ 

であった 蓑 岡と いふの が、 此を 開拓いて、 我が 

名の 附 いた 都に しょうと、 此處 9 ハ仓 間、 彼處の 

みね だ-つ た てら こしら . おも ひき ち ひ 

峰へ、 堂 を 建てる、 寺 を 称へ る 思 切って 小 

し ij ゐ r. やまつ み い f で き 

さな 芝 nlS 小屋 も 築いて 見る で、 家 も出來 たし、 

茶 tS も 出た。 地なら しだ、 楝上 だ、 建立 だと、 

i くる;;; かリ もよ ほ げ.; しゃ すぐ -r つ 

三 個所 廓 を 狩 催し、 藝妓を 勝って、 水い ろ 

ち ん たす き ひ ぢ ":{;ん なが じゅ はん さ \ 、れん あ をば 

縮緬の 痛に、 緋縮 ii の 長錄祥 で、 一昨年の 青菜 

一-ろ まいにち 4-1 よく だ はな 

の顷 は、 i せ 日 玉 をつ けて 練 出させた。 これが 花 

で、 押 i ける 物 人が、 田 樂を燒 いて 騷 いだが、 

かれ こ じん <^ ち じんこう すくな こと れん 

彼が 故人に なった 後 は、 人口の 少ぃ、 殊に 一年 

うち ぶん い じで つ 5 き あられ ズん 

の- 2 四 か 二 以上まで は、 雨と 雪と 霰と、 €ー 

てん ち はつ この s*i ひら 

天と で 持 切って る 地方で あるから、 此山は 開け 

け?,、 わ ユカ た 一. も 

なかった。 で 結 茶 は 其す ベての 建物の あった あ 

わんた うち ことぐ や はら '«u 

とが、 三年と 立たぬ 內、 悉く 扇ケ原 だの 題 

ちく だ- つ ysf な iitO tr* を. 6 や-ふごし ら 

目^だ の、 餅投松 だの、 錢 ケ岳 だのと いふ 急择 

となへ - 一 ぜ キ- 

へた 稱な が、 り、 もの >- あはれ な 古 a になって、 

他に つか ひ 道 はな いので あるから、 いま 女 達が 



-h & つち なか きょねん W ゥ ^0 

蹈んで 居る 土の 中には、 去年の 秋 土葬に した 蓑 

を か しゅじん si した * つ .e^ だんな ブ だんし 

岡の 主人で、 山 下の 寮の 若 nn ー那 といった 美男子 

?/ .\ しおい せい V んひ ごしき が 5 いう キほ 

の、 生々 しい 死骸が、 生前 一 時聚遊 を 極めて、 

そ c; けう」! I とつ し W だん - 一の. か? li いた. き 

其蹈 一 の 手段であった、 此蓑岡 山の 頂 の 

し-: よ こた ゐ 

下に 撗は つ て 居る。 

ふ.? VJ せい 一 さ、 ひり する ひろ さ い-つ はてし 

麓 は 西北に 展 けて、 裾廣 がりに、 左右へ 果の 

. まん ごく た あさみ ど P うみ ベう かた 

ない、 六十 萬 石の 田の 淺翠。 又 海が 脲 として 片 

ほ み そ-: J ぬぐ そ QJfc 

帆が 見える。 も 拭った やうで は あるが, 其 ilf 

こ/、 てん べん ち い よ さ-かん おこな 

諸^に 天! i と 地? =:( とが ぁリ、 豫 言が 盛に 行 はれ 

ゃリ ふ か *- "! つなみ よ 

て、 检が 降る わ、 風が 吹く、 海 嘯が 寄せる と 恐 

ね そ さみ だ れ *- ろ ち ひと め 

れて 居た。 其 五月雨の 顷 なので、 樹立 一 つで 目 

とゾ は なく そら 5 ら ど こ わらさき 

の 届かぬ、 葉. 1 れの. Rf 峰の 裏、 何 魔に、 紫 

しゅ ろくし 8- う ひと うに S おろろ 

か、 朱 か、 綠靑 か, 人 を 奪って 去る やうな 恐し い 

いろ ひそ ゐ ^-^ め -んぃ 

もの >T 色が 潛んで 居る かも 解らない。 眼に 映ず 

こ。. V きか;;? ら め .5? をば わかば みどり 

る,、 P の は、 此時衝 等の 目に 唯靑 葉、 若葉、 S 

くさ かき し乂 このたん てう 卞: r>J 

草で、 風もなぃ、^^とした、此草調なぉぃのが、 

ひ ちかる ,、.2 

あま リ ni が 明い から 暗い やうて ある。 

S S なん まち 2 ゐ ふもと よ-一ち Co 

山が 淺ぃ、 東南が 市に 面して 居て、 麓の 横町 

し- .V ヌリふ や とほ ね «■ ほや に 

の 周园に は、 S 腐屋が 通って 居る。 八 百 ST か 荷 

おろ ゐ かいす ど あ ゐ rr 二 

を 下して 居る, - ト ある 二階 窓が 開いて 居る。 小 

め か はべ リ つ ゐ *J*iJ- なか はさま ,-る 力 

兒が川 緣で摘 草 をして 居る。 町屮に 挾った 花銜 

さ み せん ひ うた . ゐ ズ に..? 

に は、 三^線 彈 いて つても おれば、 現に 三人 

^ ほ 5 ば i 

の-ひ はさ を し て る 朋輩 も あるの だけれ ども、 

rr^ さび おひ ,_? た 

三人 は 淋しくな つて、 しば、 りくの 間昝默 つたの 



( los; 



である。 

f だもの、 塞 だって、」 

r,- つ y み こ c$ じつ 34 

老妓 は あたり を 見ながら ik つた。 此時は 際 

わか f じ やう t- ん な 

少 いの を 遊ばうた めの 串戲 ばかりで は 無 か つ 

たらし い。 

で か 12 で 

I 出 ない と は 限らたい わ、 何だか 出さう だ。」 と 

L かな , 二 しん 《 

仕方なく 斷 念め たやうな ものい ひ。 此の 新 姐が 

て き v*d けむり た みゃくく お ふと こる 

手の 煙笞 から は、 煙が 立って、 脈々 と 山懐 

<さ なか うご 

り 草の 中に. や V 動い てた • 

み.? な な t 

「皆が を かしく 成った ぢゃ あない か、 喜い ちゃ 

あ- ど ら liti ひ.::' たち かほ 

ん、 お歩きな、 何う した。」 老妓 は 開いて 立 つ 

た 

おっかなび ッ くりで、 少 いのは 進み さう にも 

しないので、 

き * な は 4f IKe ぞ 

「さあ、 喜い ちゃん、」 と 背から 敵れ て パ新姐 一 も 

また 急がし 立てる。 

「仕 やうが な いぢ や あない か. - 世話が か > -るッ 

さ つ *u M 

た、 りた い。 先刻 や、 せ ッせッ てせ ッ つくし、 何 

うした のさ J 

「 、 こに ね え 

「だって、 恐い もの、 姉さん、 いろんな こと を, 

言って。」 と 聲も 穩 でない。 

r さあく お 行な さらない か、 立って なすつ ち. 



い ひとすじみち 

や あ 不可ません ぜ。 あい、 馬 だ。 一 條路で ござ 

, せん は や と 

い、 i?^ さまから お 早く。」 と路 をせ き 留められて 

た *f*v^ , ひとあしお: と も き わ. a 

立 淀む。 これ は 一 足 後れに 同伴 をして 来た、 壯 

し はんて. 5k も-ひき しろた び せった f i ^;. 

ぃ老 で、 半纏, 胶引、 白 足袋の 雪駄 穿で 威勢の, 



S くやつ 

可い のが、 供養の 



. ぽん. - * まみ へ-い.^ ゥ 

を 一 本、 山路と 平疗 の、 

うしろ さがりに ii4 く かつ いで て、 

» . 2: さ.^ ヌた ^r, ね 

「え、 もし, お前 歡方ァ 何 を こだ はって 居な さ 

るんだ。 S いで 行って お上げなさい。 察の I ぉ旦 

那ぉ待 兼で さ。」 

らっぎ あわな- * よい;. - だんだ: VS 

老妓 は 慌 しく 一 寸銀 煙管で おさ へ 、 

「1。 源 どん、 お前な ほ 不可な くしち まった ぢ 

» *1 ち. S si みんな 

や あない か。 お 待 兼 だ なんてい ふ から、 其 で 皆 

が 窘んで るんだ よご 

「何 だってね。」 

I 5- つれ 4 で . さ p- だ,? 

一 い そん、 か 出 やしないだら うか ッて 相談 

» しん ぞ い 

をして 居た の。」 と 新 姐 は 言つ た。 

「 > «^ぃき い い 》 ■ 

一は、 は , Blc 小氣 の 可い こと を 言 つて 居な さら 

— し ひと いうれ い で せわ 

あ。 死んだ 人が 幽 にたって 出て くれり や 世話 

まったく だんな いうれ 5 

あねえ、 眞個 でさ、 丑那 が幽靈 にで もな つて あ 

、り はれて 下す つて、 おい、 源 やとい ふ 聲が懸 り 

こちら め で ぼん ,.>,5 ばい 

や 此カァ い、 目が 出 るんで す。 盆の 心配なん 

ざ爲 たいんだ けれど、 あ、 仕方がな いや。 無駄 

は 止して 急ぎ ませ-つ ぜ。 お 前樣方 の 步行 くん ぢ 

ひ なか 4- つ-つ 

や あ、 いくら 日が 永え たって 追 着きません、 此 



とやって、 空 を 見 



頃のお 天氣 だ。」 

と 若 い 者 は、 眼 をく る 

て、 

一 曇る と 雨 だ。 さあ, あよび なさい、 どれ 草 分 

け をしょう かね。」 と 塔婆 を か つ いだ 肩 を 入れ か 

み J1- おた f_-Jis ふ たら ぷた 《- よこ 

へ、 路 Is の 叢 を蹈 みながら、 並んだ 二人の sSs 

ヌ す, *K で - き- 

手 を擦リ K けて ット 前へ 出る。 これに 誘 はれて 

f ^ ん ためい ち 一" き い 

步き 出した が、 滅入った 1 色、 むだ も 首 はな 

え 力, つ f 3 

いで 神妙に 後から ついて 登った。 

二 さか ちゃう ゆ 3 は $ 

此の 奴! 二 町と は 行く まで もない、 松の 葉の 1 

たま ところ 1; らた さか ち くち 

溜る 虚、 や >r 坦 くなる 坂の 上 リロ、 これから 

し だ:; たか ひろ は たと はら 7 

次第 高な 廣 場で、 例へば 原 を 斜めした やうな is« 

;, ク そ C とリ つき け ん Z 

地に ならう とい ふ、 其 取 着に、 一軒、 山番の 小 

屋が ある。 

K つ たて s,rj はし-し か s.*- c しら ? * 

掘 立の 1: 本 柱で、 i 屋の やうに 推へ た、 去 

ねん 5 きがき £ >V 力 *s か 

年の 雪 H はま; y 取り はづ さない、 其 儘で、 雨風 

5.U い たど ナ * ま よまい 

に 曙され た权戶 の、 隙 問 だらけな か 四 枚。 危 

く 倒れ さ うにな つて 立って 居る。 これ が 小 厘 の 

L?- めん りか みね ひたた » むし 

正面で、 向う の 峰から、 まお もての n 向で、 拐 

れんげ めん ふた っぽ ほ 

つた 紫雲英 を 一 面に ニ样 ばかり 透 II もな く 乾し 

て ある。 

くどん はかま ゐ り よった リ かう わかし ft 

件,:-甚參^>:?四人の 一行 は、 若い者が さきに 立 

つて、 此處 まで 來 ると、 あらしい、 宽が なえて 

しろ -ー c に、, * いろ ひ 一. 5か 

ねく たった、 此 花の 色の、 千から びながら 赤い, 



C109) 



み vs. 5 しめき う-つ と tic! ! a 

の を たが. - 恰 ど^. で a んだ やう、 戶 口に 行 

.t ち な 

かう とする 路も無 か つた。 

み ひ. M -i? け に ひ いたど す 

1:5-ると入の:!$る氣^??もした いで、 权 ll を 透か 

す 節穴の 裘は音 1" い。 L 

「え、 誰もお ねえの か、 こ 、で j も借リ ようし、」 

「お 花も賀 は-りと 思った のに、」 

どこい よ- -ん. 5CU « 

「はてな、 何處へ 行ったら う。」 と 四 人 立 亂れて 

メイんで、 姿 を 入 違 ひに、 あとさき を 見 ま はすと、 

< 一 SI- か み ._,••.:> し ゃか A ま ひ 上 か 1 り みと 

小高い 見晴の 丘の 祸で、 時なら ぬ 人影 を 認めた 

こ _M つばら なか たち おや V- 

が、 小 松原の 中へ ぬつ と 立 あら はれた 親 仁が あ 

つて、 のさく と 上から 下 リて來 る。 

四 

とつ あん とつ あん c か し ひ- 

「親 仁、 お 、い、 親 仁 や、」 と 若い者 は廣々 と あ 

たか はリぁ -ぉ か す 一 

る 川の 巾へ、 張 上げた 聲を 懸ける。 間え たで も 

き-一 た おや S す-一 1,-^.. 

たし、 問 えぬ? でも 無い、 親 仁が 少し 前屈みに 

なった, 芥の楼 い 形 は、 K 々に 近づいた。 

くさいろ ぬの-一 たじ いろ つ マ- J ん 

草色? どんつ く 布 子に、 问 一色の 繼 はぎの 牛 

胶引、 捩れく になった 小 倉の!; い 帶を克 に 

し.^ とつ むす わら ひとた! a 

尻の 突 さきに 結んだ のに、 たばねた 藁 を 一 束、 

^3* tts そ ち ひ やつ よ-一た 

木 剪刀 を 挟み 添へ て、 小さな 斧 をい か つげに 横 

へた、 手に は 竹せ W を 持って 居る、 何 か、 植木屋 

キ- - n. -i かた さ み 

と、 木堆 1 と、 お 方 を 一 人で 帶 にした やうた 身 ごし 

らへ。 ^の ふ もが 赤く た 2^ れて 居る の. で、 n: 向 



は ま- S.-,- くわう せん さへ ざ か: b P ぶ- 

が 眩 いの を、 眉毛が 光線 を 遮る から、 細く 

しばく 瞬 いて、 間近になる と、 立 停まって、 

ま 一; た な ひと リ ( »$ 

瞼で 嘗め る やうに 一個 一 人瞻 つ た。 

「え >t、 ござ リ ませ。」 

i つるん しズ らく 

「む气 親 仁、 -涠 だ。. 一 

がお は ) あね 

「はい、 あり 難い ことに 晴れました。 これ は 姉 

,s たち 

樣逹 よう こそ。」 

だんな はかまろ り キ- たっし 5* 

f 日ー那 のお 墓せ? に來 たんだよ。 お爺さん 建 者で 

?: つ-一う 

結構 だね。」 

い S 一 ヌ I 

「は い- (\、」 と 云 つて、 言 はれた 君 をのみ こん 

5 なゴき 

だ 1^ をす る。 

ずらと ? ちら 

「 一 寸 休まして 貰 はう ねえ、」 

わたし みづ 0. 

「54、 水が 飲みたい の、」 

「稀々 たこと を 言 ふよ。」 

あ;; に,、 ち?. つ け 5 く ,ひ 一 

「生 僧 茶 は ござ リ ませぬ が、 水たら ぱ今 朝徙込 

みました、 澤山 まゐリ ませ、」 と^ 足であった か 

さう に、 ^い 草の 堆 いの を柔 かく^し だき、 

、た: はう き しわ 1" おひろ t たぞ C たま 

片手に を ついた ま、 、铍び た赤黑 い、 掌 の 生 

1 わ ほ A ^たて と あは. V め か r や V- 

,曰 い、 大きた い 手 を 戸の 合 H に褂 けた, 親 仁 

ち うご し た *r かひ い いたど 

は屮 腰に 成って 力を入れ ると、 权 はかた く 

な は おと 

と 鳴った が、 外づれ て、 音 もしたい で、 乾の 

く 5 - つへ しづ お- £ た ふ 

草の 上へ: y んだ やうに つて 倒れた。 

1 け 一-も お しゃ:, i 

「おい、」 と懸聲 をして、 親 仁 は ゆった リと 

if-M いや うさ も 

み , 板 c を わ き へ 搔 遣りな が ら、 # を 持って る 



のに 係らず、 手で お を 押 分けて、 

「さあく、」 

f 御免よ、」 と い 者 は 一足 ひょいと 飛んで、 麻 

へ 彼の s= 婆 を 立 懸ける。 

いたど .2a >f 二 51 ひら ど ま 

板戸の 内 は 横に 長い 平土間で 〔 た乂き はなし 

たかひく しず. J- つ、 -I き -? >;,J 4 ころ 

の 高低が 多い。 核 を 突 込んで ニッ、 薄 1" ぃ處に 

! 1,V,K- ュ:; おし ft むが いつに; 

ならべ た 花 桶 も、 雨 方へ 傾いで 居る。 向う 一 面 

か 4 かたはし かく レー よ で ふ そ^- 

の框、 片^ を 1: 角に 取って、 四^|}|ばかリ、 せ 二、 

りしろ むしろ tO ど; i 

筵 を I:?" いて あるが, 筵から 芽 を ふき さう、 誰も 

き 5. く JS ち 

お 客に なって 坐る もの はない ので あらう。 框の 

はし えん や-つ & .S つ 

端 は 板 緣の樣 になって 居る、 こ&へ 一列に なら 

みんなた V じ, V ばん ひ-: め しろ 一め し ふ^そろ 

んで皆 長 襦祥を 閃かし、 白い 足を蹈 揃へ て、 

S せった ひ 二し が 

il^ い 緒の 雪駄 を 六つなら ベ て、 腰 を 懸けた。 

た-, £ ひ ,v ん や V 

一. 煙草の 火で も 進ぜ ましよ。 どれく。」 と 親 仁 

は 身 を 起して 入って 來て、 片隅に 掘 ゑて ある 黑 

rf ど Y つつ ひ した <!ぞ 

爐の土 « の 下 を^く • 

わか し VP ほふ S だ 、 

若い者 は 塵を拂 ひたがら 笑 ひ 出して 

い つ た ひ とつみ,.? * めさ r はん -.-v 、 

「何時 焚いた 火 だ、 親 仁、 朝の 御飯 を: W えたお 

きが 正午 過まで ある もの か。」 

?« へつつ ひ あたま !;ひ ft --a 

親 仁 は 竈 へ 天窓から 入って as る。 チト; JS つ 

I 一- JS 

た 萆 で、 

「は あ、 さう だつ け か、 御 |b ぞ. > や。」 

「は、 x V は、 さう だ つ た て え 奴 もた いもん だ 、 

そ- レ 

其と もぁリ ます かい。」 



(1 1 0; 



(紙 草 IB S) 




,ど .ーハゃ-っす くみたて み-つ わ 

「何う だ、 此樣 子ち や あ、 1^ 立 の 水が 沸いて さ う 

だ。 喜い ちゃん、 冷めない 内に あがん なさ い」 

ー齡 だ、 私、 ぼうふらが 居さう だ わごとう すッ 

キー み わる .0 ナ、 てんじ 5.5 うら 

氣 味の 惡ぃ目 をつ ける。 煤 だらけの 天井裏の 

くら, ゐ しろ み あかり 

蜘蛛の 圍を 白く 見せる 光線が さして、 ほこ リで 

£! しろ かま そ 乃 ど べつつ ひ て を ひ 

蓋の 白い 签を かけた 其 土 竈 になら ベて、 手 袖 

ひとつ ん ふ,, し f K たき 

が 一 個、 fjg はな いから、 ^31こ &で煮焚をする の 

どま A ところ お 

で、 土間の じくく と 濡れた 處に 置いて ある。 

わん み 

少 いのは ぢっ と 見て、 

ねえ 

「ねえ、 姉さん。」 

「今に 姣 になる から 街覽 なさい、」 と、 新 姐 は 手 

に 持った 銀 煙管 を 前髮の 上へ 投げて、 くるりと 

まじ AM ろ ち 5 う 

® る 處 を宙で 受けた。 

「あい、 來た、 よ いく。」 

,ひと き-し 1- く R KJ . .25 

「人の 氣も 知らたい で 憎らしい ねえ、 咽 喉が!^ 

> ど . わ ,1 

いて、 咽喉が! S いて 仕 やうが な いんだ もの。」 

し きせる こ て 

一お も飮 みたく ッ て^.. \« ごと いま 煙管の 小手し 

らべを 御 sp- に 入れた のが、 唇 を ゆがめて 胸 を 

た" - > 

叩く。 

「そら、 御覽 なさいた。 姉さん も飮 みた いんで 

せう。」 



r あ. -、 だけど も、 今朝 御釵を 焚いた おき を 探 

すん ちゃ あ 仕 やうが な い、 此方 ァ ぼうふらが 居 

い み-つ た 

たって 可 いんだ けれど、 水で 草 はの めたい し 

ねえ。」 

なに い き *1 -.; た 

「何 を 言 つてる の さ、 つ まらた い。」 と 老妓 は 一 一 

人 を 制して、 

ひ うちいし か 

1 火打石で も 借リょ うぢ やたい か。」 

は 《 す 一一 よ-つ > 

「 そんだら 早 や お 易 い 御用 だ。」 

や つ わ ネ や へつつ ひ 

親 仁 は 蘇生った 心 持に たって、 漸く 竈の 

なか あたぶ V! 产 一 ふた 

屮 から 天窓 を 出し 得た。 すぐ 釜の 蓋に のせて あ 

い し ひ - つち: as Is か fi 

つた、 石、 火 打签、 ほくち なんど、 大方 かう し 

お し 》 It. \:J クヷ さ 

て 置く と濕ら ないから であらう。 三つ 道具 を 左 

"つ て £ 

右の 手に 取って、 

「待 たっしゃい、 打って 進ぜます。」 

> » . 5 へ さ- 

こつ リ とやる。 眼が た れ てる 上に 細い の 

で、 力 チリと 打はづ しちや あ、 焦れ もしないで、 

, > はてし f か し C れこ 

また カツ チリ。 果 がない ので、 ? 右い 者 は 焦 込ん 

で、 

わつ し う ひつ 5 く V!- つ ひ と 

「私が 打ち やす、」 と 引 奪 る や う に 道具 を 取 つ 

た。 

やっかく は 5 き した せ う ちつ 

折角 蕃 まで 下に^い て 打ち かけた、 か \ る 好 

f 思 を 無 にされ た 親 仁 は、 手 持ぎ 沙汰 にな リ、 眼 を 

しばた 、 いて、 S しく 指の" を I めて 居た が, 

つ ,. i ,K? 

一 どれ、 水 を!^ みかへ て 来て 池 ぜ よう。 むかひ 



V: い.! VV> つ し み. つ かんろ tn!.v,1 

の題目堂の^5水は廿;路ぢゃぞぃ。 釣鐘 は あるけ 

V-- うち ぁキ -V- ら ,い. 

れ どお 住持 は ご ざ -リ ね え 。 空 寺 だ も ん で 、毎朝、 

にって うさ ま ひり i- (ほ ,、 f 一 パ」 , ?づ 

口 朝 樣へ俺 あお 初德 を! W ん であげ る。 其 代 5f£ 水 

ト V; と- たか つ" つに 

は慨 許の も 同 じこと ぢゃ。 へ、>^>-、中に釣鐘 

.^"-h ノふし うつ お ま -0 V 

の 影法^が 映る 山の 井ぢ や。 まあ、 飮んで ッ 

さリま せ。」 

つ n がね や ばい み そ B , で く ofo 

と 釣鐘の 大 さは、 身 を 反らして 胸 へ 抱へ る 位 

, み ゐ ば て 1?: ひつ ぉぉ-リ 

にして: せて、 威張って 手桶 を 引 さげた、 叙 仁 

二し か.、 あし ち ュ:! ら い r. と n '一-と い 

は、 腰 を; g めて 足に 力を入れて、 獨 1ー.ー2 を ひ 

* どま で ゆ 

ながら、 てく くと 土間から 出て 行く。 

1 と-一ろ ひと リ ず *- ひと ど i 

一 こんな 處に 一 人 住 をして る 人 だ。 何 虚か變 つ 

てらな、」 と 若い者 は 指の さきの 火 奴 を 吹いて、 

いま つ £ s-! 

フ ッ, (-と 息 を かけながら 摘んで 出した。 

^ ナ .Jllti-- ひといき 

「は か リ、」 とまって 吸 ひつけた ぁ妓 は、 一息 

のどかに 吹いて、 

きい V-S } CP わかだんな 

「むかしから 氣の 可い 爺さん さ。 寮の 若旦那が 

とこ r 4J んだ. ; ? r ^ £ ひと 

家に 御先 代の 叙 御から 窜公 めた 人 だって、 もう 

七十 餘 だら うねえ。 かう やって お 墓 守まで して 

a たいがい %0 > ちつ ま 

居リ や、 大槪な 者ぢゃ あない やね。 ねえ、 忠義 

わる *^ *, 

ぢ ゃぁリ ません か、 まったく だ。 Is! 心く 氣の い 

で ま, こ t 

たものに や 出來な い 事 だ。」 

おしこま しん ぞ につ-一 9 

「はいく リ ました。」 と 新 姐 は莞爾 する。 

ば か £ へ r f.- いに ち > 

「 馬鹿 に おしで たい。 お 前 け ふ は 御 命 日 だ よ 

しん! 5,, つ いぶ ^ . 3 

ちと 祌 I- に & すが f からう」 



C1 1 n 



きビる おと ら つど りで つ ひ V- て 

と 煙^ を ポンと 落して 老妓 は 兩 膝に 手 をつ 

おも だ 

いたが、 思 ひ 出した やうに、 

「あ、、 ほんと にホ戲 いってる んぢゃ あな かつ 

た。 喜い ちゃん、 お前 水を吞 むん なら、 さん 

わ たし ひ JiQ し S 

と あとから お いで、 ; 4 ァ 一 足さき へ 行って、 お 

座つ きで も濟 まして |i くから。」 

か お a さぐ よつ ち-," しら かみ あ rw 

斯うい つて 帶を 探リ、 m に叠ん だ. n 紙の 間 か 

ら 小さな 珠數を 出して、 チヨ ィと 頂いて 手に 取 

ふ シざ た な も て むキ, -なぼ と 

つて、 老妓 は 立た むとして 戶 外へ^ £ ると、 戶 

そと さ た- * ず 

の 外へ 來て、 \ ィん だものが ある。 

ひか p さ 4> ま みどり なか し 1 ん. -:, 

光の 射す 山の 翠の 中に、 こ \ に 敷いた 紫雲英 

か-と ,S +ぶ 5 • 一つと ざき こなた み 

に蹯を 人れ て、 恰ど此 時 来て、 いま 此方お 見 

たち ど どうじ あし は 二 

て 立 停まった、 同時に、 のッ そりした、 足の 運 

> た A からど お ほ W& き 

び、 たけの 高い 身 體を大 跨に づか くと 来て、 

,T; うしろ な ひと たち ど ふう 

其 背後に 成って 齊 しく 立 停まった の は、 風の か 

み な をと こ とし み 

はった、 見馴れない 漢の、 年紀は 三十 二三と 

えた。 

六 

いろ くろ ひた ひ ぬ ほ. -ぼ a で 

色の 黑ぃ、 額の 拔け あがった、 頗 骨の 出た、 

- , ゆき た ひ みじか き、 に 

い 力めし いのが、 挤も丈 も 短 い 衣服から、 二の 

うで S ほりもの あら は 

腕 腔の あたり、 文身 をした のが 露出れ て; lis る 

こたた をん な みなめ は 

力ら、 此方_^ 女 どもは皆眼を胺った。 

と- J 5 しろ み もみで 

漢は背 を 見て;^ 手 をして、 



ま-つ V ま ねナ 

「ぉ孃 様、 お休みに なります かご 

V- でつ V ま い む ごん S たづ み V!t 

孃樣と 言 はれた の は、 無- W で顦 くと 見え、 菅 

を がさ まへ 5 つむ その あし うしろ ひ 

の 小 笠が 前に 俯向いた。 其 足 を, 後に 引いて, 

み ナミ な、 こ-ろ あやむ かたち ぶき ど 

身 を 返らし、 斜に 心 ばか リ 仰向く 形 で、 淺黃 

て- かふ し, つ クふ ス,、 I- y あ 、 

■ の 手 甲 を 白い 紐で 手首に 結んだ を 上げる と 

• うで ゆき .f ざ かさ ふち と す 

二 C! 腕が 雪の やう。 鬚して 笠の 緣を 取って 透か 

しながら、 いま I い 者が ぼへ 立 懸けて 置いた、 

すみ いろ A ft つ Ksl- ん 

新ら しい、 墨色の まだ 濯れ て も 居さうな 追善の 

塔婆 を 見た。 表に、 、ゝ 、ゝ、 、信士と 書いて 

ある。 

み stts- か へ か 2 なか 

キッと 見た が、 眦を 返して、 笠 中から、 

ナビし な, ノ S くろめ «s ひとみ よ .a£v- なら 

淸ぃ、 流る >g き黑目 勝な 瞳 を 寄せて、 権に 並 

いぶかし r- たた みま, P f み 

んで、 不審げ に 此方 を 瞻る妓 たち を, ぢ つと 見 

し-つ つ れ をと こ ふ 「かへ 

て、 靜 かに 同伴の 漢を振 返る。 

I . * ふ,、 よ 

「え、 掏 一服、 それが 可う ござ リ ます。」 

5り か は さき た と ぐち cfv 

と 入 交って 前に 立ち、 つかく と戶 口に 臨ん 

あた * み は ち めら ゐ ^ 

だが、 w 邊を 見!/ して 猶豫 つて 居る。 任 やつい ふ 

と3 だ- れみと > S 

時 は、 何者か: 13- て 取って、 お掛けなさい、 入ら 

つし や いまし を 言 はねば ならぬ。 

親 仁 は 空 寺の 山の 井 を 汲みに 行って 居ない の 

に、 ol? 合 はせ た ほどの 者 は、 留守と いふで もな 

く、 いづれ も 勝手 知れぬ 7 しで あるから、 唯 

きょろ /\ する ばか リ。 

取 着が 惡 いので、 入リ 兼ねた ものら しい。 一 



ムな v,-i おも ひたすら かほ か. a みま、? 

皆が 默 つて、 思 ひくに、 只管 額と 1» を瞻っ 

S ひ ほ r*i め ゆ i- 一ろ こ まご 12 て 

て、 遣 場に 困った 眼の 行く 處、 小 松原の 中 を、 手 

をび さ かへ さ 

桶 を 提げて、 親 仁 はの そくと 歸 つて 來た。 

「え >t そら、 汲んで 參リ ました。」 

い {ゾ.- ん な SJS は IIM- めつき 

言 ひかけ て、 件の 嘗 廻す やうな 細い 眼 色で、 

ゎづか 2 い き わ. づ. A ま ふ 

少時の 間 行って 来た、 少時の 間に、 天から 降つ 

: わ > , つ ひと あた き 

たか 湧いた のか 珍ら しい 人が 新. りしく 来て、 

じぶん £ ゐ fi ん おも 

自分 を 待つ て 居た やう に^^^じらる \ Q を 思 ひか 

み 

けず 見た ので ある。 

ほつ は し,? ふさ で な, S まひ じ. * ん tJS う 》-u 

法 華で、 下總 から 出る 中 山 派の 巡醴 は、 國ー届 

ち いこ こばち ^ ゐ -ー C せん- じ ま?' Z 

太鼓と 小 撥と を 持って 居る が、 此千個 寺 詣の手 

*,v-.. む い il た & いでたち おんた じ 警 

は、 空しく 無意識に 垂れて 居た" 扮裝は 同 一 で 

きね-はん て かふ わら V- た SS さ ざ S んな み 一一 ま 

脚絆、 手 甲、 草鞋、 足袋 穿。 婦人と 見え、 爪 さ 

ユー か > と かはい たち vfci& 

きが 反って、 踵の 可愛い、 すらつ とした 立 姿 

あはせ した ち ... ろ しろ づ U.- ぶく ろ 

で、 拾 7 し 下の 乳の あた リを 鎧って、 i« の 頭陀袋 

を 懸けて 居る。 背に は笼、 眞 中に 打った 劍 形の 

r A ふお ' tt まつ た 

御 符の札 は、 頸 あた リに眞 すぐに、 しゃんと 立 

つて 一 操々 しか つた" 

あたま つま 2 ご お S.V 

天窓の さきから 爪 尖まで、 親 仁 はっく, ^ と 

視 めながら、 う つと リ とした やうであった が、 

お ご r>_ そんて ^-tf お ろ み ゼか vi ぁ羼 

落す が 如く、 其 手桶 を 下す と 、 身近に 寄って 、お 

Itfi I つへ も. * ひさ あし を かたて (ち 

い 花の 上へ、 胶 引の 足 を 折って、 片手 を 地に ゥ い 

ひと ひざ だ ^^- た ひと 

て 一 膝ず リ 出した が、 衝を あげて、 立った 人の 

civu ち. 一 ひふ- -tK つ かさ たか さレ のぞ 

向 腔の あたりへ 跪 いて、 笠の 屮を差 腿く。 



C1 12; 



OS 草 《 ^:) 



J 1 3 ン 



荷に お 
駄だ た 



^» ^ び.! 5 へ >i み ^r. 

艷 かな 髮 のふッ さりして、 前髪の 亂れか X つ 

-1 ノす. :ら か VJ なか まゆ 

た、 薄 い 笠の 中に、 眉 は 鮮 である レ 

はなす ぢ とほ しろ *■ せみ 

募 筋の通った、 色の. R い、 めッ り 瘦の見 ゆ 

あか: b ゐ け ;; ん ひん そな 

る、 俤は やつれて 居る が、 氣 高い 品の 備は 

< « つ f- ふ /- ち&と こ cith 

つた、 しま-つた 紅 の荅の やうな 口許が、 此時 

な ご み あ 一 す- -し n- ん ひとみ 

ゎづ かに 和む と 見上げた。 淸ぃ、 凜 とした 腌 

うご み す こ, 

が 動いて、 うつむき ざまに 25- おろした, 少し 曇 

つきよ に う^ ひ ^ k: むき ふ ほ おやで 

つた 月夜に た、 &を帶 びた 下向 3 像 を、 親 仁 

わす ノ よ な if の. £ 11^ じ A 5;t^t り 

は 何で 忘れ よう 世に 亡 き 蓑 岡 の 、王 人が A 命 を 

> -I- ひ K ようばう <5 した -れ 、つ す ゐ む。 一 v? 

賭けた 戀 女房で、 山 下の 寮に 住んで 居た、 紫 

といった 美人で ある。 と 言へば 餌 は 見ない まで 

i, 聞いて 知って、 こ にある ほどの 者 は 皆 忘 

れは せぬ" 

七 

け ^つぐわん ねん うへの S 

慶應: 兀 年 、上野の 戰爭 にさき だって、 江戶は 

し- i .- リ 弋また よし あつ じ マ わ む さき 

修羅の^と なる 由、 豫 め騷 いだので、 紫 Q 

e ふたおや *; に あ よめ あによめ え ど うまれ 

一家 は、 兩 親と、 兄と、 嫂、 嫂 は 江戶の 生 

かづ さ あ. ん も ^, 二ん ち 

でない 上總の もので、 嬰兒を 持って: :!? た。 此乳 

の r< 一 J いめ はリ、 一 卞 りひの P か I- チ ぶう ; ..r-MV き 

吞兒 と、 犬張子と 八 "乘で 駕籠 一挺、 紫 十六と 

い とき あつ-? り やった < 玄 き ふに たびし や. T ぞく 

„1?ふ時..寧衷の零駄を.^^ い 切で 結へ た 旅装 束 Q 

ケ.: C ち, 一 う つ .\ ぐ ふ ちゃ 5 "3*r しん としょ リ 

ま >- 横に 乘 つた 一 挺、 都合 二 挺。 兩親は 老人 

ふたり , ま あに V" ち だち 

で 二人 一 ならびに 馬に 乘 つた。 兄 は步行 立で 、 

つ HI いもうと ., は か 一- it ノー ひ. V ュ J 

妻のと、 妹 のと、 交る ん,、 -I, お 籠 脇 に 引 添 う て 、 



ぺつ -1 M S ,w とフ ,/0r SS ど 

別に 小 荷駄 馬 一頭。 大方0^!?道具は前にーニ度か 

ら 廻して &ぃ て、 これに 積んだ ゾ> は 家の 寶、 金 

tfN; め- シ め-つ お ほつ 

流の 能の 大鼓 打であった から、 シテヮ キに朱 

-っ C- た ひ ほつ い-もと ,1^.:; でん ** きもの つ 5- み E 

を 打った 謠 の 本、 家 1兀 から ijC 傳の卷 物、 鼓の 

f.: らさき T.u^^^ AKiv ん i す ,=- ぶた i 

ほかに 紫 が 愛 して、 本陴へ 泊まる 直 蓋 を 取 

み ? 1 に, ふ 0っに,^ザ-ゃ? ち ひ 

つて 見よ う とい ふ お 雜樣、 五 入? レ 能ん. 形。 小 

^^p 之 ,まか ひざい く -I "it- つぶ た. す か みたて 

さ ぃ洞燈 、江の 島 只 細工;, ン小: » ^、第 荀、 鏡 立、 

あし め をと ん まき. * 一 つも てめ ひら 

足 高の 夫婦 ii 、一時^ん 封で 掌に 乘リ さうな。 一 

し iV とリ そろ かさ * 丄 に こ ふたつ ?マん じ 3 と 

式: 取 揃へ て 嵩張った 箱が ニ倘。 E 舍源 氏、 大倭 

ぶんこ 、し ぷひ ものつ * たリ そ を .1- ら; '餐 f にん しに S 

文雎. rai^ 物 :f.-s 、と 其れ か、 し 小 倉 百人一首、 大 

お 1* 一 Z t-i いごと よし S *> うた 

,か© 古代 終で、 一枚 每に吉 野 欲で 間 をした 敬が 

べに 了く 1 こ ろしば け ^^ん,■^,.っ.i,e た *i た、 5 

るた。 お^せ、 A 粉 刷毛、 鬚 水 入、 玉く しげ、 A-j 

がみ キ、" つ V き ん すた 一- か 5 一」 こ むら!.. き そで ケノ と 

紙、 桐壶黃 金砂 子の 香箱まで、 紫 が 袖. レ熏 を留 

めた、 指の 爪が のつ いた 品物 は、 ^、しず 荷 作に 

して、 直ぐ 絮 籠の あとに つ いて ぼた。 

べつ て ま はリ い ひょう ;? ま つ ひ-二 J 

別に 手 廻の 入用の ものが 多い。 費 を 省いて 

: に だ. ひとつ おもちゃ ViK W み も,^ お ほ£ 

小 荷駄 一頭なら、 手 遊 や、 慰 物 は 措いて、 外 

の i" の を稜ん だなら ばと、 兄と 嫂 は 不足 をい 

しぶ • V; + ごこ • にん をん なよ にん 

つて 溢った の だけれ ど、 男.. f 人、 女 31 人、 は 

じめ から 九 人 もあった、 ■ 紫 は 父親 五十!:、 母 

S. とせ す 41 I 一 たと ,、 

親 1: 十 s: の 時の 末 ツ子であった から、 喩 にも 

た なぞ こ みな i がん ざし せ あ-,. かじ へ. i. りん 2 

い-,: 掌 。珠、 簪 の なリ、 豫 め1^^"亂を避 

まひ ぶたい したや くろ-^^ち^-ぅ S しき 

けて、 舞の 舞 のあった、 下 谷 黑門町 り 邸 を 

ひ r り -^^ お とラ や だま と 

開いて、 田? v« へ 落ちよ-つと いふ 時、 矢玉が 飛ぶ 



い ひ, は-し «... 

からと 官 つてお どしても、 as,) 傍 "Jil わない 

で、 くさ 草紙 や、 欲が るた、 is 1:1」- 緒で なく 

ッて はと、 あどけない こと を:, つて むづ かった 

> , * * 'はい ^ ふたおや fcrc C 

わが ま、 を、 ! 5- 愛さに 眼の ない 兩親 は、 唯 さやお 

爾 額で 間き 入れた、 おの 衣裳 を ねた ォ< > -、 

たか .i? だ .;10!>.- か おび 

ビラ z\ の 藝、 高島田、 胸高の 帶。 ふッく リ 

い: -っ u こ .<■? レ vsi*-> し sh,, 

した 懐中 かし、 箱せ こ卷の 紅 の總 がし ッと 

ふき 

りと してう つくしい。 妊の あつ い、 き リツ とし 

ぶ け f ひ? よ ?: いにん e のみ 

た、 武家の 風に、 品 は 能く ッても 1人 の 好、 

ちで つか きゃん と,/ ノ hv め すがた 

町家の 俠な虔 を 取 まぜた、 眼 さむる 姿で、 

.9 リぽぉ *T んぢ あ ふ ざ t すモ 

銀地の 扇 を 持ち、 裙 をば 引 あげ i> しな い 

0: か ご かみ え だ . 

で 来った、 ^龍に は 紙の 枝 を かざ、 ぬば かリ、 

2 る わかち う と J. き 

猿 i お 町へ ハツ チヨで 飛ばす 時と、 さして かはリ 

>-> つ i ^ VJ ,,1 ん 之 どづめ 

はない。 尤も atsw で 抱へ、 しれて K た、 江戶 詰の 

と の な --J*- い そん? s;r- く お i て あて 

藩. r か 內 かで、 其 本^ へ 落した で、 手 (Is は あ 

るな リ、 派 vi^ な 消光 はして! US たな リ、 控へ 目で 

^ じ い-つ え ど づき 

は あるが、 さして 不 E-s もせず、 ijd-::' を 卯月。 

7 か > 

八:!; と いふ の に。 

M-l ? ャ,; にい * に ^ >.-c きふ じ はふ 

泊り/ \も 本陣で、 fe: 穿いた 男の 給仕で 夕 

げ .,ゾり さき かい;:、 つ な- 1 おと さ ひ 

餉 をした V める。 紫 は、 海??」 波の音が 淋し 

» は-; おや うす-ふ. ろ だ 

いから, 母親の. S 懷 へ 前 愛 をつ けて 抱かれて 

接る。 

あか- ノき と リ えさつ 5 ま す i- おと 

さて 堯 の 接の 聲、 驛路の 馬の 鈴 音" 

^ 一 J す工ぅ vt*> つめ とつ 二 

ちとい ふと、^ 籠が 二 挺、 采馬 一二 頭、 小 



ひとつ 

が 一 頭。 

*:<5-ら つる た <J と .? » せ ご ひ たみ W- ば S -. 

^空の 鶴に 袂 を 親し 夕日の 波の 眩い ので 

« かね そ . かんけ せ i.-i あ ふ ゾ- . ' メ, 

茜 を 染めた 欲 は、 M ぬの nr でかく しもした。 慕 

れ ると、 次の 本^へ、 乘 つた I お 籠 を^ づけで、 兄 

て で ゆ は ひ け し *.15 なほ 

の 手に 結って 出る。 湯に 入って、 化粧 を^す。 

とや. A り V レっ 1 さつ ^"ん け み ど 

十 曰 あま リん十 の 造 中、 黎 の 毛 も亂さ たかつ 

ひ±_=- つ-.' SS- し.. ず な-あ を そら > , 

た。 日和が 綾いて、 親 不知 も、 唯芥" い. から 

50 S1S たみ しろ マて 

黑ぃ 厳に、 さ 5^ 波の 白い のが、 果なく さら../,.^ 

と 寄す る を たばかり。 珍ら しい 0; 鼓 を、 絮籠 

かき ひろ P ら ! Tic あ n だ い 

に 拾って 貰って、 大事に はこせ この間に 納れ 

ひ ぞ-っ か 一一 お さ 

て 秘蔵した ま、、 駕籠から 下リ ると, ハ ャ 指し 

か た i ん Tvf-S- しき ひとま つ 

た 地方の f 潘, あの 下 邸の 一 室に 着いた ので。 . I: 

ち 5 5 い *ー to/- 二 や き ZX た 

丁 ど 今 山 * の 小屋へ 来て、, 爱に 立った、 十 一 

あ 前の ことで ある。 

八 

ろな か r ちお かっか-う だい 

地方の は 手が 遗ひ、 き 好が 惡 いとて、 第一、 

は、 おや がつ てん ひ 上 はし づ: ひ 》ゥの 

$ 親 が合點 せ ず、 人 橋 か けて 搜 しあて た、 ず? の 者 

r- よ, -ば 5 ,一 ど に き た" 

ひ 女. 1& で、 江戶 から 遞げ て來 たのが あって、 -g: 

職に はじませ ぬ、 賴 まるれば 遊びが てらと いふ 

たみ . む. り. -J かみ S あによめ 

に 紙んで ば、 紫 の 髮を紡 はした とい ふ。 m 

Z i ユーと で ち. -J? で ャら 

は 子 持 だかち 餘り 外出 はせ ず、 父親 は 出^ ひ、 

あに {->-■;; おぞ むらさ *v C- ん 

兄 はまた? iSS が ある。 親と 紫 と、 二三 年 さき 

き と ち な そ C と 1,- に. -5 ば 5 つ くわん 7。 

へ * て 土地 馴れた 其 の 女房 を 速れ て、 歡-- 昔 



i あいつん 一 ま お ほ はし いけ ちょ、, 

樣だ、 愛染 樣だ、 大 だ、 池 だ、 といって 一寸 

ちょ、, で 

一 寸出 ある いた。 

に,」 き f ほか み こと ふ J ろで たか T>2 

皆が 錦 翁よ リ 他に 見た 事の ない、 振袖、 高 島 

だ かミれ ぎ すろ かる -ノっ CE-,!* き むに.. - 一にき S- 

m、 i„ ! 着の 摇の 輕 い、 木履 穿で、 紫 の 矢が す 

し Sr: "ん 卞. る. > び し でっ み、;, - ら し ゥ らん 4- 一く め ひ 

"に、 n 珍の 丸帶、 握々 緋の羅 妙に 亂 菊の 錢の 

U - ふ 一-こ -っひ あし *t み-たぶ 

ある 祐 せこ を 懐った、 襟足が 雪の やう、 耳朶の 

と は やくし?、 ぷ た i お さ うしろ 

す き 透 る、 役者が 舞臺 から 下りて 來 たや う な 後 

すがた しやう わう らい め さき 

姿 を、 生の もので、 しかも 往來で 眼の 前に。 と 

も すれば、 袖で も觸れ さうな 處をぞ ろ./, \ と、 

あ. ひ. VI おどろ め 

つ いて 歩いた 人だかり。 驚いて、 呆れて, 阪を 

さ i ; ぺ,リ5り ひん い 

覺 して、 茫乎 で、 うつくしい、 品の 可 い、 さつ 

->.1ス むナめ み? こ. T ぞ-. み 

■ ばリ した、 な、 女 の 都風 俗 を はじめて た 

そ で 一 

の は 其 時で。 

杜?; 9の 濃い 紫 なる を、 雨の 日 蛇 目 傘の 下に、 

地ず" に 提げて 步行 くよりも、 むしろ 此の 矢が 

すがた かさ リなか め た *r/\ ひで ゥ 

すりの 姿 は、 片 E 舍の 眼に 立って 仰々 しく 評 

ブ~ 

1; した。 

なん るつ たかを しろうと 

何と やらい ふ 樓の高 nsj と いふ の が 素人に な つ 

-1, め ごよ み 1: か しや L. 

た Q であらう か。 梅薛の 巾なる が、 Ig 落 本の 

たか わけお ち さ I あ ひて たれ 

中から 駔落 をして 來 たので あらう か。 對手は 誰 

だ、 それにして は、 初心 だ、 威が ある、 おとな 

み かほ V- か しろうと 

しい、 じろ.^ 見る と 額 を 齦う する、 素人 だ。 

.? ん たち 

皆が ついて あるく から、 おもはゆげ とい ふ狀を 

み い し 

ESJ よ、 うつむいて つ、 ましげ に JS*!§ 足で いつも 



a る ユー Qcl; す ひとな r* f£ 

步行 くわ。 其 •:» 澄まさぬ 人 懐し い、 近から む も 

の はおた ふくど も、 一目な リと t んで 置け, 一 

生の 思 出 だ、 髮の毛 一筋で も 货て兑 ろよ、 と 

によ., K う <: ち V- わ た よ sft そ V- は S 

女房 持まで 驟ぎ 立て、 寄る と觸 ると 其の 風說。 

かつ ま す fc-ls わか ん ど したや 

I: 時の n にか 素性 も 分って、 江戸の 下 谷から 

1ーちら にも i し. ざ つち ふ の り 

此方の 下 邸まで、 土と いふ もの は蹈 まないで 乘 

うち こ/ばる じ :5 つ 1- みうち ひ ぞっこ 

打に して、 金莽金 之丞と いふ 鼓 打の 祕藏娘 だ。 

た-,; ¥!- つちう 2» Bs. し.: ず か 一- お 

恨 長い 道中の 草 臥 休めに • 叙 不知で 駕籠 を下リ 

つた た V- さ ふ おち ふ ひ 

て 雪駄で 诸 を蹈ん だと 思へ。 夕 口が さすので 

あ ふ ざ かざ たもと しぼ かた きもの 

扇 を驟 して、 袂を ふり 较 つて 肩に かけた。 衣服 

さき 5 よ 二 ご あによめ 

は 紫 のおな じ 矢が すり。 横に は 空 駕讓。 嫂 

P 5 う 5 * びォ ひと 

が 乗って また 一 挺、 うしろに 馬が 三 匹で 一 なら 

.-_ さ ど - つち. 1 め & ど 、み 

びに づらリ と 留まった。 佐 渡から 打 通し 靑 S 

千 fij! 敷へ、 C 紙が S おった やうた 波頭で、 サ ラサ 

な ひ rt- やと が ひ さく ....-y-;.- いて ふ 

ラ とい ふ风 ぎた 日に、 夫婦 貝 だ.、 櫻 e; だ、 銀杏 

:!; ひ 二 わ + ひ く-!. すけ ひろ き、 う 

貝 だ、 子安貝 だ、 と 雲助 に 拾 はして、 舆 にの 

り、 ^山で はない もの をと、 皆が 促しても』 E 入 

- つみ くろ いは しろ 5 ふ ひ 

れ ないで、 泡が 黑 くな つて 巌が. a くな リ、 夕日 

しづ む,; さき き," の いろ なみうち i- 一は 

が 沈んで 紫 の 衣服の 色 も ずむ まで. 浪打際 

うみ な ごり をし こまか 

を あるいた とよ。 海 も 名残 を |2 んだの だと 、細 

f さ たれ み 《■?,!. ち 

いことまで 探って 來て、 いふと なく 都. 落の、 

たらさき むらつ.; き 11 や 

紫、 紫 とい ひ 鄉 した ものである。 

はんとし た ど み うへ/は わか 

一 で 牛 年 あま リ經っ 間に、 身の上が 委しく 分る 

>- ろ ほんぞん r が: * ち 

S" は. 本尊の 姿が かくれて しまって、 ぁま《^市 



n 1 40 



ひ マ ?S ^5) 



( 1 1 5; 



人の 口に 解れ なくなった。 

,r/. た . tl か <| ひ. V 5 ■ :-ー 

が 燕って あくる i. やの 春、 川 一條 市 を 隔て 

お さし;; ひと 一.; まへ .i 2 一- な. a :7- や. 

た、 下の 一 溝、 流に 臨んだ 森の 巾の 一軒家 

かい ブ<, マナ 9 み と ち 

で、 二 ^造の 櫊 千の ついた、 蓑 M といって +: 地 

の もち $ うら ちで つ ? li ふ., -と 

ili 1 の 財亲- 家の i 祭の K、 丁 ど 山の 营 になる、 

うす S ?》 一-みち r ちて. p.? さ フとん た-; 一- 

薄ら寒い 細道に、 i 門と は大連 ひで、 一校 折つ 

ビ まつ ?で き ど -S 

てつけた ばかりの 門松の? i しい 木戸で、 また 此 

や た み 

欠が す" の 姿 を 見た が。 

九 

ス へつ . » -ょ にん お V へち-つ *^ ひ 

こ、 あたりに にゾ t ごり しい 一一: ra 人の .i=< 中 を 

て §^ れぅ ゐ しろて 

手に 追 羽 子 を 打って:: かた。 白い 手の したや かの 

た- モク-ろか ぶ き だて- _» の だ い 6 さは,; ら 

が提 みさう。 其 sgi^ 舞 伎の 大立 物、 一-代 目 ザ 

A- つ!. UV- し, 2.*- ら にだ ち し 3 く ご いた ム る- 51- 

^升が 白 頭-一人 立、 二 尸、 もの、 羽子板お 輕々 と 

と たがと かぜた 

取リ、 高く 飛んで、 や、 風 立った、 たそがれの 

そら ミ お 

空に き リ と 舞うて サ: ちか 、るの を, カチ, 

ラ けと tJ ね 、- さえ ふ、 ま J 

と受 留めて、 羽 子の 昔 冴々 しく、 松 をめ ぐって、 

は ひと 6 しづ/ : 

葉が くれに、 人目 も くれたいで、 靜々 とついて 

ナそ なち と ひう, i ん ナ ., .,..-- 

ま はる、 裙 抉に 、あ こぼれた 麥は、 また 八 

方へ 吹- をされ た。 

うち r*- の を か の 

いよくお も ひ も Q か 、内せ? か、 蓑!; の 持物に 

ひと 力つ けん ^;. C 

なった と、 人の 料簡が! S つてから、 たって、 

藤色の 小袖 を 着せ た嬰兒 を、 乳母が 抱いて 眞先 

に 立ち、 下 IT か 日傘で、 小顾 がっき、 紫 は鏺 



一 C ^< つ し.? i3 ぺっ かふ 

焚 を 含ん. だモ i 袖 9 絞,、 .E 襟で、 丸 i 俺に 衝 甲の 

i 芽で あとに ついた、 一 行の啧々し ぃ宫^15が寮 

の 表門から 出た ことがある * 

わつ ふき; - おし てん A ほ ^rp た 

五月に は、 吹 流が: 大を つて 横が ケ: つた。 

ついし や . ;チ めすぶ た つき お ひ 一し 一 I * 

で1^^初が矢がすリの 娘 ^で、 次が 追 羽 子、 そ 

^*^ー*ぅで ノ-き ?に んヒょ むら 一にき 

れからぁとが宮^!5のぬ附と いふ 1^序で、 紫 の 

リノ だ い す され ひと i しづ 4 

時代 は 過ぎて、 驟ぎ 立てた 人の 口 も静 になり、 

さ し ぁ た リ 皆 が つ た 。 いまに 九 iif と 十 年と 經 

. のち け ん ,ぴ じん とうへ う 

つた 後、 で! 一一 美人の 投. m でもす る ことがあ る 

わか P こ f,- ち と. ノ、 う さ.: かうて /- V ノ 

と. 若い もの、 數が此 地で 投.? _ 小 する 最高 點、 お 

一 ^^のー^^の丸5^と い ふ ことに なる ので あらう 

が、 まづ 其まで は. « 一事で あらう. V 思った、 が然 

-., ではな い。 

^ -0 た レーし ん\- "ん ひ ら さき 

はじめて 檔が立 つ た 年から、 數 へ て : 一: 年、 紫 

の兒 は: 一一!^ になった とい ふ 年 fc から、 不 §1 に 

み,, J ち ^ ヒさ た- 1 だい さんじ らう 

品行が 可い と風說 した 蓑^ Q 常 代、 三次 郞と い 

litj くち を たき 

つたの が, せきとめた 徳ロを 雄 では づし たや 

--づ かた く-つば r だ のら r をノ Y? 

うな 崩れ 方で、 相?) へ 手 を 出す、 飲 綾け る、 女 

.2^ 一 y ひ -t- ち: にた ね み- 5C- 

狂 をす る、 路傍で .M そべ る。 とい ふ 身 持。 

おつ に;!" まん リ,, - つ さ 

i おり お. ぉを拜 見、 と 一 k ふ の で、 出で 、、 ^ 

<li せ, -li おら. ぶー ュ :ん にち み * ん v-た 

山 だ、 泉水 だ、 唐椅 だ、 と 牛日兑 Ml つて、 晚方 

ね うち-, づ ,つ. ** 7 ご 

まで ほた ものが ある, 打 水 をして、 松葉 1 ッこ 

を ^/r - 「もこみ み こ 

ぼ れ て 居らぬ 前栽 の 植込 をす かして 見る と、 木 

V-C ぞく た ぶら 5 か .^-..1,- は-ニノ ひた リづ S 

れ に ^緩し た ^ぉ乂^^ 下 を、 タ 飼 の f^i で 、 左 捿 の 



,【o ふ-で .^z t つ 

-の、 IS 袖 艷. な もの、 一^にな らんで、 

& にん W 

奥, iksj 擻へ かよ ひ をす るの が- <: 九 人、 まだく 一二 

み. ぶ ご Jv-M ま- >t A る.. 

. ^ハの € も 奥深く 間え、 太鼓 も喝 つて: たが、 皆 

ioi < つし をん な 一二 r, かた ちて L た 

廓で 屈指の 女 だ、 ァノ驗 方 はべ- 亇っ しい、 と 舌 

を卷 いた。 

■ くら Kyi せ よ., 、一- -ム ほん たく -s§ 

十二の も、 一一: 萬: fgQ 沃田 も、 本宅 も、 此寮 

も、 旣に其 13^ は 故人であった? f& は、 $1 利 貸 か 

ら 仕上げた も Q で。 

最初 は濱で こぼれた お 1 を 拾 つて 資っ たも だ 

, <•■</ ぶつ ネさ r; つ ひ *s せんごくぶね 

が 元::! の 朝 だとい ふ、 初日 を みに、 千 石 4? 

is-ls し t-u C; リニ ほ --k- ら.; はい さ 

の 持主が 船に 乗 込んで 帆: fti を! した。 % 霧の 

, . オン、 だい * や; く へ,, , *; t- し 

なかに、 あ 代の^ 陶九 平と いふ, :} が、 お 帽子 を 

ム ぶ は, ちで つ き ほ ら とっさき 

被リ、 A 丁 を 着て、 あらかじめ 帆柱の 突 尖に 

し: V ft じ r ,t.. ..r .. た ~v み s.- 「ふく 

跟ん で: « て、 C 分の 口 か、 り、 孟: 哉、 汝、 冥福 

え » C た ご r ク- に ふ.、 >2 かな 

を 得む とならば、 核 小屋に 露 {伯 して こぼれ 魚 を 

ひ, ろ & >{ へ, 1 -li,- つ こ ばん s% か ji しん 

拾って 居る、 九 平に 五 兩 小判 を へ よ、 || は祌 

n よ かな や rn 

虎に 合 ひし も のぞと、 いひ s6 ると、 てっぺん か 

う か V りう k な t た f. つ 

らもん どリ 打って、 ^^中に白波を立て 、?: t した 

が 、 す ぐ ぬ き を 切 つ. て 泳いで あがって、 首尾 

Z »!.,- いた V ea v£ かう リ ぷ 

よく 小 を M い た 。 其 が 元で 高利 を 貧した が、 

た と つび 9 うし 

あれく とば かリに 成り-あが つたと、 突 拍子 も 

ぅ_ しさ <-0^ 

な い 風 說をさ へした 位な もの。 

だい ち しょ だ,, ,* つ 

が、 :ー: 代まで は 持ち あへ ず。 初^^^か歿してニ 

代 n が、 や つと 部, isj 住から つたば か = で、 紫 



、 v'^ 7.^ .i らが そび らん ムん ラ1ノ > み 

と, 森の 中に 甍の聲 えた 攔千 づき Q 總ニ ザで、 

4 ベよ お ほん は な, He のぞ つ うち す ねん 

涛ぃ^ 川の:^ に 臨んだ、 寮の 内に 住んで、 五 年 

■*? あ いへ くら も き 

と は 持 $r へず。 家 も 蔵 も ありの ま、 で藻拔 にな 

, ,<3. じ.? そ ころ. C- つ M,- 

つた。 主人のから だは、 こ \ に、 其 顷察番 であ 

K や v- i i- な はか わ,; 一 M 

つた 親 仁に 守られて、 空しく 墓に 眠って B1? る。 

々さ- V ん 、 しん. し .6 

塔婆 グン面 0, 、ゝ ゝ、、 、信士と 書いた のが 其 

である。 

十 

あれまでの 分 だった 蓑 岡の 身上が、 五 七 年 

み ,リ な そ rj む 一- fi- - 

の 間」!^ 塵に t„ ^つた * 其" り も 寧ら & むべき 

し < ^トー.. - み .IHn 9 :ブ だ 

は、 若い. 主人 身 持で ある。 丁 ど 崩れ 出した 前 

.W* つ むらさき も ら ど 

あた りから、 寮に 紫 の姿が!0^ぇなくなリ、 何 

こ ブ 二し !> さい $ 

廬 へ か 行方 が 知 れ な く な つ た が 、 仔細に 分 ら た 

い" 若い 主ん の 放 涛は何 か 其 故 で に あ る ま い か 

ひ. it . しう 

.:、 々は いひく する-一 去年 なくなった 1 周 

紫 が 所 を 去って 七 .£-0 で、 笈を負 ひ、 頭 

f! ぶ.; -4 , Ivi せ么 :- じ t うで な 5 

- お袋 を かけた、 變った 千 個 寺 諸 e 扮 装で、 恰 

■s-.-c---* は:^ £■ て 、にや き -,. ま 5-1, 

.t 命 B、 墓 番の教 仁が 小 厘に 来て 現在 \ ィんだ 

ので ある。 おも,: < はリ はして 赛れ て! e るが、 其 

す ,-L * さ t ぶ..^ US し & ,一 V- め 

清い、 情^い、 優い、 しかも 1 ^人の し, S はった ぎ 

、- 5; 一 ,u 7 ゾ- . -ゥ i め *,J $ « 

と、 笠 7〕 裏で 下 か、 し 見上げて 眼 を 合した 親 仁 は. 

むらさき .A-0 kyKJr .5 一 し ?. み で 

菜 -か 門で 羽 子 をした 時 も 知つ て 居 一 0、 宮?? S 

で ^§ し ^ ん ま そやん % V 

に 出た 時 も 知って 居る。 ow 間になら ベた 其 お I* 



ベ ほ か". ォ VI 

樣の^ に お いて、 爺 や、 一杯お あがりと、 

しろ ざづ ( もった.; 

.R 酒,;^ 酌 をされ て、 リ 0- 勿體な さに、 ぃ+ りる 

i むせ a.; モ V- ん つ 

口ながら 咽 人った こと- - ある。 爾時は 五 fjl に 積 

ひ, 一 I- ん Ti た U t- なつせ ノ- し しる 

ん だ繳壇 の 燃 立 つ や う な徘 Q お を 敷いた、 白 

あか も. * く- J^_f ん ^. r さ ,r V んマ 5 ひ 

とおと 拱の, 花, M に亂れ K いた 中に 洞燈の 灯が 

-0-^^< かげ たま 

ともれて、 蠍 燭 影 に 玉の やうた 雛 が ま >- たく 

した わ TV, きま 

下で、 こ. * に寢 て、 ぉ雛樣 とお はなし をす るの、 

ん ひご とさ E 

と 言って た あどけな い 人で あった。 ある 時: LfSg 

あ -• Z た つ >ク-! ぜ? ざ i c め Z 

夜具 を かけた 姫熥に 凭れて、 前栽 Q 梅の 古木が 

三ッ五 ッ荅ん だの をお? 子 窓から 眺めながら、 乳 

を 抱:, たま A、 件の 二 尺 も ox 羽子板で、 

曲-つ きを « 'つて、 一度つ き あげた © を 片膝 も 立 

ほんに ち,. i と v-f ノ A. ど- ! 01 じ," 

て ないで 半 0: 落さず、 女屮 ども を 驚かした 名人 

で 、 或 に 一 一 百 枚 ま い た ^SE 多 を 讀 み な が ら -取 つ 

にへ みソ こつ つきく V 

て, 五 人の 車が. * リを單 身で 突崩した こと も あ 

* t$ ぉっぃ ト おん --ま 一 V £ と ぶんこ ム-1ノ 

る。 一時 は 爺 やが 嘆願に W つ て 、 大倭交 庫 の k 

lr._ - - fl= % 

释 をして SS- か し た こ と .VP ある -. あ リが た い 方 だ 

f I ケ :- rtt t-: 'じ や ましな た 

と 田 ふと、 5^ や, レ鼻は 源氏に ある、 山 科が 館に 

^ といった お 元, レ おとつ さん、 門番 をして 

居た Q によく 肖て Inp ると いった 口 の惡 いお 方な 

> そら t つか ? fe^^-c 

り。 怨めし,.、 もまた 窗 しく 思って、 高摟 から、 

ま た 伎 折 C か ら、 書院。 窓から、 また 3^ 殿. リロ 

一. V; ひ W 

か,. り、 ぢ いやと 1 萆か >1 ると 齊 しく、 ぶる.', \ 

« へ るまで、 いつでも 太く 身にしみた.. 寮番で 



{^广ー そ,, -...C も! Vb P 

あった t ふ - ^し に あ 俤 を 忘れよ n. : 

お 9 v- i .- ちて -t- ひ, c- 1-.-- 

效. U は 足 を つ て 片手 をつ き、 這 身で 笠。. E 

を^ い た ま 、 海鼠 に 藁 を さ し た や う に、 ベと 

. ち ひ まる » ri-r-- e 5 si 

ベと と 小さく、 阆く たって、 額 を 千 個 寺 Q 婦 

人の つま さき に つけて、 草鞋 をな め る やうに 突 

, 5?. そつ き う 

i?- して SS .ま つ た 。 其 ま x せ. えても 失 せ さ う で 

ある。 

笠 傾げて、 ぢ つと L 乂た が、 千 個 寺 婦人に、 

額 をつ け ら れ た 足 を ふ け ようと も せ ず、 ま 

胸 を厌 せて 片膝つ いて、 屈んで 搔抱 くやう に片 

て, ュぅト ;- そ oi? .S さ と 

手 を 其 背に かけて、 其 時、 かな r つて 笠 を 坂つ 

た C い ま 5 . し た が -. レ M ま i . , 一 - .1 、 氣 高い &で 

严マ - ぞ S. つ V -I ノ _| W - £ 

斜めに!^ いて、 驚 51: に、 -、 もし、 *し、錢 サて、 

«- そ: さ ご^こと 

I 爺 や 災で よかった ね。 一 と 一 言 さ う 、 つ た ば 

かりで、 眼 を, 4 む つ て 淚 をお さ へ たレ 

Ks.v ,ュ1 つ .V た -1J の 二 4. ふ. i >c 

親 仁 は 附着いた ま 離れな い、 布 子の- 货をニ 

ツー 一一 ッ撫 てて, 

つ 可い よ. - 爺 や、 さあ:、 t 二. 可い よ。 I 

一 卜 えん 1、 A . 一 

一 御免な され まし- 御免た され まし j とば かり 

で 突 伏した きり いて ぼた >^ 

i 产 ち fl うで -.ー11! t -X こめて.; み ,に> 

戶 口に 立って 腕 を 拱き、 無 1 目で 此體を 見て 3i? 

I 一 A やと-」 € たか からで A ,i 

た问 伴の 漢は, 脊高ぃ 身 體を折 めて、 むず と 

親 仁の 襟 を 攫んだ- 

一とつ あん、 まあ、 これ 顔 を 上げな せえ。」 



1, m 笈、 



一 

十一 

r あなた 樣、 あなた 樣ァ御 翁よ-つ ござ 《i す。 

だべな iL^^ 1 ナヘ f- な *- 

n 一 * は ハ ヤ 申 ?s. か ござりません。 Jt ^ 泣に い 

ふ こと は, みれ る けれども、 眞心 はよ く 知れた" 

,一力 ひ 上 る f t t し: i し,, - 5 , じ 

其 人が 留守 間に、 ? 15 い あ 人の 失せた 力 は a 

* 一ろ ,5.* 

かが 殺しで 1. 'したや. つ-; 親 仁は悔 をい ふの で あ 

> し-つ 3 

i,、《- V ; -i- 一 お { K 一-な て 

千^ 寺 力! t 人 は, 平伏した 親 仁の 背に 手 を ふ 

せた £> -、 其 項 Q あた U をし め やかに 見て、 问 

にもい はた いで 餌いて 居る。 

「こわさ、 起きろ よ。 まあ、 何てえ こ ッた。 そん 

. 一. つ みあし, f.i 

たに 附着いて ちゃ あ、 お 足が 換っ て え や C 

え 、 おい-マ ニニつ く とせ、 帶 の 上 を 叩いて. 

つ た。 

一 は いく。」 

一 ま だ • &れ ねえ や。 しやう が ね え 、 山 ノ" や 

うだ。 これ. K- 戲ぢゃ あねえ。 人が 見て 笑 ふせ 

をと 二 ち W*H r ふん- . 

え。. T- 男 は 持て 餘した か、 引 立 てよう とした。 

て に *-* く チ う ヒ: i.-A'A す たば 

手 を 耽して 苦笑した が、 取 ら.; ;て 素お にたつ 

て W る、 氣高 い 人のお もや つ.; いした、 束髮 の、 

2 - つ.' い く-つ 

艷 かた ふ も、權 の^^を人れた い で、 し ッ く" し」,; 

V、 お あし セ. 6 ;" た ひ ネょ 

,預 に懸 つて 居る。 頸 足 も j ぶ-つかず、 額 も ら 

- - _?> て しろ に f 4; ひ ぜ 

かに 手 さき も 細て 白い のに、 ^に 餘る笈 を 背 



いろ *•« ピ ヱ 1 マ , ち I 

にして、 色の あせた 洽の! 、膝に * れか、 つ 一 

it ち ^ な-一 -rl^LJ- ,? 

て 重さ-つた、 あは, si にも 殊勝た 1^ や-見て、 ぎよ 

ろ り とした 目に、 こ.,; も 暗 を へて: K た" 

»- ん li C ケ 乂. - 

千俩寺 はまた、 接 撫で 、、 

『 5^ や 何う ぞ した か ごと 問 慰める や-つ た や a 

でい つた。 これに、 IS とむ ず と:. K 窓 を あげ 

て、 

{ ぶ .. やん 

I とも ご ざ リま せぬ。 はい、 爺 は 何とも ござ 

り ませぬ。 餘 に.; J おた つかし さに、 え、、 勿 

た い。 J と 親 仁 は 身 を 起した が、 屈んだ た n で 手 

を 合 はせ る G 

^^t. J;s A-.: て た... と に. り ft 

婦人 は 笠 を 片手に、 抉を拂 つてす つと 立った: 

がホッ といき を つ い て 、 に あ 一 つ た 手 袖 に 

目 を つけて、 

一 溝水 か い。 一と い つて 親;: を 顧みる。 

r え 、 、 目 堂 ので ご ざ ります。 一 

一え、、 日朝 樣の、 然 う。」 

ぢ つと 見て、 唇 を キッと 結び、 片手 を 胸に 

»; んな 、- 1 し 1> タ ごと -- ? 5 

あけて、 is 人 は 伏 i むが 如く、 たてに 掌 を 開 

い た ) 

一 5^ や、 一杯 飲みたい がれえ ノー 

一; «ぁ がります か。 ぢ いさん、 おい、 孃樣が あ 

が る と よ 。 J 

一 え 、/、ご 



r え、 ぢゃ あた い、 か- 「、! !ぞ 持って % ねえ •」 

- P ,u. . , お --し v. 

liwA: は、. T- いひ かけて、 親 仁 は _« をのして 急 

いで 立つ。 

しゃ :^;み で キ- ^ わ.、 - . ,., モ-- 

ー杓吞 が出來 るか j^K々 々ご と 言って、 

お *-v ど ま と1* 一一 f いし わ 

+ほ、 親 仁が 土!? へ 飛 込ん で、 者た ちの なら ,," だ 

ゃォ をき よろ つ いて ay るの を 見て、 また 苦 i<v 

「ぢぃ さん、 此か ぃノ丁 1、 先« か-:' 一.^々々、 

少 いのと 二人で 耳 打して 居た 老妓 は、 ノ 

て、 手お にあった f:? を UJi^-t: てお. つた。 

一お、/ \、 其 だ、 其た が、 待って くだつ しゃ 

,っ え、、 fc. 處 へあがつ 一-、 ミぁ、 ゆつ,、 りと 

) ,に is? しろ し 

ま- :;}:=•* 二-。. 一と 何 かそ は/ ■-」 て、 itots を 敷 

いた 上 を a 足で 框から 伸 上" ながら、 手 :15! 

で拂っ て! « る。 

やと 二 X v^, じ -r V ■ 

漢?: f 干 倘寺を 兌お-つて、 

, 一す 

一 お休み た さ リ ti すか J 

W 人 はち つ .:t^s^^^ いで、 

一 此 ま X で お 墓 へ 參 リ ま す - まるの は 後 に し よ 

-っ ね" 1 

一 そわ ぢゃぁ 親 仁、 おい、 茶" が を。」 と 8^ を 掛け 

る-. - 

一. ま、 ま、 二、 へ ご-さ-りつ せえ。 一 

丁;^,、、 丁 二 k つ て、 男 はっかくと 跨いで 入ら 

う.: する。 -., 老妓 は、 ット 其框 から if れて 出た" 



■ もし、 それへ 上げ ませう。. 



十二 



「あ、 私 も, 牝 ま-つや。」 と、 い 



S だ 

ま S 心 ひ 出した の で 



も あるまい が、 先刻から 變 つたこと に 見惚れて 

A わかこ 二ん と! V. た で 

居た 少ぃ妓 は、 此時 立って 出ようと した。 

f お待ちよ リ」 

「だ つ て、」 

一 い、 えさ, まだ 貴女が めしあがらたい-ちゃ あ 



み,: ,£- 

力お!: の 



樣 だよ。 よく 兑 てお 置 



かた しつ さ、 と 

き、 ァ ノ 紫 檬と い つた 方 だ、 叱! 」 ^き 留め 

ると. 額 いて 膝に 手 を いた。 

KJ-J すこ く-み 上 し-つ ふち ち; わん 二/ 

底 に 少しば か リ^. 取 つ て 、 白い 緣の 茶碗 をん C 

むら s き /-^£ いろ み , ち" る 

んだ。 紫 は、 杠 に ぬれ 色 を 見せて、 一;^ を 

i§ ほした が. - うつと リ とした や う で あ る 。 ほ つ 

と 息 を ついて、 

ーぢ いや。」 

丁ん、、」 と、 むかう で 振 向いて、 手 を 膝に 垂れ 

てお^ をした。 

_7/: ささ くに で じ ふん .i^ つ ゐ ど にご 

「 七 年 前にお W を 出た 時分、 寮の 井戸が, ぬった 

-. -ち ら み. つ の 

か. し、 あ、、 も-つ 此 地の.^ は吞 まれぬ か、 せめ 

よ そ みづ おも か に いは 

て餘 所 の 水 はの むま いと 思って, 川 だの、 池 だ 

み たび i とさ :o ゐ 

の见る 毎に、 何ん なに ほしい 時も堪 へて si? た。 



# こ i3、 け n 一べ 

^を 越す 時 だの、 濱连を あるく. JS- だ Q 



、あ V 何 



お, くに -? 5 ど おも 

うかして、 御! :0 水 を、 もう 一度の みた いと 思 

つ て 居た から。」 

をと. J こレ: ぱ ひ まと 

漢は 言 を 引取って、 

なに 、 ここい み t 

「何よ- さっき もの-、 此處へ 行 らっしゃる 道で、 

もと .& つ firs た * しき よ 

舊の寮 だと かお つし やった、 山 下の 邸へ お 寄ん 

なすって、 主ァ 門の わきに かくれて 待って お k 

> .f. ら ! t ん,^ わん い +'fes ) i?_v 

てな さる。 俺 あ 玄關へ 行って、 頭 を さげた。 s〉 も 

い I- ちら さ £ t さ に は かり はし 

れ入リ ますが、 此方 樣. りお 邸のお. おの、 唐 橋の 

そば る ど みづ ば :,.、 だ 

傍に ござ リ ます、 ァノ 井戸の 水 を 一杯 下さい ま 

しと、 然う い つて? I ん だら の。. 一 

みづ も 

一ち いや、 ァノ水 は 最- "いけたい とね ひ」 

, 2 VJ! 、す; しゃ-つ 

f え > -、 も う 何,〕 故 か、 水 ag の やうで ござ リま 

» ゲ ぶう 5 ま る 1» じ ぶん 、にご 

し た が お 疲樣ぉ 守 になつ た 時分から II リ 

だんへ? VJ*H 一二へ 

まし;/, n 一 ffl 樣力お 2 くれに なリ ます: 力. し、 

こごと あわ た どぶ 

ぶ ッ /\ 叱 言 を いふ や う に 泡 が 立 ちます、 溝の 

に ほひ てま そ,. .J 

やうな 臭が して 一滴 もい け ませぬ。 はい、 其 

ま k で、 ぃま居リます 者も 世貝 .^6だと 中します 

る ご 

「がっかりして お出でな すった が、 お 口に 合 ひ 

ぢ S. ろ さま 

ました か、 お 孃樣ご 

.M つ つ 

; あ、、 おいしい 水な〕。 ぢ いや、 寮,〕 とか は 

= はない ね リー 

「 は い。〕 と い つたが、 親 仁 は 腰 を 屈めて 立 \ン て 

^ . . -f.:. ぬケ, ひ め 

居た ま.. -、 す、 リ なきして、 古手 拭 を 目にあて 



る。 紫 も 愁然 と^を そむけた。 



>V と-一 よ. で litis だま た 

漢 はとみ かう みて、 腕 を 拱いて 默って 立って 

居た が、 フト思 ひ 出した や-つに、 

「およろ しくば ごとば かリ いって、 そっと 紫 

か _ヒ み 

の 額 を た。 

ひとみ かへ > 

隨を 返して、 - 

ど 

「飲みます か。」 とや さしくい はれて、 何う した 

のか、 わな./ (^とふる へた。 

む. r さき て ちゃつ. ん .S 

紫 の 手から、 ぉづ くしながら 茶碗 を赏ゥ 

め ねむ わす ひ. ごい i-J 

て、 S" を つて 斑いた、 が, 忘れた やうに 一息 

の そ I;; かほ い-つ かね -« 

にあ ふいで 呑ん だ、 a: 額の 色も變 つ て 居る。 

「もう、 一 生 の 思 出で ご. ざリ ます。」 と、 氣ぬ 

つち て 

けがした やうに なって、 ばった リと、 地に 手 を 

う > 二., - つむ P ait 

つ い て 、がッ く リ. 首 垂れ た が 頭 を 擡げ、. 

「へ い、 これで、 歸, 4 ならば 歸 リ ますが、 こ i ま 

ヒ? S 

で おとも をして 參リ ました か 、し、 お 邪 隐でご ざ 

り ませねば、 おまん リ にな リ ますお 墓まで、 もう 

ひとお し 

1 足、 おともが いたした う ご ざ いますが-」 

お a だ た- & > 

あ ふ いで 一 ーム つた に ^ を へ て 居る。 

む。 s き こた 

紫 は 答へ なか つた。 

にん じ? i f ひとめ ゎォ Z 

三人が 惜に 迫つ て、 人 rR を 忘れた 此の ありさ 

ま は、 少ぃ姣 が のん どの 渴 いたの も 忘れさ し た 

であらう。 せが をのん て 見て SP たので ある。 

こ。 けい . や 1 き- V ひ i と-」 ど ま ひざ 

此^, 藝 i;.- に附 添の 男の、 土? にし 3- がんで 膝 



CMS 



cm 草摺 笈) 



m ざ 參 



一. と 
は 笑 St/ 



いくた ブ うたづ 

れも幾 も;^ いた" 

一 まあ、 何が" へい。 一と 一 ッた窓 を さげて、 

一 何-:^ か、 ま、 ぶらつ いて 歸る としませ う。. 一 

皆 が & を あ は せて 合點 をし あ ひ 、 帶 に ず を 

>-- で ひつば する 1- た な, ん 

しま ふ、 袖 を;^ 張る、 裸を拂 く、 餐 をな でるた 

ど、 ざっと あり) ぞ ろ/,、 と、 綺 魔ない ろ, (- 

の、 衣 は、 小屋から、 ば、 りリと 出た" 

むらさき ミへ こごし が 5* ,"な >^ 

紫 の 前で、 小 腰 を 屈めて、 Itw が伃 きかけ る 

み ひら かたよ 

と. .^„^-を?1きながら片寄 ゥ て 、 

しつれい い みおく は 

.「 失 澄 を、」 と 言 ひながら HJ^^j り 果てた。 

, -ら ささ ふ n かへ 

紫 は报 返って、 

一お # さ んも歸 つてお くれ。 一 

た か 

I でも ござ リ ませう が。」 と. 立す、 4 チ; J た、 

なん 1> さい 

これに は 何-て 仔 細 が あ ら う 。 

十三 

-C しん vt ち 

f 何う した、 ぉ新發 lsr」 

はま ま や でら し, うろう まへ 

しっかりした 聲、 濱の 摩耶寺 Q 適 襖の 前で、 

う-ろ あた £ な この もた y れ し み 

背後 か ら :大 窓を で た は , 此邊の 漁諫 と; え 

け ず ね まな... た すき まさ しう ろ た t- ば-,? を 

る。 宅!^ に 組 の やうな 杉の 征. • 櫚の繩 4 緒 

あつ は げた は をと こ 

のた つた、 厚い 商の 下駄 を 穿いた^ である" う 

ほ,? み ^に いと I ひな , V なら 

つか リカぶ」 て、 河 か 幼 いものながら, 習 は 

き^-5 よ こ き ぞ つぐ-つ やと C こ は ビ」 

ずに 經を讀 む、 此の 境遇に ある 男の 兒 Q 、跌足 

あ ら すな そリ たて 

で 胡 坐 かいて 砂 いぢり をす るので なく、 剃 立の 



うへ て I,- ま ^ ム ; if, うな づ 

の 上へ 手 を 拱 いて たのが、 獨で いて ット 

^へ, で 

前へ 出た。 

一-. Q ん ここ て か 3 

一 え i 御免な す つて、 此. へ 出まして 恁ぅ 申し 

、. わる ぞん r 

まして は、 可い のか 惡ぃ のか 存じません が, 

めん Z だ 一一 こ ?0 

免な すって 下さい" 此 處に參 n ました 7:} は、 皆 

くるわ も ふ だんな たい ュ 5 ご ;.' ハき 4 いうむ - 

廓の 者で、 且那に は 大層 御 聶貭を 蒙りました。 

r んち C ; 1; いに ち ^ -.. お ほ-さに 

今日 ァ御 命日と 云 ふので、 まあ 皆が また 多勢、 

さんけい 3 

ぉ參 Si をした いなんて、 へ い、 そんな こと. 3. し 

おやかた- i シ つとめ こと 

ます けれど、 どれ も 親方 持、 また 勁の 事で あり 

ひと リ にん 

ますので、 まあ、 一人が 五六 人 づ のこと づけ 

t さ さま 一一 

を 持って 來 たんで ございま すが、 あなた 樣、 

けい ご やつす わつ ちら. て と- - 一ろ 

詣 の御樣 子。 こ リゃ私 等が 出ます 處ぢゃ あご 

もっと な ! IM ひ AJe- そ ハ なに 

いません。 尤も 名高い ので、 一人 も 其 何 か、 

な、 か i リぁひ Q もの は 無 い の で ござ い ます 

わざ - *5NJ=± ま MLW > てん 

けれども, 故ッ と 掏 遠慮 を 申 上げ ませう と 存じ 

ます。 で、 同 俘 もい らっしゃ リ ますから、 次 手 

に ハャ眞 に 何です が、 かう やって 持って <| リま 

した あ 婆ァぉ ことづか リ 下さ いまして、 ぉ氣に 

い 5= くち S-0 

入りました、 リ、 あなた 樣、 お 口から、 こんな 奴 

ら tl*^J «% さん 

等 ァ參リ ましたと、 おことづけが 願 ひたう 存じ 

ます" い え 、 そリゃ 最ぅ 然ぅ お つし やる の は 知 

* ざ 一- *!ん リょ 

れ てます が、 故 ッと 遠慮 を いたします ことで、 

ねえ ど 

ねえ: g さん、 何-つ だね。 一 

と、 くる H- とうしろ 向.;" て |y 妓を 見る と、 こ 



か r- ,. ^ f . .115 し ろ ^ vfcj 

ず 愛 い _大 窓阒々 とり つくしく、 襟の 白 い、 

の大ぃ 0. が、 麵 つ、 * ひざらし では ある 

i-x み ク く-つ ; -.-V ~ 

が 汚 0^ん ぬ をサ; 5 て、 い fffi 輪 くけ た.:: を 

背から ま はして 前で/めた、 あかぎれ のた い、 

ざ *!: ち: i-y :; 、一- : えん セ 

象牙の やうな 小た a に、 穿き あまる 綠下 欲-を 

ひつ まる ぞい r- な た 一/ 

引かけ たが、 ^で臺 つきの 難の 立った 形』 手 を 

ひな ひ , ほ てら "ね よこ む づら に 

額に 加へ て、 寺の 楝に is を 向いて、 むく 面で 羽 

じ.: み ,..KS み す 

tiS? をつ、 いて る 、 大 な を な が、 り^ まして 

あ: ず つき と し に fc- 

バイんだ うしろ 姿, 年 fc に は な いで、 宛と して 

た ュも ?. J なか じんぶつ 

街 蜜の 山水の 屮 人物で ある。 

#a から 不 に 天窓 を 撫でた ので、 新發意 は 

.it どろ .^9.0 ^ふ れ ふし み 

驚いて 振 向いた が 仰いで J?.l 諫を 兌た、 し-つた 

と-. i ひ 

けた 十ば かリ の, あどけない^ に::: が あたって、 

しろ ひと め はれ 

白い のに あかりが さし, 1 ッの a が肫 ぼったく、 

ま ぶた V か につ <.;;..,- 

險が 赤くたって や 、たぐれて 居た が R 光 をう 

ち * 

け て妓ゅ さう で ある。 

かほ あいさつ れ ふし 

くつけ な 額に、 愛想ら し い、 漁師 は カラく 

つた。 

L-, 二 li ち なし や 5 て. つ 

V- V V, ぉ新發 意、 和- は 寺 かね。」 

さなけ い み しん 一 ち とな 

一 また 參詣に えた の ごと 新 發意は 大人び たも 

い か れ ふし なに ふきつ ま 

の V 言 ひ や ラ 。 恁ぅ いはれ て、 漁. 1 は 何 か 行 Tii 

つたが、 チ 3 ィと 餌いて、 

なに を し S よ つら 

「む、、 そんな ものよ, 何 は、 和何樣 はお 寺 か 

の。」 



tl 1 9. 



し-あらため てず ふ.^ を、 まば ゆ さうな: =: で の 

, V た ほ も 

ぞ いて、 ふ つ,、 りした 片頓に 笑み、 

r あの、 あんまりお 前、 無理 を 言って ねだる か 

ら それで あの、 iS るん-だ ッて、 お 上人 樣は、 

sly で かへ 

咋 夜から 出て まだお 録りぢ や あた いよ ノー 

「何, か-つ 4 は あ。」 とまた 笑つ て 天窓 を 撫で る。 ト 

. が い か 袖 n で を こすつ て、 

へ * に シが V- つ 一. r すけ ^ .1.1.1.- む-.: -:*->, ろ 

I 何も 岡 ilT か. ァノ K 助 をして JW た 時、 紫 

の 衣服 を 着て 翁 の やうた お 4 樣に、 樓ルを 

ろ ,f にん r *v ん * 一と 

拾って あげたから ッて、 お 上 人さん 御存じの 事 

. た」 み H- ん .r, リ 

ちゃ. い だもの。 ァ/ そ わ か 、り、 女房 も 貰 は 

た いで 居る からた つ て、 そわ も 何. もお 上 人さん 

. 一 。 i i 

知らたい こッ た。 そんた こ. V は、 あのお!^ に は 

書 い 一 -無 いから、 どんた にね. たられた つ て 分り 

や した いよ。 それ. だの に、 むづ かしい、 苦い 額し 

て 、 お前 來る L - は、 お 上 人 さ ん を せ め る か ら、 

そ.;; だから、 あの、 Ar^ は! e たいんだ よ。 ほん 

た う に 、 -っ る さ い ッ て 言 つてお いでだった。 丁 一 

ョ ひながら、 爾 する。 岡 蔵と Ik ふ, は、 $ ^ら 

"いんさつ t がわ-.:; 

ないや うた-. W 相で 苦笑 をして、 

- あ んなこ レー 言 は あ - 何時 開 いたよ、 お 新 發意。 

え、! つて そんな こ,' -璺 えたよ。 む、、 何- 

お -り あ 何 に も そんた こと は 知 ら れ え ぞ。 いや、 

ほんた うに、 和 化め、 守 か。」 



-? tj ゴ め しん ぼ V 

丁め-い。」 と! 5§ いて また 目 を こすった。 新 發意は 

忘れた やうに、 こんど は眞而 目で ある。 

しんぽ ち > ま f ふう y ひ. ごり 

f ぢゃ あお 新發意 お 前 さ ん、 昨夜 また 一人 だ 

しい と 4- り 

た。 む、、 知らせば 可い 二。 お、 り あ、 また 泊に 

や あしに" う-: ,w、 ち "二 

來 て 、 足 翁ぶ ッて、 蔬の 上で お 前 を 躍ら せ て 遣 

る. たッ けた ァ、 淋しかったら-つ。 猫 和 W め、 

い、 年 を か-りげ て、 拂 子の や う た,:! い や つ を 

やし てた が ら、 畜生、 何虚 へ ^を 掘り に 行き 

にヌ かほ し S も 人 二 

あがった か。」 と 苦い 顔 をして、 緊 つた ; 文 宇の 

大口 を 弛め て また 微 に 笑 つ た 。 

十四 

岡 藏は フト思 ひついた やうに w 邊を 見た が、 

鸾は まだ 屋の楝 にお て 、 H 向で 此 折から 羽 づ く 

一り ひ をした。 が、 けろ リ として 嘴 を 腹^に さ 

し 一-凝と した。 

「 . りんきな 狀だ。 JA- 投げた やうに 云って、 1: 藏 

はまた W 向 いて、 新發 意が 目 を こすって 居る^ 

のぞ 

を 硬き 

f そり や、 然 うし-た、 ぉ新發 意. - かお 寺に お 

客が あ、 りうな。 一 

11" 一- \- す. - ひ 二" h ぱ 

一 どんな ごヒ 袖口 を 引 張りお して あ をむ いた。 

【どんた ッて 何. よ、 六十 六部よ。 え、 ぢゃ あた 

い、. 巡馥 か、 そら、 何よ。 ァズ 何とか 一 is は あ 人 



お V ^>,. ^ J ド •_!„>」 A ひづる 

題目 を 書いた 御札 をし よって、 笈 かついで 

v<- に、 r. うた ゴ 

る、. 何、 千 個 寺 か、 むに、 モれだ 。一と 額く ヒ、 

しん ほ ち I- 、 ろ 之 たま ヌっ 一- ん ( 

新装 意 も 意 を 3^ て、 跌 つて ん" 々々十る 。 

一 W よ、 女ば かりの よ。」 

また 額く。 

「え、、 ニ入逑 だ、 婆さんと、 小ノぃ 二十 八 九た、 

さ ひ. MI-JM 一- ヒ .;,; か- --リ み , い 

む k、 C 〔うだ。」 と 一 -i ぎ に, 岡藏は 身に 力 を 人 

乙 : 、 

「來 たか、 ぉセ; へ、 え、 る。 然 うか、 何虚に 

ゐ 

居る の」 

たに そ ん 二た に ru 

と 何 かそ は/ \ して、 其 M を 穿いた 毛脛 も 

かほ め まゆ はたら 

がた/ \ しさう に, む,、 つ けた 級の H も 眉 も 働 

-- み 一一 つまだ 

いて、 寺 をず つと 見込んで、 爪立った ばかりに 

み 、た.; ど にる .i^ -, んた ふば 

あたり を sj た。 片 折 一:^ か ら遙に 卵 塔? f を す か し 

とー 一ろ 

た虔 を、 

なん しん ぼ ち さ い -, き ま 

「何 だ い、 j と新發 意に 然ぅ言 はれて、 激した. 

い 額で、 背いて 尾の 棟に 吸 を そらした。 

一 何う だ い、 ^ァ野 面 だた あ、 ぉ新發 意。 一 

L_ つ- 力 ぬ 事 を 言つ て, また ffi を 見合せ た。 

キー や,' Y- ま ど 

一 お 客樣が 何う したの ご 

一 何よ つ え、 と、 何ぜ もね えがの。 5 つき 礎で 

もって、 其 二人 づれ に、 俺 あ 此處の 此のお 寺の 

名 を 開かれた わけよ" 二人とも 笠 を かぶって 居 



(1 20; 



'If. p w ^、 



す なみら >^-,-す,- --? 

たがた。 かう、 まめ、 ずっと 砂 を UM^ に 一 町 

ばか" 行った 處だッ て. 敎 へたが た, 何 か、 土-地 

は 初めて T り 様. だ" 殊に ハ ャ! H にあぶ ら. 4 ちゃ あ 

,5 . -- < ろ ,"と こっち ん-さ 

ねえ,, - ; S 々しい、 心 許ね え U あっち 此方、 笠 

なか へ:; そ,^,, か み 

の 中から, え, 何よ. 其少 いのが すかして 見な 

ノ r とす V み i キ ん じょ ち. 

がら 行った わけよ。 一條 道な り、 近所に 家 あね 

*-o なか 7 り ナ.! J はらみ S 

え、 一: r だ。 あの 松 S 屮の寺 だって、 砂^見讪ー 

し の此&^ へ 見當まで^けて敎へ たから、 見 はぐ 

**n お ち ど 二 ニ、ろちと 

して^^^;-ゃしま い と思っ たけれど、何處か 心 許ね 

なん ひとあし い -, ?に 二 つ-一: 

え。 何の 一 足 だ。 つ いて 行って 案内して、 .fs^ 手 

を し-う ばん .fclj * ゴん などう. 一 IHIJ 

に 和尙に 一番 驗ら してやれ。 女 同士 だ、 母;^ 

さお. * , - 

や -っ だ と然 う 思 つ 一 - な あと か ら つ い て 來 よ 

. つ とすると、 え、、 ぉ新發 意、 居 合 はせ た 奴ビ 

み み や 一 か 

もが、 むね ちゃ あれえ か。 見や、 見や、 ^ ァ 

^ > .1 や. な ??, ?, - たに 

千惘 寺の 女ハ あとに,、 ッ つか あ、 道中の 何 か を 

W 、 ..-rt {4 ばと た, に *! ん S 

狙 ひや あがって 汝ァ. E 鳩 だ あ 谷の 庵のお 比 

丘 尼 をお ッ ば ら ましたの もお 前 ど ら う ッ て 、 汚 

ら はしい こ と を :一 一一 C ふからの、 俺 もむ く わ 切って 

みぷ ?, f 了 t- t-ま 

0MC は せ た が、 何だか 懷し いやう で 煤ら ねえ か 

ら、 我慢が 出來 ねえで, 實は 皆の H" を かくれて 

fe, に *H M -ー どち 

たのよ。 何 か、 衝を 兑られ る やうで、 子供 Q 

s、 *in s ^ わ * 

お; S にも:^ が惡 い ,モぶ つた やうな 次第の もの 

よ。 つまら な いわけ だ 、 た あ 、 お 新 MM 。 J と 來 

14 つ ふ "む や 1*,: つ riri:6 

た 方 をお *, 向 い て 岡藏は 心 咎めが する らし かつ 



た。 、 

新發意 は、 いた いけで、 j 

「あの、 然ぅ、 二人とも 先刻? b にの。 摩耶 夫ん 一 

5 チ *sn ssa だう すれ i 

樣 にお 參 をして 、 本堂 に ^ つ て おいでだった か 一 

ら、 お 上人さん、 留守だった け,;; ど、 休んで ご j 

ざ るが „^ い つて、 お 位ぎ 堂 のわきの 小 "illig- へ 通" 

したんだ ノー 一 

「え、 不思議 だ。 本堂に 坐って、 小^ 救に 通つ 一 

た。 む、、 ぉ新發 意よ くして あけた。」 一 

十五 

一 

ち たに - - r つ 一 さま しん-ほ ち 

f 然して 何 か、 ぉ,^-3^樣とか、 ぉ新發 意と か, 一 

お n . かた 、, 1 

はい、 とか お 難ラ, とか もの を 言 ふや" え、 一 

たに たれ さ おふし <^ 

もの を: 何、 え、 誰 だって。 然ラ よ。 でぎ く 

ッて しゃべ らな いと 「4 ふ 奴 t ねえ けれど、 其虔; 

7: ユカ 4。^ じ 一 

が 何 だ、 チト 其、 もの だからよ: それ、 千 個 寺 

*,.< な ^ や, と ... B 一 

の 女 はまた ふ こ と が 此 人 方 等 と 違 ふ だら う か 一 

と 思って よ。 え乂、 何、 -せ つた ッて。 矢 張 あた! 

"まへの、 袖 を ト や つ て 、 足 を ト やって、 ゆ: つ 一 

たか。 え、 む、 然ラ かた。 あんな 人で も 矢 張然ー 

す&た „ 一 

- つかな。 ^つたり、 立ったり する だら-つか。 で 一 

ど こ M ど 一 

も、 何 處か違 やしね え か。 あたり まへ か。 何ん 一 

な.^^だった、 む、 なるほど ilsn^ られ めえ" はて 一 

た. それ だが、 何 だ、 え X、 おら あ、 こり や、 



何う かして 3i? らぁ。 一 

しき =- に. あせった が、 FI 藏は ホプレ -a.} をつ い 

て 空 を 見た、 

ー0^れぇ、 お 親^ 意、 狀ぁ、 野 面 だぜぇ J おは 

け 7," t して £5 たので ある。 新發意 は默っ てし 

V- い 

まって * 聞く とい ふより は. むしろ もの を $e ふ 

^一お を OJ て! IW た のであった。 

一む-、 そして 何 か、 番茶で も の まして くれた 

H_ つ」 

ーぁ气 土瓶で 出した。 それから、 い" 豆が あ 

つたから 其 を 持って; 仃 つた ひ。 I 

岡% は ほた.,.,、 して、 

-aE えた、 其い"::? 一 にゃあ. が くぜ。 ぉ新發 

意 あ 利口 だい。 む >-.^、 よ,、 して あげて,、. C 

た。」 と 然も 嬉し さう である。 あまり の樣子 ッた 

しん ほ ち -? 

らたいから、 新 發意も 怪しく たった か、 

し ひ. M 

一 あの、 知った 人。. 一 

たに なに べつ なに し ひと ジ 

I 何、 何、 別に 何も 知った 人と. ームふ のぢゃ あたい 

が、 その 、何よ" 一と こんな 幼 いもの- - 前ながら、 

岡藏は 口籠る。 トぢ つと 其 餌 を 見て 居て 

S, 一し 4.it ^^f.-i *.! ん 1,-、 ろ 

『ぁ\ 錦 翁のお 發樣 かごと、 禪 心あって * 

ま5 5li 二 ちう 1*Gi?n- いかに とつ 

阒 いもの、 五本の 指、 個 中 物 有 これ 什麼 で、 突 

柏-十 もな い こ と を 一 したやう に、 附 かぬ こ レ- 

を打ッ つけに いった。 



i 2 



- ——か 
' 野の 何 どし 



岡", « 吃驚した。 

r.ss-5i を 一 H は あ、 勿體 ねえ。」 

「それ だって、 うつくしい. < だか、 り" あの、 モ 

ひ. VM- ぼ あ はつ なに jyj 

1 人、 お婆さんの 方 は、 何 か いろんな こと を 話 

すけ, や ど、 きれいな 人ァ そんなに f ム やしない。 

わた „> ゆ に. J ん りよ ^,/;だ-ゥ 

私、 傍へ 行きたい けれど. 遠慮して るの。 本堂 

一に.、 ま かほ やが す 二 !!っこリ 

の 佛棵、 やさし い^して、 拜 むと、 少し 莞爾し 

ておいで. たけれ ど、 何だか 勿體 ない もの、 傍へ 

寄る と、 でも、 叱り さ うぢ や あない けれど、 恐 

いや-つ だ" t ケ いの だって、 お,.^. 人さん、 然ぅ 

また。」 

i- う き . 一?^ 

とお ぼろげ な こと を:, ふ。 岡 蔵 は 開いて、 案 

じて ill? て、 

ひレ し ゐ い 

一む、、 そり や 人品よ、 威が あると 云 ふ も の だ リ 

え >- と、 小 座敷に 二人 かご 

そ し t ;々 f さつ 

I あ、、 然して ひっしゃり 刚切 つ て あるの。 先 

刻 t そッと 行つ て た、 し、 分. しな いんだ けれど.、 

泣; J- てた や. つ だ。 だか、 し 何う しょら と 思つ て、 

tjjf うはん さま る す 

お 上人 様ァぉ 守 だし、 こ \ に ァノ、 そ れ で こ 

こ に W るんだ よ ノー 

ふ ビぃ -.-..:-」 . ひと 

とたよ リ なげな 風; W である。 此兒も 人 なつこ 

い、 愛く るし いので G 

一 ひ 付す > ねえよ、 ^dぃて:wたって。 はてな、 待ち 

ねえ、 小^ 敷に K ると.,! ムゃ あ、 何 だ、 ソッと 行 



•»s うて だ み かへ たクリ 

る こ ッた、 と 兩手を 出して、. . : 見返つ ちゃ^ 豫 

しん. U ち から-; >5 ナ S- 

ふ 新發意 の .:55? 體を 遠く か 、り拘 つ て 押す や-つな。 

仕方、 手眞似 をして 居る" 

微笑み ながら 額 いて は、 少 しづ 、前 へ. 出て、 

こ ざ 15 ミ おも しで つじ s- ち ひ .li け は ひ 

. い や 小 座敷の 前と 思 ふと、 障子の, 裏に 人 Q 氣勢。 

ま た 猶豫 つ て 、 Hii を 报 返 る.。 . ^焦って 押す や 

て あ VJ VJl-- か うな ゴ 

うに 手 を 上げ下げして 烦 しがる U ま いて、 ま 

よ き ダリ わる にに さ.,. J 

たコッ ソリと 寄った が、 秘が惡 かった か、 .:^ 前 

す. 、かく すぢ. f:. ひ S しん; iS ち 

を 直角に 切って 建. に ッ 、 と 外れた。 新發意 

ち ひ つ 4 やま しん I ね ざ、 がく ぶたつ 4! 

は 小さ な の 下の、 极笹 f ほ れ にニ坤 ばかり. 9 

いび かきつ プた さ ゐ ュ 5 た 

池が あって 杜 若が いて ほ る 、 其 ふち に 立 つ 

て ,3と あき *>M ザ-つ か 一 M 

て、 手 Q もの を 落した やうな、 呆れた 岡藏の M 

はるか み かへ しょ V- い tcu- リ 

を遙に 見返って、 所在な く莞爾 した。 

S けね. くち うち つぶ? を か ザう び 

「不可え/ \ 。;- と、 口の 內で 眩いて、 岡 藏は伸 

上り. ざまに 手 を ii^ つた。 

新 發意は あどけなく、 いやく をして、 また 

K つ. Jn- その い,^ か, -. i ゐ しき 

お ル爾し たが、 其 ま、 池の ふ ち に 屈ん だ、 圆ぃ 

は緣 下駄 の 上へ ちゃ ん と^ゑ - しれた リ 

&か V5 < せ しん * * 

むか-つで 岡藏 にます (- 焦られ て、 新 發意は 

4 つ, a -J る ill. ザ- i なが の 

俯向いた が、 逍瀨た さ、 うに 指の さ さ で 長く 仲 

びた 杜 若の さ き を: «ん だ 。 ト 葉摺れ が し 

ひお, -に ラご しん^ ち つくに 

て、 一菜 サラ くと 動いて、 新發意 9 跟 つ て づ 

つどして ほる ^ が チラ リと 1^ れ る や う に :;5^ え 

た" S- に、 



^ ? つす し £ 

つた. し、 前 te? から 樣 子が,, れ よう。 何う かして 

モ 一 度 た い. P ん だが、 え、 ぉ新發 意、 お前 さ 

んも 何なら : 絡に 述れて 行きね え、 そっと 見よ 

う"」 • ■ 一. 

一 だって 惡 いから。.」 

, ハ らっ p." 1 き, み, 

「可い やな、 こんな 郎ぢ ゃぁ惡 からう。 氣^ 

ei わ. とほ i ない 

を惡 く さ ,4 ると 惡 いで、 お ら あ、 遠 くに, て內 

しょみ m へ をん な こ かま 

や』 で 见. し あ 。 お前さん 小兒 だから 女の 兒は構 は 

ねえ。 えい、 おい、 然 うしね え。 だか、 し 叱られ 

よし S 

たら あやまる ことよ" 可 か、 さあ、 さき (行き 

こ も どし こ.. ば. つ 

ねえ" ついて か あ。 あ、、 小::ルを出に::小^^ 

くもな 奋 生::」 

うした のい」 

つら - を か- V5 すく と ,よみ 

面な もんだ せ ごと- 岡藏は i 君んで、 蔦 を;:. ル 

十六 

ち ひ な 9 えんげ た :^^-;ず i の 

小さな 身 體に緣 下駄 を 引 招って、 靑く 伸びた 

乙ば う: しん ほ ち くろ ^-^ むく すがた 

芝の 上 を、 新發意 は、 黑 ぃ帶で 無-?? の 姿で、 ソッ 

と 小 座 < 蚊 ゥ 1- に-つかぐ ひ 寄る。 

- ズま ぞ _っ け. に き ど たん かたあし S た 

一 岡藏 はずつ と 離れて、 木戶の 巾へ 片足 を 跨ぎ、 

一 はん. に U い かたあし « いだ- i う 

一 牛 身 を is- の g: へ 入れながら、 片足 はぬ i: に 浮か 

一 1^ よこ かほ だ $ あ 

一 して K、 横にな つた if を 出して、 構 はぬ、 開け 

i こヒも だいじ き さか.:. 

i い、 小兒 だから 大事ない、 氣に 逆ったら あやま 



(抵 草 tK 



あ- 



5: 



」 と^ん. だ、 k+ 子の 褢で魂 切る 聲」 吃驚 る 問に 立って 出で、 え.: K を 見 しても、 き 原^ 

方 を 見遣っても、 濱 fe の屮を 透かしても、 右 を 

て も、 左 を见て も、 目に つく 蟲 一 匹 這って 居 

ぎ や -o,- ヽ てん 2 つ た. U と,. -ろ 

らぬ。 あま リの 仰 々しさに 顒-^ した 胸の 轟く 



し て 、 新發帝 ^ の 香 は 由い 兔 が 飛ぶ や う に 築山 

なが かく や £4 Z 

のうしろ へ 流れて 隱れ る。 岡藏も ハツと して" 

かげ しゃ v> 

藤へ ffi む。 



十七 

し 5 うじ すきま て か- * ごと そ-? なか 

障子の 透 間に 手が 懸 つて、 急いだ 如く 其 半ば 

ひ い- - - \,> の & が 5 ひも ゆ は 

を 開く、 ト板緣 に 載せて ある 小 笠の 紐 を 結へ て 

つ おひ うへ . いろ きぬ 、 A 

附 けた 笼の 上へ 色の あせた 衣ながら, 衣紋の 

- - つつぐ かほ たばね 

正しい、 1^ の ある しい 額、 束髮. をつ や、 か 

み- て か. k おや.: .s- す, こ , 

に^-にかけた、 手 W- のま、、 親指,〕 さき を 少し 

あ しやう じ た 

く 開け かけた 障子に かけて 立った の は、 11 昨 

<Jt ユカと ま や でら ゐ むら V」 き 

日の 其 時、 瞎 耶^に 居た 紫 である。 

をった rf-c ざん いさ 一 J tMi ひ 

i!" 海 は, 傲の や, つ、 砂の 濱 にさら^, \ と H か 

J It か る さ な ヘリ みづ ねざ- * かげ 

げ がさして、 池の 巾 は畫の 最中で、 水に 根 #1 の 蔭 

/•0 一一い, ゾリ- • さ か きつば た はた しゾ に か 1- か 

が く、 濃 紫 の 礼お の 花が: y んで、 葉 さき 幽 

5 よ ん avj に は み S ゆ 

に戰 いで はる" その ー面の^^をぢっと見た。 眉 

は变 はしげ に、 淸ぃ H がう ろ, して 居た。 

とリっ *• つし ろ あわた V 

「何ぢ や。」 と、 取 綾いて、 背後から 慌 しげに 

た き おひ わき ん た;' ざ 

立って 來て、 笈の 傍へ、 これ は 片膝つ いて、 も 

まい うじ みな あ に は vsv み ま 二 

一枚 障子 を 右へ 開けて、 齊 しく 庭前 を 2^ 廻し 

は、 44 や み 

たのに、 母親と えた、 七十 あま リ 3 老女で あ 

る." 

*1 い 、. S さけ life み 

消え も 入り さ-つな 現- ト 叫び 聲、 あた やと! SSJ 



のが 耳に ついて、 肉 が 動く やうな。 女 は、 ト 

み .0 み は ゐ v% -っ 

見れば、 ぢ つと a を睇 つて 居る が、 陸に も^に 

も 何事 も 無い。 うっかりした 樣 子であった。 ど 

おひ ちひ ひと 5 

ぎ まぎしながら、 笈の竹 を 1 ッ拍 つて、 

「これ。」 

「はい。」 と、 は ッきリ 答へ た。 

「何う ぞし たか 5-、 けた、 ましい。 何ぢ やった 

一 てっか ふ ,JU 

ぞご 吻 とほぶ 丄吐 い て、 おなじく 手 甲した の で 胸 

を 撫でる。 



立った 紫 もと いきをつ いて、 

ご 

_ 御 

たに 

何 あやま る 



母 樣、 御免なさい まし ノ 



「え、、 何 あや ま る こ とも 何もた い が 。 ま、 

ま、 ぎ 事で よかった。 お前つ ひぞ ない、 何う し 

かん おろろ み 

た 9 ぢゃ) 癎 のせんで か、 恐しぃものでもw^ん 

ました か。 一 

, んに >> なん 

一 い、 え、 艰忍 なさ いまし- つい 何で ございま 

てら 二 SV う あすこ きつ 4i た ひ 

す。 寺のお 小^さんで せう、 彼 處の杜 若 を 引き 

しゃ. r じ 十き み 

ました の が、 障子の 間から 見えた もんです から、 

私 はもう 吃驚 いたしました。 一 

こ やう さま かき っぽた 二 * そ i なん i にく p 

一 お 小^ 樣 が 杜若を 撮ん だッ て、 其が 何の 吃驚 



ぢゃ" を かしいて はたい/ V" iif じ、 しれる、 1™ か 

せて おくれ。 一 

よ おつ.! ん rj とさ > 

一可う ございます、 母樣〕 一と f みつ. た 時 は is 

いろ つ a , 

色 も 常で あつ た。 

「I: も? « す こと はない に、 はたして お聞かせ、 

ま ^ V ラ liiY, ひ いろ と , 

氣に懸 ります。. マ 疑 の 色 は 解けぬ。 

「祕します ではな い 0、 母 樣。 ぉ氣に 懸リま 

S 4 ました ^5 C こ 

すなら ば. & しませう。 あ,〕、 山 下の 寮に fgJ して 

i ばつみ. -0 , !;. -っ 

參リ ました 坊やが-一一 歲 にな リ ました U あ- -、 T 

いま じ ぶん い そ., 5 ひぶ 

ど 今時 か。 一と: 一 e ひかけ て、 つく.,? と?:! を:. 跣め 

て、 

f 唐 橋の 下に 池が ぁリ ました, に、 杜 が^ い 

て て、 ちょこ -.-(^ あ る き ま し た も ん で す か-.:'、 

乳母 さき へ 立 つ て 紙け 出します。 ァレと 1ム \ ノ 

て 飛びつ きました が、 水の 巾へ 落お ましたの。 

3;-^、きと?4^と三&で、 ケっ や つ て、 緣 側に 立 

み っー t-cwn- き S 

つて て リ ましたが、 吃驚いた して 氣か く 

*—; むし r. ;、 2 

な つ た の です よ。 坊 や は蟲も 起. りな いで 何とも 

. わたし ひとつ *\ ^ 

ござ いません か つ た。 私 は そ れカら 一 おは 力り 

寢 ましたの。 を かしう ございま. r こと。 其. &ら 

ち ひ みづ , ^一!,. • 

はもう、 小さな のが 水の ふち に をり-ますと、 何 £リ 

おも かき 『ばた さ ゐ 

でも はもく 思 ひます のに、 杜若も いて ほ ま 

ぃブ -び ちゃう そ C おき キに 

すし、 池 も 池 で、 丁 ど 其 の やうな 氣が しまし 

お もぶな そこ -rl た 

たから、 落ち はせ ぬか、 危ぃ、 と 其で 聲を 立て, 



1 23 



CI 24; 



其,) 

く つ' 威ん 



たんです よ。 ちかごろ こんた に 吃驚した こと は 

ぁリ ません。 #、 お驚きた すった でせ- ス ^5 

へ あんま リ! 一と 一; ム つて 紫 は 笑って居た。 

十八 

ぞ * パハ, tt- しんお ち っキ 4i かげ ね ST. 、一- 一 , 

丁ど此 折、 新發^ は <丧 出の 廣 か-り 极被 越に、 

K 取と 其 愛く るし い 額 を 少し 傾 け て 出した。 眩 

、眼で、 これ は 驚かされた 聲 9 成 行 を つた 

のであった。 

が心づ か ひをし て115た千侗^11"は、 少 いのは 立 

ち、 老いた るは滕 をつ いて、 二人とも あから さ 

-, おひ み わる 

i に緣 则に笈 がくれ に えた の 一に、 惡 いこと で 

も 見 付 かった や-ひに、 あわて . -、 か,、,;; よ う と 

する 

た..: さ ざ はな -っ, t; づ » 

ト いま 紫 の 話す の を 額き/ \、 E をし ばた 

た い て、 • 取 へ な い 風 だ つ た 老女 が、 S 疾く こ 

れを 認めて、 

「あの、 もし、 お 小-ぎ 樣 ピと 萆を 懸ける。 

呼ばれて かくれ あ へず、 :^^^窻は間の惡さラ 

に また 颇を 出し 一」 舰 いた。 

「おいで、 おいで、 こ、 へお いでなさい ごと 1^ 

r£. て, ** れ す ニナ k ^たはら n ん 

女 は 手招きす る。 少し 進んだ が、 傍 に麋 とし 

た ^ さつき たゥ •£ x^oi k- 

て 立って Iw る、 先刻、 馕 しいが 遠慮が ある、 叱 

一 、は い ひら さき 

られ. さ- r に はた いけれ ども 恐い と 云った、 紫 



あ, せ む-: :3 さ 、言 3 

蒼い の を、 紫 は 瞬 もしないで 瞻 つて S る 

_ ふつち H *" % 

一 老女 はす". 寄つ て、 

さ Z ; つつ- i 

「いろ- たこと を 聞きます が、 ぉづ ixn. 樣, あ- 

r 一つん 、 /クー-うさ" し 

たた、 母 樣は 御存じた いが, 父樣は 知って お 

いでな さる かい。 何とい ふお 方だった。 え. お 

一" ぞ つ,. かほ のぞ と r む.:: さミ 

小 樣。」 と 額を視 いてから 問 ひかけ た 紫 は 

Z& かたはら 

思 はず, 萆 を かけて、 傍 から、 

おつ.;; さん S. 

「 ^ 樣、 そんな ことおよ した さい +i しょ。 S ひ 

だ な わる I , 

出して お 位き です、 惡ぅ ござ いますよ ごと. 4 5 

へて _k ふ。 

「あ X、 左樣 だった か。 左樣 だった、 左樣 だつ 

くち しんば ち .5 .4.4 し 

た。」 と これ は 口 をつ ぐんだ。 斩發意 は 不審げ 

に、 こすって 居た、 た:. -れた い 目で 振 仰向い 

む かほ み tfj =1 ろ 

て、 うっとりした やうに 紫 の 額 を瞻 る。 ト 、も 

.ー ソ 

付 いた もの であらう。 

一 お 目が 痛みます か。」 とや さし,.、 然 -2 一二 つた、 

紫 は: W めて 機 si ンぃ 、面色で ある" 

f 歸か あたいの、 & い。」 

「& いの。. 一と あう むがへ し-, ニムって、 紫 はし 

ヒゃ かに 出で、 I に 屈んで、 手早く 一 ッ ほどい 

-. h-^ しん ぼ ち お ic が ひ 一一 

た 手 甲 をはづ して、 新發 意の 頼 にかけ た、 手 

あつら か すニ .fl ほ そむ 

が 唆 であつ た が、 少し ふるへ た。 綻を 背け て 

は-お t; か.: , 

母親 を 返り な から 

f H もら ひです よ-. 一 



に 惯 あって、 新發意 は. さ- ゥ なく、 近づき 兼 

ねる ので ある。 

ひとみ ふさよ ひ,: -:s .. へ リ 

,人 見 をす るかの。」 と 老女 は 紫 を 顧みた。 

^ むらさき 

「遠慮 をす るので すよ。」 と 一 みつた 紫 は 

め 51: くちもと 

の あ る 目 を 和ら. け なが ら、 口許 を やさしく 

かた ひ しん 〔1J ち はるかみ I 

ゃラに 傾いて、 -. や つ と 新發意 を遙に た。 

S ひ 上 .a ほき ? た 

^うする と齊 しく、 大な 歉 下駄 を やりち が へ 、 

I めみ かへ 、せ. I もし どろにば たくと ffi けて 来て、 

緣先 でお まると、 

「あ い、. 一と 一; ム ゥ て 嬉し さうな:::. a をす る。 

ご めんだ. 5 *5 リ がた タ-ん 

「いろ/ \ 御 面倒で 難有ラ 存じます。 あなた、 

幾歲二 たリ ますえ。」 と 老女が 聞く" 

一, T .- 。一 

一 あ \ お 十 一 かつ 3k 時 此ぉ寺 へお いで た さ 

れ たの。」 

『去年、 お父さんが 亡た つてから ご 

, モ化 か IS いさつ レ.^ 、r-t 

一お 、、まあ、 せ; はお ザ哀 相! ■.:、 そして^ 樣は 

-ー 〈- . 一 一 

「存じません。」 

ご t なに «• つ 

『御存じない のか: それは4^-ぁ、 そして 何 は 矢 

- - 一つ ま 

張此處 のお 生れ かい。 一 

r 然 うぢ やない 8、 彼處 から ァノ海 を 渡って、 

し にん S S ふね の き い 

お 上人 樣と 船に 乘 つで 來た。 一と 云って、 ラ つむ 

• 一 iB- しら tt 、 おはき , 

いた。 襟の. rn い、 耳の 人た つむりの す っぽ と 



、« 摺ぉ 



2 5. 



十九 

乙 fyK -ti ォ" な ひ t 

I それで はお 小せ!^、 禁. S をして ぉ賀 ひな さ い 

め ^ でよ つと し かた 、ひ, y , 

目 もら ひと 一. ムふ もの は、 一寸 仕方 をして 人。 

J むすめ むす I なば > うい V 

末の 女兒に 結んで 貰 ふと 治ります。 丁 ど 可い、 

こ わ も, J ばん こ やくた- 

この 女 は 私が 一番 末の 女お や L お 役に立て i あ 

ま し 

げ ませう。 っひぞ 未だ させた こと はないて 知" 

き -X た-つ なば 

ますまい がの、 む.^、 よく; く、 現 ("s に、 45 り ま 

し かた ,r たし こ i てっさ も 

す" 仕方 は 私が 敎 へます よ" お 小 樣、 まあ、 

此處へ お上りな され ご 

ら むらさき かほ 

I あい ノと いった、 が猶豫 つて、 そと 紫 の 額 を 

見た。 nw の 所爲も あるか、 おもはゆげ である。 

C い むらさき sa えん tw し 

一 此方へ、」 と 一 "みつで、 紫 も 指で 緣側 を敎 へた 

が、 なほし りごみ をして 居た ので、 莞爾 笑って 

てい ? り ir ウー. - は 2 ,,.ら1_」き 

手 を 入れた。 脇の 下へ 兩手を 抉んで、 紫 は、 

び や < え ^ta ど に くわつ ばつ 

ッ と .3 衣 の 意 を 抱き あ げ た が、 似げ なく 沾澄 

じんそ < し かた いたえ /.- だチぉ ろ 

に、 しかも 迅速な 仕方であった。 板 緣へ抱 下し 

て、 

* る し, C ぼ t ひなた r た ふん . み £ も 

ー輕 いな。」 新發意 は:::: 向の 根緣 で、 瞻られ る 

sfe 4、 ひ う,:' おし うれ 

額 を やるせなげ に笈の 裏へ 押 かくし て 、 嬉しげ 

Isv.*? * よこが ほ み 

な镦笑のE>^んる、 ふつく りした 橫額を 見せな が 

し、 極惡 げに橫 すわり をして: IW る。 うしろむき 

,る al*v の か 、と frj.ts>^ あし ね. ■„ つも B 

に M い 臂 の乘 つた 連 、 投 出した 足 は 練 物で し 

たやう にきれ いで ある。 



其 内 老女 は 何 か、 持へ た" 紙 を 切って、 曼く 

すん むらさき て わ た 

五寸 ばかりの もの を 紫 の 手に 波して 

一 さあ、 これ を 持って 此處に 居る の だよ、 可い 

>ー ぞ OS .{v.- この .JJ-? じ 

か:,。 お 小 憎 樣は內 へ ござって、 此 障子の 

さ 5は ひ やぶ わ 

ほ.. t\\、 幸と いふで もない が 破れ て 居る、 

ラ; わる ^-. かため 、 . そ- 、に 

こュ から 其 惡ぃ方 3 片目での ぞく。 お前 は其虛 

$ ょリ ft はお 

に 其 捩 を あて がって 居て, はじめは 伸して? ^く 

あっち こ -^1. むす さ 

彼方で お 小僧 榇 が \ な あに を 結ぶ、〕 と 然-" い ふ 

と、 お前 は其處 から IB: も、 しひ 結ぶ。) と い つ て、 

ひと お い あっち 

一 ッ 環に する。 可い かい。 それから また、 彼方 

で C な あに を 結ぶ、 〕 お 脉 が (目 もら ひ 31^ ぶ、 と浙 

い そ- - ひと fc_x 

-っ云 ふわけ ぢゃ。 其お 人で、 も! ッ環を こし-しへ 

る. - *^ たいって、 またい ふと、 : 一; 度、 いかい t 

ど く りかへ みっつ r-L.O 

三度 繰返し、 わ を 三 個 称へ る。 これが、 お まじ 

な ひで いはぐ に 治る の だか、 し、 さあく、 お 小が 

樣 おはじめ。」 と、 老女 はまめ やかに 促しながら、 

X. よ 、ざ て . L や <• じ S ぶ ひめ のぞ 

I!w 寄 つて 際に 手 をつ いて、 子の 破::: に^き 

合 ふ、 二人の 狀を視 めて ほた 

むす 

「 さ あ -く 、 あなた から ぢ や、 なァ に を 結ぶ 

と…, 一 

い し. ん 4i ち め 

一 な あ に を。」 とや う /\ 一. ム つたが、 新發意 は 目 

こっち のぞ > 

を 脱して 此方 を^ いた。 

一 ちゃんと おっしゃい。」 

「だって、 あの: : おばあさん。」 



一 いか、 りおつ しゃ いなごと、 障子の 內 から 聲 

が懸 つた e 

一 な あに を 結ぶ ご 

一 ほ、. 1.,、 め、 も、、 じ、 ひ、 む、 す 、ぶ-二 

一 これ 笑 はす、 眞 面目 ぢゃニ i 老女 はたしな め 

る やうに オリて つた、 

なん お J かさん き 5タ わる 

一 何です か、 毋樣、 举が惡 -r ございま すごと 

む... Mvi ヌ =t は、 おや み 3 ゆき やつ かほ 

紫 は 振 向いた が、 母親と 見 <Js した S の 樣な額 

を や、 赤らめて 居る." . 

こんど こ ぞっ. I,. ま ^ 

「今度 はお 小 僧樣 、 そ ち 、し で ふ 夕 ぢ や * : と、 

sfr が だ ま A; , 

促しても、 默 つて: L 占 .0 で 、 

「どれ、 何. つして お いで ぢゃ の"】 と ti きながら 

らゥ: 5 た こざ お 一 rt ひ 

老女 は 立って 小 座敷へ 入った" 

^ちに 聲 がした。 

一 なァ に を裙 ぶ。. 一 

* -V み おん 

f HT も、、 レ 、ひ、. 一と 受けて 见た が、 た な、 りぬ 音 

て-つ むナ おひ 3 . み 

調で、 結び かけた 環 を 引き 結 ひ あへ ず、 ソと 

は-おや - つち は ひ ひぶめ 1 . 

ると、 母親 は. S: に 入って 人!::: がなかった 時の、 

む.. -SS かほ あ i い. え. 、 

紫 の 額 は 蒼かった。 あと を」 ムひ ないで 13? 力 

にむ せんだ ので ある。 

i 何う おし, だい。」 

め りす ゐ なほ ^ 

「HI もら ひ 結ぶ。」 と、 居直つ てし つ かリ つ た." 

f むす なん し と*~ 

を 結ぶ。」 と あどけない、 何にも 知らぬ 聲の 

な., 3- a ft 

中に、 もの >- あはれ は 籠って: る。 



m た 



ん とた ほります。」 

しんな 5 ち ャ -3.5*-- すわ むらさ さ まへ 

新 發意は 行儀よ く 坐って、 紫 の 前で いたい 

けに 手 を 支 へ 、 

「 あ" がた-つ 存じました。」 とおと なしく 然ラ い 

つ て、 镌?^ の い 、,5^ をぢ つ と a- た が、 パッチ リ 

ひと S J マ ご tf 、 

と 一 ッ また 乂 いた- 际、 : : 力 タリと いふ 音。 耳 

f たへ." ,一力 た 5 しろ & 

を ぼけ て 其 ま、 立って、 く る リ と 背後 向 い て ち 

• た おも A だ 

よ こなんと 立った と S ふと、 すたく 配け 出し 

、 ひきちど : たに i くろ,:. so- -5.K- だ-つ 

て 引 さ れ た や う に 根 敷 の m 一光が す る 本堂 の 

前で、 fes! つて 見た- の 姿 は、 巨大な ぎ 

せんば C はるか os,"VM さ こ や 

錢筘 にかくれ て、 遙に itt! 曰が 閗 え て 止ん だ 。 

し; -rli そと しにぶ -F 

障子の 外に 咬いた, 蘇が する。 

身 を 開いて、!:: しく 膝に 手 を 一 ^ くと、 お づ /、 

した ほ フ す を かまつ ft づ _ぃ の. * し 

下の 方から 摺リ あげて、 1: 藏は 自 ら罵 つた。 

そ 0,.? づら だ ひご み あ らま # 

其 野 面 を 出して 10:^ たが、 天窓 も 上らない。 

せつ 

で 切なる ヌ t で、 

V -じ けつ 一- よ, --ゎ い ど 

「大 六. isf. ござ H- ません、 決して 御 慮外 は 申し ませ 

わつ し そ 51 

ん" * ?!^ は 其、 もうお 覺ぇは ござ リ ますまい が、 

れんた わす みし ま を を 

十年縷 ちました" 忘れ ザに お 知り 中して:! W リ 

おやしらず v-ス うさ ま かご わ 

ます。 親 不知で、 睡樣. のへ い、 お 駕籠 を cli- きま 

C, りすけ ところ つら 

した 雲助で ござります。 かやうな 處へ しゃつ 面 

を 35 しまして、 ハ ャぉ氣 味が &ラ ご ざリ ます。 

き さ は 一つ, f あっち 

え >- 、ぉ氣 に 障り まじた. り、 え >1 、も-つ ん 彼方 

, ミノつ V- たい み す 

へ で も 參リ ます- 地^ 透 見 を いたしましても 濟 



ご き ザん C る で 

み ま 寸 ぬか、 へ い 御. 接! 悪ければ 出ます の ぢ 

たビ ピーニ! つ こ. -, : やて 

や あご ざリ ませなん だ。 唯今 突 iJSt 一ば したの を 

,お -ぺに さ む ち-つ つ 

拜 みまして、 何 が^て 夢中での たリ 出ました。 

え、、 此方 人づれ にもの おっしゃ るので は ござ 

か せん 

ます ま いが、 !tl 、亇ゥ や つてい らっしゃれば、 船 

:-5ぅー-*> た んぺー じ さ W* へに r 

頭 馬方 だ、 た 1- の 千 個寺樣 のつ もりで • 何 か 御 

しんば い やつす はな ど 一- え 厶 

心配の 樣子 をお Jii し 下さ リ まし。 何う いふ!: 緣 

やら、 い ま だ に な で も あ げ ま す氣 だ 一 と ー,ム ふ 

ま ご 、ろ ..,r て み 一-: き 

ことのし どろたがら、 虞 情 は 面に 兑 えて、 紫 

の 色 もとけ たので、 お 一に 老女 はが リ だした。 

一-十一 

こんに るキ >厶 の わ、 けんしゅ と,、 ヤノ,, 

金眷 金之丞 は、 抱 へられた 藩主が 特に 內窻 を 

くだ ぶん て. あて くに, "と そ 力 しき お. VI . 

下して、 十分の 手 常で 國 ft なる 其 下^まで 落し 

ひ ,.*-J SSI つ 5* みうち 5^ し /- 

たくら ゐ.^ の大 鼓 打で はあった けれど、 維新 

さい ^r^nv^i あ: かな の-つど ころ 

の 際な り、 本領が 危 いので、 能處 の騷 ぎで な 

V- いしょ うち I ''7^?^ »5 r T. 

い 。 最初 の 內 こ そ 、折々 心 着が あ つて, 留 守役 

3 つに と 5- ひ こくじ た たん - ピリ 

の 者から 附届 もして くれたが、 21 事 多 攝の折 か 

だん/ 5^ ま <TK? の じ-. 5 ^;っふ う,^ 

ら、 l:Ii々il ひつけず なって、 金 之 丞はぁ 夫^、 

あ-ざ や か か-つし ど なか v.,s がま ち ひ 

力 ぶ 屋を 借リ て、 格子- b' の 中に 茶茶の 小さな の を 

二 個なら ベて、 梅. 疾を賣 つて たが、 とても 

消光に は足リ なかった。 

にん こど,! - -t. ち あとで-き な . 

九 人あった 小兒 の內、 前後に 亡た つたつ が 三 

人で、 江 戸 ニ殘 つたの が 四 人 • ^へ 連立った〃 



二十 

目 もら ひ 結ぶ、 

た 二 ^..r 

何 を 結ぶ、 

B もら ひ 結ぶ。 

い ひお して 全き を、 絕句 しな いで 三度 綾け た。 

紫 の 手の 絲も三 僩の環 を ひ 果てた。 が、 他 

み いと たちと 

に 兑 る ものがなければ こそ、 わがね た 絲を袂 に 

い む, :- 一-き かほみ ち なん 

人れ つ、 紫 は效 見ら る、 心地が した。 で、 何 

となく 握 返る 途端に、 もの、 や. r を 聞 取って、 

る/、、 &を 出して、 太 戶の 蔭で うか 1- つて 尻 

フ * ふ, • み そ Q かお 5 

た E 一 II の&を チラ リと 見た》 其 ま、 額 を 背: 

が、 を さたい こと を: :3-、 りれ たと S つて 紫 

:1- ひ と vrvj に っヒ 9 

を 背ける 時 故と 莞爾 した。 

を かや-つ it.}, r も V- つ しん て 5 

岡 蔵 は 何と S つた か、 $4 心の 體で、 つかく 

す. - そ0 す た み ところ 

と 迪 ん だが、 あからさまに 其 姿 が 見えた 處で、 

nr >v しばふ て つ 

ばッ たり 膝 を 折 つ て 芝生 に 手 を 支いた。 

けれども、 これ は 紫 に 見えなかった。 いま 

■ め I. む-つ さな み 4;-- 

傲 笑んで:: :! を そらした ま、、 紫 は 身 を 起して 

> 一 ざ k は ひ て しゃ-"' じ 

小 t! 敷へ 入る、 とうしろ 手です つと 障子 をし め 

し 9 うじ ひとめ き 

た。 た を やめ は 障子の なかへ 人 cw から 消えた^ 

で あ る 。 

ざ 1^ つ 11;- よ .C ら 

座に つくと 老女 は 笑って、 

一; く らう : そ- ri 

「御 卞:: 勞ぢ やった。 お 小. 漾、 さあ、 もうち や 



ぐ^ ^, m 



&'^ 9 i めに -\カ つま ちめ み つ 

が 二人で あ る が、 は 其 妻と 〔.A ハも兒 と を!? れ て 

別に 住 をして た。 これ は 狂す 帥で、 おた じ 

•1 ri.v くらし お な,、 

く 不如意に な リ、? B 光に ゃ3 はる 、 やうに 成る と、 

け-ゲ な. 一三 や:, C, たか -了 2 . み- 

烈しい 男で、 片田 合で 米と は:? た どっち を 見 

は,: け 》 し S -ん ど --. 

て も 33 ぢゃ あねえ か。 鈑が 欲しい, 江 a ッ兒り 

; 二-, -る V,- ん il? ん ら 

や-つで もな い、 空腹く ば そこ いらの! の 鼓で も 

1.- リン お た, きす^ L ようばつ けと で 

嘘って 黻 けと、 泣 結る 女房 を斌 飛ばして 出ち や 

» あ ふち は し,, *1;.ょ,1*.ぅ 

あ、 大,,5を>^^っ て血を吐 いて.;^ ん だので 女房 

つ-こ *;; るュ V; みし や- -ゴ たよ リ 

は; 子で、 ー祌 せに 嫁いた から、 これ は 便に 

なる ので はない。 

ビ/, ね.;..: す め きひ & 5 f/ さい 

一番の 姉 女と いふの は、 容色 も 勝れて 才もぁ 

つた。 ii 飮で、 これ は 一 I- が此 1 へ來る 時- J 刀 は、 

,-ん ち で つ 二 ば-, -, V,.M つじぶ じで っ1, ^ 

^町の 小ッ feH<- で の 上手 だと 云って、 い 

つ も 閉門して 居た、 なにがしと" k ふ の に かたづ 

ゐ ^3 1? う «£ f - 1-ろ 

いて 居た が、 上野の 踏ち た と 風說が 開 える 5 &か 

ちつと *I.-.-*o- こ そ Q メさ ち と 

ら 些少 も 1 曰 信が 來 なかった。 其,, ベの は、 些少 二 

$ かほ うす と キ ほ 

の 町で、 一が 1 に 一 IS あばたの あった 女 だが 極めて 

二つ 一-い ぶ ザん -ー くら -V ほび T 、し S5 

』 竹體 な? -で、 , 一^の 小 倉 だと いふ、 大 百姓と 

もと ーズん ゐ 

やらの 許に ?*;§づ いて 居る。 それ これにめ ぐリぁ 

ひご リ た や 3 し 

ひもしょう ため, まだ 一人 他り 養子に なって、 

H -v^. あ ひ わる い.; つき ゥふ あ がけ; c ち 

舅と 折 合が 惡 いため、 家附. の 女と 落 をした 

ぉと<^と そ 乃 ゆく へ たつ . 

弟- が あるから、. 其 行方も^ ねよう かた- s^v 

み に -0 とった ちと ほ :- 

見す.,^ 山 II の 路_娥 に 立た うよ リ も, 舊ょリ 法 

け IXK^ そ し キ. - え わ ん ら 

華の 信者で、 ? に 依 をして! ts_ に闹 いの であ 



た: か , PS- う-?/ . てら. さん 

るから、 何彼と" k ふよ リ、 a :々 is 々の 寺々 に參 

J,-,, I! み なと ^ み み の ぶ, 

J!,? しょ ラ。 小^^にも行っ て3-ょぅし 身 延へも 

£ らっ ふう 一 や ふれぶ r,s /-0 *, んビ 5 もと 

詣ら うと、 老夫^が 破 ^ e 暗い 行^の F に, 

玄^ <はビ ひつば J- if- い r- ち 0<\ た p 

一枚の 洽を引 張あって、 * 咳き 入る お;^ 語に 相 

だん ; sol-.* あか t ぷゃ 1 ふ ビゥ メ; ん 

f¥ どして、 大鼓の朱ぃぜ:の5?^を外すと 胴と 面 

ベ つ,'、 j つ ひ 

と 別々 にして、 た、 んで笈 のなかへ 人れ た U い 

よ いよ 千 個 寺に 出る ことにな つ た。 

S*.J へ: た みつ 1> が till した 

こ 4 よ n 前、 紫 は、 名 だ、 -of_« 岡の 山 下の 

れぅ V- よ: V- つ き 

寮に、 あまたの 女屮 にか しづかれ C 氣ま、 で 遊 

んで おた ので あるが、 雨 親が 然ラ はなら な い. S 

-ぶ ゥ ,,-r- ひつ iu- -ノ t 

に、 不 C.E はさせます まい、 引;^ ませ ラ、 扶持 

をしょう、 一? においで たさい まし、 iz^ 居所 を 

わか k しメん て 

た て ま せ ラ と、 若い 主 人まで が 手 を さ げて 一ぶ つ 

つめん t 二 くに v,<- へさ 一い 

たけれ ど、 1^ としてせ 人れ ない。 お^ 猿が 生まお 

キ- ► ?L みし - かう リ 

氣な、 べらぼうめ、 御身 は 知らいでも. >M 利で こ 

せえ た家藏 だ。 か、 りう どに なって 5^ るかい、 

こん IM0<W んの じょ-.' むすめ < し-り; S ラ つ.! メ ^'^ 

金^金 之丞は 女で 食 はぬ と、 C 装の IT おで、 

にん に-つ わ > くち 

人 、柔和な おとなしい 口から、 あ リツた けの 

» そみ む - ミオ- か ^い 

ま、 を ik つて、 其 か はリ 紫 は 可愛がって や 

くだ ことわざ ま を 二 -^^ ;/^ 

つて 下さい。 該 に 丁 末 ツ子で、 ^人 ども 

ず ひなり 放題に 些と 甘やかし 過ぎ ま した。 羽 子 

Z ま. U- かるた じで つ 1- めい,. -ん ン 

と、 手: S と、 欲留 多が 上手で、 これ は 名へ と -k つ 

て も, H- いが- 能に はな. りず、 小袖の 片袖も i_ 砧ひ 

ませぬ。 不束た ものな が-り、 if にかへ て 可愛 



うござる と、 いつも 然ぅ いひ/、 した。 

でい よ z\ 老^ _ ^が笈 をし よって、 夜 にげ 同 

€ う し ."J つば ン ,* ち 

樣に 出發 する ことにな つて、 あけがた 町はづ れ 

つ -J し .S1.VJ つ む-りさき か ご 

へ 造く と、 麼- 兀を 述れて 紫 が 紫 籠で あとから 

^?|着ぃた0でぁる。 

二十 二 

お ともをし ミ せ う - 人から を ラ け. 2 し た 

お 二人が 然う やって、 廻國に f;:. りっし やる もの 

>wui9 *? んじ み を 

を 、 お 年寄な り、 S 子 から;. 乂て はほリ ませぬ と、 

柳の 茶屋と ik ふので、 みな リを かへ て、 サぉ ヌ-花 

もお いて 居た、 しらく あけに 丁 どい まから 七 

C ん 5*- むら W*-VJ たち .".れっ - >~, ^げ た ひつ 

年 前、 紫 二十の:. f-=: であった。 ^下駄 を 引か 

た- うめ み で ぞ- !>*.•- 

けて、 黄 if" の: i を 見に 出る やうに、 座敷から、 

わら V- sn そ ...-^u. たか L* ... ま』 つ 

草鞋で 下リ て、 其 ま、 ;兩 親の 中に % まれ-て、 松 

並木に 出た であるが、 唯 良人 ゆるし を 受け 

,にごと s . 

たとば かリ、 何事 も? 一 :! はなかった けれど あと 

し を か しゅ ゥん 盲 S fS* か 

で 知れる と、 S 岡の. 人と は: 止に 七 年 だけと- K 

から や,、 そく S た V ち? i わ.:, 

ふ、 1! い 約束が してあった ので。 , ゆの 茶展で 

v- i_* で i にっすう せ ~ ひ ?,- いく 

鞋を 穿いて 出てから 数へ て、 口数 二 千 二 否 十 幾 

にち るす * そ C ひ -.、 > > 

-日、 翌日が ちゃ-" ど, 其 口になる まて めぐ リ 

ここ ュ-- まや V-- ら -ー こざ し V- 

めぐつ て此. -si に來 た。 いま 1 チ耶 寺の 此の 小.. Mm 

い- - つ ゆ- -! ゐ 、 - 一、"; 

に舒 ひたがら、 岡藏 に?, S つて: lis るが、 ァノ小 松 

原から 透いて える、 C 砂 i おで 砥のク うな、 む 



a 27) 



,1., や *to c > やちく につ 之 

か. ゥの诲 を 船で 越せば, 一夜 路で國 に 着き 得, し 

? *< * > ひさ あ ひだ 

て 約束 は變 へられぬ。 久しい 間の ことで ある 

か 、し、 譬 ひ 何た. J やうに ものが か はって 1^ ようと 

、の. fj- か r . 

も、 き つ と 蓑 岡 へ 蹄らねば な、 しな い の であ-る- 

彼の 旗本に 嫁いて 居て はじめて 紫 が國に 

着いた 顷は、 まだ 三代 HI の 種 彥が擎 を 取った、 

しらぬひ.. 8"たリ llj- き かっし かものお た S . で S 

c 縫物 語 の 績だ の 、 is? 飾 物語 だ の 、 出 る每 に 送 

けん あな ぁひづ し-,. - ら ら£ 

つて くれた、 一 * の 姉 は, 會津の 城で 亂軍 のな 

は リ かむ ち さいご, ぶ 

かに、 髮を 被って 血 だらけに なって 最期 を 遂げ 

こ-/ らい すで そつい も 5 と f 

た の が 分リ、 小 倉 へ 行って は、 旣に其 妹 が 亡 

し-つき ほふ 之ん れつ , 

なって、 一周忌の 法^に 列した Q である また 

かけおち 4^ ふう > し こ,. - き, な.: 

K 落 をした ずい 夫婦に は、 四國 でも、 畿内で もお 

-2» きょねん > -KVJ & -oi き ちん やど 

r り あはない 内、 去年、 若 狹小濱 の木賃 病で、 

て、 おや -./-( ごと in.T t, 

父親 は昏々 としてう は ごとの 如く、 內 番の養 

ムっ ダ 5 む, りさき ひざ fo だい.^ C じ J-5 

^|^をロ吟みなが、レ、 紫 の 膝 を 枕に、 大 Si 生 を 

遂げて しまった。 年紀は r ^十三であった。 

rz は-お fc- むらさき うち In- 

残る 母親 は 七十 ra: で、 紫 の 打明けて いっち- 

き 4? i し かぞ す 

のを閗 くと、 親の 年 紀を數 へ ては濟 まな いけれ 

ど、 七 !• の 間に は 見送 リ 果てようと、 果敢ない 

こ. と を、 あは, 4 にも、 胸に 墨んで 居た ので あつ 

た. か、 ま だ やつ やって 達者で 3W る 。 

はじめさへ 见棄 て、 しれなかった もの を、 たと 

V*- つと J4 ねん つ,; 

ひ 良人に 誓った にしろ、 七 年が、 九 iJf にな.. りら 



が 、 一 臀年 t 珉 つて 步 一れ さへ 嘛 甲斐 な い I の を 

ひと S .5 ち 41ft * ^ も! Ni ひ-. - 

一 人 路傍に 棄て. -行 か, 4 はせ 4r 尤も また 婿に 

たい VH * ». { 力- < おや ^ 

劉して、 今に な つ て 阿容 々 A 母親が つ い て 行 か 

れる 義理で はない。 自が を 被. V つと、 此 は 

亡な, ンた金 春に 對 して 濟ま. ST と 一 K シて 一 人殘 

むらさき やみ tlv い 

らうと して は、 紫が 海 を 渡 ら う と 言 は な V 

で、 もし S がの 爲に 約束 を か へ る やうで は、 義 

こ G は.' 4 や , -ゾ し し, 

として 此 母親 は 溢れて 死なねば なしん- 死,. 3 

の は 易い が、 それで は衍 少ぃ身 を、 千 個 寺 ま 

が *- ん て、 お i- おく ft- n 

でして、 我慢の 父親 を 送 つ た 孝の 道完か -. リず 

"づ あわ うみ わ..! き 

で、 水の-泡と いふ もの-なり。 海 さへ 渡れば、 期 

^1::を後れず、約*を違 へない ことの 出來る や う、 

d * -ー のて-;' き つ ,. み t ti- く 

今日 此 寺まで 來て 澄いた。 來る路 で, も、 母 は „i 

か、 T むに-さき けつ 

り 返して 進める けれども、 紫 は 決しない C で 

し * し まで 

それならば 死なう とい はる X 死なう と 迄い は 

T^^( お む は、 おや r 

れて は、 約^_-に趨ぃて、母親を*^てねぱな.しザ、 

それ はと い つ て、 衆て、 レれる わけの もの-ではな 

い。 棄 てなければ 行かれな いが、 一緒に 行って 

む c す しょ リ いち • な 

は 婿, に濟 まぬ。 これ はまた 老人の 意 他で、 亡き 

ひと -产リ ま , . けつ 

人の 我意 は 曲げぬ とい. \ £ ふ、、 i か-.,' にも 決し 

てつ は、 おや ュふ てつ ど 

か ね る と のこと を、 一 徹な 母親 は、 其 一 徹な服 

たみ だ な viz- つ かた は むらで き 

に淚、 ぐんで、 長 々と!: 藏に. f.i リ 果てた * 紫 は 

成 儀 を-: f; さず、 手 を 膝に して-:' つむ いて! K る。 

1 ん 1> ざ k はるか はつ 

森と した 小^ 敷 を遙に へ だ つ て、 くリ や の ザで 、 



ゥ If UT せん まん おぐ ,: 5 じ t> じ 《- 

若 有 無 量-百 - 千 —萬-億一衆— 生— 受 

-ょ く なつ は で i わ 「-" 

—諸: 苦.; 惱. と 張 上げた、 い、 うら 少ぃ萆 

->ん ぼ ち じゅ is 

で、 新^ 意の 諭す のが あはれ に 間え る。 

し- 、むら うご 1>* た、 き 

肉 を 動かして、 瞬き もしな いで is いて ゐ た、 

-,. .JA*. 、つ ち a ぼ い?,、 か は 1: ん! f に ^ 

岡 蔵 は 血の 上った jjs 々した 額で". ー兀氣 よく つ 

た" 

なに ゃ寸 C し i5U 

1 何 易い こと を、 え、! 御、 も 配 は ござ リ ませ 

X ふくろ 3H< わ n し SJ*r ゥ 1 

ん" 御 母樣. は 私が お引受け 申し ませう t こんな 

けちなん ぢゃ ござり ますが、 腕力が ある だけ、 

おぶ Z ひ へ., J たしか 

負 ひましたり、 手 を 引 いたり は、 嬢 樣ょリ も 確 

でげ す。 七む づ かしい、 k の^ける、 嗥. も 丁 ど 

れ: イ ませぬ。 些少 もお 心 置き は ござ いません U 

さんた, れ. I- し ijiw に-の > >: のこ ざ tn 

魚 臭い 漁師 W お^ならば 此ま 、で 此小 座敷 

k,<^^f みっか よっか 

に樂隱 でお いでな せえ。 三日 も 四:! I も、 あ ひ 

まに や 一 月 も、 ふいと 消えて 行く 變な和 to: では 

ござ" ますが、 私ァ大 好で、 だけれ ど 兄 

ぷノ、 二 ぞっさ や 2 

分 だ" お 小 aw 樣も、 それ はもう 俊し:,、 おとな 

し:/ 深切な 兒で ござります ぜ。 え. -、 さらな 

ふ, えさ ま S が ひ , 

され まし、 お母様の" そして 其 代りお 願 だ。 

やつ さま い ところ V やう ふ a こ 

孃樣が 行 らっしゃる 虚 まで、 丁 ど 船も潸 きま 

- つみ ざ k おんな じ き ご、 ろ し 

さあ" 海 は 座敷 も 31: 一 で、 氣心は 知れて ますし 

ぢ f つま i . なみ か tf、 t J 

嬢 樣が う つくしいた つて、 波、 風、 霧 を 起す や 

う な i.^ まぐれ は 出しません" きっと あけみ ま で 

にや、 -.5- うの? e へ 漕ぎつ けます か. レ、 恐: i 多い 



• 1 28. 



(itt 草 想 



( 1 29) 



け か 3 ヒ S ま 

ござります。 お 某: まで 參リ ましても お 邪魔に は 

. みちく かへ 

な リ ますまい で、 道々 で も れ /、 と おっしゃ 

るの を、 無现 におと も いたし ましたが、 これから 

ささ ゆるし で おも 

先 は、 きっとお 許 は 出ます まいと 思 ひます けれ 

ど-つ ぞ <«- •Jtlsi ノ 

ど、 何卒お ともを さして 下さ いまし。」 と、!: 11 は 

手を^^みながら、きづ か はし さう である。 

ひら W き め .f む «i_ C し .» 

紫 は 目 を瞎" ながら、 横に さした 櫛 を^い 

た、 が 見て、 ニッ ばかり、 ほ つれ 毛 を 挺 上げる。 

だい やく そ y s,, でつ 5*1 

「え \、 第一、 いくらお 約束だった つて、 嫂樣、 

つ さま なく かた ど あ 

もう 疲樣、 亡な つた 方に 何う して お 逢 ひな さり 

ます 」 

まなこ ; * は へ, ら さき か." み 

と 眼を胺 つて 紫 の 額 を た。 

た r はかまろ り 1 ま- なに そば ゐ 

「唯お 墓參 を^ば すば かりなら、 何も 傍に 居 

さしつ か 

たからた つて、 、差 支へ はあり さう も ござ リ ませ 

3 や /、ラ、 す 、ひ 40; & 

ぬ。 お 約束 さへ 濟 みまして、 ロも遗 はずに、 お 

墓に なって いらっしゃ るお 人までお いでな さリま 

ほとけさま もんく 

したら, 其で 佛様も f 一口 句 は ござ リ ますまい に。 

ま «• でら /-l ふく スさま 

麼耶 寺に や、 母親 樣 がお いで、 ござります ぜ。 

とも か、 

またお 同伴 をして 歸 りたう ござ リ ます。 まあ、 

け か 1H ゐリ AH- * ど 5- おぼしめし 

ぉ墓參 を 遊ばして 「何うな さらう と ふ 思 召 

で。」 

ふ-っ^1. なか . も; i まへ 

r.h< 婦の屮 のこと だもの、 其 はお 前に は 分リま 

せん。」 

-; ,■ らさき ほ-ゑ そ 力て 

と 紫 は あでやかに 微笑んだ が、 ッと其 手に 



^ ふし t-t や も yl- ゥ T. 

して た變衝 を、 呆れる!: ー减の 手に せた、 

1 め 丄な . . 

「お 目に か、 る 時、 さし あ-つ て は _s いか 、り、 お 

まへ か/. たに r 

前さん もうお 5W リ。 そして 何 か Q 御緣 でせ うか 

おつかさん た。 £ でら 

ら、 母漾 のこと を覜 みました。 またね、 降耶寺 

の あのお 小 Ie さんが、 フト 私の 坊や だったら、 

おつか S ん たば ft だ-じ 

母樣が 治して やった n だ、 九 事に おし ッて、 

さ くだ f い 

然ぅ ことづかって 下さい、 坊やで なく ッても 可 

かはい こ こ-ろ. つ 

い、 可愛らしい 兒 だから、 心 着けて あげ ませ 

< し i;. かみさん At 

う。 櫛 はね、 お前さん 女 を. 取って さ、 してお 

くれ。 何、 またう か 1- つてね、 おゆるしが 出た 

ねん ひとつ? にち ft ゆ 

ら、 三年で も、 一 月で も、 一 日で も、 逢 ひに 行き 

つかさん み な 一, ぞん § ^ 

ます、 と母樣 はせ" 御存じ だから、 さう ば 分 

おちつ レっ さ むらさき 

りますょ。」と落^.;5ぃて靜かに然ぅ い つた。 紫 

こ- -rc ざし たん ^ た ふ. b て 

はい ま 志 の ものが、 託して 行った、 塔婆に 手 

ち ひ かる 4? ひ 

を かけた が、 小さな 輕 いので あるから、 笈 をし 

たちす ベた ** つ さ を 4hn 、こや 

よった 立 姿で、 ss:H:j な 山 をう しろに 小 度の 前 

げんげ ふ ff. sf「 て ;;£•.. 

の 紫雲英 を 路んで 居ながら、 兩 手に のせて 頂 

わき わと て な、 よ 二た 

いたが、 脇へ 落して、 手に 斜めに 横へ た。 

i や。」 

ゎゴか こな 2:v め 

「え、。」 とば か リ緣に 答へ た。 親 仁 は 目にあて 

ゐ ふるて ぬケひ つか 二し か 

て た 古手 拭 を 攫んだ ま \、 腰 を! g めて ひよこ 

どま で— 

ひよこ と 土 S£ "から 出る。 

「 お まゐり をす るから。」 

I 御 奇特で ござります。」 と、 いそ- して 立ち 



ふな くだ れっし 

こッ たけれ ど、 船のお とも はさして 下さい、 私 

しゃう ね^ お... ひい てい 

が 一 生 のお 願 だ。」 としみ,.^ 思 入った 體 でい 

♦His つ むらさき み J-HV- た、 み 

つた。 岡藏 はまた 紫 を HS- た 時、 疊 にく ッっ い 

て 平伏した。 

<.! ら > 二き み は-ぉゃ ft て K 

紫 はぢ つと 0? た。 母親 は 胸に 手 を 置いた 

AMI. 一 

時., 

ぞ くわん おん な さつ そく じ くわん 

—是 1 觀— 世 —音— 菩— 薩 —卽 —時: 觀 :- 

U おん じで つ かい とく !ァ だつ ! I、 が きこ 

其— 音— 聲 せ" 得. 解 服— と、 朗らかに 聞 

えたので ある。 

は、 お や み- す 

母親 は 耳 を?^ まして、 

むら 

「紫。」 

「はい。」 

ご 9 やく 43 3 

「あ、、 御利益 ぢゃ。 お i み 申さう。」 

むらさき ま くら 

紫 はう つむいて、 たてこめた 室の や 、咭 い、 

f み と Mails つや お ひ え S 

隅なる 床柱の しら^. -\ と 艷を帶 びて 日の 映ず る 

H〈 おも しゴ なみだ め 

前で、 ぢ つと S ひ 沈んだ が、 涙ぐんだ 目 を あげ 

かしこま つ まつ うれ み 

て、 畏 つた 岡ー喊 を 嬉しげ に 見た。 

をと、 ひ し ふ そ Q.v>f3 むらさき 

一 昨日 は 知らず。 昨 R の 其 時の 紫 は、 け ふ 

-; ハ とォ- ii*.; ばん おや ぢ Z や まへ を かで-つ 

此時、 山番の 親 仁が 小 厘の 前へ、 岡 蔵-に ひざ ま 

づ かれて ネんで るので ある。 

二十 一二 

一え、 孃樣、 こんな ことにな りまして、 ハヤ 申 

あ なく かた 

上げ やう も ござ リ ません。 もう 亡な つたお 方で 



そ 「-ふ る 一一 ぬ, -ひ 二 くめい お ぴ 

ま はり、 ぶきつ ちゃうに 其 古手 拭 を 克明に 帶に 

はさ し み やひ ss,-r て さ 

袂ん で、 核と あか 桶と を兩 手に 提げて、 



「御 新 5: 檬"」 

? -.r~,. むらさき を 

「案 內 してお くれ。」 と、 いひながら、 紫 は、 

えつ て a l^s- マつ みかへ > 

m: して 手 を こまぬ いて 居る 岡 一 1 を 見返った。 

「それで は、 ね、」 

「お、 お 妨 をいた しまして は惡 うご ざリ ます。 

t つて 入らつ しゃ いまし。」 といつ た It が ふ る へ 

かほ み <55-» 5 い 

て、 か、 る あで なる 顔の、 これが 見納 だと、 最 

r ひとめ み *Hsi つ かほ 

後に 一 Re 見たかった が-. 岡藏は 新が あが、 りな か 

つた。 蟲が道 ふけ は ひの やうな、 幽な ゆかしい 

き. S! § か, >り 1 さる- * そら た ひ さ 

衣の 音。 薰が 細く 樓々 として、 空に 靡いて 去る 

IM ち .; !ら さき と ほ あな ま 

やうな 心地が して、 紫 の 遠ざかる のが 天窓に 

ひ *- S つ i-> つ , 

ぁリ くと 響いて、 胸を銜 いた 岡 蔵 は、 あ、、 こ 

る 3 ひと 卞: し; つ. と おも と > 

れが よみ ぢを步 行く 人の ® 音 だと 思 ひ 取った。 

ぐ ちょく お. ゃぢ なに わ す あつ い 

愚直な 親 仁 は、 何 か 忘れ物が あると 言 はれた さ 

うで、 息 を 切って a け つて、 探した けれど、 

た むらさき そ C;il3 = 、ろ し 

誰が、 紫 の 其 時の、 心 を 知らない ものが あら 

う。 

を か ザ-つ す.: ご わす か はかま V か 

岡藏は 前後 を 忘れて a けつけ ると、 墓 間近に 

レ-. ィ- -りュ ,一- V- ;は りす がわ is た S "き 

た ゥ た 時、 1 燭を銜 へ て、 ilit がーお 岡 山 の 頂の 

まつ と rwy あ ひだ 

松へ、 f ッ さり 飛んだ の を、 啻 葉の 間に あざ や 

かに 見た。 £ 



- 一う え ふせん せいぜい さよ ぜん 

紅葉 先生 逝去 前 

じふ ご ん .A ん 

十五 分 間 

明治 三十 六 年 十二! 

め いぢ つん .^-ゎっ にち じ けい や-., ふ 

明治 三十 六た 牛 十月 三十日 十 一時::、 形勢 不 

? よ かいひ ^ つ- * し りんしつ 

穩 なり、 予は 二階に 行きて、 道み て、 隣审: に 

かしこ 二-一 いしばし ilK* を か く が 

畏まれ リ。 此 お-に は、 石橋、 丸 岡、 久. お, の 三 

氏 あ"。 



人々 は 耳よ リ 耳に、 耳よ リ耳 に、 鈍き、 弱き、 

いな ゴま ごと さ、? き つた を 

稻妻 如き を傳へ 居れ リ。 

しつ 一 V しん さ おと 

室 は 唯 寂と して 些の もの 一音 もな し。 

とき ふ、 i け ひ きし 二- 0; たき き-一 

時々 時計の 軋る It とともに、 す、 リ 泣の 聞 ゆ 

る あるの み。 

しつ しつ へだ よま :! ふすま そ たん きた 

室と 室と を 隔てた る 四 枚の 襖、 其の 一 端、 北 

かた ! 1> 一み あ あは- - ふんお 

の 方の み 細目に 開けた る 間よ リ, 五分 措き、 

ぶんお く i いろ あた-り や- 「か, 二- ふ ^L.^^z. 

三 八 刀 措きに、 白衣、 色 新しき 少 看護^、 悄然 

として 出で、、 靜に、 しかれ ども、 ふらく 

みつ 一一と と, 1- し S なか よ -rt- か 

と、 水の 如き 燈 の屮を 過ぎ リて は、 ^下に 

た、 いし -カ:.1 み し ご 

ネ める 醫邮と 相 見て?: si す。 



な „ 



さ ぶんいし つ い *5 い-つく た、 

正に 十分、 翳 師は銜 と 入りて、 暦に 憂苦 を湛 

ち む よ-つ よし 

へつ、、 もはや, カンフル の 注射 無用なる 由 

を說き 閜 かせり。 

か fi そつ く は 

風 又た 一 層 を 加 - 

なみ た f ごと け はひ ふ 

雨 はた 波の 漾 ふが 如き 氣 勢して 降" しき 

る 

ぴ? つし つ iVr か -£ 

これよ リ さ き, 室に 幽な るし はぶ き 2- 

ある だに、 其の 都度、 皆 慄然と して 魂 を 消 

い £ ひとへ 4 いき f _ 

したる が、 今や、 偏に 吐 £ 心と いへ ども 閉 えす 

たリ ぬ。 

とさ か ん ご ふ ふすま はん, J,? あらに ^ 

時に 看護 IS- は 襖よ リ 半身 を顯 して、 ゾト k 

しめ せ どう 二 ひた • つ さ ,u. うしつ 

師に 目く ばせ 爲リ、 同時に 相携 へて 室に 

人リて 見えず なれ リ。 

石橋 氏 は 椅子に 凭りて、 身 を 堪へ支 ふること 

ちへ: ごと か あ ふ か ん , 

能 はざる もの、 如く、 且つ 仰ぎ、 n: つ 俯し、 

ひだ り み みぎ み I 上 し 

左 を 見、 右 を 見て、 心地- なむと する もの V 

ごと 

如くな リき。 

つつ だ しい 3 

(角 ra 氏 入る。) 

ひとぐ さ. - やき t う Lt _J;i な キら 

人々 の 囁 は 漸く 繁く濃 かに. r;^ 〈"來 れり、 

つき いり ひ ほ i ;.: り& IV- 二 

月の 入、 引汐、 とい ふ聲、 閃き 聞え つ。 

リン ふん よ やうし つ こと かた 一力た > 

十 一 時 十五 分、 予 はお 室の 事 を S り 能 はず。 

—— 鏡 花 全集 卷 十五より 



1 30J 



か 5 や t 

高 野 1 

一 

VJC ぼう ふ へんさん ち づ またく りひら み 

「參謀 本部 編 募の 地 圖を义 繰 開 いて:^ るで もな 

おも $ みち 

からう, と 思った けれども、 餘リの^::5|ぢゃから 

二 ふ < めつ たび ころも そで 

手 を 觸るさ へ 暑 くるしい、 旅の 法衣の 袖 を か 

へ-つし つ *SMSyl*-^ ひつば 

げて、 表紙 を附 けた 折 本に なって るの を 引 張り 

出した。 

ひ だ しんしつ- Z み $^ かんだ-つ ち 3 うどた ち 

飛驛 から 信 州へ 越える 深山 Q 間道で、 丁度 立 

ゃァ ぽん こ だち な み き ひだり fc. ま 

休ら はう とい ふ 一本の 樹立 も 無い、 右 も 左 も 山 

, て. i!- みね 

ばか リぢ や、 手 を 仲ば すと 達き さうな 峰が ある 

そ みね みね 力 いた かぶ と 

と、 其の 峰へ 峰が 乘リ、 敲が被 さって、 飛ぶ 

とリ み くも ^, た つ み 

も见 えず、 雲の形も^^んぬ。 

みち no あ ひだ た!- ひ と》- われ > tKS 

溢と 空との E に 唯 一 人我ば かリ、 凡そ 正 午 

§ ごく C つ たい ザ5 いろ し, つ さ かへ 

と覺し い: W 熱の 太陽の 色 も 白 いほ どに 冴え返つ 

くわう せな まぐ .、, た! - ひとへ ひのきが さ し r> 

た光锐 を、 深々 と 戴いた 一 重 5 撿 笠に 凌いで、 

Jai 恁ぅ k 面 を 見た。. 一 

たび-てう さ にォり こぶし "a うはう W くら C 

旅僧 は然 ういって、 摄拳を 雨? 枕に 乘せ、 

され ひた ひ さ、 5 つむ 

野 其で 額 を 支へ ながら 俯向いた。 , 

St.. づれ し!; 5 にん た 一-や 二 §z 

道 連に な つた 上人 は、 名 屋か、 り 此 の 越 前 

つる はたご や き いま ま,. ら つ とォ、 

g 教賀の 旅籠 尾に 來て、 今し がた 枕に 就いた 時 ま 二 



ひじ n- 

聖 

わたし し かま *^ あ をむ 

で, 私が 知って る 限 リ:^ リ 仰向けに なった こと 

I つま ; VtV ん ち み たち じんぶつ 

のない、 詰り 傲然と して 物 を 見ない 質の 人^で 

一 ある。 

たい t つか ゝ だ-つん け:.^ は しゅく おな f,. 一 しやの く 

1 體 東海道 掛 川の 宿から 同-じ 汽車に 乗リ 組ん 

4? -C? 二し. a け J ケラズ た し く. f^s 

だと 覺 えて 居る、 腰掛の 隅に 頭 を 垂れて、 死 茨の 

せか 、 べつ V- んめ と 

, 如く: & へたから 別段 ci: にも 留まらたかった。 

を はリ ス-厂 イシ ヨン ほか リ くみ い;' 4S 

m. 張 の 停車場 で 他 a 乘糾は 言合 せた やうに、 

リ のこら お ほ: なか た HLH-sla ん わたし ふた 

一 不 残下リ たので 函の屮 に は 唯 上人と 私と 二 

: 人に なった。 

こ き, し It- しんばし 5 くや じ はん. -! ん V き 

_ 此の 汽車 は 新橋 を 昨夜 九 時半に 發 つて、 今夕 

つる ゲ 1; な ごや ひる 

敦賀に 入らう と い ふ、 名 十 nsi では 正午だった か 

めし ^,^9 ナし か たびそう わたし .r--* 

ら、 鈑に 一 折の 鮪 を 買った。 旅ぎ も 私と!: じく 

そ すし y?m ,ハ た あ 

. 其の 鮪 を 求めた ので あるが。 蓋 を 開ける と、 ば 

のリ ん\ ちらし か. V5 

らばら と 海: 台が 懸 つた、 五目飯の 下等 な で 。 

にんじん 力ん •? . モ モ 

「や あ 人 參とヂ II ばかり だ。」 と 粗忽 ッか しく 

ぞっけ 5 わたし かほ み たび, \_- つ - 一ら か 

絕 叫した。 私 Q 餌 を て 旅 IE は耐へ 兼ねた もの 

み くつ/、 S だ -,; たリ 

と兑 える、 吃々 と 笑 ひ 出した、 固よ リニ 人ば か 

ちかづき な T 

"た リ、 知己に は それから 成った の だが、 閉け 

; --お A^^x い は B え.; - へいじ たづ 

ば 之から 越 前へ 行って、 派は逾 ふが. お 1^ 寺に 訪 

^7 つるが -;. 

ねる ものが ある、 但し rJ?? 賀に 一 :5 とのこと。 



.i^A さ キ- せい わたし と-一ろ ーま 

li^ 狭へ 歸省 する 私 もお なじ 虔 で 泊らねば な 

そ Z どう. V つ <K 、そ- ゝ で き 

ら ない Q であるから、 其 處で同 の 約束が 出来 

た 

かれ かう や ぶん せず ぶ ^/-^ 

渠は 高野山に 籍を^く もの だとい つた、 : 牛 配 

にう わ 人 s; ら き み i* つか 

四十 五六、 柔和な 何等の 奇も兑 えぬ、, e-ir^ しい、 

と n. たリ ら しゃ か-/. でで ぐ わいた ゥ き 

おとなし やかな 風采で、 羅紗の 角 IE 外套 を 着 

しろ -> ^,で とる -1 がた 

て、 白の ふらんね るの ice 卷を しめ、 士-耳 十" 形の 

ば 5 かぶ け »v_ : ぶく ろ は しろた プ ひよ" r 

精 を 冠リ、 毛絲の手:5^ケ1^め、 c 足袋に::! 和 下 

駄で、 一見 • SE^ ょリは 世の中 宗匠と いふ も 

モ .. 0. > ぞ, -か— 

のに、 其よりも 寧ろ 俗 i^。 

i ビちら ォー 

「お 泊り は 何方 ぢ やな、」 といって 聞かれた か 

わたし rsa- た ひ Sry2,j つ * t»,,xx 

、し、 ^ は 一 人 旅の 旅 宿 詰らな さ を、 染々 歎 

そく だい W ん も つよち-つ ゐ ね.;,.: リ ばん 

息した、 第 一 盆 を 持って 女 巾が^ 脾を する、 ^ 

A1- つ そらせ ヒ つか ある め 

頭が ゆ 1 世辭 をい ふ、 廊下 を步 行く とじろ/、 口 

なに もっと た がた めし し たく 

をつ ける、 何よ リ 最も 耐へ 難いの は I 餃の 支度 

fe たす. W あかり あ..; どん か .2*.^ ら ところ 

むと • 忽ち 灯 を行燈 に換 へて、 薄暗い 虔 

¥ めいれい わたし よ ; 

でお 休みな さいと 命令され るが, 5^ は 夜が 更け 

ね で キ- ェ .C^Aj だ こ、 ろ-? j 

るまで 寐る ことが 出來な いから、 其 問 の 心 ij: 

こ 上 -! クーろ よ なが .1,き2 5 

といったら ない、 殊に 此 の 夜 は 4^ し、 束 京 を 

I で とき ひと. rt ん i.fcnv さ くら ゐ 

i 出る 時から 一 晚の 泊が 氣 になって ならな い 位、 

さしつ か おんそ-つ ご tx 

差 支 へ がな くば 御幣と 御 一 所に。 

こ J ろよ う なブ -Jtvn- くち はつ あん t-?- 4- つ 

快 くだぬ い て、 北 地が を 行脚 c-g はいつ で 

つ ゑ i¥ か とりや もと t>J 

も 杖 を 休める 香 取 尾と いふ のが ある、 m は 一 軒 

り. -. てん ひと リ .r.f » ひぞ つばん 

の 旅 で あつたが、 一人 女の 判な の がな く 



(131) 



( 1 32) 



な つてから は 溝板 を 外した、 けれども 昔から 懇 

い も r: .-_ I i ふ,: -ぶ うち は せ わ 

な 者 は斷、 しず 泊め て 老人 夫婦が 内 端 に 揪話 

をして:,. 犬れ る、 〈=5 しくば 其 へ、 其 代と いひ かけ 

て、 折 を 下に? i いて、 

ご ち 《 つ にんじん かん. 7 

一 御 馳 走 は 入參と 千- はかり ぢ や。」 

^-" ( h.o -,. 、し ぶか -っ ち,? さ 

と呵々 と 笑った、 慎み深 さうな 打 より は氣 

かる 

の輕 い。 

二 

タ- ふ ま タ y. ぞら み ? な 

岐阜で は 未だ 箭 空が 見えた けれども、 後 は 名 

お ほく- K 、ぞら まい にら ^^^ua うす V 、もり か 4 'か ひ 

にし 負 ふ 北^ 空、 米 原、 長 濱は薄 曇、 幽に日 

a さむ みし おも やな 

が, 射して, 塞 さが 身に 染みる と 思った が、 柳ケ 

せ $ キー しゃ 1 くら したが しろ 

瀨 では 雨、 汽审の 窓が 暗くなる に從 うて、 白 い 

まし き 

ものが ちらく 交つ て來 た。 

「雪です よ。」 

f 然ゃ うぢ やな ごとい つたば かリで 別に 氣に留 

ち ふ そら み このと ォ- かさ 

めず、 仰 ぃで^1丄を見ょぅともしな い、 此 時に 限 

レ つ fc. &, せん «i-5 さ とせ 

らず、 賤ケ1^が、と い つ て古戰場を指した時も、 

ぴ はこ ふうけい かた とま た ひて-つ たぐう- -づ 

SM. の 風贵を 詰 つた 時 も、 旅^ は 唯 額い た ば 

かリ である。 

つるが ぞけ た わ ゴら や ど ひ *v *v 

敦賀で 毛の 立つ ほど w はし いのはお 引の 惡 

へい その ひ ま ごと き し お 

弊で、 其 日 も 期した る 如く、 汽难を 下りる と 

ス ナイン, ン で ぐち まりに > まね ちゎ-^っナ^,^ 

停車場の 出::! から 町 端 へ かけて 招きの 提 灯、 

がさ つ > み きづ / りめ すき た ひびと 

印 傘の 堤 を 築き、 潜拔 ける 隙 も あらな く 旅人 



i«. か, 一 て- で か *5 す や が-つ よ sfe 

を 取 園んで、 手ン 手に 喧 しく 已が家 i を 呼 立 

なか け! h すば ク 二 に ちつ ;:; た 

てる、 屮 にも 烈しい は、 素:!: 十く 手荷^ を 引手 

く ぁリ がた ま ,-o づ つう V リ 

操って、 へ い 難 有-つ 樣で、 を 噴 はす、 頭痛 持 は 

i り』 の 5? にら れい した fc 

血が 上る ほど 耐へ 切れない のが、 例の 下 を 向い 

.i- つ/ \ iwirt し とば =:» たぴ そ-つ た!; i-J 

て悠々 と 小-取 廻に 通 技け る 旅^ は、 維 も 袖 を 

ひ さい は そ „.: 一? i つ まら はひ 

虫かなかった から、 幸 ひ H 、後に 跟 いて 町へ 入つ 

ほ ソ ぃキ I つ 

て、 吻と い ふ i::,^ を卟 いた。 

ゆき を &み いま あめ 3 か.? かる 

雪 は 小 止な く、 今 は 雨 も 交らず 乾いた 輕 いの 

もて -っ よ ひ とざ 

が さらく と 面 を. ち、 "おながら 鬥を欽 した 

つる.,; と- ュり でう で- r た,, こ つじ 

教賀の 通 は ひつ モリして 一條 ニ條縱 構に、 辻の 

かど ;V つ-. t.^ しろ つも なか みち 5 ど ち!^ う 

^は廣 々と、 白く 積った 屮を、 逍の程 八 町ば か 

と 2.1 .-H-; たど つ なざし. S とリ 

リで、 唯 ある 軒下に リ tj? い た が 名 指 の 香 取 

や 

とこ ざ k か Vi な は Ife どち 

床に も 敷に も 飾リと い つ て は 無 いが、 柱 立 

み ご上 た i かた 、 -つ fe« じ ざいか i-- 

の 見事な, 疊の堅 い、 爐の大 いなる、 自在 鍵の 

こ: *- うろ 二 こ V- "づく り た >P つや も 

鰓 は 鱗が 黃金 造で ある かと S はる 艷を 持つ 

す へつつ ひ ふた なら と めし た 

た、 素ば、 りし い 鼇 をニッ 並べ て 一 斗 飯 は 焚け 

さうな 覺 しい 签の懸 つた 古家で。 

ていしゅ ほ" r ん. 51.-,- ま も めん つ-:, 二- -- なか WSJtM.- v-v 

亭, 王 は 法然: 大窓 木 51 の 筒袖, 3 中へ 兩 手の 先 

を 練まして、 火鉢の 前で も 手 を 出さぬ、 ぬう と 

おや v t; ようばう はつ あいけ フ ナ." t.^ つと せ じ 

した-欲 仁, 女 の 方 は 愛! の ある, 一 寸: !„,: 跻 

いば あ 、 く tv- ん にん ヒん . ^ん ベ. <:- けなし たび モぅ 

の 可い 婆さん 件の 人參 とや a の 話 を 旅ぎ が 

うちだ にこ /、 わら ちリ やん ざ こ 

打 出す と . 莞爾 々々笑 ひなが 、り , 縮緬 雜ぉ =: と , 

かれ ひ ひ, の - 一ん" み そ しる ^...ん だ 

鲽の千 物と、 とろ k 显 布の 味 t; 汁と で ii を 出し 



あ^ いひぶ リとリ なし い か し J ろ にん 

た、 の 言:" M 取 成なん ど、 如何にも、 上人と は 

べつ- ア〕 ち ひ?! み つ. わたし な -to -, : 

別懇の 間 と13^んて、 速の ^ の 居 心の fs- い ils 

つ た ら な い 。 

f かい n どこ -- し. り て-,.. L-J う ひく 

膝て 二階に 寢 床を祢 へて くれた。 天井 は 低 

5 つ J ジ よ,; H- 一 ふた か、 へ や ca 

いが、 梁 は 丸太で 二お も あらう、 SlJi の 棟から 

な.' め わた V- L*,.J はて ひさし ところ す, た- 一. か 

斜に 渡って!: 敷の 架 の 鹿の 虛 では: 人 窓に T 乂 へ 

ゐ ひ 力ん! U 二う S ず <リ これ う.,: 

さう になって 居る、 is 丈 な屋 造、 是 なら 褢の 

S なだれ さ 

山から 雪崩が 來て もび くと もせぬ。 

レサ、 こたつ; てき 1 ね わし ユカ うれ 

特に 炬链が 出來て 居た から?^ は 其 ま、 嬉しく 

け ひ ;:: どこ も ひとくみお なじ 一一 たつ し 

入った。 寢床 は最ぅ 一 糾同 一 炬 健に 敷いて あつ 

た ひ ほつ --れ キーた よこ *,! り な. -, - 

たが、 旅^ は 之に は來ら ず、 横に 枕 を〕 へて、 

ひけ ねどこ ね 

火の 氣 のな い^ 床に. M た。 

U とま しゃう にん び と .bt2 ^ ふ,、 め 

寢る 時、 上人 は帶を 解かぬ、 勿論 衣服 も.^ が 

ぬ, たま、 W くな つて; &向 形に 腰から すつ ぼ 

は ひ かた や ひ. やで か てつ 

りと 入って、 肩に 夜具の 袖 を 掛ける と 手 を 突い 

かしこま そ やうす われぐ ■ はんたい かほ 

て 畏 つた, 其の 樣子は 我々 と 反 if で 額に 枕 

をす る ので ある。 

ほど ひつ, y9 U つ き しゃ 

程なく 寂然と して 寐に 就き さう だから、 汽車 

の 中で も くれぐ いったの は此處 のこと、 私 は 

夜が 更ける まで 寐る ことが 出來 ない、 あはれ と 

おも も しにら そ i 二/、 ちん vrs- 

思って 最う 暫くつ きあつて、 而 して;^ 國 を; む 脚 

-20 は ぺ し うち. ご 

なすった 內の おもしろ ぃ談 をと いつ て 打 解けて 

やさな 

一 幼ら しくね だった。 

--SI.O にん うな. つ わ」 ちろ I" ん ぁシ .g 

すると 上人 は 額いて、 私 は 中年から 仰向け 



cm m 高) 



C 1 33) 



に 枕に 就かぬ のが" t で、 -ぉ るに も此 儘で は ある 一 

め ま 5 ゐ ぎふ ね ► ; 

けれども 目 は 未だな かく 冴えて る、 急に 寐 

つ まへ ぺん たじ しゅっけ 

就かれな いのはお 前 樣と问 一で あらう。 出家の 

をし へ い isi せつ ぼ ふ 

いふ ことで も、 敎 だの、 戒 だの、 說 法とば か 

かき わか キー い 

り は 限らぬ、 若い の、 聞かつ しゃい、 と 言って 

f ただ f し -T-x めいよ せっけう し * 

^リ 出した。 後で 聞く と 宗門 名譽 の說敎 帥で、 _ 

?、 みんじ し-二. V だ.; を し 

六 明 寺の 宗 朝と いふ 大和^であった さうな" 

三 

いま も ひとり I 一 こきね ; 

「今に 最ぅ 一入 此處へ 來て寢 る さ うぢ やが、 お 一 

t - i どう-一に、 わか ミ %0 たびあきんど - 

前樣 と!:^ ぢ やの、 若 狭の 者で, 物の 旅商人。 

Z やと こ わか かんしん じってい よ をと こ 

いや 此の 男 なぞ は 若い が感 心 に 赏體な 好い 男。 

わし い * はな L じょ i!.,-*- そ ひ V-: や 

私が 今 話 の 序 開 をした 其の 飛 驊の山 越 を 遣! 

とま ふもと ち; -ゃ T>i と 4 ま V いやく 

つた 時 9、 麓の^,^,屋で 一 緒に なった 富 山の 賣藥 

« わる いや 

とい ふ 奴 あ、 けたいの 惡ぃ、 ねぢ くし た^な 

わか いもの . 

狀 佼で。 

ま た 5 げ か、 ひ 』, めぺ はや 

先づ これから 4 トに掛 らうと いふ 口の、 朝早く、 

もっと せん と まり じ .i. らゐ た き i 

尤も の 泊 はもの 、三時 位 に は發っ て來 たの 一 

- > r.l ■ り そやぶ や 一 

で、 谅 しい. 2: に 六 里ば かリ、 其の K 人屋まで のし 

たの ぢ やが 朝 にじり く 暑い わ。 

*<^9,^ ぉほ いそ あつ のど かわ し 

慾張拔 い て 大急ぎで 步 いたから 咽が 渴 いて 爲 

やう さっそくち S- の おも 

樣が あるまい、 早速 茶 を 飲まう と 思うた が、 ま: 

だ: t が 沸いて 居らぬ と い ふ。 

ど , モ,; » つ., •: ひ. \1ー 

何う して 其 時分 ぢ やからと いうて、 滅多に 人; 



yf わ まみち あ 5 が-一! 5 うち け むリた だう 

通の ない 山道、 朝 額の 吹いて る. W: に IST か 立つ? 

现も なし。 

|-« A-r 1 へ つめ Z つがし— て 

床几の 前 に は; せた さうな 小 流が あつたから 手 

ァ みづ く ^?.^:! と さ 

桶の 水 を 汲まう として 一 寸氣 がつ いた。 

そ. i * じ せつ がら あつ k そろ 

其と いふの が、 時節柄 暑さの ため、 町 恐し い 

わる 1^ まひ は 9- 5^1 ご-: つじ 

惡ぃ 病が 流行って、 先に 通った 辻な ど、 いふ 村 

いし ビひ 

は、 から 一面に 石灰 だらけ ぢゃ あるまい か。 

ねえ ら { み せ やん な 

(もし、 姉さん。) といって 茶 is の 女に、 

-IQ みづ a ^ きま 

(此水 はこ リゃ井 6- ので ござ リま すか。〕 と、 極 

わる > ま I 

リも惡 し、 もぢ ./>\ 聞 くとの。 

(いんね、 川ので ございます。〕 とい ふ、 はて 面 

え-つ おも 

妖 なと 思った。 

4 ま は-つ だいぶ は so !? *5 

(山した の ガには 大分 流行病が ございま すが、 

-ー のみ づ なに つじ U う なか く 

此水は 何から、 迁 の ザから 流れて 來 るので は あ 

りません か。) 

さ をん な なにげ -! た ' £. 

(然 うでね え。) と 女 は何氣 なく 答 へ た、 先づ 

-? n おも キー 

嬉し やと 思 ふと、 お聞きな さいよ。 

Z こ ゐ さっき ? I ^ 

此處に K て 先刻から 休んで ござった のが, か 

ばい や,. こ IX た たん k** はリ き ひ 

の 賣藥ぢ や。 此の 乂ず r 金 丹の 下 廻と 來た 日に 

ご ぞん S 化ん すぢ ひとへ こ く。 おび たう- 

は、 御存じの 通リ、 千 欲の 單 衣に 小 倉の 帶、 常 

せつ と けい はさ ね ネ やはん も、 ひき これ 

節 は 時計 を 抉んで 居ます、 脚. 祥、 引、 之 は 勿 

Ar^ わら ぢ ち .M-J も ! S ふ ろ し ォープ 、み かど 

論、 草鞋が け、 千草 木綿の 風 K 敷 包の 角ば つた 

くび S は とうゆ が-: ば ち ひ たゝ こいつ 

の を 首に 結へ て、 桐油 合羽 を 小さく んで 此奴 

さウ V- ひも % つ、 み 二べ/ 1,. ,^ - 

を s_gE 紐で 右の 包に つける か、 小 辦慶の 木 称』 



か- 「- s!^ 弋 1 &f ム $p ちょい * 一 み 

の 蝙^傘 を 一本、 お 極 だね。 一 寸 ると、 い 一 

- い y つ か ± i 

やどれ も これ も 克明で 、 八" 別 〕 ありさ う な饥 を.. 

して。 一 

と.:: -リ つ, お ほが た i かた .tsl は 一 

これが 泊に- ャ 5 くと、 大形の 浴衣に 1- つて、 

帶!; 解で 燒 5W をち びリ く逍リ ながら、 旅籠 sal- 

?v,< ひざ J" あ やか. り 一 

の の ふと つ た^ へ 股 を 上げようと いふ a* ぢ! 

や。 

ほふ かいば 5 I 

(これ や、 法界 坊。) ^ 

ちた ま な ね 1 

なんて、 灭窓から,めて!!^ら。 

おつ たによ なか 1 

(5!^なことを ぃふゃぅだが何かれ、 世の 屮の 

を- な で き ?- っ^ *■ ま ^A-r 

女が 出來 ねえと 相 5r か械 つて、 すつ ベら 坊主に 

な つて、 矢 張. 命 は 欲しい Q かね、 不贝議 ぢ や 一 

ねえ み 一 

あねえ か、 〔4^ はれね えもん だ、 姉さん.::;.;?, え、 一 

ぁル まみれん -? い 一 

彼で 未だ 未練の ある 內が, H- いぢ や あれえ か、) と! 

い つて;: g を兑 合せ て 二人で 呵々 と 笑った い。 

とし わし S っユ 

年紀は 若し 1 お前 樣 ; 4 は! Is.^ にたった 

てく か はみ づ た 》 つ ん 一 

手に 汲んだ 川の 水を飮 みかれ て^ 豫っ てなる と 一 

10 一 

44 

ボンと 煙 gl! を拂 いて、 

(付、 慮 を し ね え で 浴び る ほ どやん なせえ、 

いのち At! (f や ため わし 

生 命 が 危 くた リゃ、 藥 を m ら あ 、 其 ほに 私が 

な あ ひ ti それ 

ついて るんだ ぜ、 喃 姉さん。 おい、 其 だっても 

た ど 、"け-. 5 しんば うま, >キ 二たん . 

無錢ぢ や あ 不可え よ、 惮リ ながら 祌^ 萬.^" 丹、 一 

て:.: く ぼ か ま ふ〉— f つし 9- 一 

一 貼 三 W だ、 欲しく ば ひた、 未だお, 中: に^ 抬 J 



つみ つく そ ^ ど *<へ 

をす. る やうな S 非 は 造ら ね え 、 其と も 何う だお 前 

き ちゃみ 1- をん な せ なか 

い ふことを^:くか 。〕と い つ て 茶店の 女の 背中 を 

た- * 

叩いた。 

わし そ. o/^ rc げだ 

私 は匆々 に 週 出した。 

ひ Vi をん な 4- なか 

いや、 膝 だの、 女の 背 巾 だのと いって、 いけ 

f つか まつ を し 9 う 4:^ぷてぃ おそ^い はなし 

ハ+を 仕 つた 和-:^ が 業 體で恐 人る が、 ? i が、 

はなし そ Z i 

話ぢ やから 其虚は ft しく。」 

四 

わし は-:: たち i.- む わみ いそ 

「;# も 腹 立 紛れ ぢゃ、 無|?と^.んぃで、 それから 

4i X- た ム; は t 

どんく 山の 报を E 岡??? 一 へ か、 る。 

5X ち i S -T ち か キ-ふ たか 

半 町ば かリ 行く と、^ が £ やつ if わ に 高く なって、 

fjw 11H 、よこ よみ ゆみ な 5 i 

上りが 一 ケ虚、 横から 能く 見えた、 弓形で 宛で 

つち 于, ef くし ばし うへ み 

土で 勅使 橋が か、 つてる やうな。 上 を なが 

乙れ あし に みか t キー い 4 ん くす ひう リ 

、り、 之 へ 足を^ 避けた S -、 以前 の 藥 賣が すたす 

た 遣って 來て 近箭 いたが。 

べつ こと は か rt .Kfc 

別に If 一 " 葉 も 交さず、 又もの をい つたから とい 

へんじ き こっち どこ 

うて、 返事 をす る は 此方に もたい。 何虔 まで 

ひ-ぶ し し うち リ 1 = つ -- r 

もん を 凌いだ 仕 打な 藥資は 流眄 にかけ て 故と 

んし >rti='- 一 まへ て 

、りし-つ 私を迎 越して、 すたく; g へ 出て、 ぬつ 

-- ? * みち とっさ チ か-つも ミ さ た 

と小山のゃぅた路の突先 へ蝙!^傘を^^なして立っ 

> そ£? £- お み 

たが、 其ま 、向う へ 下リ て^^んなくなる。 

一 め ご つ が t, が たい II N- つ 

其 後 か、 り 爪 4^ 上リ、 龅 てまた 太鼓, 3 胴の やう 

みち うへ か.; だ- の 4 a くだ 

な路の 上へ 體が乘 つた、 其な リに乂 下" ぢゃ。 



さ お たち ど しき リ あた 9 

賣藥は 先へ ドリた が 立 停まって 頻に 四 遂を 

は ね でつ す しふ S; ん! か なに たく 

胸して 居る 樣子、 執念深く 何 か 巧んだ かと、 

C 、ろよ つ S- み し 5 ,, 

快 からず 綾いた が、 さてよ く 見る と 仔細が あ 

る わい。 

みち : こ ふた .f.- ひとす * t、 

路 は此虚 でニ條 になって、 一條 はこれ から 直 

さか 乃^ S くさ "でつ はつ J; ひ 

に扭 になって 上り も 急な り、 草も兩 方から 生 

みち ぼた そ かど と ころ そし, 

茂った のが、 路傍の 其の 角の 虔 にある、 其 こそ 

よ, -,1 いつかよ ?> 

g: 抱, さう さな、 五 抱 も あらう と いふ 一本の 

ひのき うしろ うれ き nn こ ふた 

の、 北;: 後へ 蜿 つて 切 出した やうな 大- おが ニッ 

みつ よつ i ら うへ はつ かさ そ -っ しろ 

三ッ w ッと 並んで、 上の 方へ 暦な つて 其の 背後 

へ 通じて 居る が、 ; 5^ が 見? お をつ けて、 心 組んだ 

こっち つば リぃミ あ. ,1 き 

の は 此方で はない ので、 矢 張 今まで 步 いて 來た 

そ Hi* ひろ に-つ tJ< さ ほんな つ 

其の 幅の 廣 いなだ、 しかな がが 正しく 本逍、 あと 

りた ゆ S ユー .!• らう! b 

二 里 足らず 行けば 山に なって、 其から が to^ にな 

る:!! c。 

i み 、 ど いま そつ ひ や 

唯 q ると. 何う した ことか さ、 今い ふ 其^ 

> そこ たん みち よこ み け-マ- 

ぢ やが、 其虚ら に 何にもない 路 を橫斷 つて aEJ^ 

たんに なかぞら にじ つ * で& 

のっかぬ の 中 化." へ 虹の やうに 突出て 3W る。 

み n. がた ところ つち ,.づ ; I ほ- 2y? 1- 

M ル事 な、 根方の 處の 土が 複 れて大 鳗を投 ねた 

ね ゾ、 -ぢ あら は そ C ね ひとす V- 

やうた 根が 幾^ ともなく 露れ た、 其 根から 一筋 

み-つ さッぉ ち うへ なが と 

の 水が と ちて、 地の 上へ 流れる のが、 取つ 

す- ち l-t なか たがれ だ 

て, 逆 まう とする ^^!の!!ぉ屮に 流出して あたり は 

.ー 面。 

たんば み * つうみ ぷし マ- 

田 M が 湖 にならぬ が 不思議で、 どうく と 



JII 5 くて , ひど ひら やぶ み si V- かひ 

瀨 になって、 前途に 一 «の-^^が見ぇる、 其 を 境 

およ ちで つ あ ひだまる か ti こいし 

にして そ 二 町ば か リの間 宛で 川ぢ や。 ^は 

と いし お ほ wfc つた 

ばらく、 飛石の やうに ひよ いくと 大 跨で 1^ 

へさう にず つと 見 ごた への あるの が、 それ でも 

ひと て たら S 

人の 手で 並べた に 違 ひ はな い。 

もっと きもの A わた だに) 

尤もお 服を脫 いて 渡る ほどの 犬 事な ではな 

ほん.^ いだう ち 广ぶ ター す 5W 

いが、 本街道に は些と 難儀 過ぎて、 たかくお 

な ど が步 行かれ る譯の もので はない ので。 

V* い?、 3 うち *t 

賣藥 もこれ で^った ので あらう と;: 心 ふ 内、 5! 

はば むき か みぎ ,か の? 

放れよ く 向 を: s へ て 右の 坂 をす たくと.: :!" は 

み ま ひ r,*- ろ ,ニ- め わし 

じめ た。 る 問に 输を 後に 拔け ると、 私 

んらだ うへ で した t 

が 體の上 あたり へ 出て 下 を, 2き, 

まつ- frvl で みち こっち 

(おい/ \ 、松 本へ 出る 路は 此方 だよ、) と いつ 

む ヤ!. つ 2 ぼ 

て 無造作に また 五六 步。 

いは あたま . け ノン > = だ 

おの 頭 へ ^^身を乘出して、 

ぼん や 》- 「;-,-.* さ- リ ひ 乙 ま A* ゥ 

(茫然して ると、 木精が 摟ふ ぜ、 喪 IT だ つ てお 

しわ- * ごとい す 

敉 はねえ よ。) と 嘲る が 如く 言 ひ棄 てた が、 腋て 

いは か 1,- は ひ たか と 二ろ く-ひ かく 

山:ゎ の K に 入つ て 高 い 虔 の 草に i:】 れた。 

しはら み ぶ あたり か- ( .H=-:i づ させ 

^|1くす ると:^ 上げる ほ どな 逢へ 蝦; i 傘 の 先が 

て き 1 た - げ なか 

出た が、 木のお とすれ/、 になって 茂みの 屮に 

见 えなくな つた。 

(どッ こいしよ、) と暢氣 なかけ 聲で、 其の 流 

の 石の 上 を 飛々 にあって 來 たの は、 英 >m の" あ 常 

てん ぼう かた 二 かつ 

をした、 何にもつ けない- 大抨梓 を 片手で 擔 いだ 



r 1 34 



野 E) 



ロひ 本 ま 



ひ?. しゃう 

百 姓ぢ や。」 

五 

さっき ち SI? ここ < ばいやく ^ 

一先 刻の 茶店から 此. SS へ來 るまで、 賣藥の 外 

たれ ち IxtwL あ 

は 誰に も 逢 はなんだ こと は 申 上げる まても な 

いま S わか 4.- は こ ゑ か むか 5 だつ ち-つ 

今 別れ 際に 聲を 懸けられ たので、 先方 は 道中 

し *,- つ にん み おも き- 

の 商賣 人と 見た だけに、 まさかと 思っても 1* 

fi けさた み- *,L 、 

迷が する Q で、 今朝 も 立ちぎ はに よく 見て 來た、 

i へ t?K そ. T- ここ あ み, 

前に も 巾す、 其の 阖 面 をな、 此虡 でも 開けて 

& ところ 

ようとして 2W た 虔 C 

ちょいと r か S- そん 

( 一 寸 JE ひたう 存じます が、) 

なん aiiti ひと 

(これ は 何で ござ リ まする、 J と 山國の 人な ど 

zi し 5; つ. t み ていねい „ 

は 殊に 出 家と 見る と 丁寧に い つて くれる。 

(いえ, お 5^ ひ 申します まで も ござ:;. ません 

みち 1- つばり W つ. *s 

が、 逍は矢 張 これ を 素直に 參 るので ござ いませ 

うな。) 

S つ. 5J ゆ 5: ん だ-つ 

(松 本へ 行かつ しゃる? あ、 く 本道 ぢゃ、 

なに - 一の." I ひど つ -t づ で か は 

何ね、 此 間の 梅雨に 水が 出て とてつもない 川 

さ 出 4 たでが すよ。 •) 

(未だず つ と 何, ま でも 此 水で ..> 「ざい ま せ う 

か U) 

なん i へ? i -r s 

(何のお 前樣、 たばか リぢ や、 譯は ご、 ざり. ま 

みづ .£ あ やぶ f 

せぬ、 水に なった の は 向う の 孤の 教 までぐ、 後 



3 つば 0- おなじ す V に ケるま *f ら 

は 矢 張 これと 同一 道筋で、 山まで は 荷車が 並ん 

とほ やぶ nfss S し-. y い 

で 通る でが す。 藪の あるの は舊 大きい お 耶の醫 

乙 や- 1€ あと こ こ S ら ひと むら 

者樣の 跡で な、 此處等 はこれ でも 一 ッ の 村で が 

C ん £f お ほみ づ >5 *^ a .0 

した、 十三 年 前の 人 水の 時、 から 一面に 野良に 

ひとじに • 乙 う- 5 一 A あ る 

たリ ましたよ、 人处 もい けえ こと。 御坊 檬 歩行 

4^, ん ぶつ とな 9. 

きながら おぎ 佛 でも 唱 へて 遣って くれさつ しゃ 

と ししせ つ はな そ.. - よ 

い。) と 問 はぬ ことまで 深 a- に 話します。 其で 能 

し さい わ.^ た-. か 

く 仔細が つて 確に なり はなった けれども、 現 

ひと B- ふ.?? 1 もの 

に 一 人 踏 迷った 者が ある。 

こちら みち どこ ゆ 

(此方の 道 は こリゃ 何虚へ 行く ので、) といつ 

ぼい やく は ひ ゆんで さか た-つ み 

て 賣藥の 入 つた 左手の 坂 を 尋ね て^た。 

れん まへ ひと あ る 

(は い、 これ は 五十 年ば かリ 前まで は 人が 歩行 

き T だう «- つば リ ly^ しつ- で ひと 

いた 舊 道で がす。 矢 張 信 州へ 出ます る、 =1^^は 一 

り 亡った,; ilp^ い *j< 

つ で 七 里ば か リ總體 近う ござ リ ますが、 いや 今 

M き.^ つらい で き きょたん 

時 掛^の 出來 るの ぢゃ あご ざリ ませぬ 去年 も 

r ばう さま おやこ ゴれ じゅんれい ま 1 は ひ 

御坊 樣、 親子 連 の 巡 鱧が 間違 へて 入った とい ふ 

たいへん こ じ ま み も 

で、 はれ 大變 な、 乞食 を たやうな 者ぢ やとい 

じん 力い か は おつ たす 

うて、 人命に 代り はねえ、 追 かけて 助けべ えと、 

お? はリ Ms* にん むら »3 にん r>AJ くみ • -れ 

巡査 樣が 三人、 村の 者が 十二 人、 一 組になって 之 

t つ -0 ど くら も 

から 押 《》i つて、 やっと 連れて 戾 つた 位で がす。 

ご fi けっさ は J- みち 

御坊 樣も 血氣に 逸つ て 近道 をして はなり ましね 

くた ン の じゅく ここ ゆ 

えぞ、 草臥れて 野宿 をして からが 此虔を 行かつ 

S し き つ 

しゃる より は «1! で ござる に。 はい, 氣を 付けて 

t かっしゃれ。) 



二 こ ひ 一 く 1 う S そ S いし うへ ゆ 

此^で 百 姓 に 別れて 其の 川の 石の 上 を 行か 

うとした が 弗と 猶豫 つたの は 賣藥の 身の上で。 

さ それ 

ま さ 力に s- いた ほ ど でも あ る ま い が, W が 

たう み ごる し ど みち わし し ,2 つ 1 り か-二- - 

當 ならば 殺ぢ や、 何の 道 私 は 出家の 體、 

く 41 どつ や. a したね 

が 暮れる までに 宿へ :® いて 屋根の 下に 寝る に は 

5 おつつ ; 5^、 ひ 一 8- りちが まつ 

及ばぬ、 追 着いて 引戻して 遣らう。 罷 違うて 舊 

VI- つ f?^-,* あ K- け か 

道 を 昔步 行いても 怪しう は あるまい、 ! S 、? うい ふ 

じ こう お ほ?? 」3ん ちみ まつ リ宁っ しほ 

時候 ぢゃ、 の 旬で もな く、 魑魅 63 魈の汐 

4 〔も みお-.、 は 

さきで もない ま よ、 と S うて、 o^;^.i^J ると 早 

しんせつ ひゃく 乙 や 5 す.>た み 

や 深切な 百姓の 姿 も 見えぬ。 

(可し。) 

おも ひき さか, と か. * をと CVJ 

思 切って 坂道 を 取って 懸 つた、 俠氯が あつ 

けっさ は 

たので は ござらぬ、 血氣に 逸った では 固よ リな 

も さと 

い、 今 屮 したやう ではず つと 最ぅ 悟った や うぢ 

おくび つもの か は みづ の 

やが、 いやな か/、 の 臆 者、 川の 水 を 飲む の 

キ-ひ 5C ちだい じ な ,L また S 

さへ 氣が 怯け た ほど 生命が 大事で、 何故 乂と謂 

はっしゃ るか。 

た-, - あいさつ やと こ わし じつ- ろ 

唯挨接 をした ばかりの 男なら、 私は實 の處、 

うつち や お B こ- 'ろよ ひと 

打棄 つて S いたに 違 ひ はない が、 快から ぬ 人 

おも その みす わざ 

と 思った から、 其 ま、 で見棄 てるのが、 故と す 

さ せ 

る やうで、 氣が 責めて ならなん だから、」 

しつ 二う や はリ うつむ とこ は ひ ^^ゥしゃぅ 

と 宗朝は 矢 張 俯向けに 床に 入った ま 、合掌し 

て いった。 

それ くち ん ぶつ ナ お. 《 

『其で は 口で いふ 念 佛 にも 濟 まぬ と 思うて さ。」 



1 35) 



C 1 3S:i 



胴:: 



こっち そ c き なに あつ あ、 

此 も 其氣 になって、 何しろ 暑い ので、 ^ぎな 

ま わら V- ひも しめ, I,*** 

がら 先づ 草鞋の 紐 を緊^^した 。 

ち ど -に の; に ち あた ヮ み Q れん fcjl じ i/:v5 

丁度 此の上 口の 遂に 美 濃の 蓮大 寺の 本堂 の 

ゆかお 一 ふきぬ かざあな とし た 

床下まで 吹拔 けの 風穴が あると い ふ こ と を年經 

つてから 問き ましたが、 なか- .,/\ 其處 どころ の 

ォ;! た し; うけん. q い け r>fh き i き 

汰 ではない, 一 生 懸^、 景色 も 奇跡 も ある もの 

てん. 一 は i わけ わか 

か いお 天 氣さ へ 晴れた か 曇った か譯が 解らず、 

目 じろ きもし な いです た-/. \ と 担ね て 上る。 

*K さま キー i 1- なし 

とお 前樣 お聞かせ 申す 話 は、 これから ぢ やが、 

V; い., >s $ と ほ みち わ る まるで ひと か- i 

最初に 申す 通リ路 がいかに も惡 い、 宛然 人が 通 

うへ ,:- 一一 i へび つ tJ つ 

ひさう でない 上に、 恐し いのは、 蛇で。 兩方 

くさむら つ. 一 あ !£_* つ、 こ まし わた 

の 载 におと 頭と を 突 込んで、 のた リと橋 を 渡 

して 居る では あるまい か。 

わ^ « つ 5.ォ V- リ,. は tv.- かさ やか たけ. つも つ 

;?^ は fel! 先に 出會 した 時 は 笠 を 被って 竹 杖 を 突 

いま ひ nr を f» 

いたま、、 は ッと息 を 引いて 膝 を 折って 坐った 

て, 

しゃう. 一一く V- 1.* らひ *■ ふ ひ I- +* 

いやもう 生 55! 大嬸、 嫁と いふよ リ恐佈 いの 

でな。 

そ 力と tr ま ひ. す Z > 

其 時 は先づ 人助けに ずるく と 尾を引いて、 

OA か ミ,、 じ ち おも «- わた 

向ラ で 嫌 首 を 上げた と 思 ふと 草 を さら^ |\ と 渡 

つ た。 

やつ や お みち ちで つ ゆ また.! たじ 

^ラ起 上って 道の 五六 町 も 行く と、 又 同一 

ど-!..: か >り を くび み 

やうに, 胴屮を^^£かし て11£?も首も見ぇぬが. ぬ 



六 

* わし ひ? J うら 

「さて、 閉 かっしゃい、 私 は それから^の 裘を 

ぬ i は いはう へで >MI なか 

拔 けた、 お S 下から おの 上へ 出た、 ^の 中を潛 

WJ ふん こみち どこ ど * 一 I 

つて 革 深い 徑を 何處 まで も、 何處 まで も。 

やつ ま いま,?.. 1 $ す sicyJJ 

すると 何^の ii にか 今上 つた 山 は 過ぎて 又 一 

S やか ジ キに I -r; あた リし. あ ひど の ひろ. 4,^ 

ッ 山が 近いて 来た、 此邊 哲 くの 間 は 野が 廣々 

さっき t ほ ?ス かいだう も 1, ふ ひろ 

として、 先刻 通った 本 |?道 ょリ最 つと 幅の 廣ぃ、 

なだらかな 一 筋? 

こ-ろ にし ハ.^ し ま なか S ひと お ぶた 

心行?: と、 東 と、 中に 山 を 1 ッ E いて 二 

なら みち や リ 

並んだ 路の やうな、 いかさま これなら ば 槍 を 

て 、も 行列が 通った であらう。 

此の. el ッ場 でも 目の 及ぶ 限リ 芥子 粒 ほ どの 大 

ばいやく ナ がた み と ザ < -、 «■ そら 

さの 资藥の 姿 も: u? ないで * 時々 燒 ける やうな 空 

ち ひ むし と V? る 

を 小さな 蟲が 飛び 步行 いた. - . 

ある こはつ 二-ろ 丄 1 

步行 くに は 此の方が 心 細 い、 あた リ がば ッと 

/ ぷ た. -f リ > 5J-v7-> ;!; ご. C .X, 二 う 

して 居る と 便がない よ。 勿論 飛驟 越と 銘を 打つ 

r ソ けん り けん V* つ F* 

た::: に は、 七 里に 一軒 十 里に 五軒と いふ 相^、 

そ Z あは めし つ がふ じ やう まつ 

其虚で の钣 にあ リ つけば 合 も 上の ガと いふ 

を そ t かくご あし 

ことにな つてお リ ます。 其を覺 悟の ことで、 足 

につで つ たつ,, !*•> ;っ す- す, - 

はお 勝に 逢 *、 いや 屈せずに 進んだ 進んだ。 す 

、 くさ. ーヌ、 «;?.-5? つ - $ き かた つか 

ると- c« 々乂 山が 兩 方から つて 來て、 肩に 支 

サ - す. 5, OVP 

へ さうた 狹 いとこに なった、 に 上。 

これ な だい あ £ ふ たゥげ '7t 

さあ、 之か、りが名代の.火:|^-^と 心 得たから、 



.V 一び ユーれ t 

ぁッ というて 飛 退いた が、 其 も踪れ た。 三 

め であ S うご しか 

目に 出會 つたの が、 いや 急に は 動かず、 然も 

たい ふと たと は-だ ところ *• 

體の太 さ、 譬ひ這 出した 處で ぬら/ \ と 遣られ 

およ • ふん くら. <J>l だ ま 

て は 凡そ; A 分 位 2^ を 出す まで に 間が あらう 

おも S べし 1 み や ,ん わし 

と田^3ふ長蟲と见ぇた ので、 已 むこと を iJ: ず 私 は 

セ* た こ と たん した :>*-:- つ、 み 

跨ぎ 越し た 、 途端 に 下 股が 突-配 つ て ぞッと 身の 

^0 け 一 のこら ゲ うろこ か は かほ い-つ そ へび 

毛、 毛穴が 不 fgf 麟に變 つて、 餌の 色 も 其の 蛇の 

力 ふさ C ら 

やうに なったら うと! u を 塞いだ 位。 

^ ひや >.sv き み わし あし 』.,. 

较る やうな 冷; t になる 氣 味の 惡さ、 足が 姊ん 

. た • _<s すつ 

だと いうて 立って 居られる 數 ではな いからび く 

: ' - -. み f お- 5た ft 

ひくし なから 路を 急ぐ と义 しても! IW たよ。 

丄ル - にん-ひ r はん" v.- ひゥォ ど-つ £ 

然も 今度 の は 牛 分 に 引 切って あ る 胴から ば 

む, 一 きリ/ メ。 あ を お epi か t 

カリの 蟲ぢ や、 切 口が X::- み を帶び て 其 で i やつ 黃 

,v-0 しる た うご 

色た 汁が 流れて, ひくく と 動いた わ。 

我を忘 れ てばら くと あと へ! 歸っ たが、 氣 

が 付けば 例の が 未だお るで あらう、 譬ひ 殺され 

ど *ー^ また IVi ズ- つき 

るまで も 二: 故と は 彼 を 路ぐ氣 はせ ぬ。 あ、 先刻 

ひ. 《■ <| -, ズ" ま さゾ ふるみち へ!!, ^ 

のお 百 姓が もの I でも 故 迫に は 蛇が!: 丄ぅ 

ぢ ごく お 

といって くれたら, 地獄へ 落ちても 来なかった 

二 fr- た % なむ あ-.? リ- 

にと 照リ つけられて、 涙が 流れた、 南無 W 彌 

ぶつ > いま ぞ, ッ ひた: S r 

佛、 今でも 悚 然とす る。」 と 額に 手 を。 

ー果が 無い から 瞻を ^ ゑた、 固よ リ 引返す ゲで 



cm Wt iTD 



閗き 人 2 



At と-一ろ やつば n- ぢゃ Tfe むてろ > 

はない。 舊の虔 に は 矢 張 丈 足 、りす の^が ある 

>3 さ くさ なか か. 9 、 • > 

遠くへ 避けて 革の 屮 へ^け 拔 けたが 今にも あ 

tss ぶん まと たま きに-く 

との 牛 かが 5^ ひっき さ-つで 耐、 りぬ か ら氣 が し 

あし ナ V-** いし つ 11- づ ころ そ め. M さ. ざぶ し 

て 足 が^ 張 ると 石に 頃い て轉ん だ、 其 時 膝 節 を 

V. み 

做め ました もの と兑 える。 

る る 亍-- な,: じふ 

それ から がく/ \ し て步 行く Q が 少し難^^ に 

Z Z た ふ う/き むしに ろ 

なった けれども、 此 Is で 倒れて は ほ 氣 で 蒸 殺 さ 

れ るば かリぢ やと、 .1: 身で. 我 身 を激 まして 首 5^ 

i ,vi.-fc た-, つげ :v- つ - 3 

を-取って 引立てる やうに して: ^のかへ 

,に み vi* た V-5 "そろ ば. M リ た-二」 

何しろ 路傍の *: 十い きれが 可 恐し い、 大烏の 卵 

la たやうた も た んぞ足 許 に ご ろ /\ して! W る 

„、.•- nv ,ぺ ろち 一-か C まぶ i ろ 

父 二 5f ばか リ大, S の蜿る やうな 坂 を、 山 懷 

つ *.-ー<\- 一 いは かに I *fi き ね ,>"* 

cms つ て 岩角 を <1 つて、 木の 极を繞 つ て參 つ 

-- -- るエ みち v--,t- う 

たが 此虔 のこと で餘 りの 道ぢ やった から、 參謀 

?: んぷ * XL や ~ ひふ * 

本 if? -ぉ阅 面 を? S いて: 3- ました。 

なに S つ v?t ち . ;. んへ ピ ? み か はリ 

何 矢; &せ! は M 一 で iS いたに も たの にも 變 

リ r ち.; - さつん こ、 ろ や 

はない、 は 此方に ffiv:! はたい から 心遣り 

なん ,21 ニノき -っ jC ん 

にも 何にも ならず、 ; M ょリ とした 園 面と いう 

か ? た r ペリ い V, うへ <A か 十 W ひつ 

て、 描いて ある:^ は 唯 栗 Q 毬の 上へ il^ い 筋が 引 

張って あ-るば かリ。 

《び 1- むし * ーリ た ftj く 5 

艱儀 さも、 も、 vr- 蟲も、 鳥の 卵 も、 草い き 

しる -Hp さつば o- 

れも、 ;?^ して ある や:: はない のぢ やから、 蓮 張と 

た- * ふと 一一ろ い こち * し, ぺ ねんぶつ 

せ, んで B に 入れて、 ぅむと此0?^7〕下 へ念佛 



とな 二 たち、, よ いき ひ うち 

を唱へ r<J んで 立^った は 可い が, まも 引かぬ 内 

たさ-りな な: -.o し みち さ- 

に 情無い 長 蟲が路 を 切った。 

そ こ ,M ム厂, おち 

其.^^でもぅ所マぱ^:はぬと£.】ったなリ、 これ は 

こ わ VI .「,. んぉ つ, y ナ ;-ざ 

此の 山の 雲で あらう と考 へ て、 杖 を棄て 、£a を 

ま つ 一:' 《- お I つ 一. - 

曲げ、 じリ /\ する 地に 雨 手 をつ いて、 

ヂー£と ナ と ほ くだ 

t- 誠 に濟 みませぬ がお 通しな す つ て 下さ" ま 

たる ; * る 4 じゃま そつ 

し、 成た けお 午睡の 邪魔に なり ませぬ やうに あ 

つうふう 

と 通 it い たします る G 

r -タん と ほ つ ゑ す が を しみ ふ、 

^覽 の 通リ 杖も棄 て ま し た 。 ) と 我 折れ 染 々 と 

た 力 ひた ひ 5 す さ ま お, ご 

親んで 額 を 上げる とざ ヅ とい ふ^5じ い 音で。 

ろ, よ ほど だいじゃ おも , -じ 9 ヽ- しめ-,、 - し"?;,^ 

心持餘 程の 大蛇と 思った 三尺、 m 尺、 五 尺 

し 1"- ゥ V. でつ よ V 一ん/、 くさ うご ひ-つ 

ra: 方.. 一 丈餘、 段々 と 草の 顿 くの が廣 がって、 

か- --へ さッ なび はて み わ *! ま 

傍の 溪へ 一文字に と 虎いた、 果は峰 も .5 も 一 

きい ら Iv ぞげ ふる たち r,、 r み 

齊に搖 いだ、 恐氣を 震 つて 立 姊 む と 谅 し さ が 身 

し きつ おろし 

に 染みて、 氣が 付く と 山 1^ よ。 

二 きこ ど/ I 二-, 二- * 

此の 折から 開え はじめた のは哄 とい ふ 山彦に 

つた つ-. き ちで つど S おく かぜ - 「づづ < そ こ 

傳 はる 礬、 丁 度 山の 奥に 風が 渦卷 いて 其虐か 

ふき さ 一 ち- V ふ,. - ^ 

ら吹 起る 穴 が あ. い た や う に 感じ 、り れ る 

たに さんん いかん- へ1^ み 

何しろ 山篥感 應 あつたか, 蛇は::i^んなくなり 

あつ しゥ き いさ t li.AM, 

暑さ も 凌ぎよ くた つたので、 氣も 勇み足 も 涉_ 取 

ほど S *vw つめ M- い-つも 

つたが、 程なく 急に isT か 冷たくな つた^ 由を會 

とく で さ 

得する ことが 出來 た。 

め *4 へ V: いしん. V ん 

と いふの は: W 3 前に 大森钵 が あら はれ た の 

で。 



よ ちとへ あ まふ も-! t に. i ぞら ? 3 ふ , 

世の 譬 にも 灭牛: is. は il« f ノ丄- に 雨が 降 る とい ふ 

c.-- し か-? よ 一一 ま て. い 

の 話に も祌 代から 袖が 手 を 入れぬ 森が あると 

いたのに、 今まで は 餘リ樹 がた さ!?^ ぎた。 

こんど へ かに あ ュ 

今度 は 蛇の か はりに 蟹が 步 きさう で 草鞋が 冷 

し: ら くら ?_ ,つ -ん き 

えた。 暫くす ると 暗く たった、 杉、 松, e と 

£> 一ろ <\ み わ で き $ 一-つ --ノ - .... 

虔 々 分け が 出來る ぱ かリ に 遠い 虔 から に 

ひひ り さ つち いん みたく ろ た Si 

日の 光の 射す あた リ では、 土の 色が 昔 M 一い。 屮 

くわう せん- --5 :; t- づ ち; S 卞バ. 1 

に は 光線 が 森を朴 通す 工合 で あ 、りう 、 啻だ 、 

i い うつく とこ ろ 

.Jjr だ Q 、 ひだが 人って 类 しい 虚 があった 

とぜん、 つ *i き わら に し 一に- お 一 ゥたミ ゾ- 

時々 爪 尖に 絡まる Q は 葉の IS 下の サめ? g つた 絲の 

た-く >a. えた う たか と 二ろ は; 

やうな 流で、 これ は: を 打って 高い 虚を 走る 

また ご-一-に r おちば チ *ん キ/ 

ので。 ともす ると X 常?^ 木が 落葉す る、 何の 樹 

し な、. - お-と , 

とも.^ れずぱ 、し;/ \ と 鳴リ, 力 さ と 一! :! 曰が し 

ひのき ふ V*- > ゆきす 

てばつ と 槍 笠に か 、 る こと も あ-る、 或 は 行 ffll 

うしろ それ- ら 之 だ 之た 

ぎた 背後へ こぼれる の も ある. 其 等 は 枝から 枝 

たま な /- ;. /> つち うへ 

に? g つて 居て 何十 ギぶ" ではじめて 地の 上まで 

お わか 

落ちる のか 分らぬ。」 

こ、 ろ? そ け ふ おう 

「 心細 さは. a. すまで もなかつ たが、 卑怯た 樣で 

し., ム 丄 5 つみ か.! i くら ところ ひ * つ 

も修 行 の 積まぬ 身に は、 恁ぅ云 ふ 暗 ぃ虚の 19 

かへ くわん りん たより よ でに か-. MV,- し 

が 却って SS ぎに 便が宜 い。 1|: しろ 體が 凌き よ 

あ」 、わ 3 わけ ^ 

くな つたた めに 足の 弱 も 忘れた ので, 一 も 人き 

は. C-V 一 H< ぶ 一 S, ノ なか Z 

に涉 取って、 先づ これで 七 分 は 森 Q.a- を 越した 



(1 37, 



不;: ん 

だ 



.? さ-ろ LTAft I うへ け 

らう と 思 ふ 虚 で ; A- 六 尺 天 i おの 上 らしかったら 

の 枝から、 ぼた リと 笠の ト: へ 落ちお まった もの 

が ある。 

たまり こ、. C あち なに き み 

ぬの 錘 かとお も ふ 心 持、 何 か 木の. K で "、も 

あるか 知らん と、 二三 ぽ 1;^ つて 兑 たが 附 いて 

^ -3 と なに ご, -ろ て 

nw て 其 ま >- に は 取れない から、 何 心なく 手 を や 

つて 摑 むと、 滑らかに^^りと來た。 

* た 《 こ さ め くち 3 

兑ると 海鼠 を 裂いた やうな H も 口 もな ぃ老ぢ 

ど- 「ぶつ ち; t~ ぶ さ み た, だ 

やが、 脚 物に は.? S! ひない。 不 i お 味で 投出 さ-つと 

すぺ ^び さ S す; S 

するとず るく と、 につ て 指の 尖へ 吸つ いて ぶら 

? V そ けな ^び ささ * づか 5 つく 

りと 下った、 其の 放れた 指の 尖から 赤な 突し 

ち ?'/ \ で び? "9 » した - ゆび 

い 血が 々と 出た から、 i^. 驚して 目の 下へ 指 を 

み い *f*HW-.t* r v- とに-ろ 

つけて ぢ つと ると、 今 折曲げた 肱の 魔へ つる 

fc^v & K なじん たち は! - ぷ 

りと 乖應 つて 3W るの は 形 をした、 is- がおか、 

ftt „^ん suite 

丈が :1: 寸 ばか リの 山海:^。 

あ f けと み う も k. はつ ち •、 

呆^^に-取、りれて=^oく内に、 下の 方から 縮 

ふと ゆ い ォふり 

みながら、 ぶ く- f\ と 太って 行く の は 生血 をし 

す ひこ せ ろ にご くろ なめ fs に 

た、 かに 吸 込む 所 で、 ™g つた mi い 滑らかな 肌 

ち^かつ i く k いぶ 一 う リ ち と 

に 茶报色 の ii を もった、 沈 胡瓜の やうな 血 をお 

ど- つぶつ こいつ ひる 

る 翻 物、 此奴 は irc ぢ やよ。 

た i み 

ST か CW にも: 15^ 逾 へる わけの もので はない が、 

K, ! J f fa ちょっと *1 

圆拔 けて 餘" 大きい から 一 寸は氣 がっかぬ であ 

fj< ti たけ どんな リ れせ $ 

つた、 何の でも、 甚麼艇 ^ CM める 沼 でも、 此 

位な 5^ は あ、 りう- - は S はれぬ。 



なん :っ と fp めみ うへ 

何と? 此時はロに:3^んて、 h から ぼた" く 

<-0 W ナぢ « •.- ^£ . ^らど ふ 

と 一な 痩せた 筋の 入った 雨が 體へ 降リか 、 つ 

て 来たで はない か。 

わら V- は *f し $ P うへ *- に くな 

草^ を 穿いた 足の B 'へ も 落ちた 上 へ 乂 リ、 

» ら わ き く? つ つま. I.;*.- 

, おんだ 傍へ 义附 藩いて 爪先 も 分らな くた つた、 

さ -.. おも み ゆく う ちす 

然うして 活き てると 思 ふだけ 脈 を 打 つ て 血 を 吸 

おも ひと のび V? み 

ふやうた、 思 ひなし か 一 ッく仲 縮 をす る やう 

み *ifj Apt* そ さ ふ し ぎ 

なの を; 3- るから 氣が遗 くな つて、 其時不 議た 

わんが お 

考 へが 起きた U 

-ー お そろ ? li ひる か, { よ い r- しへ ここ たむろ 

此の 恐し い 山; g は 神代の から 此 返に 屯 を 

ゐ ひとく なか ひ 5 

して 居て、 人の 來 るの を^ち つけて、 永い 久し 

あ ひど ど <^^/f ち-す そ こ 

い 間に 何の 位 何 解かの 血 を 吸 ふと、 其處で この 

.CJ し < ;ぞみ かな そ と Vj ひる の-. -らず 

蟲 の?^: か 叶 ふ。 其の 昨 は あ リツた けの Jar か不 ss; 

す にん. t-> ち, はま.! 、 i^, 

吸った だけの 人 問の 血 を 吐出す と、 おがた めに 

つち S! ひと めん ち どろ 

土が とけて 山 一 ッ 一面に 血と 泥との 大 沼に か は 

そ: i どうじ 二- 1 ひ ひか 0- さへ 4,, 

るで あらう、 其と US' に此. に::: Q 光 を 遮って 

ひる くら たい. --く き-, み、 ひと ひと ひる 

寮 もな ほ 1= い 大木が 切々 に 一 ッ 一 ク になって 

k >5 つ rS ♦* つた こと 

了 ふのに 相 1 がたいと、 いや、 令. <の 事で。」 

九 

5 にん^,^ ち サっ -2..S は やぶ 

「凡そ 人間が 滅びる の は、 地 itt の簿 はが 破れて 

空か、 り 火が 降る ので もなければ、 大瓶が 押 被 さ 

ひ だ o' r ^ ぼやし ひる 

るので もない、 飛 驟國の 樹林が お • になる のが 

5 ..12 みんなち ゥ なか ナ V- 4 むし 

最初で、 しま ひに は 皆 血と 1^9. 屮に 筋の Missis 



肱 をば さリと 振った けれど,.!"、 よく^ 込 

と:: si えて なかく i れ さう に しな いか-り 

味ながら 手で 抓んで 引 切る と, ぷっリ といって 

やうく. 取れる、 W 時 も耐 つた もので はた い、 

い きなりと だいふ , た- S- つ 

突然 取って 大地へ 叩きつ ける と、 これほどの 奴 

ら なん す わが -« 

等 が 何 となく 斑 をく つて 我 ものにして よう 

と-一ろ か SJ そ ようい ft おも 

とい ふ虔、 豫て 其 Q 用意 は し て 居 ると 思 はれる 

ひ ちリ なか つち 9 にんか つぶ 

ばか リ、 日の あたらぬ 森の 中の 土 は 柔 い、 潰 

れ さう にもな いの ぢゃ。 

と最 や 頸の あた リ がむ ずく-して 來た、 平 

て こ み よこにで ひる i- な 

手で 扱 いて ると 横 挺に 蛭の 货を ぬるく とす 

す. i した ひそ おひ あ ひた 

ベる とい ふ、 や あ、 乳の 下へ 潜んで 帶の 間に 

びき み かた -っ人 ひと 

i 1 疋、 くな つて そ ッと见 ると 肩の 上に も 一 

十 V- 

おも と あ? 1 ュ-っ I>S3 ふる このお ほえ だ した 

思 はず 飛 上つ て總身 を 震 ひながら 此 大枝の 下 

を 一 散に かけぬけて、 走りながら 先づ 心 覺 えの 

a つ むち』 つ と 

奴 だけ は夢屮 でもぎ 取った。 

なん .《 ろろ いま •> どひるな ゐ 

何に しても 恐し い、 今の 枝に は 蛇が 生って nw 

あまり こと おも .、= かへ み かへ 

るので あらう と餘の 事に 思って 振 返る と、 Iw^;;^! 

き I 产ぇ えた し やつば リ い,.、 

つた 樹の 何の 枝 か 知らず 矢 張幾ッ とい ふこと も 

ひる か は 

な い の皮ぢ や。 

おも "々一 r 'だり *i へ えだ 

これ はと 思 ふ、 右 も、 左 も、 前の 枝 も、 何の 

こと い 11 い 

事 はな いまるで 充滿。 

わし きょうふ こ么 た llv? 

私 は 思 はず 恐怖の 萆を 立て 、叫んだ、 すると 



C3? B iS) 



C 1 391 



馬^ 行 ゆ 



い も 

ち n 
何 て 



くだ み ぢ ん よこ .f- らだ 

て、 碎 けろ、 微 喫に なれと 橫 なぐ リに體 を 山路 

うちた ふ .ニゃ り は 9 

へお 倒した。 それで からもう 砂^でも 針で も あ 

つち 一^ * ひる しがい ひ:' 

れと 地へ こす リ つけて、 十 餘リも Ig の 死骸 を 引 

うへ !: 2 りか と み ぶる ひ 

くリか へ した 上から、 五六 間 向う へ 飛んで 身顫 

をして 突立った。 

人 をお 鹿に して 居る ではありません か。 あた 

<si と-一ろ, ひひら しどの ち どろ 

リ 0^ では 虚 々茅蜩 殿、 血. V 泥の 大 沼に ならう 

»0 リ ひか な ゐ ひな、 》 たに そ-一 

とい ふ 森を控 へて 鳴いて る、 H は斜- 溪底は 

くら 

もう い。 

ま わ ほかみ ゑ じき 5.^ ひと 

先づ これな らば 狼 の 餌食に な つても 其 は! 

おも ひ し みち ちで つど 卜り 

思に 死なれる か、 しと、 路は 丁度 だらく 下な 

•1 ! V う て-つし たけ つも かた 

り、 小!^ さん、 調子 は づれに 竹の杖 を 肩に かつ 

いで、 すた こら ® げた わ。 

ひる なや vfc $ 

これで 蚝に惱 まされて 賺 いの か、 # いの か、 そ 

れ とも 櫟 つた いの か? おもい はれぬ 苦しみ さ へ な 

うれ ひと ひ だ やまごえ かん;,! 15 お 

かったら、 嬉し さに 獨り飛 驛山越 間道で、 御 

き 5-5 ふし げ V ふつ。 どり ちょっと 

I- に 節 をつ けて 外^ 踊 を やった であらう、 一寸 

せいしん ん ん みくだ $s ど 

淸心 W でも 嚷碎 いて 疵口 へ つけたら 何う, たと、 

だいぶ よ なか こと > 一 き つね 

大分 世の中の 事に 氣 がつ いて 來た わ。 抓っても 

ち」 か いきかへ それ と Ai* くナリ うり 

確に 活返 つたの ぢゃ が 、夫に し て も- M 出 賣 

ど あ やうす とう ち 

は 何う したら う、 那の 様子で は疾に 血に なって 

どろめ ま か は し, ん- い :リ たか くら ところ 

泥 诏 に。 皮ば かリの 死お は 森の 巾の 暗い 處、 お 

い ぢ きたな げ す どう. つ i-i ね 

まけ に 意地 J 汚い 下司な 動物が 骨まで しゃぶら 

*-s2w^f,、 十.^ ゐ ひ 

うと 何百と いふ 數 でのし か-. - つて た:;: に は、, 



r ま づ かひ 

酢 をぶ ちまけ て も 分 る氣. 逭は あるまい。 

おも ね #ひ ど くどん ざ..., だいぶ 

恁ぅ 思って nig る 問、 件の だらく 扭は 大分 

Infs かった。 

お き ^ .^ きこ お 一 ところ な.,^ 

其 を下リ 切る と 流が 聞え て、 飛んだ 虚に .4^ 

さ 一 ,阱 ばか リの 土橋が か - つ て; JW る。 

そ た, にが は おと さ iv>..f もて 1 さ i ひろ 

はや 其の ハ介 川の 音 を 聞く と 我 身で 持餘す Ig^ の 

す ひ; ** 二 uf,l さ Jt な! t こ み-つ J- た さぞい 

吸 Ii3 を眞 逆 に投 込んで、 水に 浸したら 嘸 可い 

こ- M0 おも くら 5.: 2 わた こ は 

心地で あらう と 思 ふ 位、 何の 渡リ かけて 接れ た 

それ 

ら 夫な リ けり。 

あぶな おも が、 す-一 

危 いと も 思 はずに ずっと る、 少しぐ、 り/. \、 

, なん *f £ ? 1! さか 了ん 

としたが 難なく 越した。 向う から 又:^ ぢゃ、 今 

ど のぼ r く らっ んゾ > 

度 は上リ さ、 御苦勞 千-: ar」 

十 

と て こ つか さか のぼ 

「到-:^ も 此の 疲 5i やうで は、 坂 を 上る わけに は 

4? ?て 

くまいと 思った が、 ふと 前途 に, ヒィ、 ンと 

い;、 -Jii こま 

の 嘶く のが 欲して 聞え た。 

ま r もど こ に だ とほ け さ ひとり 

馬士が 房る のか 小 荷駄が 通る か、 今朝 一 人の 

ひゃくし ノ. 5 わか ,\き £ わ. つ.^ . 

百 姓 に 別れてから 時 の II つた は^ぢ やが 

ねん ; J ん .;!;.3 なじ にん _?! なか へだ 

三年 も 五 年 も 同 一 もの を いふ 人 問と は 中 を 隔て 

5ま -3 と わく ひとざと 

た。 馬が!! S る やうで は ii!! も 右 も 人里に 錄が ある 

れ 々- いさ いま ひと 

と、 之が ために 氣が 勇んで、 え、 やっと 今一 

揉。 

けん ^HHV\ まへ さ- さ 

一軒の 山家の 前へ 來 たのに は、 然まで 難儀 は 



f そ A だい せか や 

が 泳ぐ、 其が代がはりの肯B^でぁらぅと、 ぼん 

ゃリ。 

Z -3 いり/ぶつ 2 こと 

なるほど 此の 森 も 人口で は 何の 事 もなかった 

なか ぐ つつ. MIS おく ふ- „^ す.' 

のに、 中へ 來 ると 此 通リ、 もっと 奧 深く んだ 

は のこらず たち キ- ね はつ ( si ひる 

ら早 ゃ不? r 立 樹の极 の 方から 朽ちて 山 蛭に なつ 

ゐ たす Z こ と リニろ いん れん 

て 居よう、 助かるまい、 此處で 取 殺される SI 緣 

とリ. y かんが K.. か ひと ち 

らしい、 取 3S めの ない 考へ が 浮ん だ の 人が 知 

し ご ちつ, ゴ ふ さ つ 

死期に 近いた からだと と is が いた。 

ど みちし ; J>M あし ? i へ す- 

何の 泣 死ぬ る ものなら 一 足で も 前 へ 、逝んで、 

せ けん も ぬめ し ち どろ /siMi .T* たはし 

^間の 者が <タ にも 知らぬ 血と 泥の 大 is の 片端で 

み お さ かくご ,ま さ み わ :0 

, 置かう と、 然ぅ覺 IT か: i つて は氣 味の 惡 

か- r どぢ -0 じ S ず な P 

もあった もの ぢ やない、 體 中珠數 生に な 

て あた リし だいか の つし す ぬと 

つたの を 手 《3.;?; 第に 接い 除け 扰リ棄 て、 拔き取 

て ち あし .ft まる n< ど ^る 

りな どして、 手 を 歌げ 足 を路ん で、 宛で 躍リ狂 

かたち ある だ 

ふ 形で 步 行き 出した。 

はじめの 中 は 一 廻 も 太った やうに 思 はれて 

さが 耐ら なかった が、 しま ひに はげつ そり 瘦せ 

かん ; 1 た モクつ へ 

たと 感じられて づきく 徹ん でなら ぬ、 其 上 を 

ぶク しゃ あ S うち いひ ま t s_ 

容: g なく 步 行く. s: にも 人交りに ひ をった。 

すで め くら た ふ わ- -はひ r の 

旣に H も んで 倒れさう になる と、 禍 は此 

へん ^P^^A. み トン ズル ぬ 

*r か絕 であ つ た と0^<1 て、 隙 道 を抆け た や う 

c-f い c ん つき な,"., I ひる 

に ^^に 一 輪の かすれた 月 を 1- ん だの は、 疲の 

林 出:; I な Q で 

いやお 空の 下へ 出た 時には、 , 付 ふこと も 忘れ 



かん なつ と しキぅ t 

感じたかった。 2^>ことで戶^子^-しまリもせ 

けんや ひふ V/- 

ず、 殊に 一^家、 あけ SS いたな リ門 というても 

い? な,? ヌん -> とこ ひと B- わ - なん 

たい、 突然 破緣 になって 男が 一 人、 f4 はもう 何 

の 兑境 もた,、、 

g た。 ^^ra よ 

みます、 新み ます、) とい ふさへ 助 を 吋ぶ 

一 * つし .\-リ+^ 

やうな?!! 子で、 1^ 錢- りぬ ばか リ にした。 

ク -5 免な さ いまし J といった が も の も いはな 

,々fv み- かた ふ W かほ 

い、 せ: e を ぐったりと、 耳 を; e で 塞ぐ ほど^ を 

よ- 1 I- どち ,,- み しか 

横にした ま 、小兒 らし い, 甯味 のない、 然も ぼつ 

ちりした □! で、 じ ろ^,\と 門に 立った もの を 

める、 其の 翁 を 動かす さへ、 おつく ふらしい、 

力 * すモ. t じか -!-ー-- ;- ナ,. な 

氣. っ拔 けた 身の 持 方。 裙短 で 袖 は 眩よ リ少 い、 

糊; の ある、 ちゃんく を 着て、 胸。 あた リで 

^で へたが、 一 ッ 4r の もの を 着た やうに 出ッ 

ば-リ ふと t.* V;, ,二 

腹の 太リ 肉、 太鼓 を つた くら むに、 すべく 

しか で ベ そ * つ へた 

とふ くれてぬ も 出 跨と いふ 奴、 南瓜の 蒂 ほどな 

異形な 者 を、 片 一 i で いぢく リ ながら 幽 第の 手つ 

きで、 片手 を {5 にぶら リ。 

足 はぎれた か投 出した、 暖が なくば を 立 

てた やうに _« まれ さうた、 年 が 其で ^15 て 二十 

くち さ丄 . s-s f*z 

二三、 口 を あんぐ リ やった 上- 1" で卷 a めよう、 

はな ひく 5、 > ぶ がリ i へ --ニ -ム 

葵の 低 さ、 出額 五 か 刈の 伸びた のが 前の 鶏 

\ ふ 一 91 め. 1 は み." か ぶミ Jr? 

の 如くに たって、 頸 脚へ ねて 耳に 被った、 © 

か,. B 痴か、 これから 眭 になら うとす る や う た少 



«- 义 わし JS- ろ き Cos 、.e ち ぺっ でう 

年。 私 は 鷲いた、 tt 方の 生命に 別條 はな いが、 

* 一 9 二: お: ベ っー --っ 

先方 樣の 形相。 いや、 大別 條。 

( 一 寸ぉ願 ひ. S- します。.) 

し *w また-一- 5^ す- 1 

そ わ で も S 方 が た いから 义 言 紫 を か け た が 少 

つう .< 'づ. 1.- くひ & ち 

しも 通ぜ ず、 ばた リと いふと 僅に 首の 位 や-か 

>l/i ひ V> かた まくら くち * 

へて 今度 は 左の 肩 を 枕に した、 口の 開いて る 

と ごと 

こと Sis の 如し。 

はや フー. |j ふ の は、 くす ると 突然 ふん づ かま へ 

へそ ひ iJ へ it * し 

て 將 を お リ な がら 返事の か はリに せ I めよう も 知 

れ^。 

わし ひと あ- す さ しんざん 

私 は 一足 返った が、 いかに 深山 だとい つても 

こぶ-ひご J- 43 じふ あし I 二- * 

sii^ を 一人で S くと いふ 法 は あるまい, と 足 を \< 

U.- ォこ こ "fj 

立て 、少し 聲 高に、 

(何 力 ぞ* ^免た さい、) といった。 

背-::' と 思 ふ あた リで 再び 馬力 断く ! i^。 

に-なた 产/i ? P つ .ズ: な 

(何方、 . と納 戶 の. ji? で い つたの-は 女ぢ やか 、し 

なむ f Z しろ くひ うろこ K からだ 

南無 三寳、 此の 白い 首に は 接が 生えて、 S はは 

^ ,v > で また 

床 を 這つ て 尾 をず る^. \ と 引 いて 出よ-つと, 父 

す さ 

返った。 

r *,* う "5 一一 ,: ち 一 ら If Z づ, うつく 

(お \ 御坊 樣。) と 立 顯 れた の は 小 造の: 

し い、 聲 i4M し い、 も Q やさしい。 

わし S つ 

私は大 ビ叱 いて、 何にもい は ず. 

(はい" -と頭 を 下げ ましたよ。 

<K>li r-VJ すわ 力; ク,; 

婦人 は 膝 を ついて^つ たが、 前へ 伸 上る や-つ 



V; そがれ た わし す 

にして tfs; 昏に しょん ぼリ立 つた; 4 が や Vila かし 

て て、 

、"に よ- ゥ 

i 何 か 用で ご-さんす かい。」 

f T 4. ど つねよ る *» 

休 力 とも い はず はじめ rv り. お oscw 世 は §5 守ら 

しい、 人 を 泊めない と: » めた t- の、 やうに A え 

る- 

いひ 後れて は 却って 出 A 、びれ て徵 むに .fe ま 

れぬ仕 にもた る こと、、 つか/ \ と- SS へ k 

た 

丁 lsj!- に i« を: W めて、 

わ- > £* ユー-に ,>.,-->.<■ *-rn u*. 二- 

(私 は、 山 で 信 州へ 參リ ます 者です が; It 筮 

V_---,J t ど く-?. つ 

ござ い マ M ま で は 未だ 何 の 位で ご ざ ま 

せ -っ ) 

十一 

; _t 方 ま だ 八 里 JI ぱ で ございま すよ。) 

そ cili べつ と - つち 

广化: 他に 別-! 泊めて/、 れ ます 家 もな い。 でせ 

う 3 ; 一 

- 其 に, - I VJ いま :■,-- ん。) と いひな が -リ U た i き 

もしないで 淸 い 目で 私の S を つく ム\!>1 て: IS 

<|ん じつ - 一 f;v- さ ちで li 广 

( いえ も ワ 何で ござ います、 .は は此先 一 町 行 

け、 然- つす; i ば 上 の に寐 かして ー晚 いで 

て 其で 功 iSS のために する 家が あると 承 リま 



: 4-D 



(9 S SS) 



*i つた As ろ ひとあし <"f 5 

しても、 _ ^くの 處 一 足 も步; t: J ます -リ で は ご 

ど * 一 ち C iCiV 一 -. 4-* ご や すみ よ 

ざいません、 何虔の 物置で も 馬小屋の 隅で も !;几. 

1 一 し S 5 § 

い Q で ござ いますから 後生で ござ います。 ) と 先 

刻 馬の 斷 いたの は 此": 水よ リ 外に はない と 思った 

から 言 つ た。 

*- んな 1*」 ら かん :1., & ふ わき t 

お 人 は 暫く 考 へて 居た が 弗と 傍 を 向いて 

AO ふ,. ろと nr ぶ IJ-t なか 

布の 袋 を-取って、 膝の あた リに ska いた 桶の 中へ 

ひとに >• ,r つ -ーほ ニ*) ン 

ざら くと 一幅、 水 を?; « す やうに あけて 緣 をお 

さへ て、 一す で^って 俯向いて 見た が、 

と ちで つど た 

(あ \、 お泊め 申し ませう、 丁度 炊いて あげ 

• la . * れ ,つ 

ます ほどお 米 も ございま すから. 其に 夏の こと 

nil...- ひ r じ い-つ 

で、 は 冷えましても 夜の ものに 钩 不自由 も 

ござんすまい。 さあ、 左 も 右 も あなた、 ぉ上リ 

ばして。〕 

と いふと 言葉の 切れぬ * にどつ か リ暖を 落し 

►It つ み ?- た ^-. , 

た。 婦人 は 街と 身 を 起して 立って 來て、 

V fi ちょっと 4i< 一-とわ ?, \J 

それで ござんす が 一 寸^ 斷" 申し 

て 1^ かねば なリ ません。 :> 



はに 



もので、 



判然い はれた ので 私 はび, - 

( 唯、 は い。」 

べつ わ たし <M 

(否、 別の こと ぢゃ ござんせ ぬが、 私 は 病と し 

S C はなし き B W ひ SV- ふた 

て»0^^を閗くのが病でござ います、 口に 蓋 を 

してお いでた さ いましても 無理やりに 聞か-つと 

.» す >vr;i*3v- くだ 

いたします が, あなた 忘れても 其 時 聞かして 下 



さ い ます た、 可-つ ござんす か い、 私 は 無 ™J に お 

たづ 3 、 はな 

ね 申します、 あたた は 何う しても お 話した さ 

さ ひ ま ,4 V- ノ 

いませぬ、 其 を 是非に と 申しましても つ て 仰 

きつ ナ /- 1 J.5 

有らな い やう に 吃と 4 ふ をん れて 置きます よ。) 

と 仔細 ありげ な こと を いった。 

あま 1-S た; J さ |1£ L J-,-J- 

山の 高さ も 谷の 深さ も 底の 知れない 一軒家の 

婦人の 言 葉と は 思うた が 保つ にむ づか しい 奴で 

わ > た r ぶズ, 二.' 

もた し、 ^は 唯 頷く ばかり," 

1. ぶ よろ た-; ごご おっしゃ 

(唯、 宜しう ございます、 何事 も 仰 有りつ け は 

そむ 

背きます ま い。) 

をムな IJ んか -T ちと 

婦人 は 言下に 打 解けて、 

きたな はや こちら 

(さあく 汚う ございま すが 早く 此方へ、 お 

つろ さ ュ -/-, 一一: あ 

寬ぎ なさ いまし、 :^、ーぅしてぉ^^^足を上げませぅ 

かえ。) 

それ ? ざ ふ _ づム A くだ 

(いえ、 其に は 及び ませぬ、 雜巾 をお 貸し 下さ 

ュ- ざ.! - き,.! つ SIC 

いまし- あ \、 それから もし 其のお 雜巾次 手に 

ず ッぷリ ぉ较ん なすって 下 1 る と助リ ます、 途 

ちう たいへん め ~^ 5 つち S 

中で 大變 な H: に: t 一 ひました e で體 を打棄 りたい 

さ み わる つと せ たか ふ 

ほど 氣ま が惡ぅ ございま すので、 一 ッ 背中 を 拭 

_v ん .? <; い I 

か-つと 存じます が、 恐 入" ますな。」 

さ * * さ 

(然 う、 汗に おな" たさ いました、 ーぞ まあ、 

-さ ミ 

お 暑う ござんし たでせ う、 お待ちな 2 いまし、 

旅籠へ お着き 遊ばして 湯に お 入" なさ いますの 

,ひ かた > ぺに ご ち H う lf>i 

がパ する お 方に ね 何より 御馳走 だと 申します 



-ゅ ち- 1- ろく 

ね、 ?1 どころ か、 お茶 さへ i« にお もてなし もい 

たされません が, の、 此の 裏の « を 下ります 

と 、 irK た 流が ノ ^ ざ い ま す か 、り 一 署其 へ 行ら つ 

た-. - よろ „ 

しゃつ てお 流しが 宜しう ござ いませう。」 

聞 いた 1- けで も 飛んでも 行きた い。 

そ., e たこ 丄:: つ I 一-つ 

(え 、、其 は 何よ" 結樣で ご, さ いますな。) 

- 一ぶ 一一 I-J にた, iwj ち つ 

(さあ、 其で は 御索內 中し ませう、 どれ、 丁 

ど わたし -£ i V*:! くだん を-, - こ 

度 私 も 米 を 磨ぎに 參リ ます。) と 件 の 桶 を 小脇 

に へて、 dm から、 藁 草履 を 『牙 いて 出た が、 

か- < v-z^ した ぞ . !. ニム-一 . モノ • 

屈んで の 下 を^いて 引出した の は 一 足の 

ふるげ た あ _J ほこ 0- はた そろ く 

古 下駄で、 かち リと 合して 埃を拂 いて〕: Si へ て灵 

れた。 

( お 穿き た さ いまし、 草鞋 は此處 にお Si き な す 

つ て、.) 

私 は Sh を あげて、 一 tag して、 

V そ. ^ 

(恐 入ります、 これ は 何う も、) 

(お泊め 申す とな リ ましたら、 あの 他生 の 

緣 とやら で ござんす、 あなた 御 $s 慮 を 遊ばし ま 

ま .; つ そろ てっし S 

すなよ。. } 先づ 恐し く 調子が 可 いぢ やて。」 

十二 

わたし ゥ _J ちら ん こめと を t 

「(さあ、 私に 跟 いて 此方へ、) と 件の * 磨 桶 を 

^抱へ て-手拭 を 細い 帶に 挟んで 立った。 

ふ . さ たば くし , 

^は 房り とする の を 束ねて な、 樹を はさんで 



*s3t で sa めて る. 其9^!;Aのelさと い-つて はな 

かった。 

わし : わら V- >- , さ 一 そく- V ,- 

私 も 手 uf く草转 y 解いた か、 り、 早速 古 下 を 

<~ ' „■ ,. 5, /. た i ォ- ちょい." み れ. ノ 

頂戴して、 緣 かに. 立つ 時 一 寸見 ると, それれ 

の, H 痴殿ぢ や。 

XJ な わし かた み , 丄 た. に V.-- 

isj じく 私が か を じろ リ.. -見 たつけ よ、 舌 不足 

し5 i -£ だ -. 

が燒 苦る ゃラ な、 愚に もっかぬ 萆を 出して 

姊ゃ、 こえ、 こえ。」 とい ひたがら! T たる さ 

て ケノん そ ?( は あた 一 

うに 手 を 持 上げて 其の 蓬々 と 生えた 天窓 を 撫で 

. - 

た 

rr. iL ク, 

(坊 さま, 坊 さま? ) 

クムな しち か- V きざ 

すると 婦人が、 下ぶ くれな 1- に ゑく ぼ を 刻ん 

で、 .i ニッ ばかり はき/、 と 綾け て 1^ いた。 

少年 は-つむと いったが ぐた リ として 又 跨 を 

わ - £ キ- ど.、 .f- ほ あ -1; 

私 は 餘り氣 の で-に 密も 上げられな いで つ 

? み ゃムた ,に ごと べつ き 

と 盗む やうに して 兑 ると、 婦人 は 何事 も 別に 氣 

わ つ. I <- つす そん やりと つ で 

こ I ^けて は ら ぬれ i 子、 其 ま、 後へ SS いて 出よ 

とざ あ 《 V- -rt *i た かけ て 

うとす る^、 紫 E£ 花 るの" か. りぬ いと 出た 1 

A い 5 つ- . 

"名: J 效 仁が ある。 

ぜ ど 1= は ネ- < U 

か ら Ta』 つて 来 た らしい、 草鞋 を i ォ い た た 

ビ: りん プ に な-. - さ ,- はへ *--v る 

リで > SEa の 极付を ^ にぶ ら リ と 提げ,! 煙 管 

たら ?ビ 

をしながら 並んで 立 停まった。 

f 和-: 1: 椽ぉ いでた さ い。〕 



一 V ムな -ー1メ- ふ-^ む 

婦人 は 其方 を 振 向いて、 

( をぢ樣 何-つで ござんした。) 

さ とんま ま ぬ あ 

(然れ ば さの、 頓馬で 間の 拔 けたと いふの はぎ 

ね は きつね C -ん 

のこと かい。 极ッ から 早 や! ffic でなければ 乗せ 得 

さ う に .>;- た い 奴ぢゃ が 、 其虔 はお ら がロぢ や、 

ふたつ キー み つ キー ーリ や-つ 5i 一- 

うまく 仲人して、 二月 や 三月 はお 樣 が钩不 

ほ. H のね え やうに、 翌日 はものに して !": &山 と 此 

虔へ擔 ぎ 込みます。) 

た い a 5 

(お?^ み 申します よ 。し 

しょ- 「ふ 1^ しょう *0 ゲ. つ, ミー r こ Z %^ 

(承知、 承知、 お、、 嬢 探 何虔さ 行かつ し 

や る。) 

(si の 水まで 一 寸) 

わか つ さ *w つ さ M お , 3 

ぃ坊樣 連れ て 川へ 落っこちさつ しゃる な。 

Z こ ヌムば t と よこざま i 

おら 此處に 眼 張って 待つ l„w るに、) と横樣 に緣に 

のさり C 

さ-, < た 3 や ほ み 

(貧 $2、 あんた こと を 申します よ。〕 と^を 見て 

ほ. -も 

微笑んだ。 

(一人で 參り ませう.) と 傍へ 退く と- 親 仁 は 

吃々 と 笑 つ て、 

(は、、 V 、さあ、 闩 十く い つ て ござ、 り つ せえ ) 

5,J け ふ ミ へ ズっ さ f- く 二た 

(をぢ jii^ 今 U はお 前、 珍ら しいお 客が お 二 

方 ご ざんした、 „ ^やつ ふ 時 は あとから 父 見 え よ 

う も 知れません、 次郞 さんば か D では 來た 者が 

-'n わ *,-」 かへ そ こ t ナ <5 

as ん なさら ラ、 私が^る 11* ¥1^11 に淋ん 1^ 居て 



おくれで たいか。) 

(可い ともの。〕 とい ひかけ て、 叙 仁 は 少年。 傍 

よ おな てこ み I 一ぶ し せ なか 

へ にじ" 寄って • 鐵挺を 0} たやうな 拳で、 背中 を 

ぼ * はら 

どんと くらはした, 白痴の 腹 はだぶ りと して 

くち S 

ベ そ を かく やうな 口つ きで、 に りと 笑 ふ。 

わし ぞッ おちて そむ をムな でに lb 

私は惊 然として 面を肯 けたが 婦人 は 何氣た い 

體 であった。 

sk S 

親 仁 は 大口 を 開いて、 

る -r こ てい TVS カナ 

(留守に お ら が 此の 亭 主 を 盗む ぞ よ 。 ) 

て S-., ら -9 な. «s 

(はい、 たらば 手柄で ござんす、 さあ、 負 $E 參 

り ませう か。 J 

5 しろ おや ぢ み ? .? ノ ヌ 

背後から 親 仁が 見る やうに 思った が、 導かる 

かべ ,J あ V- さ 6 う 

る ま、 に 壁に ついて、 彼の 紫陽花の あるかで は 

ない。 

« .> ゆ- ビ ? ところ ひだ-り うま 一、 r み 

箠て 背戸と 思 ふ 處で+ ^に 馬小屋 を 見た、 こと 

S はめけ ェカ 

こと いふ 音 は 羽 n を敏 るので あ、 りう, もう 其 

-. ん 一? hi- ら る 

邊 から 薄 1= くな つて 来る。 

ま.. * お すぺ 

(賁 $?、 こ 乂 か 、し 下リ るので ご ざ います、 、にり 

みち ひど 

はいたし ませぬ が, お j が 酷う ご ざ います か ら お 

,1 ブか 

霈 に、) とい ふ。」 

十-一 

參 

モ Z お C S つ キ- 

「其 虐か、 り下リ るの だと 思 はれる、 松の木の 細 

ど は プ e たか 

くッて 度外れに 脊の 高い、 ひよ ろくした 凡そ 



C 14.23 



fS- 野 iS) 



ペ. 3..' 



».v^ t.i... き #の かに プ s 

ませ. つから。) と 向-? M で いひながら 衣服 Q 片棲 

まっしろ あみ. > あ, 

をぐ いと あげた。 眞白 なのが^ まきれ 步 行く 

と 鋭が 消えて 1: くやうな。 

みち お tv- は くさむら 

ずん,.^ ずん z\ と.;^ 一 を下リ る、 傍らの ! If 

で ひき 

かち、 のさく と 出た の は 蟇で。 

き み わる , まんな』 5 しろ 

へ あれ、 氣 味が惡 いよ) と ぃふと^^人は背後へ 

たかん、 か-と あ む^, と I 

高々 と 踵 を 上げて 向う へ 飛んだ。 

さ! I- く 、, ら ひと 

(お客様が 被 在つ しゃる ではない かね、 人の 

f ^ -ぞ にズ . » . *1は 

足に なんか 翻 まって、 赞渾ぢ や あない か、 お前 

たち .;) し ナ ゐ ん; くさん 

達 は蟲を 吸って 居れば 深山 だよ。 

資僧 ずん く 人 らっしゃい ましな、 何う もし 

はしません。 i;. 亍フ ふ處 ですから あんな も のま 

で 人 懐し うご ざいます、 厭ぢ やない かね、 お前 

,- 一ち と .pv; ち み い 

逢と 友達 を たやう で可愧 しい あれ 可け ませ 

ん よ。) 

ひき またく S わ は ひ -\ん な, 

基 はの さくと 乂草を 分けて 入った、 人 は 

むかう へずい と。 

こ うへ つち 9 1,-c < 

(さあ 此の上へ 乘 るんで す、 土が 柔 かで 壤ぇ 

A つ さ る 

ますから 地面 は 歩行 かれません。) , . 

ちいば く た ふ くさ そ み $-1 

いかにも 大木の 偎れた が 草が くれに 其の is 

ゐ ^ あしだ ぼき つか 

を みら はして;! る、 乘 ると 足駄 芽で^ 支へ がな 

ミニ キー おそろ ふと » も 一 1 と 

い、 丸木 だけれ ども 可 恐し く 太いので, 尤も こ 

わた は 1_tptw な ん. おと み- - ぞ ま 

れ を渡リ 果てる と 忽ち 流 の 音が 耳に 激した、 

よ ほど あ ひだ 

それまでに は餘 程の 間。 



あ ふ み *1、 つき か 5^ み, % . 

仰いで: ,乂 ると 松の 樹 はもう 影 も 見えない 十 

や つ さ ひ/、 いまお あま 

三 夜の 月 はずつ と 低うな つたが、 今 下リた 山の 

iv,-^ き たか て. > 

頂 に 牛ば か-" つて、 手が:: S きさう にあ ざ や 力 

たか ? はか し „ 

だけれ ども、 高さ は 凡そ 計り 知られぬ。 

(S ビ、 此方へ。) 

をん 4 ひ AI い *- a 二た た *i 

と いった 婦人 はもう 一 息、 の 下に 立 つ て 待 

つ て展 た。 

ュ- Z は &ん ^r. うへ たに V- は み-つ 

其 虔は早 や 一面のお で、 岩の 上へ 谷川の 水が 

ここ つく,! 3 か はは 

か、 つて 此 i| によ どみ を 作って 居る. 川幅 は 一 

2 , みづ のぞ KVl , さ, ,, 

間ば かリ、 水に 臨めば 音 は然 までに もない か 

うつく た £ と B かへ 

美し さは HI を 解 いて 流した や う、 却 つ て く Q 

はつ ナさ S 4 は くだ ひ •,-*•- 

ザで ド W じく 岩に 碎け るお > がする。 

E ぎし まだ ざ- や。 一 t- 、 ふき 1,:- つ つべ-" 

向 う 岸 は义 一座 Q ,3 の祸で ほの 方 は 3 はへ 哈 

I は モ 0ュ/ ヒゲ、 ,., つま ひか。 -5 , だ 

だ が、 山ゥ 端 か ら其 山腹 を 射る 月の 光に 照し 出 

? 9 お-は ひし 二 いし V 一 一! 

された 造から は大石 小石、 蝶 やうな の ブ 

し 3- か-、 きひ だ つ 5V- f 

尺 角に 切 出した の、 叙の やうな の やら^ 

.f. たち と > か 12 のこら",、, は し V-,, 

形 をした の やら、 口の:. 5 く 限り 不殘 おで, 次第 

31 み-つ n;z た..; こ > „ 

に 大きく 水に 一 I; つたの は 小山の やう。」 

十四 

「(可 い, M 梅に 今 は がふえ ております から、 

へ 入りませんでも 此 上で 可う ございます。) と 

IVJS し 一 一 爪 先 を m め な が ら、 if の やう な 素 足 

.1 K> うへ た ft 

で 石の 盤の 上に 立つ て た 



五六 脚 上まで は 小 抉 一 ッ もない のが ある ^,,1 

(r あ.!" cr& で しろ っ& かたて 

を 潜った が、 仰ぐ と 稍 に 出て. B い、 月の 形 は 

Z Z V つ な ラき H ど 一一 

此虑 でも 別に か はり は 無かった、 浮世 は 何虔に 

あるか 十三夜で。 

V き ■ た や ん t ナ. -., -た め . , -、 

先へ 立った: W 人の 姿が 目 さ き を^れ た 力 ら 

まつ ,3iv つ. > 61 ぞ した ね 

松の^に 摑 まって^く と、 っぃ下に^!^た 

ち を. t 

仰向いて、 

(51.4 に 低く たリ ますから 氣を つけて。 こリゃ 

あし y 一 むり しら 

;には 足駄で は 無理で ござ いました か 不知、 

ざ-つ リ と リ,, < «? , , 

くば^:^ とお 取 交 へ 申し ませう" M 

たちお f * る なや , ズ- つ , ^-.^T 、 

立 後れた の を 歩行 き^んだ とお 5 した 椽子、 何 

ま - 一ろ お け f い ひる *4か や ご . 

が 扨 て 轉げ 落ち て も n 十く 行 つて 蛙の %を 落した 

さ 

たこ は どし ぶん 

r 何、 いけませんければ 跣 足に なリ ます ハ刀 のこ 

! 1 一 つ で かま V- でつ- r しん *i い 

と、 何卒お 1$ ひなく、 嬢 樣に御 心配 を かけて は 

濟 みません。) 

S -1* つし た. 4 « 

(あれ、 壤樣 です つて、) と 稍 調子 を 高めて 

あ 2 お S 

K 廣に 笑った。 

は、. た-い i ケ, い?^ さ § . > 

(唯、 唯今 あの 爺樣 が、 然 やう 中し ました やう 

に 存じます が、 失 人で ございま すか ) 

f 何に して も 1^1!^ 惯 に は 叔母さん 位 な 年紀で す 

*- や ざ-, り 、* 

よ。 まあ、 お くい らっしゃい、 草屨も 可う ご 

とげ いけ 、 

ざしす けれど、 刺が さ ん= ますと 不" H- ません 

それ に じくく 濕れ て 居て ぉ氣味 が惡ぅ ご ざ い 



じ ぶんた s J- か は かへ こっち わ ま 

a か逑が 立った 側 は、 却って 此方の 山の 褪が 

み-一- fx ちゃ-; -M *5 卞リヶ かたち . そ- -.-S , 

水に 迫つ て、 丁 度 切 穴の 形 になって、 其虑 へ 

: ... し は *? つ •.:- へ か tl^ み か リ つ み 

此の 石 を 嵌めた やうな 跳 。 川上も下流もu^<! 

"か あ 5 はや 主 つ • 、ら ,^«y たち 

ぬが、 向う の 彼のお 山、 九十 九折の やうな 形、 

4^- か e. しl^く じゃく 3>,> じで つ!" う せつ 

流 は 五 尺、 三尺、 一問ば かり づ乂 上流の ガ 

だんく i^/c. いは ぃ:^->," , 

が 段々 く、 飛々 に 山 15 を か^った やうに is 見し 

げっ くわつ あ --〕 よろ ひ すがた ま 

て、 いづれ も 月光 を 浴びた、 銀の s、 目 

いと さは ごと ** つし. つ 

の あた リ 近いの は ゆるぎ 絲を 捌く が 如く: a;.n に 

I つて。 

けつ こ-つ なが レ, 

(結構な 流で ございます なつ) 

Z みづ みな,, と たき . この 

(はい、 此の 水 は 源 が 瀧で ございます, 此 

£i たび かた み おはか =e お 上 どこ,. 

山 を 旅する お 方 は W な 大風の やうな 音 を 何處か 

キ】 あたた こちら Z ら みち 

で 聞きます。 iKSS は 此方 へ被入っしゃる^^ーでぉ 

こ、 スづ 

心 ^!?きはなさ いません か い。) 

さ わ まひる お ぱゃふ は ひ す こ まへ 

然れば こそ 山 IS の 大^へ 入らう と いふ 少し 前 

から 其の 音 を。 

あ" i は" し か あた 

(彼 は 林 へ 風の 常 るので は ございませ ん の 

で?) 

いえ たれさ あもり リ 

(否、 誰でも 然ぅ. a. します、 那の森 か、 り 三 里ば 

- わきみち は ひ ところ お ば たき 

かリ 傍 へ 入りました 虚 に 大 瀧が あるので ご 

もれ にほん -t ち 

ざい! H す、 其 はく::! 本 一 ださう です が、 路が 

け は にん siw *^ 

險 しう ござんす ので、 十 人に 一 人參 つた もの は 

5 そ たさ f 3 

ございません。 其の瀧が^^^れましたと中しまし 

ち M つどい *• sr/.i へ そろ .;, ほみ つ 

て、 丁度 今から 十: 一 U 本 前、 可 恐し い 洪水が ござ 



.-r た たか ところ ,^は そこ 

いました、 恁麼 高い 魔まで 川 0- 底に なりまして 

ふ-と いへ のこら r-?.:f:- k 

ね、 1^ の 村 も 山の 家 も不残 流れて 了 ひました。 

此の上の 洞 も、 はじめは 二十 軒ば かリ あつたの 

こ な: 一 i. そ 力と キ1 で き 一一 

で ござんす、 此の 流 も 其 時から 出來 ました、 御 

-r,: とほ a ないし たさ 

g:!! なさい ましな、 此、. g リ 石が 流れた ので ござ 

いますよ。) 

をん な ; i つ わ しら は え- P. ん みだ 

婦人 は!: 時 かもう 米 を 精げ 果て \ 衣紋の 亂 

れた、 の 端 も ほの 見 ゆる、 ^ら かな 胸 を:;^ し 

た はなたか くら め うつと リラへ む 

て 立った, 鼻高く! Z を;? I んで :3 を恍 1^ と 上 を 向 

で. ふき あ ふ つ fV, 1:/ ぶ、 そ s( 

いて 頂 を 仰いだ が、 月 はな ほキ 腹の 其の 累々 

いは- は てら 

たる 錢を 照す ばか リ。 

いま か み 1」 は 

(今でも s^、v フ やって :!^^ ますと 恐い やうで ご ざ 

か,. うで と-一ろ あら ね 

います。) と 屈んで 二 の 腕 の處を 洗つ て 居 ると。 . 

あなた- そんな % 『- でつ S い 

(あれ、 *K,.I5、 那樣 行儀 Q 可い こと をして 被 

ら めし め キーみ, わる 

在し つて はお 召が 滞れます、 氣 i が惡 うご ざい 

ますよ、 すっばリ裸體になってぉ!^^ひなさ いま 

わたし if か ち 

し、 ; 4 が 流して 上げ ませう。) 

(否、」 

si ころも 

(否 ぢゃぁ ござんせ ぬ、 それ、 それ、 お 法衣の 

そで ひた いき, にり 5 しろ 

袖が 浸る では ぁリ ません か、) とい ふと 突然 背後 

て み もだえ ち "- じ 5> 

か、 り 帶に手 を かけて、 身^ をして 縮 むの を、 邪 

使ら しく すっぱ リ脫 いで 取った。 

わし し しゃ 5 きび き i う よ から 一に 

私は邮 が? -败 しかった し、 經を讀 む 身 體ぢ 

は ど ,2 お a I か やん 

や、 肌 さへ 脫 いだ こ, V はつひ H 、畳え ぬ " 然 も^ 



な まへ ま つぶろ し. J- あわた くち 

人の 前、 鍋 平が 1? を け したやう で、 口 ど 

ミ て し て スー C .-.->. 

利く さへ、 況して 手足の あがき も 出 化す、 背ャ 

まる 5 ちに やん., * ^ 

を;! くして、 膝 を 合せて, 縮 かまる と、 5^人は.^ 

ころ & 1.1 た は 41 ど 

がした 法な を 傍らの 枝 へ ふはリ とかけ た。 

めし か お . パな , 

(お 召 は S う や つ て きませ う さあお を 

\? わ. -ウ \. ま .;.:0 し くだ 

あれさ、 ぢっ として。 お 嬢 探と 仰 有って 下さい 

ましたお 禮に、 叔母さんが^ 話を烧 くので ござ 

ひと わる I.- た ごで *! : " r きん 

んす、 お 人の 惡 い、) といって 片袖 を; Is. g で 引 t 

. ナ、 

た £ うで チ なか n 

玉の やうな 二 の 腕 を あからさまに 北 = 中に 乘せ 

たが、 熟と て. 

(まあ、) 

(何う かいたして をリ ます か。) 

t さ , つつ- ん , , 

(ii^ の やうに たって 一面に) 

(え、、 それで ございます、 ffi い 口に 逢 ひまし 

た。) 

おも だ ぞヅ > 

思 ひ 出しても-: W 然とす るて。」 

十五 

をん た おどろ か ほ . 

「婦人 は 驚 いた _g をして、 

(それで は 森の 屮で、 大變 でございます こと。 

へ i をす る 人が、 飛 の. E では が 降る とい ふ の 

あすこ なた i け t-;- F_K ん. , » 

は 彼處で ござんす。 は权? S! を 御な じ ハー.' 力 

* と J- ... S ナ と-は , '- -. 

ら 正面に の 31- をお 迎" なさい まし た の て .- J ,3 



、 ? S 5f 高.) 



1 451 



いますよ。 お; IH 命 も 〔n 六 加な 位、 -£5 でも 平で も 

吸 ひ はす の で ノ ^ ざ います もの。 然 し .-T や う に 

お II いので ござんせ-つね J 

(唯今 ではおう.: Ji みます ば ^1 リ に な リ ま し 

た。」 

二ん な 5 さ f 

(それで は. £.5 麼も ので こす リ まして は か い 

はた +=. む て わな 

お 肌が 擦 刹け ませ う、、 一と い ふ と 手が 錦 や う に 

i: つた。 

«-^-*っ.- --っ かた ^_ よこ -り つき 

それから 兩 方の 腐から, 背、 橫; S 、臂、 さら 

みづ 

さら 水 を かけて はさす つて くれる。 

それが さ、 骨に つ て 冷た いかと いふ と然 う 

ではなかった。 L ぶい 時: S ぢ やが、 窟を いふと 

わし ち . わ をん 

うで は あるまい、 私の 血が 沸いた せゐ か、 婦 

た』 C み-つ 5 ひ 、,0 ひ 

人の? おか、 手で 洗って くれる 水が 可い 工合に 

み L もっと ちち S みづ 5 はら 

身に 染みる、 え も 質の iiH い 水 はお かぢ やさう 

な。 

そ こ、 ち - け 

其の 心地の 「;? もい はれた さで、 眠氣 がさした 

でも あるまい が、 -っ と /\ す る 樣 子で 、 .ffi の 

み がな くな ソ てお が 速くた つ て 、 ひたと 附 つ い 

& メんな からど わ. 一 はな 、s= - っ..- 

てほる^^人の身體で、 私 は 花びらの 中へ 包まれ 

たやうな 工合。 

t-s 5 に あ みで- sa. き り 15 

山家の者には^::合はぬ、 都に も 希な 器 # 一はい 

ふ に 及ばぬ が id-; 々 し さ うな Sf 采ぢ や、 背屮を あ 

i な.. ,|-ょ t 

す 中に もはッ くと 内設で 呼吸が はずむ から、 



o^t とわ ftu .5 つと" き 

最う斷 、りう/ \と£ じひながら、 例の 恍惚で、 氣 

は つ きな がら!^ はした。 

モクつ へ やま キ- 、 をん な に ほひ い 

其 上、 山の 氣か 女の か、 ほんの リと 伎 

わ し -っ しろ い, ? 

い 濱が す る 、 ^4 は 背後 で つ く 息 ぢ や ら う と 思 つ 

た。」 

し 5 うにん ? 5 つと ( ぎ 

上人 は 一 寸 句切って、 

H へさ ま こ V か S 29 > i 

r いや、 お前 様お 手近; ちゃ、 其の 叨を 被き 立つ 

<vo くら f. は な > - 一 こら 

て贳 ひたい、 暗い と 怪しから ぬ. ば: ちゃ、 此處等 

ばんの づら ^ > 

から 一 番野 面で 遣つ けよう。」 

まくら なら し S- つに,.! J ft ,>si ろ るん リ くら 

. 枕 を 並 ベた 上人の 姿 も iM げに明 は 1= くな 

ん V.- つ そく つ しん あ. 51;- し5 5 にん 

つて: 1« た、 早速 燈心を 明く すると、 上人 は微 

、みながら 緩け たので ある。 - 

「さあ、 然 うやって^ 時の?! にやら 現と も 無し 

そ."! し タ- けつ-一-つ .s,.u- あつら. a 

に、 れ、 ャゥ、 其 9 不田 #1 た、 結!^ な 蒸の する 暖 

d^„- なか つ- あし-一し 一」 かた i9 

い 花の 中へ 柔かに 包まれて、 足、 腰、 手 、靴、 頸 

し だい あたま かぶ t. 一 <n. 1. レ 

から 次第に 天窓まで 一 面に 被った から 吃驚、 , 石 

L=?a_ ち つ ちし つづ ? 3- な だ 

に 尻餅 を捣 いて、 足 を 水の 中に 投げ出し たから 

5, お.? .V- 上ん S んな て- うし リ か! 一一, 

落ちた と Efi ふ 途端 に、 女の- 手が 背後 か ら肩 越し 

に 胸 をお さへ たので 確リ つかまった。 

卞ソぺた ゐ 化 t-.l 

お 傍に 居て 汗臭う は ござんせ ぬかい、 

ひ it . あ, つ か 

飛んだ I 老かリ なんで ござ いますから、 .化 すフゃ つ 

を _■- , む;; - 

て! 1W リ ましても 1^》^ 麼で ご. さ います よ。., 1 と い ふ 胸 

て, と はな ?っ 

にある 手 を: 取った Q を- 慌て、 放して 棒の やう 

に 立った。 . 



し J れ,, 

た" み を J 

(い、 え 誰も 見て 居リ はしません よ。」 と 澄し 

や , 、 i んな, ; i つ ま きぶ ぬ 

て 言 ふ 婦人 も 何時の間にかお 服を脫 いで 身 

を 凍??? の や う に f し て : な た の v や 。 

なん お ノ) る 

何と 驚くまい ことか。 

、こんな ふと を も は V.* 

(您麼 に 太って 居リ ますから、 E¥7 ぉ可愧 し 

い ほど 暑 い の で ござ います、 今時は每:!!ニ^^^!も 

/と き, か *tf ータ こ みづ 

三度. も來て は: ^やつ やって 汗 を 流します、 此の 水 

ど あな 

が ご ざいません かつ た ら何 うい た しませ う 、 

僧、 お 手拭 じと いって 粒った 3 を 寄越した。 

5 & あし ふ 

r 其で おみ 足 をお 拭きな さ いまし。) 

何時 9 間に か、 體 はちゃん と 拭いて あった、 

はな 3 おそ,; -ち, 

お話し 申す も 恐 多い が、 は、 は、 は ご 

十六 

:, み, とに 一 0> .? "の き I すがた I 

「なるほど: た虚、 衣服を^15た時の 姿とは$^| 

し、 ^^^^ は どへ 

うて 肉つ きの 通: ュな、 ふつく リ とした 4g。 

さっき 二 や は -. せ わ 

(先刻 小; K1 へ 入 つ て 世話 をし ました ので、 ぬら 

, -,, W Isi,, いき ん らど きみ .05 

ぬらした 馬の 鼻 it.! が 體屮へ か、 つ て 氣 味 が 惡 

S f やう ビょ わたし からだ 

う ご さんす 了 度 可 う ご ざいます か ら 私 も體 

を 拭き ませう..) 

き や 5 だい うち は て-つし で 

とお 弟が 內端 51? をす る やうな 調子。 手 を あ 

二つ かみ わさ し て ひ 

げ て 黑 髮 を お さ へ な が ら is?. の 下 を 手拭で ぐいと 

ふ つて し_.-! た t..-^- た-,. 

拭き、 あと を兩 手で 狡りながら 立った,^、 唯 



これ. 客 の や-;.' な ふ を は-むる 水 でセ, E め た 、 1^0 う 

や Z な -, -ナく ,た,;; 

ふ 女 の 汗 は T 游 紅 になって 流れよ つ。 

一 寸々々 と 櫛 を 入れて、 

(まあ、 女が こんなお 棘. 炎 を いたしまして、 川 

へ ,洛 こ ち た 、り 何-:' しませう, 川下へ 流れて 出 ま 

したら、 桥£ ^の 者が 何と い つて ませ うれ。) 

し ろも." tW ふ -1、 ろ. つ なつ 

(.c 桃の 花 だ. >- ^ひます.. ノ.; と: W と 心 付いて 何 

さ I. , がほ あ 

の i3l もな しにい ふと、 額が 合うた C 

> , -. うれ にっこり そつ VJV- 

すると、 然も, が "し さ う に お 射 して 其 時 だけ は 

う ひく , と-し な、 A1 すめ 

初々 し-ウギ 紀も七 ッ八ッ 若 やぐば かリ、 處 女の 

rt<. f した 6 

=si を 含んで 下 を 向いた。 

わし 工カ ft る t 一- だん ャム な 

おは 其 ま xn を 外ら したが、 其の 一段の 婦人 

の が を 浴びて、 ^い, 煙 に 包まれながら 1 か" 

卞、 Lf i; a ば いし あ * 

う 岸の? g に: €れ て&; i い、 沿 かな 大きな 石へ K=5 

^を帶 びて 透: 汕 つて 映る やうに 見えた。 

, ぶ 力 はっき リ ft い 

すると わ- "^hi で 然と は 目に 入らなん だが 

ぢ たい iz si-JV?,-? み 

地^ 何でも 洞穴が あると:: si える。 ひ、 りくと、 

此 力から も ひら./ \- と、 もの、 鳥 ほど は あらう 

とい ふ 太! i- 蛻が を 遮った。 

(あれ、 不, H- いよ、 お客様が ある ぢ やない か 

ね。, - 

を 打 たれた やうに 叫んで #15 え をした の 

は^ 人- 

_ 何う 力 な さ いました か、, 1 お-つ ちゃんと 法; « 



キ- ま た-つ 

を 着た から 氣 丈夫に a- ねる。 

(否、) 

き W リ わる うしろ 

と い つたば かリ で! f が惡 さう に、 くる リと 後 

向に たった。 

そ C とォこ いぬ れ^-み い- C こ に 51- 

其 時 小犬 ほどな 色の 小坊主が、 ちょこく 

さ ち.. :1 5 ゲ J よこ 一 is 

とやって 来て、 と 思 ふと、 舰 から 横に. W を 

.-■---C- をん な "- 1-, い,; - 

ひよ いと、 北 □: 後から 人の 背中 へ ぴったり。 

たちす V に こし き :.- ま 

裸 體の立 姿 は 腰から 消えた やうに なって、 抱 

つ いた もの が ある。 

ちく.,. 1ゃ- つ きやく さま み 

(杏 生、 お 客樣が 見えない かい。〕 

と萆に 怒を帶 びた が、 

* にへ たち た ** い さ if わさ 

t お前 達 は 生意氣 だよ、」 と 激しく いひ さま、 腋 

レー-: め ぞ くだん •,,,-- つぶつ チ, V,-* ふリか f 

の 下から 魄か うとした 件の 動物の 天窓 を 振返リ 

さまに くらはし たで。 

. キッ くと いうて 奇聲を 放った、 件の 小坊主 

そ - つし ろと i^t と い tii 二-つも 

は 其 ま 後 飛びに 又 { 由 を 飛んで 、今まで 法衣 を 

よ 二-, - v;f_K ま て つる m ハ. 

かけて S:M いた、 枝の 尖へ い 手で 釣し 下った と 

おも つるべ ;^; * し I つへ そ. i 

S ふと、 くる リと 釣瓶 覆に 上へ 乗って、 其な リ 

宁 やはり なん る 

さらく と 木 登 をした の は、 il: と^ ぢゃ ある ま 

L 力 

-んだ •! に, - つた み み る たか 

枝から 枝を傳 ふと 見えて、 見上げる や う に 高 

、木 9、 ! て 5i; まで、 かさ/ \ がさり * 

は たか す ま:. - に ひた 一 

まばらに 菜の 巾 を 透かして!: :- は 山 ,り 端 を 放れ 

た、 其-の 柏の あた リ" 



をん な r ゾニ ズ-プ ら 

^人 はも ゥに 拗ねた やう、 今ケ i.»、 いや、 

まい, - t-A.1 んぅ-:-り i ど 

i 母々、 墓と 編;^ と、 お 1^ で 三度ち や - 

そ • い/につら いた ,一 一 びん t 一: J ;'^ <^ Z ども 

其の 惡戯に 多く IT 鎚を损 ねた 形、 あま リ子 W 

す ゎ4 ".."Co -~ V 

が はし や き 過き る と、 若い 母樣 に は 得て ある 圖 

ぢゃ。 

で. ん. にう -- ノー だ 

本! s.;a に は S り s? す。 .》 

といつ たは で 面倒臭 さう に 衣 股 を 着て 居た 

> 、わし なん と ち ひ v,!*< 

力ら、 私 は.!: にも 問 はずに 小さくな つて 默 つて 

控 へた。」 

十七 

「優し いなかに 强み S ある、 氣輕に 見えても 何 

Z ちつき >-? れぐ fe> ? T ひ」 

虚にか 落着の ある、 馴々 しくて 犯し 易から ぬ 品 

い U * おどろ 

の 可い、 如何なる ことに もい ざと なれば 驚く に 

足 ら ぬ と いふ 身に 應 • の あると いった やうな 風力 

婦人、 は") く!^ 鷓 を 鼓して は 度 いこと は ある 

いま 一 をん な じ 4-!:: ん キ- お 

まい、 今 此の 婦人に 邪慳に されて は 木から t 漆ち 

问然ぢ やと、 お つ かなび つくりで、 ぉづく 

控 へて たが、 いや 案ずる よ リ產が 安い。 

( 貴僧、 嘸 を かしかった で ござん せ う ね 、 ) と n 

ぶん お, * だ こ、 ろ, -; i - 

ん刀 でも 思 ひ 出した やうに 快 く 微笑みな. か、 り、 

し 

( や う がな いので ご ざ いますよ。) 

SS 前と 變らず 心安くな つた、 帶を早 や I めた 

ので、 



C1 4.3) 



-y.i .f ち か; -J めと >, やけ -; p 

では 家へ ©り ませう。〕 と 米. M 桶 を 小脇に 

して、 せ f 履 を 引かけ て銜 と:. M へ 上った。 

r お 危 う ござんす から。 ン 

(Kp、 もう 人ん 刀 勝手が 分って 1^ リ ます。:! 

,-、 ろ- ん つ.? さて あが と, ざみ 

ず ッ と 心 得 た 意ぢ やった が、 扨 上る 時 見る 

S つへ たいそ i ) 

と S れひ の 外 上まで は 大層 高い。 

t, が たれい *- tl£. ペ わた さ, き 

轆て又 例の 木の 丸太. を 渡る のお やが、 先刻 も 

と 1ぃ くさ よこ :,,- ふ ゐ き ii つ 

い つ た通り^„十 5 な か に橫 倒れ に な つて る 木地 

か ち itc ど -ゥ こ たと へ .H lis つ 

が £ やつ 丁度 鱗の やうで、 にも 能くい ふが 松 

の 木 は 峻 に似て 居る で。 

. 一- ノ, はつ い V 。ん に,... つ 14 セ- 「す 

殊に を、 上の ザへ、 可い 鹽 梅に 蜿 つた 樣子 

と も-一 およ Z く &S 

が、 飛んだ ものに 持って 來 いな リ、 凡そ 此の 位 

ビ,, なか な か" レ も んしリ を くさ かく 

な 胴屮 ゃ!;:^ 蟲が と S ふ と、 と ZsS を 草に 隱 して、 

月 あかりに^ 然と それ。 

Jif ち と ォ おも だ われ あし ナく 

山路の 時 を 思 ひ 出す と 我ながら 足が 姊む。 

をん な し. St つ 、r しろ さ づか & つ 

婦人 は? 泳 切 に 後 をお 造-つ て は氣を 付け て くれ 

る0 

一ノ i .J" た き した み 

(* をお 波リ たさいます 時、 下 を rsj て はなり ま 

せん、 丁度ち-. で餘ぉ 谷が 深 いので ございま 

すから、 H が ふと S やつ ござんす。 J 

(はい。」 

^..r ( ' a ■ わがみ わら 

愚^々々 して は られ ぬから、 我 身 を 笑 ひつ 

けて、 先づ乘 つた。 引か、 る やう、 5^ ズが 入れて 

あるの ぢ やから、 氣 さへ 確なら 足駄で も步 行か 



れる。 

る.. i け. つ たち n ん- 

其 がさ、 一 件 ぢ やか ら 51 - りぬ て、 乘 る と ! y う 

r ら /、 して 柔か に. ずる /、 と 這 ひ さ うぢ やか 

ひん £ た - 一し 

ら、 ゎッ とい ふと 引 跨いで 腰 を ど さり。 

(あ \ ^氣地 は ございません ねえ" 足駄で 

は 無理 で ご ざ いませう、 之と お き換 へ な さ い 

まし、 あれさ、 ちゃんとい ふこと を肯 くんです 

よ。) 

t V- つき な をん な けい 

;;^ は その 先刻から 何ん となく 此 婦人に EK 敬 Q 

r ん \? う ゾん ,f ど -ク; -i^. い れい 

念が 生じて 善 か惡か 何の?;? R 叩 令され る やう に 

心得た から、 いはる >- ま. - に^: g を 穿いた。 

するとお iS きな さ い、 婦人 は 足, » を 穿き なが 

ら手 を. 取って くれます。 

^,^0 み .ぃ る お m .tl: 

忽ち 身が 輕く なった やうに 覺 えて、 譯 なく 

うしろ したが i 15 とつ や i- ど はた 

後に 從 つ て、 ひよ いと 那の 孤 家の 背戸の 端 へ 

で 

出た。 

出會 頭に 聲 を 懸け たもの が あ る 。 

. だいぶい て- ま と お,." 一 I さま 

(や あ、 大分 手間が 取れる と S つ たに、 御坊 樣 

舊の 體で歸 らっしゃ つたの、) 

たに つ: 一 ぢ さん $ ビん パー 

(何 を い ふんだ ね、 小父樣 家の 番は 何う おし 

だ。) 

や じ "ん 、 また.; し あんま ..-¥ 

(もう い 時分ち や、 又;?^ も 餘り遞 うなって 

,T ち ち を ひま-.; し た.、 

は a が M るで、 そろ/ \靑 を 引出して 支. おして 

S かう と思ラ て, K0) 



其 はお 待 遠で ござんした" 一 

(何 さ、 r 订 つて 见さ つし やい §r お は!! 一 亊ぢ 

わ し て '. ヒ Jfi 

や、 いやな かく 私が 手に は ロ說き 港され なん 

、 い み さ! y-r- 

だ、 は V X は >。 : 一と 意咏 もない こと を 大笑し 

て、 親 仁 は廄の 方へ てく くと 行った" 

if .6 ところ なほ. i たち そん ,;; . 

ね 痴 はおな じ 虚に猶 形を存 して S; る、 海月 

も:!! にあたら ね ぱ^け ぬと 見える ノ 一 

4. 八 

L リ 61 ど ま は 

r ヒィ ゝン! 叱" どう. と背戶 を 廻る 

n た. と えん ひに おや V とつ 5 ま ん 

鰭 爪の 音が 緣へ饗 いて 親 仁 は 一 頭のお を 門前へ 

引き出した。 

轡 頭 を 取って 立ちはだかり、 

(嬢椽 そんなら 此 儘で 私參り やする、 はい、 

一 J Ji.?,- ま たくさん ご ち sf ち 

御坊 樣に渾 山御驰 走して 上げな され。 } 

をん な t リ ぶち もん どゥ ひきつ うつわ たべ k 

^人 は爐緣 に行燈 を引附 け、 俯向いて 鍋の 下 

いぶ -^^ ふ リあふ てつ ひ IIL も て 

を 想して おた が、 振 仰ぎ、 鐵の火 を 持った 手 

に 膝 を いて、 

(御 #せ勞 で ござんす。) 

ご ねんごろ しつ ちら 

^いんえ 御 懇 に は&び ましね え。 叱!) と 荒 

な!,! つ-な ひ あ を 1 め Lt- I は どか-つま たくよ 

繩の綱 を 引く。 靑 でぎ 毛、 裸馬で 逞しい が、 

^ の • 薄い 牡 ぢ やわ い。 

そ 力 -ま わし ぺ つ ま .C プ 

其 かさ、 私 も 別に 馬 は 珍ら しう もない が、 

a か どん -- しろ かしこ It* て ふ V; た いま 

白痴 殿の 背後に M つて 手 持 不沙汰 ぢ やから 今 



(I 47:) 



引いて lb かラ とする-吋 緣侧 へ ひらりと 出て、. 



そ うま ど Z 

(其- i5 は 何 返へ。) 



r は Kv-「.,c あた レ V r 

L おん、 00^ 湖 の邊 まで 馬市へ 出し やす 

あ t- た ご ぼ. TVJi あ る 

のち や、 これから 明朝 御坊 樣が 歩行 か つ しゃる 

山路 を 越えて I わき やす。 一 

それ いま に す> て つ *9 

(もし- 其へ 乘 つて 今から お 通げ はすお 意 

ではない か い。 J 

をた な あわ.. .i 3? ISJ か > 

ilw 人 は 慌 しく 遮 つて 一 t を 懸けた。 

sP: た:; し A ざ-.;. み う 《 あ,, 一?' 

(いえ、 勿體 ない、 修行の 身が 馬で 足 休め を 

しませう なぞ と は 存じ ま せぬ。) 

ネん にん! 7J i 

でも 人間 を乘っ けられ さうな 馬 ぢゃぁ ご 

K ぶ 二-ま い. J ちび ろ 

ざらぬ" 御 it? 樣は命 拾 ひ をた された のぢ や で、 

*.< とな sf;- つ-. si るて なか :んゃ たす ,,.-レ 

大人しう して 嬢樣 Q 袖の 中で、 今夜 は 助けて^ 

はっしゃ い。 然 it* たらち よつ く、 し 行って 參リま 

すよ。) 

(あ い。) 

ちくしゃう うま で 

(奋 生。) といった が 馬 は 出ない わ。 びくく 

5 ご め み ,.; さ W はた ッっ .リ こちら な 1. し 

と いて 見える 大 な 鼻 面 を 此方 へ 4^^ち向け て 

しきり わしら ん .1 ケジ み や 一. す 

頻 に 私 が W る か を B^0 樣子 " 

ち fis, う ゾ Q 

(ど-つく どう、 ぶ £ 生 これ あだけ た ほち や、 

や い! ) 

右左に して 辆を引 張った が、 脚から 极 をつ け 

一 £ 

た 如, 



ぬ 



ッ くと 立 つ て!«てび<ともせ ぬ_ 



仁大 い -に 立 つ て 、 叩いた リ、 打ったり、 



* .^4^^ £ ま は す こ 

馬の 胴體に つ いて 二三 度ぐ る. /\ と 廻った が少 

a かた よこ: ばら 

しも 歩かぬ 肩で ぶッ つかる や- r にして 横, お 

たい とさ まへ あし あ また *1 つ 

へ體を あてた 時、 漸 -r 前足 を 上げた ばかり 义 11 

あし つ - ば .y 

脚 を 突 張リ拔 く。 

ヽぎ 様々々。) 

おや V- わめ iW んな ちょっとた しろ つ 2 

と 親 仁が 唤 くと、 婦人 は 一寸 立って 白 い 爪 さ 

ま 7 くろ す.' ふと はしら たて と 

きをち よろ./ \- と眞黑 に 煤けた 太 い 柱 を 械に取 

5£ ウ と -J おく 

つて、 馬の H の 届かぬ ほどに 小隱れ た。 

モ f;-CHCU- し はさ に し 

其內 1^ に 挟んだ、 者! 染めた やうな、 なえく 

て A -. ノ: S * ざ ひた ひ しわ あぜ ふ 

手拭 を拔 いて 克明に 刻んだ 額の « の 汗 を 拭 い 

お ぢ これ よ き ひみ ; M、 2 へ まひ 

て、 親仁は之で可しとぃふ氣^5、 再び 前へ ST つ 

もと よ びん; に ふ ヤー つな r ^ 

たが、 舊 に^って 貧乏 動 もしない ので、!^ に 兩 

手 を かけて 足 を 縦へ て 反 返る やうに して、 うむ 

ュ _- つみ ち V つ い i たん ど 

と總 身に 力を入れた。 途端に 何 うぢ や い。 

す さ- * 、- な、 え: やし ろ はうた s; ぞ :- _、- スぷへ 

じく 嘶 いて 前足 を 兩 方 巾 f 八., - へ 1 した か 

ち ひ おや ぢ を む ひつ 

ら、 小さな 親 仁 は 仰向けに 引く りか へ つた、 づ 

* つ さよ すな ばッ た 

どん どう、 月夜に 砂 煙 が ハヤ.? と 立つ" 

ば か '-n. t か 二の. 

白痴に も 之 は 可笑しかったら う、 此 時ば かリ 

^ f. . す あつ くち;. .,5 あ 

ぢゃ、 E; 直に 首 を 掘 ゑて 厚い をば くリと if 

KB つ ふ 1! :气 ,:>. * つ V- ん 

けた、 大粒な商を.|1^-出して、 ^の {.S へ 下げて is 

一 > か, i- -, ふ 

る 手 を; a で HI る やうに、 はら リ./ \.. - 

(世話が 燒 ける ことね え、 ) 

£ん な な ざ*, リっゾ \- 

婦人 は 投げる や うにい つて 草履 を 突 か け て 土 

. ま て 

! 1 へ つ いと 出る.。 



や- *1 つ-さまかん ちが s.-i , 

(孃 樣勘逮 ひさつし やるな、 これ はお 前樣で 

なん そこお ばつ-ベ ま め 

はない ぞ、 何でも はじめから 其處な 御坊 像に B 

ちくし でつ ぞくえん 

を つけた ッ けよ、 畜生 俗緣が ある だッべ いわ 

さ ,- ) 

s く-る" 44 とろ > 

俗 緣は驚 いた い。 

を んな 

すると 婦人が、 

あなた い * ち Hi ち 

こ、 へ 入、 しっし やる 路で 誰に かお 逢 ひ 

なさり はしません か >) 一 

十九 

つじ て まへ と ? St はん 一一-,, .t; んヮ n- ち 

f (は い、 a の 手前で 富 山の 反 魂 W 賣に逢 ひまし 

ひ-ごら し -, き S つ. U リニ つ みち に -- 

たが、 一 足前に矢^^此路へ人リました。) 

a V- わい しん もみ * ら *-ん な i5 一 

(あ >- 、 然ぅ > ) と 會 心 Q 芡を. し て 婦人 は ^ 

毛の 方 をい」 た、 凡そ 耐ら なく;? 笑し いといった 

はしたな い 采で。 

3 く. ク やす み 

極めて 舆し 易う 見えた の で、 

こちら f ^ 

(もしゃ 此^ へ參リ ませなん だで ござ いませ 

うか。) 

い、 え ぞ ? Alv>,- ち * "か 

(否、 存じません。) とい ふ 忽ち 犯す ベから 

もつ わし くち やん な 

ざる 者に なった か 、り、 私 は 口 をつ ぐ もと、 婦人 

?-, な きも ふ ちリ は. つ ゐ うま 51. ち- 1 

は、 ^を 投げて 衣服し 塵を拂 うて 居る 馬の 前足 

した ち ひ 8t み *y 

の 下に 小さな?^ 仁 を 見向いて 

. し *- つ 

(ぉ掾 がな いねえ、 ) と いひながら、 かた r る や 

うにして、. 其の.1帶を解^,」かけた. 片端が. H へ 



1 1 4-Sj 



5 高 •! 



ひ かいと ちよ-; と, rt;-;- 

引かう とする。 を、 搔ー 取って ー寸^^豫ふ。 

一.: あ 、、あ 、。: >と!% つた a^. を 出して SIP が 件の 

て nfri む を/な と 

ひよ ろリ とした 手 を 差 向けた Q で、 人 は 解い 

た Q をえ して 遣る と、 風呂敷 を寬 げた やうな、 

た わ . S. ら ひざ ラへ tlfv- つ 

他愛の ない、 力の たい、 ^0 上へ-わ がれて.; 物 

を 守 する や うぢめ.。 

人 は 衣紋 を 抱き合せ、 乳の 下, でお さ へ たが 

しづ ム ど ま て 5£ わき .M 

ら靜に 土 を 出て 馬の 傍 へ つ 、と 寄つ た。 

た r あ-け Al みね つ i-t 一にち 

私 は 唯 呆氣に 1^ られて て 居る と、 爪立 をし 

© ?.. て そ- -; 

て 仲び 上リ、 手をしなゃ かに^^ざまにして、 二 

_s M を 撫でた が。 

S1 1,---.- づ -リ iftvi, ん A ik-J 

大きな 鼻 頭 Q 正面に すつ くりと 立った。 .1,^ 

tit: たか ,? * ん 

もす らくと, f4 に 高く たった やうに DJ えた、 婦 

な ふナ くち _,」 ナ +ー i ゆ ひら うつ A- リ 

人 は n を据 ゑ、 口 を 結び、 B を 開いて^ l„i とた 

^h-s^ 卞ノ V パ- ーノ し <> ! V- わ - つ" つと 

つた 有樣、 愛!^ も^ 態 も、 *1 話ら しい 打 解けた 

ふう - . かみ S ? 

風 は にゲ、 せて、 神 か、 魔 かと 思 はれる。 

そ ci^.--?-.- 5 たか さ でつ ん 一- 

其 時 *! ふ 山、 向う の 峰、 左お 前後に すく, (- 

と あるの が、 一 ッ 7、 嘴 を 向け、 頭 を擡 けて、 

--. -V. ベー MJ ん, り 3 r -? -- IV, めん 

此 一^の 別天地、 效仁を 下手に 控へ、 馬に 面 

, げっか ク n マ < 5),-; 5 し, -ぞ -i- 

して ネんだ 月下の 美女 l^i- を. くが 如く、 

陰々 として 山の 氣が 籠って 1- た。 

た *♦ かぜ け は ひ おも ひた リ 

生ぬる い 風の やうな 氣勢 がする と 思 ふと、 左 

>iif- だ a- . 、ま-一-, ? S 

の 肩から 片 i5 を脫 いだが、 右の 手を脫 して、 前 

へ し、 ふくらんだ胸のぁたりで^5て:^5た其の 



ひとへ まる • ち かす it と -r.,- た 

單 K を阁 けて 持ち、 霞 も 格 はぬ 姿に たった。 

うま 11.,.' -.1! ふ る 々f 

馬 は 背、 腹の 皮 を 弛めて 汗 もしと?、 に 法 れん 

ばか リ、 突 張った 脚 もな よ/、 として 身 « をし 

> INivI- ち 1. ユっ. 一-み し ラめ;: ...'4 

たが、 鼻 •€ を 地に つけて 一 掘の. E 泡 を 吹 出した 

お も W へち し を . 

と 思 ふ と 前足 を 折ら-つと する。 

そ C と Vi 「ザ; と した I- .r, た 二 -0 ft 

其 時、 頓の下 へ 手 を かけて、 片手で 持って 居た 

% とへ 《一 i » いな 

單}^ を ふ はりと や V け て 馬 Q E を ふ が 否 や , 

う さ ど 4 ン つむ み ひ 一 (がへ .,>T き 

兎 は 躍って、 仰向け ざまに 身 を 鋭 し、 妖氣 

こ ち 「ろつ つ A" *- 二 あし V. ベ ど はた 

を 籠め て 際 膳と した 月 あかりに、 前足 Q 間に 腐 

t- S 一- J ク さめ だ- ノ レー し. - 一 

が袂 つ た と S ふと、 衣 を脫し て 接 坂 リ た がら 下 

け-つ つ ,--- よ 二 A で 

腹 を 衙と潛 つ て 横に 拔け て 出た。 

vr 一一, -ろ& み -ー t, 

^仁 は 差 心得た ものと 見える、 4- 獲 かけに 

た -R^ ひ > t is パ,, き r. S1§ 

手^ を 引いた から 馬 はすた/ \ と 脚 を 山路 

に 上げた、 しゃん、 しゃん、 しゃん、 しゃん しゃ 

み ま V-,? かい と- M 

ん、 しゃん しゃん、 —— 見る 間に K 界を 5 お-ざ か 

る 

1>-ん<- M やちん ひ. --; 丄し, メ さ 

人 は 早 や 衣 股 を 引かけ て きへ 入って 來 

.5 きたり.; C び i S 

て、 突然 1 ぽを 取らう とすると、 白 は^し さう 

おさ !!^ , て- あ をん な B お- 

に 押へ て 故さず、 手 を 上げて、 婦人 胸 を 腿へ 

ようとした。 

じ や ん はら の rc み S 

邪 怪に拂 ひ 退けて、 吃と 睨んで 見せる と、 其 

か 5Y も すバ \ 、力 I け *, あん 

ま乂 がっくりと 頭 を 垂れた、 縛ての 光 El, んは行 

つ ひ かて, ま- \- ろし み ろ 

is^ の 火 も に 幻 のゃぅに!:^ノんたが、 爐に くべ 

,さ だ V- ォー た <v んな つ 

た柴が ひら, -、 と 炎 先 を 立てた ので、 録人 



し e...- > 一 -o つき S n 

と 走って 入る" ゆ-の 月の うら を 行く. ふ あた 

t! 一 C.A 一一 2. <1-; こ 

"遙に 馬子 が 間え たて。」 

二十 

- 一-/ 一 卜 ひん とま -, 一ん わ *c- /う 

『さて、 せ (から 御餃 の時ぢ や、 膳に は 山 { 之- 香 

ち 3 ヒかみ つ 5 

の 物、 生姜の けたのと、 わかめ を 茹でた Q、 

• nl 一; な し きの- J モ しる :ん 

の 名 も 知らぬ 萆の 味す 汁、 いやな かく, 人 

參とザ 11 どころ では ござらぬ。 • 

し ゎ% て ;, v つ, リ う 

品物 は^しい が、 なかく 御手 料理、 餓ゑ 

tCj *^ f^ し ごつ き ふじ L-,,- r かま 

て は 3W るし 0^バ加至極たぉ給仕、 盆を膝に!^ へ 

モ C う f ひぢ ほ." <1 ,0 れ 

て 其 上に 肱 をつ いて、 敏を 支へ たがら、 1^ しさ 

うに Bn」 居た わ。 

»~/^^^ ft e か i-れ と リち つに、、 气. - 

緣側 に 居た .0 痴 は 誰も 取合 はぬ 徒然 にあ へ ら 

れ たくた つた もの か、 ぐた/人と 膝行 出して、 

ほん-, -- -- 一- はら キー くづ 

^^人の傍 へ其の便々たる腹を徐って來たが 崩 

ケら 1き5 ^ わ JI- ん た i,, 

れ たや ラに胡 化. して、 1® に e5 う 我が^ を 親め て、 

指し をした。 

(う >- /\, う 、 /\ow 

(ぎで ございま すね、 あとでお 愛ん たさ い、 お 

4- み ,-.< ま 

容 髹ぢ や ああ リま せ 2^ か C 一 

S » た W び * ほ , ち ゆ t> 

痴は は? な ぃ效 をして 口 を 曲め ながら 頭 を 

掉 つた, 

£? 仕漾 がぁリ ません ね、 それ ぢゃ御 IJJ^ 

て 召し あがれ 。.<sis ?、 ® 免 を ij*- リ ますよ。〕 



m r^9 し 



わし K-,0 tJJ ^ 

私 は 思 はず l« を s いて、 

(さあ 何-つ ぞ お^ひな く、 飛んだ 御 造作 を ffi 

きます。) 

tsj i めな た £ へ ち 52 わたし 1£ 

何のお. - い。 お前さん 後程に 私と 一所に 

た 、• , -ほ ひと 

お八: T へな されば 可い のに 困った 人で ござ:, ま 

K い S I- ひク おなじ ! * 一ん 

すよ。) とそ、 しさぬ 愛 5^、 手:: 十く 同 一 やうな 膀を 

称へ てな、 リベ て 出した。 

めし か:., f- によ <;.is しか たん 

飯の つけ やう も效々 し い 女 ST ふリ、 然も 何と 

お,. -5 ム じ {.?..> ん > か-つけ, ふ-つ 

なく 奥床し い、 上 品な、 右 I 家の 風が ある。 

あは う -i ぜん うへ ね 

白!^ は どんよ リ した B を あげて の 上 を 睨め 

て 居た が、 

あ; i あ ^ ちし > 

(彼 を、 あ. -、 彼、 彼。) といって きょろ くと 

ra^ を 胸す。 

ふ じん V- つ 

^人 は 熟と i„ "つて、 

(まあ、: H- いぢ やない か。 そんた もの は!: ゆ 

でも众 ベ られ ます、 今夜 は な "せ 樣 があります 

よ。) 

かたはら S す , 

(-っ む、 いや、 い や 。一と 一 Ls^ を: 5: つ た が、 ベ そ 

> たき だ . 

を 後いて 3£ 出し さう 

S んな C5 は かた は. り き 

人 は W じ 51^ てた、 ししい、 傍 の も。 >-氣 の 

ど/、 

セ$ さ」 

rti B さに と ほ 

一 - 媒樣, 何 か 存じません が、 おっしゃる 通り 

よ わたくし 

になす つたが,? いで は ござりません か。 ^ に 

き ザん ひ 力へ 譽--* ろ,, る !; ん W ん 

, お 氣近は 却って 心お しう ご. ざ. リ ます ピと慇 g 一 



一 

に いうた。 

を もな ま.. P ど 

婦人 は 乂た最 う 一 度、 

(战か い、 これで は Hsi^ いの かい。〕 

ぼかた *■ だ さ -K 

白 一 知が 泣 出し さう にす ると、 然も S おめしげ に 

た- A しめ み と !, W な なか 

流 W に见 たが、 し、 こ はれん \ になった 戶 棚の 屮 

から、 鉢に 人った の を-取 リ 出して 手早く..::; i 心 

一ん 

應 につけ た " 

(は い。,) と 故と、 りしく、 すねた やうに い つ てゃズ 

が ほづ, "リ 

額 f^r 

めいわく め i!- あ を どい ぶう う! * 

はてさて 迷惑な、 こり や 目の前で 靑色 蛇の 53 口 

に は-,:' 一 J も 9 V- る -ひ I やき さ. V ズ かる あか 

者! か、 腹镍の 猿の 蒸 か、 災難が うても、 赤 

がへ る ひ あの ; Ktl 'ち そヅ み 

蛙の 干物 を 大口に しゃぶる であらう と, 潜と^ 

.ゐ ん たて, わん ち つか * ど 

て 居る と、 片手に 椀 を 持ちながら 摑 出した の は 

ひねた くお 

-ll-i * ざ ぼん. ひ ,リ 

其もさ, ^^んだのではなぃで、 一本 三ッ 切に 

し た らう とい ふ 握 太な の を橫銜 へに してや 、り 

かすの ぢゃ。 

を, 5 な めす 

人 はよ くく あしら ひかね たか、 む やう 

にが を て!^ と: m を 齦ら めて-ザ 心ら し い、 然樣 

たち はプ て IS ケひ 

な 質で は ある ま いに、 ^かしけ に 膝なる 手拭。 

端 を 口に あてたり 

なるほど 此の 少年! :! これで あらう、 身體 は, 

IP, 一い ろ ん la じ キ- 

庵 色 に ふとって る C やがて わけ も なく 鉢 食 を 

平らげて 港と もい はず、 ふッ ./\ と大 俵 さ-つに 



呼吸 を向ラ へ 叱く わさ • 

(何で ございま すか、 私 は 胸に. へました や 

ちっと ば まで ^ち- 1\ 

うで、 些少 も 欲しく ございません から、 乂後 S 

.i た, - 

に K きませ う、) 

£.ん な-じ ぶん はし ...v,., ふた */ ん か t 

とお 人 自分 は も,: fl- りず た 二 ッ の き を片 づけ 

てた た. 一 . 

二十 一 

しば くしょん; t り ゐ 

fs" 刻悄 乎して 居た つけ- 

あなた さぞ つか レ すぐ ? I 

(貴 ?、 着お 疲勞、 ^にお 休ませ. & しませう 

か。) 

あ ひがた fV ん i ち 8 

(難 有う 存じます、 未だ 些とも 眠く は ござり ま 

3 つき から 1-,- あら <A.-W,a 

せん、 先刻 體 を:^ ひました ので 草 臥 もす つかり 

Jwl リ ました。 _ 

(那の は 甚感. にで もよ く 利きます、 ; 4 が 

苦!^ を いたしまして 骨と 皮ば か リに體 が 朽れま 

?ブ: にち. S 十-一 な み- <■/» 

しても、 牛 日 彼 魔に つかって 居リ ますと、 水々 

みつと あ 

くた るの で ござ いますよ" 尤も 那 二れ から 

S ま まるで -J ほ I*i ネ _か け 

にな リ まして が 宛然 永って 了 ひ、 川 も も 

らず. ^や、 あたた £ As 卞, ぶ 

残-中 ふに な" ましても、^ ぼが 行水 を f^li ばした 

虔 ばか リは 水が ません、 然うして いきり 

が 立ちます 二 

てっぽう キす v.- る ^なた えし ,-冬 

鐵砲疵のござ ぃます^^だの、 足 を 折つ 

た 1^ 位 sir 禅 i 々な ものが 浴み に參" ます か らせ: 



C1 50) 



c さ 野 S) 



tf がけ みち f らも きつ ムん さ 

の足^&で魄っ??が出来ま.,位、 と 其が 利いた 

の で ござ いませう。 

もんな ん. は なし 一 

那樣 にご ざ いません ければ t やつ や つ てお 話 を 一 

なす つて 下さい まし、 寂しく つてな リ ませ ん、 

ほ,, > と はプか こん な $ なか 

本 《5 にお 可愧 しう ございます が.、 恁麼. S の 中に 

ひっこ も わ.^ 

引 籠 つて をリ ますと, もの をい ふ こと も 亡-もれ ま 

したやう で、 心細い ので ございま すよ。 

あなた ねむ - りよ 

それでも お 眠け れ ば. 妙 遠:? 5 た さいます 

べつ ね -i な その 

なえ。 別にお 寢 {承 と 巾しても ございま せんが 其 

か は か MX ム: かみ 

代 リ蚊は 一 ッも K ません よ、 町方で はね、 上の 

!4S& も", さと とま さ とォか やつ ね 

洞,〕 者 は、 へ 泊 リに來 た 時 蚊帳 を??! つて. M か 

ど は ひ わ f- 

さう とすると、 何う して 入る のか 解らない ので、 

か わめ ゥ.. なぶ 

梯子 を贷せ いと 喚いた と 申して 驟 るので ござ い 

ます。 

たムと SU $v *-i とリ な 

澤山 朝寐を 遊ばしても 鐘 は 聞えず、 雜も 鳴き 

いぬ を IC ろ? す 

ません、 犬 だって JW リ ません か、 し お 心 安う ご 

ざん せう。 

此入 もせれ 落ちる と此 山で 育った ので、 何に 

R- ん A-*^ キー 、, ひと S こ、 ろ. べき 

も 存じません 代リ、 氣の可 い 人で 此. -と もお 心? M 

はなぃ^^でござんす。 

それでも は 俗 か はった 方が 被 入つ しゃ いま 

すと、 大事に してお 辭俵 をす る こと だけ は 知つ 

» ま 一 卜 あ;: さつ 

て ござ いますが- 未だ 御^ 拶を いたしません 

このごろ つた: ニニ 一 t 

ね 此© は體が だる いと: a えてお 惰 けさん にな 



一 

ん な す つ た よ。 ー,^: 、 .V. で 愚 な - ■) で は 】 ざ い ま i 

こ V ろえ を 

せん、 何でも ちゃんと 心?. て リま す。 

r ば-つ さ £ r ち,, ,5J . 

さ あ、 御 1? 樣に 御挨 拶 を た す つ て 下 さ い ま 

あ、 ぉ辭儀 をお おれ か い。 」と 親しげ に 身 を 寄せ 

か ほ さ 「 ぞ ぼ 

て、 頷 を 差し^いて、 いそく してい ふと、 白 

か ?ゥて * ^u; 

if はふら-/, \ と 兩 手 を つ いて ぜん ま いが おれ 

たやう にがつく リ 一 T 

わ」 な 二 B せ, * つ-ひ P £ 

(は い、」 と いって 私 も 何 か 胸が 迫って 頭 を 下 

げた。 

その そ 5 つむ ひやう し 十 .9.- , 

其 ま > 其 の 俯, M: いた 拍子に I ゆが 拔 けたら し 

よこ S んな や す 

い、 に 流れよう とする の を、 ;! iw 人 は 優しう:^ 

おこ 

け 起して、 

(お M、 よく §5 たのね え、) 

天啧と いひた さうな- ® 色で 

(虫 B; 僧、 申せば 何で も 出 來 ませう と 田" :3 ひます け 

れ ども、 此 人の 病ば かリ はお 鬚 の lih でも 那の 

み-つ リで r あし た , 

水で も復リ ませたん だ、 兩 足が 立ちません ので 

たに w« T. 

ござ いますから、 何 を M やん さしましても 役に は 

ぶ ません。 其, に j^ilu:..- いまし、 お 辭僙ー ッ 

いたします さへ、 あの 通り 大儀ら しい G 

->じ お 3 さぞ- .-is .< 

も の を敎 へ ますと 璺ぇ ますのに か 折れ て 

1.- つ んら i„,- くる さん 

切 な う ござんせ う、 91^ を 苦し ませる だけ. だと 存 

产 <ん さ W y て/、 一- 

じて 何にも 爲 せないで 置きます から、 段々、 手 

うご は- ---cf やけ I 

を 動かす 働 も、 もの をい ふこと も 忘れました。 



モ, J * うな ラ,: *0 い i 

でも 那0、 が & 、へます わ。 二 ッ三ッ 今でも 

乙 や I さま .li *: 一 

知って W リ ますよ,' さあ お客様に 一 ッぉ 聞か 

せ なさい ましたね。 〕 

K お S ん fc み »5^L $ み 

C 痴は 人 を U- て、 又 私が 顔 を じん/ \ 、 、 

ひと.; - しリ .4- たち く ;- ュ 

人 知 をす ると い った形で首を!^^っ たに 

二十 二 

と か 5 をん な にゲ ナ. a 

「左右して、 婦人が、 勵 ます やうに 、離す やうに 

す- ?. <. か t か へそ もて A« 

して 勸め ると、 は; f:: を 曲げて 彼 の^を ^ 

びながら S 〈つた。 

き モ おんた 5;s ん なつ 

木 4e の 御- M 山 は 夏で も い、 

< なおや たび ュ- , J 

^遣リ たや 足袋 添へ て。 

し を じん き +; S , 

(よく 知って 居リ ませう、) と 婦人 は 聞き 澄し 

てせ する。 

ふ し ぎ -った と >v- に » -M このはな し キ- 

不思議 ク、 った時の-:!!痴の聲は此^?^をぉ^ 

、くさ < ちと わし す.; J リ 5 5 

きたさる お前 樣は s: ょリぢ やが、 私も报 :中 した 

つべ つう ス でい > てんち さつ <0 . *t ま は , . 

と は月蹐 雲泥 天地の 相," (tl、 節 廻し、 あげさげ、 

-5 き つ,, * と だい ,て ュ す 二 ふ J 

呼吸 の 綾く 處 から、 第 一 其の ii? ら かな 涼し ぃ聲 

た-つてい 二 せつ./" , で 

とい ふ 各 は、 到」,^ 此 5. 少 (やの 1- 咿 力ら 出た もの 

ではない 先づ 前の世の 此. n.:i の 身が 冥土 か 

くだ そ 土ら かよ 二 

ら管で 其の ふくれた. ほ へ ;,; ^一はして 寄越す ほどに 

さ こ I 

聞え ましたよ。 

が は E ズ つて 聞き 果てる と、 膝に 手 をつ いた 

1.! 一 ど かほ あ そ こ み, 

ッ 切り 何-つして, を 上げて 其 處な 男. fl- を 見る 



(15 1) 



ことが 出來 ぬ、 :^, か 胸が キヤく して、 はら は 

シ. え , 

ら した。 

や 人- め み 

人 は a 早く: つけたさ う で 、 

(おや、 Kir 何う かな さ いました か。) 

ま でス。 

; J. ふに VP の も いはれ なんだ が) m々、 

(唯、 何、 變 つたこと でも ござ リま せぬ、 私 も 

ま ぺっ たつ まや」 しまた 

嬢糅リ こ とは別にぉ^^-ね申しませんから、貪女 

たん と くだ 

も 何に も Sh; う て は 下さ リ ますな") 

- さい かた た 三(,も い さい 

と 仔細 は らず唯 ひ 入って 然 う 言 うたが、 

じつ い ! 1. ん やつす し や, さ r よ, さん 

K は 以前から 樣子 でも 知れる、 < ぶ 叙 玉 皆 を か 

て ふい ft し う まさ t^ さん 

ざ し、 蝶 衣 を う て 、珠腱 を 穿た ば、 正に 顧 山に 

い あ ひ い ケ- ほっ ひ ..^i.t ひと そ CiWM こ たい 

入 つ て、 ffl 抱く ベ き璺肥 5^艷 の 人が、 其 男 に對 

J-JW -ミに ク. - へだて しん; t- つ ひとごと 

する 取 し の 俊し さ、 隔 なさ、 深切 さに、 人事な 

がら 嬉しくて、 S はず 涙が. 流れた のぢ や。 

ひと にら なか な ■ やん- 

すると 人の 腹の 巾 を該み かねる や う な 婦人 で 

*v ち S やつす さと 

はない、 忽ち 樣子を 悟った かして、 

あなべ p/> たつ やさ 之 5 

(袁^ は IIM 個 一」 お 優し い) と い つ て、 得 も 謂 は 

いろ めたん み わし かう ベ fe 

れぬ色 を B: に湛 へて、 ぢ つと: ili- た。 私 も 首 を a 

さしう つむ 

れた、 むかぅでも:^!-俯向く 

V ん どつ で-つす ひら vrj 

いや、 行燈が 乂-戒 暗くな つて 參っ たや うぢ や 

が、 S らくこ リゃ 白痴の 所爲ぢ やて。 

其 時よ。 

しら ことば と « 

が 白けて、 18= く 言 $f が 途絶え た うちに 所在 

がたいので、 i (うた ひ, 太夫、 をした と 見 



$ 2 へ あん t5 ナ r If y 

え て、 :敏の 前の 行.! J へ を 吸 ひ 込 む や う な大 欠伸 を 

したから。 

み -さ 

身 ® きをして た、 



(寢 ようち や あ、 腐よう ちゃ あ。) とよた/, >\ - 

體 を持投 ふわ い。 

(眠うな つたの かい、 もうお. M か。) といった 

が^りお つて 弗と 氣が ついた やうに 四 邊 を^し 

おんて *i たか 一二 r る つ さ る ひろ 

た。 戸外 は も es" の やう、 H; の 光 は 開け 摈 



げた 家の 內へ はらく とさして. 紫陽花の^ も 

や ざ-, -か *a 

鲜, i! に かった。 

あなた <1 ナ 

(复^ も も う お 休 み た さいます か。) 

f はい、 -紳 厄.^ にあ ひな リ まする。〕 

(まあ、 いま 招 を. 寝かします、 おゆ つくりな さ 

, , て- . 1 ま <i つ 

いまし な。 戸外へ は 近う ござんす が、 夏 は 腐い 

1;- つ れつく よ わたし. た, ズ- ふ 

方が 結句 {且 うご ざい ませ う. 私 ども は will- へ 臥 

ュ 15 な-. - こ r ,ろ ,ら ろ よ 

せリ ますから、 .t>;IE は此處 へ お、 g くお 寬 ぎが 可 

ちょいと ま つ: た 

う ござんす、 一 寸 待って。〕 と いひ かけて 銜と立 

あしば?. ど ま お さ- み 

ち、 つかく と 足早に 土. ぱへ 下りた、 4s リ # の 

くわつ べつ I 亡- ひで つし くろふみ 

こなしが 活?^ であった ので、 其 拍子に miiH 

が. S を卷 いたま、 項へ :5 れた。 

£ と もて ナ 

餐を おさへ て戶 にっか まって、 戸外 を a かし 

ひと リ ご と 

たが、 揭言 をした。 

(お や /\ さ つ さ の お ざで 櫛 を した さう 

5 



い か さま 馬の 腹 を^つ た 時ぢ や - 



lit? ノリ した ム- つか ス. 一 .ci つ. 6 ~sf^. 

此 折から 下 "し 廊下に 音が して、 靜に大 跨に 

あ る せき ム H 

步行 いたのが、 寂と して 居る か ら 能く。 

一 J お こ よ-つ お でつ ナ ち 

魅て 小用 を 達した 樣子、 雨戶; はた リと 開け 

きこ て. r- づ A.f ち .> し V: ひ iilj 

るの が? S えた、 手水 鉢へ 柄杓の IT 



一 お. -、 镜 つた、 镜 つた。」 と 咬いた は、 旅籠 

や て "しゅ i 

S の亭、 王の 一 t である。 

こ わ かさ V.; き-ど ビ 二 . て-; 

「ほ k う、 此 の 若 狭の 商人 は 何.^ へ か; つたと 

* なに へ! -も しろ ほ. Q み フ: 

见ぇ る、 何か惊 快い 夢で も て る かな。 I 

ど や-,; 一 や VI * み じ 

「何う ぞ其後 を、 それから。」 と 聞く 身に は 他事 

も V か にべ つ r -u<y, 

を いふうち が捉 梧し く、 膠 もなく^ きを 促 し 

た 

「 さて、 おも 更け 亡< した、」 と いって 旅 は乂 語 

出した。 

f 大 一 aS も な さ る で あら ラが、 いかに 草臥れ 

t> 一 *-<K\c あ み S i- とつ や CTJ 

て 居っても 申 上げた やうな. 深山の 孤 家で、 眠 

そ- *- す こ き 

られる も Q ではない、 其に 少し;; 私に なって、 は 

わし y. こと め 

じめ の 内 私 を. M かさなかった 事 も あるし, B は 

VJ さすお つ. lit. ひど 

冴えて、 まじく して たが、 有繁 に、 疲が酷 

しん 亍こ ム 9. リ き" S £ - し& 

いから、 心 は 少し 茫 乎して 來た、 何しろ 夜の 白 

まち --ほ 

むの が 待 遠で ならぬ。 

,一- こ -23 i". .63 わ こ 

其 處で はじめの 内 は 我 ともなく. S の 音の 閒 え 



一、 



C1 52; 



野 高) 



m 彼 か ま 



<v,vi なに ち-、 し つ ぢ ごく も 

のが ある C 恰も よ 1 それ 奋^ 造の 地獄の I 

つ々, 乂 - つつ 、たど ひとへ 

を、 =:」仅に映したゃぅな:^^し の^!ゃか板戶 一 逮、 

ち ,? まつ ^ ^ う こ 

魑& ー魈 13 と いふ ので あらう か、 ざ わ- f> 、と 木の 

葉が 戰ぐ氣 色だった。 

いき り <-./: と 

息 を 凝す と、 :納 n で 、 

(うむ、) と いって 長 

れた Q は^ 人ぢ や。 



呼吸 を f 



萆. 



: が あるよ。」 と 叫んだ • 



* 一ん や < 

(今夜 はお 

t も-くさ wi 

(お 客 樣が ある ぢ やな いか。 

L ばら た ど め 1? つき -y す •、 二み, ^ 

と SIT く. g つて 二度::!! の は 判然と 5^:5 し い, 摔 

IW: めて 低萆 で, 



ーゥ くさ ま 

( お , 好 樣 

た、 更に 竊 返る 一 Si 曰が した。 

と ス,- と け は ひ ピ よめき つく ごと 

戶の外のもの &氣-勞は動搖を^;^1るが如, 

ら ぐらと 家が 搖 いた。 

わし だ ち に じゅ 

^は 陀羅尼 を 呪した。 

ぶ ヒ に」 お 3 <<- つ らん せつ Si ふ しゃ 

若 不順 我 呪 l^i 說法者 

づ は さく ぶん 广-ょ る リ じ や し 

頭 破 作 七 分 如 阿梨 掛枝 



4 ゥ A 一 

が あるよ。) と いって.; き-; 5! る 一: in: がし 



R よ さつ ふ ち 

如 殺 父母 



やく によ さ ふ ゆ わ. 3 

亦 如 Si 油 狭 



£ し ご はう じん 

斗 粹 欺 誰 人 

ほん し ほつ し しで 

犯此 法師 者 



吹 



でう だつ は そう S 

調违 破^ IS 

なつ ぎ? ,、 によ せ わう 

當 猹 如是 狭 

しん ふ *is^ さッ こ は ま かぜ みんなみ 

1 心不 si、 現と 木の葉 を 捲いて 風が 南 へ 

な; \£ L プ 1- 

たが 忽ち 靜 



かへ * ふう ,\ ね や 

返った, 夫婦が 闺 もひッ 



そりした。」 



二十 四 

よく? っラた ひ る ごろ マ AM£ ちき- と- -ろ 

f 翌 口 乂 正午 顷、 里 近く、 瀵の ある 4ie で 

?s I- つ. おや V かへ 6 

馬を賣 りに 行った 親 仁の りに 逢-つた。 

ち S -I JI 一 わし L 。ヤニ -r 

丁. -ぽ 私が 修;; ;: 



f- 一な 



で よ •., とつ S 、きか: 

に 出る の を 止して 孤 家に 引返 



, , ?.. ム な- レー rf.^ ,i おく Jw- & 

して、 お 人と 一所に 生涯 を 送らう と 思って 居 

ところ 

た 虚 で。 

じつ 二 二 く と ち- f モ 一一と 

を 中す と此虚 へ來る 1^ 中で も 其 の 事ば かり 

4 ん V 一 へ- -- :!J し 一-,、, は. ノ IVS 1 二し 

考へ る 橋 も 幸に たし、. 蛇の 林 もたかった 

If?) ーノん じふ た *Vt -てろもち 

が、造が難^|なにっけても, 汗が 流れて 心 持が 

わる いまさら あん 115- つま むらさ 3 け 

惡 いにつけ て も 、今更 行脚 も 詰ら ない。 紫の 装 

ぺ -,, ,s ^ -グ- ナ と-ー ろ なに ほビ 

i« ^を かけて、 七ゅ^;伽藍に:^んだ魔で何ぉ つ こと 

Ivl- ーぞと t.*y 一 ま 

も あるまい、 活 佛樣ぢ やと い 

まれ V ば 人い きれで 胸が 惡く たるば か 

些 とお, 一: fi もい か 1- ぢ やか ら 

けて いひ ませなん だが、 昨夜 も E 痴を寢 かしつ 

ける と、 婦人が 又爐の ある 虔 へやって!^ て、 世 

なか . く ふ-つ で なつ * !• > ふ *. 

の. S 'へ 苦^ をし に 出よう より、 夏は谅 しく、 冬 

あ も- "か -I なか i. It J わたし モ y 

は暖 い、 此の 流に 一所に 私 の 傍に おいでな 

さいと いうて くれる し、 まだく 其ば かりで は 

じ > ^ん ま さ わが 

自分に 魔が 魅した や うぢ やけれ ども、 こ、 に 我 

み . 4^ がみ わ- で き し 》-5 をん な 

身で 1: 身に 言譯 が出來 ると いふの は、 頻に 婦人 

ぶ ん み 4i ひとつや ぼか >1 

が 不便で ならぬ、 山 Q 孤 家に 白痴の 伽 をし 

> 一とば つ-つ ひ ふ したが 

て 言 葉 も通ぜ ず、 日 を链 るに?;^ うても の をい ふ 



て、ゎぁく{5^^ 



さっき わ 

先别 はこと を 分 



1て.っ广. の い 5,* な 

るの を 心. みに して、 今お るか、 もう もる か 

はて はたつ ぶり 1^; つた もの をと、 ^^しんだ 

さ つ か- 5- ところ やまでら ビ ころ 

が、 やがて 氣が 付いて、 ! ャゥ 一み. ふ 處ぢゃ 山 寺 

ではない と 思 ふと、 俄に 心細くな つた。 

t 一力と さ は よ たと たに モ.. 一 

せ; 時 は!:: 十 や、 夜が も の に i: へ ると 谷の 底ぢ や、 

.E 痴が だ ら しのない 寐息も 聞え たく な ると- 忽 

i ると け *- 

ち戶の 外に もの- -氣 勢が して 來た。 

けもの あしおと さ S う あ る 

獸 の S 音 の やうで、 然 まで 遠くの 方 か ら步行 

%さ る ひき rC? 

たので はない やう、 f. 蟇 も、 居る 

ろ A-f 5i ま かんが ど 

虚と、 休めに 先づ 考 へたが、 なかく 何う 

して 

. * に。 い? そ « つ —ぞ つ: 2 £ ち.4 ゴ 

くす ると 今 其奴が 正 面 の戶 に 近 いたた と 

思った のが、 羊の^ 聲 になる。 

私 は 其の 方 を 枕に して たの ぢ やから、 つ 

らも ± .?? て lyyo » 一. - 

り 枕 の 戶外ぢ やな。 暫くす ると、 右手の 

あ V- さ A V- a そ はな レ K 

の 紫 SI 花が S< いて 居た 其の 花の 下 あたりで、 

の!^ ばた きする 昔、 

し や M 

むさ、 びか 知らぬ がき ッ.. (-と いって 屋の 

へ 、 镀て 凡そ 小山 ほど あらう と氣 取られる のが 

s お fi-ilT- *- うし な とほ 

胸 を M す ほどに 近いて 來て、 牛が 鳴いた、 遠く 

こ きすみ か く 

彼方 か、 りひた くと 小 刻に 駅け て來 るの は、 二 

! -:ん 一め し や V- は !: #0 おも 

本 足に 草鞋 を 穿いた 獸と思 はれた、 いやさ まざ 

まに むら >/\ と {. ^のぐ るリ を取卷 いたやう で、 

二十 三十の もの 、鼻息 、羽ぎ、 に は 囁いて His る 



1 53) 



わ r >_ た , 一 

こ と さ へ il-i れ る や う た" がす る と い ふ は 何た る 

こと 

事! 

二-一 I け S しの-め t,it ふ キ I ,£ 

殊 に 今朝 も來 や" に袂を リ 切って 別れ よ う と 

する. V、 お 名残, にしゃ、 かやうな 虎に! il ヤ つやつ 

て老 55 ちる 身の、 びお 目に はか、、 りれ まい、 

£ が は S ど -ー し Icvi 

いさ、 小川の 水に なりと も、 何虚ぞ で 白桃の 花 

な. i. r -y.. わたし f.^. たに;.;. は 

が れ るの を 御 2. 一にな つた、 り、 私の 體 が ハ< "川 

しづ ? 

に 沈んで、 ちぎれ- /(\ になった こと- < 思へ、 と 

La しんせつ みち た!" こ たに 

いって 悄れ ながら、 なほ;, ば 切に、 逍は唯 此の 谷 

おは is" れ モゅ • ど >s 

川の 流に? S うて 行き さへ すれば、 何れ ほど 遠く 

さと で め したち か みづ を-二 * もき 

て も 5^ に 出、 しる \ 、目の 下 近く 水が 躍って, 瀧 

お み じん.. 3" ちか 

になって 一.^ つるの を Mi? たら、 人 (水が 近つ いたと 

こ、 ろ で, さ ひとつや み 

心 を 安ん ずる やうに、 と氣 をつ けて、 孤 家の 

あた り ふ; ",さ 

ぇなくなった.?^3で 指し をして くれたし 

そ みて て と W かに V. よ $ 

W 手と 手 を 取 交す に は 及ばず とも、 傍に つき 

そ あさ ゆ ふ はた ひて > ^-- しる ご ん た 

添って, 朝夕の ^!?對手、 蕈の 汁で 御 ii を 食べ 

わし "は 厂_ た » をん な なべ わし 

たり、 ; 4 が!? を 焚いて, SW 人が 鍋 を かけて、 私 

こ み をん な か,.! ,,.: 

が 木の. K を 拾って、 婦人が 皮 を 1- いて、 それ か 

し *■ うじ ち : で 一 は fro ひり 

子の,3:と外で、 話 をしたり、 笑ったり、 

もに おは ふたり そ とさ をん な はゾ, -1:" 

そ れ から 谷川で 二人して、 其^ Q 婦人 が裸體 に 

わ J ,一 *, き 1,1 ,t めつ かをり はな 

な つ て 私 が 背中 へ 呼吸 が 通 つ て 、 微^な 蒸 の 花 

あた- * ん つ V ユカ い,: ち う 

び 、り に に 包ま れ たら、 ダ、 ま 、 命が 失せ て も 

たき づ み た がた ユカこと 

瀧の 水 を =^る に つけても 耐 へ^いの は 其 事で 



ひや ft! せ なか 

あった、 いや、 冷汗が rg れ ますて。 

そ う、 さ すぢ ゆる は ち 

丄 もう 氣が たるみ、 筋が 弛んで、 n 十 や 歩 

る ぶ き よろ- - じんか 一 £ 

行く ゾ〕 に 飽きが 來て、 喜ばねば ならぬ 人家が 近 

づ いたの も、 古!! がよく されて 口の 臭 い 婆さんに 

15 ち, S- ふ >v ま ,き <5 . さと «• レ 

iSI 茶を报 舞 はれる のが 關の 山と、 Ei へ 入る の ..P 

s ザ いし うへ ; *vj か ちゃう ヒめ 

歐 になった から、 石 3 上へ 膝 を けた、 丁度 目 

した たき ち ャ- 

の 下に ある 流ち やった, これが さ、 後に IS くと 

» をと だ-き い 

女 夫 瀧と 言 ふさう で。 

まんな, 5 ま わに ざ 》 ' 5T- 

眞屮 に 先づ 鰐鮫 が 口 を あいた やうな 先のと が 

くろ S! いは つ さで a うへ m く 

つた mi ぃ大 厳が 突出て 居る と、 上から 流れて 來 

さッ せ はや たにが は これ - めた ふたつ わん 

る 颯と 瀬の 早い 谷川が、 之に 《おって 雨に 畋れ て、 

およ ちゃう たき ど:' お また 

凡そ m 丈ば かりの 瀧に なって 哄と 落ちて、 乂 

* めん.、 き しろ,, t ふ I, つ や い さと で 

碧に 白 布 を 織つ て 矢 を る やうに^ へ 出る の 

そめい 二 は-つ しや: --れ 

ぢ やが、 其 にせ かれた 方 は 六尺ば かリ、 之 

か は さ い レー 1-,- ぼう -V せま 

は 川の 一幅 を 裂いて 絲 も亂れ ず、 一力 は 幅が 狭 

じゃく <らゐ した ざった いは た-,.' み 

い、 三尺 位、 この 下に は雜 多な 岩が 並ぶ と 見 

, た t- 一 す-たれ も 、ち ,ど 

えて、 ちら-/. \ ちら. 'と 玉の 簾 を 百 千に 碎ぃ 

. il- ん わにざめ いに il 

たやう、 件み 鰐鮫 Qs^ に、 すれつ、 れつ。」 

二十 五 

た r ひと ナ« いは こ S ど tv す., や 

「唯 一 ゼも巖 を 越して 男 瀧に 蔽リ つかう とす 

る 形、 それでも 屮を 隔てられ て 长ま で は举も 通 

はぬ ので、 まれ、 搖られ て 具 さに ャケ苦 を ija- め 

ふぜい -. !; う す 5i た やつ かたち s_ 

る と い ふ 此 のが は 姿 も i 斑 れ容も 細 つ て 、 



iS か や 一 ベつ-; -フ 4 «t 

流る >1 せ さへ 別欉 に、 泣く か、 怨 むかと も m:- に 

れ るが、 あはれ にも 倚し い 女瀧ぢ や。 

や J だ-ご 1;; う いし く y,; ち つらぬ 

男 瀧の 方 はう、 しはらで、 石 を^き、 地 を 貫く 

い *-sl.> VK/--- --れ ふた くどん い-」 一 あた 

0、 ^々たる 冇樣ぢ や、 之が 二つ 件 の? g に赏 

さ , いう わか ふたす ぢ おち み 

つ て 左右に 分れて 二 筋と なって 落ちる のが 身に 

L . » f こ 乂ろ くま & 1 やと こひざ とリ 

;» みて、 女 瀧の 心 を く 姿 は、 男の 膝に 取つ 

W. ちょ な み i し ゐ 

いて 美女が 泣いて 身 を S はす やうで、 岸に 居て 

からだ にく モヒ ま |> <t ひか. * 

さへ 體 がわな >- く、 肉が 跳る。 して 此 水上 

» きっぷ ひとつや をん な ^-0 ? J と 一-ろお. 

は 昨日 孤 家の 婦人と 水 を 浴びた 處と思 ふと, 

さ せ& そ 》 ;i- なか る; か .2*. 

氣の ^ 爲か 其り A 瀧の 中に 簿 9 やうな 彼の 婦人 

ナ がた ね"/、 う で まや-一 しづ 

の 姿が!^々、 と!^^:ぃて出ると^^込まれて、 沈ん 

おも tlr にワ % ナ ぢ みづ 

だ と 田-ぬ ふと 又 浮 い て 、 千 4^ に 亂る 、水と ともに 

そ は マ.! へ こ くだ は 一 びら ちリこ 

其セ W が 粉に 碎 けて、 花片が 散 込む や. つな" あ 

おも E かほ B ち. * 

なやと 思 ふと 更に, もとの 颢も、 胸 も、 乳 も、 

て あし まった ナ\; た う しつ 

手 £ も 全き 姿 となって、 め 1: いつ 沈みつ、 ば ッ 

きざ J み ま Hi た ;; し 

と ん まれ、 ぁッと 見る 間に 义ぁら はれる" は 

たま ま?' さかさま たき なか と ソ;. こ め ぞき ,わ 

耐 らず眞 逆に 瀧の 中へ 飛込んで、 女 瀧 を 確と 

抱いた とまで 思った" 氣 がっくと 瀧の か は ど 

ぢ ひ i せ-つ C ぶ is- ろ 

うどうと 地 響 打た せて、 山^ を 呼んで ^いて 

a > て +-^6 もつ た さす V s> 

流れて £? る。 あ、 其の 力 を 以て 何故 救 はぬ、 

よ! 

*? み た し もと ひとつや かへ 

瀧に 身 を 投げて 死なうよ リ、 舊の 孤 家へ 引返 

せ。 汚ら はし い 欲の あれば こそ 您 うなった しに 

一 ち, つ IPS その かほ み S *- かれら -Hwr 

一 if 躇 する わ、 其^を3^.て萆を聞けば、 渠^.^、 紛, 



•7 tf iS; 



( 1 55) 



ひとつ S> * くら たら VL つか 

が す るのに 枕 をお ベて 差 支,、 ぬ、 そ れ でも 

あぜ し やう は よ 

汗に なつ て修; 仃 をして、 坊主で 果てる より は餘 

ほと し -,? ,5:"* - >t ヒ :-》 た 

程の^¥=ぢゃと、 思 切って 、りうと して、 石 を^ 

ふ rz 5,- ろ ひと ヒ なか た、 

れて身 を 起した、 背後から 一 ッ背屮 を 叩いて、 

ご M-V. ま とさ と-. 11 

(や あ、 御坊 樣" 、) と いはれ たから、 時が 時な リ、 

こ、 ろ ろ -ゥ しろ ひら び ッ< り み $ -^^^e-っ 

心 も 心 、 . 後 1= い で 吃驚して n:- ると、 閥 王の 

つな 4?- , 

使で はな い、 これが 親 仁。 

^ ま う み おる ち ひ つ- - .* かた 

馬は賣 つた か, 身輕 になって、 小さな 包 を 肩 

で こ ひ うろこ 二, -じさ f つ 

にかけ て、 手に 一 el! の鲤 の、 燐 は 金色なる、 澄 

らっ を -っご ち たり そ C た ケ じ 7 

剌 として の 動き さうな、 鲜 しい、 其 カー 一一. 尺 

と わら と ほ 5 

ばかりな の を、 願に 藁 を 通して、 ぶら リと 提げ 

ゐ な い S 

て 居た。 何ん にも 言 はず 急に もの も いはれ な い 

%1 ん 4£- づ かほ み さ 

で瞻 ると、 親 仁はぢ つと 效を 見た よ。 然うして 

»s ひ is! か;: うす 

にやくと、 又 一, 通りの 笑 ひ 方で はないて、 it 

き み わる *1 く- 1- *5 

氣 味の 惡 い 北 笑 をして、 

なに ご .5*=5i み くら « 

(何 をして ござる、 御 修行の 身が、 この 位 の 

あつ W き, 一 ネ シ ま 

暑で、 岸に 休んで: W さっし やる 分で は あんめえ、 

しゎろ!:厶:^!ム あ る ^?ぅべ と V* リ 

一 卞: 強," W に 歩行 か つし ゃリ や、 咋夜 の 泊から 

ここ リ さと い ぢ ! W つ さま 

此虔 まで はた つた 五 E.:、 もう m- へ 行って 地藏樣 

を Ji ^ぶ < つし やる 時别ぢ や。 

ft/J *ぺ,リ V でつ 5= お- ひ > K « んなゥ お 

何ち や 、 已が i! 樣に 念が 懸 つて 烦惱が 起 

きたの ぢ やの。 うんに や、 さっし やる な、 お 

fc しろ くろ 

、りが 目 は ォくッ て も、 ,!:: いか 5^1 いか はちゃん と 

見える。 



ち た.. "たみ ぢ S55!l て -, C * 

地體 並の ものなら ば、 嬢樣ん 手が! P つて 那の 

みづ ふ K. ま >.丄 にん!!; ん 

水 を 5^ 舞 はれて、 今まで 人間で 居よう ?古 はた に 

- つし - つま さミ ひき lis もり なん と 

牛 か 馬 か、 猿 か、 ^*か、 igr 蛤 か、 にせ い 飛 

ん だか 跳ねた かせねば ならぬ。 せ 川 ■ から 上って 

き, i て あし ふ *,- ひと 

來 さしった 時、 手足も^ も人ぢ やから、 おら あ 

{ らも 1><へさ£ かんしん -plso し けんご 

魂消た 位。 お前 樣それ でも 感心に 志 が gtlMI ぢ 

んーク 

やから 助かった やうた ものよ。 

なん ひ い 5 まみ 

何と、 おらが 曳 いて 行った 馬 を 見さし つたら 

ひと や <yi *i みち と ? ii 

う、 それで、 孤 家へ 乘 さっし やる 山路で 富 山の 

はんごつ. il^ ん- ウジ 一め 

反魂丹賣に!^3はしったと ぃふではな いか、 それ 

み も す ナベい や ら 1> と-つ 5S 

見さつ せ い、 彼の 助平 野郎、 疾に 馬に なって、 

うまいち おもし お あし こ こ ひ 

そ れ 馬市で 錢 に な つ て 、 錢が、 そうら 此の 鲤 

M だいかへ つぶつ ばんりし さい ゲ. つ 

に 化けた。 大好物で 晚 飯の 菜に なさる、 ぉ孃 

樣を 一 體何ぢ やと 思 はっしゃ るの ピ」 

わ-: し I 一一; ぎ 

私 は 思 はず 遮 つた。 

「お 上人?」 

二十 六 

し 'にん 5 なづ . つぶ ザ 

上 人 は きながら いて、 

ま キー か ひとつ, をん な 

「いや、 先づ 聞かつ しゃ い、 彼 孤 家の 人と い 

» もと わし たに 

ふ は 舊な、 これ も 私に は 何 かの 緣が あった、 あ 

.2- ろ ま X に ひ ち み-つ S 

の 恐し い 魔 所へ 入ら う と い ふ歧道 の 水が 5 せれ た 

わ うらや ひ} くしゃ 5 KVIL そ い It えい し 3- 

掛來 で、 百 姓 が敎 へて、 彼虔は 其の 以前 翳 者の 

いへ そ いへ Ji つ つ 置 

家であった というた が、 其の 家の 孃様ぢ や。 



な ," ひ だ も. i-- つじ は .v つ 

何でも 飛驟 一 圓^ 時 i< つ た こと も i デリ,」 い こ 

ともたかった が、 唯 取り出で >- いふ 不 は 此 

の醫 者の 娘で、 rt- れ ると 玉 ふやう t 

に.. ふ, -- めどつ ミ 、- ベた もじ リ さ V, f"* 

母親 は頻 板の ふくれた、 眦の 下った、 aSs 

ひく ぞく ぢ ち KKZ.V^ さ ひ-つ 

の 低 い、 俗に さし 5^ とい ふ あの 毒々 し い 左 か 

B ふ 5 f ど GX. う, ノく そ, に 

胸の 房 を 含んで、 何う して 彼 ほど类 しく 育った 

もの だら うと い ふ。 

むかし %cs た a- ! Ifi や eft 16 は そ 

昔から 物語の 本に も ある、 屋の: W へ 白羽の 征 

やた W か" くら と?!. で? -と * 

矢が 立つ か、 然もなければ 狩 倉の 時 貴人のお 目 

に留 つて 御殿に 召 出される の は、 那 麼のぢ やと 

*f 'はさ 

^が 高かった。 

て-おや い し j. 

父親 Q 繁 者と いふの は、 頻 骨の とがった sufQ 

に み -ん **5 がう まん ュ -CK 、ゆ- ^0,9^^.^* 

生えた、 见 ia? で 傲 慢、 其.:^ でも ぢゃ、 ケ刀 論- £• 

* ち.. リ と >v> on ほ め 

% "に は 刈入の 時よ く 稻の穗 が 目 に 入る と、 それ 

ゎづら 9に-» に S リ & せん 

から W ふ 脂 rH、 赤目、 行: =1 が 多い か、 し、 先 

* 一. iVi ん ti-f- 1,5 す-一 ,や *n くわ き 

生 眼 i ^の 方 は 少し 造った が、 内科と 來て はか、 し 

! b バゎ せ. ひ - びんつ ひ みづ 

ッ ベた。 外科なん と 求た 日 にゃあ、 餐附 へ.!^ を 

垂らして ひや リと 被に つける 位な 虔、 

, 〈わし しんじん モ めい 十う つ んら 

® の 天窓 も 信心から、 其で もん 叩 数の 處 きぬ 輩 

ほん ふ、 ^x,. ちく っブ, V/ 二 V- -c^ と 

は 本復す るから、 外に 木资の 居ない 土 

ち ft? ン; 0っ じ 9- う 

地、 相應 に? した。 

--^ .5. すめ : . をん 5- かつ じ ぶん 

殊に 娘が 十六 七、 女 la となって 来た 時が に 

やくし iif ま ひ. M 一-. せ., 4- せいさ £ うち うま 

は、 藥 樣が 人助けに 先生 樣の 内へ 生れて ござ 

. じんかつ か-. > #K; なん Ky ん, -ょ :!; でつ なん;:., でシ 

つたと いって、 信心 仰の 力 i$ 义? 男お 



われ つ -ひ 

女が 我 もくと t;i め ける 

そ^ か ゲ ノバつ 

其と いふ のが、 はじま リは 彼の 娘 採が、 それ 

な じみ にん t-cs りか. y § *- ころ ちい そ » 

馴染 の-:^ 人に は; £ =: 航を合 せ る 所 か ら 愛想 の 

n 一-. v-i ヒ,, ぶ-, 

1 ッも、 あなたお 手が 癌み ます かい 甚麼で ご 

. て V*- 一 S は ら てのひら a ,. 

ざいます、 といって 手先 へ柔 かな 掌 が^る と 

第 一 ^に 次 作 兄い と いふ 若い の 、〔リ やう まち 

5-- ん. く.: い くる ?-ら 

す) が 令: 快、 お しさうな と いって 腹 を さすつ 

!■ み-つ ? 3-.- み i 

て 近る と 水 あた リの^ 込の 留まった のが ある 

,v;p h.,^ やと-」 さ- いぐ., ょリ 

初手 は^い 男ば かリに 利いた が、 段々 老人に も 

p£ つち をん な "で にん i-Ji ほ 

及ぼして, 後に は: W 人の -i^ 入 もこれ で復 る、 復 

た .* -っナ ね : て J 12 さ; V: 

ら ぬまで も 苦痛 が #§ら ぐ、 极 太の 臌を 切って 出 

さ 二 がた た ひ- ■ *. ひ い し どの SV- まへ ヽ 

す さへ、 おびた 小刀で 引裂く はお 者 殿が K 前ぢゃ 

t でつ にん てん た-つ ひめい あ た. -め 

入 は 七顚八 倒して 悲 を 上げる のが、 娘が 

き せ たか B かた に、 S ね 

来て^ 屮 へ ぴ つた リと胸 を あて 、ほ を 押 へ て 居 

ると、 我慢が 出来る と い つた やうた わけで あつ 

たさ ラな 

し 》fi あ S- ふま; ?じ Z ! t く ,._;.5>,< 一:' 

一 彼の- の 前に ある 枇杷の 小:: 木へ^ 條が 

來 て 可 恐し い 大き な教 を かけた リ 

い し や ぅ1: で し やく *■ よく ,.: ふさつ V- 

すると, の. S 弟子で 藥: 15、 拭 除 も すれ 

そつ ザ」 いぼた け いも ほ ちん ところ しゃふ つと 

ば S 菜. の サナも 掘る、 近い 所 へ は 車 失 も 勤め 

げ なんけんたい (15 モク) ろ さ.,, 

た、 下男兼:^ホの^^藏とぃふ、 せ: 顷 二十 m 五 歳、 

一え さん たんし 3- リ べつ ま びん ぬす t 

稀 1 《酸に 舍利別 を- =.3 ぜ たの を; 政に 盜ん で、 內 

け み つ r れ ち. - ひさ 

が 齐水 M ぢゃ から a 附か る. V 叱られる、 之 を^ 引 

はん ,ビ i と * に. * -ミの ^ n-£ 

や と マ 所に 戸 柳 上に 载せ て^いて、 隙 さへ 



をと こ に Jjv- つ v- 

あれば ちび りくと 飲んで た 男が、 .Is 掎^ をす 

る レーい つて、 件の蜂の?2^を==^ジけた ッ け。 

-ん ん-. つし «■ き ぢ? っメ ちしろ 

緣俗 へ や; 一 つて 來て、 お 缠 樣 いこと をし て 

お に I おけ ませう、 ぎ. 疲で ござり ま 十が、 私の 

こ て n くだ けち なか つ f 

此の 手を搌 つて 下さ リ ますと、 彼の 蜂の 中へ 突 

込んで、 條を 摘んで せませ う。 お 手が 障った 

所だけは教^-しましても痛みませぬ、 竹 で引拂 

ばゥ ち からだ つ たか モれ 

いて は -;^方へ 散らばっ て體 中に 集られて は 夫 

は^げ ま せ ぬ 卽死 で ござ いますが と、 微; ゲ、 ん で 

ひ.,; 一- .0 リ n も-つ ゆ 

へる 手で 無 g へに 搌 つて 赏ひ、 つか/、、 と 行く 

す V?M むし 5 た * リ S お. V かへ ゥだリ て 

と、 t.i じい 蟲の め r 總て. 取って返した 左 の 乎 

んにち な、 や は 、 

に^?マ蚝が七ッ八ッ、 ばた きをす るの が ある 

あし i , たぶ 「か ? r ひ 3 は ひだ 

脚を报 ふの が ある 中には 据んだ 指の^へ 這 出 

して: Heio のがあった。 

あ かみさま て V- は 一-つに うど ま S 

5 あ、 那の祌 様の 手が れば If 砲 玉で も!^ る 

くも す ひで ci:,, ん ばつ 

まいと、 蜘蛛の?^ の やうに 評判が 八方 へ 。 

モ かんとく み 

其3"からぃ っとなく感i^したものとE^んて、 

し 5 い. A- か み t^AA お ま -- も 

仔糾ぁ つ て 、 那 の .o 痴 に 身 を 任せて 山に 籠って 

しんべ/ふ し ヤ f とし ふ したが じ つうじ ざい 

か ら は 神變 不思議、 年 を るに 從 うて 祌通 自在 

からだ おし あし 

ぢゃ、 はじめは 體を 押つ けたの が、 足ば かリと 

て は r- あ ひだ へだ ゐ 

たり, 手 さきとなり、 果は を 隔て 乂 居ても、 

; S を 迷うた 旅人 は 鏤樣が S ふま はッ とい ふ 

吸で する わ。 

おや J., I 一. ハレ ふ...?:.;,.. た !- ばつ s-J-.— s. f 

と 親 仁が 其 時 語って、 御お は、 の周阖 



さる み ひきみ £, y^p み 

で、 お を 見たら う、 蟇 を 見た、 りう、 蝙: g を た 

二 へ ^{んたズチ5さ** た L-; 「は みつ ft? 

であ、 りう、 ^も 蛇 も昝孃 に:.;^ 川の.^ を 浴び 

チ-c しゃう g から 

せられて ぶ にされ たる s^:! 

ュ 力 とさ ^ 5 -な T" き ** つ に 

あれ は 其時那 の; W 人が、 蟇に 絡、 りれ たの も、 

V- る た k .r 、ちり ナ n なか 

に 抱かれた Q も、 蝙. 1 に 吸 はれた の も * 夜屮 

ち V まフ や-つ へ-一二 ? ¥1 わし 

に魑 ® 一 魅 魎に麼 はれた の も、 思 ひ 出して、 私 は 

"し/、 ひね 43ー 

翁々 と 胸に 常った。 

なほ 親 仁の いふ やう。 

,v£ ?.! A 二. -ん ひで つばん た.^ I- ろ .. し *• 

今 Q cii も、 件の;^ 判の 高 か つ た SI、 者 

うち き, T4. ラに厶 そ ク-ろ ま -1 ども !., f くと つ ち、 お S- 

の S へ來 た.;^ 人、 其顷は 未だ 子价 r 朴 な 父親 

<;?!-, かみ 、* めに き S で 

が附添 ひ、 髮の 長い、 兄貴 が お ぶ つて 山から 出て 

き. > ちし if-J しふ はれ„3 そ ,^4 た-: i- 

來た。 脚に 難 11 た 腫物が あった、 其の 療治 を麒 

ん だので。 

ひと * かリう t- つ リラ 1,: 一 

1: より 一 室を惜 受けて、 逗§£ をして W つたが、 

なやみ ち, だいぶん 11: 

かほ どの 惱は 火事 ぢゃ、 血 も 大分に 出されば た 

、りぬ、 殊に 子供、 手 を 下す に は體に si 分 をつ け 

ま にち み つ た、 气し 

一」 からと、 先づ 一日に 三ッづ 卵 を 飲まして、 

き ^> か-つやぐ は お 

X 撒 休めに #藥 を 貼って 置く。 

そ かう S. く .-i. おや あに ま なやば 

其の 胥藥 を剝 がすに も 親 や 兄、 又 傍の もの-が 

Sh を 懸ける と、 堅くな つて 硬ば つたの が、 めリ 

めリと 肉に くッ ついて 取れる、 ひい、/ \ と 泣く 

. OTa r. i-. ま こら 

のぢ やが、 娘が 手 を かけて やれ ば^って 耐へ 

た 

たい し 4、 どつ C * 

1 體は is 者 殿、 ^^のっけゃぅがなくって身の 



1 56) 



ぉ-. ろへ た E^o みつ 

袞 をい ひ 立てに 一 n: 延ばしに したの ぢ やが 三 

*> た 、 あに クー -./. めい も-: 5* 2- 

日, 1 つと、 兄 を 歿して、 克叨な 父親 は 股引の 膝 

でず つて、 あと さが リに玄 開から 土 問へ、 草鞋 

M まなつち て じ な-つ:?. つ いのち 、一す 

を 穿 い て 乂 地に 乎 を ついて、 次. 男坊 の 生命の 抉 

i か < 

かリ まする やうに、 ねえ-/ \、 というて 山へ 歸 

つた。 

-a は.? - *5 か た 

其で もなかく 涉" 取らず、 七 nc も. 1^ つたので、 

あ 上 力 こ つきそ ^ ち- ら" ひ. 1- ち i- 51* りい. i 

後に 残つ て附添 つ て :iJ? た 兄 者 人 が、 ij 度 刈入 で 、 

一一 て i/- .3 一 :!- ジ てんき も 

此 は 手が ベ 木 も 欲し いほい-忙し い、 お 尺氣摸 

樣も 雨の やう、 長雨に でもたり ますと、 山 S に 

u« zwi ろ- 一に 

かけが へ Q ない、 が 腐って は、 餓死で ござ リ 

ュ sows わし -—t ん t- た-; '一-二- 

ます る、 總領の 私. は、 一番の 働 手、 かう して 

を こと:;: リ な 

は 居、 りれ ませぬ から、 と をい つて、 やれ 位 

くで ね えぞ、 とし んみ" 子讲 にい ひ 聞かせ て .^^ 

人 を? はいて 行った。 

S Z f リ モ C- 二き こ ちゃ- 〔さ i ち *• うめん まへ 

後 には子^ 一 人、 其 時が、 IX 長樣の 帳. 面前 

としむ ? C tiv- ち す どで つへ,, ^ 

年紀 六ッ、 親 六十で 兒が 二十なら 徵兵は お H 

,、に ま ちが と 1* け れんお そ 

こぼしと 何 を a 逾 へ た か Ef が 五 年 通う して 本 

ゥっ • . そだ S - 一と."」 

ぶ; a は 4 一、 それでも 奥山で 育 つ た から 村の 言葉 

ろく し り こ 5 -nil き. に 

も 碌 に は 知らぬ が、 怜悧な 生 れ で 聞 分が あ る か 

みつ た 1- 二】 r 

ら、 三ッづ \ あ ひか はらず ® 卵 を 吸 はせられ る 

* れ うぢ とま,: こ ち て 

汁 も、 今に 療: e の 時殘 、りず 血に なって 出る こと 

> 1め にじ S- な 

ヒ推 せして、 ベ そ を!! 一いても、 兄者が^!lくなと 

こん ^ - てろ - つち 

いはしった と、 耐 へて: w た 心の 內。 



むすめ なさけ -2= r£ g ん i ら しょ, -e 

IgtQ 情 で 内と 一 所に 膳 をお ベ て 食, を させ 

たく-,.., ノ- き」 す ゥ に ろ ri.- こ 

ると, の 切 をく はへ て 隅の 方へ 引 込む いぢ 

らし さ。 

いよい あす し S 二 i -2; わ し-つ 

彌ょ 明日が 手術よ いふ 夜 は、 皆寢靜 まって か 

ら、 しくく 蚊の や-つに 位いて るの を、 手水 

お み ふ び ん « ね 

に 起きた 娘が 見つけて あま リ 不便 さに 抱いて 痕 

て やった。 

れつち れい -£ むすめ 5 しろ , ど 

さ て ^^:治 となると 例 の 如く 娘が 背後から 抱 い 

て 居た から 脂 汁 を しな が、 し 切; i も が 入 る 

かんしん 二ら ど こ き 

の を、 感心に ぢ つと 耐 へたのに、 何 處を切 違へ 

たか、 それから 流れ出した 血が 留まらず、 見る 

み 20 いろ か は あぶな 

見る 內に 色が變 つて、 ^yくなったc 

い し! S- § i 0. かみ たす でつ や 

gjS 者 も K 尸 〔く なって、 騷ぃ だ が、 神の 扶け か漸 

いんち とリと みっか ち 

う 生命 は 取 留ま リ, 三日ば か リで血 もお ま つた 

た-つ £. つ こし ,^ 1 .rw.:? 

が、 到頭 腰が 拔 けた、 固よ リ 不具。 

一- れ あし み たさけ か ほ 

之が 引 招つ こ, 足 を ながら 愦 な さう な 效 を 

f'''r し るし くち :11 な 

す る 、 蟀が挚 が れた脚 を 口に 銜 へて 泣く の を 

見る やう、 口 も あてられ たもので はない。 

■ たき だ ぐ わい ぶん すこじ^ 

しま ひに は 泣 出す と、 外聞 も ぁリ、 少 焦で、 

や ■ V A るろ かほ _, -ら 

者 は 可 恐し い 額 をして 睨みつ ける と、 あはれ 

が つ て 抱き あげる 娘? 胸に 欲 を かくし-て 鎚る狀 

に、 年來隨 分と 人 を 手に かけた S 者 も 我を折つ 

て^ 糾 をして、 はッ とい ふ??. Br 

5 -A て、 お 8- .fif いん- <•■*-, リ 

糖て 父親が 迎に ござった、 因果と 斷念 めて、 



べつ . ふ i: ,に-てこ .-も ひ *.<! て- 

別に 不足 はい は たんだ が、 何 か 小兒が 娘 Q 手 を 

れ ようとい は ぬので. 醤. 者 も 章" f 旁、 

お に こ i つ そ こ ? C 55 

親 兄の 心 をた だめる ため、 其處で 娘 に 小兒を 

?. - お. V- 

家まで 送らせる ことにした" 

おく き ひ とつ! -- 

や」 つて 來 たのが 孤 家で。 

じ ぶん こ さつ うちこ 

其 時 か はま だ 一個の 莊、 { かも 小 二十 軒あった 

むすめ さ にち つか ト1-っ.^5 

のが、 IT か來て 一 日 二 口、 つ いほ だされて 逗留 

いつか め a«s i= だ $ < つ -<,r- 

した 五: から 大雨が 降 出した。 瀧 を 覆す や 

*V V ,t - つち た ,ぺ ん. ぐみ つ. 

うで 小欲 もな く 家に 居ながら ijC 蓑 笠で 凌 いだ 

t らゐ かやぶ き Ir ろ さ 一-;。, お、; -匸 

位、 茅 葺の縫 ひ をす る こと は^ 置いて、 表の 

と 50 -20 とた 0- どうし 

戸 も あけ ら れず、 内 か ら內、 隣 同士、 おうく 

'£ ^ わ ブ、< ま ひ i!..-.-s よ つ , 

と?^ を かけ 合って 緣に 未だ 人種の 世に 盡 きぬ の 

し 7 か «-Tn/. あ-; なか --、 つ 

を 知る ばか リ, ベ 日 を 八 百年と 雨の 屮に 籠る と 

め ま よ た.. -. 21 か « ふきだ モ か" y い まさ 

九 R: a の 腐,; 仪屮 か 大 は が 次 出して 其^め .^ 

,- r んぐ A 一 ころ へ: 二 ま どろ-つみ 

こ 乂 が^と いふ 鹿で 忽 ち 泥海、" 

Z こう -ナ-ts いき f! こ ふ ) VI-I りれ め こ 

此の 洪水で 生殘 つたの は、 不5:;^!|にも娘と小 

lAr? そ i- -VOM ラ レ と- ^ こ おや v- 

兒と 其に 其 時 村から 供 をした 此の 親 仁ば かリ 

...f たじ ちつ ^ し IJ- .2 & しにた 

同一 水で 爵 者の 內も死 絡え た、 されば かやう 

び 5M くに よ い 

な类 女が 片 W 舍に 生れた の も國が 世が はリ、 代 

さんて-つ と ち い つ た 

がはリ の 前兆で あらら と、 土地の もの は 言ひ傳 

へ た。 

V でつ さま かへ い: よ た >.. ひとり > -に 

嬢樣 は^るに 家な く、 世に 唯一 人と なって 小 

ビ,? ,》 め ねま >-r r はう み > 一 .i* 

兒と 一 所に 山に まった の は 御坊が 兑- りる 、通 

tli た あ ぼ か ゆきと!. せわ み 

り、 又!^ の 白痴に つきそって 行; いた 世^も 



(\ 57 



とほ O つ-;. -Q s わん 

、りる、 迎リ、 洪水の 時から 十三 ギ、 いまになる 

まで 一 ,i も か はリ はな い。 A 

は おや サ SM7 み fro ほく. ゾ .?•, 

とい ひ 果て 、親;: は乂 味の 惡ぃ北 3<^。 

か う: tM V. ャ v.-ii ひん 

(6 ケ.' .^ の 上を^^し た ら、 艇 樣を 不便が つ て、 

薪 を 折ったり 水 を 汲む 手助けで もして やりたい 

な," ん- ../-o^ ャ? ij 、ろ;、 か *: ん ひ 

と、 情が 懸、 しう". 不來の 好 心、 15- 加诚 な^ 悲ぢゃ 

な さけ た .-^xyf か,、 

と か、: ぢゃ とか いふ 名に つけて、 一 山 へ リ 

たかんべ い、 はて 拾 かっしゃい。 彼の 白痴 殿の 

によ.^ ばつ よ <K め かにり » 

乂 おにな つて の 巾へ は H もやらぬ 換 にゃあ、 

5* にょい じ ざい やと こ ビ ぷ いさ 

娘樣は如^:ぉ自在、 男 はよ リ 取って、 鲍 けば、 息 

け の と そ 二う す. い 二 -^. .^ 

を かけて にす る わ、 殊に 其の 洪水 以來、 山 を it 

たが レ てんた-"?;. さつ やと こ 31-1 な あや 

つたこの 流 は 灭造樣 がお 授けの、 男 を 誘 ふ 怪し 

みづ いめち と , 

の 水、 や 命 を 取られぬ もの はない のぢ や。 

てんぐ だ つ れつ く たう かみ み; -! いろ あ を 

天狗造にも:ニ熱の?:^!^、 ^が 亂れ、 ^が 蒼 ざ 

むは 5 て あし @J たに;.; よ ぶ もと 

め、 胸が 瘦 せて 手足が 細れば、 ハ介川 を 浴びる と舊 

》 リ》 >-.,x み-つ た 宁ね い -? a 

の? g " 其 こ そ 水が 鬼る ばか リ、 招けば きた iwi 

も來 る、 脫 めば し い 木の.!^. P 一: S つ る、 袖 を 観せ 

-? A ふ > ケ S ひふ かビ ふ 

ば.. g も^るな リ、 ほ を 開けば 風 も 吹く ぞょ。 

しか い. つつん Hi た わか 4 'き 

然もう まれつ きの 色好み、 殊に 义 おいの が 好 

なに ご > ぅ 一一: ilc と 

ぢ やで、 何 か 御坊に いうた であらう が、 其 を赏 

と-る *5 が や; く r つ u-> うご 

とした 處で轆 て 飽かれ ると m. が出來 る、 が 動 

fv. >た ち 《 ^$ へん 

,、 、 かの びる、 忽ち 形が 變 ず るば かリぢ V 

いや 継て、 此の 舰を料 して、 大 胡^で 飲む 

ど, +* しん す.. i 力 み 

時の 魔 祌の姿 が 見せた いな。 



まう めん .? はや ここの たす 

妄デは 起さずに cj. う 此處を 退かつ しゃい、 助 

ふ し タ I つやつ さ *> べつ たさけ 

けられた が 不思議な 位、 孃樣 別してのお 情ぢ 

5 のち ?^, ^ わか . 々. つ し や. 5 

やわ、 .iji 命 K 加な、 お 若い の、 屹と 修行 を さ 

« や-. I ひと 亡 たか た- おや V 

つし ゃリ ませ-) と义ー ッ背巾 を 叩 いた、 親 仁 は 

严ー ひ う- みむ ? V- か々 

鲤を投げたま >-:u^问きもしな いで、 山路 を 上の 

9- つ。 

ガ。 

み おく- ち ひ ざ お ほ si 5 しろ 

0- 送る と 小さくな つて、 一 座の 大山の 背後へ 

-パ ^ふら ひつり や ^6 

かくれた と S ふと、 油 旱 の燒 ける やうな ゆ A に、 

そ ま いた き く- で たさ 

其の 山の に 1: か. り、 十く. /(\とぉ が 出た、 Si3 

おと しつ いん^ .け い つ 5* さ 

昔 も まる ばかり S 々として 常 の »:。 

もぬ たゐ わし た ひ み 

藩拔 けの やうに 立って 居た, が 魂 は 身に 

もど ュ- な..! やぶ ひと cltj 一一 

Is- つた、 其方 を^むと 齊 しく、 杖 を かい 込み、 

を ^1 か. rh -^t- す かへ あわた 5* VJ ん か 

小 笠 を 傾け、 踵 を 返す と慌 しく 一散に^ け 

お さとつ じ ー^ん あま ^ん どち お 5- ぢ 

下" たが、 ffl に^いた 時へ 刀に 山 は 驟雨、 親 仁が 

をん な もた I ひ い ひと リ «- つ 

婦人に 13 らした 舰 もこの ため に^きて 孤 家に 着 

-,- も お ほ トめ.:^^ 

いた、 りうと 思 ふ 大雨で あつ た。」 

か-つ- 4> n,. リニ ちへ べつ ち5 

高 野 s_f は 此の ことにつ いて、 敢て 別に 註して 

でしへ あで よくて うた "と わか せつ 

敎を與 へ はしなかった が、 翌朝^^を分って、 雪 

ちう 4* 二」 え な ごリを み おく 

巾 山 越に か、 るの を 名残 しく 見送る と、 ち 

S ふ し だい たか さか. みち のぼ 

らちら と 雪の 降るな か を 次, 第に 高く 坂道 を 上る. 

つじり ナノ、. た , ^たか <b .^ ゆ み 

犁の 姿、 恰も 雲に 駕 して 行く やうに 见 えたの 

である。 



ま めい げっ 

豆 名 月 

いま . Cn: ザ- ん .t*; し 5S つ .rww- ん 

今 か 、り ざ つと 十 ご : 一; 年 前、 私 が大; 町 に 居た 

—二 ぶん ち C- うど *.r ゥ ヶゎっ や ばん つ * 一 

時^ こと、 丁度 i- の 九お 十: 一; 夜の^の H 

がよくって、 tsuruffi 枞 の や: 一く 塗 つた やつが、 

を 置 い た や -っ に 見える。 通リに 足駄の 昏が 

たか い - よ- 一 "らま り 

高く きこえて、 家へ 见ぇ られ たのが 橫. ii- 町の 

せ, ふ <1 な;.; はぶん. 0. てん ; HJB- たれ レーも 

先 ルと拘 川せ 葉..;;^、 もラ 一 人!^ か ^,<ぉ ^を L 

ま おも だ 3 そ is 4_, ノ. せい 

て來 たが、 思 ひ 出せない。 其の 時に、 が 

.ZU はんし たは;; 1 V-J 

傍の 牛 紙へ かう いふ 戯れ 書 をな すった 

雨 の^れた る を 嬉しく 二三 子と 浮かれ 

で SS: つか t た. - 

出て 大^の 門 を 叩く。 . 

<s たま ふさ ほ - , や, 

め その 玉の 傘 千す 十三夜 

ぺっ . あいさつ , * もよ -., 、一-.,; * . 〔-- に . - 

別にお 愛 もない ので、 近所から|2;^1;カ何か 

取って もてなした。 そこで; 5^ が もてなし r?? を 

出して 句 を 詠んだ が、 ?, お,. だう まくない。 

くわ じ やめ ま: <.• めい:: つ k . 

冠, 布 召して 一:?; 名月 のおん ひろ ひ 

Ls んぇ ふくん わき よ ほど 

すると ^;^葉君が脇を つけた。 こいつが^ 程 

うまい。 

これ は此 あたりに すめる 蟲の卺 

先 あの 十三夜の 句 は 句集に も 載つ てんな V と 

E3 ぶ。 — 38 花 全集 卷 十五 一 飛 花 港 #0 より 



C I 58) 



(.72 Bu fill 



C 1 50; 



女 仙 前記 



. 一 

か J ゆ *., fzj ホき > 

「!^;ぢゃ、 S ぢゃ、 本? Is® ぢゃ。 一 

tslw- か i へ だ" V-S- くみ a んな i,--!- き もて は ^ ^-^ 

と 呼聲。 前垂の 茶 汲 女が、 預 の 立場で 旅 

fr; A てな い つた は お ま > 3a か!; かみ 

や ふ を ij;: 遇すと 謂ひ银 へた、 湯の 山が か 川上 

なし ぞら み ヒリ しゅ ひ ど は, よ 二ケち 

の 巾 f へ 山に、 綠の 朱の 揞に 人った 横雲の やうに 

A ャん, .V;.... は キーし S こ な.: か § 

D^んる、 後 朝 川の 3;i に 沿 ひ、 此の 川に 架ける 朝 

W ばし ft.i え ひき C^A - -.. つ ふ ゆ ま 

六ッ 梳の袂 に」 お の^を 少し 下った SM^ な 夕陽 

む > ャ うり -../(. *- め; - し, つか 

に 向って、 草履 穿で 徐々 と、 步 くの が靜 である 

?., -T-y た み-よ た n る ,s^ げ 

から、 砂埃 も 立てず、 い 流 なれば、 蜜 も 影の 

さ み B 、,; る ひ 4 1、 

映す ばか リ、 に はつ れを はぎ 合せた 古 衣 

すと .ノ た 

こそ 絡-つたれ、 形 は あざやかに 



ォ"。 



Z す.: たひ ひさ い ^ん くわく い-つり » 

此の はは 久しい 以前、 ー廍の 遊里であった、 

* や,., ひ な うき かけらけ となへ 

後 朝、 朝六ッ などい ふ 名 は、 蓋し 浮 川 竹の 稱で 

- な ごり ん 1.- しら しゅ うるし 1 らん 

あらう, 名残に 一 .H ^. に 朱の >ぉ を 用ゐ、 欄 

.6 ん か ^ か はら * ん? かい 5、 

干 も. く: _f つた、 こ はれ, f の、 瓦^の 二^家 

カオ-ち ナみ .;: ひしげ くさ たか A ほ 

が あるが、 明 地の 隅に 生 茂った、 草に 半ば 蔽は 

ほごん V: ち. れ かにち 

れて、 11? ど 立 腐 とい ふ 形" 

迎 過き ると 傍 に 姿 Q 良い 一 t 



iins の 



¥i な .af は、 を卷 いて、 II 子 を あけて、 桁に 



R; を かけて、 校に は 雪 をの そ 一」" 風 iti を した 

おも ね V-S う うへ みォ 

らうと 思 はる.、、 极の 一 丈ば かり 上から、 幹が 

VJ ン ふた V.. み ャ- ほ わ. », たて ,リ r>„.,- リ 

^と ニッに 分れて、 右 は 遠山 を縱に 切り、 左 は 

な パル- た、 た も?. 1 し むか ャ〕 さむ にし で:^ 

流 を 斜めに 截っ、 間から、 向う に 朝六ッ 橋を眺 

ところ ち っぞ さぜ あが たり 

むる 處、 路 はたらく と 爪先 上リ 也。 

^き 5 き ー广ぇ*《 

「雪 や、 雪 や、 本場 ぢ やく。」 

こ- n つ, JH» まつ たか C ぽ たちみ 

心棒 松の 半ば あたりまで、 上る と、 立身の 

ちし n た ヌ> -»i V 、め した ヒ£ 

ま 、足 を S し 得さうな!: は、 1?:::! の 下に 遠ざか 

-{ ち i て .k いし; i き ひと 

つて、 ,おは 狭く、 手の 觸る、 ばかりに 石垣の 一 

か へ 

構。 

「あ 塘の &f ちゃ、 あ、、 雪 や、 S や。. 一 

よ つた » -! か き B c? 

と 呼びながら 傳 うて 行く、 此の 坦、 長く 綾き、 

たか そ ひ PSJ いしこ いし あけ め さ 一め み め 

高く 聳えて、 大石 小石の 合せ U 堅く、 綱り 目に 

< さ, かした まつ よは ひ i • M. にむ 

組んだ るが, 下の 松 と^を 共に する か、 蒸 

ニグ つ かほ さき の は,; 

し 、 14. 茂 つ て、 街と の 前へ 伸びた のに は 花 さ 

* ^ こたた キ| し S 

へ 持って 居る のが ある、 此方の 岸の 高くなる に 

したが ぎし み ひ,. 

從 うて、 向う 岸 は 見る く ® くなる Q であるか 

ら、 日 は 一 杯に 照し、 光線 斜めに、 赫と色 づき、 

かぜ c>c よ あた くさ さ か-丁 >-r 

風 も 快 く當 つて、 つき 草の い i< きさうな 影 も §s 

. Z . じ わう へき IT ち す ひと さか リ 

めぬ. は、 かた,^ 此の 城壁の に 住む 人の 盛 



おち 

の ほど も 思 ひやら る V C 

*a ちゃんし な-; ゆる おうか „,--:>> こ -ノ」 ひレ かき あ ひ V.- 

勿論 布 内 唯一 の 豪家の 溺 手で、 川と 石: Sf の 間 

CAS け *0 か あさひ わた ち.? つく 

の徑 も、 一家の 者の 彼の 朝 六ッを 渡る 近 ill に 造 

くらん ひと. olip 

、りれ た 位の もの、 人 通と いって はない の! r 

ォ寄 P またな 4- 

あきうどの 雪賣 よ、 あきな ひ をす るに 又 何故 こ 

と- 一ろ とテ 

んな處 を 通る。 

めき ^ き 

「雪 や、 雪 や、」 

と 首 ふ It 弱る まで、 老いた る もの は、 然も 草 

W や-つす .31 まま. が > どて. 

臥れ た樣 子で、 たらく を 今上 リ 切った 土手 

の 草の 上へ、 肩 を ふり かへ て 荷 を 下した、 蒸笹 

は £き つ、 ハ0 ろ 玄 たに 

の 葉に 雪 を 包んで、 筵で 卷 いて、 繩 からげ にし 

か t に て,, ひん 

たの を 片 荷、 こなたへ おも をつ けて、 -rKlit で 

かつ S と ち ふう tv< 

擔 いで 居る の は、 土 地の 風俗で、 あらためてい 

ふまで もない 永 a! である。 - 

ク." か I. ゆ $ いた 5- き K ん&, 广ら 

根 返る と、 滑の 山 は、 顶 を 一 本 松の 柏に 並 

一て, -; なか か f に V とみ つ-つ 

ベて、 さら- (-と 其 ii: を、 川幅 I に^く、 こ、 

$ こ にん う しゴ から ち 

に 町の 兒の七 八 人、 浮い つ 沈みつ、 溺み合 ひ、 

上に なり、 下にな り、 泳ぎ 戯れて 2W るの が あつ 

ゆ-" どち ふ い おモ » ? li しぶ ひ. * 

た、 夕立が 不意に 翁 ふと、 湯の ぽを 絞って、 一 

さ、 へ だくり-つ みた i. 一 いま じ *t ム. * は 

支 もなく^ 流 を涨ら すので あるから、 今時す 3i 

じ まん て どし 

r の は、 いづれ も 自慢の 手練ば か"。 



二 



こどち ト i 一 と ビ ふ.? £^ ザし f た ** 

兒 等が、 帶を 解いて 置く 蛇 籠 なる 柳 




もと みづ しらめの ひる. かへ をん な ふた, せん 

の 下に、 水 は. R 布 を 挑 して、 婦人が 二人、 洗 

たく よねん はし した Y つ <6 -ーま 

濯に 餘 おなさ >- う、 橋の 下に は 馬丁の 黑ぃ駒 を 

洗 ふの が 居た。 流 は」 仅服を 浸す ばか リ、 て 深 

.? た そ-; いし つや." す 

いほ どで はない が、 水 -K の 石 は ,15! かに 透かされ 

て --、 然 までに は淺 くない。 

はし うへ ひ. M どば o- 

橋の 上 はちら ほ、 りと 人?^。 

そ 一一 ゆ ふ ひ い. つ ?な ゲ- いろ ジとキ-は"? & きん 

其虚も 夕陽に 色づ いて、 柳の 色 は 一 蒼く、 衣 

やん な /ズノ." み -- た- 1-* ず しぶき ナ 

あら ふ 婦人の mi 髮に 滴る 末の も 涼し い。 

ホ A- や *, よと 

一 や? 1嵐 さん、 一寸。」 

I あ、」 

«- Ji ふ い ふう ふ リ か f 

後から 呼ばれて 不意 だとい ふ 風で、 振 返る 

と十べ丸^:^!龍な女、 

r ノ J ざ ら つ せえ、 なん 一は ほ ど 進 ぜ ま す 、 」 と 腰. を 

^ U は As き 一に ひしろ 一. - むすめ かほ 

捻って、 早 や- S を 包んだ 筵に 手 を かけ、 女の 額 

を K し さう に 見上げた C 

オす <S ち-つ; 一た .5 がた し. orlv- あ J. じ^ぼん £=--15, 一- たい 

女 は 中形の 浴衣に 白 麻の 汗 被 it、 襟 細く、 大 

け f; ま づ I,":.- み ふぅぞく 

家の小問使と:u^んる風俗、 ものい ひも しとやか 

"、え * き キ I どく 

1 否、 雪 ぢゃぁ ござんせ ぬ、 お 哀、; 5ぷ§ さまです 

ちょ:; とみ くだ うリち な 1> つ 

が、 一 寸! 5} せて 下さ いな、 一 と A 物で は 無 いかの、 

ひ £ たか 5.レ!? ぞ 

i 一 ッの 笊の 屮を いて、 

i お -、」 と いひながら らし い:: zrtgrh つて、 

遙に石 坩の上 を 仰いだ が、 

つく ほ) と 产ー はク ふきや 5 5 ざ 

一 臭 さ ま は 眞 個 にお:! 3 が! Ef- い よ " さ ん、 鬼 



ザ 1 る AJS 4 き, f3 また?' か.、 

ねえ、 これ、」 と 笊に 指 を さして 雪 賣を乂 y! 返る。 

KS-W しわ かほ *s た. - 

親 仁は鈹 だらけの 新に 笑 を 3^ へ、 

一鬼 ぢゃ、 兎ぢ や、 何 處で兑 て ござった。」 

S き むしろ ゴ卜ゥ ふ ひ わけ ざる なか じつ SJ 

雪の 筵 包 と 振 分の、 笊? - 中には、 货に 一 尾 

Z 5 さ? ん ** る かしこま S ふら ふ 

の 小 鬼が 居て、 圆く 畏 つて 候。 

8 はらが み、 ふた B *< ん, J,; ひとす V- くろけ 

柔 な 耳 はふ ッとニ ッ 長く、 仝 身 一 ;g の&: 一毛 

まじ まっしろ S き た 

を 交 へ ず, 白で: 客の やう、 いた いけな 姿 かな、 

£•5 る 夏の 日に 照され ては耐 へず 消える であらう 

ni^ ちゃ .5 ど てん; ュん y し つる ふたす V- 

と 思 ふに、 丁度、 天秤の 端に 吊して ある ニ條の 

ュ>ー-なは {. つ、 .:.. なじ :-っ:に ひとた",.. «ジ 

細飙 に、 雪 を 包む のと 同一、 煎桩を 一束 つけ、 

お ぼ; メ -:v 一 は ど ん -i M 

覆 ,しゃう にして、 鬼の 肌 を 庇う て あ つ た 、 綠 ふ 

51 いろ 4 ど け つや 、に. -ま - ニンく 

; の 色 を 宿して、 毛 fsl は 彌. % しに itfK しい. つで、 

下に 一 いた まぜ./,, Q 林 t、 見る も。 \i に は 

とも 扮ふ ばか リ である" 

女に つ く, ^\ 眺めて はたが、 

,r まあ。 可愛 いね -、 J 

更 めて、 

- -ぃ ん、 此の 兎は資 るの ぢゃ ああ リ ません 

仁 は 大抨を 前に ん だな リ、 

一 いん や、 資^で は ござ" ませぬ。」 

「おや f 、一 

ま * ク、 \ ,一一 i ば 

I が、 t;: た つ せえ よ、 お! ii; 樣が 欲し い か。 一 

い v-t おく 

一 否、 奥 さま が j 



? 2 こ ? 

「奧 さまが? 何 虚の禽 さまでの。」 

,こ やしき こ ま ザ. a ひ ふた.' ふ 5 あ ふ 

「此のお 邸の、」 といって、 小間使 は 再び 担 仰 

いしがき -Ic: あ たジ くさ か りと 

ぐ、 石お も此邊 は残リ なく 草が 刈. 取られて、 

うへ チリ き ね か は かた 

上に は 松の 樹が极 を そろへ、 いづれ も 川の 方に 

-VW! は SMWV さか « ここ 

枝 を さして、 葉の 彌榮 えに 荣 える 間に、 此處、 

かしこ ,ら かべ も み む し クまビ ふた _* 

彼虑、 白^^^が^れて、 えて、 武者 窓が ニッ三 

ッ C 

*「 ャこ ご らん V ひ 一-一い 

「あれ、 彼廬 から 御覺 なすつ たんです よ。 小兒 

キ- かた. S 'る ** よ それ 

のが、 とんぼ を:? つた リ、 肩車で 泳いだ リ、 其 

の e わたしたち とほ 

を说 い てお-り つし や つ た ,) が、 私 ^^,」は遠く つ て 

おも つ か な い ふ に、 i うし て 、 お n にんった ,リ 

で . 一 W さ ん せう、 まあ、 」 

三 

一 は あ、 其の 方が お望みで、」 

一お 賣リ のなら 買 ひたし、 然 うでな くっても、 

何う にかして 譲って 欲しい と 仰 有い ま t わ、 

個に んで おらつ しゃ るんだ がね え、 不 r=r いん 

C ん It ろ 

です か、 一と 懇 である。 

おや ドノ -ー かたた -.. パ\ SVJf -;. う 

親 仁 は 小. kill を 傾 けて、 お: ノ へ ながら 兎 Q 方 を 

み S 

見遣った が、 

一 いや、 今 も いふ 迎リ、 こ リゃ賣 物で ない のぢゃ 

しな よ しん 

が、 品に 寄って は、 は あ、 SIT せます めえ もので t 

た いが、 ちょ つくらと は い きまし ねえて ね。 一 



(1 60j 



m b"j ftii な' 




一 其處を 何-つに かして、 ねえ。. I 一 

lf、 また 別に 難ケ しい ことで も.;: えて、 一 

ユ- ひと み d い し /- .. 

其の 人を兑 て、 :1? に 入った、 り sir せませ う、 あね 

「JV か 1-V ま 4 ちょいと .0 ム. * 一 

さん 、 望まつ しゃる ぉ方槺 に 、 一 寸ぉ H に 懸リ. j 

ませ-つ か い。」 

一お ::;_」、 ,af さまに、 I 

一 誰でも, 5- え わさ、 .} ^ぢ や、 、- fs! を 欲しい とい ふ, 

ひよ おちつき かほい ろ - 

人: つや。; と 落着 き つ た 額 色 " 

4? 

; それ は、 さ つ き から い ふ や -っ に. 奥 さまなん だ. 

けれ!' 一 も、 はてな、. 一 

し し 1- さた し あん あた 

使者 は 一 在の 思案に 能 はず 

ひと つ キ- 

1 まあ、 一 番聞 いて る ことにいた しませう、」 , 

一 されば 間いて さ つ せえ、」 と 1.^ ぅリ はいかに _ 

も SS す 一 

fA 、れぢ や あれえ、 御苦勞 です が、 :, 所に とも 一 

かく も彼虔 まで 來て 下さいな、 え X、 あの 裏口. 

まで、」 1 

わ 十 J 

ー{i^ぃことぢゃ、」 A 

1 それで は ご 一 

I. か., 1 -- « ひ- K, ズ 一 

タ暮 は^く 川づ、 り を 籠め たリ、 瀨は 紅って; 

あ .ふ t£ さら ,.<K リ ま< リ 41 つ ふう tj,-! _ 

白く、 湯の 山 は 更に 綠を せして、 涼風 來リ、 -, 

Z ま 1- ん. - J.i へ ち i t> つ. .-ち £ 一 

小 間 使 の S 準 衣 の 袂は八 口の あたり から、 向う. 一 

t かた さつ たび 一 

て 行く 方に 逆に かいた。 

教 .I- は 荷 を-つむと 捧げ、 蚊 IS をり なリ に、 呼 



吸 を 入れ る" 

「氣 をつ けて お いでな さ いよ、 道が せま いか、 り 

危な-つ ござん 十,。」 

Z ま づかひ :ん 

「 あいく、 」 と 小間使 に つ い て た 、り /\ と、 今 

2 て つ :!;- い わち .,,.- き ?.. しろ ««■ ベい 

度は榻 手の 耍害、 が逮 ひ、 .::; の練叛 になつ 

て nw るが、 水 を隔っ こと-一: に 不足、 未だ 二三 

にん., ベ よ て 0! .-i よ ヒ て 

人 徠ぎ手 は 残って、 攀ぢれ ば 攀ぢれ る 堤 sT だけ 

i -ー, こ *s (い ふる 

れ ども、 餘リ此 處には 上、 りぬ らしく、 ^は 古い 

が、 落がきの ぁとも:3^んぬ。 

(い t-w- * ち so じけい し キ- ,|ェ こ « づ かひ 

稱の屮 ほど, 丁字形に! 切った 其が 小間使 

み vt*- な I- け うらぐち い wi で -fn こ こ 

の 導いた 常 家の 裏口で、 今 出て 来たの も 此虔か 

ぁか^*ね いた はリっ 

ら であらう、 銅 Q 板で 張. 詰めた、 あけたてに 

づ しんとい ふ、 厳しい^ s: な: 枚戶 は、 .fi- へ 

^.か ひ 

半ば 引 いたま. -." 

卞身 を! A せて 一人、 銀杏 返しの 年上な のが、 

にし;.' 4!i か 4; た す • - 

西日 は あたる が、 .E の 渡る の を 谅し さ う に 、 

立 つて 居た。 

かま 二う 

^!?構へ た 風で、 

みよ * ど こ r*5 か 

「お 已 代さん 何う して、」 と聲を 懸ける と、 お 

し し ク ジと^ し こ きざみ か め 

使者 は 一 足さき へ 小 刻に 蹶け拔 けて、 

一 あのね、」 

一 何て つたの、」 

i 買物: ちゃ あないん です とさ、」 

「不可い の、」 



そ a 

一 其で ね、 一 

と 一ず はう とす る を、 押 被せて、 

「ぉ錢 を 遣る と い や-あ, k- いぢ や あた い か。」 

- ^ ど かわ -Jf 

r お聞きな さ いよ、 何-つ. してお 全なん か 欲し さ 

うな^も しません もつ を、 そしてれ、 何ん な 方 

だかお: H にか、 つて、 氣 に;^ れ ばた. V くれ る と 

さ。」 

「た i^、 た 1^ は 牙い けれど、 お HI に懸リ たいは 

-リ丄 く; f- なん 4W- ^* 

S ぢゃ あない か、 何 だと 思つ 一; 一 る だ り う 、 :W う 

リ なん ぞ が 何う し て お前、 一 と !^!!を丸くす る ^ 

へ、 ひよ ッ こ リと來 て、 

ど 0. つ だん で き 

一 何う おやの、 相談 は 出來 た か、」 

「あ \ 今ね、 伺 はう とい ふ 鬼です。」 

,?, や ひ なが ま! / 

「. おくさつ せえ、 いや H は .A ズぃ义 ゆっくり とや 

らっ せえ、」 

it ほぐち ち 

, 大口 を 開いて、 

一-は、、 .H \1 、 」 . 

四 

ぢ $x む とん ぢ 1 く t せじつ け 

仁 が餘リ の 無頓 着 さ 、 恁 るお 世辭 氣 Q な 

し 5 じん る : わつ い 5 C 

に は、 主人の 威光で 今までに つ ひぞ出 あは 

としま ぢ vfM,- し.^ く ビは , わか :" か-; 

ぬ、 ^^0 女中 は 瘤 だとい ふ 散で 若い のに 入 交 

リゝ 

「 お い 爺 さ ん、 何も 玉 や 黃金で 措 へた もの ぢゃ 



(16 1) 



(1 62 ン 



^ *j こ, tv*** き し 

あ I 一し、 何. Kl から 捕へ て 1^ たんだ か 知らないけ 

.*> つたい お よ 

れど、 そんなに 勿慷 をつ ける に は 及ばな いぢ や 

あな い かね。」 

ぬう と 立ちはだかって: W た蓄資 は、 荷 を擔ぃ 

5tJ -ま r!- つ む 

たま. 1 ぐる リと 廻って、 ij- 松 。方に, ;!: きか は つ 

て、 

わし - つ- l.JW わし も II C Jt ば リニ 

「私が 兎 を 私が 持つ て 、 此虚 をず いと 通 越し 

てし まへば、 別た こと はぁリ ましね えてね。 高 

ぇ虔 から: :3- つけさつ せえ たと や、 レで、 これ、 譲 

つて くんろ とせ; 方で 言 はっしゃる について、 も 

た i >- ね 

のか はた カリました さ、 玉ぢ やろ が 黄金ち やろ 

つち こせ *t 一し ゆう 

が はて 土で 持え たもの ぢゃ ろが、 又 生の もの 

, めえ たに かま 

ち や る が、 お 前 さ ま が 何も つて くれさつ しゃ 

る 奉 あねえ だ。」 

「. . 、 tLS み よ .》も て 

- たが さ.」 と い つ たばかリで年^?は巳代と面を 

nxc す。 

</" ゎ丄 » おひ SJ 

「JS 'と? か:, ふこと が 理合ぢ やらう がの、 何う 

. , たちみ あ!.., 

で がす。」 と 立身 上リ になる。 

1 まあ、 そ リゃ然 うだ けれど、 何もお 前。」 

「いんえ、 原 か、 り賣物 でれ えこと は斷 つて ある 

. 、き. い, ひ 上 A-ir 

た ハポに 入った 人に なら;^ ーぜ ましよ がの、 鬼 を 

欲しい とい はっしゃ るの は、 婶ぇぢ や ああん め 

えれ、 一とせ t 資は: J 代を兑 返つ て、 

「の、 私 其ん 人 を ts- たいとい つた 本人よ、 奥 I 



— —B— m—f— ■— -誦— l—BTIrl ! , : » 

ぢゃ とかい はっしった、 え、? これが 义 其の 

ひと ち 一 > はな. J 

人なら、 は あお こ ともねえ 話 だ。」 

と を 寄せて _w 笑。 

一 一 ひと 

「此の 人ぢ や ああり ま せ ん と も。」 

と. しま め まる 

华 5" は H を^う して、 

f お:: J 代さん、 何. も (とも) と 力 をん れて いふに 

わたし おく 

は あたりません、 いつ 私が, 奥 さま だと いひ まし 

ど *T たし ilv.- ちう -711 

た、 はい 何う せ 私 は 女 巾に 小 • れつい たんで ご 

ざ いますよ。. 一と 大きにむ くれる。 

「 あれ、 何です ね、」 

SS-V- た r だん/,、 

親 仁 は 唯に やりく、 雪と いふ もの は 段々 

tr おも た い ,-5 

解ける ものと も 思 はぬ らしく、 泰悠な もので あ 

る 

たに ちょ!; とうん !《 さ 

「何しろ 一 寸; 1; つ て來 ませう や、」 

「あらためて 聞く まで もな いでせ うよ。」 

「なぜです。」 

■ に はぐち S 

「だって さ、 こん な 者 を お 口から 入 れられ る 

わ;!" おく なん まへ ち 

諍ぢゃ あなし、 奧 さまが、 何でお 前お 逢 ひな さ 

き, づ ...J し で き 3- つ だん 

る氣逍 はぁリ はしない もの、 出來 ない 相談 ぢゃ 

あな い か、 ねえ 浙 さん、. 一 

「あんん、」 

. \ VJ- つ だん で キ, 

「あ 金: r の 相談なら いくらでも 出來 るんだ けれ 

どね、」 

「いや、」 



お P お .》 よ 

「お 餌を拜 まう なんて、 そんな こと は 思 ひも 寄 

ら ない、 駄 cn だよ。」 と £ まされた 镇愤を 押へ 切 

れず慳 食に いって 返け ると、 けろ リ として、 

7± さつば リ よ 1:1: わし 

「止さつ せえ、 薩 張と 止さつ せえ、 もこれ 私 

ら け-つ V.- >1 

等が 方 か、 りい ひ 出した こっち やない、 いや、 倚 

計な ことで 手 IE を-取った。」 

, 「あれ、 お前さん、」 

と 慌 しく 巳 代が、 

「まあ、 そんな 短氣 たこと を いふ もの;:.' ゃぁリ 

ちょいと ラ;,... み 

ません、 一 寸、 ともかくも 何 つて: たくって 

は、」 . 

,ャ,け^ * る V- まへ に ジ つ キさま 

「不可い とい ふのに、 宛然お 前^ 闇に お H 樣を 

招き 出す やうた もん ぢゃ あない か、 お 話に なリ 

やしない。」 

「それでも 唯 伺って 見る がに は、 ぉ氣 に;^、 しな 

モ 5 つ こ - 一 わ たし 

くっても 粗相に はな リま せんよ、 此處で 私たち 

?; - つけん こ ひと, > k 

の 料 筋で、 此の 人 を 遣って しまって は、 叱られ 

S とい •; へ す 

た 時に 取 返しが つかな いぢ や あない か。 直ぐ あ 

たん まへ ちょ ii ま くだ 

の. 1^ ですから お前さん 1 寸, 待って 下さい まし 

よ。」 

おや V- す た ほ プ かざ fe..- 

親 仁が 素直に 頷いた にも か- - はらず、 風向の 

fjjj >1- し-つへ &んな なに tj; らか 

もい 年上の 女 は 何に つけても 平なら ず。 

ど キ- ど ひつ I 一 

「何う ともす る さ、」 と ッン として木戶から引1;^~ 

む。 . ! I ! , , , !. 



女、 



ト' m 其 s 



五 

y た -ー あか • 、ね は クひ t たか 

ァ —チ 形の 此の 銅 で^った 裏口の 戶は 牛ば 

;ん 二 だ V. なか あご ミき 、ノ つや 1^ ラ 

開 いたま、 で、 樹立の 屮を後 前に、 母屋の 方に 

^ つ * ち くさむら だん » ふかた た 

行く 路は 叢な が、 し 段の あるら しく 浴衣の 姿 

は 卜さくたって 上へ、 上へ。 

み i つ,/、 、し て ま レー 

見送 リも來 てず、 乎 が 取れさう に 思った か 

0, m^" に "ろ さ いう てん-ひん の 

ぎ 寶は乂 荷 を 下した が、 左右の i 爪に 天秤 を 載せ 

かけて、 其の上に 腰 を どっか リ。 

「あ、、 やれく。」 と 何等か 大 たる 秘密の ある 

やうで、 然も 此く、 りゐ無 fn- 味な こと はない, 獨 

言。 

親 仁 は 何事 も 思 はぬ 狀、 入 を 待つ とい ふ 色 も 

と 5 しろ め *< へ ゆ- h ひ いろど 

なく、 戶を 背後に して、 の 前に 夕陽の 彩った、 

な れ ま . ;; よ 乙ら A の ちら をん な 

流と、 未だ 残って: 冰ぐ兒 等と、 布 を 洗 ふ 女と を 

,% も -vfty いし i;.? 3 かぜ £ 

ぢ つと 眺めて ぼた、 周 園に は 石 の 松の 風、 向 

う の 311^ には椰 Q そよ ぎ。 

んー . め み ^っ いろ 21 y 

任- んく て::: に ゆる 暑さの 色 も 薄. d に 日 は 

かた. レ , 

傾く。 

^hpf L.^^ , . た" ん. か キもビ おと ft 

^:^^は 靜 に、 ざぶ くと 流 を 接 撩す音 も 聞 

お ゃぢ fril お ほ て ct..-..:- ;-ざ V, しら r 

えて、 叙 仁 〇 姿 は 大きな 掌 を 膝頭に 据 ゑた 

, » . -;; つ ふつ せんか ひと おも.:. き み 

れば、 s^ノ鬚として仙家の人の 趣 が 見えた。 

う- ふ なか あい - づ,、>* うご ものい はず 

ts; は i 爪 Q 中に 愛らしく 撙 つ て、 動かず、 不言、 

龛べ る もの も 食,. りず、 恰も 雪で 称 へた >p の V 



ゃラ である。 

、- 一- ■- ► -S に 一一-ち 4t か たまめ. 4 

「あ、 此處 に、」 とい ふ聲、 樹立の 巾に 娘 し 

ぃ氣穷 がして、 凝と i 一る 袖の 奇、 木- Z を 溢れ 

て、 早 ゃ袂の 端、 爪 は づれ、 練氣を :3? に 街と 寄 

みか か:?: さしだ かっ- にら そ と しゃ-つ 

つて 半ば 新 を 差 出す、 傍に 引 添うて、 戶の正 

ま ひ A..- ふた 、い V ん み K 

面 を 向 にお さへ たの は、 W び 以前 の 巳 代で あ. 

つた- 

「お爺さん、 よく 待って 0^ て くれ ましたね、 一と 

I 一れ £_;;:,?,. に-わい と し-つへ やん な あ. し い 

之は义 案外な、 年上の 女中が 如 彼までに 一一 S つた 

ん るん、 ち C ごし 

にして は餘" に輕々 し い 物 越で ある。 

まへ おや-, 一 二-つ 1-し 

「や、 お前 樣で ござ リま すか、」 と 親 仁は屮 腰に 

ズ じん たちす V, た よ 二 

なって、 脊の すらりと した 館 人の 立 姿を橫 から 

ぞ きこ も ふ み 

視 込む やうに して 仰いで 見る。 

jV; 、 



「あのね、 然ぅ巾 上げたら 急いで 出て おいで 

まへ $ Z お/ -i 

なすつ たんです よ、 お前さん、 此の 奧樣 です、」 

れいしつ .si ^. み J,.:- ひ. 1- 一 あし そ 

と 令{ 至 を蔽 ふやう にして 居た 身 を 開いて 一 足 傍 

よ たれ ちょいと つむ リ 

に 寄って、 誰に すると もた しに 一 寸頭を さげ 

た。 

「はい、 こ.;; はもし 奧樣で ござ リま すか、 はい 

JS. ぢ 一-し か • - もみで からど 

はい」 と 親 仁 は 腰 を 屈めて、 1^ 手 をし、 身體を 

みル . りん ぶ 、 てんぴん ん;-ほ し たは か. り 

4^ つて、 向 ひ 合 ふと、 天枰は 片端に 總を 絡んだ 

ぃニ0 -.' <- すべ 

ま、 W 爪 の緣 をず る と、 にる 。 

一飛んだ 無心 をして 済みませんね、」 と、 i$ 高い 

ひと か,、 む ザ-つ 一- J ひ/一 み ひ f ^ し? く 

人 は、 却つ て 無 S 作、 品 ある を卑 T した 會釋、 



おにに ,- ら や v-s つ- か- づ : せ-つ ふ,、 

鬼神の 力 もな ゆべき、 雙麗 た^に 微笑 を (fa んで 

い れい- 「 - 「す v-<5 な、 め 

言 つ た が、 蹬を享 け て、 薄 衣の すな ほ な IS を 斜 

-2 リ.. いた-し よこが ほ 3 

に、 打 傾ける 橫懿 へ、 お く れ ,モ が は -り /、 と 。 

t . ぐの^ 形に 牛ば 姿 を 木 口口 か 、りちつ 

た* か う ナノ も くろめ ^ち まつ-, 二 !••、 し 

) 巾 を打瞻 る" miR 勝の、 险 の 濃い、 谅 

さ いう ひとみ 

L. .J.:: つち w とした 左右の 瞳に は、 ぁリ のま、 

まゥ しろ 5 さぎ んたち ふた 一-一、 i み V り かデ やど 

眞 白な 鬼の 形が 二. ッ、 泣の I- の 綠の穀 を し 

なが、,:' 映リ さう。 

「まあ、 綺麗な、 可愛らし い、」 

「ぉ箭 さん、 何虑 からつ かま へ て來 たんです、」 

とじ 代 は 此處に 出て 來る 途次、 < 力ま-と 交へ VJ 

らし い 言葉 を t ぶに 問 ひ でた。 

そ. i これ とみ かう. f 

其と 是とを 右 左 

「こ リゃ、 はい、 私が つかまへ たので は ごはリ 

と わし て 

ませぬ、 取って 十九に た" ました、^ が 娘が 手 

が ひ 

飼に した も の で ござ リ ます。」 

出お つて、 

r 姊 さんが、 然- つ?」 

六 

れいしつ た- si 

令室 は. 射 もの 優しく、 

V 一 5 -M り ど 二 ど 二 か 

「而 して 家 は何虔 なんです、 何 4!1! から S うやつ 

* きな で キ- 

て 商 ひに 出て 來 ます。」 

わし VAI , 

「は い、 ? r が Hi は、」 



(1 63) 



おやで 4 -. ,ノ1<. と ほ け レ 

親 仁 は 屈んだ ま、 背, 皮 ざまに 遠く 芥子の 花の 

*r( ごと ジき o- そ いた あ-り は I ゆ わ ま 

刻 の 如く、 判然と 其の ffi を顯 した、 湯の 山 

の 方 を 指して、 

こ か Is* » わ,. 

「ずい と 此の 川上の ? i:^ 谷 とい ふ 山家で ご ざ リ 

まして、」 

ゆ わ <:■.:」 う で > み よ お ど- 

「おや、 (介 か ら リ に 出 る 」 と ::J 代 はま 

いたや-つに いふ。 

「遠い. S か い。」 

9 た * き や 

「 !二 足 ら ず も ご ざ いますよ、 ねえ、 ® M さ 

ん。 - 

リ *i< いに すで 

一 近い-一一 BT で ござ リ ます。 い、 え、 ^^=出ます 

? あ ひ ど か は 

でも ござ リ ませぬ、 其 も 町まで 來 ます に、 川 

3t に贵女 さま、 & が七ッ ばか リも ござ リ ます で 、 

ぼつく、 彼方此方で 資れ ますが、 今::: は些と 

セ S す ことが ござ リ まして、 はっけた リで、 

一一 かた て ?0 > じつ -ー 5 さぎ こ 

町方へ 出 參リ ました。 ぇ&、 は 此の 鬼を兒 

ji はい -I た ひすめ :£i いに ち 

の やうに 可愛がって 宵て ました 娘の^: w で ござ 

かま t 一 5?-ん 

"まして、」 とお g リ かけて 愁然た リ。 

i へ そ ねえ な 

一 まあ、 お前、 其の 姉さんが 亡くたって、 J 

し S つき 

一はい、 祥 8 で ござ リ ます。」 

「それ ぢゃぁ た 切な 記念なん です ね、」 と:: J 代 

いまさら また fj ぞ TSVJ さ A-$ 

が、 今更の やうに 又^いて 兎 を 眺めて く。 

令- は 〈叔 しげに 一き しく 額き、 

「それち や あ 無 な i ,〕だ よ 、 44ぇ 、 nJ 代。 」 



一 は、」 と 膝 S あたりまで 手 を さげた。 

わたし のぞ ねえ み 

I どんなに 私が 望んだ つて 姉さんの, 記念 だと 

とほ ち. A づき ひと 

さ。 それに 通リ か、 りの、 知 TJ でもない 人 をつ 

も *w ろ; んリょ す こっち 

かま へ て、 持って る もの を 無遠慮な、 直 r に 此方 

へ 貰 ひ 受けよう つて、 我 献ッ たらなかった よ、 

本な S に 身, 臉 手な、 お爺さん、 堪忍して おくれ、 

つ ひ 他に ねだ リ ごと をした 覺ぇ はない のに、 何 

モ う さ! ? e 

うした わけ か、 其の 鬼 は、 . 盗みたい ほど 欲し か 

こと む リ き -ュ 

つた。 外? } 事なら 無现 に も :> ふ こと を肯 いて 欲 

し いんだ けれに-、 然う いふ ほ緣が あるの な も、 

"も つき v-:: たい ユーつ 二 ま と わび 

切って, お爺さん、 大歷ぉ 手?! を. 取らした 詫 

な- ド, つ た 

をし ませう。」 といった が、 祸 物足りな さう に、 

か き £ リ わ る 

a つ 械 S- さ う に 、 

も きつ さ 

I そ れ で も ai 念 め ら れ な いや-つな 氣 がして な、 レ 

ぬ、 已代、 私 は 何-つし たの だら う、」 

S VI -55 S そ -£ き -っれ 

優し さは 言葉 に 溢れる、 其の 聲を 聞く のを嬉 

,>s じん お も ひ と! f かな 

しげに、 义然 ばか リ-ャ 人の 思 QCf かぬ, のを悲 

み よ かう ベ た むごん ;£ - 

しさ-つに、 巳 代 は 首 を 垂れて 無 一! a であった、 親 

ぢ あ!' ち /、ち i-l-! 

仁 は 慌 しげ に 口 忙しく、 

て- S ビ i --れ 

一 あなた 樣、 いえ、 何-つして く あなた 樣に、 之 

を 差 上 げ ませいで せい もので ご ざ ります かい、 

お 問 ひなされ ますに 就いて. 所ん こと をお 話し 

3 J そ 一, 一 i. - / S 

申 しました ば か リ。 其の 所爲 で 、 お 斷 リ 屮十 で 

は; 5i して ござ リ ませぬ ぢゃ、 言 ひ 次 is^ にお 察し 



- 一二 一一 -; K- りよ *- 二 .V き あん X おち ひ 

なされまして、 其で 御 遠慮 はお 前樣、 餘リ思 

-5 す 

3^3が 過 ぎ ますで ご ざ リ ましよ。 

かし ごら r みか £i ご た.. しし 

昔で 御覽じ まし、 お us^ け. a- しました 御大 

C み ぶん お ま ゆ わ, ふ, -に r-5 くし- -- 

の、 こんな 御身 かの 御 方樣ぢ や、 湯: S 谷の 百 姓 

なぞ は、 はやおに 口 を 利いた ばか リ でも 無衝打 

ぶん SJ なに £ 

にな リ ます かち や、 こんな 者: Ml 何が 惜しい も 

の で ござ リま す。 . 

また ぞ か 5<ま 

ぢ やが 乂、 お望みな さわます ぉ方樣 が、 あな 

たの やうな お 女中で ござ リ ませねば、 现が _ 非で 

た- - *w へさ £ 

も、 何お 前樣。 

おね. ぢ め くる うち ひとで わた 

親 仁が 目の s^i い. M 人手に 渡す ことで は ござ リ 

ませぬ 二 

ち.. い-,.' --も おや v いひぶ ,,.- し 。*v が い とほ 

力の 籠る 親 仁の 苜 ぞ 强 ひて 望ん だ 我意 が 迎 

つた かと、 TO^ゲJルE.ー つ た や う に 思 つ て k かならぬ 

ょリ、 小?! 使の 方が 然も 嬉し さ う で あ る 。 

「したが、 もし、 あなた 樣ご 

お J. ぢ ム し 51 さ み V-.V <ら£_< 

親;: は 河-: t のが-に、 身 を 開いて 改 り、 

f- ま :; ざ., ゾ りろ 产ー なつ た i えだ 

一お: W まに 飾 物にさつ しゃる、 瑪 の や、 枝 

さん, -/ じ. S さ i > --9ぅ 

琉瑚梯 な ど 、 は., へど ひまして、 生の ある もので ご 

一 か は ゆ 

: ざ ,リ*< す. はじめは 一 も:; もな しに 可愛-つ ござ 

一 ぃましても、何がこれ、仔細に寄っ ては^^!!兒でも 

邪魔な ことが な いとば かリは lie はれませ ぬで、 



(1 640 



65: 



隨 勞 つて や つて 下さ リ まし。 

それ に 父、 此 の 兎 は、 唯 耳の 長いば かリ で は ご 

ゝ ひと こ. M き、 わ 

さ =• ませぬ 人の いふ 言 も M 分け ま す る か ら、 

が 呼吸 を 引: リ ますまで、 .X だち の やうに し 

とん ひと くち t 

て いや、 あれこれと、 ig とな、 人と 口 を 利く 

やうに し てお リ ました。 

> へ-れ * ,r しか a ,、, すめ 

あ、、 誰に しょと てれ 鐵衆 つけよ ぞ、 娘 は 

叶 ひ, い 人 を 思-つて 焦れ 死にな くな リ ました。 

Si を 何-つ 慕-つた か 分りません けれども、 此の 兎 

お V*- ,T ん つ 一つ あ を 

に は E でて "と を 皆 打明け て あると 中し て 居 リ 

よ て ん お 

ましたに 21 つて、 お 手許に 飼って 置かつ しゃる 

ことなれば、 永い 巾に、 どんな 枕に 立って、 

i おもしろ うれ つら 

あたた 樣、 而 .m いか、 嬉しい か、 それとも 辛い 

K 悲しい か、 夢 を御覽 じまい もので もたい、 

それでも 大事 ござ リ ませぬ か。」 

なに ^ み 

何 か 意味 の ありさうな こと をい つたので ある 

が、 <ェま- は 今 は 唯、 。• 取-つ 目の ない ほどず 愛; いも 

の を、 くれる と あるが 嬉し い ので、 謎の やうな こ 

と はよ くも 聞かなかった、 けれども 愛しが つた 

ォか、 戀知 たと いふの が 深く 耳に 響いた ので、 

, _f K い , れ& たに 

I 可愛 さう に、 まあ、 さんと いふの は、 何、 

未だ 街 一 5? 主はなかった の。」 

そ C と も う、 -1 

「其の 事で ござります、 & うこれ 六十の し; を 越 

i,.J;v へ. * あ と L か J 力 

しまし., -. 親 仁 Q 娘なら、 い、 年 fc の 皡の や-つ 



お-一 め しさ >• わし 

に 思し h: しませう が、 仔細が ござけ まして 私の 

へ .H* め ーブ》 せ !!>^こ い わし 

M ハ刀, ,間體 だけ の こ とで ござ" ます か、 り、 私 

I,. チめ $^ と し 

が 娘 と. S. しても、 年お は、 一 

と いひ かけて る も あで や . ^な の 其 の 

Yf- つが -. 

俤。 

, 55 ひ. M ぶた ま 

「 あなた 樣ょリ ーッニ ッ 未だ? 右い ので ござ リま 

x-f^ たに <1! ちん 

したが、 お 生 も 何も 悉し うは 存じ ませぬ、 又 そ 

?-. > い ろ-一 ひ さぞ お ヌ-し rt: 

んな 山家の ものが、 色戀 と、 を かしう 思 召し 

♦5 つ ひ 上 キ- 二 ご 

ませう がの、 いや 町の 人 はつひ ぞ來た 事 はたい 

?, -r ためき わ i をん な す rcr S 

で、 鬼 か 猫 、山女で も 棲んで 居る やうに 謂 ひ 

- つつく つめた み-つ d わ 

まする が 美しい い 水 も;" M れ ます、 湯 も JiS 

かう ざん 

きます る、 高山の 下で ござ リ ますから、 いつも 

しろ い さ あっち こっち ^き 

い ir か 行ったり 來 たリ、 彼方に も 此方に も 雪 

. き や 一 ,t-f ぃミ ごろ ふ 一つ -1 二 

が 消えず に 居リ ます る し 、 唯今 頃 は 藤 の 花が、 

み ごレ 一 さ を 

それ は -/<\- 見事に 疾ぃ て:: W ります る。 

.fl さ » 二 とほ いろ く-つ 

笠 は 召さいでも の 通リ、 I お 色 も. s^i く は た 

リ ませす、 手足の きめ も あれ ませいで、 や、 其 

- つつく 

のお 美しかった こと。 

一一 :".^ わ; ?ミ 

御 慮外で は ござ リ まする が、 あなた 樣に そ ッ 

くリ 生う つし、」 

Z ま づ かひ つか ひ. M さ 

. 小 使 は 事 ふる 人の 氣を かれた か、 はッと 

み、 * たリ いろ そ . れいしつ わ V- み た 上 

耳の 逢に 色 を 染めた が、 令室 は 我 身 を ,へられ 

S そ りすめ 

たので は ある けれ ども、 思 ひ や らる \ 其の!^ の、 

-ま * - つつく われし ぞ V 

^リの 美し さに 我知らず!^ 然とした。 



さま I- い 

一 ,v しあた た樣 よ" 瘦 せて 在らつ しゃ つた やう 

i II き し S う さ v- 

に 思 ひます- - 御氣 象も然 うで ございました。 爺 

, そ き よ 

や、 と 其の 方に 呼ばれます ると、 はッ とい-つて 

私 は.^ となく 尊き に 頭が-トリました- あたた 

樣が おっしゃ リ まする 萆の 優し さ、 勿 3^ た いが 

か > かほ を. V, 

恁 うやって、 しみ., J>\ おが, P 拜 まれます る、 あ 

さ ま わし ,つ ;., ね 二 51 

なた 樣で ござ リ ますから、 私が 目 金で 此の 兎 を 

さし あ ど く VI 

差 上げます るで、 何う ぞぉ いた はリ 下さ リ ます 

やう。 

おつに . 七-つ なか *i i i 

構な お 城の やうな 中に お 住 ひで も、 町 は 町 

なつ あつ i-,- ところ 

だけ、 夏 は 暑う ござ" ます、 たるた け 涼し い 處 

i くだ な 

でお 育て 下さ リ まし、 馴れ、 ばで ござ" ますけ 

た-' いま を そ A き 

れ ども、 ii 今まで 居リ ました は 其の 雪の ある、 

ふ さ や I リ , 

藤の K いた、」 とい ふ 折から、 キリく くと 大 

ぞら つるべ 玄 , ; V- ん し . 

ゆ へ 釣瓶 を 捲く やうな 蛸 の せ- 

.1 お X-/,-- 彼が 鳴きます ると、 .ル|;^せはもぅ^^| 

うご ざリ ます。」 

,t た r- と-も 二 こ こ だ-ち こず ゑ さつ はる-. i キ-ニ 

X 一 聲 此處の 樹立 稍 に應 じて 遙 に 聞 ゆ 

おき 

る 山の あた リ。 

ひ. u--. す な た <i た£ ラノ 

終日 ひた 鳴きに 鳴き^いで、 じり/ \ と 唯 暑 

と _J しなへ て/ち しみこ i- み こ ゑ 

さの 長 に 天地に 染 a む やうだった! の聲 も、 

き み Y> き-り n- ^ しづ 

ニッ三 ッ あわた しく 明かに 響いて 靜 まる: 



-1;.っ-にの柳ふ}^2か.し、 < ^-ち や ん —— おつ かさ 

お W ん i 

んが 御飯 だよ。 

泳 r 兒は sjj よに 残った。 

れいしつ たと きど *ia かぜ そ こ 

-の: は ひ、 りく >. 木戶 口に、 風 は其處 か 

ふ K なか * きと ど 

らも 吹き 起る か- 荷の 中の 雪 も 解けて 流れて 土 

て くさ 一 fly めれ いつ 

手の 一は-に ゆい 滞 ftr 

た >, ぞク X 

「いや、 も-つ 斷 つてお 5*"! と あ リ ますに W つて、 

附ト :=•、 大勿體 を つけました、 は、、 は、 i、 

食物に 花 _ で ござ "ます、 此の.^ はた 出 も 

t キー 4 ま? rii * おぼしめ 

が 持って来た 山 鬼 一 つ、 俊 3: つ て 造 つ た と 思 召 

しまし 

なん か 3 つも と-. ろ な 

何の彼の と.2-しても.^-くの處は亡くなリまし 

た 娘 分の、 其の 壞樣が 御 遺言、 可勞; 、しし い 兔 

が 兌たら!^ えさうた- こんなむ くつけ な 親 仁の 

-- そた か はいさつ , で, ゥ マ «■£ 

手で^て さす は 可お 相ぢ や、 町へ 出て、 お * し 

う-く 3-c..s4i-- つ み た そ ひと 

い、 ぉ类し ぃ女屮を:=^>iて 、、其の 人に いた はつ 

て 1" つて くれと、 くれ A\ も 言 ひ? d きました で、 

i <• ぞひ ,つ, •! ところ わた ふね 

あなた 樣 のお は、 はや、 < 丄 くり 虚 渡りに 舟 

で 】 ざ リ ました、 E¥ つ/、、 いや ぢ や と お つ し 

ゃリ ましても、 私の がから 賴 みます る。 

ilrptj n/, ま a しお さま 

唯一 ッ念 のために 申 卜/け ますが、 あなた 稼、 

此の を、 ぉ手,l^^にぉi^^Eひなされますと、 „ ^と 

するとせ:: の、 もの、 で ご-さります わ、 男戀 しう 

な. し つし や、 りう も 知れ ませぬ が、 一 



i.. キ- れいしつ さ 

ija まで 間かないで 令 室 は 然も 心 安げ に、 

「s^ に は- M 人が ぁリ ますよ 」 

「いかさまな! は 、は >-、 いや、 これ は 心 _ 

ナ 

付き ませなん だ。」 

_>w,- わら , 

と 乂癸 つ て 、 

さ tt なし 

一 Mi でつ なれば、 しゃん くくと、 話 はこれ 

rf やつ- J おわ- v- つ I- ほざ 

で グイ 械リ。 どれ、 奴 を それへ、, 一と 親 t は繼接 

の se. 衣たがら、 惜氣 もな く 地に 膝 をつ いて、 I 

- つか まへ か- -' や 一る かた • 

を 浮す と 前屈み に 笊の 力" 

5 きふき よ る & ち ひ 

「雪よ、 雪よ、: と 呼 ぶと、 M くな つて 居た 小さ 

ど-つ ふつ み、 K う Q みじか 

な 勧 物の 4 は、 胴と ともに、 すら リと 伸び、 短い 

* 二 あし ふち +.,i5 し s$ め 

前足 を緣 にかけ て、 水晶の やうな H でく るく 

; U V み 

と 親 仁 を: □ ^た。 

5 き 一よ ; S1 ての: -ら はた う 

「雪よ、」 と义 呼んで、 大きな 掌 を檔と 打つ と, 

そ T^u.o はな べん .S きそら やど み 

其の 掌 の 放れぬ うち、 一片の 雪空に 躍る と 兌 

えて、 銜と來 て 膝に 抱かれた ので ある。 

な を 

一よ く、 躺れ て居リ ますこと、 J 

V .i れいしつ ふ お. 9 と. -I ろ , 

「お 5^ さん、 j と 令 { せ は 弗と 思ふ虔 あるら しく、 

*• らた 

更め ていった。 

ぢぃ .,i 一よ そ うさ 1- な 

「お 5^ さん、 あの、 今 呼んだ の は 其の 鬼の 名な 

一 90- 

みよ きつ ;. ノひ くち -っ ち 

zJ 代 は はじめて ilT が 付いて、 思 はず、 ロハ 屮 

! で、 

一 ゆき 

一 「お雪 さま- . . -、 おや。」 



なに ゆ ま む ri" な 

一はい、 何、 -客は 娘の 名で ござ" ます。」 

ねえ れいしつ め ろ 

「お x、:g. さん,)、 一 と 令 の na に は 心が つた。 

こ I づ. i ひ はか €0 - て か は -っ t.rf" ?5 

小間使 は計リ かねて 密と 其の 銜を打 守る、 一 場 

くわつ はい さつ かた • 

の 光 E〕w、 察する に 難から ず。 

親 仁 も 瘦んだ 目 を活々 とさして、 

i な ,ス 

r あなた 樣、 おなじお 名前で ご-さ リ ます か。」 

パー さ - .* よ 

一 何-つも ねえ、 然 うなんで すよ。」 と 巳 代 引取つ 

て いふ。 

「お爺さん、 其の 姉さん は、 まあ、. 何う いふお 

かた れいしつ とリぃ W ふ し Iv- キー 

方な の、」 と 令 审; は 坂 出で、 然も 不思議 さ うに 閒 

いた。 

I. もし、 一と 遮 つて 一:^ はお 聞きな されます な、 

どこかた し ゆ わ, だに ftvr じ ぶん 

何處 の 方 か知リ ませぬ が、?ぉ^^谷が錦葉の 時 ~ 刀、 

た! A れ きし 一 jl tfj 5- つ め 

流の でお 出 あ ひ. S. したの が 初のお じで ご 

よ す もの I へ み 

ざ リ ます。 世 を 拾て た者ぢ や、 お前 を. 丸 かけて 

|1 むに 2 つ て 世話 し てく.;;、 ふ-打つ けに お つ し 

yi め み 、そ ご や r ナ た t か, *vii 

や つ た が , 一 UI 兌る と 其 の 御!^ 子、 唯 も う 神樣 

が い ひ つ けさつ しゃる や-つで ござ" ましたで、 

はッ というて 5ズ "ました.〕 で ご-さります が。」 

一 モ とォ; 5 さャ J ど C ら 

一 「其の 時から 鬼 を 抱いて 被 在つ しゃりました、 

一 何も g ふなと おっしゃ いますから 問 ひませ ぬ、 

乂 素性 を 問-つてお 促-話す る 位なら、 はじめ か 



66) 



<K m た 



(1 67) 



、し 歸" まする わ。 

,,. め Z か, -- K ん な., - 

私が::: で 此のお 方た、 り. にと ひま したら、 化 

とたら うと 構 はぬ で ござ リ ます。 まづ, あなた 

V ま Z - 二-ぎ ま „ , 

樣が わけもなく、 此の 兎が 欲しい とおつ しゃる 

たじ だつ 9 

の も:!: 一 で ござ" ましよ か い」 

れ,, しつ & ,-'u て § うち 

令 i ま は IS きつ、 胸に 手 を鹭 いて、 何となく 打 

..-fe ひ ほつ S * 

傾かれる ばか リ であった が、 やがて 吻と 呼吸 を 

つ い て , 

「あ、、 ぞッ としたよ 何-つも、」 とい ひながら、 

うつ. -n- * $ «- つ 1,* 一-し ひかげ ラ lis ふ 

恍惚と、 斜に 湯の 山の ザ を、 葉 越の 日影に 打 仰 

ぎ、 7 

「5 あって、 藤の が いて、 ゅ^: に いつでも 

しろ i 

,= い が、 I 

と 口の s:。 やがて & やかに、 「あ、、 お 爺 さ 

ん、 ま; 處が湣 とい ふので すか、 私 ははに 

めて iS いたやうな 氣 がしません よ。 f だか 一 度 

U a § ^つし 

t つた 事が ある やうに 思 ふの ねえ 何時 だか 知 

V 一 じ 11^ し う ベ 

、り、 幼な く 時へ" か 知ら それとも、 昨夜 あた リ 

み ft- わ *ri こと おち だ 

はた^;-を^;?;ー いむ かしの 事の やうに S ひ 出した Q 

で も あるの か 知、 し、」 と遙に 湯の 出の ある あた 

* ゆ , 、ち ひ.^>-は«っ*=0- そ: れ いろ 

"、 ほ も 口 も、 一 際 判然とす る 黄 lijt の 色な が、 り、 

<ク0| る や -っ た:::; ざしで いった。 

一は、 あ、 いや、 それとも、 あなた 様、 .:£ffi の 

c-e L • JU た のち よ 

事 かも 知れ ませぬ、 又 何-つ いふ ことで、 後の世 



こと い と わ 1^ 

の 事 をム, 化、 し つ し や つ た かも 分リ ませぬ、 も 

さ *1 一 • 一 う マ 1= ど ゆ わ, だ に t.^ ^ 

しも あたた 檬が、 此の 兎 を 抱いて、 湯 谷の 流 

f いで わし ザて 二 で 

の 岸へ さまよって お出な され、 私が せ: 虚で出 あ 

いま ゆ 二 ひ さな おら 

ひます かい、 今の タ陽を 宛然の f, 葉が あって、 

ご <c う ュ- f: きさま さ ま 

御覽じ まし、 其のお 髯樣は あなた 樣で、 あなた 

-si A » さチ 

樣 はお 掌 漾で ござ リ まする わ。」 

t て .2 ャ- , I- つ S れいしつ t*.,. 二 

「お、、 其の 鬼 を、 5 あ、 此方へ、」 と 令室 は 蘇生 

われ 

つて、 我に かへ つた やうな ものい ひ。 . 

はた c し! I; ね た- J- ど n- て ひざ 

檔と 腰骨の あた リを 叩いて、 左の 手で、 際な 

モ KM ュ" a r: £ ごと 

る 其の 鬼 を、 ぢ つと 5- ながら、 掬 ひ 上げる が 如 

くにする。 

だっと ら とへ ひら リ t れいしつ 

ト服 鬼と さへ いふ 導!、 飜 然と 飛んで、 令室の 

乳の あた リ、 K 意 だから、 はっと 身 を 引く と、 

5 さ. ビ A の V あし ラへ す y 

兎 は 後足で こた へた 帶の上 を、】.. ~ つて、 するりと 

お と-一ろ ciK せつ 5-- 

落ちよう とする 虚を、 兩 方の 袖で さすがに 支 

へた。 

そ * 'なじ 

其の 項に 頗を あて >-、 

なに いんねん し 

f 何 かの W 緣 かも 知れな い-ねえ。」 

一 は い、 其 はしかし 存じ ませぬ。」 

「奥 樣々々 ! 一 

-! ハ. VI さ こ だ^ うしろ こ どち 2 ん. な.: レ 

と此 時、 小高い 背後の 樹立の 中から 甲 走った 

をん な よ il 一ろ.、 

だんな 5a< l«t5vt 

一 旦^ 樣 が、」 と 又 叫んだ。 

「あ V! 巳 代 や、」 



一はい、 一 と 驚 い た や う に 返事 をして、 n を ( る 

くる や つて、 旣に兔が<^,Jf^レ手にぁるのを見た 

,た- -,, た《 しひ .<st だ みよ .Jrv ん 

が、 洽も 魂 が找 出したら しう、 已代は 茫然と 

して 居た ので ある。 

r こ れ、. 一 と 兎 を 捧げ る が 如くに し て 見 せ 、 

一 J ちら k み よ だんた f ^ 

「御 覽、 貰って 了った よ、 巳 代 や、 n ー那樣 がお 

よ わたし い 

呼び だから、 私 は 行く。」 

「奥 樣!」 

f _ <5 れい さつ だん 

「うるさ い! あの 後でね えお 前、 ぉ禝の 相談 を 

してお くれ、 可い かい、 それ ぢ やお 爺さん、.; 

と 會釋 をして、 

「御免なさいよ。」 とい ひすて.. -、 活々 とした 風 

た 5 くわつ ばつ ひ t-ニ-- r 丄、 *. たか 

采、 活藏に 背後に なリ、 袖で 抱いて W 細う、 恰 

うさぎ .^-CVJ 

も 鬼 を 庇 ふやう に、 し をら しく、 俯向いた なリ 

つ あ,^ だ- » 

で、 衝と步 行き 出しながら、 

い きっと おゆ さ 

f 可い か い、 屹度 だよ。」 とすら くと 步み 去る 

れいしつ -^0 .11 だ さ、 I- は ム ゲ 

令室 はぽ にかくれ、 枝に •¥ りれ、 葉 K にな リ、 

ナる み ..5 み たみ また s-l- み 

据が 見え、 帶が 見え、 肩が 見え、 乂据が 見えて、 

と- -to ち ひ 

ぃ虔に 小さくな つた。 

- つし ろ た み & n ま たへ « 

後 姿 を 見る nr も樂 しく、 寢 る?! も 傍 を 離れ 

の こ 《-£ しう お 《0 み よ 5 

るの が、 残^し いば か リ主思 ひの 巳 代 は、 然も 

なつ. a み おく は ひとけ は ひ 《• しろ 

可懷 しさ ラ に 見送り 果てた が、 人氣勢 が 背後 を 

,,,.ほ し ^ おや V- あが み ゐ 

蔽ひ、 踞んで 居た 親 仁 も 伸 上って 見て 居る やう 

な氣 がした のが、 やがて、 令室に 言 ひつ けられ 



打ミ 手て に 
< おに 黄き 
せ 石;: 昏 



リ ら 
女き' 、 く 

はめ IM.* な 



ゲ 打つ 鐘 は t5 つの 鐘お や 

ニッ の鎗ぢ や。 

と门々 に 繰返して は、 かく;!, ひて やがて 八 

ッの 錦お やとい ふ 時、 出た よ、 わ あ —— とば 

かリ、 おばけに 逐 はれた 狀 にて、 ち リ,. s>- に 

.;, かへ き や 5 り itC ひ を 

家に 歸 るが、 わが 鄉里 にて は 1^ とな リ れ 

、:. かくし とた つ ひが r:,j つ にた み 3- み た らし 

また 石 隱と稱 へ、 釣錄 9:^, の 傍、 おの 手:^ 水の 

か. -レ f- V シ る 一一 ,>< にん 

蔭な ど、 故と 淋しき 遊 ひ 場所 を 選びて、 一人 

-i いし ひと- ソ い-つく t § つれ 

が 磯 を 一 個何虔 にか 藏 し^く を、 述な るが あ 

こ こ かしこ $ i ん: • ;. .. ^ ^ 

とよ リ此處 彼處と 物凄き あた W を! w みて せな^ 

さが -カ0 < め: て か は-つば ふし おに とな 

き、 探し 歩く 遊び ぁリ。 蛙 法: t 鬼と 稱 へて、 

つきよ か 5 w い/, \ つち - つ; つ- Li 

これ は H 皮に 限る、 銘々 地の 上に ひて、 

ギヤ ク ギヤ ク とい ひなが、 し、 ひよこ 

けい * とび と うつ おに 

ひよこと 桂馬 飛に 飛び移る を, 鬼 あ-りて あと 

を 返 ひ、 お なじく 踞 ひた る ま、 に て a: 影法^ 

を 踏む と、 踏まれた るが 鬼になる なリ。 

と ち よ 11 一 

いろく あるべ し、 十; 地に 依" て W: ハ なれ ビも、 

い づ れ 無常 か、 悲:" か、 魔の 趣 h の た き は あ 

たに いんねん み 

、しず。 うまれぬ さ さ か 、り 何 か の W 緣ご と k ::5? 

えた リ。 

—— 鏡 花 全 « 卷 十五 「 飛 花 落 S ?」 i h- 



, fir "い --n^,. み 

た、 のかへ し 鵡 のこと を、 卜;^ 返って 见る 

と 影 もな い。 

「お爺さん、 おや! お 爺、 さん、」 

4? つ キ- ど! - と. * む > 

思 はず 銜と木 戶 を 出て、 右 ま" ると、 ない、 

かう.? み 

や, てもちら とも 見えぬ。 

^.o, けし うへ 50 み;., - にん さ いう Jfl に 

折 か. り捣の 上に 入亂れ た、 八 九 人、 左右に 忙 

^1 さて そ まへ とみ す 

しい 行 交、 扨 は 其の 巾に と、 前 か みに 隨を g 

I め ひ. M が ほ さ ど 

たが、 脚ば か リ;: :; まぐ るし く、 人 額 も 定かで 

な い で、 我に も あ、 しず、 引かる 、やう、 五六 步 

—銜の 方へ ffi 下リ たが、 と m わ ふ もの もない。 

または か; キ-ど こたた l.-^A どて 

义 走せ 返って 木戶ロ を 此方に ffi 拔け、 土手の 

たか なが たが そ -^^^'^,.v> すぶ さみ 

高みから、 おく 流 に; S つた 水上 凡そ 五六 町敝 

お てん ぼん まつ ふた,; か. S なか 

下ん され るの を、 件の 一 本 松 の 兩岐の 中から 

透した けれども、 れ 行く 影 もなかった ので あ 

る 

に-つ キ. し け ^ 0. S.2.J 

方の,:; i: は、 樹 となく、 iSi 枞 となく、 柳, と 

たく、 - せとな く 一様に ぼん ゃリ と、 目に 近き も 

さ- * くろ £S5 は.." ひろ » 4>*i 

の は 姿 &1 く、 遠き もの は 灰色に なって、 湯の 出 

も C- * く な, か たか おと な 

に は. 凍の^、 流 は 高く 音 を 投げた。 

, , ^は み よ 

一 まぁ、」とばかリ3^^れ額して巳代は-っしろすさ 

,づ ど キ t さ 

りに い^か 木 li に來 て、 なほ 去リ や、 りず、 夢の 

.3/、、 親 仁の;;::^ を 心 に 描いて、 捕へ 虔 もな 

ノ W ん y な 

しに 眺めて ie ると、 W 柳が さっと 鳴リ、 .M うの 

に . * ペ. りと 』-* ウーつ ど ひご し -て だ - でか 

橋の: か、 し、 丁」!^ 入 脚の ム. ^絕 えた SI の屮 ほど 



を さ-なふ^ ゾ てび g お-: 十一 年; 一一 巧 

と こ と ひと ?」 しみ つ 

兒を 取ろ、 兒を. 取ろ とい ひ、 一 ッ星見 着けた 

ふた SJ し J つ -ー ム り-つた tsy-f- た 

ニッ! ャ ;5 けたと いひ、 子守 W ハ、 鞠&、 など、 

5 た , 卞> 一; し かた なに ひ 

幼兒の S 〈ふうた、 また 遊戯の 仕方に、 何ぞ悲 

あい ぉほ 13 1- や-. ン 4,,.i il 

1- おなる こと 多き、 また f; 常なる こと 多き。 都 

鄙 を 通じて 一般に 然リ。 暮 前よ リ、 いんく 

す > て ほしみ 

のこと して 遊び、 やがて 星 も 3- えなく 

る 、ぬに なれば、 集まれる 兒等、 手に 

ひろ ふた "si- て も 

を ひ、 ニッ 兩 手に 持ちて カチ /\ と 

で、 あはれ なる 聲 してうた ふ を 聞け。 まづ 

一 ;<, 

今 打つ, 鐘 は 幾つ の ちゃ 

また 別なる が これに 和して、 



ユーん -- r い 

まで、 裸の 兒が矢 を 射る ばか リ、 ちょこ./.,.." と 

き .fcif じ ず ま > て た は 

^けて 来て、 泳 上手の 未だ 遊び 足らず!:: 十 やく 

つた 水の面へ、 もん どリを 打って、 どぶ 

倒 ! 

お どろ キー ど -rlj ベ つ ひと て 

驚いて フィと 木 一い の. S へ、 別なる 人の 手 

が 待って 3W たやう に、 其の トタンに ハ タと 彼の 

あか. - ね?」 りきつ かふ;^, た とび ^ C み よ ひ 

銅 張龜 W. 形の 扉 を^した、 さて 酒 の- の. w。 



(,' 1 6S 



'\ • ば?: 了 



そ 親 
ば 子 



人'; 



化 



m は 
親き い 



一 

"な ひと あつら しま は お, リ かた 一一, 

一花 まきを 一 つ、」 と 跳へ て、 給の 羽織の 片手 を 

ふと-】 ろ 力 で たきおと も は ひ おば ひ 

懐 に、 力 手で 燒 落しの、 最 う 灰になった 大火 

"-to ひや."/ ち 3 ぅ*< .J-.15 し -c\ 1 ろ 

鉢 をぐ い、 と 引 寄せながら、 帳場 格子 を 後に 

ん かく.; つ キス .ti-n' み キ あ-く 

して 整然と^った、 角帶 にへ 1 鎮 を 見せた 客が 

かれこれ じ 一-ろ はる さで 

あった。 彼是 十二時に 近い り 雨 上 リの卷 い 

晚 である。 

なまめ こ あ とほ 

r まきを 一、」 と妮 かしい 躍で 通した が、 やがて 

ci^5 ま: か -っづ たか く S な も V- すき まる 

十能に 露 赤な の を 堆 く、 紅 の樓 がけ、 阊く 

しろ で やしげ ^^A\ ど ま 

,1! い 二の 腕 あたり 惜氣 もな う, 效々 しく、 土 11 

!,;^ は っぺ げ た も き 

を述 葉に カラく と 突かけ 下駄で 持って 來て、 

-W* ひ ぽ ■> *る >_ ひ ば ち 

鐵火^ を 柄 長に. 取って 火鉢に ざ ッ くリ。 

おもなが いろ ヒろ ち .S6 おばき み 

而 Big で 色白な、 些と 柄は大 いが、 六 か 七と 見 

ふう ひ;; た ま *b にあ 

えて あどけない 風、 結 綿の がよく 似合 ひ、 あ 

んすリ *1 へ たち rt た-り ゥ: ろ 、- ~ み ど 

らい 耕の 前垂して、 立 働きに 縛 はず、 衣紋の i 

れ たの も: S 々しい。 始 i 通 もな く aM^ に 立って、 

火 をん れ る の を 13- て、 

tjiv,-,- いそ は WS- つて ャか 

f お 、 、雜 有う、」 と 忙 しく 雨 乎 を 場した、 お 

--. *.? ぶい ,.\ キ- み >チ *--■>.< す,;^ 

は 此の節 1 寸.々 々来て 知 越た C で 、帳場に^ 



つ て た、 女 が 愛想 をい ふ。 

「 飛ん だお 塞 さ で ご ざ いますね え。」 

「寒〕 ぃッて 何う も、」 

めつ てんさ 

「妙な お 天氣で ござ います。」 

さ ひ ばち ふち ほ、 づ -is 

ー然 や-つ さ、, 一とい ひかけ て、 火鉢の 緣に頗 杖し 

きゃく こ-ろ づ じ >>ん ^f.~^ 

た、. & „; は フト心 付いた やうに、 自分と 斜 向に、 

そ ゆ ^vi ひとま やぶ し? 5 じ ずな ^り.. -. まち 

其 は 入口の、 一 問 破れた 障子 を 背。 上框に 

こし さ ろく どま ばい ふみ やに チ.: .r つ、 むいろ 

腰 を かけた、 左足 を 土間 一杯に 踏 伸し、 銅色 

つや., (- しか «. んた あし まへ 

の艷々 と、 然も 瘠せた 片足 を 前 はだけ にぐ いと 

を か、 と へそ * めつ た- » かに おと 

折って 瞳で 臍を& する ばかり、 斜に肩 を 落し 

る れむり み ひだりき. * 

て、 前の めリ、 坐睡 すると 見 ゆる やう、 左^ 

» ひとさし わ うすで 1( ^-ー 

の i 指と 人^$;を割ったのに、 薄手の^ ロを袂 

んで、 肘を键 形に しゃ ッち こばらせ、 貧乏 搖ぎ 

そつみ S つむ 

とい ふ、 總身を ゆすぶ ッては 俯向いた ま、, 猪 

< はな さき ッ V ほ ふ ゐ 

口 を 鼻の 頭で 柙 つける やうに して 洒を 嗅いで 居 

ぉゃぢ み めかへ 

る 親 仁が あった。 これ を 見て、 目 を 返して、 い 

S かへ 1,,. すめ -isL ゆき ひん 

ま 引返さう とする 娘が、 襟 脚の 雪の やうに 鬢の 

Hi いた、 撫 肩の、 雙子 もしな よく、 すら リ とし 

-っ しろつ さ 

た 後.!!; 女 を、 

「あ 乂、 如さん、」 



「は い、」 と あでやかに 振 返る。 

が ふま さ-ひね 

「 一 合 正宗 をつ けて おくれ。」 

きみ あつ あ S 

「お 君 や、 熱く してお 上げ. m- しな。 一 

、 は い、」 

さやく ふた へん》 S ハナめ 

と容へ ニッ 返事で、 おゆ? とい ふ;^、 向 

て -っ { ちょ ゾ ごつ ま ノ Z-C 

を かへ ると 手 を 上へ、 一寸 爪立った が、 眞哈な 

たな はリ ふた しでつ めん ん なか 

棚の、 貼 札 を 正 而 にならん でゐ る、 罎の 巾から 

ん ぬ す k いた ま V ざつ さ t ふのう 

一本 拔 いて、 底ぐ 下 の 根の 間へ、 無造作 に 十能 

を 置 いて、 小 刻に、 や が て、 煤けた 柱 で 割ー 

.rn 'がらす は ごと ゆ け 

つた やう、 •M^i:十を嵌めたる如き、 湯氣の むら 

7 ンゾ ,2, ふつ なか み 

むらと して、 洋燈の Si 朧と ある 屮 へ 見えた くた 

る 

しこ ち s. ね そ 

彼虚 に 父親が 居 て、 其の か、" で、 

あ; -•,-»- /■ ちに やた リ 

I かけ 一 上、」 と 口 举 也。 

「あいよ、」 

す わ-すめ tisf ナ 、 かた 一-, -^. . 

S ぐに 娘 は tj!! を据 ゑて 片手 を振リ ながら 

だ-いどころ くみ な.^ じ to- し キ-ゐ 亡 * た ^ひ 

喜 所の 曇った やうな 中仕切の 敷居 を 跨いで、 結 

わた むす て がら いろ や. ざ? か あら は » こ. ちう 

綿に 結んだ 手柄の 色 鮮麗に 露れ たが 此の 註 

もん べつ にん 

文 は 別に 一 人。 

ぃク 、ち I ー丄 £ しで じ .r; た ぃ广 化 k 

入口に 械 近く、 障子に 一 屑の 觸れ るば かリ 悄 

さま に f き ほ;;. |,: む リ ぷ 

れた狀 して、 羽織 も 翁ないで、 頗被 をして: 1= た 

二 ! 3.- ひ うた じ ま み .r (は 

らしい、 なえた 手拭 を 項に 絡いて、 身 を 窄め 

て 居た 壯佼 で、 顔 を 灯に 背けた から、 年紀の 

-->0 わか 

顷 よく 分らず。 



1 69) 



盲 つに ほ 

「お 待 遠樣、 : 

.. : だま ラけ上 こし 

と 出した の を、 つて ijl;* つて、 腰の あた リ 

へ 引 け たま、 茫乎。 , 

「おやく おや!」 

帳場から、 

I 父 上!」 

ど ;., -k め な こ 

「何-つし たの、」 と 娘 もばた-/, \、 :iHM につけても 

r そジ い キー どっダ わした そ ^ ん. ん しる 

忙し:、、 «岐 殿 坂 下の おやこ 裔麥と * 根に 記し 

-ぜ. " CTO 、 !;.£ こ つか さんじょ で 

て、 火 5^ と; ^ばか リ、 男 も 使 はず、 近所の 出 

-sr- おや V- うけも る す うち いたまへ は-おや 

前 は 親 仁が 受 持って、 留守の 内 は 梅 前 を El? 親が 

うづか « ? じ とも かせ 

,e る 娘が 給仕の 共稼ぎ。 

£ せ ャ -.i- し- -1 WVj くら こ まひと P 

』も^^!敷>ん,^叠の上リロ の此の間一 ッ、 積ん 

せいろう とこ かざ リ きゃく 二ん 

だ 蒸 を宋 飾に して、 -J:^ は 五 人 だとぎ ッしリ 

た 一-こ -にニ i^u しゃ- r*.i い -5.^-2 おやこ 一一。 

* 込む ST 内 端な 商寶、 勿論 こ h か 親子 三人の 

わ, 

闺 にもなる。 

けれども 加減 をよ く 食べさせて、 種 もの、 5^ 

*^し . > たら うちか U しまり i 

を 1^ ます、 ト ン と 腕 を 鳴した、 打 方の 緊の好 さ。 

- >に-- や たんと ,,.vn ど かた 

力い;^ もリ かけ 屋に澤 山 薪がない と、 土方、 

;., ; l-t-i リ だいく .1 ご t し さつへ い tt ォ にん * ぢ I- 

H 一展 取、 大工、 仕事 肺、. お のお 職人な どが 味 ひ 

JS ナざ な IK 一い やう だ ま 

覺ぇ て、 透の 無い 繁:: : に、 めッき "仕出し、 未 

て ,v-/ めが っキ- 

だ 出来 上リ はしない _ が、 つい;; "はじめから、 金 

方な しに 二階の 件 にか X つた 位 L 



r^L-^ かけ t 一 ゑ ほき によ ぅノ* う ち S5 ば た 

一 a? 上が 懸 萆の大 さに、 女 も 帳場 を 立った。 

rj^. の、 今お 燜を 上げよう とすると、 罎が お前、 

rtT い 15 く 

。ホ 力と 斜ッ かけに 破ッ たら うぢ やない か。 1| 下 も 

f,- こ わ ま たか ぶ li! ん / 、 

らず、 签の 中へ 打ちまけよ。 ほら、 芬々 して 

ぷ , ゆ か のんき ひ. VI き し 

居ら、 湯の 巾で 暢氣な もの だ、 人の 氣も 知らね 

え 奴 さ。」 

「希有 だね え。」 

おとつ H- ん い 

【父上、 ひ 1- が入ッ てたん でせ う。」 

* .r, A る 

一 それにしても? Si は 恁ぅ? J いんだから な。」 

「まあ、 ぎしろ かはリ をお つけよ、 早くお しょ。」 

JJ よ. r**5 ち たば 

といって おいて、 女 IS? は 帳場に 直った。 

あ ひす 

一 ffl 濟み ません。」 

「御 一所で なく ッて 不可ません が、 何う ぞ召上 

, . i ち ど ほさ ま むす 》 あつら へ 

り まし、 お 待 遠樣で ございました。」 と 娘が t§ 

ど il 一 るれ 

を 土間から 其 へ 。 

ひ ちょ いと., " し 

火鉢 を 一 寸押 遣って、 

「可い とも。」 

「 , ね.; 一 , Z と nv _-£..,.» く 

- おう、 娘さん,」 と 此の 時、 又嘗の^5ロをひッ 

a/, ^ のリく t つ み れん 

た B 盆に a いたが、 糊で 附翁 けた やうに 未練ら 

, ユ;. に- す * るば し 15 リ ち どんぶ a 

しく 指 も:^ さず、 杉の 丸箬が 松^に 散って、 丼ズ 

ふた キ IT ひとに おわ-ザ r-,>( 言 ゆ ひそ し.^ 

の 蓋 は 桐一葉、 親 仁 は 苦々 しい 眉の 犟ん だ、 然 

かほ あ よ 

も 卜 口 ン コ の^を 上げて 呼びかけた。 

てうし は で すで チ /.- 7:- 

「お 鈴 子?」 と 汲 手な 聲、 旣に W 本ば かリ 並ん 

だリ。 



■ , パ,、 5 ん つよ ; W ふ 

一 ぃン や、 5t 山 だ。」 と强く 首を^って、 がッく 

りとう つむき、 5^ に i^. の あた リ へ つ いた 手 を、 

し..:' ひと .At S す 

膝頭へ のめらせて、 ーッ 肩を搖 つた。 

一^ちね え、 待って くんね え。」 

ひとてう し ごゑ たか 

一 調子 ドス 聲を 高らかに、 

ま -2 &ぶ ところ で i 

一 待って くんね えよ ノーと 内 懐へ 手 を 入れた が、 

むか いき ュ 

ふ ッ / \ と 向 う ざ ま に き を おいて、 しばらくし 

て、 

> よ," よ 9 , じ ま f 

一え. * と S うだに W つて」 と, よろ け 搞の唐 

ざん 1? ":p y でつ にう t 一 一-くち ひ さ -; う ぶた み 

桟の 羽緣の 兩 方の 袖口 を 引いて 、左お に ニッ三 

ッ扱 くと、 襟 を 返して、 うしろへ 脫ぎ、 11 の 一び 

まんた か つ.,.., t-r. .y 

を? g らして、 屮央 を摑ん でず る リと前 へ 引 いて 

曖 をした。 

1 なん 4? ?-ど ふ-. -ー 

「おう、 何 だ ぜ、」 とい ひさ ま 細い * 大名の 雙子 

. ね, じ ; >£ * ,たら ゥ9- see 

の、 寐^ は 寄った が、 未だ 新し い、 iSQ ある 拾 

じ s,